FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
200807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200809
生活は規則正しく模範生 好みの色は「コーヒーブラウン」・・・木村草弥
800px-A_small_cup_of_coffee.jpg

──初出・Doblog2007/05/29──
──誕生色占い──(1)──

 生活は規則正しく模範生
    好みの色は「コーヒーブラウン」・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


今日5月29日は「誕生色」占いによると「コーヒーブラウン」が「誕生色」ということになっている。

つい最近、野村順一『誕生色事典』─「色の秘密」366日─という本を手に入れた。
同時に同じ著者の『色の秘密』─最新色彩学入門─という、いずれも文庫版の本である。(文春文庫PLUS)

これらの本で、野村順一は、次のように書く。

<日本人の色彩観は、季節の移り変わりで育まれたといえるでしょう。
春は夢のように淡く、夏は強い太陽と涼しさに、秋は錦織りなす紅葉と荒寥とした枯れ野、冬は凍てつく空と白一色の雪原に。
このような四季の色を、日本人は古くは平安時代から十二単、五衣(いつつぎぬ)に反映させていました。>

「コーヒーブラウン」coffee brown色とは「暗い黄色味のブラウン」と説明される。
人格を解くキーワードは「規律、模範、自信」。
その人の特徴は「常に向上できる技量を持った人」とある。

この「色占い」が当たっているかどうかは別にして、私は、この色が好きである。セーターやポロシャツなんかでは、この色のものを、よく身に着ける。替ジャケットなんかでも、この色のものを揃えてある。
場合によっては、この色変わりで、少し派手な茶色にすることもある。
スラックスというか今風に呼ぶとパンツなんかも、そんな色が好きである。
なにげなく身に着けると、ついそんな色を選んでいる自分に気づき苦笑することが多い。

この本の「人格のヒント」という説明には、こんなことが書いてある。

<規律正しい生活をし、規範となることを誇りに感じます。
自分に自信があるので逆境にもくじけず立ち向かっていけます。
コーヒーブラウンと相性のよい色は白と黄、向いている職業は健康管理のコーディネーターや薬剤師などです。>
例─その人はダイエットコーディネータです。
「油を抜けばカロリーは減りますが、腹持ちが悪く、すぐおなかがすいてしまいます。
食品はひとつに偏らず、幅広くいろんなものを摂るのがベスト。
食べものも運動も美容も全部合わせて健康に、という総合的なフィットネスをすすめています」とその人はいいます・・・・・。

けだし、適切な構築と言えるだろう。もっとも、私は、この日生まれではない。
見出しに掲出したのは、私の「占いもどき」の歌と承知してもらいたい。
これから適宜に載せる。


copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.