K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
八十歳にひとつきをあまし/ひとにほこれるものは何もなく/おのれにほこれるものは/運だ・・・・・・・・・鶴見俊輔
鶴見俊輔詩集

──鶴見俊輔の詩──(3)再掲載・初出Doblog2005/11/10

     意外になが生きして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔

     八十歳にひとつきをあまし
     ひとにほこれるものは何もなく
     おのれにほこれるものは、
     運だ。
     あれ、
     これ、
     それ、
     をさけることはできた。
     そのくらいのことか。
     そしてときに
     おやじの復讐と
     感じることがある。
     突然に
     演説をはじめるときなど。

     概してしゃべりすぎる。
     はなしたりないおやじを
     私は内にもっている。

     八十八歳まで生きて
     最後の十五年、
     言葉をうしなった彼は
     まだはなしたりなかった。
     それが突然にわたしのなかで
     エンジンがかかる。

     ばからしいことだが、
     仕方がない。
     親不孝者のわたしには、
     このくらいしか、
     不孝のつぐないはない。
     他に何か?

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
--------------------------------------------------------------------
全80ページという掌篇詩集とも言えるものだが、約10篇くらいのカミングズ、オウエン、エズラ・パウンドなどの「訳詩」と思われる詩を含んでいる。
また「北アメリカの先住民オマハ」の儀式の祝詞みたいなものも訳されている。
「本のなりたち」という、あとがきみたいなもので
・・・・・自己批評は、批評のむずかしい領域で、年をとるにつれ、作者本人のもうろくにあとおしされて、さらにむずかしくなる。
 これは、自選詩集ではない。
 ある日、黒川創がこの詩集をおくってきた。それに、私が前から考えていた題をそえた。
 「もうろくの春」は、私が編むことのできる詩集をしのぐ。そのことがうれしい。
 もっとも小さい出版社の出発にさいして、一言、おいわいの言葉を。
 2002年10月5日─────鶴見俊輔

と書いてある。これで、この詩集が2002年に編まれたことが判る。
だから今年で九十歳になる。
「おやじ」というのは雄弁な自由主義者の政治家だった「鶴見祐輔」である。
雄弁家でありながら、晩年に「言葉」を失った父の代りに自分が「おしゃべり」だと書いているのは「親孝行」ではないのか。




国民の都 東京は/高く立て日の丸を/ゴッド・ブレス・アメリカ・・・・・・・・・鶴見俊輔
鶴見俊輔詩集

──鶴見俊輔の詩──(2)再掲載・初出Doblog2005/11/09

       状況歌・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔

     国民の都 東京は

     日本の知識人(インテリ)を包む

     高く立て日の丸を

     ゴッド・ブレス・アメリカ

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
----------------------------------------------------------------------
この詩は、痛烈な「アイロニー」に満ちている。
アメリカ育ちなのに、この視線の厳しさ、諷刺、はどうだろう。
今の首相・小泉純一郎の、ブッシュべったりの姿勢を批判しているとも受け取れる。
日本が、よく言われることだが、アメリカの51番目の「州」であるかのごとき現状へのアイロニーであろうか。

言うまでもないことだが、蛇足的に書いておく。
<高く立て日の丸を>のフレーズは、戦前、戦後に日本の労働運動などの時に歌われた革命歌「高く立て赤旗を」を踏まえているのは確かであり、
また<ゴッド・ブレス・アメリカ>のフレーズは、↓ の歌に因んでいる。
念のために歌詞とYouTubeの動画を引いておく。

God Bless America, Land that I love.      
Stand beside her, And guide her,
Thru the night with a light from above.

アメリカに主の祝福あれ 我が愛する国よ
アメリカを守り 導きたもう
夜通し降り注ぎし 天上の御光

From the mountains,
To the prairies, to the oceans,
White with foam
God bless America,
My home sweet home.

解説
アーヴィング・バーリン(Irving Berlin, 1888-1989)作詞・作曲。元々は1918年の夏にブロードウェイでの小喜劇用に書かれたが、歌詞の内容が喜劇とマッチしなかったため一旦はお蔵入りとなった。1938年の冬、緊迫する世界情勢を前にバーリンは歌詞を書き改め、歌手のケイト・スミス(Kate Smith)がこれを同年の休戦協定の日に彼女のラジオ番組で歌ったところ、瞬く間にアメリカ国民の絶賛を受けることとなった。楽譜は飛ぶように売れ、バーリンはこの売り上げを元に「ゴッドブレスアメリカ基金」をボーイ/ガールスカウトのために設立した。


------------------------------------------------------------------------
はじめに書いてある通り、この詩は2005年に載せたものであるから、その当時のアメリカの大統領はブッシュ・ジュニアであり、日本の首相が小泉純一郎であった、ということである。
この私のコメントは今でも「生きている」と思っている。
もっとも現今の日本の状況は、一層の混迷を深めているというべきだろう。



きのこのあとをたぐってゆくと/もぐらの便所にゆきあたった/アメリカの学者も知らない/大発見だそうだ・・・・・・・・鶴見俊輔
鶴見俊輔詩集

──鶴見俊輔の詩──(1)再掲載・初出Doblog2005/11/08

       寓 話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔

     きのこのはなしをきいた
     きのこのあとをたぐってゆくと
     もぐらの便所にゆきあたった
     アメリカの学者も知らない
     大発見だそうだ

     発見をした学者は
     うちのちかくに住んでいて
     おくさんはこどもを集めて塾をひらき
     学者は夕刻かえってきて
     家のまえのくらやみで体操をした

     きのこはアンモニアをかけると
     表に出てくるが
     それまで何年も何年も
     菌糸としてのみ地中にあるという

     表に出たきのこだけをつみとるのも自由
     しかしきのこがあらわれるまで
     菌糸はみずからを保っている
     何年も何年も
     もぐらが便所をつくるまで

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
--------------------------------------------------------------------------
photo10鶴見俊輔

この詩集は13×15センチという、小型で変形のかわいいものである。
編集グループ<SURE>工房という京都市内の名も知らぬ出版社の発行である。
定価は3000円+税、と高いものだが、2003年3月の初版から2004年2月の3刷と版を重ねている。こんな本には珍しく700部も刷を重ね、今どき「著者検印」のハンコまで押してある。
ハンコは「狸男」というもので、人を食っている。
この詩集は出版元への直接注文でしか買えない。
写真は本を納める外箱である。

鶴見俊輔の専門は何なのだろうか。哲学者なのか心理学者なのか。もう80歳も半ばを超えた。鶴見和子の弟である。鶴見和子も先年亡くなった。
アメリカの大学で若い日々を過ごし、太平洋戦争に入る末期に在留邦人交換船で帰国したという経歴を持つ。都留重人などの次の世代にあたる。
掲出した「寓話」という詩は、とても佳いものである。引き続いて、あと二つほど詩を載せたいと思う。


八十歳にひとつきをあまし/ひとにほこれるものは何もなく・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔
鶴見俊輔詩集

──鶴見俊輔の詩──(3)再掲載・初出Doblog2005/11/10

     意外になが生きして・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔

     八十歳にひとつきをあまし
     ひとにほこれるものは何もなく
     おのれにほこれるものは、
     運だ。
     あれ、
     これ、
     それ、
     をさけることはできた。
     そのくらいのことか。
     そしてときに
     おやじの復讐と
     感じることがある。
     突然に
     演説をはじめるときなど。

     概してしゃべりすぎる。
     はなしたりないおやじを
     私は内にもっている。

     八十八歳まで生きて
     最後の十五年、
     言葉をうしなった彼は
     まだはなしたりなかった。
     それが突然にわたしのなかで
     エンジンがかかる。

     ばからしいことだが、
     仕方がない。
     親不孝者のわたしには、
     このくらいしか、
     不孝のつぐないはない。
     他に何か?

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
---------------------------------------------------
全80ページという掌篇詩集とも言えるものだが、約10篇くらいのカミングズ、オウエン、エズラ・パウンドなどの「訳詩」と思われる詩を含んでいる。
また「北アメリカの先住民オマハ」の儀式の祝詞みたいなものも訳されている。
「本のなりたち」という、あとがきみたいなもので
・・・・・自己批評は、批評のむずかしい領域で、年をとるにつれ、作者本人のもうろくにあとおしされて、さらにむずかしくなる。
 これは、自選詩集ではない。
 ある日、黒川創がこの詩集をおくってきた。それに、私が前から考えていた題をそえた。
 「もうろくの春」は、私が編むことのできる詩集をしのぐ。そのことがうれしい。
 もっとも小さい出版社の出発にさいして、一言、おいわいの言葉を。
 2002年10月5日─────鶴見俊輔

と書いてある。これで、この詩集が2002年に編まれたことが判る。
「おやじ」というのは雄弁な自由主義者の政治家だった「鶴見祐輔」である。
雄弁家でありながら、晩年に「言葉」を失った父の代りに自分が「おしゃべり」だと書いているのは「親孝行」ではないのか。

国民の都 東京は・・・高く立て日の丸を/ゴッド・ブレス・アメリカ・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔
鶴見俊輔詩集

──鶴見俊輔の詩──(2)再掲載・初出Doblog2005/11/09

       状況歌・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔

     国民の都 東京は

     日本の知識人(インテリ)を包む

     高く立て日の丸を

     ゴッド・ブレス・アメリカ

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
---------------------------------------------------
この詩は、痛烈な「アイロニー」に満ちている。
アメリカ育ちなのに、この視線の厳しさ、諷刺、はどうだろう。
今の首相・小泉純一郎の、ブッシュべったりの姿勢を批判しているとも受け取れる。
日本が、よく言われることだが、アメリカの51番目の「州」であるかのごとき現状へのアイロニーであろうか。

言うまでもないことだが、蛇足的に書いておく。
<高く立て日の丸を>のフレーズは、戦前、戦後に日本の労働運動などの時に歌われた革命歌「高く立て赤旗を」を踏まえているのは確かであり、
また<ゴッド・ブレス・アメリカ>のフレーズは、↓の歌に因んでいる。
念のために歌詞とYouTubeの動画を引いておく。

God Bless America, Land that I love.      
Stand beside her, And guide her,
Thru the night with a light from above.

アメリカに主の祝福あれ 我が愛する国よ
アメリカを守り 導きたもう
夜通し降り注ぎし 天上の御光

From the mountains,
To the prairies, to the oceans,
White with foam
God bless America,
My home sweet home.

解説
アーヴィング・バーリン(Irving Berlin, 1888-1989)作詞・作曲。元々は1918年の夏にブロードウェイでの小喜劇用に書かれたが、歌詞の内容が喜劇とマッチしなかったため一旦はお蔵入りとなった。1938年の冬、緊迫する世界情勢を前にバーリンは歌詞を書き改め、歌手のケイト・スミス(Kate Smith)がこれを同年の休戦協定の日に彼女のラジオ番組で歌ったところ、瞬く間にアメリカ国民の絶賛を受けることとなった。楽譜は飛ぶように売れ、バーリンはこの売り上げを元に「ゴッドブレスアメリカ基金」をボーイ/ガールスカウトのために設立した。


---------------------------------------------------
はじめに書いてある通り、この詩は2005年に載せたものであるから、その当時のアメリカの大統領はブッシュ・ジュニアであり、日本の首相が小泉純一郎であった、ということである。
この私のコメントは今でも「生きている」と思っている。
もっとも現今の日本の状況は、一層の混迷を深めているというべきだろう。


きのこのはなしをきいた/きのこのあとをたぐってゆくと・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔
鶴見俊輔詩集

──鶴見俊輔の詩──(1)再掲載・初出Doblog2005/11/08

       寓 話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鶴見俊輔

     きのこのはなしをきいた
     きのこのあとをたぐってゆくと
     もぐらの便所にゆきあたった
     アメリカの学者も知らない
     大発見だそうだ

     発見をした学者は
     うちのちかくに住んでいて
     おくさんはこどもを集めて塾をひらき
     学者は夕刻かえってきて
     家のまえのくらやみで体操をした

     きのこはアンモニアをかけると
     表に出てくるが
     それまで何年も何年も
     菌糸としてのみ地中にあるという

     表に出たきのこだけをつみとるのも自由
     しかしきのこがあらわれるまで
     菌糸はみずからを保っている
     何年も何年も
     もぐらが便所をつくるまで

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
----------------------------------------------------
photo10鶴見俊輔

この詩集は13×15センチという、小型で変形のかわいいものである。
編集グループ<SURE>工房という京都市内の名も知らぬ出版社の発行である。
定価は3000円+税、と高いものだが、2003年3月の初版から2004年2月の3刷と版を重ねている。こんな本には珍しく700部も刷を重ね、今どき「著者検印」のハンコまで押してある。
ハンコは「狸男」というもので、人を食っている。
この詩集は出版元への直接注文でしか買えない。
写真は本を納める外箱である。

鶴見俊輔の専門は何なのだろうか。哲学者なのか心理学者なのか。もう80歳も半ばを超えた。鶴見和子の弟である。鶴見和子も先年亡くなった。
アメリカの大学で若い日々を過ごし、太平洋戦争に入る末期に在留邦人交換船で帰国したという経歴を持つ。都留重人などの次の世代にあたる。
掲出した「寓話」という詩は、とても佳いものである。引き続いて、あと二つほど詩を載せたいと思う。


「 鶴見俊輔の詩」・・・・・・・・木村草弥(Doblogから再録)
もうろくの春
2005/11/10のBlog

──鶴見俊輔の詩──(3)

 意外になが生きして・・・・・・・・・・鶴見俊輔

八十歳にひとつきをあまし
ひとにほこれるものは何もなく
おのれにほこれるものは、
運だ。
あれ、
これ、
それ、
をさけることはできた。
そのくらいのことか。
そしてときに
おやじの復讐と
感じることがある。
突然に
演説をはじめるときなど。

概してしゃべりすぎる。
はなしたりないおやじを
私は内にもっている。

八十八歳まで生きて
最後の十五年、
言葉をうしなった彼は
まだはなしたりなかった。
それが突然にわたしのなかで
エンジンがかかる。

ばからしいことだが、
仕方がない。
親不孝者のわたしには、
このくらいしか、
不孝のつぐないはない。
他に何か?

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
-----------------------------------------
全80ページという掌篇詩集とも言えるものだが、約10篇くらいのカミングズ、オウエン、エズラ・パウンドなどの「訳詩」と思われる詩を含んでいる。また「北アメリカの先住民オマハ」の儀式の祝詞みたいなものも訳されている。
「本のなりたち」という、あとがきみたいなもので
・・・・・自己批評は、批評のむずかしい領域で、年をとるにつれ、作者本人のもうろくにあとおしされて、さらにむずかしくなる。
 これは、自選詩集ではない。
 ある日、黒川創がこの詩集をおくってきた。それに、私が前から考えていた題をそえた。
 「もうろくの春」は、私が編むことのできる詩集をしのぐ。そのことがうれしい。
 もっとも小さい出版社の出発にさいして、一言、おいわいの言葉を。
 2002年10月5日─────鶴見俊輔

と書いてある。これで、この詩集が2002年に編まれたことが判る。
「おやじ」というのは雄弁な自由主義者の政治家だった「鶴見祐輔」である。
雄弁家でありながら、晩年に「言葉」を失った父の代りに自分が「おしゃべり」だと書いているのは「親孝行」ではないのか。
------------------------------------------------------------------------------
2005/11/09のBlog

──鶴見俊輔の詩──(2)

 状況歌・・・・・・・・・・・鶴見俊輔

国民の都 東京は

日本の知識人(インテリ)を包む

高く立て日の丸を

ゴッド・ブレス・アメリカ

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
----------------------------------------
この詩は、痛烈な「アイロニー」満ちている。
アメリカ育ちなのに、この視線の厳しさ、諷刺、はどうだろう。
今の首相・小泉純一郎の、ブッシュべったりの姿勢を批判しているとも受け取れる。
日本が、よく言われることだが、アメリカの51番目の「州」であるかのごとき現状へのアイロニーであろうか。
-----------------------------------------------------------------------------
2005/11/08のBlog

──鶴見俊輔の詩──(1)

  寓話・・・・・・・・・・鶴見俊輔

きのこのはなしをきいた
きのこのあとをたぐってゆくと
もぐらの便所にゆきあたった
アメリカの学者も知らない
大発見だそうだ

発見をした学者は
うちのちかくに住んでいて
おくさんはこどもを集めて塾をひらき
学者は夕刻かえってきて
家のまえのくらやみで体操をした

きのこはアンモニアをかけると
表に出てくるが
それまで何年も何年も
菌糸としてのみ地中にあるという

表に出たきのこだけをつみとるのも自由
しかしきのこがあらわれるまで
菌糸はみずからを保っている
何年も何年も
もぐらが便所をつくるまで

 (鶴見俊輔詩集『もうろくの春』より)
----------------------------------------
この詩集は13×15センチという、小型で変形のかわいいものである。
編集グループ<SURE>工房という京都市内の名も知らぬ出版社の発行である。
定価は3000円+税、と高いものだが、2003年3月の初版から2004年2月の3刷と版を重ねている。こんな本には珍しく700部も刷を重ね、今どき「著者検印」のハンコまで押してある。ハンコは「狸男」というもので、人を食っている。
この詩集は出版元への直接注文でしか買えない。
写真①は本を納める外箱であり、写真②は本の本体だが、萌黄色の布装なのに色が変なものになってしまった。ご了承願いたい。
鶴見俊輔の専門は何なのだろうか。哲学者なのか心理学者なのか。もう80歳を超えた。鶴見和子の弟である。
アメリカの大学で若い日々を過ごし、太平洋戦争に入る末期に在留邦人交換船で帰国したという経歴を持つ。都留重人などの次の世代にあたる。
掲出した「寓話」という詩は、とても佳いものである。引き続いて、あと二つほど詩を載せたいと思う。

  
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.