FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
200902<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200904
おぼおぼと春の宵月赤ければ土龍は土をもくもく盛りぬ・・・・木村草弥
Mogura1もぐら

 おぼおぼと春の宵月赤ければ
   土龍(もぐら)は土をもくもく盛りぬ・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載るものである。

写真はモグラ。百科事典によると、東日本にはアズマモグラ、西日本にはコウベモグラ、九州にキュウシュウモグラ、佐渡にサドモグラ、高山限定のシナノミズラモグラ、などが居るという。近年大型のコウベモグラが勢力を拡大して東は箱根山に及んでいるという。
この解説を見て気付くことは海で種が異なっていることである。つまりモグラは海を渡れないということであろうか。写真はネット上から拝借したもので、何モグラなのか私には判らない。

モグラは土の中のミミズや虫などを食べているもので、巣から餌場への往復に、もくもくとトンネルを掘り、農作物の根を荒らすので嫌われものである。
私の方の菜園でも、ひどい被害を受け、ペットボトルを再利用した「風車」などを設置してみたが、風がなければ地中に音が響かないし、殺鼠剤は使いたくないし、なかなか効き目がない。巣は雨水が入らない、何かの物体の下などに作るらしい。私の方の菜園ではコンポストの下に、どうも巣をしているらしいので、そこにトンネルを利用して石油ストーブ用の「灯油」を流し込んでみたら効果があった。
また、風車も、そうだが、地中に響く振動が嫌らしいので、菜園の4、5個所に長めの杭を打って、一日に数回、その杭を槌で20回くらい打つ、というのをやってみた。昨年は効果があった。
モグラは冬眠するので、今年また冬眠から覚めて悪いことをするようなら、試してみたい。
モグラの思い出としては、昔、少年の頃、モグラの被害を防ぐためにモグラの捕獲を奨励し、モグラを捕まえて農協へ持ってゆくと賞金をくれた。私の方は農家ではないのでやってみたことはなかったが、農家の子供たちはモグラを捕まえて小遣いかせぎをしていたのを覚えている。


copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.