K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
十月二十六日午後十一時四十二分、私はなと書く。なの意味するところは/谷川俊太郎
na0035「な」

    な・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

十月二十六日午後十一時四十二分、私はなと書く。なの意味するところ

は、一、日本語中のなというひらがな文字。二、なという音によって指示

可能な事、及び物の幻影及びそこからの連想の一切。即ちなにはなに始ま

り全世界に至る可能性が含まれている。三、私がなと書いた行為の記録。

四、及びそれらのすべてに共通して内在している無意味。

十月二十六日午後十一時四十五分、私は書いたなを消しゴムで消す。なの

あとの空白の意味するところは、前述の四項の否定、及びその否定の不可

能なる事。即ちなを書いた事並びに消した事を記述しなければ、それらは

他人にとって存在せず従ってその行為は失われる。が、もし記述すれば既

に私はなを如何なる行為によっても否定し得ない。

なはかくして存在してしまった。十月二十六日午後十一時四十七分、私は

私の生存の形式を裏切る事ができない。言語を超える事ができない。ただ

一個のなによってすら。
----------------------------------------
日付と時間の入っている谷川俊太郎の詩なので、今日の日付で載せた。これは『定義』という24篇の散文詩風の作品で構成される詩集で1975年思潮社刊に載るもの。
物事を「定義する」ということに拘って24もの詩をものした詩才に脱帽したい。こういう詩の作り方は詩作りのトレーニングになる。


人類は小さな球の上で/眠り起きそして働き/ときどき火星に仲間を欲しがったりする・・・・・・・・・谷川俊太郎
03120033地球儀

   二十億光年の孤独・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

   人類は小さな球の上で
   眠り起きそして働き
   ときどき火星に仲間を欲しがったりする

   火星人は小さな球の上で
   何をしてるか 僕は知らない
   (或はネリリし キルルし ハララしているか)
   しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
   それはまったくたしかなことだ

   万有引力とは
   ひき合う孤独の力である

   宇宙はひずんでいる
   それ故みんなはもとめ合う

   宇宙はどんどん膨んでゆく
   それ故みんなは孤独である

   二十億光年の孤独に
   僕は思わずくしゃみをした

---------------------------------------
この詩は、谷川俊太郎の第一詩集『二十億光年の孤独』に載るもので、詩集の題名にもなっている有名な詩である。中学校か高校かの教科書にも載っているらしい。
この詩は、彼の十代の作品かと思われる。才能が、きらきらときらめくような、才気煥発な少年の姿を思い浮かべることが出来ようか。
6行目の、ネリリし キルルし ハララして という詩句からは、詩におけるオノマトペの見事な使い方を知ることが出来る。
最終連の<二十億光年の孤独に/僕は思わずくしゃみをした>というのが、この詩を見事に引き締めて秀逸である。

私事になるが、先年、妻を某がんセンターに入院させて抗がん剤の可能性を探ってみたが、その時、私の長女が「読んで」と病院に持ってきたのが、この詩集だった。長女が「詩」に関心があるというのは初めて知ったことだが、「詩らしきもの」をぽつぽつと作っているという。他人には絶対に見せないというが、ぜひ見せてほしいものである。


たんぽぽのはなの/さくたびに/こどもは・・・・谷川俊太郎
0604042たんぽぽ

  たんぽぽのはなの さくたびに・・・・・・・・・谷川俊太郎

    こどもは しろいとびらをあける
    とても おそろしいことを
    こころのなかで かんがえるが
    そのことは だれにもいわない
    こどもは おちていたまりをひろう
    うでのうぶげに きりのしずくが
    にぶく ひかっている
    いちどだけ たったいちどだけ
    それでいいんだと こどもはおもう
    だが いちどだけですむものか
    たんぽぽのはなの さくたびに
    こどもは かわべりでゆめみる
    ほんとうの そのことをしたあとの
    とりかえしのつかぬ かなしみを
---------------------------------------
この詩は詩集『よしなしうた』1985年青土社刊に載るもの。
この詩の「そのこと」ということについては何も明かされていない。読者がさまざまに想像するしかないが、私は、一つの想像として、男の子が第二次性徴として誰もが通過しなければならない「手淫」のことを詠ったのではないか、と思うが、いかがだろうか。
---------------------------
上に引いた詩に関連するものとして次の詩を引く。
p2-2.jpg

  おとこたち・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

   おとこたちはみなぺにすをもっていた
   いっしょうわすれられないとおもうできごとを
   あくるひにはわすれた
   すいっちひとつでうつくしいおんがくが
   死のむこうからながれでて
   そのほうがくへとおとこたちは
   じぶんをいくえにもおりたたむ

   <のぞみをたたれても のぞまぬことにはけっしてなれることはない>
   ゆかのうえのひとつぶのこめが
   とおいぬかるみでめをふくことをおそれて
   くるしみのときをすごすために
   さらにひどいくるしみのものがたりをよむ
   おとこたちはみなぺにすをもっていた
----------------------------------
更に、もう一つ関連する詩として下記のものを引いておく。
c0013496_14062.jpg

  からだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

   男が男のからだのかたちしてしか
   生きることのできないのはくやしい
   かたちのないこころだけであったなら
   もっと自在にあなたと交われるものを

   だがことばよりくちづけで伝えたいと
   そう思うときのこころのときめきは
   からだなしでは得ることができない
   いつか滅ぶこのからだなしでは

   こころがどこをさまよっていようと
   こころがいくつに裂けていようと
   女がただひとつのからだのかたちして
   いま私のかたわらにいるのはかなしい

---------------------------------------
これらの詩は、詩集『日々の地図』1982年集英社刊に載るもの。
この詩の末尾の「かなしい」がカナ書きになっているところが曲者である。ここは「悲しい」とも「愛しい」とも読み解けるところで、この辺が詩の面白さである。
これらの詩は「たんぽぽのはなの さくたびに」と関連するものとして鑑賞してもらいたい。「たんぽぽのーー」の詩は暗喩になっていて、さまざまな解釈をし勝ちである。それについての、一つの別の面からのアプローチの詩として紹介する。
読後の、あなたの感想は、いかがだろうか。
----------------------------------------
この記事とは何の関係もないが、三番目の写真の若い男性は、顔は隠してあるが、今をときめく人気者のプロゴルフアーの「石川遼」のものである。本来は顔も映っているのだが、トリミングして、わざと隠してみた。
それにしても、鍛えられた立派な体をしているなぁ。


電車の窓外では街並が切れ一面の菜の花・・・・谷川俊太郎
yun_2518菜の花

  ルフラン・・・・・・・・・・谷川俊太郎

 いくらか誇張されいくらか
 縁飾りをつけられていたけれど
 その物語はとても本当の人生に似ていて
 だがそれを読み終えたあとも
 自分の暮らしは続いていることに
 気づかないわけにはいかない
 電車の窓外では街並が切れ一面の菜の花

 たとえば<たとえば>と言ってみて
 ふと<ふと>と言ってみてそのあとに
 生きることのこまやかな味わいのあれこれを
 目録のように並べたてても矛盾は解けない
 束の間の慰めなら一杯の紅茶でも事足りる
 それからいったいどうするのか
 電車の窓外では街並が切れ一面の菜の花

この詩は谷川俊太郎の詩集『日々の地図』の中の「ルフラン」という題の詩である。
この詩集で彼は読売文学賞を受賞した。1982年集英社刊。

谷川俊太郎は現代詩の作家としてピカ一の存在である。詩人というと、殆どの人が、大学教授であったりするが、彼は、そういう本業を持たない。だから、詩を書いて詩集を出して読者に買ってもらい、「マザーグース」などの翻訳をして本を出したり、朗読会を開いてみたりして稼いでいる。だからお金持ちではない。いつも自転車を愛用し、インタビューには近くの喫茶店を指定して、そこには自転車で現れる、という風である。

私は谷川の詩が好きで『谷川俊太郎詩集正・続』をはじめ『コカコーラ・レッスン』『定義』『よしなしうた』など殆どの詩集は持っているが、今回こうして「季節の詩」として採りあげようとすると、彼の詩には、自然とか日本の四季というような風土を詠った作品が殆どない、のに気づいて愕然とした。
考えてみれば、それも当然かも知れない。彼は現代詩作家なのであり、日本伝統の「花鳥諷詠」というようなものからは、遠い存在だからである。「詩人」というのは、「言葉を操る」人である。自然や季節を題材にしている訳ではない、からである。
あちこち探しまわって、結局、掲出のような詩を選んだ。これは谷川の責任ではない。私のBLOGの企画に向かなかったというだけのことで、季節を問わなければ、佳い詩は一杯あるのである。

この詩は「ルフラン」と題されるように「電車の窓外では街並が切れ一面の菜の花」というフレーズの繰り返し(ルフラン)が生きている。また、たとえば<たとえば>や、ふと<ふと>、という言葉の繰り返しも、ルフランとして効果的である。この「ルフラン」の意味は、いま私が書いたことの他に、この詩全体が言おうとしている、人生そのものが繰り返しである、という比喩になっているのである。

谷川俊太郎には、一度だけ会ったことがある。もう数年前に短歌結社「塔」が発足何十周年かの企画で、有料のシンポジュームがあり、大岡信と永田和宏との三人が鼎談をするというもの。この席でも、谷川は、短歌的な世界に批判的な発言をしていたのを思い出す。
彼の父は谷川徹三で、高名な学者であり、文学者とも親交があったので、俊太郎の作家デビューも、父が詩作ノートをひそかに三好達治に見せて、その才能を発見されたことによる。デビュー作『二十億光年の孤独』には巻頭に三好達治の推薦の長い詩が載せられている。
---------------------------------------
フジテレビ系列のアニメTV『鉄腕アトム』の主題歌の作詞家は谷川俊太郎、作曲家は高井達雄、とある。
このテレビアニメは有名だったから、巷に流れていたので、もちろん私は知っていたが、仕事に、しこしこと励む壮年期だったから、このTVアニメはみたこともない。
歳の差、年代の違いを実感させられるが、いずれにしても、俊太郎の偉大さは、こういう大衆に愛されるマスコミの世界にも、彼の足跡が大きく残っている、ということである。
彼は現代詩詩人として、玄人受けする作品を作ると共に、広く大衆にも受け入れられる詩作品も、気軽に作詞できる、という柔軟さを備えている。
だから、私は谷川俊太郎は、ピカ一の詩人だという所以である。谷川俊太郎ブラボー!!!。
---------------------------------
shuntaro谷川俊太郎

ネット上に載る記事を転載しておく。

谷川俊太郎
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

谷川 俊太郎(たにかわ しゅんたろう、男性、1931年12月15日 ~ )は、詩人、翻訳家、絵本作家、脚本家。哲学者で法政大学学長の谷川徹三を父として東京都に生まれ育つ。 東京都立豊多摩高等学校卒。

詩集
1950年 三好達治の紹介によって『文学界』に「ネロ他五編」掲載。
1952年 処女詩集『二十億光年の孤独』刊行。
1962年「月火水木金土日の歌」でレコード大賞作詞賞受賞。
1975年『マザー・グースのうた』で日本翻訳文化賞受賞。
高校時代、国語や英語などの教科は優秀な成績であったが、集団行動に違和感を持ち学校から脱走、以後進学の意志を持たなかった。

よく知られる代表作の一つであり、日本の中学校国語の教科書でも取り上げられる『朝のリレー』はネスレのCMに、日本生命のCMにはオリジナルの詩『愛する人のために』が使われるなど、わかりやすい言葉で、日常を新鮮な視点で切り取る感性は世間に高く評価され、小学校の教科書に採用される詩も多い。が、その一方で『なんでもおまんこ』、『へのへのもへじ』(いずみたく作曲で『みんなのうた』の曲として流される)などユニークな詩も作っている。また、彼の詩の春にや二十億光年の孤独にメロディーをつけた曲は、合唱コンクールなどで多く使われている。ちなみに、『ピーナッツ』の翻訳は、日本の『ピーナッツ』ファンに高く評価されている。

三度結婚していて、岸田衿子と佐野洋子は元妻。音楽家の谷川賢作は息子。

詩集
二十億光年の孤独(東京創元社、1952年)
六十二のソネット(東京創元社、1953年)
愛について(東京創元社、1955年)
あなたに(東京創元社、1960年)
落首九十九(朝日新聞社、1964年)
旅(求龍堂、1968年)
うつむく青年(山梨シルクセンター出版部、1971年)
ことばあそびうた(福音館書店、1973年)
空に小鳥がいなくなった日(サンリオ、1974年)
夜中に台所でぼくはきみに話しかけたかった(青土社、1975年)
定義(思潮社、1975年)
そのほかに(集英社、1979年)
コカコーラ・レッスン(思潮社、1980年)
わらべうた(集英社、1981年)
みみをすます(福音館書店、1982年)
日本語のカタログ(思潮社、1984年)
よしなしうた(青土社、1985年)
どきん(理論社、1986年)
はだか(筑摩書房、1988年)
魂のいちばんおいしいところ(サンリオ、1990年)
女に(マガジンハウス、1991年)
これが私の優しさです(集英社、1993年)
十八歳(東京書籍、1993年)
世間知ラズ(思潮社、1993年)
詩めくり(マドラ出版、1994年)
モーツァルトを聴く人(小学館、1995年)
やさしさは愛じゃない(幻冬舎、1996年)(写真 荒木経惟)
minimal(思潮社、2002年)
夜のミッキー・マウス(新潮社、2003年)
シャガールと木の葉(集英社、2005年)

絵本
けんはへっちゃら
こっぷ
わたし
これはのみのぴこ
まり
よるのようちえん
えをかく
いっぽんの鉛筆のむこうに
もこもこもこ
んぐまーま

対談集
谷川俊太郎の33の質問
対談現代詩入門(大岡信との共著)

翻訳
チャールズ・M・シュルツ『SNOOPY』(『ピーナッツ』)
『マザー・グース』
『かみさまへのてがみ』
スージー・ベッカー『大事なことはみーんな猫に教わった』
レオ・レオニ『スイミー』

作詞
ひとくいどじんのサムサム(童謡)
鉄腕アトム(アニメ主題歌)
危いことなら銭になる(映画主題歌)
死んだ男の残したものは(作曲/武満徹)
世界の約束(作曲/木村弓・映画「ハウルの動く城」主題歌)
六花亭の歌(作曲/林光・六花亭社歌)
同志社小学校校歌(作曲/大中恩)
東京都東村山市久米川東小学校校歌(作曲/武満徹)
大阪府豊中市立第十五中学校校歌(作曲/湯浅譲二)
春に(詩として発表した後、木下牧子が作曲)
未来(詩として発表した後、高嶋みどりが作曲)
埼玉県上尾市立南中学校校歌(作曲/林光)
山形県立山形東高等学校新応援歌「みなぎる力」(作曲/服部公一)
山形県立北村山高等学校校歌(作曲/村川千秋)
新潟県立高田北城高等学校校歌
富山県立高岡南高等学校校歌(作曲/中田喜直)
静岡県立静岡東高等学校校歌(作曲/林光)
埼玉県立和光国際高等学校校歌(作曲/谷川賢作)
城西国際大学学歌(作曲/谷川賢作)
北海道札幌開成高等学校校歌(作曲/宍戸睦郎)
大阪芸術大学校歌(作曲/諸井誠)
三重県立みえ夢学園高等学校校歌(作曲/小室等)
三重県立四日市南高等学校校歌(作曲/武満徹)
福山市立福山中・高等学校校歌(作曲/林光)
土浦日本大学中等教育学校校歌(作曲/湯浅譲二)
北星学園大学学歌(作曲/谷川賢作)
東京都田無市立西原小学校校歌(作曲/牛腸征司)
神奈川県相模原市立若草中学校校歌(作曲/谷川賢作)
徳島県立海部高等学校校歌(作曲/小室等)
愛知県常滑市立南陵中学校校歌(作曲/湯浅譲二)
愛知県立常滑高等学校(新設)校歌(作曲/谷川賢作)
岐阜市立長森南中学校校歌(作曲/谷川賢作)
東京都荒川区立汐入小学校校歌(作曲/林光)

関連書籍
写真集『少女アリス』(写真 沢渡朔)谷川俊太郎と瀧口修造の詩がおさめられている。

関連人物
河合隼雄
小室等(谷川と歌を共作)
武満徹
寺山修司
大岡信
長谷川龍生
大江健三郎
高石ともや
小林彰太郎(30年間の隣人で幼馴染だった。今も良き友人という。)
楠かつのり
佐野洋子(3番目の妻・離婚)
中島みゆき(大学の卒業論文で谷川について執筆するなど、影響を受けている。)
紅いということはできない、色ではなくりんごなのだ。丸いということはできない・・・・・・・・・ 谷川俊太郎
800px-Fuji_apple.jpg

──初出・Doblog2004/11/02──

   りんごへの固執・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

紅いということはできない、色ではなくりんごなのだ。丸いということは
できない、形ではなくりんごなのだ。酸っぱいということはできない、味
ではなくりんごなのだ。高いということはできない、値段ではないりんご
なのだ。きれいということはできない、美ではないりんごだ。分類するこ
とはできない、植物ではなく、りんごなのだから。
花咲くりんごだ。実るりんご、枝で風に揺れるりんごだ。雨に打たれるり
んご、ついばまれるりんご、もぎとられるりんごだ。地に落ちるりんご
だ。腐るりんごだ。種子のりんご、芽を吹くりんご。りんごと呼ぶ必要も
ないりんごだ。りんごでなくてもいいりんご、りんごであってもいいりん
ご、りんごであろうがなかろうが、ただひとつのりんごはすべてのりん
ご。
紅玉だ、国光だ、王鈴だ、祝だ、きさきがけだ、べにさきがけだ、一個の
りんごだ、三個の五個の一ダースの、七キロのりんご、十二トンのりんご
二百万トンのりんごなのだ。生産されるりんご、運搬されるりんごだ。計
量され梱包され取引されるりんご。消毒されるりんごだ、消化されるりん
ごだ、消費されるりんごである、消されるりんごです。りんごだあ! り
んごか?
それだ、そこにあるそれ、そのそれだ。そこのその、籠の中のそれ。テー
ブルから落下するそれ、画布にうつされるそれ、天火で焼かれるそれなの
だ。子どもはそれを手にとり、それをかじる、それだ、その。いくら食べ
てもいくら腐っても、次から次へと枝々に湧き、きらきらと際限なく店頭
にあふれるそれ。何のレプリカ、何時のレプリカ?
答えることはできない、りんごなのだ。問うことはできない、りんごなの
だ。語ることはできない、ついにりんごでしかないのだ、いまだに・・・・

----------------------------------------
この詩は谷川俊太郎の詩集『定義』に載る一篇。この詩集は「定義」ということに拘って作られた「散文詩」風の作品集。散文詩と断わってはいないが、分類するとすれば散文詩である。原作に忠実に行分けを再現した。
明晰なポエジーとパンセの結晶と言える。1975年思潮社刊。
--------------------------------------------------------------------------------
allex-j-s学童はさみ

──初出・Doblog2004/11/03──

    鋏・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

これは今、机の上で私の眼に見えている。これを今、私はとりあげること
ができる。これで今、私は紙を人の形に切ることができる。これで今、私
は髪を丸坊主に刈ってしまうことすらできるかもしれない。もちろんこれ
で人を殺す可能性を除いての話だが。
けれどこれはまた、錆びつつあるものである、鈍りつつあるものである、
古くさくなりつつあるものである。まだ役立つけれど、やがて捨てられる
だろう。チリの鉱石から造られたのか、クルップの指が触れたのか、そん
なことをもはや知る術はないにしても、これがいつかはまたかつてそうで
あったように人間のフォルムから脱して、もっと無限定な運命に帰ること
は想像に難くない。これは今、机の上で、そういう時間を語っているもの
である。誰に向かってでもなく冷く無言で、まるでそうはしていないかの
ようにそうしているものである。自らに役立てようと人はこれを造ったの
だが、役立つより先に、これはこうしてここにどうしようもなく在ってし
まった。これは鋏としか呼べぬものではない。これは既に他の無数の名を
もってるのだ。私がそれらの名でこれを呼ばぬのは、単に習慣にすぎない
というより、むしろ自衛のためではあるまいか。
何故ならこれは、このように在るものは、私から言葉を抽き出す力をもっ
ていて、私は言葉の糸によってほぐされてゆき、いつかこれよりもずっと
希薄な存在になりかねぬ危険に、常にさらされているからだ。
----------------------------------------
この詩も前の詩と同じく『定義』から引いた。改行は原文に忠実におこなったが、このように、いろいろな物の定義を厳密にすることは、対象物を子細に観察すること、それを言葉に表現することのトレーニングとなる。いくら胸の中で思っていても、言葉として表現しなければ、それは「詩」にならない。そういう意味で、この『定義』一巻で24もの「物」の定義づけをして、しかも、それを「詩」たらしめた谷川俊太郎の詩才に打たれる。
存在の本質に正確な意識の光をあてる緻密な散文体で構成されている現代詩の一達成、と言える。
特に、この詩の終りから三行目からの詩句は鋭い。人間の肉体というものの、「希薄な」存在、という指摘は、心にグサリと突き刺さるようである。


困ったものだよコトバって/せっかちでアタマでっかちで/矛盾するのが大きらい ・・・・・・・谷川俊太郎
FI2197071_0E.jpg

──初出・Doblog2006/01/10──

   コトバの力・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

   困ったものだよコトバって
   せつかちでアタマでっかちで
   矛盾するのが大きらい
   黒か白かに整理したがり
   やたら細かく名前をつける
   今じゃコトバが多すぎて
   ぼくらコトバの海に溺れる

   名前を変えれば中身も変わる
   そう思わせるのがコトバの怖さ
   あっちの神がこっちじゃ悪魔
   文字だけのからっぽコトバで
   うるさいだけの大声コトバで
   玉虫色のごまかしコトバで
   ヒトはころころだまされる

   嘘を本当にするのがコトバなら
   本当を嘘にするのもコトバ
   出来合いコトバをうのみにせずに
   ココロとカラダの深みに潜り
   生身のコトバを探すのだ

   うわべは軽いコトバでも
   ときには中身に命がかかる
   中身の重みは辞書にはない
   中身を生むのは生きてるヒトだ
   したたかにしなやかにゆったりと
   ごまかさずに言訳もせず他を責めず
   真正面から届くコトバ

   そんなコトバこそ
   ココロとカラダの底から湧いて
   情にからんでささやき叫び
   とことん論じて理を尽くし
   ときには口をつぐんで虚空に刻む
   ヒトとヒトとを結ぶへその緒
   コトバのいのちは日々甦る

----------------------------------------
この詩は2006/1/5付けの京都新聞夕刊に載るものである。
この作品は、恐らく新作で新聞社のもとめに応じて創られたものだろう。京都新聞は地方紙数紙と共同で連載小説や記事なども配信しているので、日本のどこかの地方紙でも見られるかも知れない。
写真は、その紙面に載るもので「自作の詩を朗読する谷川俊太郎さん」(東京・銀座の王子ホール)の説明がある。谷川さんは、もともと老けた顔立ちではあるが、さすがに1931年生れの満75歳という齢は正直である。
さすがに、わが親愛なる俊太郎ぶしは健在である。最近は「詩」の新作は少なかったが、2005年には詩集『シャガールと木の葉』というのが出たらしいが、私は未見である。
余計な解説は無用である。味わって読んでもらいたい。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.