FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
2012金環日食!雲間からバッチリ・・・・・・・・・・・・・木村草弥

eclipse_app051-e1337183891550.png

     2012金環日食!雲間からバッチリ・・・・・・・・・・・木村草弥

始まる前から、やいやいと煩かった「2012金環日食」曇りがちで心配したが、ちょうど薄雲がかかっていたのが幸いした。
この時刻は私のサンポ時間である。
私はズボラで事前に観測用めがねも用意していなかったが、七時すぎから辺りが日の出前のように、うす暗くなり、七時二十分すぎから始まった。
「金環」は想像よりも環が太く、完全な環になっていた。
はじめの動画はネット上に投稿されたものである。
人吉では小雨模様だったらしいが、京都では薄曇りで、実際の明るさは、もっともっと明るい朝である。
二番目に掲出の画像は、帰宅してからネット上から見つけた「eclipse_app051」さんの提供されたもので模式図である。明記して御礼を申し上げる。
雲間から見える空は模式図のような明るい空色であった。念のために書き添えておく。
コメント
コメント
東京でもよく見えました
自宅の屋上で観察しました。
珍しいから見ておこう、くらいの気持ちでしたが、とても感動を覚えました。
6月6日の金星の太陽通過も楽しみになりました。
2012/05/21(月) 22:59:03 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
私も、ほんの軽い気持で。。。。。。
■シルバさま。
お早うございます。
私も、ほんの軽い気持で見てみましたが、
雲を通してよく見えました。
新聞、テレビで出まくってますので、
昨日一日やかましいことでした。
「皆既日食」は辺りが暗くなって不気味ですが、
金環日食は、さほど暗くならないので「明るい」日食でした。
では、また。
2012/05/22(火) 05:58:16 | URL | sohya #- [ 編集 ]
そちらも同じような空模様だったようですね。
私は、相当気合いを入れてましたので(笑)、ラッキーにも見ることができてうれしかったです。
もう二度と見ることができないと思うと、興奮する時間でした。
散歩をしながら見られるというゆとりもいいですね^^
2012/05/22(火) 17:37:50 | URL |  われもこう #- [ 編集 ]
私は「天邪鬼」なので、世間が騒ぐときは同調しないのですが。。。
■われもこう様。
お早うございます。
私は「天邪鬼」なので、世間が騒ぐときは同調しないので、
観測用メガネも用意していませんでした。
晴れていたら「直視」は出来なかったでしょう。
今は昔と違って日時、時刻まで特定できるのですから、
やいのやいのと言うまでもないと思いますが、
これも出来事、事件として「話のタネ」ということでしょう。
「シルバ」様の撮影されたコマ送りの写真は見事ですから、ぜひご覧を。
2012/05/23(水) 05:30:34 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.