K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201805
POSTE aux MEMORANDUM(4月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災から七年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
entry_25しだれ桜小渕沢
 ↑ 小渕沢しだれ桜

四月になりました。陽春の到来です。
新人の春です。 旧人はひっそりと暮らしましょう。

 アレツポの石鹸切れば暗緑色の出できて遠き地の香たちきぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・吉田恵子
 沖縄のかがやく碧よ、北国の蒼さ冥さよ、海めぐる国・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 森山良太
 空色の階段われと降りて来し黄蝶は水を渡りてゆけり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森みずえ
 電球を買いにきたのに二段熟成さしみ醤油も買って帰った・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 丸山三枝子
 野仏はめはなうすれてゑむごとく小さくおはす御代田の里に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村順子
 ひたひたひた水は滲み出る凍らない塞いで塞いで世界が濡れる・・・・・・・・・・・・・・・・三枝昂之
 今年また雑草ははやく茂り来て癒えやらぬ土の傷みを覆ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 石川恭子
 生、老、病、生きて残れる死までしばし 今朝は郭公のこゑを聞きたり・・・・・・・・・・・・志野暁子
 花の枝のどこまで撓む愛されてゐるとふ自負の肢体のごとく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 太田宣子
 どうしても生きてたいです オモイノママという名前の花があります・・・・・・・・・・・・・ かなだみな
 いかめしく巨岩突き出すこの辺り淡海の水もっとも青し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・武藤ゆかり
 耳奥のリンパのゆらぎ朝床に人となるべくかたちひき寄す・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・久我田鶴子
 それぞれの朝をうべなふ
にはレモンの呪文 ほんの数滴・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阪森郁代
 花冷や日誌に潰す虫その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・さわだかずや
 春闇に溶けてゆきたるハイソックス・・・・・・・・・・・・・・・・赤野四羽
 ぬかるみに足を取られて犬ふぐり・・・・・・・・・・・・・・・・前北かおる
 定まりし言葉動かず桜貝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・生駒大祐
 霞みつつ岬はのびてあかるさよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上田信治
 泣く子ゐてあやす子がゐてあたたかし・・・・・・・・・・・ハードエッジ
 老々介護垣に青木の花いくつ・・・・・・・・・・・・・・・・・すずきみのる
 平坦な道などなくて芝桜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・津野利行
 走っても走っても街 春終わる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大中博篤
 桜貝砂に包んで持ち帰る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池康生
 クリームのやうな寝癖や花の雨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤御影
 逢ひたくてミモザばかりを眺めたる・・・・・・・・・・・・・・・・・栗山麻衣
 春昼の船のをらざる船溜り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉原祐之 
 春昼の雨落ち石と飾り石・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・倉田有希
 春泥や楽器はどれも大荷物・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・きしゆみこ
 名古屋まで北海道展は春下る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・工藤定治
 読みすすむ史書の厚みや花の雨・・・・・・・・・・・・・・・・・ 片岡義順
 足指から弛緩していく木の芽時・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷口鳥子
 菜の花や氏名手書きのバス定期・・・・・・・・・・・・・・・・・ 滝川直広
 春の日の金の夕べを空車(むなぐるま)・・・・・・・・・・・・・・ 高梨章
 目醒めよと呼ぶ声ありし蝶の昼・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村清潔
 幸福の咲くとはこんな桃の花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 中塚健太
 花弁一枚から静脈血の匂ひ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 三島ちとせ
 失投をぢつと見てゐる躑躅かな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 岬光世
 ふらここを下りぬ死者への鎮魂歌・・・・・・・・・・・・・・・・ 吉川千早
 太白を従へ春の月のぼる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 利普苑るな
 あれこれ忘れて生きたふりする・・・・・・・・・・・・・・・・ 阿部美恵子
 さくらしべふる i Phoneをよけながら・・・・・・・・・・・・・・・・泉かなえ
 朝東風や青きリボンを結びたる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・下楠絵里
 春の仕掛けのピアノを壊してみた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・普川洋
 雨女しづかに死せり竹の秋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・葛城蓮士
 金魚らに国の名つけて遊びけり・・・・・・・・・・・・・・・・兼信沙也加
 春光を浴びれば乳房生えそうな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 盛蓉子
 独りとて一人静の華ありて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤林昭子
 梅探る独りになればひとりの歩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑田佳穂
 腹筋がやっと割れたわ白木蓮・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩根彰子  
 見るもののみな既視感と云ふ朧 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 歌集 『無冠の馬』(KADOKAWA刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第六歌集『無冠の馬』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

Wikipedia─木村草弥

Facebook─木村草弥

Twitter─木村草弥

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム





春がすみいよよ濃くなる春昼間のなにも見えねば大和と思へ・・・・前川佐美雄
20120223-150655前川佐美雄

     春がすみいよよ濃くなる春昼間の
        なにも見えねば大和と思へ・・・・・・・・・・・・・・・・・前川佐美雄


前川佐美雄は明治36年奈良県北葛城郡の裕福な地主の家に生れる。
昭和5年第一歌集『植物祭』でモダニズム短歌の旗手として華々しく登場する。
昭和9年「日本歌人」を創刊、日本浪漫派の人々と親交を結ぶ。
敗戦により農地解放で小作地をみな失う。これらの経験が彼独特のコンプレックスとして歌の上にも影響する。
塚本邦雄、前登志夫、山中智恵子など多くの異色の歌人を育てた。晩年は鎌倉に居住。
平成2年没。

掲出の歌は歌集『大和』に載るもので、彼の代表作として有名。
彼の歌は、すっと読み下せる発想になっていないので、「ねじれ」があったり、「韜晦」があったりして難解とされるが、特徴を知って臨めば理解できよう。
以下、歌を引いてみる。
--------------------------------------------------------------------------

春の夜のしづかに更けてわれのゆく道濡れてあれば虔みぞする

床の間に祭られてあるわが首をうつつならねば泣いて見てゐし

なにゆゑに室(へや)は四角でならぬかときちがひのやうに室を見まはす

春になり魚がいよいよなまぐさくなるをおもへば生きかねにけり

ぞろぞろと鳥けだものをひきつれて秋晴の街にあそび行きたし

遠い空が何んといふ白い午後なればヒヤシンスの鉢を窓に持ち出す

あたたかい日ざしを浴びて見てをれば何んといふ重い春の植物

ひじやうなる白痴の僕は自転車屋にかうもり傘を修繕にやる

園丁が噴水のねぢをまはすとき朝はしづかな公園となる

ひんがしに満月朱きころなれば爬虫類も野に腹かへしゐむ

悪事さへ身に染みつかぬ悲しさを曼珠沙華咲きて雨に打たるる

春の夜にわが思ふなり若き日のからくれなゐや悲しかりける

無為にして今日をあはれと思へども麦稈(むぎわら)焚けば音立ちにける

がらくたを寄せあつめてはなにくれと妻いとなめり春のをはりを

草花と子は漢字もて書きをれり草がんむりの文字ふたつよき

ま向ひの屋根ゆく猫が見下してまだ寝をるかといふ顔したり

われ死なばかくの如くにはづしおく眼鏡一つ棚に光りをるべし

走り出ていくたびも五体投地すも己(し)が煩悩を救はむがため
-------------------------------------------------------------------------
【前川佐美雄略歴】
1903年2月5日、奈良県忍海村(現葛城市)に生まれる。
前川家は、代々林業を営む地主であった。佐美雄は父佐兵衛と母久菊の長男として生まれ、幼い頃から絵画や短歌に親しんでいた。
1922年に東洋大学東洋文学科に入学、在学中に佐々木信綱に師事し、「心の花」に入会する。その後、新井洸、木下利玄らの「曙会」にも参加する。
昭和に入って(1925年)新興短歌運動がおこると、その先頭に立ち、1930年、第一歌集『植物祭』を刊行、現代的で斬新なものを主張するモダニズムの代表的歌人として、歌壇に登場する。
しかし、1933年、父の急逝により奈良に帰郷する。
その翌年の1934年に『日本歌人』を創刊する。以後、『大和』『天平雲』『白鳳』『積日』『大和六百歌』などを刊行する。
戦前、戦中、戦後を通して歌壇の旗手として活躍し、新芸術派運動の積極的な推進者として、歌壇に浪漫主義に基づく新風を送り、優美で詩的直感の鋭い、独自の歌風を樹立した。
また、長年にわたり後進の指導育成にも尽力し、塚本邦雄、前登志夫、山中智恵子等の幾多の歌人を世におくった。
1954~88年まで、朝日歌壇の選者、1972年には『白木黒木』で第六回釈迢空賞を受賞、1986年に(旧)新庄町名誉町民、1989年には日本芸術院会員となった。
1990年に永眠。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
前川佐美雄歌集

■佐美雄の残した歌集を、制作年順に紹介。

歌集出版年 佐美雄の年齢 歌集名
昭和 5年(1930年) 27歳 処女歌集『植物祭』素人社
昭和15年(1940年) 37歳 第二歌集『大和』甲鳥書林
昭和16年(1941年) 38歳 第三歌集『白鳳』ぐろりあ・そさえて
昭和17年(1942年) 39歳 第四歌集『天平雲』天理時報社
昭和18年(1943年) 40歳 第五歌集『春の日』臼井書房
第六歌集『日本し美し』青木書店
昭和20年(1945年) 42歳 第七歌集『金剛』人文書院
昭和21年(1946年) 43歳 第八歌集『紅梅』臼井書房
昭和22年(1947年) 44歳 第九歌集『寒夢抄』京都印書館
第十『積日』札幌青磁社
昭和25年(1950年) 47歳 第十一歌集『鳥取抄』山陰観光旅行普及会
昭和39年(1964年) 61歳 第十二歌集『捜神』昭森社
昭和46年(1971年) 68歳 第十三歌集『白木黒木』角川書店
平成 2年(1990年) 87歳没
平成 4年(1992年) 第十四歌集『松杉』短歌新聞社
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■処女歌集『植物祭(しょくぶつさい)』 四季出版 昭和5年7月刊行

収録期間:大正15年9月~昭和3年10月(575首)
大胆かつ鮮烈な歌い方と、ダダイズム・シュールレアリスム運動の影響を大きく受けているのが特徴。新たな昭和の時代の始まりを告げる、画期的な歌集。
後記より・・・・「短歌をやつて革新を思はぬ程ならばよした方がいいと思ふのだ。」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第二歌集『大和』 甲鳥書林 昭和15年8月刊行

収録期間:昭和11年~昭和14年夏(550首)
後記より・・・・「正直言つて僕はこの歌集を編集しながらどうにもをさまりのつかない気持ちを味はつた。色々考へてゐると何とも言ひようのない憂鬱さに襲われる、結局は自分の作品に対する不満以外の何物でもないが・・・この歌集はさうした破れかぶれの気持ちのうちに編集を終へた。」
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第三歌集『白鳳(はくほう)』 ぐろりあ・そさえて 昭和16年7月刊行

収録期間:昭和5年春~昭和10年(410首)
前半は東京時代の歌。後半は奈良に帰住してからのもの。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第四歌集『天平雲(てんぴょううん)』 天理時報社 昭和17年3月刊行

収録期間:昭和14年8月~16年7月(710首)
後記より・・・・「この歌集の『天平雲』といふのは、絵画の方でしばしば用ひられる言葉で火雲の謂である。天平の絵画や彫刻に盛んにあらはれるものだが、私はこの雲を愛すると同時に天平の文化をこよなく愛してゐる。」
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第五歌集『春の日』 臼井書房 昭和18年1月刊行

収録期間:大正10年~昭和2年3月(755首)
「春の日以前」の章(57首含)。大正10年18歳で「心の花」に入会し、本格的に作歌活動を始めた佐美雄の初期の作品。写実的作風。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第六歌集『日本し美し』 青木書店 昭和18年刊行

収録期間:昭和16年秋~約8ヶ月間
戦争歌集(戦争賛歌)。象徴技法の歌。
歌集構成の特色は、制作年代順で戦況の進行にしたがって作品が並べられている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第七歌集『金剛』 人文書院 昭和20年1月刊行

収録期間:昭和17年夏~昭和18年秋(650首)
戦時歌集。歌集全体を「公」・「私」で区別。
前半は「公」、後半は「私」が中心となっている。
後記より・・・・「それが如何なる効果をもたらすかは分からないが、この方が私には快適な気がする。」
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第八歌集『紅梅』 臼井書房 昭和21年7月刊行

収録期間:昭和21年2・3月(245首)
「甘藷の歌」は、昭和20年秋の作にもかかわらず『紅梅』に収録されている。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第九歌集『寒夢抄』 京都印書館 昭和22年10月刊行

『日本し美し』や『金剛』の作品を自選または改作して、戦後に改めて出版したものである。戦争協力歌とみなされそうなものは、ことごとく削除している。
後記より・・・・「この歌集は、戦時中に出した『日本し美し』『金剛』のなかに入れないで、やむなく割愛した歌の中から五首十首と取り併せ一冊にした歌集であって、『天平雲』に続く自分の歌の本筋は、やや不明瞭としてもここにある。」
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十歌集『積日』 札幌青磁社 昭和22年11月刊行

収録期間:昭和20年4月~昭和21年1月(500首)
『積日』は、「朝木集」と「残滴集」に分かれている。
「朝木集」・・・家族の鳥取疎開時代の歌(昭和20年4月~昭和21年1月)
「残滴集」・・・奈良に帰郷後の歌(昭和21年4月~11月)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十一歌集『鳥取抄』 山陰観光旅行普及会 昭和25年1月刊行

『鳥取抄』は『積日』に収容したものをも含めて鳥取疎開中の作品(上巻)と、この歌集のため昭和22年大山に登った大山行一連の作品(下巻)併せて630首からなる。(上巻)は、疎開中と敗戦直後の作品であるだけに限りない哀愁が巻全体から漂っている。(下巻)は、大山紀行を中心とする旅行詠である。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十二歌集『捜神』 昭森社 昭和39年8月刊行

収録期間:昭和22年暮れ~昭和30年(1074首)
「飛簷」は、昭和28年以降の作、「野極」は、昭和27年以前の作。二部構成で配列が逆となっている。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十四歌集『白木黒木』 角川書店 昭和46年2月刊行

収録期間:昭和41年~昭和45年(648首)
後記より・・・・「私は奈良から茅ヶ崎に移り住んだ。奈良とちがつてここには亡霊や怨霊がゐない。私は憑かれない。これを機会だと思つた。奈良を去るまでの最近数年間の作だけでも先にまとめようと思つた。」
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■第十三歌集『松杉』 短歌新聞社 平成4年7月刊行

収録期間:昭和31年~昭和40年(558首)と昭和20年代の補遺作品43首を収める。
『白木黒木』の後記より・・・・「三十一年から四十年まで、まる十年間の作は残つてゐる。出版の順は逆になつたが、これらのものもおひおひと集にまとめたいと思つてゐる。さうでないとやはり具合悪いのである。」

その他の作品集

『カメレオン』同人39名を率いて『日本歌人』創刊

保田與重郎企画の浪曼叢書の第一冊として選集『くれなゐ』を出版
合同歌集『新風十人』に作品35首収録

肉筆歌集『奈良早春』を大八洲出版より出版
評論集『短歌随感』を臼井書房より出版
歌集『植物祭』の増補改訂版を靖文社より出版
選集『一茎一花』を目黒書店より出版
自選『一千歌集』を養徳社より出版
歌集『饗宴』を三興出版より出版

角川文庫『前川佐美雄歌集』を出版

『秀歌十二月』を筑摩書房より出版
『日本の名歌 古典の四季』を社会思想社より出版
『大和六百歌』を短歌新聞社より出版

『前川佐美雄歌集』を五月書房より出版
『大和まほろばの記』を角川書店より出版
永眠
『前川佐美雄全集第一巻』小沢書房より出版
『前川佐美雄全集第一巻短歌Ⅰ』砂子書房より出版

《参考文献》『短歌現代』1990年5月号(短歌新聞社)・『日本歌人』1991年7月号(日本歌人発行所)・『鑑賞現代短歌-前川佐美雄』伊藤一彦(本阿弥書店)
-------------------------------------------------------------------------
ネット上に載る別の記事を下記に転載しておく。上の新庄図書館が公のものであるので、表現を抑制しているのに対して、この記事は赤裸々に書いてあるからである。
佐美雄を語るときに「没落地主」という、彼のコンプレックスを抜きにしては語れないと思うからである。

新庄町で生まれた歌人 前川佐美雄

前川佐美雄は明治36年、現在の忍海(おしみ)小学校の辺りの代々続いている大地主である家の長男として生まれました。
現在でも佐美雄のことを記念して忍海(おしみ)小学校では、佐美雄作の校歌を歌っています。

大正7年、15歳で下淵(しもふち)農林学校(現在の吉野高等学校)に入学した佐美雄は、油絵を描いたり、文学史を読んだりして、この間に芸術的な才能や視野などを大いに養ったようです。
在学中の大正9年12月、朝日新聞大和版の大和歌壇で

「秋更けぬ 竹林院のさ庭べに つめたくさける白菊の花」の処女作を発表

大正10年下淵(しもふち)農林学校を卒業、歌人 佐々木信綱の主催する「ちくはくかい」に入会し、薬師寺で一ヶ月間の合宿を行(おこな)っています。
また、この年の12月、隣家の出火の延焼で、家屋を半焼する不幸に見舞われました。

大正11年、東洋大学に入学し、歌人仲間と親交を深めながら、大正14年卒業後、自分の生き方に疑問を持ちながら小学校の代用教員として勤務していました。
大正15年、親族4家が相次いで没落し、その借財の連帯保証人に佐美雄の父がなっていたことで家運が傾き、母の実家に移り住むこととなりました。
この頃、歌壇の風潮に疑念を抱いていた佐美雄は、古賀春江に注目しはじめていました。

昭和5年7月、前衛的作風の洋画家 古賀春江の装丁(そうてい) 佐々木信綱の序で、処女歌集、植物祭を発行、昭和9年6月カメレオンの同人39名を率いて日本歌人を創刊しました。
昭和45年12月神奈川県 茅ヶ崎市に移り住み、翌46年に新庄町の前川家の菩提寺である極楽寺に歌碑を建立しました。
その同じ年に、歌集「しろきくろき」を発行。

その後記に「私は奈良から茅ヶ崎に移り住んだ。ここには亡霊や怨霊がいない。私はつかれない、これを奇怪だと思った。」
と語っています。

学生時代に芽生えた歌人としての生命。その革新的精神とともにシュールレアリズムに深く傾倒し、奈良から離れた茅ヶ崎の地でやまと歌人として、逃れられない自分の運命に改めて気づいたのではないでしょうか・・。


ほろほろと桜ちれども玉葱はむつつりとしてもの言はずけり・・・・岡本かの子
img_577601_23858535_11.jpg

      ほろほろと桜ちれども玉葱は
         むつつりとしてもの言はずけり・・・・・・・・・・・・・・・・・岡本かの子


岡本かの子は画家・岡本一平の妻。岡本太郎は長男である。跡見女学校在学中に与謝野鉄幹、晶子と知り合い、「明星」「スバル」などに投稿。
一平、太郎と共にヨーロッパへ渡り、以後、小説家として活躍する。
昭和14年没。

掲出の歌は、玉葱を擬人化して「むっつりとして物言わず」という表現が面白い。
歌集としては『かろきねたみ』『浴身』など。
以下、少し歌を引いてみる。
-----------------------------------------------------------------------------

ともすればかろきねたみのきざし来る日かなかなしくものなど縫はむ

あきらめて蚕を飼ふほどの優しさを誰が恋故に覚えたまへる

春の風やや気色ばみ出でて行く人の後姿(うしろで)ゆるやかに吹く

桜ばないのち一ぱいに咲くからに生命(いのち)をかけてわが眺めたり

林檎むく幅広ないふまさやけく咲き満てる桜花(はな)の影うつしたり

おのづからなる生命のいろに花さけりわが咲く色をわれは知らぬに

金の蜂ひとつとまりて紅のかんなの色はいやふかきかも

鶏頭はあまりに赤しよわが狂ふきざしにもあるかあまりに赤しよ

はてしなきおもひよりほつと起きあがり栗まんじゆうをひとつ喰(たう)べぬ

美しき亡命客のさみえるに薄茶たてつつ外は春の雨

春雪は降りかかる直ち汽鑵車の黒赫の鉄に溶けてしたたる

かなしみをふかく保ちてよく笑ふをんなとわれはなりにけるかも

梅はまだはつはつなれや丹頂の鶴の素立ちの足さむげなり

こうこうと鶴の啼くこそかなしけれいづべの空や恋ひ渡るらん

春はやく生れし虫のをさなきを籠(こ)にいたはりて死なしめにけり

-------------------------------------------------------------------------
ネット上に載る記事を転載しておく。

岡本かの子 【おかもと・かのこ】
小説家、歌人、仏教研究家。本名、岡本(旧姓、大貫)カノ。明治22年3月1日~昭和14年2月18日。
東京赤坂青山南町の大貫家の別荘に生まれる。大貫家は神奈川県の三百年来の大地主。
明治39年、与謝野晶子に師事し、雑誌「明星」などに短歌を発表しはじめる。
明治43年、岡本一平と結婚。翌年、後に芸術家として大成する太郎を出産。
結婚生活は波乱の連続であったが、二人は危機を乗り越えるため宗教遍歴をし、大乗仏教にたどり着く。
かの子は歌人としての名を上げるが、昭和4年から7年にかけての渡欧を機に小説家へ転進。
昭和12年の「母子叙情」により文壇的地位を確立。その後も精力的に文学活動を続け、大器晩成型の才能を開花させる。
創作以外にも、仏教に関するエッセイを多数発表している。昭和14年2月18日、脳溢血により死去。享年49歳。
代表作は「母子叙情」、「老妓抄」、「東海道五十三次」、「家霊」、「雛妓」など。

回想録
 かの子女史はある時女ばかりの会合の席で――その席には、長谷川時雨、平林たい子、森田たま、板垣直子、その他四五人の顔があつた――相変らずゆるゆるした口のきゝ方で一平氏の自分に対する敬愛をこんな風に語つた。
「私がね、少し帰りに晩かつたりすると、顔をみると拝むのよ。ほんたうに拝むの。有難いんですつて……それはねえ、私が器量がいゝとか、才能があるとかいふためではないのよ。」
 そのあとをかの子女史がどう説明したかは忘れてゐる。たゞその「拝むのよ」といふ言葉が臆(お)めずにゆる/\と語られた雰囲気だけが記憶にこびりついてゐる。
 その時にもう一つ、異様に見えることを言つた。かの子女史がらんらんとした眼でゆつくり一座を見まはして
「私、この中に好きな人がたつた一人ゐるのよ。」
 と言つたのだ。かの子女史に愛され度いと思つてゐる人は恐らく一人もゐなかつたが、何だか籤(くぢ)を引かされたやうな気分にさせられたことは事実である。
 それから数日して、森田たま女史にあつた時、森田さんは顔をしかめて、
「岡本さんて気味がわるいわ。あの日の帰り道にそつと私の傍によつて来て、さつきこの中に好きな人が一人ゐるといつたのあなたのことよつて凝つと私の顔をみるの。」
 といつた。なるほどと私は思つて、その次平林さんにあつた時そのことを話した。(読者よ、私のチヨコマカしたおしやべり癖のいやらしさには私自身もうんざりしてこれを書いてゐるのです)平林さんは怒つたやうな顔できいてゐたが、ふうむと深い息をついて、
「さうですか……実は、私もあの帰りに岡本さんに同じことを言はれたのよ。」
 といつた。さうして大きな声で笑出した。私も笑つた。化かされた当人より色の浅い笑ひ方だつたが、あとはひどく索漠とした。事をかまへて強ひて他人の心を自分にひきつけようとする岡本かの子その人の孤独の深さが身に食入つて来た。かの子女史の死後追悼会の席で、一平氏がかの子女史の写真の前で落涙滂沱と頬を伝ふのを現に私はみたが、涙を流しても拝んでも、一平氏によつてかの子の孤独は救はれなかつたのである。

円地文子「かの子変相」
昭和30年7月
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 かの子は妻と片付けられる女ではなかつた。
 僕にとつて母と娘と子供と、それから師匠でもあり友だちでもあつた。
 日常生活で一ばん濃厚なお互ひの感じは、子供同志といふ感じであらう。ひたむきな性格で、如才なくとか、いはゆる要領よくとか、いふ事が出来なさうに見ゆるかの女を、僕は憐んだ。かの女はまた僕の粗笨で、時にはどうでもいゝやと投げてしまひさうな性格を、危いものに思つた。しかしその実、僕の方には多少、世故に慣れた狸のところもあるのだが、かの女は自分のひたむきな性格の鏡に写して、その方面は見えないから、たゞ危ないものに思つて一生懸命、庇ふやうにした。相手が自分の好意に従はないと互に怒つた「なんだ子供の癖に」「なんです子供の癖に」
 かの子のひたむきで思ひ入る性格の現れた例を一つ想ひ起す。かの女は嘗てある雑誌から桜百首を一週間の期限で頼まれた。昼夜兼行で桜のあらゆる姿態を胸裏に描いて詠んだ。それが出来上つたので雑誌社へ渡し、ちやうど季節も桜が咲いたので、上野の山へ実物の桜を見に行つた。足は清水堂の辺にかゝつて、そこの崖にちらほら咲き始めた桜が眼に入ると、急にかの女は胸を悪るくし実際に嘔吐した。空想でも桜の姿をかの女はすでに満喫し、もうそれ以上、事実の桜の如きは嗜慾に受容れるに堪へなかつたのだ。かの女のひたむきな性格が精神と肉体を分たず自由に馳せ廻つたかういふ例はいくらもある。

岡本一平「妻を懐ふ」
昭和14年4月
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
岡本 僕は、僕の母親には、いわゆる母性というものはなかったと思うよ。
有吉 わたくしもそう思うんですよ。作品読んでも、ぜんぜん母性というものを感じないもの。金切り声をあげて「母性、母性」と叫び続けているんだけれども、まるで実体がないんですよ。わたくしは、大変失礼な言い方をしてごめんなさい、岡本太郎は、はたして彼女の子かという疑問を持つくらいなんです。つまり、産んでいるのかしら、と思うときがあるんですよ。というのは、あんなに母性母性というのなら、やはり、産むときの苦しみとか、身ごもつているときの母親の感慨とかが当然、出てこなければならないと思うんだけれども。(中略)
岡本 産んだことは事実だろうけれど、岡本かの子の場合は、そんなこと関係ないんだな。そこが彼女の凄いところ、素晴しいところですよ。僕はしよっちゅういっていることだけれども、岡本かの子の場合は、母性というものがないんですよ。もしあるとすれば、大母性だな。大母性と母性とは違うと思うんだ。そういった意味で、かの子は大母性だったと思う。ということは、いわゆる母性というものにぜんぜんこだわらない。
 一番、僕としてかの子に困っちゃったのは、まあ、母親ぶってはいたけれども、僕が中学生になったら、甘えちゃってねえ。ときどき母親的権力的な態度をとることが、たまにはあったが。こちらの妹みたいなふうになっちゃって、どうも、こっちから見れば、おばあちゃんともいえないけど、えらい年上で、お母さんなのに、甘えられると困っちやうんだねえ。これ、どうも始末に悪い。甘えて甘えて、妹みたいになって、うっかりすると、こっちがお父さんになったような錯覚を起こすくらいにね。非常に困ったよ。ときには嫌気を覚えたね。だけども大きく考えると正しかったと思うんだ。ということは、人間というのは同時に母親であり、娘である。

岡本太郎・有吉佐和子「“母”なるかの子」
昭和49年3月


げんげ田にまろべば空にしぶき降る架かれる虹を渡るは馬齢・・・・木村草弥
hana14_rengeげんげ
   
   げんげ田にまろべば空にしぶき降る
     架かれる虹を渡るは馬齢・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(((角川書店)に載るもので、沓冠(くつかぶり)という昔からの歌遊びの形式による連作「秘めごとめく吾」の巻頭の歌。

この一連については2004/05/22のTB■<沓冠>という遊び歌について──草弥の<秘めごとめく吾>に則して──という「エッセイ」に全文と解説を載せたが、
下記に再録しておくので、ご覧いただきたい。
----------------------------------------------------------------------
──初出Doblog・2004/05/22のBlog
  <沓冠>という遊び歌について・・・・・・・・・・木村草弥

──エッセイ──

<沓冠>(くつかぶり)という遊び歌について──

 ───木村草弥の作品<秘めごとめく吾(わ)>の場合── 

或る人との交信の中で「沓冠」(くつかぶり)という、中世から和歌の世界でやられてきた「遊び歌」について触れたところ、どういう仕組みかという質問があった。
そこで私の作品を例にあげて説明してみたい。

これは「秘めごとめく吾(わ)」という題名の沓冠15首であるが、雑誌『未来』誌1996年9月号に、特集・異風への挑戦③で「課題・沓冠」が編集部から指名で課されてきたものに応じて発表したものである。
「くつかぶり」は漢字で書くと「沓」と「冠」とになる。
<冠>とは一首の歌の頭の音(おん)を①~⑮へ。
<沓>は歌の末尾の音を⑮~①へと辿ると
「現代短歌に未来はあるか
 そんなことは誰にもわからない」 となる。
この文をよく覚えておいてほしい。
これが「くつかぶり」という歌の遊びであるが、15首の歌の頭と末尾が、事前に決っているので、それに基づいて歌を作り、連ねて行かなければならない、
という難しさがある。
この、沓冠に宛てる「文」は作者の自由に決めてよい。
なお沓冠には二種類あり、私は一首の頭と末尾に沓冠をあてはめたが、
もう一種類は、各歌の5、7、5、7、7の各フレーズの区切りに、沓冠に選んだ字(音=おん)を当てはめてゆく、というもの。

では、実際に、私の作品を見てみよう。なお歌の頭に便宜的に①~⑮の数字を付けておいた。
実際の作品にはついていない。

 秘めごとめく吾(わ)──沓冠15首・・・・・・・・・・・・・・・・木村 草弥

①げんげ田にまろべば空にしぶき降る 架かれる虹を渡るは馬齢

②ん、といふ五十音図のおしまひの大変な音(おん)が出て来ちやつたな

③だいぢやうぶ、忘八といふ大仰な題名つけた人がゐるから

④生きものはみな先ず朝を祝福せむ、徹夜してまで作るな短歌

⑤たまさかの独り居の夜のつれづれに十指を洗ふ秘めごとめく吾(わ)

⑥ん、ならね 人の世の運などといふ不確かなるに縋りてをるも

⑦革ジャンに素乳房を秘めハーレーに跨る少女、血を怖れずに

⑧にちげつを重ねて揃ふ茶のみどり摘むゆびさきは陽光(ひかり)に刺され

⑨みどりなす陽ざしに透ける茶摘女の肌うるはしき茶ばたけの段(きだ)

⑩ライラックそのむらさきの髪ふさの舞姫ソフィゆめに顕(た)てるは

⑪いなづまのびりりと裂きし樹の闇を殻もゆらさず蝸牛ゆく音

⑫花火果てて元のうつろな河となり晩夏の水を眺むるをとこ

⑬アポトーシス自然死なるにあくがれて華甲も六とせ越えし吾かな

⑭るいるいと海松(みる)の朽ち藻に身をまかせ記憶の森にトラウマ尋(と)めん

⑮愛(かな)しさは遠浅なして満ちくるをもくれんの花は昼もだすとぞ

------------------------------------------------------------------------
お判り頂けただろうか。見ていただけば判るように、かなりの習練と、当意即妙な自由さ、が必要である。
私などは、かなり遊びの要素の多い人間で、こういう遊びは大好きであり、もう20年も前のことだが、これを制作中は、嬉々として楽しく作品作りに当った。
実際の制作期間は2日ほどである。
先ず、当てはめる<冠>と<沓>になる「文」を作り、それを歌の頭と、歌の末尾に配置してから、歌の制作にかかる。
作ったあとには、大きな達成感があるのである。
並べる歌の数は15とは限らない。10でもよいし、30でも、よい。
ただし、30となると、かなり難しさが増すだろう。どんな数にするかは、課題を出す編集者の裁量である。
この一連は第二歌集『嘉木』に収録してあるが、自選50首には載せていないので、Web上では、ご覧いただけない。
-------------------------------------------------------------------------
「げんげ」はレンゲ草というのが一般的な呼び方であるが、文芸の世界では「げんげ」と呼んで「非日常的」な演出をするのである。
レンゲ草は休耕田などに秋に種を蒔いて田一面にレンゲを生やし、春先に田植えのための田こなしの前にコンバインなどで土に鋤き込む。
「緑肥」というものである。
レンゲは根に「根瘤バクテリア」というのが着いて空気中の窒素を固定化する作用をする。
昔から、このことは経験的に農民には知られていて、冬の季節に広く栽培されたのである。
しかし現在、栽培されているレンゲは西洋レンゲといって、茎も葉も花も大型のもので、昔の在来種のニホンレンゲとは、比べ物にならないお化けのような大きさである。
この方が緑肥としての効率は、いいのだそうである。
ご参考までに申し上げると「根瘤バクテリア」を利用する植物としては「大豆」がある。
これも根に根瘤バクテリアがつくので、後作に土の中に窒素分が多く含まれることになるのである。
耕作すると作物が土中の栄養素を吸ってしまい、地味が痩せるのが普通で、したがって肥料を補充しなければならないが、
こういう根瘤バクテリアのつく植物は、そのような肥料の補充が助かるというものである。
もっとも、肥料には窒素、燐酸、加里という肥料の三要素が均衡していることが必要であることは言うまでもない。

掲出した私の歌については、先に書いた「エッセイ」をみて鑑賞してもらうとして、別に書き添えることもないが、
「馬齢」というのは、いたずらに年齢を重ねることを言い、私のことを指している。

「げんげ」「げんげん」「紫雲英」などと書くが、それらの句を引いて終わる。

 野道行けばげんげんの束のすててある・・・・・・・・・・正岡子規

 桜島いまし雲ぬぎ紫雲英の上・・・・・・・・・・山口青邨

 げんげ田の鋤かるる匂ひ遠くまで・・・・・・・・・・阿部みどり女

 げんげ田はまろし地球のまろければ・・・・・・・・・・三橋鷹女

 頭悪き日やげんげ田に牛暴れ・・・・・・・・・・西東三鬼

 切岸へ出ねば紫雲英の大地かな・・・・・・・・・・中村草田男

 おほらかに山臥す紫雲英田の牛も・・・・・・・・・・石田波郷

 青天の何に倦みてはげんげ摘む・・・・・・・・・・鈴木六林男

 紫雲英野の道たかまりて川跨ぐ・・・・・・・・・・清崎敏郎

 睡る子の手より紫雲英の束離す・・・・・・・・・・橋本美代子

 げんげ田が囲む明日香の后陵・・・・・・・・・・石井いさお

 死ぬ真似をして紫雲英田に倒れけり・・・・・・・・・・山崎一生

 げんげ田に寝転ぶ妻を許し置く・・・・・・・・・・三好曲

 子山羊にも掛けて蓮華の首飾・・・・・・・・・・沢 聡

 紫雲英野を発つくれなゐの熱気球・・・・・・・・・・塩出佐代子

 畦ひとつとんで咲きたる紫雲英かな・・・・・・・・・・中山世一



老いらくの肩にぞ触るる枝先のしだれてこの世の花と咲くなり・・・木村草弥
entry_25しだれ桜小渕沢

   老いらくの肩にぞ触るる枝先の
    しだれてこの世の花と咲くなり・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』((角川書店)に載るものである。
この歌の前後に

   樹の洞に千年の闇いだくらむ三春の桜は滝の飛沫に

   一もとの桜の老木植ゑられてここが墓処(はかど)と花吹雪せる

   やすやすと齢加ふるにもあらず釈迦十弟子に桜しだれて
・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

という歌が載っている。
いずれも桜の「明」の部分ではなく、「暗」の部分を詠んでいる。
6冊も歌集を出すと、「桜」を詠った歌もかなりあるものである。

歌集を紐解いて、先日来、集中して桜にまつわる歌を載せてみたが、まだまだあるけれども、一応このくらいで打ち切りにしたい。
というのは、桜も、ほぼ散り尽くしてしまったからである。

桜が終ると世間では、フレッシュマンたちの入社式、入学式のシーズンも終る頃である。
若人たちには頑張ってもらいたい。老い人からのエールである。
私の初めての女孫も大学を出て、某社に就職していたが、昨年結婚して家を出た。

終るにあたって、「花」=「さくら」を詠んだ句を引いておく。

 花万朶さゆらぎもなく蔵すもの・・・・・・・・山口青邨

 チチポポと鼓打たうよ花月夜・・・・・・・・松本たかし

 丹波山城ふた国わかつ花の塚・・・・・・・・角川源義

 椀に浮く花びら柚子も花の頃・・・・・・・・後藤比奈夫

 花の山ふもとに八十八の母・・・・・・・・沢木欣一

 花万朶をみなごもこゑひそめをり・・・・・・・・森澄雄

 永劫の途中に生きて花を見る・・・・・・・・和田悟朗

 吹き上げて谷の花くる吉野建・・・・・・・・飴山実

 京の塚近江の塚や花行脚・・・・・・・・角川照子

 白粥は花明りとぞ啜りけり・・・・・・・・山上樹実雄

 花の木や只木に戻る諸木中・・・・・・・・高橋睦郎

 獄を出て花の吉野をこころざす・・・・・・・・角川春樹

 桃山も伏見も匂へ花明り・・・・・・・・筑紫磐井

 鍵ひとつ掛けて余生の花の旅・・・・・・・・徳留末雄

 帯ひくく結びて花に遊びけり・・・・・・・・塚原岬

 母ひとりいかにいかにと花万朶・・・・・・・・佐藤宣子


夜ざくらは己が白さに耐へかねてほろほろ散りぬ 死を覚えゐよ・・・・木村草弥
entry_24しだれ桜円山公園

   夜ざくらは己(おの)が白さに耐へかねて
     ほろほろ散りぬ 死を覚えゐよ(メメント・モリ)・・・・・・・・木村草弥


この歌の結句「死を覚えゐよ」のところには、「メメント・モーリ」という有名なラテン語の「警句」が「ふりがな」として付ってある。
この警句はヨーロッパの教会へゆくと壁画などとともに掲げてある。

メメント・モリのラテン語表記は memento mori であって、メメントとは、記憶する、覚えるという単語の命令形である。私は、それを覚えゐよ、と書いてみた。モリないしはモーリは「死」のことである。
この警句はヨーロッパ中世の頃にキリスト教会に掲げられるようになった。
この頃はペストその他の伝染病で多くの人が死んだ頃で「死」が日常的だった。
だから教会は人々に「死」ということに自覚的であるように求めた──つまり人間がいかに弱い、つまらない存在であるかを知れ、と言ったのである。

この警句は、藤原新也の写真文集の題名にも使われ、この本はよく売れた。

この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載せたものである。
自選にも採っているのでWebのHPでも、ご覧いただける。



浴槽に花の筏がただよふよ春のゆふべの花いちもんめ・・・・木村草弥
FI2621118_1E闃ア遲柔convert_20091024161207

   浴槽に花の筏(いかだ)がただよふよ
    春のゆふべの花いちもんめ・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。

「花筏」というのは散った桜の花が池や川の水面に散り敷いて、さながら「筏」のように連なる様をいう。

この歌を発表したとき、私の友人が[浴槽に桜のはなびらが入って来る、なんていうことは考えられない」と発言した。
なるほど、今どきの現代風の密閉した「浴室」ならば、そういうことは不可能だろう。
だが、そこが「想像力」の問題なのである。
私の歌は「現在形」で詠まれているが、それは必ずしも、現在のこととは限らない。
昔の古い家の窓を大きく開け放った「風呂」桶に、家の近くに生える桜の大樹から、おびただしい落花が舞い込んで来るのである。
「過去」のことを「過去形」で詠んでは、味気ない「回想」あるいは「思い出」に堕してしまう。
そういう時に「現在形」で詠むことによって歌にリアリティを与えるのである。それが歌作りの、ひとつのヒントである。
要は「想像力」の問題である。
この歌の下句で「花いちもんめ」と詠んである。
これは日本の古い童謡からフレーズを借用してきたもので、これによって子供の「メルヘン」を描くのに成功した、と思っている。

ここで注意しなければならないのは、植物の中に「ハナイカダ」と言う名のものがあることである。

hana310_hanaikadaハナイカダの花

写真②は、その「ハナイカダ」という植物である。
写真をよく見ていただくと判るように、この木の花は葉っぱの真ん中に付いている、極めて特異な形をしている。
丁度「筏」に花が乗っているようなので、「ハナイカダ」の名前を頂戴したらしい。
歳時記には、このことに注意するようにと明記されている。
このハナイカダが、如何なる種に属する植物なのか、寡聞にして私には判らない。花言葉は「移り気」「嫁の涙」「ままっこ」。
参考までに事典には、こう載っている。

ハナイカダ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

学名 Helwingia japonica
和名 ハナイカダ(花筏)
ハナイカダ(花筏、Helwingia japonica)はミズキ科の落葉低木で、北海道南部以南の森林に自生する。葉の上に花が咲くのが特徴である。雌雄異株。花は淡緑色で、子房下位、花弁は3-4枚。春に葉の中央に1-2個(雌花)または数個(雄花)の花が咲く。果実は黒い液果で種子を2-4個含む。この液果は甘味があり食べられる。進化的には葉腋から出た花序の軸が葉の主脈と癒合したと考えられる。

分類
亜種として南西諸島にリュウキュウハナイカダvar. liukiuensis、台湾にタイワンハナイカダvar. formosanaが分布する。同属にはH. chinensis、H. himalaicaがあり、中国南部、ヒマラヤに分布する。

ハナイカダ科
ハナイカダ属は従来ミズキ科に入れられていたが、APG植物分類体系ではモチノキ目の中の独立のハナイカダ科としている。



沈丁の香にひたりゐて過去は過去・・・上村占魚
aaoojincyo1沈丁花

   沈丁の香にひたりゐて過去は過去・・・・・・・・・・・・・上村占魚

ジンチョウゲは寒さに強い木で寒中から花芽をつけている。
花が写真のように咲き開くのは三月になってからだが、極めて強い香りが特徴である。だから屋内に置くのは無理である。
私の方の庭にもジンチョウゲがあったが木の芯のところに芯虫が入りやすく、その株は枯れてしまったので、引き抜き、
土を木酢液で充分に消毒してから、鉢植にしてあったジンチョウゲを跡の土に下ろした。
数年順調に大きくなって花をつけていたが、結局また枯れてしまった。だから今は無い。

jinchoge沈丁花
写真②は垣根状になった大きな株である。
図鑑によると、花びらのように見えるものは萼片(がくへん)で、ジンチョウゲには花びらはない、という。
ジンチョウゲは中国原産の常緑低木で、高さは1メートルくらい。枝が多く、卵形の厚い葉が密生して、全体として丸く玉のように茂る。
沈香と丁子の香りを合わせ持ったような香気があるという意味で沈丁花の名がある。
わが国へは江戸時代に中国から渡来し、生垣や庭先に植えられることが多い。

jinchouge0974沈丁花

私の歌にもジンチョウゲを詠ったものがあったと思って、さんざん探してみたが、見つからないので、俳句を掲出することにする。
この花の咲く頃には冴え返るような「寒の戻り」の寒い日がある。
白い花のジンチョウゲがあると聞いてネット上から探し出したので、
写真④に載せる。

jincyo9白ジンチョウゲ

以下、歳時記に載る句を引いて終りたい。

 沈丁の香の石階に佇みぬ・・・・・・・・高浜虚子

 隣から吾子呼んでをり沈丁花・・・・・・・・臼田亞浪

 冴返る二三日あり沈丁花(ぢんちやうげ)・・・・・・・・高野素十

 ぬかあめにぬるる丁字の香なりけり・・・・・・・・久保田万太郎

 靴脱に女草履や沈丁花・・・・・・・・水原秋桜子

 沈丁の四五花はじけてひらきけり・・・・・・・・中村草田男

沈丁の香の強ければ雨やらん・・・・・・・・松本たかし

 沈丁に雨は音なし加賀言葉・・・・・・・・細見綾子

 沈丁に水そそぎをり憂鬱日・・・・・・・・三橋鷹女

 沈丁も乱るる花のたぐひかな・・・・・・・・永田耕衣

 沈丁花多産を恥じる犬の瞳よ・・・・・・・・永野孫柳

 沈丁の花をじろりと見て過ぐる・・・・・・・・波多野爽波

 授乳の目とぢて日向の沈丁花・・・・・・・・福田甲子雄

沈丁の恣(ほしいまま)なる透し垣・・・・・・・・石塚友二

 沈丁の香のくらがりに呪詛一語・・・・・・・・細川加賀

 鎌倉の月まんまるし沈丁花・・・・・・・・高野素十

c0128628_1181097ジンチョウゲ実
写真⑤はジンチョウゲの実。
雌雄異株で、実は雌株にしかできない。
日本には雌株は非常に少ないとのことで、実を見かけることは少ない。
-------------------------------------------------------------------------
今日、4月15日は、亡妻・弥生の祥月命日である。 十三回忌である。
菩提寺の真蔵院で私と子供だけの、ささやかな法事を催した。
もう満十二年が経ったのかと感慨ふかいものがある。一人暮らしもようやく身についてきた昨今である。
札幌に住む妹さんから生花のバスケットが届いた。いつもながら、お心遣いに感謝したい。
ここに記して、冥福を祈りたい。



はねず色のうつろひやすき花にして点鬼簿に降る真昼なりけり・・・木村草弥
img002弘川寺

  はねず色のうつろひやすき花にして
    点鬼簿に降る真昼なりけり・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るもので、自選にも採っているのでWebのHPでも、ご覧いただける。

この歌については上にリンクとして示したWebのHPの後半部に載っているが、短歌時評として前衛短歌作家として著名な塚本邦雄氏が読売新聞平成11年6月28日夕刊に、この歌を引用して、次のように批評していただいた。

  <いずれも心・詞伯仲した好著であり、これだけ熟読すると現代短歌の、ある断面が眼前に出現し、はたと考えこみ、また二十一世紀に望みを託したくなる。>

そういう意味でも私にとって「記念碑」的な、思い出ふかい歌である。詳しくは、WebのHPを覗いてみてもらいたい。

「はねず色」というのは、日本古来の色見本として掲げられている色で「うすべに色」のことである。
また「点鬼簿」(てんきぼ)というのは、仏壇に納められている先祖さまの戒名や祥月命日を書いてある「過去帖」の別名である。
人間は死ぬと「鬼籍」に入る、などというように、死んだら「鬼」になるのである。だから別名を「点鬼簿」という。
詩歌では、こういう風に「過去帖」という日常的な表現を、わざと避けて、「点鬼簿」という非日常的な表現を採るのである。
詩歌というのは、日常を非日常化したものである。

この歌も、花の盛りを詠んだ華やかなものではなく、「死」の匂いに満ちた哀感の歌と言えるだろう。
私は、いつも「死」の隣にいるのである。



「紅茶の話」・・・・・木村草弥
10323003575.jpg

──エッセイ──

       「紅茶の話」・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

先日、月刊「茶の間」に連載している記事の後に書いた私の文章について問い合わせのコメントがあった。
それは「ロシアの紅茶」について、であった。
茶の樹は南方の暖かい土地に育つもので、フランスとかイギリスとかの寒い地域では育たない。
もちろんロシア本国などは、もっと寒いから茶の樹は無い。
もともとロシア人は紅茶の好きなことで有名で、年間の消費量なども、とても多い。
旧ソ連の頃に国内生産を増やそうとして、当時はソ連圏であった「グルジア」や「アゼルバイジャン」に大規模な茶園開発をしたものである。
旧ソ連解体後にも、今でも、これらの地域には茶園が残っている。
------------------------------------------------------------------
    紅茶の話

”お茶”と一口に言っても、緑茶、ウーロン茶、紅茶etc・・・たくさんあります。
その原料は?と言えば、もちろん、”お茶の葉”であります。
では、”緑茶の木、ウーロン茶の木、紅茶の木”なんていうのがあるのか?
答えは「なし」。
意外なことに、これらはみんな同じお茶の木からできてるんです。では、なにが違うのか。答えは・・・・・
発酵するか、しないか。
また、どの程度、発酵させるかによって変わってきます。
もともとは全部同じツバキ科の常緑樹で、醗酵のしかたで紅茶になったり緑茶になったりするんです。

紅茶の種類

●緑 茶  発酵しないお茶。摘んだ葉をすぐ蒸したり炒ったりすることにより、酸化が止められる。

●紅 茶  醗酵したお茶。酵素が酸化(空気にふれること)により発酵する。

●烏龍茶  半発酵のお茶。 緑茶と紅茶の中間。簡単に言うと、摘んだ葉をそのまま放置しておけば、空気にふれて紅茶になると言うこと。

専門用語で言えば萎凋(いちょう)(しおらせる) → 揉捻(じゅうねん)(発酵しやすくするため十分揉む) → 発酵 →乾燥 となります。

お茶は中国の雲南省が原産です。
現在は、スリランカ、インド、中国、日本をはじめ、南アフリカ、オーストラリア、ニュージーランドなどでも作られています。
北限はグルジア(旧ソ連)。イギリス、フランスなど北緯40度以上の国にはお茶の木はありません。
よって、イギリス産紅茶、フランス産紅茶などというのはありえません。
アルションの紅茶はフランスでブレンドされた直輸入紅茶であり、フランス産紅茶ではないのです。
茶葉は茶畑で摘まれます。 日本では、もうほとんど機械で摘まれていますが、インドやスリランカではまだまだ手で摘まれていることが多いようです。
芯芽と若葉にはそれぞれテアニン、カフェインという成分が含まれており、紅茶の味を形成する上で大切な成分となっています。

・テアニン    芯芽に含まれています。旨みの成分です。
・カフェイン   若葉に含まれています。苦味の成分です。

紅茶葉の中にまれに白っぽい葉や黄色っぽい葉が入っていることがあります。 これらはゴールデンチップ、シルバーチップと呼ばれ、旨み成分の詰まっている芯芽の部分です。
一般的にゴールデンチップやシルバーチップが入っているお茶は良質とされています。
中国ではこのゴールデンチップばかりを集めたお茶を銀針百毫と言い、不老長寿のくすりとして古くから重宝していたと言います。

紅茶のグレード
紅茶の等級(グレード)は、一般には品質のよしあしではなく、紅茶の大きさや形状によって決められます。
大きく分けると、

●葉をカットしていないホールフリー

●カットしたブロークン

●細かい粉茶のファニング&ダスト  の3つになります。

それが更に細かく分類されていますので、主なものをご紹介します。
ちなみに、オレンジペコとは、本来、お茶の新芽の次の葉を示す言葉です。

●FOP(フラワリーオレンジペコ)   若い芽の芯芽の産毛の多いもので、最上級品とされている 。
●OP (オレンジペコ)   若い芽、若い葉で作られたもの 。細形できれいにカールした芯芽を多く含んでいる 。
●BOP(ブロークンオレンジペコ)   オレンジペコを細かく砕いたもの 。

単純には大きい葉の紅茶はおおむね上等で安心という事。
しかし注意してください。
セイロン(スリランカ)の紅茶は、茶葉の大きさよりも、収穫された場所のほうが上等度をはかるのに大切らしい。
収穫地の標高が高ければ高いほど、その紅茶葉は上等だと言われています。なぜなら高いところの方が渋みが繊細だからというわけです。これは現地スリランカ人よりのお話。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
ロシアと言えば、お酒。ひとりあたりのアルコール消費量は世界一ではないものの、堂々6位を誇る国です(2015年のOECD発表データ)。
「大人は誰でもウォッカを一気飲みしている」なんてイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、一方でロシアは紅茶分野においても特別な存在感を持っている国。
他ヨーロッパ諸国とは異なる文化を花開かせているのです。今回は、ロシアの茶文化についてお届けします!

ロシアンティー?サモワール?ロシアの茶文化。

ヨーロッパにおける茶文化と言えば誰もが英国風紅茶を思い浮かべることでしょう。
しかし、ロシアも紅茶大国と呼べる立派な文化を持っていることをご存知でしょうか?
広大なユーラシア大陸の東西に分かれているだけあって、ロシア茶文化は英国風とは一風変わったもの。
しかも、茶の産出国ではないにも関わらず毎年大量の紅茶が消費され、英国に次いで紅茶を飲む国だと言われています。
(ジョージアやアゼルバイジャンなどの国は栽培が盛んなので、旧ソ連時代は自国生産ができました)。
ここでは、ロシア茶文化の特徴を少しお話ししましょう。

【ロシアの紅茶と言えばロシアンティー】

ひと昔前の日本では、「ロシアンティーとはジャムを入れて飲む紅茶」と言われていました。しかし、それは正しい作法ではありません。
ティーカップとは別にジャムを入れた容器を用意し、スプーンでジャムを口に運んで口内で紅茶と混ぜ合わせるのが本来のロシアンティー。
ジャムにはウォッカやブランデーを加えることもあり、またジャムの代わりに砂糖やハチミツを舐めることもあるそうです。
ちなみに、直接紅茶に入れない理由はお茶を冷まさないためなのだとか。寒い国だからこそ生まれた文化だと言えるでしょう。
ただし、現在のロシアのカフェでは、ミルクやレモンを入れる日本同様の紅茶が一般的なのだそうです。

【ロシア式茶道の魂、サモワール】

ロシア茶文化の独自性を体現しているのは、何と言ってもサモワールの存在です。
サモワールとは、西ヨーロッパ諸国の文化にはない金属製湯沸かし器のこと。
茶会ではテーブルの中心にサモワールが置かれ、その周囲に小さめのティーポットが用意されています。
ティーポットには茶葉をたくさんいれた濃い紅茶が作られていて、サモワールのお湯で好みの濃さに調整して各々がお茶を楽しむというわけです。
ちなみに、サモワールはティーポットを載せることができるようになっていて、濃縮紅茶を蒸気で温めることもできます。
また、厳しい作法がないこともロシア式茶道の特徴だと言えるでしょう。
細かい手順はなく、長い時間をかけてゆっくりお茶を楽しむのがロシア式。楽しい団らんのシンボルが、サモワールなのです。

紅茶とロシアの歴史。

ヨーロッパに茶がもたらされたのは大航海時代。
まずはいち早く東インドに進出したポルトガルが現地で緑茶に出会い、次いで東インドに進出したオランダによってヨーロッパ各国へと茶が広まっていきました。
しかし、ロシアへの茶の伝来はこれとは別ルート。
海上ルートによって伝播した西ヨーロッパ諸国とは異なり、モンゴルやシベリアを経由した陸上ルートによってもたらされたとされています。
ロシアの茶文化が他ヨーロッパ諸国と異なる独自性を持っているのもうなずけるでしょう。ここでは、ロシアと茶の歴史をいくつかご紹介します。

【ロシア帝国の版図拡大と茶の輸入】

諸説ありますが、ロシアが最初に茶と出会ったのはロマノフ朝初代皇帝ミハイル・ロマノフの時代。1638年にモンゴルの王、アルタン・ハンから茶葉200袋が贈られたと記録されています。
フランスへの伝来が1635年頃、ドイツやイギリスへの伝来が1650年頃ですから、ほぼ同じ時期に伝わったと言えるでしょう。
その後、既にシベリアを版図におさめていたロシアは南下政策をとり、中国(清)と幾度もの衝突(清露国境紛争)が繰り替えされます。
そして両国の境界線を定めた条約や通商条約が結ばれ、陸路による交易が行われることになりました。
馬やラクダによる運搬では、軽く日持ちがする茶葉は最適。輸入量はどんどん増え、喫茶文化が広がることになったのです。

【茶のシルクロード「万里の茶道」!】

ロシアと中国を結ぶ交易路は「万里の茶道」と呼ばれ、世界文化遺産に申請中なのだそうです。
万里の茶道は、中国の湖北省、河南省、山西省、内モンゴル自治区を経由し、ロシアのサンクトペテルブルク、イルクーツク、キャフタ、ノボシビルスクなどの都市を結ぶ壮大な交易路。
シベリア鉄道が開通するまでの約200年間にわたって、お茶はもちろん様々な文化・経済の交流を支える重要な役割を果たしました。
ただし、陸路は海路に比べて輸送量に弱点があり、ロシアの庶民が紅茶を楽しめる価格になったのはシベリア鉄道開通後。
その後は、軍艦の中でティータイムが設けられるほど身近な飲み物になりました。

【ロシアの茶は、「ティー」ではなく「チャイ」!】

ロシア語で茶は「チャイ(CHAI)」と言います。
他ヨーロッパ諸国の呼び方「TEA(イギリス)」「THE(フランス)」「TE(イタリア)」「THEE(オランダ)」などと大きく異なるのがお分かりでしょう。
これも、陸路・海路の違いによって生じた違い。海路で伝わった茶は福建省の厦門語「TAY」が語源となって派生していきました。
一方、陸路での輸出の起点となったのは広東省。広東語の「CYA」がもとになっているのです。
余談ですが、ポルトガル語の「CHA」は、ポルトガル人が最初に茶と出会った場所が広東省であったこと、当時交易のあった日本の「CYA」が伝えられたことが原因だと言われています。

(まとめ)

ヨーロッパ茶文化においてひときわ異彩を放つロシアのお話はいかがでしたか?
お茶はアジアからヨーロッパに伝わったものですが、伝わり方が違えばお隣の国でも文化が変わるものです。
余談ですが、フランスの有名紅茶ブランド「クスミティー」の創業者、クスミチョフはフランスに亡命したロシア人。元々はロマノフ朝皇帝のご用達茶商だったそうです。
産地との関係以外に、ヨーロッパ内での交流も各国の茶文化に影響を与えていると言えるでしょう。
色んな国の茶文化に触れ、その国流の飲み方を楽しんでみるのはいかがでしょうか。 

老桜は残さず花を散らしけりかにかくに見るはるかなる宙・・・・木村草弥
thumb5長谷寺落花

   老桜は残さず花を散らしけり
     かにかくに見るはるかなる宙(そら)・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。

私の歌の場合、華やかに咲き満ちている満開の桜の最盛期を詠むということは、まあ、ない。
散り際とか、老い樹であるとか、滅びるような様子を詠うのが多い。
一般的に詩歌の場合は、そうである。何事にも「滅び」の時期にこそ、自然の、あるいは人生の哀歓があるからである。
「盛り」のときに勢いがあり、美しくて、華やかであるのは当然のことであり、何の不思議もないからである。
適当な散りつくした桜の写真がないので、こんな写真で代用する。長谷寺の桜落花である。

この歌には何も難しいところは、ない。上に書いたような私の心象が詠われている。
そして、花の散った桜の樹の間からは、果てしない宙(そら)が拡がっているなぁ、という感慨である。
落花を詠んだ句に

    空青しなほも落花を含みゐて・・・・・・・天野莫秋子

というのがあるが、この句は私の歌に一脈相通じる雰囲気がある。
こんな句はいかがだろうか。

    めんどりよりをんどりかなしちるさくら・・・・・・・・三橋鷹女




     
自が生地選べぬままに老い古りぬ桜の一樹わが生もまた・・・・木村草弥
entry_25しだれ桜小渕沢

   自(し)が生地選べぬままに老い古りぬ
     桜の一樹わが生もまた・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るもので、自選にも採っているのでWebのHPでも、ご覧いただける。

掲出した写真は小渕沢のしだれ桜である。写真を見ただけでも、かなりの年数を経た桜の木であることが判る。
このように老いた桜の木を見ていると、この木が、どういう長い歳月を生きて来たのかが気にかかる。
しかも、その地に根づくにあたっても、桜の自由意志で、そこに生えているのではない。自然播種ということは、桜の場合あり得ないからである。
つい最近読んだ本によると、吉野山の桜も自然に生えたものではなく、人の手によってずっと昔に手植えされたものだという。
何千本という山桜の木を手植えした古代の人々の並々ならぬ情熱を思い知らされるのである。
だから、私は「自分の生地も選べぬままに」と感慨を抱くに到ったのである。それが四句までの私の歌の描写になっている。
そういう桜の老い樹を見ていて、さて私自身はどうなのか、と振り返ってみたら、私の「生」も、この桜と同じく、私の自由意志でここに生きているのではなく、天地の「巡り合わせ」で、ここに「生かされている」のではないか、という感慨に辿りついた、ということである。
詩歌の場合、こういう自然物という具象を見て、人間としての「生きざま」に思いをいたす、ということが、よくある。
俳句の場合は字数が少ないので、そういう詠嘆を詠みこむということが難しいかも知れない。
皆さんは、どう思われるだろうか。

今の時期は、桜が満開か、あるいは散り始める所もあるかも知れないので、今月に入ってから、集中的に「桜」を詠んだ作品を載せることにしている。後いくつかは載せるつもりである。



紫大根の花が咲いていた/いつの間に/少しも気づかずにいて/いま目にする花の紫・・・・高田敏子
imgb8a5adc6zik8zjムラサキダイコン

──高田敏子の詩鑑賞──(3)──再掲載・初出2007/04/11 Doblog──

      雑草の花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高田敏子

   紫大根の花が咲いていた
   半日の外出から帰った夕ぐれの
   家の戸口の傍らに

   いつの間に
   そこに芽をのばしていたのでしょう
   少しも気づかずにいて
   いま目にする花の紫

   昨年もそこに咲いていたと
   それさえ忘れていた私に
   花は静かな微笑の姿を見せている

   そう!
   こうした雑草は
   待たれることなく
   咲き出すのだ
   人目についても つかなくても
   花を咲かせて
   咲くことの出来た自分自身に
   静かな微笑をおくっているのだ
--------------------------------------------------------------------------
この詩は高田敏子の詩集『こぶしの花』1981年花神社刊に載るもの。
高田敏子の詩は、難解な言葉は何もない。難しい暗喩もない、平易な表現である。それでいて、詩全体から漂う雰囲気に読者は虜になってしまう。
ただ、この詩の題「雑草の花」というのには引っかかるが、それは「雑草」というものはなく、どんな草にも、みんな名前があると思うからである。
事実、作者も詩本文の中では「紫大根」という名前を書いているのだから、題名もそれにしてもらいたかった。
---------------------------------------------------------------------------
高田敏子の詩集には1954年の『雪花石膏』1955年の『人体聖堂』にはじまって20冊近くが刊行されている。
ここで、同じ詩集に載る短い詩を一つ紹介する。
--------------------------------------------------------------------------
kobusi16.jpg

      こぶしの花・・・・・・・・・・・・・・・・・高田敏子

      あなたの好きな
      こぶしの花が咲きました
      ご健勝にお過ごしのご様子
      およろこびしています

   四行の文字
   四行のことば
   誰に見られても困らない
   一枚のはがき

   長い年月のむこうに咲く
   こぶしの花
   見上げる花枝の上に
   形よい雲のひとひらが浮いていた

   ありがとう
   文字にはしないことばを
   ひとこと送って
   文箱に納める
   こぶしの花

   ひとひらの雲はそのまま消えずにあって
   肩のあたりがふわっと
   あたためられている



ある日/ポロリと歯が抜けて/御飯の中におちた。/「長いことつれ添うてもろうて/御苦労さん・・・・・」 ・・・・天野忠
天野
20101128_1403708桃の花

        桃の花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・天野忠

   ある日
   ポロリと歯が抜けて
   御飯の中におちた。
   御飯の中からつまみ出し
   てのひらに転がしながら
    「長いことつれ添うてもろうて
    御苦労さん・・・・・」
   と頭を下げたら
   フフフ・・・・・と
   横で 古女房が笑った。
   眼尻にいっぱい黒い皺をよせて。

   桃の花が咲いた
   その朝。
---------------------------------------------------------------------
この詩は京都の誇る詩人・天野忠さんの詩である。
この詩は多くの詩集の中から夫婦を詠んだものを集めて『夫婦の肖像』1983年編集工房ノア刊に載るもので、
初出は1974年刊の「天野忠詩集」に収録されていたものである。
天野忠さんは先年亡くなったが、現代詩特有の難解な暗喩を使うこともなく、日常使うような平易な言葉を使って作詩した。
『私有地』という詩集で昭和56年度・第33回「読売文学賞」を受賞された。他の詩集には『掌の上の灰』『讃め歌抄』などがある。

この詩集の「帯」で富士正晴が、次のように書いている。
<詩を完結させる見事さは、そこに一つのアイマイさも、鈍重さも、ごまかしもなく、冴えかえったエスプリとでもいったものがあり、詩人はまことにつつましやかに見えるが、微塵ゆらがぬ賢者のおもむきがあり、しかも老いのユーモアと、いたずらの精神による寛容なサービスも忘れていない。
「夫婦の肖像」とあるのにたがわず、多くの詩に夫婦共演の趣があって、そのおもむきはこれを読む老男、老女のこころをなごませ、一時の解放感、ゆとりのある感動によって、自分が老人であることの滑稽さと同時に安定した気分を抱かせるのにちがいないようだ。>

少し長い引用になったが、天野さんは若い頃は、もう少し肌ざわりの違う詩を書いていたが、
老年になって洒脱な、人を食ったような飄逸な詩世界を表現するようになった。
この詩には、特別に解説を要するようなものは、何も要らない。そのまま、素直に鑑賞したい。
天野さんの詩を選ぶ時も、現代詩というものは、「季節」を詠うものではないので、苦労した。
京都では、医師であって、物書きであった松田道雄氏などとの交友があったようだ。

ここで、『私有地』から短い詩をひとつ紹介しておく。
天野②

         花・・・・・・・・・・・・・・・天野忠

    山桜のふとい枝が一本
    ごろりんと
    道ばたにころがっている。
    土をいっぱい載せたダンプカーのお尻に
    何べんとなくこすられ
    とうとう辛抱しきれずに
    道ばたに倒れてしまったのである。
    それでも春だから
    ぼろぼろの胴体にくっついた
    小枝の花は
    まだチラホラと咲いている。
    風が吹くと
    チラリホラリとこぼれる。

    それが非常に綺麗で困る。
------------------------------------------------------------------------
天野忠はビッグな詩人ではなかったので、本人の写真も記事もなかなか見つからない。この辺で終る。また見つかれば後から追加する。


雪柳ふぶくごとくに今や咲く・・・・石田波郷
aaooyukiya雪柳

      雪柳ふぶくごとくに今や咲く・・・・・・・・・・・・・・・石田波郷

雪柳は私の住む地方では桜と一緒に咲いていることが多いから、今の時期にぴったりだと思う。
四月頃、葉に先立って雪のように白い小さな花をつける。
ヤナギのように細くしなやかに伸びた枝に、小さな五弁花がひしめきあって、さながら雪が降り積もったように咲き満ちるのは美しい。
ユキヤナギとは言い得てぴったりの名である。
中国名を「噴雪花」というのも、そのような情景にもとづく命名であろう。
もともとは岩山のようなところに自生していたというが、今では鑑賞花木として庭や公園などに植えられる。
叢だつ茎や枝はヤナギのように垂れるが、花の後に萌え出る葉もヤナギに似ている。
ユキヤナギの名は、枝ぶりとともに、この葉に由来するという。
雨が降ると地面にはらはら落ち、花どきは短い。

以下、歳時記に載る句を引いて終る。

 雪柳一ト朝露を綴りけり・・・・・・・・松本たかし

 ゆふづつや風のはつかに雪柳・・・・・・・・石川桂郎

 札所にて白曼陀羅の雪やなぎ・・・・・・・・百合山羽公

 鉄橋のとどろきてやむ雪柳・・・・・・・・山口誓子

 こぼれねば花とはなれず雪やなぎ・・・・・・・・加藤楸邨

 雪柳花みちて影やはらかき・・・・・・・・沢木欣一

 雪やなぎ雪のかろさに咲き充てり・・・・・・・・上村占魚

 雪柳花のうしろを明るうす・・・・・・・・丘本風彦

 長身に似合ふ和服や雪やなぎ・・・・・・・・大島民郎



百枚の浴衣を干すも花の中・・・高野素十
takano1.jpg

       百枚の浴衣を干すも花の中・・・・・・・・・・・・・・・・高野素十

素十は東大医学部在学中に、同学の水原秋桜子に誘われて俳句をはじめ、大正12年以降、虚子に師事して頭角を現した。
「東に秋素の二Sあり、西に青誓の二Sあり」と山口青邨が言ったように、いわゆる「ホトトギス」の四S(秋桜子、素十、青畝、誓子)時代を築いた虚子門の逸材である。
虚子の唱えた客観写生、花鳥諷詠を最も忠実に継承し、日常の事象を確かな切り口で鮮やかな句に仕立て上げている。
落花を詠んだ歌や句は多いが、この句は無駄のない明確さで、花吹雪の軽やかさ、華麗さを見事に捉えている。
花吹雪を詠もうとする人は、意識せざるを得ない句であろう。昭和28年刊『野花集』に載る。
以下、素十の句を少し引いてみる。

 春水や蛇籠(じゃかご)の目より源五郎

 ひざまづき蓬の中に摘みにけり

 迎火を女ばかりに焚きにけり

 秋風やくわらんと鳴りし幡(はた)の鈴

 弘法寺の坂下り来れば鶏合

 蟻地獄松風を聞くばかりなり

 方丈の大庇より春の蝶

 まつすぐの道に出でけり秋の暮

 揚羽蝶おいらん草にぶら下る

 生涯にまはり灯籠の句一つ

 翅わつててんとう虫の飛びいづる

 羅にほそぼそと身をつつみたる

 歩み来し人麦踏をはじめけり

 親馬は梳(くしけづ)らるる仔馬跳び

 くもの糸一すぢよぎる百合の前

 食べてゐる牛の口より蓼の花

 三日月の沈む弥彦の裏は海

 百姓の驚くほどの朝月夜

 雪明り一切経を蔵したる

 一行を書きそれを消し梅雨長し

 はじめての町はじめての春夕べ
----------------------------------------------------------------------------
61s+ZsCasuL__SL500_.jpg

ネット上に載る記事を引いておく。

高野素十
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高野素十(たかの すじゅう、1893年(明治26年)3月3日 ~ 1976年(昭和51年)10月4日)は、日本の俳人、医学博士。山口誓子、阿波野青畝、水原秋桜子とともに名前の頭文字を取って『ホトトギス』の四Sと称された。本名は高野与巳(よしみ)。

生涯
1893年(明治26年)茨城県北相馬郡山王村(現・取手市神住)に生まれる。新潟県長岡市の長岡中学校(現・新潟県立長岡高等学校)、東京の第一高等学校を経て、東京帝国大学医学部に入学。法医学を学び血清化学教室に所属していた。同じ教室の先輩に秋桜子がおり、医学部教室毎の野球対抗戦では素十が投手をつとめ秋桜子が捕手というバッテリーの関係にあった。

1918年(大正7年)東京帝大を卒業。大学時代に秋桜子の手引きで俳句を始める。1923年(大正12年)『ホトトギス』に参加し、高浜虚子に師事する。血清学を学ぶためにドイツに留学。帰国後の1935年(昭和10年)新潟医科大学(現・新潟大学医学部)法医学教授に就任し、その後、学長となる。1953年(昭和28年)60歳で退官。同年、俳誌『芹』を創刊し主宰する。退官後は奈良県立医科大学法医学教授を1960年(昭和35年)まで勤める。

1976年(昭和51年)没、享年83。千葉県君津市の神野寺に葬られた。

素十の作風は虚子の唱えた「客観写生」に忠実であり、自然を徹底して客観的・即物的に描写し「純写生派」と呼ばれた。特に近景の描写に優れていた。秋桜子は同窓の後輩であった素十をライバル視し、お互いの師であった虚子は素十に対し肯定的であった。このため秋桜子は、素十の句を批判的に評していた。


作品集
初鴉(1947年)
雪片(1952年)
野花集(1953年)
素十全集(1970年)


花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ・・・・杉田久女
image20(3)着付け

    花衣ぬぐやまつはる紐いろいろ・・・・・・・・・・・・杉田久女

この句は女性ならでは、の句である。昔の人は、皆、和服を着ていたから、特に女の人は着物を着るには、いろいろの紐が必要だった。
そこから、この句には一種のエロスが香り立つのである。
昨日付けで載せた中村汀女が、彼女に憧れて俳句を始めた、と書かれているので、ここに載せる気になった。

杉田久女 は鹿児島生れ。東京の高女を出てから、小倉中学校教師・杉田宇内と結婚。
「ホトトギス」で頭角を現すが、昭和11年「ホトトギス」を除籍される。その経緯などは判らない。

久女の句で、私の好きなものを抜き出してみよう。

 春の夜のまどゐの中にゐて寂し

 東風吹くや耳現はるるうなゐ髪

 燕来る軒の深さに棲みなれし

 バイブルをよむ寂しさよ花の雨

 照り降りにさして色なし古日傘

 足袋つぐやノラともならず教師妻

 右左に子をはさみ寝る布団かな

 ぬかづけばわれも善女や仏生会

 ちなみぬふ陶淵明の菊枕

 虚子留守の鎌倉に来て春惜しむ

 種浸す大盥にも花散らす

 ほろ苦き恋の味なり蕗の薹

 道をしへ一筋道の迷ひなく

--------------------------------------------------------------------
私は彼女については無知なのでWeb上に載る記事を引用しておく。

杉田久女
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

杉田久女(すぎた ひさじょ、1890年(明治23年)5月30日 ~ 1946年(昭和21年)1月21日)は日本の俳人。
本名は杉田久(すぎた ひさ)。

生涯
高級官吏である赤堀廉蔵と妻・さよの三女として鹿児島県鹿児島市で生まれる。父の転勤に伴い沖縄県那覇市、台湾嘉義県・台北市と移住する。1908年(明治41年)東京女子高等師範付属お茶の水高女(現・お茶の水女子大学)を卒業。この間に一家が上京する。1909年(明治42年)中学教師で画家の杉田宇内と結婚し、夫の任地である福岡県小倉市(現・北九州市)に移る。

1911年(明治44年)長女・昌子(後に俳人・石昌子となる)誕生。1916年(大正5年)兄で俳人の赤堀月蟾が久女の家に寄宿する。この時に兄より俳句の手ほどきを受ける。それまで久女は小説家を志していた。『ホトトギス』に投句を始め、1917年(大正6年)ホトトギス1月号に初めて出句。この年5月に飯島みさ子邸での句会で初めて高浜虚子に出会う。

1922年(大正11年)夫婦揃って洗礼を受けクリスチャンとなる。1931年(昭和6年)帝国風景院賞金賞を受賞。1932年(昭和7年)女性だけの俳誌『花衣』を創刊し主宰となる。しかし、5号で廃刊となった。1934年(昭和9年)中村汀女・竹下しづの女などとともにホトトギス同人となる。

1936年(昭和11年)虚子よりホトトギス同人を除名される。しかし除名後もホトトギスへの投句を続けた。
1946年(昭和21年)1月21日、太平洋戦争後の食料難により栄養障害をおこし腎臓病悪化により福岡県筑紫郡太宰府町(現・太宰府市)の福岡県立筑紫保養院で死去、享年57。

愛知県西加茂郡小原村(現・豊田市松名町)にある杉田家墓地に葬られた。戒名は無憂院釈久欣妙恒大姉。1957年(昭和32年)長野県松本市の赤堀家墓地に分骨される。ここに記された「久女の墓」の墓碑銘は長女・昌子の依頼で虚子が筆を取った。

作品集
ウィキクォートに杉田久女に関する引用句集があります。
杉田久女句集(1952年 角川書店)
久女文集(石昌子・編 1968年 石一郎)
杉田久女随筆集(2003年 講談社)

関連作品
杉田久女(石昌子 1983年 東門書屋)
花衣ぬぐやまつわる…-わが愛の杉田久女(田辺聖子・著 1987年 集英社)
俳人杉田久女の世界(湯本明子・著 1999年 本阿弥書店)
大正期の杉田久女(米田利昭・著 2002年 沖積舎)
杉田久女(坂本宮尾・著 2003年 富士見書房)
-------------------------------------------------------------------------------
ネット上で、→ 「愛の旅人」という杉田久女について2007/03/31の朝日新聞の記事が出ている。
いい記事なのでアクセスして読んでもらいたい。



那須信孝『曽我量深に聞く 宗教的要求の象徴・法蔵菩薩』限りなく純粋感性を求めて・・・・木村草弥
那須_NEW

──新・読書ノート──

     那須信孝『曽我量深に聞く 宗教的要求の象徴・法蔵菩薩』限りなく純粋感性を求めて・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
           ・・・・・大法輪閣2018/04/15刊・・・・・・

私の大学の同級生で、浄土真宗本願寺派「一行寺」住職の那須信孝から、この本が贈られてきた。
400ページ余りの難しいものである。
彼は、この寺の次男だったが、兄が京都大学を出たあと日本電池(現GSユアサ)の社長になったので寺の跡を継いだ。
彼は京大に入ったときは専攻は西洋史で、私の親友だった亡・手塚晃と同じ京都二中の出身だった。
のちに仏教学専攻に転科して卒業した。
今の「一行寺」は西本願寺前に聳える立派な寺だが、これは彼が継いでから建てたもので、私たちが泊まり込みで酒を飲みながら文学論を闘わせた元の家は民家のような「しもたや」だった。
これから判るように彼の家は西本願寺の本山付きの寺院だったようである。
今は譲位されたが前・門主の大谷光真氏は東大出ということもあり、那須の寺に遊びに来られるような親密な間柄だったようである。
私的な話に過ぎたようである。 本論に戻る。 
難しい本なので先ず周辺部から入りたい。 ここに論じられる人物から。

曾我量深 (そがりょうじん)
[生]1875.9.5. 新潟
[没]1971.6.20. 京都
真宗大谷派の僧。 1899年真宗大学卒業。真宗,東洋,大谷の各大学教授を歴任する一方,清沢満之主宰の『精神界』の編集なども行い,1961~67年大谷大学学長をつとめた。
著書『救済と自証』『法蔵菩薩』など。『曾我量深選集』 (12巻,1970~72) がある。

阿頼耶識(あらやしき)、梵: ālaya-vijñāna、आलयविज्ञानは、大乗仏教の瑜伽行派独自の概念であり、個人存在の根本にある、通常は意識されることのない識のこと。
アーラヤ識。唯識思想により立てられた心の深層部分の名称であり、大乗仏教を支える根本思想である。眼識・耳識・鼻識・舌識・身識・意識・末那識・阿頼耶識の8つの識の最深層に位置するとされる。

原語と漢訳

「阿頼耶識」は、サンスクリットの ālaya( आलय) の音写と、vijñāna(विज्ञान) の意訳「識」との合成語。
ālaya の語義は、住居・場所の意であって、その場に一切諸法を生ずる種子を内蔵していることから「蔵識」とも訳される。
「無没識(むもつしき)」と訳される場合もあるが、これは ālaya の類音語 alaya に由来する異形語である。
旧訳では阿羅耶識、阿梨耶識(ありやしき)」。また、蔵識(藏識)、無没識(むもつしき)」とも訳し、頼耶識、頼耶等と略されることもある。

ある人の阿頼耶識は、蔵している種子から対象世界の諸現象<現行(げんぎょう)法>を生じる。またそうして生じた諸現象は、またその人の阿頼耶識に印象<熏習(くんじゅう)>を与えて種子を形成し、刹那に生滅しつつ持続(相続)する。

この識は個人存在の中心として多様な機能を具えているが、その機能に応じて他にもさまざまな名称で呼ばれる。諸法の種子を内蔵している点からは一切種子識(sarva-bījaka-vijñāna)、過去の業の果報<異熟(いじゅく)>として生じた点からは異熟識(vipāka-vijñāna)、他の諸識の生ずる基である点からは根本識(mūla-vijñāna)、身心の機官を維持する点からは阿陀那識(ādāna-vijñāna、執持識/執我識。天台宗では末那識の別名)と呼ばれる。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「法蔵菩薩」についてネット上から引いておく。

正信偈の教え-みんなの偈-

法蔵菩薩の願い

【原文】
法 蔵 菩 薩 因 位 時
在 世 自 在 王 仏 所

【読み方】
法蔵菩薩(ほうぞうぼさつ)の因位(いんに)の時、
世自在王仏(せじざいおうぶつ)の所みもとにましまして、

 『大無量寿経(だいむりょうじゅきょう)』には、釈尊が、阿難(あなん)という仏弟子に語って聞かせるというかたちで、法蔵菩薩のことが詳しく紹介されています。そして広く人類を救いたいという願いを発(おこ)された菩薩の徳が讃えられるのです(聖典6頁~)。そのあらましは、次の通りです。
 ある日、阿難尊者(そんじゃ)がお見受けしたところ、釈尊は、いつになく、すがすがしいご様子で、歓びにあふれて、輝いておられるように思われたのです。そこで、阿難尊者は、そのわけをお尋ねしたのです。すると釈尊はお告げになりました。「きみは、とてもよいことを尋ねた。私がこの世に出現したのは、教えを説いて人びとを救い、真実の利益りやくを与えるためなのだ。私が歓びにあふれているのは、人びとに真実の利益を明らかにする時がきたからなのだ」と。そして、法蔵菩薩のことをお説きになられたのです。
 遠い遠い昔の、そのまた遠い遠い昔、世自在王仏(せじざいおうぶつ)という仏がおられました。その時、一人の国王がおられました。王は、その仏の教えをお聞きして、心からの喜びを懐いだかれたのです。そして、自分も仏になって、世の人びとを悩みや苦しみから救いたいと願うようになられたのです。王は、国を棄て、王位を捨て、世自在王仏のもとで出家して修行者となり、法蔵と名告(なの)られました。これが法蔵菩薩です。
 法蔵菩薩は、諸仏の浄土がどのようにしてできたのか、それを教えていただきたいと、世自在王仏に願い出られました。そして、自分も、教えの通りに修行して浄土を建立(こんりゅう)したいという決意を述べられたのです。世自在王仏は、菩薩の熱心な願いに応じて、二百十億という、ありとあらゆる仏の浄土の成り立ちと、それらの浄土にいる人びとのありさまをつぶさにお示しになったのです。
 法蔵菩薩は、それらの浄土のありさまを拝見された後、五劫(ごこう)という途方もなく永い期間にわたって思惟を重ねられ、この上にない優れた願いを発されたのです。すなわち、仏になって理想の浄土を実現するための願いを発されたのです。それが四十八項目からなる本願なのです。
 この本願の第十八の願では、自分が仏に成るとしても、自分が実現する浄土に、一切の人びとが心から生まれたいと願って、もし人びとが往生できないのであれば、自分は仏には成らないと誓われたのです。
 さらに、『大無量寿経』には、次のようなことも説かれています。阿難尊者は、釈尊にお尋ねするのです。「法蔵菩薩は、すでに仏に成っておられるのでしょうか、それとも、まだ仏に成っておられないのでしょうか」と。すると、釈尊はお答えになりました。「もうすでに仏に成っておられる。いま現に、西方の、ここから十万億の世界を越えた安楽浄土におられるのだ」と。つまり、法蔵菩薩の四十八願はすべて成就されて、阿弥陀仏に成られたということです。ついで、阿難尊者が「法蔵菩薩が阿弥陀仏になられてから、もうどれほどの時が過ぎたのでしょうか」とお尋ねすると、釈尊は、「おおよそ十劫の時が経過しているのだ」と、教えられたのです。
 このお話のなかに、「五劫」「十劫」という言葉がありましたが、「劫」は、時間の長さです。これには諸説が伝えられていますが、有名なのは次のような話です。
 横幅四十里、高さも四十里、奥行も四十里という大きな岩石があったとして(もちろん富士山よりも大きい)、その岩のそばを羽衣を身にまとった天女が百年(あるいは千年)に一度通りかかるのです。すると羽衣の袖がサッと岩にふれるのです。これを何度も何度も繰り返すと、岩が磨り減ります。この岩石が完全に摩滅してしまうのに要する時間よりも、さらに長い時間を一劫というのです。十劫はその十倍です。このような、とてつもなく長い時間のことが言われるのは、数量ではとらえきれない質の深さを表わそうとするからです。仏の慈悲の深さが、始まりと終わりを考える必要のないものであることを教えようとしていると思われるのです。
(九州大谷短期大学長 古田和弘)
-------------------------------------------------------------------
正信念仏偈

「正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)〈正信念佛偈〉」は、親鸞の著書『教行信証』の「行巻」の末尾に所収の偈文。一般には略して「正信偈(しょうしんげ)」の名で親しまれている。
真宗の要義大綱を七言60行120句の偈文にまとめたものである。
同じ親鸞撰述の『三帖和讃』とともに、本願寺第8世蓮如によって、僧俗の間で朝暮の勤行として読誦するよう制定され、現在も行われている。

大きく二つの部分によって構成されている。
「総讃」の2句に続く前半は、「依教段」と言われ『仏説無量寿経(大無量寿経)』に依って明らかにされている、浄土往生の正因は信心であり、念仏は報恩行であることを説明し讃嘆している。
後半の部分は「依釈段」と言われ、インド・中国・日本でこの教えを正しく伝えた七高僧の業績・徳を讃嘆している。
--------------------------------------------------------------------
とにかく仏教の教えは難解である。それは仏教が中国を経て流布されるにあたり、「漢語」に翻訳されたことが第一だと言われている。
だから最近では原典であるサンスクリット語から研究される場合が多い。
一読して、最も難解な曽我の本から彼・那須は入ったようである。

こんにち世界的な宗教図を見てみると「キリスト教」「イスラム教」「仏教」「ヒンドゥー教」「ユダヤ教」などに大別されるだろう。
「ユダヤ教」「キリスト教」「イスラム教」は共にエルサレムの地を発祥地とする「一神教」である。
いま書いた順番に発生の歴史が古い。そして、これらの宗派は、いずれも「旧約聖書」を経典として尊重する。
「旧約聖書」「新約聖書」ともに書いてあることは難しくない。「コーラン」に至っては宗教書というより世俗的な指南書という体のものである。
だから大衆には「わかりやすい」習俗訓と言えるものである。だから今広がっている宗派はイスラム教のみである。
仏教は世界的に言って、極めて少数派である。
ヒンズー教の世界では釈迦はヒンズー教の一派として把握されているに過ぎない。
こういうことを言うと仏教者はカンカンに怒るが、客観的に見て、これが現実なのである。
私は「仏教徒」とも言えない人間だが、世界各地を旅してきて、エルサレムの地にも足を踏み入れて見てきた実感として、このように言っておきたい。
仏教学者にも、その責任の一端はあるだろう。
「難解な教義」を「やさしく平易に」説くのが識者のするべき態度であろう。難しく、むつかしくしてきたから大衆は寺から離れて行って「葬式仏教」に堕落した。
親友である那須だからこそ、敢えて、日ごろ感じていることを書かせてもらった。

周辺部をぐるぐる回るばかりで、肝心の那須の本に触れていないが、難しいので本論に切り込めない私の不徳をお詫びしておく。
私の出来ることは、こんなことが限度である。 お許しいただきたい。
彼の著書の個所を見ると『如何に中陰法要を勤めるか~中有を如何に捉えるか~』という本があるが、これなら多少は歯がたつかとも思うがお坊さん用の本かも知れない。
ご恵贈に感謝して、貧しい紹介を終わりたい。 有難うございました。


外にも出よ触るるばかりに春の月・・・・中村汀女
meigetu.jpg

     外(と)にも出よ触るるばかりに春の月・・・・・・・・・・・・・・中村汀女

この句は昭和21年敗戦間もない時期のもの。
霞むような春の真ん丸い月が、わが身に触れんばかりに間近に昇って来た一瞬の驚きと喜び、それが思わず人に呼びかける句になって、心の弾みを、よく伝えている。
ハ行のフルルとハルの音の響きあいも快い。作者の代表作として、よく知られる句である。昭和23年刊『花影』に載る。

中村汀女は明治33年熊本生れの人。文化功労者にも選ばれた。
季節の句としては

 恋猫に思ひのほかの月夜かな

 ゆで卵むけばかがやく花曇り

 引いてやる子の手のぬくき朧かな

 蟇歩く到りつく辺のある如く

 滴りの思ひこらせしとき光る

 いつしかに座も満ち積むか春の雪

などが見られるが、以下に季節を問わずに好きな句を引用して終りにしたい。

 とどまればあたりにふゆる蜻蛉かな

 稲妻のゆたかなる夜も寝べきころ

 芝を焼く美しき火の燐寸かな

 水打ちてよごせし足の美しく

 音もなくひとりめぐれる火蛾もあり

 秋の蝶黄なり何かを忘れよと

 しばらくは露の桔梗に座をまかす

 秘めごとの如く使へる扇かな

 汗ばめる母美しき五月来ぬ
----------------------------------------------------------------
以下、Web上に載る記事を転載しておく。

中村汀女
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

中村 汀女(なかむら ていじょ、明治33年(1900年)4月11日 ~ 昭和63年(1988年)9月20日)は、日本の俳人。本名、破魔子。称号は名誉都民、熊本県熊本市名誉市民。

熊本県出身。熊本県飽託郡画図村(現熊本市江津1丁目)に斉藤平四郎・テイの一人娘として生まれる。

大正元年(1912年)、熊本県立高等女学校(現熊本県立第一高等学校)に入学。大正7年(1918年)、同校補習科を卒業。大正9年(1920年)に熊本市出身の大蔵官僚・中村重喜と結婚。以後、夫の転勤とともに国内各地を転々とする。

昭和9年(1934年)ホトトギス同人となり、最初の句集『春雪』を発表。戦後の昭和22年(1947年)には俳誌『風花』を創刊した。

有名な俳句では「外にも出よ 触るるばかりに 春の月」などがある。また、汀女は杉田久女に憧れていて、ファンレターも出していたらしい。


うすべにのゆく手に咲ける夕ざくら父なる我の淡きものがたり・・・・木村草弥
entry_24しだれ桜円山公園
  
   うすべにのゆく手に咲ける夕ざくら
     父なる我の淡きものがたり・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載るもので、自選にも採っているのでWebのHPでも、ご覧いただける。
掲出した写真は京都の円山公園のしだれ桜の夜景である。

私の歌は「夕ざくら」という具象に仮託して、父として生きて来た歳月を振り返って、家族の中で、どんな位置を占めてきたのだろうか、
極めて「淡いものがたり」にとどまっていたのではないか、という寂寥感を詠ったものである。
家族の中で、父親という存在は、家族の生活を担って生きて来た割には、母親に比べて極めて「淡い」存在であるように私には、感じられる。
それは男としての性生活でのありように大きく関係すると思う。
私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載せた歌

   後の世に残し得つるはこれのみか我が放精し生(な)せる三人娘・・・・・・・・・・・・木村草弥

のように、男性として子作りに参画したのは、精液の一雫のみであり、10ヶ月間も腹に子を抱いて、かつ分娩の苦痛をした末に産み落とす母親、
との「産みの記憶」がケタ違いにスケールが違うからである。
その故に、私は「父なる我の淡きものがたり」という自覚に至るのである。
世の男性諸氏、いかがであろうか。

今しも「桜」のシーズンであるから、以下、桜を詠んだ句を引いておく。

 夕桜家ある人はとくかへる・・・・・・・・小林一茶

 ゆふ空の暗澹たるにさくら咲き・・・・・・・・山口誓子

 生涯を恋にかけたる桜かな・・・・・・・・鈴木真砂女

 ひらく書の第一課さくら濃かりけり・・・・・・・・能村登四郎

 会ひ別れあと幾そたび桜かな・・・・・・・・六本和子

 遠桜いのちの距離とおぼえけり・・・・・・・・林 翔

 乱世にあらずや桜白過ぎる・・・・・・・・沢木欣一

 じつによく泣く赤ん坊さくら五分・・・・・・・・金子兜太

 桜咲くを病みて見ざりき散るときも・・・・・・・・草間時彦

 さきみちてさくらあをざめゐたるかな・・・・・・・・野沢節子

 命終の色朝ざくら夕ざくら・・・・・・・・小出秋光

 さくらさくらもらふとすればのどぼとけ・・・・・・・・黛まどか

 みどりごのてのひらさくらじめりかな・・・・・・・・野中亮介

 朝ざくら家族の数の卵割り・・・・・・・・片山由美子

 夕桜ふつくらと橋かかりけり・・・・・・・・大嶽青児

 婆と孫に筵一枚田のさくら・・・・・・・・竹鼻瑠璃男

 人に生まれ桜に生まれ星遠し・・・・・・・・三輪初子



「たかまる」掲載・藤原光顕の歌「なんやかや」15首・・・・木村草弥
たかまる_NEW

──藤原光顕の歌──(37)

     「たかまる」掲載・藤原光顕の歌「なんやかや」15首・・・・・・・・・・・・木村草弥 
                    ・・・・・「たかまる」No.110/2018.4所載・・・・・・

        なんやかや      藤原光顕

  冬田の果ての枯れ木と夕日 初めから形見のような小さな額縁
  
  一杯飲めばたいてい消える不調あれこれ 一杯でいまは消える不調

  老眼鏡・でっかいルーペ 見えてもわからぬパソコン雑誌8頁まで読む

  「らしくないややこしい処に置いときなさい」時に忘れるハンコの置き場

  なんやかやの用事をもって人は来る とうぜんのような顔して来る

  読まないとわかって借りた一冊も忘れず明日は返しに行こう

     何十年も前の目覚まし時計をまだ使っている
  セロテープで毎晩時刻を固定するセーラームーンは少女のままで

  そう言えば久しくチーズを食べない 買い物メモの一品きまる

  大根がほどよく煮えてそのほかはええことにしておでん仕上がる

  旭が丘2丁目の動画のような家いまも残るか木枠の窓の

  森ひとつ消えて更地になってからもう何年か 二月の一画

  あの時分から迷ったままでベレー帽被ったりした時代があった

  若い日にきめた最後晩餐のチャーシュー麺は今も変わらぬ

  屈むだけで視界が変わる使い慣れた鍋を探してしばらく迷う

  あの辻の地蔵はいまもまだあるか 脈絡もなくふるさとは来る
-------------------------------------------------------------------
「たかまる」最新号が到着した。
今号は、今までのとは趣が違う。亡くなった夫人にまつわる思いだけではなくなった。
藤原さんはお酒がお好きらしい。
<一杯飲めばたいてい消える不調> とある。
私も多少は晩酌はするが、酔うというところまでは呑まない。日本酒なら五勺ほどである。
また、<8頁まで>で齢がわかるというものである。
また、<ベレー帽>というのも、むかし、一頃はやったものである。
藤原さんと私は、ほぼ同時代の齢なので、よくわかる部分がある。
どうぞ、お元気でお過ごしください。 ご恵贈有難うございました。



生欠伸とめどなく湧く昼さがり老いは近寄るつとさりげなく・・・・木村草弥
Yawning_cat猫あくび
  
   生欠伸(なまあくび)とめどなく湧く昼さがり
     老いは近寄るつとさりげなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。
春は若い者でも何だか眠いもので「春眠暁を覚えず」という諺もあるが、齢をとると「生欠伸」が出て仕方がないものである。そういう状況を、この歌は詠んでいる。
人間の生欠伸の写真を出したかったが、見つからないので、猫の生欠伸で代用する。

「欠伸」あくびというのは生理的には、体の中に酸素が不足しているので、それを補給するための「深呼吸」ということである。
「欠伸は伝染(うつ)る」と言われている。←このリンクを見てみられよ。

「あくびは伝染するか?」というアンケートをやった記録がある。Yesと答えた人は80%に及んでいるという。
テンプル大学のロナルド・バエニンガー(Ronald Baenninger)博士(1987年)によると、欠伸は脊椎動物のほとんどに見られる日常的な行動だという。ネズミや猫(最も頻繁に欠伸する動物とのこと)、犬、猿、馬、鳥など様々な動物に見られる反射運動で、多くの動物にも欠伸がまるで伝染するかのように他人からウツルことが認められているというが、そのメカニズムは不明(というより真面目に研究されていないのでは?)だそうだ。
動物学的には「緊張感の緩和」のためと言われている。
また「あくびと脳の酸素」の関係では、子宮内の胎児が「あくび」をする例があるそうで、そう考えると脳に酸素を送るためとも一概には言えないという。
医学実験では、生欠伸の回数と人間の意識レベル状態に相関があるとして実験や研究に生欠伸の回数を調べたりするらしいが、実態はナゾらしいという。
「あくびの発生する時刻」では、就寝時刻や昼飯の後に生じることが多いので、それらは恐らく「眠る」ことや「退屈」「満腹」と何らかの関係があると、論文などでは仮説されている。
フロリダ州立大学のマイク・メレディス(Mike Meredith)博士によると、欠伸それ自体の生理的機能は、呼吸する部位の筋肉を伸ばし、古くなった肺の空気を外に出すこと、と言う。

また「アニメのチンパンジーのあくびが本物に伝染、米研究」というユーモラスな記事もある。見てみてほしい。

長くなるので引用は、このくらいにするが、お読みになった皆さんは、いかが思われただろうか。
「欠伸」の私の歌からの、春の宵の連想である。





「未来山脈」掲載作品・2018/04「桜」・・・・木村草弥
未来山脈④_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──「未来山脈」掲載作品──(4)

         桜・・・・・・・・・・・・・・木 村 草 弥
                ・・・・・2018年4月号掲載・・・・・

    四月は旅立ちの月である。どこかで桜が咲いている。

   水泳教室も新入生を迎えて活気づいている

   華やかな花柄の水着に包まれた健やかな君のボディが立っている

   水泳で鍛えた張りのある肢体──白い肌が花柄に映えて美しい

   振り上げられた腕が水を漕いでぐんぐん前へ

   水から上がったばかりの肌に水玉が弾けてきらきら跳ぶ

   水着を剥いで引き出したつんと尖る乳首、若い固い乳房。

   贅肉のない鍛えた体幹、その真ん中の凹んだ臍が綺麗だ

   どこかで別れの儀式があり、どこかで桜が散っている。

     ──愛咬やはるかはるかにさくら散る──時実新子





加太の海の底ひの鹿尾菜花咲くと・・・・阿波野青畝
2007_2_6_E381B2E38198E3818DE7B791芽ひじき
 
       加太の海の底ひの鹿尾菜(ひじき)花咲くと・・・・・・・・・・・阿波野青畝

「ひじき」は大豆や油揚げなどと一緒に炊いたものがおいしい。
私の好物である。
字で書くと「鹿尾菜」「鹿角菜」「羊栖菜」などと難しいが、冬から春にかけて採取される。
俳句では「春」の季語である。 写真①は柔らかい芽ひじきである。
写真②は岩の上に流れついたヒジキの拡大で、「浮き」のように膨らんだ部分で水に浮く。
12_hiziki_2ひじき拡大

ヒジキ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ヒジキ(鹿尾菜、羊栖菜、英語 hizikia、学名 Hizikia fusiformis)は、褐藻類ホンダワラ科ヒジキ属の海藻、海苔の一種。波の荒い海岸近くの岩場の低潮線付近に繁茂し、春から初夏に胞子嚢を付けて成熟する。

粘りの成分があるため、古くは食用以外にも、紙と紙を貼り合わせる糊としても使われた。

「ひじきを食べると長生きする」と古くから言われており敬老の日に因んで9月15日は「ひじきの日」となっている。

食材
ヒジキは、天日干しなどにより 干ひじき(ほしひじき)として販売されることが多い。生きている間は茶色~褐色だが、加工するにつれ真黒になる。干ひじきは、水で戻してから醤油、砂糖などで煮て食べる。「ひじきの煮つけ」(ひじきの磯煮)が有名。春物と冬物の違いは胞子嚢の有無で見分けられる。冬物は春物に比べ柔らかく、採取している地区も少ないため高価である。

春物は細長い茎の部分と葉や芽のように出ている胞子嚢の部分を分離して製品化されることが多い。茎の部分だけにしたものを長ひじき、茎ひじきなどという。茎以外の部分、あるいは、芽の部分だけにしたものを 芽ひじき、姫ひじき、米ひじきなどという。また、胞子嚢のあるものを米ヒジキ、冬物を岩場から生えた新芽を摘むため、芽ヒジキということもある。

安全性
2004年7月28日英国食品規格庁 (FSA) は、日本産ヒジキについて発がん性のある無機ヒ素を多く含有しているため食べないようにとする勧告を出した。それに対し日本の厚生労働省は、調査結果のヒ素含有量からすると、成人では継続的に毎週30g以上を摂取しない限り世界保健機関 (WHO) の暫定的耐容週間摂取量を上回ることはなく、現在の日本人の平均的摂取量に照らすと、通常の食べ方では健康リスクが高まることはないものと考えられる、との見解を示した。
-------------------------------------------------------------------
山口県の瀬戸内海、周防灘に浮かぶ離島「初島」もヒジキの産地として有名で、このHPを見ると写真などもたくさん載っているので、ご覧いただきたい。
このHPでは、刈り取りから茹でて製品にする工程や出来上がった製品など詳しく書いてある。
写真③は、その初島の磯の岩に生えるヒジキを持ち上げて刈り取るところ。
hijiki20b31初島ひじき

黒潮の洗う太平洋岸が産地らしく暖地性の海草らしい。
写真④⑤は「ヒジキの釜炊き」の様子。
080208hijiki20(2)1ヒジキの釜炊き

080208hijiki20(3)1ひじき釜炊き

炊きはじめると最初は緑色になり、だんだん黒くなるという。

2006_8_2ひじき野菜煮

以下、俳句に詠まれた句を引いて終わる。

 生鹿尾菜干して巌を濡れしむる・・・・・・・・・・富安風生

 日当れるひじき林をよぎる魚・・・・・・・・・・五十嵐播水

 ひじきうまし遠い目でみる昼の湾・・・・・・・・・・佐藤鬼房

 潮去れば鹿尾菜は礁にあらあらし・・・・・・・・・・倉橋羊村

 鹿尾菜刈岩の天辺昏れて来る・・・・・・・・・・大沢ひろし

 ひじき刈凪の挨拶かはしけり・・・・・・・・・・浜口今夜

 波来れば鹿尾菜に縋り鹿尾菜刈る・・・・・・・・・・土屋海村

 女衆の総出の鹿尾菜炊かれけり・・・・・・・・・・石田勝彦

 海暮れて火を落しけり鹿尾菜釜・・・・・・・・・・斎藤通子

 引く波が岩間の鹿尾菜くしけづる・・・・・・・・・・茂木連葉子

 地図にない島に住まひてひじき刈る・・・・・・・・・・神野島女

 手秤で買ふ腰越の生鹿尾菜・・・・・・・・・・高橋寛子



灰若布湯掻くたちまち海のいろ・・・・渡辺輝子
rootmode-img600x469-117162950612x600.jpg

   灰若布(わかめ)湯掻くたちまち海のいろ・・・・・・・・・・・・・・渡辺輝子

「わかめ」は古くは「め」「にぎめ」などと呼ばれた。
日本特産の海草だと言われている。
北海道東岸以外どこの海でも採れるという。
長さは7、80センチ。三月から五月まで採取する。天然のものは船で海に出て、箱眼鏡で見ながら鎌のついた竹竿で刈り取り、海岸で干す。
今では各地で「養殖」されている。鳴門や三陸の南部ワカメが有名。
「灰わかめ」というのは、海から採取したらすぐに「灰」にまぶして天日干しにすると、使うときに水に戻したときに色が鮮やかになるからという。もっとも、土地によって製法は異なるらしい。
成熟した茎のまわりの襞状の胞子葉を「めかぶ」と呼ぶ。
「わかめ」効用などについては、このサイトに詳しい。
あわた水産のHPでは、製品化の様子などが動画で見られる。

写真②は「あわた水産」の「糸わかめ」の製品である。
ito_up糸わかめ

鳴門わかめは有名なので、つい最近、「偽の鳴門わかめ」が摘発されて騒動になった。
どの食品の分野でも、「にせもの」は横行していて、有名産地は苦労するのである。

古くから「わかめ」は日本人には馴染みの海草で、
「万葉集」巻16に

  角島の迫門(せと)の稚海藻(わかめ)は人のむた荒かりしかどわれとは和海藻(にきめ)

という歌がある。
「むた」とは古語で「~とともに」の意味であり、「他人には荒々しいかもしれないが、私には和やかである」という比喩の歌である。

写真③は、「わかめとグリーンアスパラの明太子和え」である。
dre003_photoわかめ和え

わかめは何にでも合う便利な食材であり、「干したもの」「塩蔵」など素材もさまざまである。

この日本人の大好きな「わかめ」が今、外国では厄介者として苦労しているという。
どうも船の安定を保つために「バラスト」というが船槽に貯めた日本の海水にワカメの胞子が紛れ込んで現地の海で繁殖したらしい。
日本人ならば、そんなものを見つけたら大喜びで摘まんで食べてしまうのに、彼らにはそんな食習慣がないので、宝の持ち腐れどころか厄介者だという。
世の中は広く、好悪さまざまである。

以下、若布を詠んだ句を引いて終わる。
「わかめ」は春の季語である。

 草の戸や二見の若和布貰ひけり・・・・・・・・・・与謝蕪村

 うしほ今和布(め)を東(ひんがし)に流しをり・・・・・・・・・・高浜虚子

 橋立の若布の束に雪六片・・・・・・・・・・長谷川かな女

 みちのくの淋代の浜若布寄す・・・・・・・・・・山口青邨

 魚は今鳥に似て若布を過ぎゆきし・・・・・・・・・・阿波野青畝

 家づとの鳴戸若布の籠も青し・・・・・・・・・・篠原梵

 地震(なゐ)ののち岩がはなせし屑若布・・・・・・・・・・加藤憲曠

 若布売天然物と念押せり・・・・・・・・・・千田一路

 時化あとの海境しるく若布寄す・・・・・・・・・・大屋達治

 海よりも風の眩しさ若布寄す・・・・・・・・・・山田慶子

 具足煮にそへたる島の新若布・・・・・・・・・・木村かつ子

 焙られて青さののりし若布かな・・・・・・・・・・大石登喜和

 蛸提げて襤褸の如く若布負ひ・・・・・・・・・・福田蓼汀

 若布売雲美しき坂急ぐ・・・・・・・・・・加藤夕雨

 若布負ひ歩く青空幾尋ぞ・・・・・・・・・・友岡子郷



三鬼忌や今日を盛りの山桜・・・・和田富子
yamazakuraoiwai2ヤマザクラ
   
    三鬼忌や今日を盛りの山桜・・・・・・・・・・・・・・・和田富子

今日、四月一日は西東三鬼の忌日である。 
掲出の句は平成4年4月5日に開かれた三鬼の郷里である津山市での没後30周年記念「三鬼顕彰全国俳句大会」に応募した句の中から飯田龍太 選で選ばれた特選句である。
奈良の人である。
今年は桜の開花が早いので、掲出の満開の桜には違和感があるかも知れないが、ご了承を。
73533b439b6abdca76e0a68087b9aada2810c7d4_1.jpg

西東三鬼(さいとう・さんき)について、引用しておく。

 新興俳句の旗手、鬼才と呼ばれた西東三鬼=本名・斉藤敬直=(1900-1962)は南新座の生まれ。津山中学に学び、両親を失った十八歳で東京の長兄に引き取られ、歯科医になる。患者に誘われて俳句を始めた。俳号、三鬼はサンキューのもじりだが、波乱の人生を送る彼のぺーソスとユーモアが潜んでいるような気がする。
 33歳で俳句入門して3年後の昭和11年、

   水枕ガバリと寒い海がある

を発表、その鋭い感覚が俳壇を騒然とさせるのである。「十七文字の魔術師」の誕生であり、「ホトトギス」的伝統俳句から離れた新興俳句運動の記念碑でもあった。
戦争への道を急ぐ日本。三鬼の

   昇降機しづかに雷の夜を昇る 

が世情不安をあおるとして弾圧を受け、無季を容認した新興俳句は三鬼が幕を引く結果になる。
 三鬼は、弾圧のショックを胸に東京の妻子を捨てて神戸に移り住む。

   露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す

 そんなスナップのある安ホテルで、特高警察の刑事につけ狙われながら雌伏する。NHKテレビドラマ「冬の桃」は、その時代の三鬼の随筆をドラマ化したもので、小林桂樹が三鬼に扮して好演、再放送されるほど好評だった。
 俳句がすべてだった三鬼は、昭和17年、転居した神戸市内の西洋館(「三鬼館」と呼ばれる)の和室の畳まで売り払い、「天狼」創刊運動費にあてるほど徹底していた。

終戦。三鬼は俳句活動を開始、同志と現代俳句協会を創設、昭和23年、山口誓子を擁して俳誌「天狼」創刊の中心になった。編集長になり、自分も「激浪」を主宰し、昭和28年ぶりに帰郷する。そして昭和37年、惜しまれつつ永眠する。空前絶後の俳壇葬で三鬼を見送った。4月1日は西東忌、三鬼忌として歳時記に不滅である。
275526659c5d20bc5c549ebe5fc761fa03ac2456_1.jpg

20050906-153056西東三鬼
----------------------------------------------------------------------
以下に経歴などを引いておく。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西東三鬼(さいとう さんき、1900年(明治33年)5月15日 - 1962年(昭和37年)4月1日)は日本の俳人。本名・斎藤敬直(さいとう けいちょく)。

経歴
1900年5月15日岡山県津山市南新座に生まれる。
1915年(大正4年) 県立津山中学校(現岡山県立津山高等学校)に首席入学。
1919年(大正8年) 母を当時大流行したスペイン風邪で亡くす。同年、上京し青山学院中等部に編入するが中退。
1921年(大正10年) 日本歯科医学専門学校(現日本歯科大学)に進学する。
1925年(大正14年) 卒業、同年秋に結婚し、シンガポールに渡り歯科医を開業する。しかし、反日運動の高まりと、自身のチフス罹患のため1928年(昭和3年)帰国し歯科医院開業。
1933年(昭和8年)東京の神田共立病院に勤務していたとき、患者の薦めで俳句を始める。
1934年(昭和9年)俳誌『走馬燈』同人となり、新興俳句運動に傾倒。山口誓子らに師事。
1935年(昭和10年)「京大俳句」に加わり、1938年(昭和13年)歯科医をやめる。
1939年(昭和14年)総合誌『天香』を創刊。この年、初の句集『旗』を発表。
1940年(昭和15年)京大俳句事件が起こる。特別高等警察により治安維持法違反で検挙される。句作活動中止を条件に起訴猶予となった。
1942年(昭和17年) 東京から神戸に移り、特高警察の監視下で「三鬼館」に雌伏。
1945年(昭和20年)太平洋戦争終結とともに再び句作活動を再開。
1947年(昭和22年)9月1日、石田波郷、神田秀夫らとともに現代俳句協会を設立。
1948年(昭和23年) 山口誓子を擁して「天狼」を創刊、編集長となる。第二句集「夜の桃」を刊行。「激浪」主宰。春、30年ぶりに帰郷する。「激浪」の発行所を津山市上之町、室賀達亀方に置く。
1948年(昭和23年)大阪府枚方市に転居。香里病院に勤務。
1951年(昭和26年) 第三句集「今日」刊行。
1952年(昭和27年)俳誌『断崖』を発刊、主宰。
1956年(昭和31年) 角川書店の総合誌「俳句」編集長になる。翌年辞職。
1960年(昭和35年) 還暦祝賀会。
1961年(昭和36年) 俳人協会設立発起人になる。10月、胃癌の手術。
1962年(昭和37年) 第四句集「変身」を刊行。4月1日61歳で逝去。8日、角川書店で俳壇葬。5月27日、関西追悼祭。28日、遺骨を津山市成道寺に納める。墓句樽銘は山口誓子筆。第二回俳人協会賞を贈られる。「断崖」は108号で終刊。
1977年(昭和52年) 随筆「神戸・続神戸・俳愚伝」を改題「冬の桃」(毎日新聞社刊)を出版し、小林桂樹主演でNHKテレビでドラマ化「冬の桃」(早坂暁脚本、全7回)が放送される。
郷里の津山市では1992年より「西東三鬼賞」を授与している。

人物評
歯科医師の傍ら、句作活動を行っていた。トレードマークは、口髭とベレー帽であった。ダンスやゴルフが趣味で、女性にも人気があったという。また7ヶ国語が堪能であったといい、「ダンディ」という言葉がよく似合う人柄であった。
斬新でユーモアに富んだ句を多く残している。本人曰く、「三鬼」の号は「サンキュー」から採ったと冗談半分で語っていたそうである。

句集・作品集

変身
夜の桃
三鬼百句
今日
西東三鬼句集
神戸・続神戸・俳愚伝
など
----------------------------------------------------------------------
8a5dc021ee1f23012d4ff335aead6b733f2f2cd9_1.jpg

彼の代表作として私が選んだものを引いて終わる。

   聖燭祭工人ヨセフ我が愛す

   右の眼に大河左の眼に騎兵

   梅を噛む少年の耳透きとほる

   道化師や大いに笑ふ馬より落ち

   厖大な王(ワン)氏の昼寝端午の日

   機関銃低キ月輪コダマスル

   逆襲ノ女兵士ヲ狙ヒ撃テ!

   塹壕の壁を上りし靴跡なり

   主よ我もよふけに家にかへらざり

   国飢ゑたりわれも立ち見る冬の虹

   寒灯の一つ一つよ国敗れ

   中年や独語おどろく冬の坂

   おそるべき君等の乳房夏来る(きたる)

   赤き火事哄笑せしが今日黒し

   黒蝶は何の天使ぞ誕生日

   逃げても軍鶏に西日がべたべたと

   くらやみに蝌蚪の手足が生えつつあり

   モナリザに仮死いつまでもこがね虫

   やわらかき蝉生まれきて岩つかむ

   暗く暑く大群集と花火待つ

   つらら太りほういほういと泣き男

   凶作の刈田電柱唸り立つ

   木瓜の朱へ這ひつつ寄れば家人泣く

   春を病み松の根っ子も見あきたり・・・・・・・(絶筆)



POSTE aux MEMORANDUM(3月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災から七年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
kohakucyou02-1コハクチョウ飛翔

弥生三月になりました。 3.11の哀しみと鎮魂の日が巡ってきます。
寒暖を織りまぜながら春は一歩づつ深まり、白鳥の「北帰行」も始まっています。

 「ちゃんと除染していますから」お辞儀して拝観料のお釣りくれたり・・・・・・・・・・・・斎藤芳生
 ふくしまの雪が静かに地に沁みて辺野古のジュゴンの瞼を濡らす・・・・・・・・・・・・平山良明
 塚本邦雄いまさばいかに歌ひますや 苦艾は淡黄の花つけるとふ・・・・・・・・・・・・雨宮雅子
 <凍土壁>は凍らぬといふ ひそひそと血のごとく滲みうごく地下水・・・・・・・・ 米川千嘉子
 どこかには埋めねばならずどこかなるそのどこかとふ実存が要り・・・・・・・・・・・・梶原さい子
 乗りたくて後先みずにバスに乗るいづれこの世のどこかに着かむ・・・・・・・・・・ 蒔田さくら子
 米国と戦争したるを日本の若者三割知らざるといふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋葉四郎
 つくりだしちゃってしでかしちゃってにんげんが海に命を奪わせている・・・・・・・・・・・ 俵万智
 死はそこにあるかと思ふあかるさに菜の花咲けりその花を食ふ・・・・・・・・・・・・・・・・ 外塚喬
 いつまでも暮れない空にくたぶれて門鎖しにゆく草匂ふところ・・・・・・・・・・・・・・ 河野美砂子
 いつの間にか武器売る国となり居しか逃れなくここに塊として・・・・・・・・・・・・・・ 大河原惇行
 民主主義の数の力がつっぱしる係留杭を引き抜きながら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・永田紅
 噛むほどに干し烏賊の滋味しみわたりやがて上書きされゆく昨日・・・・・・・・・・・ 武藤ゆかり
 アルカディアはギリシャの地名巴旦杏を一粒のせた焼き菓子もまた・・・・・・・・・・・・阪森郁代
 ひとが死にあきたる穴に嵌めらるるひとつのピース くちをつぐみな・・・・・・・・・・ 久我田鶴子
 春の旅はげしき海に出会ひけり・・・・・・・・・・・・・ 阿部みどり女
 一燭に春寧からむ伎芸天・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿波野青畝
 蟇ないて唐招提寺春いづこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・水原秋桜子
 麗しき春の七曜またはじまる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口誓子
 目つむれば風かすかなり花の雨・・・・・・・・・・・・・さわだかずや

 霾のグリエに春闇ジュレ添えて・・・・・・・・・・・・・・・・・赤野四羽
 行く雁やぐづぐづ曇りつづきなる・・・・・・・・・・・・・・・前北かおる
 春を唄へば浅草の筈である・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・堀下翔
 目の隅まで桜を入れてガムを噛む・・・・・・・・・・・・・・・上田信治
 山笑ふアダム・ブラボー・チャーリーは・・・・・・・・・・ハードエッジ
 抜く腸もぷりぷりとして春鰯・・・・・・・・・・・・・・・・・ すずきみのる
 理科室の棚に鍵あり梅の花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・折勝家鴨
 陽炎や歩いてもなお遠からず・・・・・・・・・・・・・・・・・・・葛城蓮士
 啓蟄の秘仏の腹のレントゲン・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池康生
 パンケーキの断面ましろ涅槃西風・・・・・・・・・・・・・・・青木ともじ
 救いなど求めず生きて私を抱いて・・・・・・・・・・・・・・・・・畠働猫
 しやぼん玉吹く子吹かれて泣きたる子・・・・・・・・・・・・杉原祐之 
 三月のひかりに壜の傷あらは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青本瑞季
 ひかりのなかでおもいだすひかり・・・・・・・・・・・・・・・・藤井雪兎
 黄水仙色鮮やかに独りなり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 工藤定治
 草摘むや衣一枚薄くして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 片岡義順
 海女擲てば拳のなかの桜貝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・青山青史
 花馬酔木ほそき煙となる手紙・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 滝川直広
 ずるいなあと母のつぶやく春の山・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高梨章
 雪とけて秋の残骸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 本間鴨芹
 最後通牒みたいに満開・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 松田畦道
 春草の冠電話越しに編む・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 三島ちとせ
 竹叢のさうさうと鳴る涅槃の日・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 岬光世
 傲岸な仔猫の如くハイヒール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・吉川千早
 あるときは鴉を濡らし春の水・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 利普苑るな
 鶴帰るとき置いてゆきハルシオン・・・・・・・・・・・・・・・ 金原まさ子
 セーターに恋の話をしてをりぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・篠塚雅世
 花叩く雨を聴く夜更かしして何かを待ってる・・・・・・・小笠原玉虫
 青空からハトが降りてきて何か食う・・・・・・・・・・・・・・・・渋谷知宏
 終日カレーの工夫を考えのたりのたり・・・・・・・・・・・・・・白川玄斎
 後は土になる花がある・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・天坂寝覚
 山の腹も菜の花・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・馬場古戸暢
 後れ毛を指から逃がす春の夢・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・田中惣菜
 戻り寒大鋸の刃の尖り・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑田佳穂
 うたた寝の夢の中へと落椿・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥田隆夫
 春めくや五段活用したくなり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 盛蓉子
 大首絵寂しかったら寄っといで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岩根彰子  
 なにかみな似たものばかり今朝の春・・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 歌集 『無冠の馬』(KADOKAWA刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第六歌集『無冠の馬』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

Wikipedia─木村草弥

Facebook─木村草弥

Twitter─木村草弥

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム





桜草買ひ来このごろ気弱にて・・・・安住敦
226さくら草満開

  桜草買ひ来このごろ気弱にて・・・・・・・・・・・・・・・・安住敦

サクラソウ科の多年草。
江戸時代、武士の内職として、サクラソウの栽培が流行し300種類もの品種があったという。その品種の一部が小石川植物園などに維持されているらしい。
サクラソウは、日本種のサクラソウと、プリムラと呼ばれる西洋サクラソウがあり、本来は違うものであるが、
今では、どちらをも桜草と一くくりにして呼ばれている。
掲出した画像は西洋サクラソウ──いわゆるプリムラのものである。

掲出した安住敦の句は、丁度この頃なんとなく気鬱で「気弱」だったのであろうか。
自分の心象を詠んでいて秀逸である。

桜草は湿地に群落をなす花で、今では野生のものは絶滅しかかっており、
「田島が原サクラソウ自生地」に自生するものが特別天然記念物として保存されており、有名である。埼玉県の郷土の花になっている。
写真②が、その「ニホンサクラソウ」である。 ただし、これが咲き揃うのは、四月中頃であるから念のため。
sakurasouニホンサクラソウ

sakurasoニホンサクラソウ

ただし、↑ この写真は軽井沢町植物園のもの。町花になっている。
葉の様子もよく判る。

 我国は草もさくらを咲きにけり・・・・・・・・小林一茶

の句があるが、山桜の花に似て、清純な可憐な美しさの花である。

桜草は亡妻が株を大切にして来たが、病気中に私の不注意で枯らしてしまい、新しい苗を買ってきて、今に至っている。私の買ってきた株は、色が少し濃い。
桜草ないしはプリムラとして多くの句が詠まれているので、下記に引いて終りたい。

 葡萄酒の色にさきけりさくら艸・・・・・・・・永井荷風

 桜草灯下に置いて夕餉かな・・・・・・・・富田木歩

 咲きみちて庭盛り上る桜草・・・・・・・・山口青邨

 そはそはとしてをりし日の桜草・・・・・・・・後藤夜半

 わがまへにわが日記且(かつ)桜草・・・・・・・・久保田万太郎

 桜草の野に東京の遥かかな・・・・・・・・富安風生

 少女の日今はた遠しさくら草・・・・・・・・富安風生

 まのあたり天降(あも)りし蝶や桜草・・・・・・・・芝不器男

 一杯のコーヒーの銭さくら草・・・・・・・・細見綾子

 プリムラやめまひのごとく昼が来て・・・・・・・・岡本眸

 カーテンと玻璃とのあひだ桜草・・・・・・・・森田峠

 桜草寿貞はそつと死ににけり・・・・・・・・平井照敏

 プリムラや母子で開く手芸店・・・・・・・・高橋悦男

 下に鍵かくして桜草の鉢・・・・・・・・木内怜子

 さくら草入門のけふ男弟子・・・・・・・・古賀まり子

 これからのこの世をいろに桜草・・・・・・・・和知喜八

 三鉢買って二鉢は子へ桜草・・・・・・・・大牧広

 卓上は文字の祭壇桜草・・・・・・・・馬場駿吉

 鉄橋を貨車ことことと桜草・・・・・・・・中丸英一

 泣くときは見する素顔や桜草・・・・・・・・平賀扶人



ムスカリの傍に置ける愛の詩集湖より吹ける風はむらさき・・・・木村草弥
kyukon4musuムスカリ本命

  ムスカリの傍(かたへ)に置ける愛の詩集
           湖(うみ)より吹ける風はむらさき・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載るものである。
「愛の詩集」という言葉などは、少し甘すぎるかも知れない。
ムスカリも、そうだが、総じて草花などの名前や栽培は亡妻がやっていたか、または教わったものが多い。
ムスカリは小アジアのアルメニア辺りが原産地と言われている。
学名のMuscariはギリシア語のmoschos(麝香)に由来するという。強い香りから来ているのだろうか。
このムスカリは花壇などにびっしりと密植されているのが豪華で風情がある。
球根植物の例で、暑い夏には地上部は消えてなくなってしまうが、晩秋になると芽を出してくる。
2、3年はそのまま放置して置いてよいが、数年経ったら堀り挙げて保存し、秋に植えなおすのがよい。
写真②に掲出したような「白」のムスカリもあるようである。もちろん栽培種だろう。

mu24azuy11.jpg

私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)にも

  ムスカリは紫の彩(いろ)に咲きいでて小人の国にシャンデリア点(とも)す ・・・・・・・・木村草弥

という歌が載っている。
ムスカリは丁度シャンデリアをひっくり返したような形をしており、私は、それを「小人の国のシャンデリア」と表現してみた。
ムスカリの特徴を示すものとしては、この歌の方が合っているいるかも知れない。
ムスカリはカタカナ語であり、季語としての市民権を得て日が浅いので、詠まれている句は多くないが、少し紹介する。

  ムスカリは和蘭渡り施薬寺・・・・・・・・・・有働亨

  かたまりてムスカリ古代の色放つ・・・・・・・・・・青柳照葉

  ムスカリや石を起せば何かゐて・・・・・・・・・・永作火童

  ムスカリや川に火を焚く誰かゐて・・・・・・・・・・ながさく清江



村島典子の歌「わたしは柿の木なのか」32首・・・・・木村草弥
晶①_NEW

──村島典子の歌──(33)

     村島典子の歌「わたしは柿の木なのか」32首・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・「晶」101号2018/03所載・・・・・・

       わたしは柿の木なのか     村島典子

   ゆくりなくこころゆたけく生きむとぞ思ひたりける歌よみながら

   雨の夕べうすぐらきなかにわが坐して昔おもへば稚くなりぬ

   緑金の鮮らけき山まなかひに聳ゆるみゆる夢の中らし

   「氷の鞍」とたれか叫びぬ天空を掩ふがごとし神山ならめ

   夢出でてうつつにあれど未明みし山ありありてしまらく消えず

   何ゆゑに息子は夢に泳ぎゐむ朝明うつつに母われは待つ

   胡瓜ぞもきうりの匂ひ胡瓜草キウリイヲゐて何ぞかなしき

   宿敵と思ひし人の夢にきて親友也と告げて去りたり

   いまさらに愕くほどのなしと思へど地球儀を創りし人ありしこと

   ガラケイを持たないのかと揶揄さるは原始人に同じきことか

   野ぶだうのつぶらなる実は朝霧ににほひ出づこの世のものと思へず

   来世など信ぜずさあれ来世には寸分違はずこのわれになる

   手の甲のむらさきの斑をシニボクロと祖母言ひきわが手にも出づ

      十一月十三日吉野秋野の前登志夫のみ墓に詣づ
   花束をあつらへをりてまつ゜百合をカーネーションを黄色き菊を

   供花なれば如何と戸惑ふ花舗のあるじ終にはベゴニアの鉢を呉れたり

   墓前にはうすべにの花似合ふべし夭折の君の愛子のため

   墓参なれどやあ来ましたと言ひながらユリ供へたし百合峠のゆり

   標ゆひて導きたまへ槇山のまほらのその地へ君のみ墓へ

   雨の槇山ひんやりとせり弟子三人おぼつかなくも導かれ来ぬ

   奥様は老いたまへども艶やかな声の変はらず十年まへの

   古木なる大杉をわがしるしとし再び三たび来むとしおもへ

   国原を見下ろす山の槇やまの家族のみ墓彼岸なるべし

   師の屋敷の板塀の朱のつたもみぢ友はもらひて東へかへる

   攀ぢのぼり蔓草ひとえ引き寄する書庫地蔵堂の崖のなだりに

   師のきみの方丈の上に蝶(かはらひこ)ひらひら舞へば去りがたかりき

   どんぐり山の櫟のこずゑに朝きて聴鳥観鳥しまらくの間を

   聴き鳥と知ればわが耳さとくして冬天にその耳はそばたつ

   観鳥なりき雉の歩みてゐるところ吉野の山の斜りに見たり

   申し子とわれを呼びける人とほく山なみとほく老いにけるかも

   母を憶ふ極寒のあさ洗顔に湯を足しくれし母ありしこと

   わたくしは柿の木なのかと柿は問へり熟柿を鵯に突かせながら

   実生にて育ちし柿は十八年間わぎへを去らず春夏秋冬
--------------------------------------------------------------
お馴染みの村島さんの詠いぶりである。
村島さんの先師・前登志夫氏が亡くなって十年になる。四月五日が祥月命日である。
角川書店「短歌」誌2018年四月号は「没後十年・前登志夫」という特集を掲載している。
前氏は歌が佳いこともさることながらエッセイも見事であった。 名文と言えるだろう。
こよなく酒を愛し、大阪ナンバの法善寺横丁の「正弁丹吾亭」に屯していたらしい。私の兄事していた米満英男氏から聞いた。米満氏も酒好きだったが、私の知らないことである。
歌集の題のつけ方も秀逸である。 『子午線の繭』 『縄文記』 『青童子』などの命名である。
村島さんの一連は大方を前登志夫の回想が詠われているので、私もつられて書いておく次第である。
ご恵贈有難うございました。


copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.