FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201809<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201811
POSTE aux MEMORANDUM(10月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災から七年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
c0085874_23145441ホトトギス
 ↑ ホトトギス草

十月になりました。
の季節です。味覚の秋、体育の秋です。

 そよや風われはその声知らねども百舌鳴くやうな夕暮れ来たる・・・・・・・・・・・・・・・内藤明
 ひと隅を占めて咲きいる慎ましさつゆの乾ぬまのむらさきしきぶ・・・・・・・・・・・・・三枝浩樹
 うから集ふ法要のなか父の子のわれはもつとも濃き血の嚢(ふくろ)・・・・・・・・小島ゆかり
 ほしいままに生きてきたとわれのことを言ふか さう見えるのか・・・・・・・・・・・・・・真中朋久
 歳月をひとめぐりして立ち寄ればぬすびと萩に種の実れり・・・・・・・・・・・・・・・・横山未来子
 かへらざる人を思へばこの幾日記憶の断片をてのひらに置く・・・・・・・・・・・・・・・・・外塚喬
 たくさんの失意の果てにひろがれる老年といふ荒野に立つか・・・・・・・・・・・・・・・・・岡井隆
 帰巣本能われにあるなら老耄のはてにいづくに戻りゆくならむ・・・・・・・・・・・・杜沢光一郎
 声の限り心の限り大泣きの児はあかあかと紅葉に並ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・春日真木子
 晩秋の沼の面の水馬は微かな光の輪を踏みて立つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 三井修
 耳も目も衰ふる老いのただなかに春に十七になる犬がゐる・・・・・・・・・・・・・・・・・中野昭子
 年増とかいかず後家とか出戻りとか地下鉄後尾の揺れにまかせて・・・・・・・・・・・松平盟子
 こころざし忘じ果てたるしずけさか岬の端に陽のあたる見ゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・奥田亡羊
 天心のあれは失くしたおっぱい、と虚にささめく声ある月夜・・・・・・・・・・・・・・・・・ 佐藤弓生
 追憶の彼方の恋や夕暮の空へ振るため人は手を持つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・照屋眞理子
 萩もみぢとらへがたなきあかるさの 窓辺に充ちて、仮の世この世・・・・・・・・・・・ 中西洋子
 霧立ちてふいに涼しくなりにけり牛の体も濡れてゆくべし・・・・・・・・・・・・・・・・・・武藤ゆかり
 甘栗を好み剥きゐし母の爪くらくらと今焼かれゐるなり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伝田幸子
 声が来て神経叢をさやがせり無限自在のわれゐるどこか・・・・・・・・・・・・・・・・ 久我田鶴子
 はしがきもあとがきも無き一冊を統べて表紙の文字の銀箔・・・・・・・・・・・・・・・・・ 阪森郁代
 拝むやうに右手左手近づけてトカゲは今日も電話が欲しい・・・・・・・・・・・・・・・・・ 石川美南
 爽健美茶とBOSSを買って河口でふたりは蟹をみつけた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・千種創一
 八ヶ岳の一滴は諏訪湖にそそがれ太平洋まで龍となって駆け抜ける・・・・・・・・・ 光本恵子
 十月や
顳顬さやに秋刀魚食ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・石田波郷
 十月や見上げて駅の時刻表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・馬場公江
 石の上に秋の鬼ゐて火を焚けり・・・・・・・・・・・・・・・ 富沢赤黄男
 山畑に
蒟蒻育て霧に寝る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金子兜太
 独語して夜にぶつかる羊歯胞子・・・・・・・・・・・・・・・・・榎本祐子
 空ばかり見ている地べた もう昏い・・・・・・・・・・・・・・・河西志帆
 あかあかと在りたき晩年烏瓜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池弘子
 紙魚走るカミュを跨ぎサルトルへ・・・・・・・・・・・・・・・・・塩野谷仁
 街灯の暗さにありて秋の月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉浦圭祐
 ハツカネズミを窺う風神雷神図・・・・・・・・・・・・・・・・・・武田伸一
 衰えてたまるか刻の尾を摑め・・・・・・・・・・・・・・・・・野間口千賀
 カーンと晴れ風の出て来し銀杏黄葉・・・・・・・・・・・・・・森田緑郎
 はたた神ひとりぼっちを見つけたぞ・・・・・・・・・・・・・・・山中葛子
 大ぶりの蜘蛛の巣いい仕事してるなあ・・・・・・・・・佐々木香代子
 ぼーっと灯り一重瞼を閉じにけり・・・・・・・・・・・・・・・・・三井絹枝
 印度カレーとナン完食の清涼感・・・・・・・・・・・・・・・・・・相馬澄枝
 路地裏におぼろの墓ある那覇の街・・・・・・・・・・・・・・岸本マチ子
 母死後の記憶のなかに蕎麦の花・・・・・・・・・・・・・・・鈴木八駛郎
 毛虫焼く空気一切朝なり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・矢野千代子
 晩節や恋など知らで胡麻叩く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山中伸
 直進の鬼やんまの瞳の少年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤和
 齢とは今まといつく蚋払う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・稲葉千尋
 顛末は消えてしまった蟻の列・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・榎本愛子
 殿様の馬暴れた原にソーラー発電・・・・・・・・・・・・釈迦郡ひろみ
 爽やかや語らずとも母の鼻歌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わだようこ
 出棺の警笛野分おしあげよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・則包秀子
 水害地虫は語れど皆無言・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・米岡清四郎
 身にしむや胸に罅持つ微笑仏・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑野恵
 口笛の忘れし顔や赤とんぼ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佳夕能
 一枚の天の深さやつくつくし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑田佳穂
 秋祭男の
艶めいて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川澄枝
 ジルバだフレアースカートだ夏蜜柑・・・・・・・・・・・・・・・ 岩根彰子
 つつつうと涙はほほに秋日和・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 歌集 『無冠の馬』(KADOKAWA刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第六歌集『無冠の馬』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

Wikipedia─木村草弥

Facebook─木村草弥

Twitter─木村草弥

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム





かきなぐる墨絵をかしく秋暮て・・・史邦/はきごころよきめりやすの足袋・・・凡兆
027toukei.s水墨画

  かきなぐる墨絵をかしく秋暮て・・・・・・・・・・・史邦

    はきごころよきめりやすの足袋・・・・・・・・・凡兆


これは発句と付句という連句遊びの一対である。
史邦の発句の575に対して、凡兆が付句で77と応じたもので、連句特有の約束事があり、簡単には説明できないが、見事な受答えと言える。

少し解説してみよう。
史邦の句の「墨絵」は15世紀なかば宋元画がわが国に流入して以来興った水墨画で、禅宗とも深いかかわりが生じた。
この句が詠まれた頃には、中国伝来という意味で、異国風な新鮮さがあった。
一方、凡兆の付け句の「メリヤス」は長崎などを通じて入ってきた紅毛の舶来品である。
つまり、この付け合いは、二様の異国情緒を取り合わせ、両句あいまって、晩秋ひとり心ゆくままに墨絵に没頭して楽しむ人物を描き出している。
風雅を解する豪商か、それとも脱俗の隠士か。
これは『芭蕉七部集』の『猿蓑』はつしぐれの巻、の一部である。

0414_57934b.jpg

写真に掲げたように「足袋」というのは日本の履物で二本指に分れ、「こはぜ」という独特の「留め金」で足首に留めるというものであるが、
その材質を西洋渡来の「メリヤス」の生地で仕立てると、何ともしっとりとした感じの足袋に仕上がり、足になじむのである。
こういう「言葉あそび」が歌仙などの「連句」遊びなのである。
芭蕉の頃から盛んに遊ばれたが、現代になって甦り、あちこちで歌人、俳人、詩人などが連句遊びをやっている。
私も一時期、誘われて「付け合せ」てみたことがある。これらは私のWebのHP「連句の巻」を参考に見てもらえば、多少はご理解いただけると思う。
ついでに説明すると「歌仙」というのは、ここに見るような一対が18対つまり合計36の句で出来ているのが、それである。時間の都合で「半歌仙」という18句の一連もある。
こういう連句は、基本的に「座の文芸」であるが、
今では「捌き手」を置いて、Web上で投稿を募り、捌き手が一番適当と思われるものを採用して、次に進むという催しも行なわれている。
連句に興味のある方には、新潮選書に入っている 高橋順子『連句のたのしみ』をおすすめする。もう10年も前の出版だが、在庫はあるはずである。高橋は詩人で、小説家の車谷長吉の夫人である。
-----------------------------------------------------------------------
掲出の写真に「メリヤス」の足袋のものが手に入らなかったのが残念である。


添水鳴る遠ざかり来てあきらかに・・・・清崎敏郎
492-shishiodoshi鹿おどし

     添水鳴る遠ざかり来てあきらかに・・・・・・・・・・・・・清崎敏郎

「添水」(そうづ)はまたの名を「猪おどし」シシオドシとも言う。
竹筒の中央に支点を作り、一方を削って水が溜まるようにした装置である。
水が溜まって重くなると竹が下がり水が流れ出て軽くなり、はねあがる。
すると、他端が急に下がり、石や金属を打って、コンと音を発する。
この音により山田を荒らす鳥獣を驚かして追い払う、という仕掛けである。
それから派生して、庭園などに設けて、流水を利用して、音を楽しむようにしたものである。
写真は、庭園にしつらえたものである。
添水というのは、字義からいうと「走り水」に添う、つまり「水路」のことから派生したものであろう。
水を引いて来て、その水を利用して「威し」の仕掛けを作る。

玄賓僧都が

    山田守るそほづの身こそあはれなれ秋果てぬれば訪ふ人もなし

と詠んだのが本意と言われている。
九州では兎鼓とか左近太郎とか呼ばれ、山口では「さこんた」とも言い、また訛って「迫の太郎」とも言われていたという。
水による、しゃれた動物おどしだが、実用には、ほど遠い音だと言える。

こういう音の威しの他に、「添水唐臼」といって、杵を仕掛け、米や稗を搗くものがある。
「水車」の類と言えば判りやすいだろう。

以下、添水を詠んだ句を引いて終る。

 ぎいと鳴る三つの添水の遅速かな・・・・・・・・河東碧梧桐

 ばつたんこ水余さずに吐きにけり・・・・・・・・茨木和生

 ばつたんこまた山の水受け始む・・・・・・・・朝妻力 

 添水かけて木々からびゆく響かな・・・・・・・・大須賀乙字

 添水鳴ると気のつきしより添水鳴る・・・・・・・・西山誠

 闇ふかく添水は己が音を待つ・・・・・・・・有働亨

 京鹿の子咲くと添水のはずみけり・・・・・・・・佐野青陽人

 闇中に声あるものは添水かな・・・・・・・・山中北渚

 ふるさとや添水かけたる道の端・・・・・・・・吉田冬葉

 あれ聞けと尼のかけたる添水かな・・・・・・・・前川舟居

 詩仙堂花なき庭の添水かな・・・・・・・・貞永金市

 失ひし時の重さに添水鳴る・・・・・・・・高橋謙次郎

 手に掬ふ添水に音を生みし水・・・・・・・・大岳水一路

 ばつたんこ法鼓のごとくこだませり・・・・・・・・山本洋子

 次の音自づと待たるばつたんこ・・・・・・・・脇坂豊子

 落柿舎の静けさとまる添水かな・・・・・・・・荒木千都江


短歌に詠まれるものを見つけるのが難しいのだが、こんな歌をひとつ見つけた。

  竹叢に淡く日の射す寺の庭思はぬ方に添水の音す・・・・・・・・・・・・・・神作光一 『未来都市』02年より



山田兼士『ボードレール・小散文詩 パリの憂愁』・・・木村草弥
山田_NEW

──山田兼士の詩と詩論──(15)

      山田兼士『ボードレール小散文詩パリの憂愁』・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・思潮社2018/09/30刊・・・・・・・

敬愛する山田兼士先生が長年取り組んで来られた、この翻訳の本が完成し恵贈されてきた。
ネット上のサイトに保存して来られたものの完成形が、この本になっている。
今日「散文詩」というジャンルは定着したと言えるだろう。
私なども拙い散文詩まがいのものを書いたりしている。
西欧だけでなく、中国でいえば「漢詩」として起承転結や平仄で、日本も「詩」と言えば「韻文」として発足した。
西欧詩の場合は、フランス語でいうと「韻文 vers」(リズムと脚韻を伴う様式)のような形を取った。
日本語の場合には言語の特性上、頭韻や脚韻の効果が少ないというので、5 7 5 7 7のような「音数律」でリズムを踏むという詩歌の形式が発達してきた。
俳句、和歌、短歌しかりである。
そういう「形式」から離れて「散文 prose」で書かれる時代の要請があった、ということだろう。
近代から現代になると社会生活も複雑化して、いわば生活が「散文化」してきて、それは文学にも反映して「韻文」の枠に収まりきらないようになった。
ここに散文詩の発生するに至る社会的条件があった、と言えるだろう。

ボードレールは、この散文詩という形式の「提起」によって、文学史の上で、一つの、大きな「エポック」を画した人である。
このボードレールに、山田先生は長年にわたり取り組んでこられたのである。


もとより私は素人の一介の詩歌の製作者に過ぎないので大きなことは言えない。
ここに本書を恵贈されたので、ささやかながら紹介したいと思う。

この本の原題は「Le Spleen de Paris」というが、私の若い頃に目にした翻訳の題名は「憂鬱」であったが、先生は、これは正確ではないとおっしゃる。
「田園の憂鬱」というような文学作品があったり、した。
「Spleen」は「憂愁」という漢語が適当で、憂鬱=メランコリーは不適当、とされる。これは、まっとうな指摘である。
この本は五十篇の散文詩から成るが、一つひとつの作品の後に一段落とした級数の活字で「解説」が付けられる、という画期的な編集方法が採られている。
巻末の解説をつけるというのではなく、こうして一つひとつ掲げてもらうと読みやすく便利である。
スキャナが利かないので短い作品だけを書き写しておく。

 8 犬と香水壜

「──ぼくの美しい犬、善良な犬、可愛いわんちゃん、さあおいで、街で一番の香水屋で買ってきた上等の香水を嗅ぎにおいで。」
 すると犬は、この哀れな生き物たちにとって笑いや微笑に当たる仕種なのだろう、尻尾を振りながら、こちらにやって来て、栓を抜いた壜の上に、そのしめった鼻先を不思議そうに押し付けるのだが、それから、ぞっとしたように突然あとじさりし、私に向かって、非難するように吠えたてるのだ。
「ああ! なさけない犬め、ぼくはおまえに糞のかたまりでもやっていたなら、おまえは大喜びしてそれを嗅ぎ、たぶん貪り食っただろう。それほどまでに、ぼくの哀しい生活の不甲斐ない伴侶であるおまえというやつは、公衆というものに似ていて、微妙な芳香には憤慨するばかりだから与えてはならないし、念入りに選んだ汚物を与えなければならないのだ。」

詩人の民衆蔑視を露骨に表明した作品。微妙な芳香を感得できずにかえってこれに憤慨し、汚物を喜んで受け入れたがる愚かな民衆。  ・・・・・・
詩集巻末の「50 善良な犬たち」とベルギー滞在中に書かれた最晩年の十四行詩「ベルギー人と月」が、詩人最後の自己像であることを考え併せると、本作がこの位置に配されたことの意味は大きい。つまり、巻頭から間もない作品と巻末作品が「問い/答え」の対話(対位法)を構成しているのである。


掲出した画像でも読み取れるかと思うが、この本の「帯」に、編集者が書いた文章が、この本の「要約」として的確である、と言えるだろう。
ここに、ささやかな紹介の文を書いて、先生の長年の労作に報いたい、と思う次第である。
ご苦労さまでした。
ご恵贈に感謝して筆を置く。       (完)


父を詠みし歌が少なし秋われは案山子のやうに立ちてゐたりき・・・木村草弥
kakashi_060903_013.jpg

   父を詠みし歌が少なし秋われは
      案山子(かかし)のやうに立ちてゐたりき・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載るものである。

この頃では、農民が鳥よけのために実用に立てるものは殆ど見かけなくなった。
昔は、写真のような素朴な案山子が立っていたのだが、今ではネットを張ったり、「爆音器」でプロパンガスを爆発させたりして鳥を威すようになり、メルヘンはなくなってしまった。
この頃では廃棄された古いマネキン人形を田んぼに立ててあるのを見ることがある。
変になまめかしいもので、スズメなどの鳥が、どう感じるかは判らない。

私の歌は、もちろん案山子を詠んだものではなく、「父を詠んだ歌」が少ないというのが主眼であるから、ここで案山子のことを、あれこれ書くのも語弊があるかも知れない。
私の父は厳しい人で、反抗しては、よく、こっぴどく叱られたものである。
そんなときは、歌のように私は「案山子」のように突っ立っていたものである。
そんな回想が、この歌には込められているのである。
「案山子」かかしというのは、田畑の収穫を鳥獣から守る仕掛けだが、「嗅がし」から出た言葉だという。
古名は「曾富騰」(そぼと)で、『古事記』に「少毘古那神を顕はし白(まを)せし謂はゆる久延毘古(くえびこ)は、今に山田の曾富騰といふぞ。この神は、足は行かねども、ことごとに天の下の事を知れる神なり」と書かれている。
この「そぼと」は「そぼつ」に変り、案山子と添水の二つに分かれて用いられてゆく。そめ、しめ、とぼし、がんおどし、鳥かがしなどと各地で使われている。

以下、案山子、鳥威しを詠った句を引いて終る。

 水落ちて細脛高きかがしかな・・・・・・・・与謝蕪村

 案山子たつれば群雀空にしづまらず・・・・・・・・飯田蛇笏

 倒れたる案山子の顔の上に空・・・・・・・・西東三鬼

 案山子運べば人を抱ける心あり・・・・・・・・篠原温亭

 案山子翁やあち見こち見や芋嵐・・・・・・・・阿波野青畝

 夕空のなごみわたれる案山子かな・・・・・・・・富安風生

 胸うすき案山子舁がれゆきにけり・・・・・・・・只野柯舟

 案山子相知らず新顔ばかりにて・・・・・・・・天野莫秋子

 抱へゆく不出来の案山子見られけり・・・・・・・・・松藤夏山

 かの案山子もつとも睨みきかせをり・・・・・・・・・河野白村

 鳥おどしこれより秋のまことかな・・・・・・・・小杉余子

 鳥威し簡単にして旅に立つ・・・・・・・・高野素十

 鳥おどし動いてをるや谷戸淋し・・・・・・・・松本たかし

 母恋し赤き小切の鳥威・・・・・・・・秋元不死男

 山風にもまるる影や鳥おどし・・・・・・・・西島麦南

 結び目だらけにて鳥威しの糸・・・・・・・・加倉井秋を

 金銀紙炎のごとし鳥威し・・・・・・・・加納流笳

 威し銃たあんたあんと露の空・・・・・・・・田村木国

 強引に没日とどめて威し銃・・・・・・・・百合山羽公

 怺へゐしごとくに威し銃鳴れり・・・・・・・・古内一吐



牧神の午後ならねわがうたた寝は白蛾の情事をまつぶさに見つ・・・木村草弥
Prelude-to-the-Afternoon-of-a-Faun-Flute.jpg
↑ ド・ヴュッシー「牧神の午後」楽譜

    牧神の午後ならねわがうたた寝は
        白蛾の情事をまつぶさに見つ・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。

秋の季節は生き物の世界でも越冬に備えて、卵の状態で冬を越すものが多いから交尾をして卵を産むのに忙しい繁殖期だと言えるだろう。
「白蛾の情事」というのも実景としても見られるものである。
しかし、この歌ではそれは添え物であって、私の詠いたかったのは「牧神の午後」というところにある。
演奏の曲を出したいところだが、この頃は厳しくて出せないので楽譜を掲出するのとどめる。

 シュテファヌ・マラルメについては ← が詳しい。
Mallarme.jpg
41DVSKR944L__SL500_AA300_.jpg
 ↑ポール・パレェ指揮による「ドビュッシー/牧神の午後への前奏曲」CDのジャケット。
 
『牧神の午後』 L'Après-Midi d'un Faune はフランスの詩人シュテファヌ・マラルメの「長詩」である。
着想そのものはギリシァ神話に基づいている。
物語自体は非常に単純なものである。水辺でニンフたちが水浴びをしている。
そこへ彼女たちの美しさに目を奪われた牧神パンが仲間になりたいとやって来るが、ニンフたちはパンが半獣半人の姿なので驚いて逃げてしまう。
追っかける、逃げる、の繰り返しの中で、一人のニンフだけがパンに興味を示し、パンも求愛の踊りをする。
愛は受け入れられたかに見えたが、パンが彼女を抱きしめようとするとニンフは逃げてしまう。
パンは取り残されて悲しみにくれたが、彼女が落としていったスカーフを見つけ、それを岩の上に敷いて座り「自慰」(オナニー)する。
マラルメは、これを劇として上演したかったが無理と言われ、マネの挿絵付の本として自費出版した。
これに感動したドビュッシーが、マラルメへのオマージュとして『牧神の午後への前奏曲』を作曲する。
マラルメの夢のバレエ化が、20年後にニジンスキーによって実現されることになったのである。
初演は1912年5月29日、ディアギレフ・ロシア・バレエ団で、パリのシャトレ劇場において、ワスラフ・ニジンスキーの主演で催行された。
当時、このラストシーンで、ニジンスキーは舞台の上で恍惚の表情を見せ、しかも最後には「ハー」と力を抜く仕草までして見せたと言い、
彼の狙い通り「スキャンダル」の話題を引き起こしたという。

 ↓ 写真は牧神パンとニンフのイメージである。
pan_nymph牧神の午後イメージ

↓ 写真に「蚕蛾」を出しておく。
PICT7372.jpg
この蛾は、人間が改良したもので、飛ぶ力は、全く、ない。羽根は退化して体重に比べて極めて小さい。
蚕蛾の場合は、ここまで蛹から成虫になること自体が人工的であって、普通は繭から糸を取り出す段階で熱湯で茹でられてしまって死んでしまうのである。
蛾は雌雄が引き合うのに雌が出す「フェロモン」を雄が感知して、羽根を震わせながら狂ったように寄ってくる。
今では、こういう蛾の習性を利用して、「生物農薬」として、特有のフェロモンを合成して、特定の蛾の害虫の誘引に使っている。
蛾にとっては交尾は「本能」であって「情事」との認識はないのだが、この歌の中では「擬人化」して、情事と詠ってみた。擬人化は文芸の常套手段である。

香山雅代詩集『雁の使い』・・・木村草弥
香山_NEW

──新・読書ノート──

      香山雅代詩集『雁の使い』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・砂子屋書房2018/06/03刊・・・・・・・

香山さんは西宮市の在住で同人誌「Messier」を主宰されている。
詩作のほかに「日本歌曲振興波の会」所属で自作の詩に作曲されたものを発表されている。
また「能楽学会」会員としても活躍されているようである。
詩歴としては長いキャリアをお持ちで、今回の本は第十詩集ということになる。
同人誌「Messier」も発行の都度いただいており、今回の詩集は、これらに載せられたものが主になっている。
題名の「雁の使い」という詩はない。 今回この本を編まれるに際して、この題をおつけになった。
「雁の使い」で思い出されるのは、次のようなエピソードではないか。

《「漢書」蘇武伝の、匈奴(きょうど)に捕らえられた前漢の蘇武が、手紙を雁の足に結びつけて放ったという故事》である。
ここから、便り。手紙。かりのたまずさ。かりのたより。かりのふみ。雁書。雁信。雁使(がんし)などと言う。

   「春草を馬咋山(くひやま)ゆ越え来なる雁の使ひは宿り過ぐなり」〈万葉集・一七〇八〉

の歌が思い出されるのである。
香山氏の頭にも、このことがあって、今回の詩集の「題」にされたのではないか。

巻頭の詩「波動  風景と位置」には

    眩しく 眼を射る
    青陽

    非有の時空に 潜む
    現前(いま)を
    覆い尽くして 展がる・・・・(注・本文は「氵さんずい」に「展」の字だがIMEでも出ないので失礼する)
    白い静脈を 浮き立たせる
    富士
    白銀の 原野を
    わたる

    百とせの 血脈浮くもみじ葉を 銜え
    わたしの なかぞらをゆく
    雁の ひとむれ
      ・・・・・・

とあるので、題名は、ここから採られたとも考えられる。
なお「波動」という言葉も頻出するので、この言葉なども香山氏の作品をひもとくヒントになるのではないか。

同人誌「Mwssier」をいただいて、拝見した印象として「狷介」(けんかい)という印象だったが、現前(いま)というルビの振り方や、「氵さんずい」に「展」の字などの使い方なども「狷介」と言えるだろう。
IMEを参照しないと判らない難しい漢字の頻出などが、香山氏の詩の難解さを加速していると言えるだろう。
恐らく香山氏はIMEの「表外漢字」ではなく、大きな漢和辞典から、この字を引かれたのであろう。
いずれにしても、私が「狷介」と評する所以である。
また、「恬」を「しずか」と訓(よ)ませるルビや、「息」を「かぜ」と訓む、「綰」を「つなぐ」と訓ませる、「慥」を「たしかめる」と訓む、「放髪」を「はなり」と訓む、「鑕」を「きる」と訓む、「雲翳」を「かげ」と訓む、「現存在」を「にんげん」と訓ませる、など、かなり無理な訓みかたといわなければならない、と思う。
それらの字なり訓なりが、それぞれの作品の中で、その字を使わなければならない必然性があるのかどうか。
それらが常用漢字を使用することによっては「毀損」されるのか。
徒(いたずら)に難しい表外漢字を使うことが、これらの作品の鑑賞に当たって、逆に読者を引き離しているのではないか、作者の「一人よがり」ではないか、作者の自己満足ではないか、を危惧する。
確かに「表外漢字表」を見れば、その字の音(おん)訓(くん)を確認することが出来ても、何だか無理があるなあ、という感じのするものも多い。
漢字は「表意」文字であるから、字の成り立ちには、それぞれ意味があるのである。
例えば、私が突き止められなかった「氵さんずい」に「展」の字なども「氵さんずい」が付くからには「水」に関係するものであるが、当該詩の場合、その場面は「水」辺なのか。
「風景」は「富士」とある。
確かに詩の終章に「震える水に/青い花を 映す/ひとはけの/雲 と・・・」とあるから「水」に関係する場所なのか、とも思うが・・・・・。

始めから否定的な指摘をして申し訳ない。一つの躓き、疑念が尾を引く、と思っていただきたい。
私が作者の作品を「狷介」という理由である。
読者など居なくていい、と言うのならばいいが、それならば、なぜ十冊もの詩集を大金を費やして上梓するのか。
この矛盾を説明願いたい、と思うのである。

さすがに砂子屋書房の編集者は、鋭い。「帯」に引かれた詩は判りやすい佳い作品である。

   白雨が 過ぎる
   瞬時
   ひたむきな 夢を みつめる

       ・・・・・・・

   杓子の数だけ 地上で
    金環日食を 確かめ
   ときに 太陽の靨を愛でる
   蹠に つたわる
    それぞれの重みで
   水温を 分けて
   大気を 分けて
   旅立つ大地の 直下に 在る
      ・・・・・・・                「雲間」抄

判りやすい一連である。
いずれにしても、私は香山氏が、どんな学歴を持っておられるか知らないが、知識をひけらかすのではなく、なるべく分かりやすい字を使って作詩してほしいと願うものである。
いろいろ的外れのこをと書いたが、これらの難しい字の使用も、香山氏の独自性を際立たせるものと言えるだろう。
鑑賞にもなっていないが、今回は、この辺で、お許しいただきたい。
香山氏も若くはないので、これからも体調に留意されて、お励みいただくようお祈りして筆を置く。
有難うございました。      (完)



黒猫が狭庭をよぎる夕べにてチベットの「死の書」を読み始む・・・木村草弥
51jmQ40JdyL__SS500_.jpg

    黒猫が狭庭をよぎる夕べにて
      チベットの「死の書」を読み始む・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。自選にも採っているのでWebのHPでもご覧いただける。
この歌自体は季節に関係はないが、「死の書」というので、ちょうど秋の彼岸も過ぎたことなので季節の歌と受け取ってもらっても構わない。

430976018X.09.LZZZZZZZエジプト死者の書

関連はないが、同じ「死者の書」(ウォリス・バッジ著)というのが古代エジプトにも存在した。
写真②が、それであるが、チベットにおける「死者の書」の扱いと同じようなことをしたらしい。

チベットの「死者の書」はいくつかのヴァージョンがあるらしいが、説くところは同じである。
チベットでは宗派を問わず、一般に「死者の書」という経典を臨終を迎えた人の枕元でラマ僧が読む習慣がある。
死者がこの世に執着しないように肉親、親類は遠ざけられる。
その経典には、死者が死後に出会う光景と、その対処法が書かれている。
この本の「曼荼羅」に現れる神々は男女交合の姿で描かれるという。(写真③)

yabマンダラ交合図

青い仏に抱きつくようにして交合している髪の長い、白い体の女の姿が見えるだろう。女は「口づけ」しているようだ。
これは歓喜仏(ヤブユム)と呼ばれているが、これは神々の合体の姿の中に、究極的な境地の至福の状態である「大楽」が保持されているからだという。
日本に伝えられた仏教の「理趣経」がそれに当るが、これこそ密教の最も密教的な部分である。
日本では「聖天」さんとして祀られているところで見られる。

死者は49日間バルドゥと呼ばれる生の中間的な状態に留まるが、その間に死者は、死の瞬間に眩しく輝く光を体験する。
最初の一週間で死者は平和の様相の神々の、次の一週間で怒り狂った神々の来迎や襲撃を受け、遂には閻魔大王の前に引き出され、人によっては灼熱地獄に投げ込まれたりする。
そして死者は、それぞれのカルマに従い、六つの世界のいずれかに再誕生してゆく。

今日、仏教(場合によっては「神道」も、これらの影響を受けているという)の色々の行事──たとえば、四十九日の忌明、満中陰の決まりなどは上に書いたバルドゥの考えそのものである。「生れ変り」「輪廻転生」などの考え方も、上に書いたことの表れである。また「地獄、極楽」あるいは「エンマ様」のことなど、われわれ仏教徒が子供の頃から親に言われてきたことを思い出せば、よくお判りいただけよう。
こういう俗事はわかり易いが、哲学的にいうと、深い思想を含んでいると言われている。
哲学者の浅田彰氏の本など、結構むつかしいものである。
写真④の歓喜仏は1900年頃チベットで作られたと思われる金銅製のもので高さ15センチくらいの小さいもの。
00892side1歓喜仏1900頃

このような「歓喜仏」はチベット特有のものではなく、ヒンドゥー教には古くからあるものである。
北インドのカジュラホに行くと、寺院の外壁一杯にレリーフが大小さまざまの交合スタイルで彫刻されている。ズームカメラがあれば鮮明な写真を撮ることが出来る。

kan9ガネーシャ歓喜仏宮城県

写真⑤はガネーシャという象の頭の格好をした神の歓喜仏である。
このようなスタイルは珍しいが、インドはヒンドゥー教が主流を占める国である。
ヒンドゥー教は多神教で、一神教のような「禁忌」は殆ど、ない。
ガネーシャというのは主神シヴァ神の子供だが、父親の言いつけに背いて罰をうけ、このような象の頭に首をすげ替えられた。
ガネーシャに組み敷かれた女の表情も、むしろ嬉しそうで、エクスタシーの境地にあり、ガネーシャの首に手を廻しているほどである。 
書き遅れたが、この像は宮城県のお寺にあるという。
こういう性に関する大らかさが特徴であると言えるだろう。
余談になるが、インドに行くと、このガネーシャ神を祀った寺院がある。
どうも、このガネーシャは金儲けの神様でもあるらしく、お金持ちの事業家が金ピカの大きな寺院を喜捨して建てているのである。


子がなくて白きもの干す鵙の下・・・桂信子
モズ雄

      子がなくて白きもの干す鵙の下・・・・・・・・・・・・・・・桂信子

「鵙」モズの高鳴きがひびく季節になってきた。
モズは燕雀目モズ科の猛禽。やや大きめものでも捕食する。生餌を食べる鳥である。
掲出の写真①はモズの雄で、眼のところに横に黒い筋(過眼線)がある。
写真②はモズの雌で、雄のような黒い筋がない。色も相対的に地味である。
mozu02-2モズ雌

モズは一年中いる「留鳥」だが、秋には先に書いたように「高鳴き」をするが、これは縄張り宣言のための警戒音と言われている。
モズは「百舌」とも書くが、これは他の鳥の鳴き真似をするからで、じっと聞いていると、さまざまの鳥の鳴き声を真似している。
繁殖期も含めて、高鳴きをすることがないから、目立たないので、気がつかないだけである。
「高鳴き」のシーズンは、人が近づくだけでも、けたたましく鳴きたてる。
秋には「モズの早贄(はやにえ)」と言って、捕らえた餌を尖った枝の先などに刺しておく習性がある。
これは蓄食のためだというが、乾燥してこちこちになったものは食べないのではないか。もともとモズは生餌を食べる鳥である。
写真③はトカゲを捕らえたところ。
mozu03モズはやにえ

↓ 木の枝に刺した早贄(はやにえ)の写真。
hayanie4モズはやにえ

餌は昆虫、トカゲ、蛇、魚、野ねずみ、蛙、小鳥など多岐にわたる。猛禽と呼ばれる所以である。
モズについては私の歌を掲出して昨年に書いたことがあるので、参照してもらいたい。
このようにモズの高鳴きが目立つのが秋なので、鵙の季語は秋になっている。
すでに「万葉集」にもモズを詠んだ歌があるほど文芸の世界では、古い付き合いである。
『本朝食鑑』に「およそ鵙、つねに小鳥を摯(と)りて食ふ。その声高く喧くして、好からず」とあり、猛く喧しい鳥と考えられてきたのも秋の「高鳴き」のイメージから定着したものであろう。
俳句に詠まれる句も多い。
掲出した桂信子の句は、早くに夫に先立たれて「子を産めなかった」女の哀しみをモズに寄せて情感ふかく詠まれている。
以下、モズの句を引いて終る。

 我が心今決しけり鵙高音・・・・・・・・高浜虚子

 大空のしぐれ匂ふや百舌の贄・・・・・・・・渡辺水巴

 われありと思ふ鵙啼き過ぐるたび・・・・・・・・山口誓子

 かなしめば鵙金色の日を負ひ来・・・・・・・・加藤楸邨

 御空より発止と鵙や菊日和・・・・・・・・川端茅舎

 百舌鳥に顔切られて今日が始まるか・・・・・・・西東三鬼

 たばしるや鵙叫喚す胸形変・・・・・・・・石田波郷

 逢はざるを忘ぜしとせむ雨の鵙・・・・・・・・安住敦

 鵙は嘴なほ血塗らねば命絶ゆ・・・・・・・・中島月笠

 鵙鳴けり日は昏るるよりほかなきか・・・・・・・・片山桃史

鵙の贄叫喚の口開きしまま・・・・・・・・佐野青陽人

 鵙の贄まだやわらかき日ざしかな・・・・・・・・塩尻青茄

 生きものの形ちぢみて鵙の贄・・・・・・・・山口速

 鵙鳴いて少年の日の空がある・・・・・・・・菊池麻風

 夕百舌やかがやくルオー観て来たり・・・・・・・・小池文子



萩岡良博エッセイ集『やすらへ。花や。』・・・木村草弥
萩岡_NEW

──新・読書ノート──

     萩岡良博エッセイ集『やすらへ。花や。』・・・・・・・・・・・・木村草弥
                  ・・・・・北冬舎2018/09/30刊・・・・・・

萩岡氏は前登志夫創刊の短歌誌「ユママユ」の編集長をなさっている。
第二歌集『木強』を恵贈されて以後『禁野』『周老王』などの歌集を出され、その都度このブログで採り上げてきた。
それぞれの記事は「リンク」にしてあるのでアクセスして、ご覧いただきたい。

この本は、北冬舎のシリーズ≪主題≫で楽しむ100年の短歌・桜の歌の一冊として刊行されたものである。
ここに収録された文章は、「初出一覧」によると、主として「ヤママユ」に2008年以降書き継いで来られたものである。
引用された歌人、小説家などの著書、人名などの一覧も巻末に付けた資料的な配慮もなされたもので感服するばかりである。
萩岡氏は奈良県の高校「国語」教諭から、高校校長なども歴任された謹厳な教育者であられた。
それらの経歴が、この本の編集ぶりの中に色濃く出ている、と言えるだろう。
巻頭には自身で撮られた桜の樹の写真12枚が載っている。 作者の住む大宇陀の地に咲く有名な「又兵衛桜」など、である。

この本の題名にもなっている、巻頭の「やすらへ。花や。」について少し書いてみる。
  <桜が咲くと、こころが浮き立つ。あそこの桜は咲いただろうか。
   ・・・・・私たちの祖先の桜に対してもっていた鎮魂の思いが、私の血の中にも脈々と流れているにちがいない。
     老いてなほ艶とよぶべきものありや 花は始めも終りもよろし  斎藤史 『秋天瑠璃』

と書いて次段で、個人の魂鎮めとして
    <われに棲み激つ危うきもののためひとりの夜の鎮花祭  武川忠一 『窓冷』
を引いて、こう書かれている。
  <散る花とともに飛散すると信じられていた疫神を鎮めるために行われた「鎮花祭」の際の囃子詞「やすらへ。花や。」は、桜の花を稲の花に見立てて、早ばやと散ることを凶作の兆しとするため、「散り急ぐな花よ」という意味をこめているという。>
と書いて、折口信夫「花の話」の中の囃子詞に触れた後に、山の神に花を供えるという古い信仰に支えられた民俗を重ねて、鳥越晧之の解釈を見せる。
    <野の花や桜などの枝花には鎮める機能があると解釈した方が自然である。すなわち「花が鎮める」と解釈できるということ     である。・・・・・>

この本は、萩岡氏の読書遍歴を見るようで何とも情趣ふかい。
夭折した永井陽子の何冊かの歌集。 詩人・茨木のり子の「さくら」の詩。
ここで、この本に載る萩原朔太郎の詩を引いてみる。

   <人生の春のまたたく灯かげに
    嫋めかしくも媚ある肉体を
    こんなに近く抱いてるうれしさ
    処女のやはらかな肌のにほひは
    花園にそよげるばらのやうで
    情愁のなやましい性のきざしは
    桜のはなの咲いたやうだ      萩原朔太郎「春宵」 『青猫』   >

また三好達治の詩も引いてみよう。

    <あはれ花びらながれ
     をみなごに 花びらながれ
     をみなごしめやかに語らひあゆみ
     うららかの跫音空に流れ
     をりふしに瞳をあげて
     翳りなきみ寺の春をすぎゆくなり
     み寺の甍みどりにうるほひ
     廂々に
     風鐸のすがたしづかなれば
     ひとりなる
     わが身の影をあゆまする甃のうへ      三好達治「甃のうへ」     >

私自身が三好達治などの近代詩が好きなので、引きすぎたかもしれない。
このように、この一巻は萩岡氏の読書遍歴を辿るような心地になったものである。

引き出すとキリがないので、後いくつか引いて終わりたい。

   いやはてに鬱金ざくらのかなしみのちりそめぬれば五月はきたる   北原白秋 『桐の花』

   はたた神またひらめけば吉野山桜は夜も花咲かせをり   前登志夫 『樹下集』 

   うすべにに葉はいちはやく萌えいでて咲かむとすなり山桜花  若山牧水 『山桜の歌』  

   あはれしづかな東洋の春ガリレオの望遠鏡にはなびらながれ  永井陽子 『ふしぎな楽器』

   咲ききれば散るほかはなし吹く風は桜の肩をやさしく抱け  萩岡良博 『木強』

   やはらかき春のひかりにめざめけり森ふかく湧く笑ひごゑ曳き  萩岡良博 

   わが性欲にかぎろひの立つ見えて見る人のなき朝の身支度いそぐ 萩岡良博 

   山ざくらさはだつ夜なり半獣のひづめの音の風にまざりて  萩岡良博 
 


ご恵贈ありがとうございました。
不十分な鑑賞をお詫びする。     (完)


竹杭が十二、三本見えてをりその数だけの赤トンボ止まる・・・木村草弥
dragonfly01アカトンボ本命

  竹杭が十二、三本見えてをり
   その数だけの赤トンボ止まる・・・・・・・・・・・・・木村草弥


いよいよ赤蜻蛉の飛び交う季節になった。
この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載せたものである。とりたてて巧い歌でもないが、叙景を正確に表現し得たと思っている。
赤トンボというのは竿などの先端に止まる習性をもっており、また、群れる癖もある。
よく観察してみればお判りいただけると思うが、私の歌のように立っている杭の先端すべてに赤トンボが止まって群れているという情景は、よく見られるところである。
この歌は「嵯峨野」と題する一連5首のものである。下に引いておく。

    嵯峨野・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

   北嵯峨の遊女の墓といふ塚に誰が供へしか蓼の花みゆ

   竹杭が十二、三本見えてをりその数だけの赤トンボ止まる

   虫しぐれ著(しる)く響かふ嵯峨の夜は指揮棒をふる野の仏はや

   輪廻説く寂聴は黒衣の手を挙げていとほしきもの命とぞ言ふ

   さわさわと風の愛撫に任せつつうつつの愉悦に揺るる紅萩

7304ac612d179084fbf25257b8de9711.jpg

赤トンボの「赤」色は繁殖期の「婚姻」色らしく、赤色をしているのは「雄」だという。雌は「黄褐色」をしているらしい。
赤トンボというと、三木露風の歌が有名で、判り易く、今でも愛唱されている。
赤トンボの句を少し引いて終りにする。

 赤蜻蛉筑波に雲もなかりけり・・・・・・・・正岡子規

 から松は淋しき木なり赤蜻蛉・・・・・・・・河東碧梧桐

 生きて仰ぐ空の高さよ赤蜻蛉・・・・・・・・夏目漱石

 肩に来て人なつかしや赤蜻蛉・・・・・・・・夏目漱石

 洞然と大戦了り赤蜻蛉・・・・・・・・滝井孝作

 赤とんぼまだ恋とげぬ朱さやか・・・・・・・・青陽人

 旅いゆくしほからとんぼ赤とんぼ・・・・・・・・星野立子

 美しく暮るる空あり赤とんぼ・・・・・・・・遠藤湘海



うつしみは欠けゆくばかり月光の藍なる影を曳きて歩まむ・・・・木村草弥
a070320二日月

     うつしみは欠けゆくばかり月光の
            藍なる影を曳きて歩まむ・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載るものである。

「月」は天象としては、いつも我々の身近にあるものだが、太陽のように自ら光を発するものではなく、
太陽の光を反映するものとして、昔から「寂しい」存在として詩歌に詠まれてきた。
掲出した私の歌も老境に入って「欠けて」ゆくだけの「我が身」を「月光」の影になぞらえて詠んだものである。
「月」は「花」と並んで、古来、日本美の中心に置かれるものである。
「花」とは花一般ではなく「桜」のことを指す決まりになっている。
「花」=桜は春を代表するもの。「月」は秋を代表するもの。
月は一年中みられるものではあるが、秋の月が清明であるために、秋を月の季節とするのである。

陰暦朔日は黒い月だが、二日月、三日月、弓張月と光を得て大きくなって満月になり、また欠けて有明月になり、黒い月になる。
朔日の月を新月と言い、新月から弦月(五日目)頃までの宵月の夜を夕月夜という。
夕方出た月は夜のうちには沈んでしまうので夕月という。月白は月の出る前の空のほの白い明るさをいう。

因みに、今日は暦を見ると「朔日」である。
月の照らぬ夜である。
写真にならないので、細い細い二日月の写真を出しておく。

「万葉集」には

     わが背子が挿頭(かざし)の萩に置く露をさやかに見よと月は照るらし

と詠まれ、
「古今集」には

     月見れば千々にものこそ悲しけれわが身ひとつの秋にはあらねど

     木の間より漏り来る月の影見れば心づくしの秋は来にけり

と詠まれる。
このように、日本の古典には、月は秋の美しいものの頂点に置かれ、「さびしさ」「物思い」「ものがなしさ」などの気持のこもるものとされてきた。
俳句でも、松尾芭蕉の句に

    月はやし梢は雨を持ちながら

    義仲の寝覚の山か月悲し

    月清し遊行の持てる砂の上

    其のままよ月もたのまじ伊吹山

    秋もはやばらつく雨に月の形

などがあり、月を詠んだ秀句と言われている。

与謝蕪村にも

    月天心貧しき町を通りけり

の秀句がある。
このように「月」は歴史の厚みのある代表季題中の代表と言われている。

以下、明治以後の私の好きな句を引いて終わる。

 月明や山彦湖(うみ)をかへし来る・・・・・・・・水原秋桜子

 月光のおもたからずや長き髪・・・・・・・・・篠原鳳作

 東京駅大時計に似た月が出た・・・・・・・・池内友次郎

 徐々に徐々に月下の俘虜として進む・・・・・・・・平畑静塔

 少年が犬に笛聴かせをる月夜・・・・・・・・・富田木歩

 月の中透きとほる身をもたずして・・・・・・・・桂信子

 つひに子を生まざりし月仰ぐかな・・・・・・・・稲垣きくの

 なにもかも月もひん曲つてけつかる・・・・・・・・栗林一石路

 月明のいづこか悪事なしをらむ・・・・・・・・岸風三楼

 農夫われ来世は月をたがやさむ・・・・・・・・蛭田大艸

 三日月や子にのこすべきなにもなし・・・・・・・・白井郷峰
-------------------------------------------------------------------------
bluebelt.jpg
 ↑ 新井優氏撮影─皆既前の月
この画像に添えたコメントで、新井さんは、こう書かれている。 ↓

<月食時に地球に届く微少の青色の光、今回ばかりは青色LEDの開発によりノーベル賞を受賞された三氏(赤崎勇さん、天野浩さん、中村修二さん)を祝福しているように感じているのは、私だけでしょうか。
BlueBeltの参照URL: http://www.astroarts.co.jp/photo-gallery/photo/6733.html > ──借用に感謝する。
 


草もみぢしてそよぐなる風ばかりゑのころ草の原たれもゐず・・・藤井常世
1c8a58b0b91d80e2901386ae04e089a5エノコロ草

   草もみぢしてそよぐなる風ばかり
        ゑのころ草の原たれもゐず・・・・・・・・・・・・・藤井常世


「エノコロ草」というのは、別名「猫じゃらし」のことである。
その名の通り、この草の穂で子猫などをじゃらすと、とても面白い。
食用の「粟」は、この草を改良したものだという。
青く茂っているときは、こんな様子である。 ↓
imagesエノコロ草

古来、この草は俳句にも、よく詠まれてきた。 それを引いておく。

 秋の野に花やら実やらゑのこ草・・・・・・・・楚常

 よい秋や犬ころ草もころころと・・・・・・・・一茶

 ゑのこ草媚びて尾をふるあはれなり・・・・・・・・富安風生

 猫ぢやらし触れてけもののごと熱し・・・・・・・・中村草田男

 父の背に睡りて垂らすねこじやらし・・・・・・・・加藤楸邨

 猫じやらし子にも手触れずなりしかな・・・・・・・・石田波郷

 木曾に入る秋は焦茶の猫じやらし・・・・・・・・森澄雄

 本日の死者と負傷者ねこじゃらし・・・・・・・・森田智子

 岐路に佇ち踊り出でたる猫じゃらし・・・・・・・・高沢晶子

 どこへでも蹤いて来る愛狗尾草・・・・・・・・竹中碧水子

 行きさきはあの道端のねこじゃらし・・・・・・・・坪内稔典

 人恋へば昏るる高さにねこじゃらし・・・・・・・・横田欣子

 君が居にねこじやらしまた似つかはし・・・・・・・・田中裕明

 子が描く遊山の絵地図ねこじやらし・・・・・・・・上田日差子

 叢雨やゑのころ草は濡れてゐず・・・・・・・・小林鱒一

 猫じやらし持てばじやらさずにはをれず・・・・・・・・西宮舞

 この道を芭蕉と曾良はゑのこぐさ・・・・・・・・板藤くぢら

 振り向けば金ゑのころの道なりし・・・・・・・・かとうさきこ

 全身で少女スキップねこじゃらし・・・・・・・・永田千代

 猫じやらし不意に思い出湧いてくる・・・・・・・・石川幸子

 絶滅の狼以後を狗尾草・・・・・・・・神戸秀子
----------------------------------------------------------------------
掲出した歌の作者藤井常世さんは、先年にお亡くなりになった。
リンクにしたWikipedia ↑ が詳しい。 アクセスされたい。


芋洗ふ女西行ならば歌よまむ・・・・松尾芭蕉
Satoimo2里芋

     芋洗ふ女西行ならば歌よまむ・・・・・・・・・・・・・・・松尾芭蕉

ただ「芋」というと「里芋」のことである。
里芋は東南アジアの原産で、日本でも古くから栽培されて来た。種芋を植えて親芋として太らせ、子芋、孫芋と増やさせて、十月になると収穫する。
「さつまいも」と混同する人が居るが、別のものである。写真①が収穫した「子芋」である。
satoimo里芋の葉

写真②が里芋の葉である。茎の部分も食用になるが、それを干したものが「芋茎」イモガラ、ズイキである。
「八つ頭」あるいは地方によっては九里芋と称するものは親芋を食べるものである。蝦芋と称する芋もある。

『本朝食鑑』に「近世、八月十五夜月を賞する者の、必ず芋の子、青連莢豆をもつて煮食す。九月十三夜月を賞する者の、芋子薄皮を着するものをもつて衣被(きぬかつぎ)と称し、生栗と煮食す。正月三朝、芋魁(いもがしら)をもつて雑煮の中に入れて、ともにこれを賞す。上下家家、流例となすなり」とある。
この文章のはじめの部分は旧暦八月十五日を「芋名月」として祀る慣わしのことを言っている。
九月十三日には「皮のまま茹でた子芋」=衣被きぬかつぎ、を供えて月を愛でる習慣を言っているのである。
後半の部分では、お正月の雑煮の中に入れる頭芋(かしらいも)のことで、これは地方によって異なるから一概には言えないが、
関西では、必ず入れるものとされた。特に、家長や跡継ぎの男の子は、必ずこれを食べて、一家の長たれ、と言われたものである。だから「頭(かしら)芋」という。

cook256里芋と鶏肉のそぼろ煮
写真③は里芋と鶏肉のそぼろ煮の料理だが、今は昔ほどは里芋を料理に使わないかも知れない。
歳時記を見てみると、植物としての里芋を詠んだものが殆どであって、料理になった里芋ないしは子芋を詠んだものはない。
料理する場合には写真①のような芋の皮を剥かなければならないが、その際に芋に含まれる成分によって手がかゆくなるので、
昔は小桶に芋と水を入れ、均し鍬のようなものでガシガシ動かしながら皮を、あらかた擦り落としてから刃物で仕上げをしたものである。
里芋を洗うと手が痒くなるが、これは茎や球茎にシュウ酸カルシウム結晶が含まれているためである。
食品としての芋を洗う場合では、この球茎の皮の下2-3mmほどにある細胞内に多くのシュウ酸カルシウム結晶が含まれており、
大きな結晶が僅かな外力によって壊れて針状結晶へ変わり、外部へと飛び出る。
調理者や作業者が手袋などを用いずに洗うと、皮膚にこの針が刺さって痒くなる。
里芋は極めて若い時からシュウ酸カルシウムを針状結晶や細かい結晶砂として細胞内に作り始める。
やがてこれらが集合して、大きく脆い結晶の固まりとなる。シュウ酸カルシウムは「えぐ味」の原因ともなり、
えぐ味はシュウ酸カルシウムが舌の刺さることによって起きるとする説や、化学的刺激であるとする説があり、
他にもタンパク質分解酵素によるとする説がある。
里芋は昆虫から身を守るためにこのようなものを作り出していると考えられている。

掲出の芭蕉の句は、まさに上に書いた動作をしている女を詠んだものである。
西行ならば、というところに芭蕉ならではの「滑稽味」が出ているというべきだろう。
以下、里芋を詠んだ句を引いて終わる。

 芋の露連山影を正しうす・・・・・・・・飯田蛇笏

 地の底の秋見届けし子芋かな・・・・・・・・長谷川零余子

 案山子翁あち見こち見や芋嵐・・・・・・・・阿波野青畝

 八方を睨める軍鶏や芋畑・・・・・・・・川端茅舎

 芋の露父より母のすこやかに・・・・・・・・石田波郷

 芋掘りし泥足脛は美しく・・・・・・・・・平畑静塔

 芋照りや一茶の蔵は肋あらは・・・・・・・・角川源義

 箸先にまろぶ小芋め好みけり・・・・・・・・村山古郷

 芋の葉の手近な顔も昏れにけり・・・・・・・・遠藤梧逸

 生涯を芋掘り坊主で終るべし・・・・・・・・美濃部古渓

 風の神覚むるや芋の煮ころがし・・・・・・・・野中久美子

 芋の露天地玄黄粛然と・・・・・・・・・平井照敏



滝白く落ちて虚空のたそがれの滴り一つ沢蟹を搏つ・・・木村草弥
FI2618505_1E.jpg

    滝白く落ちて虚空のたそがれの
       滴り一つ沢蟹を搏(う)つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に「茶の神」という小項目名で9首を載せたもののうちの一つである。

沢蟹は淡水の蟹だが、水気のあるところには、たくさん居た。
今は農薬使用などで、農薬のかかるところでは見かけなくなったが、山手にゆくとたくさん居る。
沢蟹にもいろんな種類があるらしく形、色ともさまざまである。
この歌の背景は、小さな滝らしきものが落ちていて、そのなけなしの飛沫が滴りとなって沢蟹の甲羅をうつ、という叙景である。
しかも時間的には「たそがれ」だから、夕方ということになる。
この歌の一つ前には

       天高し視野の限りの京盆地秋あたらしき風の生まるる

という歌が載っている。ここに詠ったような天高い秋の季節が、ようやく訪れようとしている。
私の少年期は、もちろん戦前で、食べるものも、遊ぶものも、今の比ではなく、素朴な自然を相手にするものだった。
この歌は、そんな少年期の思い出を、現在形で歌にしている。
回想にしてしまうと歌が弱くなるので、回想の歌でも現在形にするのが、歌を生き生きさせる秘訣である。
孵化したばかりの小指の爪にも満たない子蟹の誕生など、何とも趣きのあるものである。
少年期の回想シーンを自歌自注しておく。


「未来山脈」掲載作品・2018/10 「チョコ野郎」・・・・木村草弥
89cd69ecc0c319cbaa0069143b381b52.jpg
未来_NEW
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──「未来山脈」掲載作品──(10)

     チョコ野郎・・・・・・・・・・・・・・・・木 村 草 弥
            ・・・・・2018/10月号掲載・・・・・・・

   秋風とともにチョコレートがおいしい季節が来た

   ショコラトリ・ロワイヤルはオルレアンで一七六〇年に創業した 

   今でもカカオ豆からチョコレートを生成している数少ない店

   マルキーズ・ド・セヴィニエは一八九二年創業

   一八九八年に「セヴィニエ侯爵夫人」をブランド・イメージとする

   ラデュレは一八六二年にロワイアル通りにオープンしたのが始まり

   「レ・マルキ・ド・ラデュレ」はチョコ専門の新ブランドとして発足

   マルキーズ侯爵夫人の横顔が描かれたボンボン・ショコラ

   よほど「侯爵夫人」がお好きらしい。競って侯爵夫人だ

   フランスはチヨコレート王国。彼らを「チョコ野郎」と呼ぶ




ある晴れた日につばくらめかへりけり・・・・安住敦
swallow5ツバメ

   ある晴れた日につばくらめかへりけり・・・・・・・・・・・安住敦

日本で夏の間、巣をつくり子を育てていた燕も九月に入ると、大きな川や湖などの葦原などに大集結して南へ海を越えて帰る準備に入る。
京都近郊では、淀川などが集結地となっているようである。何千羽、何万羽という大きな集団である。
この間もツバメは餌になる飛ぶ虫を捕らえなければならないから、そういう条件を備えた場所というと大きな川や湖ということになる。
この渡りは九月から十月にかけて続く。

この渡りを「帰る」と表現するが、日本が生まれ故郷なので「去る」というのがふさわしい、と書かれている本もある。
しかし彼らは南方系の鳥なので、日本は子育ての地とは言え、やはり仮住まいの土地というべく、南へ帰るというのが本当だろう。
「渡り鳥」の大型のものは渡りのルートが、ある程度解明されているが、ツバメのような小型の鳥は何万羽の集団とは言え、渡りが話題になることは少ないようだ。
私自身もツバメの渡りを見たこともない。日本列島を南下し、後は島伝いに南へゆくのであろう。

掲出した安住敦の句は、歌劇「蝶々夫人」の有名な歌のフレーズ「ある晴れた日に」を踏まえているのは明らかで、そういう連想が、この句をなお一層、趣のあるものにしている。
私は第二歌集『嘉木』(角川書店)の中で

     翔ぶ鳥は群れから個へとはぐれゆき恐らくは海に墜つるもあらむ・・・・・・・・・木村草弥

という歌を作ったことがある。これはツバメその他の「渡り鳥」のことを思って詠ったもので、渡りの途中で多くの鳥が命を落とすことになるのであろう。
俳句でも古来たくさんの句が作られて来た。「燕帰る」「帰燕」「秋燕」などが秋の季語である。単なる「燕」というと春の季語であり、「燕の子」というと夏の季語ということになる。
古句としては

    落日のなかを燕の帰るかな・・・・・・・・与謝蕪村

    乙鳥は妻子揃うて帰るなり・・・・・・・・小林一茶

などが知られているが、一茶の句は年老いるまで妻子を持てなかった一茶の「羨望」の心情を表現しているようである。
以下、明治以後の句を引いて終わる。

 燕の帰りて淋し蔵のあひ・・・・・・・・正岡子規

 いぶしたる炉上の燕かへりけり・・・・・・・・河東碧梧桐

 高浪にかくるる秋のつばめかな・・・・・・・・飯田蛇笏

 やがて帰る燕に妻のやさしさよ・・・・・・・・山口青邨

 身をほそめとぶ帰燕あり月の空・・・・・・・・川端茅舎

 ふる里の古き酒倉秋燕・・・・・・・・・大竹孤愁

 秋燕や靴底に砂欠けつづけ・・・・・・・・加藤楸邨

 去ぬ燕ならん幾度も水に触る・・・・・・・・細見綾子

 ひたすらに飯炊く燕帰る日も・・・・・・・・三橋鷹女

 秋燕に満目懈怠なかりけり・・・・・・・・飯田龍太

 秋つばめ少し辛めの五平餅・・・・・・・・岸田稚魚

 胸を蹴るごとく秋燕かぎりなく・・・・・・・・二枝昭郎

 つばめ去る空も磧も展けつつ・・・・・・・・友岡子郷
 
 海へ向く坂がいくつも秋燕・・・・・・・・田中ひろし


松村信人詩集『似たような話』・・・木村草弥
松村_NEW

──新・読書ノート──

     松村信人詩集『似たような話』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・思潮社2018/10/01刊・・・・・・・

松村氏は出版社「澪標」の社長である。
1949年生まれ。関西学院大学文学部日本文学科卒業。

詩集
『伝承』 1976年・私家版
『光受くる日に』 2003年・矢立出版

「イプリスⅡ」「時刻表」「別冊関学文芸」同人。詩誌「季刊びーぐる」発行人。
日本現代詩人会、日本詩人クラブ、関西詩人協会会員。
雑誌「関西文学」版元として苦労されたらしい。

この本には「栞」が付いており、たかとう匡子「松村信人の詩の魅力」と倉橋健一「旺盛で不敵な散文精神」が執筆されている。

掲出した画像には、その「帯」に、その一端が引かれている。
たかとう匡子氏は、第二詩集『光受くる日に』の出版記念会にふれながら、出版社「澪標」を立ち上げて間もない頃だったと書いている。
この『似たような話』は、それらの右往左往の中の、実社会での松村信人を浮き彫りにしていると言っていい、と書いている。
他人のことばかりでは前へ進まない。

「似たような話」という題名のつけ方が面白い。「似たような話」という名前の詩があるわけではない。
Ⅰの項目に収められた9篇の作品の項目名が「似たような話」なのである。
それは「海」「笑うタカハシ」「怒るハセガワ」「匂うナカガワ」「道草」「一代記」「クッキータイム」「ソビィ」「リュウの行方」という作品から成るが、一読すると、それらが「似たような話」なのに気付く。
この中の「クッキータイム」という詩に「猫」が登場する。作品を引いてみよう。

   <まな板ほどの大きさに少し傾斜のついたその餌箱を
    クッキータイムと名づけた
    プラスチック製の台座に猫が乗ると
    透明なふたが空き
    中にある水やミルクやキャットフードを口にすることができる
    台座から降りるとふたが閉まり
    実に衛生的
    ペットの猫ならちょうどよい大きさだ

    イギリスでは大ヒット中と
    見本市で仕入れてきた貿易商のトミイさんが胸を張る
    世はまさにペットブーム
       ・・・・・・・
    今度は様子が違った
    クレームが殺到しだしたのだ
    猫がおびえて寄り付かない
    ふたの閉まる音に驚き二度と餌箱の側に行かないという
       ・・・・・・・・
    日本の猫は実にデリケートで
    イギリスのそれとは大違い
       ・・・・・・・
    夜になるとクッキータイムの何匹ものアイドル猫たちが
    私を見つめている
    それから私は猫を飼うことにした>

これらのプロットが何から着想されたのか私には分からないが、実業の世界では、ままあることで、面白い。
これを読んで私は、この一巻の狂言回しは「猫」かとも思ったが、そうでもなかったが、「愛猫記」という一篇の詩があるのに注目した。
その詩の結句は

   <昨日も今日も
    一晩中私の横で寝そべっている>

と書かれている。
実をいうと、私は「猫嫌い」である。
拙宅の広くもない庭が、猫たちの脱糞場になって困っているからである。
犬の糞は固いが、猫の糞は柔らかく、おしっこも、とても臭い。
この詩のような猫用に「砂場」で用を足してくれる「躾けられた」猫なら何も言わないが、世の中の多くの人が、外で猫が生理現象を「足す」ように仕向けているのである。
「犬は散歩に連れていかなけれはならないが、猫は自分でやってきてくれるから楽だ」と高言する輩まで居るのだ。
また年に二回ある「さかり」の時期も困る。群れをなして、夜な夜な相手を求めてうろつき鳴きわめいて始末が悪い。
私は、そんなときバケツに水を用意しておき、窓下でわめく猫どもめがけて水をぶちかけるのである。(閑話休題)

松村氏は実業の世界では、いろいろ苦労されたらしい。
それらの実際にあったことをプロットとして、これらの詩の「虚構」が成立したのだろう。
「栞」で倉橋氏が書いているが、虚構のプロットの中にあって、不敵な行路死者たちが皆、京福電鉄嵐山本線車折神社・鹿王院間、葛飾区新小岩、市川市原木、吉祥寺のアパートとか、ちゃんとした「地名」の場所で死んでいる。
それが、プロットをリアル化する作者の「腕」なのであろう。

この本の一番最後の詩は、次のようなものである。

        彷徨

   <      ・・・・・・・
    コンビニのレジで週刊誌をさしだして待っていたが
    店員の対応があまりに遅いので
    釣りはまだか、と声を荒げたら
    まだお金をもらっていません
    このボケ老人がと言いたげ顔を尻目に
    傘立てから少しましなビニール傘と取り換えて帰る
    赤信号の横断歩道を渡り切ったら
    婦人警官が慌てて飛んできた
    思わず笑顔で手を振り
    ボケ老人のふりをしてやりすごす
    ボケていないぞ私は
    それでも思い出せない
    思い出そうとしたことが思い出せない
      ・・・・・・・        >

このことの虚実は問うまい。私の身にも、同様なことが、日常茶飯に起こっているからである。
私は、彼とは二回り近くも老いているからである。
以上、鑑賞ともつかない雑言を連ねて拙文を終わりたい。
有難うございました。        (完)




ながむれば心もつきて星あひの空にみちぬる我おもひかな・・・右京大夫
E5AF82E58589E999A201寂光院

   ながむれば心もつきて星あひの
     空にみちぬる我おもひかな・・・・・・・・・・・・・・・・右京大夫


京都市左京区大原草生町(市バス大原下車)の寂光院の境内の裏に、この歌の作者である建礼門院右京大夫の墓と伝えられる五輪の塔がある。
寂光院は、第80代高倉天皇の中宮・建礼門院徳子(平清盛の娘、安徳天皇生母)が、平家滅亡後、晩年に隠棲した寺であり、終焉の地でもある。
『新版・都名所図会』の巻の三に「寂光院は草生村にあり。もと弘法大師の開基にして、文治の頃、建礼門院閑居し給ひしより、今に至り尼寺となる。本尊地蔵菩薩は聖徳太子の御作なり。即ち門院の御影(みえい)、阿波内侍の像あり。庭にはみぎはの池、みぎはの桜あり。」として、後白河法皇が大原御幸のとき詠まれた

    池水に水際(みぎは)の桜ちりしきて浪の花こそさかりなりけれ

その返し歌に女院(建礼門院)が詠まれた

    思ひきや深山の奥にすまひして雲井の月をよそに見んとは

という、共に『平家物語』の歌を紹介している。

51ef6Gw9PwL__SS500_.jpg

それは文治2年(1186年)加茂の祭の終わった初夏のある日であった。
法皇を迎えた建礼門院は、仏前で、ここ数年の間に自らが体験した六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上)の有様、先帝の最期などを語り、共に涙で袖を絞られるのであった。
『平家物語』に名高い「大原御幸」のくだりである。
現在は寺は天台宗で、本堂は淀君の寄進と伝えられている。
写真③が長楽寺に安置される建礼門院の坐像である。
Cus10022建礼門院坐像

右京大夫が女院に仕えたのは承安3年(1173年=17歳)から治承2年(1178年=22歳)までの五年間ほどで、女院のもとを辞したのは母・夕霧の病気看護のためである。
晩年、平家滅亡の後、逆境にある女院のために再びお側に仕えたいという意思はあったようだ。

     今や夢昔や夢とまよはれていかに思へどうつつとぞなき

という『右京大夫集』に載る歌の詞書で、大原の里を訪ねたことは知られているが、その後お仕えしたかどうかははっきりしていない。
もし寂光院の裏庭にある五輪の塔の中に右京大夫の墓があるとすれば、死してもなお女院にお仕えしたい彼女のたってもの願いによるものかも知れない。

大原が京都市に編入されたのは昭和24年であるから、女院の歌のように当時は都から隔てられた地、という意識が強かったであろう。
はじめに書いたように建礼門院右京大夫と書かれることが多いが、これは右京大夫が建礼門院にお仕えしていた職務上の身分を付け加えて表記してあるに過ぎず、建礼門院・徳子尼と同じ人物ではないことを留意いただきたい。
写真②の図版(岩波文庫)のように右京大夫は歌人として著名な人ある。
右京大夫の恋の相手としては平重盛の子・資盛、源頼朝の肖像画を描いた藤原隆信などが知られるが、資盛は壇ノ浦の合戦で源氏に敗れ入水して果て、隆信は彼女が49歳のときに亡くなっている。
彼女の中では、若くして死んだ資盛にかけた思いは強く、ただ一人で一周忌法要を営んだことが

     いかにせん我がのちの世はさてもなほ昔のけふをとふ人もがな

という歌と、その前書き(右京大夫集)から知ることが出来る。
恋人を失った彼女にとって、旧主・建礼門院が救出され、都へ戻ってきたことが唯一の慰めだったろうと思われる。たとえ伝説であるとしても、右京大夫の墓が旧主・建礼門院の御陵墓(大原西陵)に近く、寂光院山中にあるというのは、そこを訪れる私たちの心の慰めでもあろうか。
-----------------------------------------------------------------------
寂光院は先年、心ない人によって放火され、ご本尊の地蔵菩薩像などが焼けたが、ようやく建物も修復され、ご本尊の像も専門のところで修復されて戻ってきた、と報道されている。
私は、まだ、それを拝観していないが、ご本尊は恐らく、本体はそのまま仏像の体内に残して、表面を新しい部材で修復したのではないか。
報道でも、そういう肝心のことは何も伝えられないので、よく判らない。
-----------------------------------------------------------------------
先年放映のNHKの連続ドラマ「義経」では、幼い安徳天皇は、?親王と入れ替わって建礼門院の手元で生きている(すぐ出家されるが)という筋書きになっているが、これは原作者の宮尾登美子の「宮尾本平家物語」が、そういう設定になっているものに基づくもので、あくまでも架空の話で、事実はどうだったのかは判らない。


才媛になぞらへし木の実ぞ雨ふればむらさきしきぶの紫みだら・・・木村草弥
FI2618502_1E.jpg
 
    才媛(さいゑん)になぞらへし木の実ぞ雨ふれば
         むらさきしきぶの紫みだら・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せたもので秋の花のところにまとめてある。自選50首にも入れてあるので、Web上でもご覧いただける。

この木はクマツヅラ科の落葉低木で、高さは2~3メートル。同類にコムラサキなどの低くて、実も小粒のものがある。
園芸種には、この手のものが多い。
FI2618502_2E.jpg

俳句にも、よく詠まれているので引いて終る。

 冷たしや式部の名持つ実のむらさき・・・・・・・・・・・・長谷川かな女

 うち綴り紫式部こぼれける・・・・・・・・・・・・後藤夜半

 倖あれと友が掌に置く実むらさき・・・・・・・・・・・・石田あき子

 胸焦がすほどの詩欲し実むらさき・・・・・・・・・・・・小沢克己

 室の津の歌ひ女の哀実むらさき・・・・・・・・・・・・志摩知子

 むらさきしきぶかざせば空とまぎれけり・・・・・・・・・・・・草間時彦

 鑑真の寺の紫式部かな・・・・・・・・・・・・角川春樹

 地の冷えの色に出でてや実紫・・・・・・・・・・・・林 翔

 その奥に一系の墓所実むらさき・・・・・・・・・・・・北さとり

 実むらさきいよいよものをいはず暮れ・・・・・・・・・・・・菊池一雄

 眼(まなこ)よりこぼれて紫式部かな・・・・・・・・・・・・鈴木鷹夫

 式部の実いくさは人を隔てたり・・・・・・・・・・・・東海すず

 式部の実日あたれる珠あたらぬ珠・・・・・・・・・・・・田中千里




死とはただ居なくなること秋ざくら・・・不破博
FI2618470_5E.jpg

    死とはただ居なくなること秋ざくら・・・・・・・・・・・・・・・・不破博 

コスモスの咲き誇る季節になった。コスモスは「秋桜」ともいう。この句は、それを採っている。
一見くらい感じの句で申し訳ないが、私くらいの齢になると「死」は、いつも意識の中にあるからである。

私の歌に、こんなものがある。

  をとめごの純潔は死語コスモスを風はなかなか抜け出せずゐる・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せたもので「牧神の午後」という項目に入っている。ここには採りたい歌が多く、すでにいくつか紹介した。

コスモスの「花言葉」は、おとめの純潔、おとめの心情、真心、調和、愛情などがあるが、この歌は、それを踏まえて作ってある。
フリー・セックスの風潮盛んなこんにち「おとめの純潔」などということは、文字通り「死語」である。
そういう風潮を踏まえて、ある種の皮肉をこめて歌にしてある。
「風はなかなか抜け出せず」というのは、コスモスというのは、なよなよした草で、風が吹いても、もたもたしているようで、それを、こういう表現にしてみた。
この頃ではコスモスも品種改良が進み6月頃から咲くものもあるらしい。
コスモスCOSMOSというと「宇宙」のことである。ギリシア語KOSMOSでは、秩序、調和、宇宙を意味するが、その後に「美しさ」という意味が付加したという。
コスモスはキク科コスモス属だが、メキシコ原産で中米から南米にかけて分布するが、メキシコには30種くらいの原種があるという。
今では品種改良され、開花時期も早くなり、草丈も半分くらいのものがある。写真には、それらの中からいくつか載せてみた。

FI2618470_2E.jpg

コスモスのことを「秋桜」とも呼ぶが、秋桜というと、山口百恵のヒット曲を思い出す。
これも漢字で表記されているが、ふりがなは「コスモス」となっている。

 淡紅の秋桜が秋の日の
 何気ない陽溜りに揺れている
 
 縁側でアルバムを開いては
 私の幼い日の思い出を
ありがとうの言葉をかみしめながら
 生きてみます私なりに
 こんな小春日和の穏やかな日には
 もう少しあなたの子供でいさせて下さい・・・・・・・・・・・・(作詞・作曲 さだまさし)

歌詞も詩的である。今でも山口百恵のアルバムは、コンスタントに売れているという。国鉄がコマーシャル・ソングに採用した「旅立ち」という歌も佳い歌だった。

FI2618470_4E.jpg

私の第一歌集『茶の四季』にも、次のような歌がある。

   コスモスの花のさやぎを見てあれば心騒がすもの欲しきなり

   コスモスの咲きたる駅に大鴉するどき爪に蛙を食めり

-----------------------------------------------------------------------
コスモスを詠んだ句にもいいものが多い。以下、それを引いて終る。

 馬の来て尾の遊び居る秋桜・・・・・・・・田村木国

 コスモスに雨ありけらし朝日影・・・・・・・・水原秋桜子

 コスモスの向ふむきよりしぐれきぬ・・・・・・・・加藤楸邨

 コスモスや遠嶺は暮るるむらさきに・・・・・・・・五十崎古郷

 月光に風のひらめく秋ざくら・・・・・・・・西島麦南

 紅白もさみしきものよ秋桜・・・・・・・・上野泰

 風船をつれコスモスの中帰る・・・・・・・・石原八束

 コスモスの揺れやむひまもなかりけり・・・・・・・・久永雁水荘

 コスモスのむこう向けるは泣けるなり・・・・・・・・秋沢猛

 秋ざくらもの思ふとき眼閉づ・・・・・・・・北浦ばら女

 コスモスに寿貞の声のきこえけり・・・・・・・・平井照敏


あらざらむこの世のほかの思ひ出にいまひとたびのあふこともがな・・・・和泉式部
51UVvCNDO9L__SS500_.jpg

──<恋>の歌鑑賞──

   あらざらむこの世のほかの思ひ出に
        いまひとたびのあふこともがな・・・・・・・・・・・・・・・和泉式部


『後拾遺集』巻13・恋に「心地例ならず侍りけるころ、人のもとにつかはしける 和泉式部」として見える歌で、病のため不安を感じ、ある男性に送った歌なのだが、
何よりも『百人一首』中の名歌として、あまねく知られている。

歌の意味は「自分は病気が重くなって、命は長くないかも知れない。「この世のほか」である「あの世」に移ってからの思い出のために、せめてもう一度あなたにお会いしたい、会ってください、ぜひとも」との思いをこめて男に贈った歌である。贈られた相手が誰であるかは判らない。
図版は狩野探幽が描いた百人一首のための和泉式部像である。
izumi和泉式部画探幽

和泉式部は23歳で和泉守(いずみのかみ)橘道貞と結婚し、翌年には娘・小式部をもうけたが、道貞が仕える太皇太后宮(冷泉帝皇后)が病気療養の「方たがえ」のため、太皇太后宮の権大進でもあった道貞の家に移り、そのままそこで崩御されたことから式部の運命は狂った。太皇太后宮のもとへ、異母子の為尊親王(冷泉帝第三皇子)が見舞いに訪れるうち道貞の妻・式部と知るところとなったためだ。親王22歳、式部は27歳くらいだったらしい。この情事はたちまち評判になった。道貞は妻を離別し、式部の父も怒り悲しんで娘を勘当する。ところが、為尊親王は24歳で夭折される。式部は悲嘆にくれるが、運命は彼女のために更に数奇な筋書きを用意していた。亡き親王の弟・帥宮敦道(そちのみやあつみち)親王が新たに式部に言い寄り、彼女もまもなくその恋を受け入れたからである。当時、敦道親王は23歳、式部は30歳くらいだったらしい。親王はすでに結婚していたが、年上の恋多き女・和泉式部にうつつをぬかし、彼女を自邸の一角に移り住まわせる。親王の妃は屈辱に耐えず邸を去った。年若い男の恋の激しさは異常なもので、式部の方も、この眉目秀麗な皇子を深く愛した。
しかし式部はこれほどの仲だった敦道親王にも、4年あまり後に先立たれる。式部は悲しみの底から恋の尽きせぬ思い出によって染めあげられた悲歌を124首にものぼる多くの歌を詠んだ。

     捨て果てむと思ふさへこそ悲しけれ君に馴れにしわが身と思へば

     鳴けや鳴けわが諸(もろ)声に呼子鳥呼ばば答へて帰り来(く)ばかり

     たぐひなく悲しきものは今はとて待たぬ夕のながめなりけり

だが、このような深い嘆きを詠いながらも、彼女は男に寄り添わねば居られなかったし、男たちもまた言い寄ったらしい。女として、よほど魅力があったのだろう。
一条天皇の中宮・彰子に仕えたのはその後のことだった。紫式部、赤染衛門らも同僚であった。
ある日、中宮の父・藤原道長が、彼女の扇に戯れに「うかれ女(め)の扇」と書いたことがあった。
平安朝の、一種、自由恋愛過剰とも言うべき時代ではあっても、時めく権力者から「うかれ女」の異名を奉られるのはよほどのことで、彼女の生き方が周囲からどれほどかけ離れていたかを鮮明に示すエピソードだろう。

     枕だに知らねばいはじ見しままに君語るなよ春の夜の夢

この歌は、彼女が予想もしない時に言い寄られ、枕さえない場所で「春の夜の夢」のように短い、しかし激しい逢引をした後、男に贈った歌だ、と窪田空穂は解釈している。
醜聞を嫌って「君語るなよ」と言わずにおられなかったほどの情事であり、また思いがけない相手であったと思われる。
しかし、そのように男から男へ遍歴を重ねても、彼女の生の渇きそのものだったと言えるほどの十全な恋への夢は、満たされることがなかったようだ。
恋によって傷つき、その傷を癒そうとして新たな恋に走る。得体の知れない苛立ちのような不安が、和泉式部の歌の中で、暗い命のほむらとなって燃えているように見える。
そういう意味で、次の有名な歌は和泉式部の心の本質的な暗さを象徴しているような歌である。男に忘れられて、鞍馬の貴船神社に詣でたときに作ったものという。

     もの思へば沢の蛍もわが身よりあくがれ出づる魂(たま)かとぞ見る

古代以来のものの考え方からすると、魂が肉体を遊離することは「死」を意味する。
和泉式部は恋を失うことが、そのまま自らの死を意味するほどの激しさで、恋に生の完全な充足を求めた女性だったらしい。しかし、現実には、そのような要求に応え得る男は居なかった。
恋に身を焼かれながら、ついに魂の満たされることのなかった彼女の叫び──それが彼女の歌である。

     如何にせむ如何にかすべき世の中を背けば悲し住めば住み憂し

     とことはにあはれあはれは尽すとも心にかなふものか命は

この引き裂かれた心の嘆きは、遠い平安朝の女の歌とは思えない現実感をもって私たちに迫ってくるものがある。


POSTE aux MEMORANDUM(9月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災から七年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
aaoohiganb3ヒガンバナ大判

九月になりました。
空には鰯雲、赤トンボが飛びます。

 岬遠く風吹く海に浜木綿は白き炎立つ夏の終りに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松本みよ
 われもまたおちてゆくもの透明ならせんをかすかにためらいながら・・・・・・・・・・・沙羅みなみ
 橋脚ははかなき寄る辺ひたひたと河口をのぼるゆふべの水の・・・・・・・・・・・・・・・・大辻隆弘
 安倍晋三と金正恩の会談を思ひみるなり孫と孫との・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・花山多佳子
 みずうみの舟とその影ひらかれた莢のかたちに晩夏をはこぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤弓生
 濡れやすき花と思へり秋海棠のこされて見しかの日よりずつと・・・・・・・・・・・・・・・・福井和子
 半身は秋涛深く裁ちてゆく吃水のごと薄野を行く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 三宅勇介
 ポテトチップのコンソメ味がぽっかりと頭に浮かんでいる夜歩き・・・・・・・・・・・・・・・・・・永井祐
 秋がくれば 秋のネクタイをさがすなり 朽葉のいろの胸にしたしく・・・・・・・・・・・・・ 土岐善麿
 九月一日すなはち九朔、哲久の生日にして第一歌集の名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沢口芙美
 なだれ咲く秋桜の野にふたり来つ、過去と未来の接ぎ目なす野に・・・・・・・・・・・・・・・ 高島裕
 既視感(デジャビュ)は夢にもありて前にみし夢と知りつつ夢を見てゐる・・・・・・・・・・小野雅子
 ゆつくりと夕暮の来る気配して影をうしなふ舗道(いしみち)のうへ・・・・・・・・・・・・ 照屋眞理子
 老いたりといえど凶暴なおんどりが犬に挑んで小屋を占拠す・・・・・・・・・・・・・・・・・武藤ゆかり
 口開くとけぽつと魚を吐き出せり宇治平等院屋根にかはせみ・・・・・・・・・・・・・・・・ 久我田鶴子
 文学の果実刹那のあまやかさナタリー・バーネイといふは源氏名・・・・・・・・・・・・・・ 阪森郁代
 新しいあなたと出会ふ朝のため床に広げてある鯨瞰図・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川美南
 瓦斯燈を流沙のほとりに植えていき、そうだね、そこを街と呼ぼうか・・・・・・・・・・・・・千種創一
 ひと鳴きに序章終章法師蝉・・・・・・・・・・・・・・・桑田佳穂
 切れ切れの眠りつないで明易し・・・・・・・・・・・・・・山浦純
 蟻一匹影より大き蝶担ぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・・水上啓治
 名月を戴きこの家肉食す・・・・・・・・・・・・・・・・・・榎本祐子
 昭和史の影の張りつく八月よ・・・・・・・・・・・・・・ 中島伊都
 蒼ぎんなん枝にびっしりお母さん・・・・・・・・・・・・高木一恵
 青春の「十五年戦争」釣瓶落し・・・・・・・・・・・・・・金子兜太
 秋曇りうつぶせで書くものがたり・・・・・・・・・・・・・河西志帆
 雑木林もう足音になった秋・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小池弘子
 頬杖ながき無為の怖さの晩夏かな・・・・・・・・・・・伊東友子
 鬼百合やひとり欠伸は手を添えず・・・・・・・・・ 川崎千鶴子
 三人四人五人六人風邪心地・・・・・・・・・・・・・・・・華呼々女
 烏瓜の花さみしさは少し塩っぽい・・・・・・・・・・・・ 伊藤淳子
 散らかしたままの女よ百日紅・・・・・・・・・・・・・・・・菊川貞夫
 新涼の道はローマへ晩節へ・・・・・・・・・・・・・・・北村美都子
 秋の蝉和む暗さの茶会かな・・・・・・・・・・・・・・・・ わだようこ
 トウキビの熟毛ほどよき男髭・・・・・・・・・・・・・ 鈴木八駛郎
 野の水に映りて毛虫焼く父よ・・・・・・・・・・・・・・・・関田誓炎
 志功天女乳房奏でる良夜かな・・・・・・・・・・・・・・・武藤鉦二
 覇気のないバーゲン中の扇風機・・・・・・・・・・・・・石川青狼
 隊員募集そんな貼り紙毛虫這う・・・・・・・・・・・・・ 大西健司
 独り赴任無人駅出て会ふとかげ・・・・・・・・・・・・・ 川口裕敏
 遠帆よ吾に東シナ海漂流記・・・・・・・・・・・・・・・・・草野明子
 禁猟区人は眉書き爪を染め・・・・・・・・・・・・・・・・・児玉悦子
 田の神にまず一礼し稲咲かせ・・・・・・・・・・・・・・・ 後藤岑生
 言の葉の戦ぎに任す晩夏かな・・・・・・・・・・・・・ 近藤亜沙美
 生きていることをおどけて法師蝉・・・・・・・・・・・・・ 大池美木
 活断層割りそこねたる大南瓜・・・・・・・・・・・・・・・・ 武藤暁美
 夕焼けに一歩近づく別れかな・・・・・・・・・・・・・・・・斎藤一湖
 銀やんま飛ぶ寸前の発電所・・・・・・・・・・・・・・・・・山中葛子
 屈託の元はくねくね夏の果て・・・・・・・・・・・・・・・下山田禮子
 白雲の駄々と過ぎゆく晩夏かな・・・・・・・・・・・・・田口満代子
 自転車に秋刀魚と空を振り分けて・・・・・・・・・・・・・岩根彰子
 影少し背中を離れ今朝の秋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 歌集 『無冠の馬』(KADOKAWA刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第六歌集『無冠の馬』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

Wikipedia─木村草弥

Facebook─木村草弥

Twitter─木村草弥

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム





書評「自己存在の起源を求めて」・・・・春日真木子
嘉木0002

──書評・評論──再掲載・初出(角川書店「短歌」平成11年9月号所載)

        「自己存在の起源を求めて」・・・・・・・・・・・・・・春日真木子
              ・・・・・・木村草弥歌集『嘉木』書評・・・・・・・・・・

『嘉木』は、木村草弥氏の第二歌集。
集名は、陸羽の『茶経』の「茶は南方の嘉木なり」によるもの。
表紙の「製茶の図」が格調を示すのも「生業である<茶>に対するこだわり」のあらわれであろう。

    ・汗あえて茶を刈る時にそぼつ身を女神のごとき風通るなり
    ・<汗匂ふゆゑにわれ在り>夏草を刈りゐたるとき不意に想ひぬ
    ・立春の茶畑の土にくつきりと生命線のごと日脚のびたり
宇治茶問屋の経営主の木村氏が、自ら茶摘みに励まれる歌。
一、二首目のヨーロッパ的教養が、茶摘みにあらたな匂いを添え、
三首目、立春の日脚の伸びる茶畑は、次の芽生えを育む光を浴び明るく健やかである。

    ・山城の荘園領主に楯つけば「東大寺文書」に悪党と呼ぶ
    ・年貢帳にいみじくも記す八十六人、三石以下にて貧しさにじむ
    ・女の名は書かず女房、母とのみ宗旨人別帳は嘉永四年
氏の住む周辺は、玉つ岡、青谷の里、つぎねふ山城、と地名うつくしく、また豊かな歴史がある。
古典、古文書を身近に引き寄せ、その上に数十首の歴史詠があるが、
抄出のように弱い立場の階級に視点をとどめる歌に注目した。
古文書の謎めいた一行が明快に甦るのも韻律の働きであろうか。
実証的な内容に雰囲気が加わり、つぎねふ山城は生命ゆたかに、木村氏の精神風土となっている。
「自らのアイデンティティを求めたのか」と川口美根子氏の帯文にある。
まことに自己存在の源を求めて郷土への執着が窺われ、この上に茶園があり、氏の四季詠がしずかに光を放っている。

<ともしびが音もなく凍る冬の夜は書架こそわれの黄金郷(エルドラド)たれ>の一首もあるが、
旺盛な知識欲と博識は、自から一集に滲む。

    ・葡萄摘むアダムの裔(すゑ)の青くさき腋窩あらはに濃むらさきなす
    ・押し合ひて群集はときに暗愚なり群を離れて「岩うつモーゼ」
    ・ヘブライの筆記のごとく右から左へ「創造」の絵はブルーに染まる
海外詠も、キリスト教的起源に触れ、英知を求めての旅であったろうか。
旧約を力づよい詩魂で描いたシャガールの図像に、知識人らしい見方がもりこまれている。

    ・黒猫が狭庭をよぎる夕べにてチベットの「死の書」を読み始む
    ・サドを隠れ読みし罌粟畑均されて秋陽かがやく墓地となりたり
「死の書」もサドも、日常現実のなかでうまく溶けあい、言葉の繋りにより気配が生れ、雰囲気のひろがる歌。
「詩はダンスである」、氏の心得とされるヴァレリーの言葉を重ねて味わっている。





犬蓼にある明るさよ野草園・・・・青柳志解樹
img548赤まんま本命

  犬蓼にある明るさよ野草園・・・・・・・・・・・・・・・青柳志解樹

私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せたものに、こんなのがある。

   赤まんま幼のあそぶままごとの赤飯なれどだあれも来ない

   老いぬれば無性に親しき赤まんま路傍にひそと咲いてゐるゆゑ
・・・・・・・・・・・・・木村草弥

という歌が載っている。この歌も愛着のある歌で、放しがたい。

「赤まんま」または「赤のまま」などと呼ばれるが、それは赤い実の形からきている。
植物名としては「イヌタデ」という蓼の仲間である。タデ科の一年草。いたるところに自生する。
花は夏から秋にかけて咲くが、どちらかというと秋の花と言った方がよい。紅紫色の穂になって咲くが、花びらが無く、萼だけである。
役にたたない蓼ということでイヌタデと名づけられたというが、赤飯のような花なので赤まんまという。
子供のままごとに使われるというので、それが俗称の名前になった。ややメルヘンチックな印象の花である。
子供のままごとと言っても、おおよそは女の子のすることで、お招待でままごとに呼ばれることはあっても、
お義理であって男の子は、もっと乱暴な、活発な遊びがあった。しかし、赤まんまが赤飯の代りであることは知っていた。
先に書いたように、この草は、どこにでもある、ありふれた草だった。

『万葉集』に

  我が宿の穂蓼古韓(ふるから)摘みはやし実になるまでに君をし待たむ

という歌があるが、実になるまで待つと言って少女への恋の実りを待つに重ねて詠っている。
以下、赤まんまを詠んだ句を引いておく。

 日ねもすの埃のままの赤のまま・・・・・・・・高浜虚子

 手にしたる赤のまんまを手向草・・・・・・・・富安風生

 勝ち誇る子をみな逃げぬ赤のまま・・・・・・・・中村草田男

 赤のまま妻逝きて今日は何日目・・・・・・・・小川千賀

 山羊の貌朝日うけをり赤のまま・・・・・・・・坪野文子

 赤のまま此処を墳墓の地とせむか・・・・・・・・吉田週歩

 ここになほ昔のこれり赤のまま・・・・・・・・桜木俊晃

 出土土器散らばり乾き赤のまま・・・・・・・・水田三嬢

 縄汽車のぶつかり歩く赤のまま・・・・・・・・奥田可児

 


春日真木子歌集『何の扉か』・・・木村草弥
春日_NEW

──新・読書ノート──

      春日真木子歌集『何の扉か』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                ・・・・・角川書店2018/09/10刊・・・・・・

春日真木子氏は、私の第二歌集『嘉木』の批評を角川書店「短歌」誌上に書いて下さった恩のある人である。
その書評「自己存在の起源を求めて」 ← をリンクにしてあるのでアクセスして読んでみてください。

今回の歌集は、春日氏の第十三番目の本になる。
短歌結社「水甕」代表として、かつ歌壇の重鎮として確固たる地位を占めておられる。
先生の御父上・松田常憲氏は「水甕」の主宰者として率いて来られた人で、この本にも、その思い出として巻末に「鰻─長歌と反歌」の一連が載せられている。
日本が戦争に負けた後は、占領軍の「検閲」が結社誌にもなされた。それら因む歌を引いておく。

  *孔版の黄ばみし文書はGHQ校正検閲の通達なりき
  *検閲を下怒りつつ畏れゐし父の身回り闇ただよへり
  *校正をGHQへ搬びしよわれは下げ髪肩に揺らして
  *文語脈の短歌をいかに解せしか進駐軍のきびしい検閲
  *削られし歌の行方に鬱然と空見上げゐし父は黒幹

これらの歌は巻頭の平成二十六年の歌のところに出ている。
今どきの若い人たちには想像もつかない時代だったのである。
私は敗戦時に旧制中学三年生だったので、学校に地方のGHQの出先の担当者が出向いてきているのを目撃している。
この本には父を詠った歌が、たくさん見られる。

  *新仮名は敗戦仮名と肯はずほとほと一生貫きたりし
  *岩波の万葉集は持ちゆけと父は言ひゐき出で征く君に
  *空爆下印刷所みな消失す歌誌継続のせんすべもなし
  *潔く辞めむと言ふ父潔わるく続けよと宣らす尾上柴舟
  *日本語がローマ字化さる戦きを語るわれらにながし戦後は

いまアトランダムに引いてみた。さまざまの事を考えさせる歌群である。
こういう営為があったからこそ、今の歌壇の安寧があることを知るべきであろう。

春日氏は1926年(昭和元年)のお生れであるから、お若くはないので、こういう歌がある。

  *いたはられ坐るほかなししほしほと炎昼こもるわれは「ゑ」の字に

この歌も巻頭の平成二十六年の項にある。
今年の暑さには閉口したが、平成二十六年も暑かったのである。
暑さに耐える身を「ゑ」の字、と表現したところに非凡な、表現の才(ざえ)を私は感得する。
「帯」文の裏面に五首書き抜かれているが、その中の一つに、この歌がある。
作者にとっても愛着のある歌なのだろう。佳い歌である。
この歌集一巻は、このようにして、淡々と編まれて行く。

  *さくら散る時間の光を曳きて散る 何の扉か開くやうなる

この歌は平成二十七年のところに出ている。
この歌から、この本の題名が採られている。
図版で読み取れると思うが「帯」文には、こう書かれている。

   <作歌への炎を得たいと求め、
     韻律の思惟者であり続ける日々。
     九〇歳を超えて今、開く扉とは。>

これは角川書店の編集者が書いたものだろうが、この本が編まれた意図を、的確に表しているだろう、と私は思う。
古来、日本では「花」と言えば「さくら」を指す決まりになっている。
「さくら散る光」から、さまざまな想念が去来する。それらを端的に表現したのが、この歌である。まさに「何の扉か」である。

  *法案の強行採決戦きて坐る丸椅子 あ、背凭れがない

作者は若くはないが、現下おきている事象にも敏感で、この歌は鋭い。
結句の「あ、背凭れがない」が、何とも絶妙な表現で、心うたれる。

いよいよ鑑賞を終わりたい。
  *仮睡せるわが胸覆ふは読みさしの本半開き屋根のかたちに
  *「山気 日夕に佳し」とぞ陶淵明 されば浅間の山の麓へ
  *いら草の混じる夏草踏みふみて車輪は止まる山荘の前

奇しくも、届いたばかりの角川書店「短歌」誌10月号巻頭に、春日氏の作品「ようこそ明日」28首の一連が載っている。
歌を引くことはしないが、<酷熱を逃れてゆかな山麓に>と詠われるのは、浅間の山荘である。
酷暑を逃れて、山荘での一人居に心を放っていただきたい。

巻末には先にも書いた「鰻─長歌、反歌」が載っている。
それは鰻好きであった斎藤茂吉への想いに繋がってゆくのである。

  *ひと夏を父の食みにし鰻らよ長歌百首に光添へませ  (反歌)

と詠われる。父・松田常憲の思い出へと、この一巻は連なるのである。
鑑賞を終わるにあたり、この一首を挙げておく。

  *ひつそりと垂るる朱実の烏瓜 九十路われの眼を初心にせり  

ご恵贈有難うございました。
快い読後感の「昂り」の中に沈潜していることをお伝えして拙い鑑賞を終わる。       (完)




  
  

葡萄食ふ一語一語の如くにて・・・・中村草田男
FI2618495_1E.jpg
 
      葡萄食ふ一語一語の如くにて・・・・・・・・・・・・中村草田男

秋は果物のおいしい季節である。ブドウもそのうちに数えられる。
品種改良されて、さまざまの種類がある。梅雨の終る頃には、もう早生種のデラウエアが出回ってくる。
岡山のマスカットのように芸術作品のような高級品ではなく、気軽に食べられるものがよい。
掲出の草田男の句は葡萄のひと粒ひと粒を口に入れながら、それを文士らしく「一語一語」と表現したのが面白い。

   葡萄一粒一粒の 弾力と雲・・・・・・・・・・・・・・富沢赤黄男

という、いかにも前衛俳句らしい──短詩のような句も面白いと思ったが、無難な草田男の句にした。

写真②は、ブドウの若い実である。
FI2618495_2E.jpg

種無しブドウは、一種のホルモン剤のジベレリンという液にひと房づつ浸してゆく処理をするのである。
噴霧器で撒布してもよいが大半の液が無駄になるので高くつき過ぎるのでやらない。
とにかく日本の農作業は労働集約的な手間をかけるもので、世界一高い労賃が、さらにコストを押し上げて果物も一個一個が高くつく。
この段階を過ぎて実がある程度に大きくなると「摘果」といって、そのまま放置すると粒が多いままだと粒が大きくならないので、鋏で実を間引く。
これも根気の要る作業だ。さらにひと房づつ紙袋をかぶせる作業をする。もちろん殺虫剤の撒布も必要である。
商品として店頭に並ぶブドウには、こんなにもさまざまな手間がかかっている。

9.19koushuuhatake葡萄畑

写真③はブドウ畑である。レクリエーションでブドウ狩に行ったことのある人もあるだろう。
白い紙袋がかかっているのが見える。最初は完全に隠れるように袋に入っているが、完熟するにつれて紙袋の底をあけてゆく。
もちろん最初から「無袋」(むたい)といって袋かけしないものもある。
岡山のマスカットなどは「温室」栽培のもので、ものすごくコストがかかっているから、とびきり高価である。
このマスカット系の品種は皮と実が剥しにくく食べ難いので私は好みではない。

ここらで本題の文学作品の中の葡萄のことに戻る。

 のちの月葡萄に核(さね)のくもりかな・・・・・・・・夏目成美

 食むべかる葡萄を前にたまゆらのいのち惜しみて長し戦後は・・・・・島田修二

ここに引いた島田修二は、2004年9月半ばに睡眠中に死去された。もと読売新聞記者で「コスモス」の宮柊二の高弟で朝日新聞歌壇の選者だった。
島田は海軍兵学校在学中に敗戦を迎えたあと東京大学を出た。そういう人だから、「たまゆらのいのち惜しみて長し戦後は」という述志の歌になるわけである。

歳時記にも葡萄の秀句も多いが、少し引いて終る。

 天辺や腋毛ゆたかの葡萄摘み・・・・・・・・・・・・平畑静塔

 原爆も種無し葡萄も人の智慧・・・・・・・・・・・・石塚友二

 黒葡萄ささげて骨のふんわりと・・・・・・・・・・・・飯田龍太

 色惜しみつつ夜明けつつ黒葡萄・・・・・・・・・・・・広瀬直人

 レマン湖のひかりに熟れて葡萄畑・・・・・・・・・・・・鷹羽狩行

 老いてゆく恋人よ葡萄棚の下・・・・・・・・・・・・今井杏太郎

 少年がつまむ少女の掌の葡萄・・・・・・・・・・・・藤岡筑邨

 葡萄垂れ献身といふ言葉かな・・・・・・・・・・・・永島靖子

 黒葡萄聖書いつよりなほざりに・・・・・・・・・・・・山岸治子

 葡萄ひと粒を余して本題に・・・・・・・・・・・・松下美奈子

 青葡萄ひとつぶごとの反抗期・・・・・・・・・・・・宮里晄

 手秤の葡萄ひと房聖書ほど・・・・・・・・・・・・小倉通子


玉井洋子詩集『霾る』・・・木村草弥
玉井_NEW

──新・読書ノート──

     玉井洋子詩集『霾る』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
             ・・・・・澪標2017/08/22刊・・・・・・

難しい漢字である。「霾」とは、れっきとした中国伝来の古い字である。
図版でも読み取れるように日本語の「訓」では「つちふる」と訓むが、いまどきの言葉で言えば「黄砂」のことである。
昔の中国人は、黄砂のように砂が巻き上げられ、空が暗くなるのは「タヌキ」が悪さをしているから、と理解したのだろう。
だから「雨かんむり」に「狸」という旁の漢字になっている。こういう「会字文字」は、一見して意味が分かりやすくて佳い。(閑話休題)
玉井さんは神戸の人で君本昌久校長の「市民の学校」の事務局を長く勤められたという。
前詩集に阪神大震災を詠んだ『震える』があるという。
この本には40篇の詩が収録されている。「たかとう匡子」さんと「倉橋健一」氏の「栞」文が挟んである。
先ず、題名になった詩を引く。

       霾る         玉井洋子

   食べてよというので
   茹でて
   おかあげにしておいた
   舞茸が
   花椒(フォアジャオ)をかけてねという
   使ったことがないので渋っていると
   いいからとせっつく
   食は広州にありというから
   ひとっ走り行ってこようかなと思ったけれど
   空も海も
   閉ざされていて
   渡れない

   オアシスに行ってみると
   棚で待っていてくれた
   花椒花椒花椒
   
   これでどうだ
   たっぷりふりかけ
   バターでいためて
   食べてやった

   おともなく
   霾る
------------------------------------------------------------------------------
<おともなく/霾る>の結句が、起承転結の「転」のようで、快く、的確である。

Ⅲ章の題名になっている詩を引いておく。

       六月どこでなにしてた     玉井洋子

   木洩れ日が文字をゆらした

   一人
   二人
   きて
   三人去った

   長い葉柄くるくる
   どこよりも早く
   風があつまる
   ポプラに
   巣
   と
   カラスが
   後になり先になり
   蠱惑的なダンスなんかしてみせて
   囮る

   二人連れが横切りました
   黒髪をシュシュで束ね
   トイレットペーパー抱えたお嬢さん
   一ロール60メーターとして
   総延長720
   小公園がぐるっと囲い込める距離
   快 快 快 食う 眠る 便々
   平和な日本
  
   六月どこでなにしてた

   高いポプラの木の上で卵呑んでた
   羽毛のようなものが喉に残った
-----------------------------------------------------------------------------
そして、もう一篇引いておく。

       ランゲルハンス島からの便り      玉井洋子

   陶器の白は
   大根の白
   まるい便器を拭きながら
   ふと考える
   大根っていいね
   切っても切っても
   まんまるで
   食べても食べても
   まっすぐで
   じんわりしぐれが降っている
      ・・・・・・・
   こうして
   大根一本まるごと味わえるようになると
   オトナだね
      ・・・・・・・
   ランゲルハンス島から便りがとどく
       ・・・・・・・
-------------------------------------------------------------------
「帯」文に書かれている通り、「霾る」という言葉が象徴する世界が展開される。
不十分な鑑賞ながら、この辺で終わりたい。      (完)       
   


エッセイ「恭仁京と大伴家持」・・・・木村草弥
800px-Miniature_Model_of_Yamashiro_Provincial_Temple.jpg
↑ 山城国分寺(恭仁京)復元模型。築地に囲まれているのが金堂(大極殿)。右が七重塔。 京都府立山城郷土資料館

──エッセイ──再掲載・初出「未来」誌2001年8月号所載ほか

        「恭仁京と大伴家持」・・・・・・・・・・・・・木村草弥
            ・・・・・・・・・・「未来」連載特集・万葉集──この場所、この一首(8)・・・・・・・

        ──今つくる恭仁(くに)の都は山川の清(さや)けき見ればうべ知らすらし──大伴家持(万葉集・巻六・1037)

私は昨年秋から恭仁京の発掘品の収蔵の必要から建設され、後に今の形となった京都府立山城郷土資料館でボランティアをする。
館の前庭脇に空外という地元の書家の筆跡による、漢字ばかりの原文の歌二首を刻んだ石碑が立っている。

     ・娘子(おとめ)らが績麻(うみを)かくといふ鹿背(かせ)の山時しゆければ京師(みやこ)となりぬ
     ・狛山(こまやま)に鳴くほととぎす泉川渡りを遠みここに通はず
                              田辺福麻呂(たのべのさきまろ) (「万葉集」巻六・1056、1058)

この資料館の建つ場所は京都府相楽郡山城町上狛千両岩を地番としている。
三重奈良県境の名張あたりを源流とする木津川が西流して来て平城京の資材の揚陸地であった木津にさしかかる一里ばかり手前の現在の加茂町に恭仁京は在った。
引用した二首の歌を含めて出てくる地名だが、西流する木津川の南岸に「鹿背山」があり、北岸に相対する位置にある丘が「狛山」ということになる。
現在も木津町鹿背山という地番は実在するが、山城町上狛という地番はあるけれども狛山という名の山はない。
狛の辺りにある山──資料館のある丘がそれだろうと同定されるに至っている。
二首目の歌は狛山を対岸に望んで南岸から詠われていることになるが、川幅が広かったことが偲ばれる。
鹿背山は相楽郡木津町の東北部にあり海抜204メートルの低い丘。恭仁京の条里で言えば加茂町側の左京と、木津町側の右京とを隔てる自然物の景観でもあった。
因みに『和名抄』によれば山背(やましろ)の国とは乙訓(おとくに)・葛野(かどの)・愛宕(おたぎ)・紀伊(き)・宇治・久世(くぜ)・綴喜(つづき)・相楽(さがらか)の諸郡を含み、今日の京都市南部以南の土地を指すことになる。恭仁京は、そのうちの相楽郡にある。
なお「山城」と書くようになるのは延暦13年(七九四年)の11月以後のことである。引用した歌に戻ろう。
この田辺福麻呂の歌は巻六の巻末にまとめて二十一首が載っているものである。
福麻呂は橘諸兄(たちばなもろえ)に近い人で天平20年には諸兄の使者として越中に下り当時越中国守であった家持を訪ねることになる。
天平12年(七四0年)に九州で起された藤原広嗣の謀反は、聖武天皇をはじめ朝廷首脳部に衝撃を与えた大事件であった。
年表風に記すと─こんな風になる。
天平12年9月、藤原広嗣謀反。10月23日、広嗣逮捕。同29日、天皇関東に行くと告げて離京。大伴家持も供奉同行(巻六・1029の歌作る)。12月15日、恭仁京到着。
翌13年閏3月、五位以上の官人の平城京居住を禁ずる。11月、天皇宮号を「大養徳恭仁大宮(おおやまとくにのおおみや)」と定める。
14年8月、天皇紫香楽宮(しがらきのみや)に行幸し、その後も行幸頻り。15年5月、橘諸兄従一位左大臣となる。
8月16日、家持、恭仁京讃歌(掲出歌)を作る。
12月、恭仁京造営を中止。天平16年閏正月11日、難波宮に行幸。同13日、直系皇子の安積親王急逝。
2月、百官と庶民に首都の選択を計る。恭仁京から駅鈴や天皇印、高御座などを取り寄せる。翌17年5月、官人に首都の選択を計った結果、平城に決定。
市人平城に大移動、天皇平城に帰京。
ざっと、こんな様子であった。
このように短年月(五年)の間に都の所在がめまぐるしく変わるという背景には、天皇を取り巻く権力中枢部での激しい争いがあるのだが、もともと恭仁京のある山背の国は葛城(かつらぎ)王=橘諸兄(聖武天皇妃の光明皇后の異父・兄妹であり、かつ、光明皇后の妹・多比能を妻とする)の班田の土地であり、遷都については諸兄の意向が強く働いたものと言われている。
掲出歌が8月16日に詠まれているが、その12月には、もはや造営が中止されるというあわただしさである。
北山茂夫は『続日本紀』の記述を引いて「七四五年(天平17年)の危機」という把握をした上で、その年の四月以降雨が降らず、各地で地震が起こり、特に美濃では三日三晩揺れて被害甚大となり、天災は悪政によるという風説や放火が広がり、そういう状況を巧みに利用した民部卿藤原仲麻呂一派による、諸兄らの皇親派追い落としの策略を活写する。
年は明けて天平18年、家持はほぼ一年半の歌の記録の空白の後にふたたび筆を執った。そこには彼の喜悦が溢れる。
巻十七の太上天皇(元正)の御在所での掃雪(ゆきはぎ)に供(つか)へ奉(まつ)りき、という(3926)の歌、

  大宮の内にも外(と)にも光るまで降れる白雪見れど飽かぬかも

この席には橘諸兄、藤原仲麻呂の名も見える王臣あげての盛大な宴である。雪は豊作の吉兆として喜ばれていた。その白雪に託して寿歌を上皇に奏上したのである。
その年の3月に仲麻呂は式部卿になり、家持は内舎人から宮内少輔の地位についた。
紙数にゆとりがないので橘諸兄については省略せざるを得ないが、私は第二歌集『嘉木』の中で「玉つ岡」の一連21首の歌に、その一端を詠んでおいた。
大伴家持は、その後も何度も権力騒動に巻き込まれ、中でも征東将軍として多賀城で死んだ後になっても藤原種継暗殺に荷担したとの冤罪で一切の私有財産を没収され古代の名門武門大伴一族が没落することになるのは後のことである。

私は北山茂夫の歴史家としての記述に多くの示唆を得て来た。
新潮社が本につけた帯文は「日を追い、月を追い、熾烈に燃える藤原仲麻呂の野望。名門大伴の家名を双肩に負い、大歌集編纂の大志を胸に抱き、怒濤の時代を辛くもしのぐ家持の苦衷」。
北山氏はこの『萬葉集とその世紀』の脱稿、推敲を果たした直後に昭和59年1月30日に急逝された。
私事だが、妻が大学生で京都市左京区浄土寺真如町に下宿していた家の庭を隔てた向い家に北山先生がお住いで執筆に疲れたのか、よく二階から外を眺めておられた、という。昭和20年代の奇しき因縁である。

・参考文献
1)佐竹昭広・木下正俊・小島憲之共著『萬葉集本文篇』(塙書房平成10年刊)
2)校訂及び執筆者1)に同じ『日本の古典・萬葉集(二)』(小学館昭和59年刊)
3)北山茂夫『萬葉集とその世紀』上中下(新潮社昭和59・60年)
4)『京都府地名大辞典』上下(角川書店昭和57年)

・歌番号は1)による(国歌大観による、と注記あり)

この記事は発表当時のままだから、当該地域は行政的には、現在は「木津川市」となっているので念のため。
また「昨年」などという時制も、当時のままであるから、ご放念を。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

──エッセイ──「未来」誌2001年11月号所載

     補訂・山本空外先生のこと・・・・・・・・・・・木村草弥

本誌八月号に掲載された「万葉集─この場所、この一首(8)」の私の文章「恭仁京と大伴家持」を書いたのは三月のことだ。
その中で万葉歌碑について「地元の書家・空外」の筆跡と言ったが、その後に知るところによると、この人・山本空外(本名・幹夫)先生は哲学者、浄土宗僧侶、書家として有名であることが判った。
先生は、1902年生れ。東京大学文学部哲学科卒。1929年広島文理科大学助教授で欧米に留学。二年半のヨーロッパ留学中にフッサール、ハイデッガー、ヤスパース等西洋哲学権威と親交。1935年弱冠三十二歳にして東京大学で『哲学大系構成の二途──プロティノス解釈試論』により文学博士号を受ける。
1936年から広島文理科大学教授を勤めるが原爆に遭い、その秋出家、僧籍に入り1953年京都府山城町法蓮寺住職となる。
その間1966年定年まで広島大学教授。島根県加茂町隆法寺住職も兼任し同地に財団法人空外記念館を1989年に開設。この8月7日九九歳で遷化された。
私が「地元の書家」と書いたのは自坊の法蓮寺で亡くなられたことからも間違いではないが、上記のように補訂しておく。

空外先生は日本よりも外国で有名な人のようであり日本では世俗的な名誉は望まれなかった。記念館には国内外の国宝級の書画を所蔵するという。
ここで先生の弟子である巨榧山人こと品川高文師の本『空外先生外伝』から面白いエピソードを一つ。

東京サミットの際の話。
時の中曽根首相はレーガン大統領からの土産品の要望に「空外の作品を所望」とあったのに、誰に聞いても知る人がないので困惑していた。
空外記念館のある関係から蔵相の竹下登が知っていることが偶然わかり、何とかツテを頼って空外先生の「歓喜光」の三字の書を揮毫してもらい面目を保ったという。
品川師の本にはオッペンハイマーや湯川秀樹、小林秀雄、魯山人、柳宗悦などが畏敬して教えを受けたというエピソードが面白く物語られているが、それは、また後日。

----------------------------------------------------------------------

      山城郷土資料館・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                    ・・・・・・・・(角川書店「短歌」平成13年5月号所載)・・・・・・・


            ──今つくる恭仁の都は山川の清けき見ればうべ知らすらし──大伴家持

     朝霧にしとど濡れつつ佇めば木津川の波は悲傷を流す

     霧の空に太陽しろくうかびたり幻の騎馬に家持出(い)でばや
                   
     山川の清(さや)けきところ恭仁(くに)の宮は三とせ経ずしてうち棄てられき
              
     年々に花は咲けども恭仁京の大宮人は立ち去りにけり

     恭仁京の発掘品の収蔵を急(せ)かされて竣(な)る山城資料館
        
      銭司(ぜづ)といふ字(あざ)名を今に伝ふるは「和同開珎」鋳造せしところ
                  
     ボランティアのわれは郷土資料館に来たりし百人余りを案内(あない)す
                      
     「古い暮らしの民具展」企画は小学校学習課程に合はせたり

     小学校三年生が昔を学ぶと「くらしの道具」展示に群がる

     三年生はやんちゃ盛り騒(ざわ)めきて引率の教師大声を挙ぐ
               
     学研都市精北小学校の学童はバス三台にて百二十人

     笠置町教育委員会のバス着きて降り立つ子らは十二人のみ

     「へっつい」とは懐かしき竈(かまど)かつて家々の厨にありしものを展示す
                         
     竈神祀(まつ)る慣ひも廃(すた)れたり大き写真のパネルを掲ぐ
          


鈴虫を塞ぎの虫と共に飼ふ・・・・草間時彦
suzu01.jpg

  鈴虫を塞ぎの虫と共に飼ふ・・・・・・・・・・・・・草間時彦

スズムシは8月中旬から10月末まで鳴く。もともとは野原の草むらで鳴く虫だが、今では籠に入れて飼ったり、甕にいれて繁殖させて越冬させたりする。
日本では本州にいるが北にゆくほど居なくなるという。コオロギに近い種類で、黒く西瓜の種に似ている。リーンリーンと鈴を振るように鳴く声が美しい。
ただ平安時代にはマツムシと言われ、逆に松虫はスズムシと呼ばれたというから、ややこしい。
『和漢三才図会』には「夜鳴く声、鈴を振るがごとく、里里林里里林といふ。その優美(やさしさ)、松虫に劣らず」とある。清亮さが尊重されてきた虫である。

写真②はスズムシが羽を擦りあわせて鳴いているところ。
suzu0137鈴虫鳴き

スズムシの飼育の難しさは餌が切れたりすると「共食い」することである。
平生はキュウリやナスなどの野菜の切り身を食べるが、繁殖期には「カツオブシ」の削ったものなどを与えて栄養をつけさせる。
こういうスズムシの繁殖などに文字通り命をかけている人たちがいるらしい。

suzu0147鈴虫交尾

写真③はスズムシの「交尾」の様子である。こういうのを写真に撮るのもたいへん難しいものである。
交尾のエクスタシーに片方が羽を震わせている貴重な写真。
野生の状態では、カマキリと同じように、交尾が済むと雌が雄を食べて栄養分を補給したのではないか、と思われる。
飼育に際しては、それでは困るので、カツオブシの削ったものなどを与えるのである。

suzu0150鈴虫産卵

写真④は交尾が済んで受精した雌が輸卵管を土の中に差し込んで産卵しているところ。じめじめと湿気の多い、暗い環境が必要である。
飼育中は「霧吹き」で湿気を与える細心の注意が必要である。
普通は産卵の済んだ雌は死ぬが、飼育環境が良い場合は、雄も雌も生きたまま越冬することもあるという。
飼育も、その辺の域に達すると「スズムシ博士」と言われるのである。
何事も、その筋の最高権威と言われるには、口には言えない苦労と独自のノウハウが必要である。

suzu0160鈴虫卵

写真⑤は産みつけられたスズムシの卵である。
晩秋に産みつけられるので、この卵の状態で越冬し、次の年の春に、可愛いスズムシの幼虫が孵化してくるのである。
ここでも適度の湿気が冬の間も必要で、乾燥させてはならない。孵化した幼虫は何度も脱皮して少しづつ大きくなって成虫になる。
スズムシ ← このサイトでは、スズムシの脱皮なども観察でき、きれいな声も聞けるので、お試しあれ。

古来、スズムシの声を愛でて俳句などに詠まれてきた。
それを少し引いて終る。
掲出の草間時彦の句は鈴虫を直接に詠むのではなく「塞ぎの虫」と共に飼う、というところが面白い。

 飼ひ置きし鈴虫死で庵淋し・・・・・・・・正岡子規

 寝(い)も寝(いね)ず甕の鈴虫長鳴くに・・・・・・・・富安風生

 鈴虫や早寝の老に飼はれつつ・・・・・・・・後藤夜半

 鈴虫は鳴きやすむなり虫時雨・・・・・・・・松本たかし

 鈴虫や甕の谺に鳴き溺れ・・・・・・・・林原耒井

 鈴虫を死なして療者嘆くなり・・・・・・・・秋元不死男

 戸を細目に野の鈴虫の声入るる・・・・・・・・篠田悌二郎

 鈴虫の生くるも死ぬも甕の中・・・・・・・・安住敦

 膝がさみしと鈴虫育てゐるか母・・・・・・・・鈴木栄子

 鈴虫のひるも鈴振る地下茶房・・・・・・・・福島富美子

 鈴虫のりんりんと夜をゆたかにす・・・・・・・・永井博文


copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.