K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
200904<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200906
POSTE aux MEMORANDUM(5月)月次掲示板
popyポピー

新緑の風薫る五月になりました。
木々の生命力を身に受けつつも、人間はとかく「五月病」とかになりやすい。
 酔うてしまうには美しい五月の夜・・・・・・・・・・有馬籌子
 目つむりいても吾を統ぶ五月の鷹・・・・・・・・・寺山修司
 少年に五月ぞ青し悲しめり・・・・・・・・・・・・・・ 高柳重信
 うつむけば人妻も夏めけるもの・・・・・・・・・・長谷川春草
 植田の水たつぷり畦にあやめ咲く・・・・・・・・・・・高島茂
 春の海ひきよせシラー・ぺルビアナ・・・・・・・・・高島征夫
 車輪梅父の紬を着てみるか・・・・・・・・・・・・・・高島征夫


トップ画像は野に咲くポピーですが、与謝野晶子の有名な歌があります。

ああ皐月(さつき)仏蘭西(フランス)の野は火の色す君も雛罌粟(コクリコ)われも雛罌粟

昨年旅行したスペインの野原にも、この花は群落を作っておりました。
スペイン語では、この花を「アマポーラ」と言います。よく知られている唄がありますね。

ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
このテンプレートの特徴として、「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は「月次掲示板」の日付しか出ませんから、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。選んだ月のカレンダーが出ますので当該日の日付を押すと一日づつ画面に表示されます。当該月分の一覧としては出ません。
「月別アーカイブ」の場合も同様です。極めて不自由ですが、このテンプレートは、そういう設計機能になっているようです。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の採用しているテンプレートは「XPIE6」には対応しないようになっていまして表示崩れを起こしますので、悪しからず。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください
私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは5/30付けをもってサービスが廃止されることになりました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移します。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。廃止までは旧記事の閲覧はそちらからお願いします。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』(以上3冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
私の本は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集)の題名はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」


補遺・緑茶ドリンクの今・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
200px-Suntory_IEMON伊右衛門

   補遺・緑茶ドリンクの今・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

本編にも書いた通り、いま在来の「リーフ・ティ」 (急須や茶漉しで茶を淹れる葉茶)の業界は、ペットボトルや缶の「緑茶ドリンク」に押されて青息吐息の始末である。
自分の身を守るために緑茶業界で力のあるところは大手のパッカーと手を組んで「緑茶ドリンク」の分野に参入した。
その皮切りが宇治茶の「福寿園」で、2004年にサントリーと共同で「伊右衛門」を投入した。
今や緑茶の流通に占める「緑茶ドリンク」のシェアは数量ベースで50パーセントを越えていると言われるから深刻である。
サントリーと福寿園の「伊右衛門」は今や1000億円を越える売り上げを示しているという。
4902102068185綾鷹

この成功を横目でみていたのが、ボトリング業界の雄・「日本コカコーラ」であり、これも宇治茶問屋である「上林春松本店」と手を組んで、2007年に写真②の「綾鷹」を投入した。まだ一年半を経過しただけなので、どのくらいの数字を占めているか、私は知らないが、日本中に置かれる自動販売機の半数を、このグループが押えているので、売れているのは間違いなかろう。ただし販売は自動販売機のみでスーパー、コンビニなどでは売られていないそうで、その点ではかなり限界があるということである。一般の緑茶ドリンクとは内容量が10パーセント少なく、高級茶のイメージで売っているから、これも限界があるということ。
それに、このグループは、緑茶ドリンクでも他に「一(はじめ)茶織」「茶花」などのブランドを複数発売しており、健康茶の分野でも「爽健美茶」の他に「茶流彩彩」に2種類、「紅茶花伝」には何と7種類のバラエティを展開するなどしており、これが日本コカコーラグループの戦略のようで、集中してドカッと押しまくるということはないので、したがって「綾鷹」も数量的には限定されるものと判断できる。
写真②のリンク先をクリックしてもらえば、よく判るがCMも凝って作ってある。お暇があれば詳しく見てみるのも面白い。果してどうなるか、お手並み拝見と参りましょう。

new_pro7a.gif

そもそも「緑茶ドリンク」なる流通を切り開いてきたのは「伊藤園」である。
もともとは「リーフ・ティ」の卸売り業者だった。その伊藤園が1985 年に発明した世界初の缶入り緑茶を原点に、長年に渡りお客様に愛され続けてきた「お~いお茶」 。
「おーいお茶」というネーミングも広く受け入れられて、緑茶ドリンクのパイオニアとして、伊藤園はキリンビールの「生茶」や「伊右衛門」やらの出現で一時的に落ちたシェアも生産、販売の両面で経営努力して、その都度、一定期間を経ると、一度落ちたシェアも取り戻してきたという。
伊藤園は緑茶専業として、どのグループにも属さずに、独力で、緑茶ドリンクのトップメーカーとして君臨してきたのである。
その日の出の勢いだった緑茶ドリンクも2007年には成長は止まり、いくらかの出荷減の様相を呈しているという。いわゆる「頭うち」である。
もともと「日本緑茶」の市場というのは数量ベースで言うと年間10万トンであり、今の数字は緑茶ドリンクも含んで全く変っていないから、「リーフ・ティ」の旧来の業界は、「緑茶ドリンク」に物凄く「食われた」と言えるのだ。
さればこそ、緑茶ドリンク業界内の競争は熾烈を極めているというべきである。
  
揉みあがる新茶の温み掌にとれば溢るる想ひ思慕のごとしも ・・・・・・・・・・・木村草弥
茶園

  揉みあがる新茶の温み掌(て)にとれば
    溢るる想ひ思慕のごとしも・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。
半生を茶とともに過ごしてきた者として、今やたけなわの「新茶」シーズンを黙過することは出来ないので、今日は新茶のことを採り上げる。
茶の木の新芽というのは、これは単なる植物の新芽というのではなく、飲料にする「茶」の元であるから、ここまで来るのに肥料をやったり害虫防除のために苦心したりと一年間の苦労が、この新芽に凝縮しているのである。
だから、掲出した歌のような「想い」になるわけである。
私の方の茶園は「玉露」「碾茶(抹茶原料の茶)」という高級な茶製造に特化してやってきたので、茶のうちで大半を占める「煎茶」製造とは違っているが、製茶の過程そのものは一緒である。
watch-4茶の芽

写真②の上の方に黒い帯状のものが見えるが、これは「覆下園」といって高級茶を製造するために日光を遮断するものであり、昔は「葦簾よしず」の上に「菰」を敷き、稲藁をばら撒いていたが、今では化学繊維のクレモナという布を敷くように変っている。
この「日光遮断」というのは経験的な知恵として昔からやられてきたことなのだが、近年の研究で、こうすることによって茶の旨みである「テアニン」「というアミノ酸系の化合物の含有が上がることが判ってきたのである。
こういう労働集約的な茶栽培は手間がかかる上に「玉露」というようなものは、世の中がせちがらくなって飲まれなくなり、今や茶の消費の主流は「煎茶」それも中級品以下のものに集中してしまった。その上にペットボトルに入った「緑茶ドリンク」の時代になってしまった。
watch-3茶園

写真③は大規模な煎茶園である。茶園の中に電柱のように立っているのは晩霜を防ぐための「防霜扇」というものである。これは新茶時期に襲う晩霜を防ぐもので、その原理は冷気は地上の低いところにたまるが、地上5メートルくらいのところの空気は暖かいので、その空気を地表に吹き付けて霜を防ごう、というものである。
この頃では茶園栽培も機械化によって人手を省き、栽培面積を広げてコストを下げようとする規模拡大が進んでいる。
kabuse11乗用型摘採機

写真④のように茶園を跨ぐような「乗用型摘採機」が取り入れられてきた。
判りやすく言うと、大きな「バリカン」で茶の葉を刈り込んでゆくのである。
写真⑤に示すように、もっと大型の乗用型摘採機も導入されてきた。
p1_001_05乗用摘採機

世界的に茶というと「紅茶」のことだが、ロシアも紅茶を生産するが、ここはソ連の時代から茶栽培も大型の摘採機械を使ってきた。そのような趨勢が、日本でも緑茶生産に取り入れられてきたと言える。
いわゆる「トラクター」と称するものの一種である。
このくらいの機械になると乗用車などよりも遥かに高価なものだが、農作物の中では茶の価格は比較的に安定しているので、十分にペイすると思われる。

茶専門店にとって、先に書いたペットボトルの茶の普及が一番のガンなのである。このペットボトルなどの「緑茶ドリンク」の流通は、茶専門店とは完全に別の販売ルートになっており、自販機やスーパー、コンビニにメーカーから直接に流れるので、これが普及すればするほど茶専門店は苦境に陥る。
「緑茶ドリンク」が出回りはじめて、もう二十年余になるが、私は同じ歌集『嘉木』の中で
「緑茶ドリンク」の題で詠んでおいたのでWebのHPでご覧いただける。

「おーい、お茶」缶ドリンクがごろりんと自販機の穴から出づる便利さ

温めても冷たくしてもおいしおす緑茶ドリンクは春夏秋冬

茶流彩々・爽健美茶・十六茶お茶専門店はあがつたりどす

ビタミンC添加したれば酸化防止できると知りて茶ドリンク奔流

ビタミンC添加の清涼感ありて若者は好む緑茶ドリンク

勝敗は自動販売機の数で決まるルートセールスの車疾駆す

流通の様変りして「茶葉」ならぬ「液体の茶」に苦しめられつ


のような歌を詠んでおいた。
この趨勢は年とともに強まり、今や緑茶ドリンクは日本茶流通の50%を占めるに至っている。原料は、いずれも同じ茶葉であり、生産段階でドリンクパッカーが原料を多量に買い付けしようとするので、原料の奪い合いになり、ここでも専門店側は不利である。
茶業界にも、いろいろ悩みはあるのである。
「補遺・緑茶ドリンクの今」という記事を別建てで載せたのでご覧いただきたい。


万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて・・・・・・・・・・・橋本多佳子
yun_634奈良鹿

  万緑やおどろきやすき仔鹿ゐて・・・・・・・・橋本多佳子

    ■雄鹿の前吾もあらあらしき息す

    ■女(め)の鹿は驚きやすし吾のみかは


今日5月29日は橋本多佳子の忌日である。
生まれは東京の本郷。杉田久女に会い、はじめて俳句を作った。のち山口誓子に師事し「天狼」同人だった。昭和38年大阪で没する。64歳だった。
彼女の句は命に触れたものを的確な構成によって詠いあげた、情熱的で抒情性のある豊麗の句境だった。

掲出した句は奈良の鹿に因むものを三つ並べてみた。
上に書いたように「命に触れた」みづみづしい、生命に関する「いじらしい一途さ」に満ちている。
私は彼女の句が好きで、今までに何句引いただろうか。
以下、ネット上の正津勉「恋唄 恋句」から当該記事を引いておく。 
---------------------------------------
2橋本多佳子

20. 橋本多佳子

 雪はげし抱かれて息のつまりしこと

橋本多佳子。美女の誉れたかい高貴の未亡人。大輪の花。ゆくところ座はどこもが華やいだという。
 明治三十二年、東京本郷に生まれる。祖父は琴の山田流家元。父は役人。四十四年、菊坂女子美術学校日本画科に入学するも病弱のために中退。大正三年、琴の「奥許」を受ける。
 六年、十八歳で橋本豊次郎と結婚。豊次郎は大阪船場の商家の次男で若くして渡米し、土木建築学を学んで帰国、財を成した実業家。ロマンチストで、芸術にも深い造詣があった。結婚記念に大分農場(十万坪)を拓き経営。九年、小倉市中原(現、北九州市小倉北区)に豊次郎設計の三階建て、和洋折衷の西洋館「櫓山荘」を新築。山荘は小倉の文化サロンとなり、中央から著名な文化人が多く訪れる。
 十一年、高浜虚子を迎えて俳句会を開催。このとき接待役の多佳子が、暖炉の上の花瓶から落ちた椿の花を拾い、焔に投げ入れた。それを目にした虚子はすかさず一句を作って示すのだ。「落椿投げて暖炉の火の上に」。この一事で俳句に興味を覚える。これより同句会に参加していた小倉在住の杉田久女の指導を受けて、やがて「アララギ」他の雑詠に投稿する。
 昭和四年、小倉より大阪帝塚山に移住。終生の師山口誓子に出会い、作句に励む。私生活では理解ある夫との間に四人の娘に恵まれる。まったく絵に描いたような幸せな暮らしぶり。しかし突然である。

 月光にいのち死にゆくひとと寝る

 十二年九月、病弱で寝込みがちだった豊次郎が急逝。享年五十。「運命は私を結婚に導きました」(「朝日新聞」昭和36・4)。その愛する夫はもう呼んでも応えぬ。これもまた運命であろうか。多佳子三十八歳。葬後、ノイローゼによる心臓発作つづく。「忌籠り」と題する一句にある。

 曼珠沙華咲くとつぶやきひとり堪ゆ

 日支事変から太平洋戦争へ。十九年、戦火を逃れ奈良の菅原に疎開。美貌の人が空地を拓き、モンペをはき、鍬を振るい畑仕事に精を出す。
 敗戦。二十一年、関西在住の西東三鬼、平畑静塔らと「奈良俳句会」を始める(二十七年まで)。奈良の日吉館に米二合ずつ持ち寄り夜を徹して句作する。この荒稽古で多佳子は鍛えられる。「何しろ冬は三人が三方から炬燵に足を入れて句作をする。疲れればそのまま睡り、覚めて又作ると云ふ有様である。夏は三鬼氏も静塔氏も半裸である。……奥様時代の私の世界は完全に吹き飛ばされてしまつた」(「日吉館時代」昭和31・9)
 はじけた多佳子は生々しい感情を句作ぶっつけた。

 息あらき雄鹿が立つは切なけれ

 秋、交尾期になると雄鹿は雌を求めもの悲しく啼く。「息あらき雄鹿」とは雌を得るために角を合わせて激しく戦う姿。多佳子はその猛々しさに目見開く。「雄鹿の前吾もあらあらしき息す」「寝姿の夫恋ふ鹿か後肢抱き」。雄鹿にことよせて内奥をあらわにする。それがいよいよ艶めいてくるのだ。
 ここに掲げる句をみよ。二十四年、寡婦になって十二年、五十歳のときの作。降り止まぬ雪を額にして、疼く身体の奥から、夫の激しい腕の力を蘇らせた。亡夫へこの恋情。連作にある。

 雪はげし夫の手のほか知らず死ぬ

 物狂おしいまでの夫恋。「夫の手のほか知らず死ぬ」。微塵たりも二心はない。そうにちがいない。だがしかしである。
 ここに多佳子をモデルにした小説がある。松本清張の「花衣」がそれだ。主人公の悠紀女が多佳子。清張は小倉生まれだ。「自分も幼時からK市に育った人間である。……彼女がその街にいたときの微かな記憶がある。それはおぼろげだが、美しい記憶である」として書くのだが、いかにも推理作家らしい。なんとあのドンファン不昂(三鬼)が彼女を口説きひどい肘鉄砲を喰らわされたとか。それらしい面白おかしいお話があって、ちょっと驚くような記述がみえる。
「……悠紀女は癌を患って病院で死んだ。……その後になって、自分は悠紀女と親しかった人の話を聞いた。彼女には恋人がいたという。/対手は京都のある大学の助教授だった。年は彼女より下だが、むろん、妻子がある。……よく聞いてみると、その恋のはじまったあとあたりが、悠紀女の官能的な句が現れたころであった」
 でもってこの助教授が下世話なやからなのだ。それがだけど彼女は別れるに別れられなかったと。そんなこれがぜんぶガセネタ、デッチアゲだけでもなかろう。とするとこの夫恋の句をどう読んだらいいものやら。ふしぎな味の句も残っている。

 夫恋へば吾に死ねよと青葉木菟

 しかしやはり多佳子はひたすら豊次郎ひとりを一筋恋いつづけた。ここはそのように思っておくことにする。美しい人は厳しく身を持して美しく老いた。年譜に二十七、三十一、三十三年と「心臓発作」の記録がみえる。

 深裂けの石榴一粒だにこぼれず

 三十五年七月、胆嚢炎を病み入院。年末、退院するも、これが命取りとなる。じつにこの石榴は病巣であって、はたまた命の塊そのもの。

 雪の日の浴身一指一趾愛し

 三十八年二月、入院前日、この句と「雪はげし書き遺すこと何ぞ多き」の二句を短冊にしたためる。指は手の指、趾は足の指。美しい四肢と美しい容貌を持つ人の最期の句。
 五月、永眠。享年六十四。

   
みづからを思ひいださむ朝涼しかたつむり暗き緑に泳ぐ・・・・・山中智恵子
403otomおとめまいまい

  みづからを思ひいださむ朝涼し
    かたつむり暗き緑に泳ぐ・・・・・・・・・・・山中智恵子


いま二行に分けて書いてみたが、もちろん原歌は、ひと連なりの歌であるが、二行に分けて書いてみると、その感じが一層強くするのが判った。
この歌の上の句と下の句は、まるで連句の付け合いのような呼吸をもって結びついている。
事実、作者は一時期、連句、連歌に凝っていた時期がある。
この歌の両者は微妙なずれ、あるいは疎遠さを保って結びついているので、却って、結びつきが新鮮なのである。この歌は字句を追って解釈してみても、それだけでは理解したことにはならないだろう。叙述の飛躍そのものの中に詩美があるからである。みずからを思い出すという表現は、それだけで充分瞑想的な世界を暗示するので、下の句が一層なまなましい生命を感じさせる。
大正14年名古屋市生まれの、独自の歌境を持つ、もと前衛歌人であったが平成18年3月9日に亡くなられた。
この歌は昭和38年刊『紡錘』所載。

先に、永田耕衣の「かたつむり」の句を挙げたので、それに対応してこの歌を掲出した。
以下、山中智恵子の歌を少し引く。
----------------------------------------
道の辺に人はささめき立春の朝目しづかに炎えやすくゐる

わが戦後花眼を隔てみるときのいかにおぼろに痛めるものか

ああ船首 人は美し霜月のすばるすまろう夜半めぐるらう

さやさやと竹の葉の鳴る星肆(くら)にきみいまさねば誰に告げむか

淡き酒ふくみてあれば夕夕(ゆあべゆふべ)の沐浴ありときみしらざらむ

この世にぞ駅てふありてひとふたりあひにしものをみずかありなむ

未然より未亡にいたるかなしみの骨にひびきてひとはなきかな

秋はざくろの割れる音して神の棲む遊星といふ地球いとしき

こととへば秋の日は濃きことばにてわれより若きガルシア・マルケス

こもりくの名張小波多の宇流布志弥(うるぶしね) 黒尉ひとり出でて舞ふとぞ

ああ愛弟(いろせ)鶺鴒のなくきりぎしに水をゆあみていくよ経ぬらむ

ながらへて詩歌の終みむことのなにぞさびしき夕茜鳥

意思よりも遠く歩める筆墨のあそびを思ひめざめがたしも

きみとわれいかなる雲の末ならむ夢の切口春吹きとぢよ

その前夜組みし活字を弾丸とせし革命よわが日本になきか

くれなゐの火を焚く男ありにける怪士(あやかし)の顔ふりむけよいざ

ポケットに<魅惑>(シャルム)秋の夕風よ高原に棲む白きくちなは


  
かたつむりつるめば肉の食い入るや・・・・・・・・・・永田耕衣
sizen266カタツムリ

  かたつむりつるめば肉の食い入るや・・・・・・・・・・永田耕衣

永田耕衣は明治33年兵庫県生まれの現代俳壇の長老の一人だった。
戦後、東洋的無の立場を裏づけにもつ「根源俳句」の主張で注目を浴びたが、仏教とくに禅への関心が深く、現代俳句における俳味と禅味の合体、その探求者と言えば、先ずこの作者をあげる必要があるという。
この「かたつむり」の句は、そのような俳人の面目躍如とした作で、清澄な心境と混沌たる性的世界への凝視とが一体化したような力強さと、一面、面妖な迫力がある。
「つるめば肉の食い入るや」という観察は、対象がかたつむりであるだけに、何とも粘着力のある、一読忘れ難い印象を与える。性を詠んで性を突き抜けているのだ。昭和27年刊『驢鳴集』所載。

永田耕衣は「阪神大震災」に遭遇し、これを題材にした秀句があるが、いま手元にないので引くことが出来ない。それまでの時期の句を引きたい。

----------------------------------------
 夢の世に葱を作りて寂しさよ

 夏蜜柑いづこも遠く思はるる

 野遊びの児等の一人が飛翔せり

 厄介や紅梅の咲き満ちたるは

 梅雨に入りて細かに笑ふ鯰かな

 近海に鯛睦み居る涅槃像

 蛍火を愛して口を開く人

 泥鰌浮いて鯰も居るというて沈む

 野を穴と思い跳ぶ春純老人

 白桃を今虚無が泣き滴れり

 夢みて老いて色塗れば野菊である

 淫乱や僧形となる魚のむれ

 生き身こそ蹤跡無かれ桃の花

 我が頭穴にあらずや落椿

 男老いて男を愛す葛の花

 薄氷や我を出で入る美少年

 いづこにも我居てや春むづかしき

 桃の花道在ることに飽きてけり

 空蝉に肉残り居る山河かな

 強秋や我に残んの一死在り

------------------------------------

ネット上から「もう一つの仏教学・禅学 」という記事を転載しておく。
永田耕衣のことが詳しく書いてある。写真②は「耕衣自伝」(1992年沖積舎刊)
024kouijiden耕衣自伝

根源俳句、永田耕衣
根源俳句 人間を探求した俳人
永 田 耕 衣 の 生 涯


幸福とは言えない幼少時代
明治三十三年(1900) 1月21日、兵庫県加古郡尾上村(現在、加古川市尾上町)に生まれる。本名軍二。父岩崎林蔵は村役場収入役。
明治三十九年(1906)[6歳]父母と同居のまま母系永田家を継ぐ。 父母の仲は悪かった。母親が家を出て長く帰らぬこともあった。母が家出するころには、兄や姉も家を離れており、家には耕衣ひとり残された。
大正三年(1814)[14]兵庫県立工業学校入学。文学誌を発行。 俳句に関心を持つほか映画・演劇にも興味を持つ。
大正八年(1919)[19]勤務の三菱製紙高砂工場にて抄紙機で右指組織潰滅の負傷。

禅との出会い
このころ、禅哲学に興味を抱く。
「最初は禅そのものを求めてというより、縁を生かし、好奇心につられてのこと。この大怪我のため静養中、実家が檀家でもある祥福寺で、新住職を迎えての晋山式(しんざんしき)があり、そこで法戦が行われると聞いて出かけて行った。」(C37)
「禅に親しみ始めたのは二十歳位の頃でしたな。生まれ故郷のお寺で禅問答が公開されたのを見聞に言ったときからです。その師家に雲水が、「青島」(チンタオ)へ行ってこられたそうですが、何か珍しいことがありましたか」と問う。師僧がその雲水を説き伏せる意味で「雀はチュウチュウ、カラスはカアカア」と答えるが早いか、その雲水の肩をシッペイでパ-ンと打ったんです。そういうことが実に印象的でしたね。何となく禅というものは面白いと思いました。」(A20)
「このことがおもしろくて、耕衣は高僧の法話や座禅の催しがあると知ると出かけ、ときには、これはと思う禅寺を一人で訪問した。 秋の夕暮れ、訪ねて行った臨済宗の寺の老師は、闇の迫る中で、灯火もつけず、「禅というのは、厄介なものや」
禅修行で悟りを開いたはずなのに、一歩退いたところから、そんな風に眺める「ユトリ」といったものがあり、耕衣はさらに興味をかきたてられたりし、以後、生涯にわたって禅への関心は消えなかった。 もっとも、それはあくまで気ままに、高僧を訪ねたり、道元や西田幾多郎の著作を通じて学ぶということであって、荒行や修行の類とは無縁。その時間がないというより、それらが一つの型式、一つの型に人間をはめこみ、その中での自己陶酔になりかねぬ、と感じたからである。」(C37)

文芸活動
大正九年(1920)[20]右腕負傷のため兵役免除。結婚。毎日新聞兵庫県版付録俳句欄に初投句。 このころ大阪の俳誌『山茶花』に投句。
昭和三年(1928)[28]武者小路実篤の文学に心酔。「新しき村」入村を志すが、手の障害では農作業は無理だと断念、村外会員となる。 村の機関紙「新しき村」昭和3年6月号に短編小説『秋風』が掲載される。
昭和四年(1929)[29]このころ俳誌『山茶花』から『鹿火屋』(原石鼎主催)にのりかえる。 「鶏頭陣」(小野撫子主催)にも投句。古陶趣味の影響を撫子より受ける。このころ原石鼎敬慕。
昭和十年(1935)[35]主宰俳誌「蓑虫」を創刊。(十六号で休刊)

地元の俳誌加入を拒否される
「地元で新たな俳誌ができ、加入を申し込んだところ、耕衣が「ホトトギス」系でない「鹿火屋」誌などに関係していたという理由で拒絶された。」(中略) (原石鼎の句「淋しさにまた銅鑼(どら)打つや鹿火屋守」はーー) 「孤独の深さをうたう美しい句だが、写生中心のホトトギス系の世界からは遠いとされ、ついでに耕衣も敬遠された。

自ら、句誌「蓑虫」を創刊
俳句の世界にも、派閥や縄張り意識があるのかと、耕衣は興ざめしたが、そこでくさることなく、それならそれでと、工場内で関心のありそうな仲間に声をかけ、四十人を集めて、句誌「蓑虫」を創刊、その中の何人かを撫子の「鶏頭陣」誌にも紹介した。」(C55)
昭和十二年(1937)[37]文化趣味の会「白泥会」を結成。棟方志功・河井寛次郎らに接し、民芸の精神を養う。白泥会は、高砂の工楽(くらく)長三郎(造船、海運で財をなした)邸で行われた。

<棟方志功とのつきあい>
「長三郎は芸術や文化への関心が強く、若手の芸術家や学者を招いて、土地の同期の人々と共に話を聞く集いを持つようになった。会の名は「白泥会」。」(C22)
「耕衣は、この白泥会で志功の話を聞くだけでなく、会が無い日でも志功が工楽邸に泊まるときには、欠かさず訪ねて話こんだ。(中略) 二人には、禅や謡曲といった共通の話題もあったが、何より「もう一つの仏教学・禅学 」も創作への姿勢という面で共鳴し合った。「根源」とか「第一義」とかを問題にし、写生よりも、自己主張や観念を打ち出す。泥くさく見られたりすることなど、念頭にない。」(C22)
昭和十五年(1940)[40]「鶴」に投句、のち同人。思想弾圧下の時勢下で小野撫子より警告を受ける。

写生とは違う俳句へ
「俳壇で主流を占めてきたのは、高浜虚子が主催する「ホトトギス」派で、正岡子規の写生説を忠実に守り、花鳥諷詠を中心に置いた俳句づくりをというものであったが、一部の俳人たちはそれにあきたらず、昭和に入ってからの社会不安や軍国主義のひろがりの中で、人生や社会をも見つめ、また写生にとらわれぬ句をと、「ホトトギス」から脱退、「京大俳句」「旗艦」「馬酔木」(あしび)などの句誌を出し、俳句革新運動をはじめた。季語のない句をつくるなどもし、「新興俳句」の名で呼ばれた。
人間として爆発するように生きたいとする耕衣は、花鳥諷詠の「ホトトギス」派とはもともと波長が合わなかったが、といって「革新運動」などという組織的な活動に加わるのもにが手。
しかし、その新しい運動の中で、自分の句がどう評価されるかには興味があり、日野草城主催の「旗艦」に投句してみた。だが、思ったほどの反応がないため、一年ほどでやめ、今度は石田波郷主催の「鶴」に投句したところ、三ケ月で同人に推された。」(C63)

新興の俳人の思想弾圧
昭和15年2月「京大俳句」の平畑静塔ら8人が、治安維持法違反で検挙される。
 5月、東京の同人四人も逮捕。
 8月、西東三鬼が逮捕される。
昭和16年2月、秋元不死男が逮捕される。
 逮捕者15名中3名起訴され、残りの人は数カ月から一年拘置され、釈放されたが、「執筆禁止」を言い渡された。 こういう状況にあって、小野撫子が体制側にあって俳句を検閲していたらしく、小野から耕衣に警告の知らせが届いた。耕衣は上京し、小野にあい、しばらく句作を中断する旨、伝えた。だが、しばらくして小野に無断で、名前を変えて石田波郷の俳誌「鶴」に投句。

戦争中参禅
「早く禅の道へ踏みこんでいた彼は、俳句に注いでいた時間の一部を禅にふり向け、時間をつくっては、神戸祥福寺の臥牛軒老師を訪ね、年末の臘八接心(ろうはつせっしん)に参禅したりした。
動き出してしまうと止まらなくなるのが、耕衣の常である。祥福寺だけでなく、近くの明石や加古川の禅寺へも出かけた。また、禅に明るい哲学者西田幾多郎の著作を人にすすめられ、読みはじめると、これまた夢中になり、次々に読みふけった。 こうして禅への親しみが深まると、彼は自分一人がその法悦に浸っていては申し訳ない、という気がしてきた。
このため、会社でのクラブ活動の一つとして座禅会をつくり、加古川の寺の和尚を招いて提唱を聞くことにしたところ、工場長はじめ三十人ほどが参加するようになった。」(C77)

戦後、独自の道へ
昭和二十二年(1947)[47]石田波郷・西東三鬼が来て一泊。三鬼が耕衣の句を激賞。「現代俳句協会」会員に推される。
昭和二十三年(1948)[48]西東が中心の「天狼」同人となる。「根源探求論」を展開する。
「天狼」が「他の結社との重籍を認めず」という規約があったため、「鶴」「風」同人を辞退。

自由を縛る「天狼」に嫌気
「その句が純ホトトギス系でないという理由で、播磨の俳誌グループへの入会を断られことが戦前にはあったが、戦後、また似たようなことが始まったのか、と。

「マルマル人間」
結社があって俳人があるわけでなく、俳人たちが「マルマル人間」として自由に集まる組織が結社のはずであり、それ以上のものでも、それ以下のものでもないはずではないか -。 三鬼との間に、こうして思いがけぬ隙間風が吹くようになった。」(C100)
昭和二十四年(1949)[49]「琴座」(リラザ)創刊、主宰となる。 (「琴」のギリシャ語から、リラ座と呼ぶ。)
昭和二十七年(1952)[52]三菱製紙高砂工場製造部長となる。
昭和二十八年(1953)[53]「天狼」を脱会。「鶴」同人に復帰。

孤高の道
禅僧との交わり

「耕衣は志功を訪ねたが、当時、逆に耕衣との議論を好み、須磨の家まで訪ねてきた別世界の人が居る。
神戸祥福寺の師家、山田無文。
たまたま耕衣とは同年だが、その説法は評判が高く、後に臨済宗妙心寺派管長となる。花園大学学長もつとめ、国際的にも知られた高僧だが、生活は質朴。文化勲章も拒否する気骨の人であった。」(C25) 《(注)昭和28年から祥福寺の師家。》
「手の障害のせいもあって、耕衣は旅を苦手としたが、東京出張の機会を活かし、社用が終わると、朝比奈宗源などの禅僧や、俳人たちを訪ねたが、それは耕衣がそのときどきに興味や関心を持った相手ということであって、このため、「天狼」以外の俳人とばかり接触していると、うわさする声もあった。
このため、耕衣は「天狼」を去った。
戦前、大結社の「ホトトギス系」に拒まれたため、結果的に新興俳句の流れとして扱われた耕衣だが、その流れの延長上に在る「天狼」からも離れることで、耕衣はいわゆる結社らしい結社とは無縁の生き方をすることになった。」(C116)
昭和三十年(1955)[55]定年退職。赤尾兜子・橋門石らと研鑽のため「半箇の会」を結成。 毎日新聞神戸版俳句欄選者となる。

退職後、読書に時間をさく。詩人の西脇順三郎、歌人、斎藤茂吉に傾倒。 禅に造詣の深い詩人、高橋信吉にも。
昭和三十一年(1956)[56]神戸在住の金子兜子を知る。
昭和三十三年(1958)[58]「俳句評論」創刊とともに同人となる。
昭和三十七年(1962)[62]「現代俳句協会賞」審査員。
昭和三十八年(1963)[63]初の書作展を神戸新聞会館で開く。
昭和四十四年(1969)[69]東京三越本店で「書と絵による永田耕衣展」を開催。
敬慕の西脇順三郎と初対面のほか多くの出会いを得る。津高和一展(西宮)で須田剋太と初対面。

<棟方志功が祝辞>
「昭和四十四年には、東京の三越本店美術サロンで、「書と絵による永田耕衣展」を。このときには、そのカタログに西脇順三郎らの跋(ばつ)とともに、棟方志功がいかにも志功らしい次のような祝辞を寄せた。
<禅機ということを聞く。永田耕衣氏の書は同意から生まれていると機す。書くというよりも「機す」とその意を介した方がよくまた解した事でもよい。ヨロコンダリ。ワラッタリ。ベソカイタリ。アカンベイヲ、シタリ。ナキヤマナイヨウ、ダッタリ。ダダヲコネタリ。お終いにはスヤスヤねむって仕舞って、ひとり笑いしている様な書を生むのを得意としているこの人の書は、滅多に他に無いようだ。羨ましい。>」(C139)
昭和四十六年(1971)[71]「銀花」第7号で耕衣の書画が特集される。須永朝彦・高橋睦郎来訪。
昭和四十七年(1972)[72]ラジオ関西で「山頭火について」4回放送。
昭和四十九年(1974)[74]舞子ビラにて全句集「非佛」出版記念会が開かれる。神戸市文化賞受賞。
昭和五十年(1975)[75]「琴座」300号で俳句的信条<陸沈の掟>十一ケ条を提示。
昭和五十一年(1976)[76]吉岡実編「耕衣百句」に対する丸谷才一の評文が朝日新聞に掲載される。
昭和五十六年(1981)[81]神戸新聞社「平和賞」受賞。
昭和五十九年(1984)[84]兵庫県文化賞受賞。
昭和六十一年(1986)[86]妻ユキエ死去。
平成二年(1990)[90]第2回「現代俳句協会大賞」受賞。
平成三年(1991)[91]第6回「詩歌文学館賞」受賞。

遅すぎる受賞
「長い長い積み上げがあって、耕衣句はようやく世間の目に触れるようになった。
昭和六十年には、朝日文庫の「現代俳句の世界」シリーズで、『永田耕衣 秋元不死男 平畑静塔集』が刊行され、平成三年には薄く小型の選句集『生死』(ふらんす堂)、その翌年には『永田耕衣』が春陽堂俳句文庫の一冊として出た。」(C199)
「俳句関係には早くから大小さまざまな賞があったが、耕衣に対する全国版の賞は、はじめてのことであった。
句歴が長いだけでなく、耕衣はたしかにここ数年も力作、異色作を発表し続けてきた。(中略)
あまりにもおそい受賞ともいえた。
俳壇から孤立というか、異端視されてきた耕衣としては、手放しでよろこぶという具合には行かない。
そこで、次の一句。
「褒貶(ほうへん)をひねり上げたり鏡餅」」(C193)
平成七年 [95歳] 一月、阪神大震災によって自宅全壊。2階のトイレに閉じ込められたが救出され、天理教の講堂に避難。
2日後、市内の同人の家に避難
半月後、寝屋川の特別養護老人ホームへ移る。車椅子が必要になる。
同人が、自宅から書籍を発掘して姫路文学館に収める。
六月、大阪で「耕衣大晩年の会」を開催、150人集まる。
平成八年 [96歳] 五月、神戸で「大晩年耕衣書画展」
朝食に向かう途中、ころんで、左上腕骨を折り、書けなくなる。
平成九年 [97歳] 『琴座一・二月合併号』で廃刊。
八月25日、死亡。泉福寺に墓地がある。(ここには埋葬されていないという)


閑さや岩にしみ入る蝉の声・・・・・・・・・・・・・・松尾芭蕉
蝉

  閑(しづか)さや岩にしみ入る蝉の声・・・・・・・・・・・・松尾芭蕉

「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人」という有名な言葉で始まる『おくのほそ道』の旅は元禄2年5月27日に山形の立石寺に到達する。
この句は、そこで詠まれたものである。
もちろんこの日付は旧暦であるから今の暦では7月となるが敢えて今日の日付で載せることにする。
地元では「りっしゃくじ」と発音するとのことで、それに倣いたい。

今の所在地は山形市大字山寺という。山寺駅の鄙びた駅舎を出ると、目の前にいきなり突兀たる山寺の山容が迫ってくる。別名・雨呼山、標高906メートル。長い石段をあえぎながら登る。岩峰の一つ一つに堂塔が配され、壮観とも絶景とも言えよう。立谷川を渡るとまもなく根本中堂がある。本尊は薬師如来で、貞観2年(860年)慈覚大師円仁の開山と伝えられる。
現在の根本中堂は天文12年(1543年)の再建とあるから、芭蕉が山寺を訪れた元禄2年(1689年)には、この建物は建っていたわけである。
『おくのほそ道』は、

<岩に巌を重て山とし、松柏年旧(としふり)、土石老て苔滑に、岩上の院々扉を閉て、物の音きこえず。岸をめぐり、岩を這て、仏閣を拝し、佳景寂寞として心すみ行のみおぼゆ。/閑さや岩にしみ入蝉の声>

と描きしるしている。

芭蕉の頃は、今のように「送り仮名」が統一されておらず、読みにくいが、おおよその意味は通じるだろう。
この「蝉の声」の句碑は、境内慈覚大師お手植えの公孫樹の木陰をくぐると、芭蕉の銅像と並んで立っている。
この山寺は恐山、早池峰山、蔵王山、月山、羽黒山などと共に東北における山岳信仰の代表的な山とされ、何よりも、この山の特徴は、死後魂の帰る霊山と考えられていることである。「開北霊窟」の扁額を掲げる山門をくぐると、奥の院までの石段は実に千数百段、中腹に芭蕉の短冊を埋めたという「蝉塚」がある。もちろん書かれた句は「閑さや」であろう。
「奥の院」まで登る人は多くない。一般的には「山門」までで、私も、そうした。

ところで、芭蕉が訪れた時に、果たして「蝉」が鳴いていたか、という論議が古くから盛んである。
曾良『随行日記』には長梅雨の最中だったが、山寺の一日だけ晴れた、と書かれているが、晴れたからといって、その日だけ蝉が鳴いたというのも不自然である。

では、なぜ芭蕉は、此処で蝉の句を詠んだのか。

芭蕉は若き日、故郷の伊賀上野で藤堂主計良忠(俳号・蝉吟)に仕えた。
元禄2年は、旧主・蝉吟の23回忌追善の年にも当る
。「岩にしみ入る」と詠まれた山寺の岩は、普通の岩塊ではなく、岩肌に戒名が彫られ、板塔婆が供えられ、桃の種子で作った舎利器が納められる。つまり、あの世とこの世を隔てる入口なのである。俗に「奥の高野」と言われ、死者の霊魂が帰る山に分け入り、死の世界に向き合った芭蕉が、自分を俳諧の道に導いてくれた蝉吟を悼み、冥福を祈って「象徴的」に詠んだ句──それが、この「閑さや」の句だ、という説がある
私は、この説に納得するものである。
----------------------------------------
「山寺・立石寺」については、このサイトが写真で詳しい。
このサイトに芭蕉句碑の鮮明な写真があるので拝借したいと思ったが有料とのことで断念し、リンクをするにとどめた。ぜひアクセスしてみられよ。

おのづから陥穽ふかく来しならむ蟻地獄なる翳ふかき砂・・・木村草弥
arijigoku-su13蟻地獄

  おのづから陥穽(かんせい)ふかく来しならむ
    蟻地獄なる翳(かげ)ふかき砂・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。

掲出の写真は見難いかも知れないが、画面に四つほど「蟻地獄」のすり鉢状の凹みが見えると思う。

arinotiwosutta2蟻地獄幼虫

写真②は、この蟻地獄の持ち主である「ウスバカゲロウ」の幼虫(左側)と、右側は食べた「獲物」の殻である。というのは捕らえた虫の体液を吸い取るのが、この幼虫の食事の仕方なのである。用済みの虫の殻は顎の力で巣の外に放り飛ばしてしまう。写真は、もちろん判りやすいように巣からつまみ出して並べてみたものである。

この蟻地獄は寺院や神社などの雨の掛からない軒下(縁側の下など最適)の砂地に穴を掘る。
この虫の生態については内外で詳しく観察している研究者が居て、ネット上でもエッセイなどが載っている。因みに英語ではAnt-lion という。
そのうちの三輪茂雄氏のエッセイMedical Pharmacy.Vol.20.May.114-115(1986)をもとに少し書いてみよう。

蟻地獄の陣地構築はどうするのか。
彼は先ず大きな輪を描きながら後ずさりしてゆく。その輪の直径は次第に小さくなり、最後に中心に潜り込んで完成する。陣地の斜面の角度は、いわゆる「安息角」。もし蟻などの獲物が斜面に足を突っ込むと、安定が崩れて地獄の底へ転落する。湿度の変化によって「安息角」が変化するので、ときどき修正することも忘れない。
頭にあるハサミは、よく見るとスリバチの底にぐっと広げ、斜面の下端を器用に支えている。だから、このハサミのセンサーで斜面に起る微妙な変化を感知できるのである。
粒ぞろいの砂がある場所ならともかく、一見、とても陣地が作れそうにもない荒地でも、整地作業する。つまり粒ぞろいに整地するのだ。アメリカの動物学の雑誌に、この陣地構築に関する論文が出た。(An1m.Behav.30巻、P651.1982)「アントライオン幼虫の陣地構築に関するバイオフィジックス」。
この整地作業の際に彼は砂の粒を揃えるのに「風力分級」という作業をする。「風力分級」というがニュートン域と層流域の中間域が丁度よいのである。

三輪氏は「<風力分級の極意をアリジゴクに学ぶ>など考えても見なかったことである。これもバイオの時代なのだろうか」と書いている。つまりアリジゴクは整地作業の時に砂を顎の力で刎ね飛ばすのだが、その際に「風力分級」という物理学を応用するというのである。
風力分級だのニュートン域だのと言われても、私にはチンプンカンプンなので、興味のある方は更に突っ込んでみてもらいたい。

アリジゴクはウスバカゲロウの幼虫であるが、これにも色々の種類がいるようで、水中で幼虫期を過ごす種類などは成虫になって2、3時間で死ぬものがあるから(その前に婚姻飛翔 nuptial flightという集団行動を取る)カゲロウは短命で儚いもの、という先入観があるが、このアリジゴクの幼虫と成虫に関しては、そうでもなかった。
このアリジゴクのウスバカゲロウは2、3週間生きるそうである。しかも幼虫期であるアリジゴクの期間が2、3年であることを考えると、かなり長命な昆虫ということである。

このアリジゴクは捕らえた虫の体液を吸うと、先に書いたが、体液を吸ったあとは、穴の外へボーンと放り投げて捨てる。また非常に変った体の構造をしていて、肛門がない。成虫になってから2、3年分の糞を一度に放出するらしい。
成虫のウスバカゲロウの活動期は7、8月の真夏である。

以上、専門的な記述をネット上に載る研究者の記事から紹介した。

私は内向的な性格の子供で、もちろん以上のような難しいことは知る由もなく、縁側の下で繰り広げられる蟻地獄の狩の様子を、じっと見つめるばかりであった。
アリジゴクの幼虫の成長につれて、すり鉢の穴の直径は大きくするようであった。直径1センチくらいのものが、3センチくらいにも大きくなるようであった。
そういう少年期の記憶が、後年になって、このような歌に結実したと言えるだろう。

掲出するのが遅くなったが、ウスバカゲロウの成虫の写真を出しておく。
usubakaウスバカゲロウ

俳句にも蟻地獄という夏の季語はあり、歳時記には結構多くの句が載っている。それを引いて終わる。

 蟻地獄ほつりとありてまたありぬ・・・・・・・・日野草城

 蟻地獄見て光陰をすごしけり・・・・・・・・川端茅舎

 蟻地獄みな生きてゐる伽藍かな・・・・・・・・阿波野青畝

 蟻地獄寂寞として飢ゑにけり・・・・・・・・富安風生

 むごきものに女魅せられ蟻地獄・・・・・・・・滝春一

 蟻地獄かくながき日もあるものか・・・・・・・・加藤楸邨

 蟻地獄群るる病者の床下に・・・・・・・・石田波郷

 蟻地獄孤独地獄のつづきけり・・・・・・・・橋本多佳子

 わが心いま獲物欲り蟻地獄・・・・・・・・中村汀女

 蟻地獄すれすれに蟻働けり・・・・・・・・加藤かてい

 蟻地獄女の髪の掌に剰り・・・・・・・・石川桂郎
----------------------------------------
先に書いた水生のウスバカゲロウのことだが、この種類は私の本題とは直接には関係がないので、ここに「余談」として書いておく。
ウスバカゲロウと言えば、実生活には、むしろ、この水生のウスバカゲロウの方が関係があるかも知れない。
というのは盛夏になると特定の川沿いの道路なんかに、この水生のウスバカゲロウやトビケラの群れが密集して飛び車の運転も出来ないようになるような光景が出現する。翌朝には道の上に層をなして死骸が重なっているのである。虫の油でスリップ事故なども起る。
これは先に書いた「婚姻飛翔」nuptial flightという雄と雌のウスバカゲロウが交尾を求めて群れるのである。こういう集団発生があちこちで見られる。
余談ではあるが、念のために書いておく。
トビケラの種類も日本でも数百も居ると言い、そのうちのどの種類であるかは判らない。水生のカゲロウとトビケラは、極めて近縁の昆虫であるらしい。
「群飛」して婚姻飛翔するのは先に書いた通り、本当である。



さゐさゐと鳥遊ばせて一山は楢の林に夏きざし初む・・・・・・木村草弥
dsc00021新緑渓流

  さゐさゐと鳥遊ばせて一山は
    楢の若葉に夏きざし初む・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るもので、自選にも採っているのでWebのHPでもご覧いただける。
この歌の次に

初夏の明けの小鳥の囀りにぼそと人語をさしはさむ野暮

という歌が載っているが、これも一体として鑑賞してもらいたい。

歌について少し説明しておくと「さゐさゐ」というのは漢字で書けば「騒騒」である。先に書いたかと思うが、楢の木というのは「里山」の木であって、結構いろいろな昆虫なども豊富で、それらの虫は小鳥たちの絶好の餌になるのであった。だから小鳥たちが寄ってきて「騒騒」と賑やかなのであった。
こういう鳥たちとの交歓というのは杉、桧のような針葉樹の林では見られない。針葉樹は人間にとって有用な木材としては最適であるかも知れないが、広くいろんな生物との共生という意味では、貧弱な生態系にしか過ぎないと思われる。
虫や昆虫、小鳥の多いのは広葉樹の林である。
上に挙げた歌につづいて

みづうみを茜に染めて日の射せばひしめき芽ぶく楢の林は

というのが載っている。
これらの歌の三部作を含む項目の題は「鳥語」と私はつけた。
やはり楢などの雑木林には小鳥が豊富であり、したがって鳥の声に満ちている──つまり「鳥語」が特徴であろう。

虫が居れば成虫である蝶も居るということである。「蝶」の句を引いて終わる。
なお、ただ単に「蝶」と言えば春の季語であるが、揚羽蝶など盛夏に居る夏の蝶は、もちろん夏の季語の題材になる。「夏の蝶」「斑蝶」「セセリ蝶」など。

 ほろほろと蝶こぼれ来る木下闇・・・・・・・・富安風生

 木の暗を音なくて出づ揚羽蝶・・・・・・・・山口誓子

 夏蝶や歯朶揺りてまた雨来る・・・・・・・・飯田蛇笏

 弱弱しみかど揚羽といふ蝶は・・・・・・・・高野素十

 夏蝶の放ちしごとく高くとぶ・・・・・・・・阿部みどり女

 下闇に遊べる蝶の久しさよ・・・・・・・・松本たかし

 磨崖仏おほむらさきを放ちけり・・・・・・・・黒田杏子

 一途なる蝶に身かはす木下闇・・・・・・・・佐野まもる

 下闇や揚羽の蝶の二つの眼・・・・・・・・松尾静子

 奥の院八丁とあり黒揚羽・・・・・・・・近藤笑香

 首塚の湿りを出でて揚羽蝶・・・・・・・・長田群青


泰山木の巨き白花さく下にマタイ受難曲ひびく夕ぐれ・・・・・木村草弥
dc071322泰山木

  泰山木の巨き白花さく下に
    マタイ受難曲ひびく夕ぐれ・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)にのるものである。
この歌の一つ前には

  おほどかに泰山木の咲きいでていきなり管楽器鳴りいづるなり

という歌が載っているので、これと一体として鑑賞してもらいたい。

泰山木の木は葉も花も大きいもので、葉は肉厚で落葉は昔の大判の貨幣のようである。この頃には「青嵐」という季語もあるように季節の変わり目で突風が吹くことが多いが、そんな風に吹かれて泰山木の大きな落葉が新芽にとって代られて、からからと転がってゆく様子は季節ならではのものである。
モクレン科の常緑高木であって、高いものは17、8メートルにもなる。北アメリカの原産で明治のはじめに日本に渡来し公園などに植えられた。葉はシャクナゲに似、花はモクレンに似ている。花は葉の上に出て、大きさは15センチもある。木が大きく、葉も花も大きいので「泰山木」という命名がいかにも相応しい感じがする。花の雄大さと白い色、高い香りが焦点である。

私の歌は、そういう、いかにも西洋風な花と木に触発されて、「管弦楽」ないしは「マタイ受難曲」という洋楽を配してみたが、いかがであろうか。

俳句にも詠まれているので、それを引いて終わりたい。

 壺に咲いて奉書の白さ泰山木・・・・・・・・渡辺水巴

 磔像や泰山木は花終んぬ・・・・・・・・山口誓子

 太陽と泰山木と讃へたり・・・・・・・・阿波野青畝

 泰山木天にひらきて雨を受く・・・・・・・・山口青邨

 泰山木巨らかに息安らかに・・・・・・・・石田波郷

 泰山木樹頭の花を日に捧ぐ・・・・・・・・福田寥汀

 ロダンの首泰山木は花得たり・・・・・・・・角川源義

 泰山木開くに見入る仏像ほし・・・・・・・・加藤知世子

 泰山木君臨し咲く波郷居は・・・・・・・・及川貞

 初咲きの泰山木に晴れつづく・・・・・・・・武内夏子


みほとけの千手犇く五月闇・・・・・・・・・・・・・能村登四郎
C003千手観音

  みほとけの千手犇く五月(さつき)闇・・・・・・・・・・能村登四郎

今日5月24日は能村登四郎の忌日である。
それに因んで記事を載せる。

昼なお暗い五月雨(さみだれ)どき。大寺の御堂の中にたたずんでいると、不意に眼前に立つ千手観音の手がひしめくような気配を感じたのである。この観音は多分大きな仏像であろう。五月闇と言われるほど陰鬱な梅雨時の薄暗がりの中で、長い歳月を経た仏像に秘められている魔性が、ふとざわめいたような思いのする肌寒さ。「千手犇く」がつぎの「五月闇」と重なって、仏像のある意味では不思議に官能的な側面を引き出している。
千手観音像は普通40本の手で表わされる。掌中にはそれぞれ一眼を備え、一本の手毎に二十五有(う)を救うとされているところから、25×40=1000で「千手」と言われる。
昭和59年刊『天上華』に載る。

能村登四郎は明治44年東京生まれ。国学院大学卒。水原秋桜子に師事。「沖」主宰。
第8句集『天上華』で1984年「蛇笏賞」受賞。第11句集『長嘯』で1993年第8回「詩歌文学館賞」受賞。
平成13年没。
すこし能村の句を引く。
----------------------------------------
FI2618382_2E.jpg

 くちびるを出て朝寒のこゑとなる

 ぬばたまの黒飴さはに良寛忌

 寡作なる人の二月の畑仕事

 妻のほかの黒髪知らず夜の梅

 白鳥の翅もぐごとくキャベツもぐ

 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す

 白川村夕霧すでに湖底めく

 優曇華や寂と組まれし父祖の梁

 秋蚊帳に寝返りて血を傾かす

 花冷えや老いても着たき紺絣

 夢の世と思ひてゐしが辛夷咲く

 男梅雨かな三日目は蘆伏して

 朴散りしのち妻が咲く天上華

 墓洗ふみとりの頃のしぐさにて

 秋蒔きの種子とてかくもこまかなる

 ほうたるの火と離れたき夜もあらむ

 今思へば遠火事のごとくなり

 ゆつくりと来て老鶴の凍て支度
----------------------------------
あたらしき声出すための酢牡蠣かな
おぼろ夜の霊のごとくに薄着して
きのふてふ遥かな昔種子を蒔く
すぐ帰る若き賀客を惜しみけり
たわいなき春夢なれども汗すこし
てのひらの艶をたのめる初湯かな
ひだり腕すこし長くて昼寝せり
べつたりと掌につく春の樹液かな
むばたまの黒飴さはに良寛忌
ゆつくりと光が通る牡丹の芽
よき教師たりや星透く鰯雲
ガニ股に歩いて今日は父の日か
一雁の列をそれたる羽音かな
一撃の皺が皺よぶ夏氷
一度だけの妻の世終る露の中
羽蟻ふり峽のラジオは悲歌に似て
煙管たたきて水洟漁夫の不漁(しけ)ばなし
遠い木が見えてくる夕十二月
夏つばめ同齡者みな一家なす
火を焚くや枯野の沖を誰か過ぐ
火取虫男の夢は瞑るまで
花冷えや老いても着たき紺絣
潟人の大長靴が枯るゝ戸に
葛の花遠つ江(あふみ)へ怨み文
気に入りの春服を出す心当て
去年よりも自愛濃くなる懐手
教師に一夜東をどりの椅子紅し
教師やめしその後知らず芙蓉の實
隙間入る雪四十なる平教師
月明に我立つ他は箒草
己が糞踏み馬たちに冬長からむ
吾子すがる手力つよし露無量
今思へば皆遠火事のごとくなり
今日の授業誤ちありし青葉木萸
紺の厚司で魚賣る水産高校生
妻死後を覚えし足袋のしまひ場所
削るほど紅さす板や十二月
鮭の切身の鮮紅に足止むる旅
子とみれば雪ゆたかなり童話劇
子にみやげなき秋の夜の肩車
子等に試驗なき菊月のわれ愉し
紙魚ならば棲みてもみたき一書あり
秋づきし母の嶺負ひし檜挽き
秋燕をくらきが吸ふ遠山家
秋風に突き当りけり首だせば
春ひとり槍投げて槍に歩み寄る
初あかりそのまま命あかりかな
身にしみて一つぐらいは傷もよし
甚平を着て今にして見ゆるもの
----------------------------------------
明治44年に東京に生まれる。
国学院大卒。市川高校に40年勤務し、俳人として活躍する。戦前から水原秋桜子の「馬酔木」に投句し昭和24年に同人となる。昭和45年俳誌「沖」を創刊し平成13年春まで主宰。昭和31年句集『咀嚼音』で現代俳句協会賞、昭和60年句集『天上華』で蛇笏賞、平成4年『長嚼』で詩歌文学館賞を受賞し、俳壇の賞を総なめにした。身辺の日常の中に幻想や心象を見るイメージ俳句を追求し評論もおこなっていた。
代表句に「春ひとり槍投げて槍に歩み寄る」がある。
平成13年5月24日八幡にて逝去。

写真②は、石川県七尾市和倉温泉に建つ能村の句碑である。
略歴には、みな「東京生まれ」と書かれているが、この句のように、彼は石川県の「能登」を母郷としている、と言う。この句碑の説明文によると、祖父が、ここの出身だという。
  
ががんぼを栞となせる農日記閉ざして妻は菜園に出づ・・・・木村草弥
gaganbo2ガガンボ

  ががんぽを栞となせる農日記
   閉ざして妻は菜園に出づ・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るものである。
ガガンボというのは蚊とんぼという場合もあるが、蚊の姥(うば)からなまったもので、「かがんぼ」が正しいとも言われている。蚊を大きくしたような虫で、細くて長い足を持ち、その足もすぐにもげる。人には害は与えない。

この歌に詠っているのは、まだ妻が元気で菜園に出ていた頃の作品で、農日記と称する手帳をつけていて、たまたま、そのページにガガンボが止まったまま閉じたので、栞のようにガガンボが挟まれている、という情景である。
妻は都会育ちの人で農作業に関しては全くの素人であるが、農村育ちの私の母などから教えられて、農作業を覚えていった。素人だから、何ごともメモしておく習慣がつき、ひところは狭いながら菜園を作っていた。
同じ歌集に

母よりも姑(はは)と暮らすが長しと言ひ妻は庭べの山椒をもぐ

という歌が載っている。このようにして農作業に従事してゆくうちに、ものを「育てる」「収穫する」という喜びを体験して、だんだん農作業が面白くなってきて、ナスやキュウリ、トマトなどを育ててきたのである。いっぱし農作業に精通しているかのように、私に手伝いの指示を出したりするようになった。農作業についての妻を詠ったものは、まだたくさんあるので、またの機会に書きたい。
それらのことも妻が死んだ今となっては、懐かしい思い出である。
花や植物の名前などは、私は妻に教えられたものが多いのである。

ガガンボを詠んだ句を引いて終わる。

 ががんぼの脚の一つが悲しけれ・・・・・・・・高浜虚子

 ががんぼのかなしかなしと夜の障子・・・・・・・・本田あふひ

 蚊とんぼの必死に交む一夜きり・・・・・・・・山口誓子

 ががんぼのタップダンスの足折れて・・・・・・・・京極杞陽

 ががんぼに熱の手をのべ埒もなし・・・・・・・・石橋秀野

 ががんぼの悲しき踊り始まりぬ・・・・・・・・伊藤いうし



   
茶に馴染む八十八夜のあとやさき緑の闇に抱かれて寝る・・・木村草弥
茶園

  茶に馴染む八十八夜のあとやさき
   緑の闇に抱(いだ)かれて寝る・・・・・・・・・・・・木村 草弥


お茶の生産というか製造というのは、いわば特殊な業態で一般の人には馴染みがないと思うが、5月は日本では「お茶摘み」のシーズンである。
茶の製造に関する他人の歌をと思ったが皆無に近いので、お茶の専門家である私の旧作を、今回は披露することにした。何を隠そう、私の本業は茶──その中でも「宇治茶」の産地問屋である。もう引退したが70歳まで現役で仕事をしていた。

掲出の歌は短歌をはじめて間もなくの頃の作品で、或る結社誌に載ったとき批評欄で採り上げて褒めてもらった印象深い歌である。産地ではお茶畑が広がり、私の感じでは、この歌に詠んだような気分を、新茶時期になるとみんな持って寝に就くのである。緑の葉っぱの香り、製茶工場の焙炉(ほいろ)の香ばしい匂いが、辺り一面に漂っているのが我が故郷である。場所としては京都と奈良の中間で、歴史的にも古くから渡来人たちが住み着いて日本の文明の夜明けとともに開けてきた土地である。
掲出の写真①は、いわゆる「鋏刈り」という茶園で動力鋏で茶を刈り込んで行く。

木津川堤 004

写真②は玉露や抹茶原料の碾(てん)茶を採る「覆下」園というもので、ご覧のように黒い化学繊維の布で覆ってある。昔は葭簾(よしず)を掛けて、その上に菰を敷き、さらに藁をさばいて振りかけていたものである。何故このようなことをするのか、というと経験的にやられてきたことだが、今の科学的研究の結果、日光を遮断することにより、肥料成分が「テアニン」(アミノ酸系の化合物)という旨み成分に転化して茶の葉に集中することが実証されたのである。私の住む村では、みな「覆下園」であり、昔から宇治茶の玉露・抹茶という高級茶の産地だった。写真②は私の地域の木津川の畔の茶園である。覆いがしてあるので、写真的には絵にならない。

ここで私の茶にまつわる旧作を第一歌集『茶の四季』、第二歌集『嘉木』(いずれも角川書店刊)から引用する。
----------------------------------------
茶の村のつづく限りを風光りわれの茶園は陽炎(かぎろ)ひてをり・・・・・・・・木村草弥

茶の木の芽一葉一葉が眩しくて逃るるごとく瞳(め)を瞑(つむ)りゐつ

ふつふつと茶の呟きをまとひつつ風はみどりを笛にして過ぐ

葉桜の翳(かげ)る座敷に滴りの思ひをこらし利茶(ききちゃ)をふふむ

火炉出づる真みどりの葉はまぎれなく我らがひたすら培(そだ)てし碾茶

遠赤外線の火を入れをればかぐはしき新芽の匂ひ作業場に満つ

さまざまの機械あれども抹茶挽く石臼に勝る道具なきなり

定温の零度の気温保たれて冷蔵倉庫に茶は熟成す

香に立ちて黒楽の碗に満ちてゐる蒼き茶の彩(いろ)わが腑を洗へ

明日のため見ておく初夏の夕焼は茶摘みの季の農夫の祈り

揉みあがる新茶の温み掌にとれば溢るる想ひ思慕のごとしも

汗あえて茶を刈る時にそぼつ身を女神のごとき風通るなり

明け暮れをお茶に仕へし一日は抗ひがたく眠りにぞ落つ

汲みあげて散華の雫となすべけれ茶祖まつる碑に秋日が暑く

茶の香りほのかににほふ内陣に茶祖の語録の軸かかげらる

たそがれて皆居なくなる茶の花の夕べを妻はひとりごつなり

桃香野の茶の香にまなこ細めたる父ゐたりけり、月ぞかかれな

「おーい、お茶」缶ドリンクがごろりんと自販機の穴から出づる便利さ

ビタミンC添加したれば酸化防止できると知りて茶ドリンク奔流

流通の様変りして「茶葉」ならぬ「液体の茶」に苦しめられつ

コーヒーに負けるのならばまだ許せる緑茶ドリンクにお茶商負けるな

「南方の嘉木」と称(よ)びし陸羽はも常葉のいろを慈しみにけむ
----------------------------------------
昔の中国の『茶経』という本の著者・陸羽は茶の製法や嗜み方について探求した人だが、その本の冒頭で、茶の木のことを「南方の嘉木なり」と説いた。 これは茶の道に携わる者のバイブルみたいなもので、私の第二歌集を『嘉木』とした所以である。


をとこにて栗の花咲く樹下にゐる鬱情の香の満つる真昼を ・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
kuri2栗の雄花

  をとこにて栗の花咲く樹下にゐる
   鬱情の香の満つる真昼を・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るものである。

「栗の花」というと少し説明が必要だろう。
栗の花は、ちょうど男性のスペルマの臭いと同じ香りを発する。だから栗の花というと、文学的には「精液」あるいは「性」の暗喩として使われることが多い。
栗の花が咲くのは梅雨前のむせかえるような時期で、男性のスペルマのような特有の青臭い臭いを甘たるくしたような臭いは、嗅いだ人でないと理解できないかも知れない。
だから、私の歌も、そういう「喩」を前提にした歌作りになっている。この歌の収録される項目の名が「フェロモン」というのから察してもらいたい。

写真②は図鑑から拝借したものだが、雄花と雌花を一緒に見ることが出来る。字で説明してあるのでわかり易い。雌花の棘のようなものが、のちに栗のイガになる。
kuli2栗の花

栗咲くと森のいきものなまめける・・・・・・・・能村登四郎

栗咲くと面のすさぶ翁かな・・・・・・・・飯島晴子

栗咲く香血を喀く前もその後も・・・・・・・石田波郷

栗の花ふり乱すなり多佳子の忌・・・・・・・・平畑静塔

栗の花ねつとりと粥噴きこぼれ・・・・・・・・橋間石

まどろめばあの世の栗の花匂ふ・・・・・・・・滝春一

ここに引用した六つの句などは、先に書いた「栗の花」の意味する「喩」のイメージで作られていることは、間違いない。
このような「イメージ」「喩」については西欧文学でも同じことであって、向うでは、もっと徹底していて、それらを「イメージ小辞典」として一冊の本にまとめられていたりする。

以下、栗の花を詠んだ句を引いて終わる。

 栗の花脚の長さは尚ほ仔馬・・・・・・・・中村草田男

 栗咲けりピストル型の犬の陰(ほと)・・・・・・・・西東三鬼

 ゴルゴダの曇りの如し栗の花・・・・・・・・平畑静塔

 赤ん坊に少年の相栗の花・・・・・・・・沢木欣一

 花栗のちからかぎりに夜もにほふ・・・・・・・・飯田龍太

 栗の花匂ふとき死はみにくいもの・・・・・・・・桂信子

 栗咲く香この青空に隙間欲し・・・・・・・・鷲谷七菜子

 中年や栗の花咲く下を過ぐ・・・・・・・・神蔵器

 栗の花より栗の実がうまれけり・・・・・・・・平井照敏

 父いまもゴッホを愛し栗の花・・・・・・・・皆吉司

 老人に花栗の香の厚みかな・・・・・・・・橋本郁子



筒鳥の遠音きこゆる木の下に九十の母はのど飴舐むる・・・・木村草弥
1158627231.jpg

  筒鳥の遠音きこゆる木の下に
    九十の母はのど飴舐むる・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るものである。
自選にも採っているのでWebのHPでも、ご覧いただける。

筒鳥は郭公やほととぎすと同じ仲間で姿、形が似ている。これらの鳥は鳴声は田舎なら、よく聞くことがあるが、姿を見ることはめったにない。
この種類の鳥は子育ての際に、独特の「托卵」という習性があることが共通している。

私の第二歌集『嘉木』(角川書店)にも

み熊野の出で湯に宿るあかときにぽぽろぽぽろと筒鳥の声

という歌を載せている。
掲出の歌のことだが、私の母は93歳で亡くなったが、この歌は90歳の頃のことを詠んでいる。母には曾孫も出来ていたから文字通り悠々自適の晩年だった。初夏のむせかえるような陽気の日には大きな木の蔭でのんびりと過ごしていた。
「のど飴」を舐める母、というところに私の歌作りの工夫を込めたつもりである。

以下、歳時記に載る句を少し引いて終わりたい。

 つつ鳥や木曽の裏山木曽に似て・・・・・・・・加舎白雄

 筒鳥を幽かにすなる木のふかさ・・・・・・・水原秋桜子

 筒鳥なく泣かんばかりの裾野の火・・・・・・・・加藤楸邨

 筒鳥や楢の下草片敷けば・・・・・・・・石田波郷

 筒鳥鳴けり腕を撫でつつ歩むとき・・・・・・・・大野林火

 旅にして聴く筒鳥も辰雄の忌・・・・・・・安住敦

 筒鳥やひとの名彫られ一樹立つ・・・・・・・・中島斌雄

 筒鳥や涙あふれて失語症・・・・・・・・相馬遷子

 筒鳥や分れて道は火山灰ふかく・・・・・・・・皆吉爽雨

 筒鳥や思はぬ尾根に牛群れて・・・・・・・・堀口星眠

 筒鳥の遠音近づくことのなし・・・・・・・・森田峠

 筒鳥や山に居て身を山に向け・・・・・・・・村越化石

 今度こそ筒鳥を聞きとめし貌・・・・・・・・飯島晴子

 筒鳥の風の遠音となりにけり・・・・・・・・三村純也

 筒鳥やこんにやく村はすぐ陰る・・・・・・・・茂木連葉子

 筒鳥や豆が双葉となりし朝・・・・・・・・矢上万理江


島が月の鯨となつて青い夜の水平・・・・・・・・・・荻原井泉水
seisen2荻原井泉水

  島が月の鯨となつて青い夜の水平・・・・・・・・・荻原井泉水

今日5月20日は、荻原井泉水の忌日である。それに因んで記事を書く。
自由律俳句の先駆者である荻原井泉水の、この句に初めて触れたのは、私の少年時代であり、亡長兄の蔵書で彼の句集を見たときである。
彼の経歴を、先ずお見せする。Wikipediaに載るものである。

荻原 井泉水(おぎわら せいせんすい)1884年6月16日(明治17年) ~ 1976年5月20日(昭和51年))
日本の俳人。本名・幾太郎のち藤吉。

経歴
東京府芝神明町(現・東京都港区浜松町)で雑貨商・新田屋を営む荻原藤吉の3番目の子として生まれる。
長男・長女を幼くして失ったため、延命地蔵で占ったところ「今度生まれる子は男の子であるから、幾太郎と名づけよ。必ず長命する。」というお告げがあり幾太郎と名づけられる。荻原家は家督を継ぐものは代々藤吉を名乗ることとなっており井泉水もこれを継いだが、幾太郎の名を好んだようだ。

麻布中学の頃より俳句を作り始める。正則中学、第一高等学校(一高)を経て、明治41年(1908年)東京帝国大学文学部言語学科卒業。明治44年(1911年)新傾向俳句機関誌「層雲」を主宰。河東碧梧桐もこれに加わる。この年、桂子と結婚。大正3年(1912年)、自由律俳句として層雲より創刊した初の句集『自然の扉』を刊行。大正4年(1913年)季語無用を主張し、自然のリズムを尊重した無季自由律俳句を提唱した井泉水と意見を異にした碧梧桐が層雲を去る。この頃、一高時代の同窓であり1歳年下の尾崎放哉や、種田山頭火が層雲に加わる。しかし彼らが実際に面会したことはなかった。

大正12年(1923年)妻・桂子死去。また同年、母も死去し、京都に転居。昭和4年(1929年)寿子と再婚。翌昭和5年(1930年)、長男海一誕生。昭和40年(1965年)日本芸術院会員となる。昭和51年5月20日死去。享年91と、門弟の放哉や山頭火と違い、延命地蔵のお告げ通り、天寿を全うした。

なお、俳号は当初、荻原幾太郎のイニシャルから愛桜(あいおう)としていたが、生年の納音(なっちん)から井泉水と改めた。因みに、山頭火も井泉水に倣い俳号を納音から付けたが、これは本人の生まれ年からでなく単に音の響きが良いので決めたようだ。

代表著作

句集
『湧出もの』(1920年)
『流転しつつ』(1924年)
『無所在』(1935年)
『金砂子』(1946年)
『原泉』(1960年)
『長流』(1964年)

評論
『山頭火を語る』
『放哉という男』
『一茶随想』
など
----------------------------------------
先にも書いた通り私が彼の句に触れたのは少年の頃であり、彼の句集も次兄の蔵書になってしまったから、いま私の手元にはないので、掲出句のほかには引用出来ない。ネット上に載る記事を以下に引いておくが、これらの句が彼の代表作であるとは、私には思えないが仕方がない。
----------------------------------------
荻原井泉水の俳句
秀句とその鑑賞


 佛を信ず麦の穂の青きしんじつ

「佛を信ず」に思い至らす麦の穂の青さ。季感の把握が的確。一粒
の麦から育ち、青い穂に幾多の実を結ぶ。麦の穂の、先ずは形とな
っと青さに佛の一途さを見たのであろうか。麦の穂の青さが訴える
強い印象に佛性が象徴される。 (高橋正子)

 力一ぱいに泣く児と啼く鶏との朝

 空を歩む朗々と月ひとり

 石のしたしさよしぐれけり

 南無観世音杉間より散るは櫻よ


萩原井泉水、日田を詠む

 行く水日永し遠山水いろに暮れていく

 水音水棹の石にふれる音の暗く涼しく

 灯して灯のうつる水を水上へとる

 更けて月はと思う涼しすぎるへさきをめぐらす 

 今は流れに放ちたる舟の舟灯との棹

 山は日を入れて水のひろびろとあるヤナ番

 手からはねてヤナにはねる鮎を手にする

 闇を一つの灯が鵜のはしに鮎がいる
----------------------------------------
井泉水講演から

フォーラムへのコメント

「写生」という言葉が出てきましたので、小豆島で発見された井泉水講演の記録から取り上げてみます。これは昭和初期のころ、井泉水が小豆島で行った講演を伊東俊二が筆記したもので、提供は井上泰好さんです。長文ですから、2、3回に分けてアップします。

「子規は写生主義の主張には非常に真剣で、命を打ちこんで句作に没入したので

ありましたが、晩年になって病床六尺に捕らわれてしまい、自然に接する機会が

無くなったが為に、その句も遺憾ながら新鮮味を欠くようになってしまいました。

その時、周囲の人が子規に頼ってばかりいないで、写生ということを一層深く

掘り下げて研究して、もっと気張ればよかったのですが、そのことをしなかった

が為に写生主義が一つの新しい袋小路に迷い込んでしまいました。

(ここで4句実例を上げてありますが、1例だけ取り上げます)

 職業のわからぬ家や枇杷の花

こういう句になると、句を作る人と否とでその味わい方も異なってきますが、

この句の勘所は、あまり美しくないボヤッとした感じの枇杷の花と、職業のわか

らない家というものを、くっつけたものなのです。こんな句は写生して出来たの

ではなくて机の上で作ったということが直ぐに判ります。枇杷の花と職業の判ら

ぬ家を取り合わせたところに手品のたねがあるのです。病床にばかりいた子規の

晩年は実際に見て作ったと見せかけるようにだんだんなりました。

そういう風になると、味わう上にも写生そのままの句は面白味が無く、こしら

えた句が面白い、物心一如という気持からではなくて、句として面白いのがいい

ということになってきました。

前にも言ったように、俳句は俳句であればいいのではありません。精神がなけ

ればいけないのです。ところが子規の晩年は真精神から一歩退いたものでありま

す。

今日のホトトギスの人達の句の作り方は子規の跡を継いだもので、写生主義を

根本として題による作り方しています。子規が亡くなってから三十年も経

った今も子規の晩年の頃(明治三十五年頃)もちっとも相違がありません。何故

そうであるのか、それは、俳句を題で作ることを、子規が勧めたことが原因であ

るのです。

昔も全然題詠をしなかったのでもありませんが、元禄時代には、今日のような

題ではなく、「山によせて」とかいう風な和歌で出すような題で作ったものでし

た。子規が連句は文学でないといって止めてしまってから、大勢集まった俳句の

会のときに題を出すようになったのです。」

 

承前、これは井泉水が小豆島で行った講演を伊東俊二が筆記したものです。仮名遣いは現代風にしました。
 

「その頃俳句会を運座と言いました。旧派の方でもよくやりますが、運座という

のはたとえば、十人ばかりの人が寄ったとしますと封筒を十枚用意して各人に一

枚ずつ渡し、各人が好きな題を、牡丹なら牡丹、或いは時鳥とか若葉とか書いて

次へ回す。次の人は麦なら麦と書く、こうして隣から隣へと回します。
 

その中には滋養食だとか鍋祭りだとか、ちょっと解らないような題を出して人

を困らせるというような悪戯をする者もあったりします。

鍋祭りというのは近江の国の津久摩神社の祭礼のことなのですが、そのお祭り

には、里の女が婚家の数によって鍋の数を増して頭にいただいて神幸に従う、奇

習があります。それが珍しい風俗なので俳句の題になっているのですが、一茶な

ども、「今一度婆もかぶらんつくま鍋」と・・・こんな句を作ったりしています。
 

運座ではどんな題が回って来てもそれには必ず一句を詠まねばならない掟にな

っていますので、隣から回ってきた題が難しいと困るわけです。

それで懐に忍ばせている季寄せや歳時記などをそっと取り出して、俄か勉強を

して十七字にまとめて出すようなことをします。
 

私もその頃、運座の句会に好んで出歩いた頃は、歳時記を片っ端から読んで、

題に出るものの意味や趣味を研究したものです。
 

子規に夏木立十句とかいうものがありますが、一題十句といって一つの題でた

くさんの句を作る、そういう風な作り方もしたものです。
 

こうなると、自然面白そうにこしらえて行くようにならざるを得ないことにな

り、写生主義の真実の建前を通すことが難しくなりました。写生俳句が行詰まっ

たのはこの為であります。」(つづく)

 
承前、
 

「それから、句の形が、五七五を離れたら俳句でないということを鉄則として

いた為に行詰まらざるを得ないわけなのです。
 

難しく言いますと、数学のパーミテーション(錯列法)によって数えてみても、

僅か十七字に過ぎない俳句の数は決まった数でしかないのです。例えば、時鳥の

題ならば、ホトトギスで五字とられますからあとは十二字です。十二字でホトト

ギスらしい事を詠もうとしたところで、人の想像にも、物にも限りがあるのです

が、そうそう良い句が限りなく出来る筈はないのです。
 

俳句が十七字の物とすると俳句の全数はパーミテーションの式による四十八字

の十七乗という限られた一定の数になります。その中には、いろはの並んでいる

ものもありましょうし、勿論、俳句として価値のないものも込めての数でありま

す。
 

俳句が一升のものとすると、元禄時代に三合、天明時代に三合、明治時代に三

合出てしまって、あと一合だけしか残っていないのだ・・・・と、ある人が言いまし

たが、ちょうど小豆島の水不足のようなもので・・・俳句の行詰まりは数学的の運

命なのです。」

 

このあと、子規晩年の作品から新鮮味を失った経過、さらに新傾向俳句運動、野村朱鱗洞の紹介と続きますが、いちおうここまでとします。
----------------------------------------
「短歌」の世界でも同じだが、俳句の世界でも「自由律」というと、定型を墨守する連中からは毛嫌いされている。戦争中は自由律は弾圧されたので、彼もすっかり逼塞してしまったようである。
先にも書いたように私は「詩」を書いていたので、そんな定型云々ということは何ら気にならなかった。当時は、この句以外にもいくつか覚えていたのだが、今では、この句以外は忘れてしまった。平井照敏編「現代の俳句」(1993年講談社学術文庫刊)にも彼は含まれていない。種田山頭火や尾崎放哉は収録されているのに残念である。彼の句集などが手に入れば後日に書きたい。
なお、彼のペンネーム「井泉水」が納音から付けられた、とあるが「納音」とは少し詳しい「暦」なら載っているので参照されたい。
念のために下記にネット上に載る資料を転載しておく。
----------------------------------------
納音
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

納音(なっちん)とは、六十干支を陰陽五行説や中国古代の音韻理論を応用して、木・火・土・金・水の五行に分類し、さらに形容詞を付けて30に分類したもの。生れ年の納音によってその人の運命を判断する。

荻原井泉水、種田山頭火などはこの納音から俳号をつけた。

海中金 かいちゅうきん 甲子・乙丑
爐中火 ろちゅうか 丙寅・丁卯
大林木 たいりんぼく 戊辰・己巳
路傍土 ろぼうど 庚午・辛未
釼鋒金 じんぼうきん 壬申・癸酉
山頭火 さんとうか 甲戌・乙亥
澗下水 かんかすい 丙子・丁丑
城頭土 じょうとうど 戊寅・己卯
白鑞金 はくろうきん 庚辰・辛巳
楊柳木 ようりゅうぼく 壬午・癸未
井泉水 せいせんすい 甲申・乙酉
屋上土 おくじょうど 丙戌・丁亥
霹靂火 へきれきか 戊子・己丑
松柏木 しょうはくぼく 庚寅・辛卯
長流水 ちょうりゅうすい 壬辰・癸巳
沙中金 さちゅうきん 甲午・乙未
山下火 さんげか 丙申・丁酉
平地木 へいちぼく 戊戌・己亥
壁上土 へきじょうど 庚子・辛丑
金箔金 きんぱくきん 壬寅・癸卯
覆燈火 ふくとうか 甲辰・乙巳
天河水 てんがすい 丙午・丁未
大駅土 たいえきど 戊申・己酉
釵釧金 さいせんきん 庚戌・辛亥
桑柘木 そうしゃくもく 壬子・癸丑
大溪水 だいけいすい 甲寅・乙卯
沙中土 さちゅうど 丙辰・丁巳
天上火 てんじょうか 戊午・己未
柘榴木 ざくろぼく 庚申・辛酉
大海水 たいかいすい 壬戌・癸亥
----------------------------------------
因みに、私の干支から言うと、私の納音は「路傍土」となるらしい。私は「草」や「土」が好きなので、この路傍土という納音は気に入っている。正確には生年からの「年納音」と、生まれ日からの「日納音」というのがあり、「納音配当」というのに当てはめると

 あなたの結果

 生まれ年の干支 庚午
 生まれ年の九星 七赤金星
 生まれ年の納音 路傍土
 生まれ日の納音 霹靂火

という結果が出てきて、私の生まれ日の納音は「霹靂火」というらしい。
私は一時、同人雑誌に所属していたときの雑誌の名前が「霹靂」(かむとき)だったので、この不思議な一致にも驚いている。


   
金雀枝は黄に盛れどもカタリ派が暴虐うけしアルビの野なる ・・・・・・・・・・木村草弥
FI477488_0E.jpg

  金雀枝(えにしだ)は黄に盛れどもカタリ派が
   暴虐うけしアルビの野なる・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


エニシダは地中海原産で、ヨーロッパに広く野生化している。日本には中国を経て、延宝年間に入ってきたと言われる。オランダ語ではゲニスタやヘニスタと呼ばれていたが、日本ではエニスタと言われるようになり、今のエニシダになったという。マメ科の落葉低木。

この歌は1998年5月に南フランスに旅した時にボルドーの内陸部のアルビに立ち寄った時の歌である。アルビというと画家ロートレックの故郷で、その美術館も見たが、ガイドがさりげなく説明した「異端審問」で、この地でカタリ派が受けた暴虐を思い出して歌にしたものである。アルビの野は、それらのカタリ派の無惨な血の記憶が染み付いているのである。
エニシダは初夏の花である。この歌は『嘉木』(角川書店)に載っている。
この歌のすぐ後には

   まつすぐにふらんすの野を割ける道金雀枝の黄が南(ミディ)へつづく

が載っている。高速道路の路傍には、文字通り「エニシダ」の黄色が果てしなく続くのであった。

FI477488_1E.jpg

「異端審問」あるいは「魔女狩り」というのは、キリスト教の歴史の中でも「負」の遺産として語り継がれているが、旅の中でも、こうした心にひびく体験をしたいものである。そして、深く「人間とは」「神の名のもとに」という愚かな蛮行を思い出したい。
「カタリ派」については、← ここにリンクした「世界宗教大辞典」の記事に詳しい。長いものだが参照されたい。


以下、エニシダを詠んだ句を少し引く。

 えにしだの黄色は雨もさまし得ず・・・・・・・・高浜虚子

 えにしだの夕べは白き別れかな・・・・・・・・臼田亜浪

 エニシダの花にも空の青さかな・・・・・・・・京極杞陽

 金雀枝の黄金焦げつつ夏に入る・・・・・・・・松本たかし

 金雀枝や基督に抱かると思へ・・・・・・・・石田波郷

 金雀枝やわが貧の詩こそばゆし・・・・・・・・森澄雄

 金雀枝の咲きそめて地に翳りあり・・・・・・・・鈴木東州


花菖蒲紫紺まひるは音もなし・・・・・・・・・・・・・中島斌雄
img_shoubuden菖蒲田本命

   花菖蒲紫紺まひるは音もなし・・・・・・・・・・中島斌雄

「花菖蒲」はアヤメ科の多年草。「ノハナショウブ」の栽培変種で、観賞用に水辺・湿地に栽培され、品種が多い。
先日、カキツバタについて書いたところで、それらの違いについて触れておいた。
江戸時代から多数の品種が作られ、広く栽培されて、菖蒲園には愛好家がつめかけたという。
hanasyobu1429ss菖蒲田本命③

hanasyobu1418ss菖蒲田本命④

先日、カキツバタのことを載せたBLOGで、関連として菖蒲あやめのことを書いたところで、菖蒲は6月にならないと咲かないと言ったが、これは間違いで、5月中旬からそろそろ咲き始めるということである。菖蒲田が満開になり田一面が花で埋まるのが5月下旬から6月上旬にかけてのことである。
私の住む辺りでは豊富な地下水を利用して各種の花卉栽培が盛んだが、5月中旬には「菖蒲まつり」が開催され、来会者に花菖蒲3本づつがプレゼントとして配られるという。
掲出する写真はいずれも菖蒲あやめである。色や柄もいろいろのものがある。私などは、やはり紫色が好きだが、これは各人の好みだろう。
hanasyobu1468ss菖蒲田本命②

私より二つほど年長の花卉栽培専業農家の人が居て、先日の端午の節句には菖蒲をたくさん戴いた。これは露地のものではなく、ビニールハウスによる促成栽培のものである。栽培農家としては蕾のうちに出荷し、花屋ないしは消費者の手元についてから花が開くようにするのが普通であるので、私の方に戴いたのも、もちろん蕾のものであった。花が開いてからは開花期は短く二日ほどで萎れてしまう。
こういう端午の節句の菖蒲とか、お盆の蓮の花とかいう、期日の決まったものは期日に合せて出荷しなくてはならず、それまで花を保存するために「冷蔵庫」を設置するなど多くの投資が必要である。一時的に花を切る必要があるので、その時は臨時に人を増やして雇うこともあり、なかなか端(はた)から見て羨むほど楽な仕事ではないらしい。
こういう一時的な需要の集中する花は、その日が過ぎると、とたんに花の相場は大きく下がるのである。この辺に農家としても経営的な手腕が求められるのである。
hanash花菖蒲

俳句にもたくさん詠まれているが少し引いておきたい。

 夜蛙の声となりゆく菖蒲かな・・・・・・・・水原秋桜子

 花菖蒲ただしく水にうつりけり・・・・・・・・久保田万太郎

 花菖蒲ゆれかはし風去りにけり・・・・・・・・高野素十

 雨どどと白し菖蒲の花びらに・・・・・・・・山口青邨

 菖蒲剪つて盗みめくなり夕日射・・・・・・・・石田波郷

 菖蒲見に淋しき夫婦行きにけり・・・・・・・・野村喜舟

 黄菖蒲の黄の映る水平らかに・・・・・・・・池内たけし

 白菖蒲過去なくて人生きられず・・・・・・・・稲垣きくの

 菖蒲髪して一人なる身の軽さ・・・・・・・・田畑美穂女

 京へつくまでに暮れけりあやめぐさ・・・・・・・・田中裕明

 花菖蒲水のおもてにこころ置く・・・・・・・・加納染人

 白菖蒲空よりも地の明るき日・・・・・・・・中村路子

 ほぐれそめ翳知りそめし白菖蒲・・・・・・・・林翔

 咲きそめて白は神慮の花菖蒲・・・・・・・・藤岡筑邨

 てぬぐひの如く大きく花菖蒲・・・・・・・・岸本尚毅

 花菖蒲どんどん剪つてくれにけり・・・・・・・・石田郷子

 菖蒲田のもの憂き花の高さかな・・・・・・・・糸屋和恵
---------------------------------------
「菖蒲しょうぶ」と「あやめ」は厳密には区別されているらしい。アヤメは野生のものを指し、菖蒲は栽培種を指すらしい。「属」が同じものか違うのか、などは判らない。一応お断りしておく。

日が照ればエーテルのごとく香を放つ楢の若葉よ午前六時だ ・・・・・・・・・木村草弥
konara小楢本命

   日が照ればエーテルのごとく香を放つ
    楢の若葉よ午前六時だ・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。

写真は小楢の若葉である。ちょうど開花期で雄花序が垂れ下がっている。
ナラ、クヌギの類は人家に近い、いわゆる「里山」の木で、薪にされてきたもので、伐採した後には株元から次の新芽が出てきて林が更新するのである。

konara4コナラ青

写真②はナラの実、いわゆるドングリである。ナラの実は細長い。クヌギの実は、もっと丸い形をしている。

里山は薪などに加工して、伐採して世代更新をしないと木は大きくなりすぎて逆に荒廃する。
この頃では農村でも台所では電気やプロパンガスを使うので薪の使い場所がない。ようやくシイタケ栽培のホダ木としてシイタケの菌を打つ位であるが、そのシイタケが中国産に押されて価格が下がり日本産は採算が合わないとかで、栽培は減っている。
五月に入ると里山も気温がぐんぐんあがり、天気のよい、湿気の多い日には林はむっとむせかえるような様子になる。
yun_1079白糸の滝

私の歌は、そういう楢の林が新緑に満ちた朝六時の光景を詠っている。
新芽からはツンとする新緑特有の香りが立ち、太陽が中天にさしかかると、むせかえるような空気に包まれる。
「森林浴」というのは本来、ロシアで言われてきたことで、針葉樹の木から出る「フィトンチッド」というエーテル系の成分が体によいことを指したのだが、今では広葉樹の森の森林浴も含めて言われるようになってしまった。しかし、いずれにせよ森林浴というのは、いいものである。

俳句にも「新緑」「新樹」など多く詠まれているので、それを引いて終わりたい。

 大風に湧き立つてをる新樹かな・・・・・・・・高浜虚子

 夕風の一刻づつの新樹濃し・・・・・・・・中村汀女

 阿蘇も火を噴くと新樹のきのふけふ・・・・・・・・百合山羽公

 夜の新樹詩の行間をゆくごとし・・・・・・・・鷹羽狩行

 若葉して御目の雫拭はばや・・・・・・・・松尾芭蕉

 若葉して手のひらほどの山の寺・・・・・・・・夏目漱石

 まざまざと夢の逃げゆく若葉かな・・・・・・・・寺田寅彦

 槻若葉雫しやまずいつまでも・・・・・・・・加藤楸邨

 青葉若葉しかすがに逝く月日かな・・・・・・・・中川宋淵

 青葉満ちまなこばかりの稚魚誕生・・・・・・・・加藤一夫

 動くもの皆緑なり風わたる・・・・・・・・五百木瓢亭

 新緑やうつくしかりしひとの老い・・・・・・・・日野草城

 新緑の天にのこれりピアノの音・・・・・・・・目迫秩父

 摩天楼より新緑がパセリほど・・・・・・・・鷹羽狩行

 水筒の茶がのど通る深みどり・・・・・・・・辻田克己

 まぶたみどりに乳吸ふ力満ち眠る・・・・・・・・沖田佐久子

  
むらさきの声を山辺に夏燕・・・・・・・・・・・・・・・飯田蛇笏
swallow5ツバメ

  むらさきの声を山辺に夏燕・・・・・・・・・・・・飯田蛇笏

    ■陀羅尼助軒端の燕孵りけり・・・・・・・・・・水原秋桜子

燕は春に南方から飛来すると、四月下旬から七月下旬にかけて産卵する。同じ雌雄が二回産卵すると書かれている本もあるが、個体が似ているので、本当かどうかは確認できない。
17、8日で孵化し、その後20日ほどで巣立ちする。
都会でも子育てをするから、よく見かけることがあろう。燕の巣は田んぼの泥で出来ている。写真①は親鳥が田に下りて口に泥を銜えたもの。

それを壁などに泥をくっつけてゆく。写真②以下のように台になるようなものがあると、うまく利用する。巣は泥と藁などを組み合わせて作る。
minatubame11燕の巣

minatubame14燕の子

燕は弱い鳥で、カラスなどの敵から逃れるために、燕の巣は人家に作ることが多い。人間が頻繁に出入りする入り口辺りに巣を作る。一番いいのは人家の戸を入った中がよいのだが、この頃では閉鎖的な構造の家が多いので、外に作る。
このように昔から燕は人間の身近にいたので、ツバメが巣を作る家は縁起がいい、と大切にされたものである。ただ巣の下におびただしい糞をするので、その糞の始末が大変である。
写真のように一つの巣に4、5羽の子が生まれる。巣は狭いので、子どうしは押しくらまんじゅうである。弾かれて下に落ちることも多いが、人間が丁寧に巣に戻してやったりする。子育ての様子は微笑ましいものである。お寺の庫裏などは広い土間があって開放的なので、いくつもの巣が連なっている光景が見られる。
minatubame15燕の子

餌は空中を飛びながら小さい虫や昆虫を捕食する。
私の家でも昔の古い家では玄関の戸を入った土間の天井の梁に巣をかけていたが、そこにも天敵がいるもので、私の家の「主」ぬしとして住み着いている蛇に巣立ち直前の大きくなった頃に夜明けに襲われて飲み込まれ、全滅するようなことがあった。
今の家は洋風に建て替えたので家の中には巣は作れず、玄関脇の壁に巣をかけていたが、夜明けの、まだ暗いうちにカラスに襲われて食われてしまい、以後、私の家には巣をしなくなった。
巣立ちした幼鳥は親から餌をもらった後、自分で餌を捕れるようになったら幼鳥どうしで暮らし、秋九月頃になると、大きな川の河川敷の「葭原」などに数千、数万羽の単位で集結し、餌を十分に食べて体力を蓄えたあとで、集団で南方に渡ってゆく。関西では、淀川の河川敷などに見られる。
日本に渡ってくるツバメにもいくつか種類がある。写真②③④に載せたように巣の上部があいた巣を作るツバメばかりではなく、天井に張り付いた巣で巣穴が横についているのを作る種類もある。このツバメの胸の色は淡い土色である。京都大学構内などには、この種類のツバメが見られた。
鳴声も違う。
俳句では単に「燕」というと春の季語で、「夏燕」「燕の子」が夏の季語である。
以下、句を引いておく。

 夏つばめ遠き没り日を見つつゐる・・・・・・・・山口誓子

 暮れて明るき空かぎりなし夏燕・・・・・・・・重田暮笛

 かはらざるものに川あり夏つばめ・・・・・・・・上村占魚

 木曽川の光る瀬を打つ夏燕・・・・・・・・佐藤泳人

 夏つばめ一閃最上は男川・・・・・・・・武田玄女

 町は伸び駅は小さし夏燕・・・・・・・・沢木てい

 夏つばめ嬬恋村の瀬にひかる・・・・・・・・蒲田陵鴉

 十ほどの鎌かけし壁夏つばめ・・・・・・・・辻三枝子

 夏燕夕べ目の玉かゆしかゆし・・・・・・・・小川千賀

 子燕のさざめき誰も聞き流し・・・・・・・・中村汀女

 燕の子眠し食いたし雷起る・・・・・・・・西東三鬼

 天窓の朝明けを知るつばめの子・・・・・・・・細見綾子

 燕の子ゐると思へば昼しづか・・・・・・・・山口青邨

 白樺の雨につばめの巣が匂ふ・・・・・・・・飯田龍太

 花の如き口をあけたり燕の子・・・・・・・・青木月斗

掲出した二句目の秋桜子の句については、多少の説明が必要だろう。
「陀羅尼助」というのは、せんぶりなどを主成分にした漢方の胃薬で「丸(がん)薬」になっている場合が多い。奈良や富山から「置き薬屋」が持ってきたものであり、訪問してくる時期は、いつも初夏になるのが多かったので、こういう句の描写になっている。



目には青葉山時鳥初鰹・・・・・・・・・・・・・・山口素堂
katuoカツオ

  目には青葉山時鳥(ほととぎす)初鰹・・・・・・・・・・・・・山口素堂

この句は作者名を知らなくても、多くの人に愛誦されている代表格のものだろう。
素堂は芭蕉と親交のあった江戸の俳人。句は「鎌倉にて」という前書きがある。
目のためには一帯の山の青葉。耳のためにはほととぎす。鎌倉の初夏はすばらしい。
その上に、相模の海の名物の初鰹とは、何とよい土地柄だろう、というのである。初物好きの江戸っ子の美意識が強く感じられる。
大島蓼太の句にも

  鎌倉は波風もなし鰹つり

というのがあるが、相模湾は、その昔、マグロやカツオの漁でも有名だった。
同じ江戸中期の国学者で歌人の賀茂真淵には

大魚(おほな)釣る相模の海の夕なぎに乱れて出づる海士(あま)小舟かも

という爽快な漁場風景を詠んだ歌がある。
なお、念のために申し添えておくが、「青葉」「ほととぎす」「初鰹」ともに俳句の世界では「夏」の季語である。
旧暦の四月(卯月)、新暦の五月からは「夏」になる。
----------------------------------------
d0080223_19245841ホトトギス

ここでは、「ほととぎす」にまつわる句歌を少し引いておく。

  谺(こだま)して山ほととぎすほしいまま・・・・・・・・・・杉田久女

結句の「ほしいまま」というのが鳥の自由奔放な命の発露を言いとめている。この句の前書きには「英彦山」とある。福岡、大分両県にまたがる修験道の霊山である。久女は昭和5年高浜虚子選で行われた全国新名勝俳句に応募のため、英彦山に登ってこの句を得、金賞を獲得した。しかし同じ句を「ホトトギス」に投句した時には没だったという話もある。久女の浪漫的で大胆な句風は女流俳人中で異彩を放ったが、なぜか昭和11年理由不明のままホトトギスから除名された。悲運の閨秀作家である。

ほととぎすそのかみ山の旅枕ほのかたらひし空ぞわすれぬ・・・・・・・・式子内親王

詞書には「いつきの昔を思ひ出でて」とある。「いつき(斎)の昔」というのは、式子内親王が賀茂神社の斎院として青春の十年間を神に奉仕する身であった時代を回想してという意味である。「そのかみ」と「かみ山」とは掛け詞で、後者は賀茂神社のある森のことを神山(こうやま)と今でも言う。「旅枕」は賀茂の祭礼のとき、社殿の脇の神館に斎院が一夜泊るしきたりを、旅になぞらえたのである。
ほととぎすよ、その昔、賀茂の神館に旅寝した夜明け、お前がほのかに鳴いて過ぎた、あの時のことが忘れられない、という意味である。口ずさめば歌は縹渺たる時間と空間を呼び起し、恋歌のような情緒さえ刺激する。
現在では「上賀茂神社」と一般的に呼称する。
「神山」の辺りには今は京都産業大学のキャンパスが広がっている。
---------------------------------------
山口素堂についてネット上から転載しておく。

山口素堂(やまぐち そどう)

(寛永19年(1642)5月5日~享保元年(1716)8月15日、享年75歳)

 甲州白州巨摩郡教来石山口(現山梨県北杜市白州町。現在では、近くにサントリー白州ディストラリーがある)の人と言われている。父山口市右衛門の長男として誕生し、甲府魚町で家業の酒造業を営んでいたが、向学心に燃えて家督を弟にゆずり江戸に出て、漢学を林春斎に学ぶ。芭蕉とは2歳ほど年上だが、相互に信頼しあって兄弟のような交わりをした。儒学・書道・漢詩・能楽・和歌にも通じた当時稀有な教養人であった。(以上『甲斐国史』による)
 名は信章<しんしょう>、字は子晋<ししん>、通称は勘兵衛。俳号素仙堂・其日庵・来雪・松子・蓮池翁など多数。子晋・公商は字。趣味も多彩で、蓮を好んだことから「蓮池翁」などと呼ばれた。延宝4年には『江戸両吟集』を、延宝6年には『江戸三吟』を芭蕉との合作で発表。75歳で死去。
「四山の瓢」参照。

--------------------------------------------------------------------------

素堂の代表作

目には青葉山ほとゝぎす初がつを (『あら野』)

池に鵞なし假名書習ふ柳陰 (『あら野』)

綿の花たまたま蘭に似たるかな (『あら野』)

名もしらぬ小草花咲野菊哉 (『あら野』)

唐土に富士あらばけふの月もみよ (『あら野』)

麥をわすれ華におぼれぬ鴈ならし (『あら野』)

髭宗祇池に蓮ある心かな (『炭俵』)

三か月の隠にてすヾむ哀かな (『炭俵』)

うるしせぬ琴や作らぬ菊の友 (『續炭俵』)


茶師なれば見る機もなき鴨祭むらさき匂ふ牛車ゆくさま・・・・木村草弥
g08葵祭

   茶師なれば見る機(をり)もなき鴨祭
     むらさき匂ふ牛車(ぎつしや)ゆくさま・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』に載るものである。自選にも採っているのでWebのHPでも、ご覧いただける。
この歌は塚本邦雄氏が読売新聞の「短歌時評」で採り上げて下さった2首のうちの一つである。
葵祭5月15日(雨天順延)に行われるが、この歌の主旨は、私が「茶」を生業としていたので、丁度その頃には新茶の製造時期であり、それどころではない忙しい日々を過ごしていたので、じっくりと祭を見物する機会もなかった、ということである。
この祭は古来、俳句などでは五音に収まるというので「鴨祭」と通称されてきたのである。
京都には三大祭といって、葵祭、祇園祭、時代祭のことだが、一番古いのが、この葵祭である。もともと京の先住民とも言える賀茂氏の祭だった。現在の上賀茂神社(賀茂別雷神社)と下鴨神社(賀茂御祖神社)という賀茂氏の神社で五穀豊穣を祈願する祭が、平安遷都を境に国家的な祭になって行った。
さわやかな新緑匂う皐月の頃、藤の花で飾られた牛車(ぎっしゃ)や輿に乗った「斎王代」を中心にした行列が、御所を出て下鴨神社から上賀茂神社を巡幸する祭の光景は、平安の昔をそのままに、都の雅(みやび)そのものを展開すると言える。
写真の説明をしておくと写真①が御所をでる行列、写っているのは牛車。写真②は、牛車の側面──藤の花の房で飾られている。写真③は輿に乗る斎王代。
hyosi牛車

saio-03輿に乗る斎王代

現在の祭の主役は「斎王代」だが、この斎王代が主役となっての祭の歴史は新しい。
斎王代とは、その名の示すように、斎王に代わるもの、代理である。
斎王は伊勢神宮や賀茂の神社に奉仕した未婚の内親王、女王のことである。
平安の昔、この祭が国の祭であった頃、賀茂の宮には斎王が居られ葵祭に奉仕しておられた。お住いを斎院と言い、祭のときに出御し、勅使の行列と一条大宮で合流する習いだったという。
写真④は下鴨神社のみたらし川での斎王代の禊の様子。祭の数日前に行われる。
saio-01斎王代みそぎ

葵祭の始まりは平安時代初期、弘仁元年(810年)、嵯峨天皇が伊勢神宮にならって、賀茂社にも斎宮を置いた。この初代斎王─有智子内親王から鎌倉時代はじめの礼子内親王(後鳥羽院皇女)まで、約400年にわたって続いたが、後鳥羽院と鎌倉幕府との政変、承久の変で途絶する。
以後、葵祭は勅使は出るものの、斎王が復活することはなかった。
saio-02女人行列

それを昭和28年に葵祭復活後、行列を華やかに盛り上げるために、葵祭行列協賛会などの努力で「斎王代」を中心にした女人行列(写真⑤)などを加えて、今日に至るのである。
斎王代は民間の未婚の女性が選ばれることになっている。
これに選ばれることは名誉なことであるが、選ばれることによる持ち出しも大変なもので一千万円にも及ぶ出費を覚悟しなければならず、高額所得のある社長令嬢しか、なれない役目である。

参考までに申し上げると、三大祭の他の二つは、祇園祭は中世に京の都が荒れ果て、病気が蔓延していた頃、「町衆」が立ち上がり世の平穏と病魔退散を願って立ち上げたのが祇園祭であり、別名を町衆の祭と言われている。だから、この祭には勅使なども一切参ることはない。昨年にも書いたが「大文字の送り火」も町衆の発起したものである。
もう一つの時代祭は、明治になって平安神宮が郊外の岡崎の地に造営されたのを機会にはじめられた時代行列である。都が東京に遷都して京都の町が疲弊していたのを立て直すイベントとして考案されたもの。

以下、葵祭を詠んだ句を引いて終わりたい。

 草の雨祭の車過ぎてのち・・・・・・・・与謝蕪村

 賀茂衆の御所に紛るる祭かな・・・・・・・・召波

 地に落ちし葵踏みゆく祭かな・・・・・・・・正岡子規

 しづしづと馬の足掻きや加茂祭・・・・・・・高浜虚子

 懸葵しなびて戻る舎人かな・・・・・・・・野村泊月

 うちゑみて葵祭の老勅使・・・・・・・・阿波野青畝

 牛の眼のかくるるばかり懸葵・・・・・・・・粟津松彩子

 賀茂祭り駄馬も神馬の貌をして・・・・・・・・伊藤昌子
----------------------------------------
FI2618837_2E.jpg

FI2618837_3E.jpg

「葵祭」の名前の由来は、この儀式全体を通じて「葵」─フタバアオイの葉っぱを延一万本も飾ったり掲げたりすることによる。これを「挿頭」(かざし)という。
写真⑥がフタバアオイの葉っぱである。
今までは、この葵は神社の境内に自生しているものから摘み取って使ってきたが、枯渇してきたので神社奉賛会などの努力で、苗を各地で栽培してもらって提供していただいているという。
牛車の脇に垂らされるのが「葵」の花なのか「藤」の花なのか。フタバアオイの花は写真に写るようなものとは全然別のものであるからフタバアオイの花である筈がないのである。
だから今の季節の華やかな花である「藤」の花が垂らされているようである。
フタバアオイの花の咲くのは一ヶ月も後であり、そのフタバアオイの花の写真⑦もつづいてお目にかける。
断定はいたしかねるが、私の文章では、だから「藤」の花としておいた。ご了承願いたい。
なお掲出した写真は、いずれも過年度のものである。

菩薩みな頭でつかち練供養・・・・・・・・・・・成瀬桜桃子
taima-oneri1練供養

   菩薩みな頭でつかち練供養・・・・・・・・・・・成瀬桜桃子

奈良県の二上山麓の当麻寺(たいまでら)では5月14日16時から「中将姫」ゆかりの「練供養」行列が催行される。この日は、この寺に当麻曼荼羅をもたらした中将姫の忌日にあたる。

中将姫(写真②の坐像)とは、どういう人なのだろうか。
187中将姫坐像

当麻寺境内の「中将姫」説明板によると、姫は奈良時代の右大臣・藤原豊成の娘で、幼くして母を失い、継母に育てられが嫌われ、ひばり山に捨てられた。その後父に再会し都に戻ったが、姫の意向を無視して当麻寺に入れられたが、称賛浄土経一千巻の写経をなしとげ、17歳で中将法如として仏門に入り、曼荼羅を織ることを決意した。
百駄の蓮茎を集めて蓮糸を繰り、これを井戸にひたすと糸は5色に染まった。そして、その蓮糸を、一夜にして一丈五尺もの蓮糸曼荼羅を織り上げた。
姫が29歳の春、雲間から一条の光明とともに、阿弥陀如来をはじめとする25菩薩が来迎され、姫は現身のまま成仏して西方極楽浄土へ向かわれたと伝える。

03当麻曼荼羅

写真③は曼荼羅堂の曼荼羅だが、公開されているのは1502年に模写されたもので、原本は国宝で痛みがひどく非公開。
練供養の25菩薩は当番の人が面をかむり、娑婆堂から曼荼羅堂まで高い引摂橋が組まれ、観音、勢至が中将姫の像を守り、25菩薩を先導する。
これは弥陀来迎のさまを表現したもので、恵心僧都がはじめたという。中将姫の曼荼羅の奇跡に弥陀来迎の信仰を、目で見る信仰とした昔の芝居けたっぷりの行事と言える。

関西では有名な行事だが、俳句に詠まれるものは多くはない。それを引いて終わる。

 練供養二つの塔を望み来し・・・・・・・・青木月斗

 一役のかなひし父や練供養・・・・・・・・松岡汀月

 葉ばかりとなりし牡丹や練供養・・・・・・・森田木亭

 雨雲の塔に振り来し練供養・・・・・・・・徳岡洋子

 練供養待ちくたぶれし久米の子ら・・・・・・・民井とほる

 附き人が菩薩を煽ぐ練供養・・・・・・・・右城暮石

 日は西に二十五菩薩練りにけり・・・・・・・・山口峰玉

 脚長き菩薩増えたる練供養・・・・・・・・高松早基子

 もの言うて菩薩親しも練供養・・・・・・・・今井妙子

 昨夜の雨二上山を洗ひ練供養・・・・・・・・石垣青葙子



夏草や兵共がゆめの跡・・・・・・・・・・・・松尾芭蕉
hiraizumikuhi夏草句碑

  夏草や兵共(つはものども)がゆめの跡・・・・・・・・松尾芭蕉

夏草の一句を挙げよ、と言われれば、余程のことがないかぎり、
芭蕉の上の一句をあげる人が多いだろう。
元禄2年5月13日、芭蕉の『おくのほそ道』の旅は、この日平泉に到達する
今日の日に拘ってBLOGをアップする所以である。もっとも、この日付は旧暦であるから、新暦では年によって前後するので、敢えて旧暦の日付のままに載せた。

平泉で繰り広げられた奥州藤原氏三代の栄華もはかなく消えて、華美を尽した秀衡の館も田や野に変わっていた。
芭蕉は、衣川が、その下流で北上川に合流する、もと源義経の館だった高館(たかだち)にのぼる。
辺りは夏草が生い茂り、その昔、ここで討ち死にした義経主従の奮戦も一場の夢と化していた。
芭蕉は「国敗れて山河あり、城春にして草青みたり」という杜甫の詩『春望』を思い出し、栄枯盛衰に涙して、この句を作ったと『おくのほそ道』は記述する。

以下、少し、かの地に触れて書いてみる。
岩手県西磐井郡平泉町だが、平泉駅から西へ500メートルの毛越寺(もうつじ)の山門をくぐると、境内の右手の植え込みの中に「夏草や兵どもが夢の跡」の新旧2基の句碑がある。医王山毛越寺は本尊が薬師如来、平安時代末期の東北に覇を唱えた藤原氏二代目・基衡の建立で、盛時には堂塔40、僧坊500を数える大伽藍だったと言われ『吾妻鏡』が「わが朝無双」と讃えたほどであったらしい。
義経の館跡という高館にのぼると、小高い丘の上には、正面に義経堂があり、中には義経像が祀られる。また東側は断崖で、芭蕉の「高館にのぼれば、北上川南部より流るる大河也」という『おくのほそ道』の一文のように、くろぐろと流れ、彼方には束稲山(たばしねやま)が裾を引いている。
二度平泉を訪れた西行は、

  聞きもせず束稲山の桜花吉野のほかにかかるべしやは(山家集)

の歌を残しているが、当時この山は京都東山を模して1万本の桜が植えられ、花の名所だった。
芭蕉が平泉に足跡を印したのは、西行が建久元年(1190年)河内の弘川寺で亡くなって丁度500年後の元禄2年(1689年)のことで、芭蕉の『おくのほそ道』紀行の目的には、その生涯を通じて畏敬した西行への500回忌追善や、この高館で悲運の最期を遂げた義経への追悼が含まれていたという。
そのことを裏付けるように、

「さても義臣すぐって此城にこもり、功名一時の叢となる。国破れて山河あり、城春にして草青みたりと、笠打敷て、時のうつるまで泪を落し侍りぬ」

という記述に芭蕉の感動がうかがえる。さらに文末に据えられた「夏草や」の句は絶唱である。

高館を下り、北進して中尊寺の山内に入る。初代・清衡が関山中尊寺の建立に着手したのは長治2年(1105年)、その規模は堂塔40余宇、禅坊300余宇と『吾妻鏡』は誌している。21年の歳月を費やし、竣工から2年後、清衡は権勢の永続を念じながら73歳で没した。
芭蕉が、

  五月雨の降のこしてや光堂

 と詠んだ金色堂は、本坊から200メートルほど奥になる。覆堂(さやどう)に納められた内陣の須弥壇は三段あり、それぞれに金色の阿弥陀如来を本尊として、観音・勢至菩薩が脇に従い、さらに三体づつ、これも金色の六地蔵、壇の前には持国天・増長天が仏界を守護するように、破邪の形相で立っている。
そして中央の壇には初代・清衡、左が二代・基衡、右が三代・秀衡の遺体と四代・泰衡の首級が安置され、昭和25年の学術調査では、三代ともミイラ化していたことが判明し、内外に大きな感動を与えたという。
泰衡だけが首級だったのは頼朝の奥州征伐のためであるが、藤原氏が滅んだ文治5年(1189年)奥州の旅から戻った西行は、河内の弘川寺に草庵を結んでいた。弟の義経を庇護したことが仇になり、頼朝に滅ぼされた藤原氏の悲運を、源氏嫌いの西行が、どんな想いで聞いたであろうか。
西行が平泉を訪れた頃は、まだ覆堂はなく、自然の中にじかに建つ金色堂を目のあたりにした筈なのに、彼は一字一句もその印象を残していない。

500年後、金色堂を訪れた芭蕉の「光堂」の句には、覆堂を取り払ってみたいもどかしさが感じられる。同時代人として悲劇を直視せざるを得なかった西行と、追善の涙に身をゆだねた芭蕉との違いであろうか。

昨日付けで、那須の原で、芭蕉が西行ゆかりの「遊行柳」の傍の田で詠んだ句を載せたが、そこにも書いたように四月中、下旬のことであり、支援者の家に世話になったりして北上して、芭蕉一行は、この日に平泉に着いたのだった。その間、ほぼ二旬の日時が経過したことになる。
---------------------------------------
中尊寺については、中尊寺執事長を勤められた、中尊寺仏教文化研究所所長の佐々木邦世『中尊寺千二百年の真実』(祥伝社黄金文庫)、『平泉の文化遺産を語る』(大正大学出版会)の本に詳しい。


   
田一枚植ゑて立ち去る柳かな・・・・・・・・・・・松尾芭蕉
田植え

  田一枚植ゑて立ち去る柳かな・・・・・・・・・・松尾芭蕉

この句は『おくのほそ道』に載るもので、西行ゆかりの「遊行柳」の陰にたたずみ、しばし懐古の情にふけって、ふと気づくと、田植え女は、すでに田一枚を植え終わっている。ああ思わず時が経ったなと、思いを残して柳のもとを立ち去ったことだ、という意味の句である。
芭蕉については古来、研究がすすんでおり、この「遊行柳」は謡曲『遊行柳』に、西行

道のべの清水流るる柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ

 と詠んだとある芦野の里の遊行の柳と特定されている。

この芦野の里というのは(現在の所在地も判っているが、メモをなくしてしまい書けない)那須郡芦野三千石の領主・芦野民部資俊の知行地。江戸深川に下屋敷があり、芭蕉とは旧知の間柄であったという。
芭蕉が西行を敬慕すること極めて深く、「おくのほそ道」の旅も、西行500年忌を記念するものであることは、あまたの研究者によって解明済みのことである。

この句の前書きに芭蕉は

<清水流るるの柳は芦野の里にありて、田の畔(くろ)に残る。この所の郡守、戸部某の、「この柳見せばやな」と折々に宣ひ聞え給ふを、いづくのほどにやと思ひしを、今日この柳の陰にこそ立ち寄り侍りつれ>

と書いていて、西行に寄せる気持ちのなみなみならぬものがあったのが判る。同行した「曾良旅日記」によると4月16日~18日には那須郡高久の庄屋、覚左衛門邸に泊っているので、その頃の作句と考えられる。4月20日には白河の関所跡に到着している。

<白河の関越ゆるとて>の前書きで

 風流のはじめや奥の田植うた 

の句を作っている。この句からは、奥州ののどかな田植え歌を流しながら田植えがおこなわれた情景が浮かびあがるようだ。「おくのほそ道」には須賀川の駅に旧知の相楽等窮を訪ね「白河の関、いかに越えつるや」と問われて、この発句を詠み、歌仙を巻いた、とある。
鄙びたみちのく情緒を讃え、これからの旅で味わう風流への期待感もこめた挨拶句。4月22日の作。

この続きには

 早苗とる手もとや昔しのぶ摺 

の句が何日か後に書かれている。「しのぶ摺」とは忍草の葉を布に摺りつけて染めたもの。『伊勢物語』初段にも「みちのくの忍ぶ文字摺りーー」と見えて古来有名、とある。「昔を偲ぶ」に掛けたもの。

 <文字摺の石は福島の駅より東一里ばかり、山口といふ処にあり。里人の言ひける、「行き来の人の麦草をとりてこの石を試み侍るを憎みて、この谷に落し侍れば、石の面は下ざまになりて、茅萱の中に埋れ侍りて、いまはさる業することなかりけり」となん申すを>

という長い前書きの後に

 早苗つかむ手もとや昔しのぶ摺
 五月乙女(さをとめ)に仕形望まんしのぶ摺


の句が「真蹟懐紙」や「曾良書留」に見られる。

このようにして芭蕉の「おくのほそ道」の文章を辿ると、きりがないが、紀行文は、とても面白い。
こうして読んでくると、芭蕉は多くの知人が江戸にいて(句の指導をしたり歌仙を巻いたりしたのだろう)奥州の旅の前には、それらの人々に予め予定到着日時を知らせたりしてあったので、現地でも泊るところも手配されていたと思われる。
何事も日記その他記録しておくものだ。

  
からころも着つつなれにし妻しあればはるばる来ぬる旅をしぞおもふ ・・・・・・・・・・・在原業平
kakitu13かきつばた本命

   からころも着つつなれにし妻しあれば
     はるばる来ぬる旅をしぞおもふ・・・・・・・・・・・・在原業平


先ず掲出した歌のことを書く。この歌は当代一の色男であった在原業平が三河──今の愛知県の「八橋」というカキツバタの名所で詠ったもので有名なもの。
この歌には趣向がこらされていて、5、7、5、7、7の各フレーズの頭に「かきつばた」の字を置いて作ったもので「冠」作りという歌遊びになっている。

「からころも」というのは「着る」にかかる「枕詞」であるが、この「からころも」という言葉自体にも「衣」としての意味がある。
衣を身にまとうように馴れ親しんできた妻だが、思えばはるばると旅をつづけてきたものだなあ、いとしい妻が思われてならぬ、という意味である。

ところで写真①は「かきつばた」であるが、「いずれがアヤメ、カキツバタ」という文句があるように、この二つはとてもよく似ていて、区別が難しい。
img_shoubuden菖蒲田本命

参考までに、写真②は花菖蒲あやめである。
カキツバタとアヤメの見分け方は、先ずカキツバタは葉の幅が3センチほどあるのにアヤメは幅が1センチほどしかない、ということ。またカキツバタは4月末から5月中旬、下旬にかけて咲くが、アヤメは露天では6月にならないと咲かない。というところであろうか。
菖蒲というと五月五日の端午の節句に合せて花菖蒲を飾るが、これはビニールハウスで保温して促成栽培したものであり、私の住む地域で盛んに栽培されている。

kakitu10かきつばた

写真③はカキツバタの田の様子である。
学名によると両方ともアイリスの種類で、属が異なるだけである。
菖蒲は Iris ensata というが、杜若は laevigata と属名が異なる。菖蒲の属名は「剣形の」の意味であり、杜若は「無毛の、平滑な」の意味である。因みに言うと「アイリス」とはギリシア語で「虹」の意味である。鮮やかな紫色をしているからだろう。この頃では西洋品種の「アイリス」という花が一般に栽培されるようになった。紫色が一段と濃い花である。他にもジャーマンアイリスとか何とか、とりどりの色と柄の品種がある。
カキツバタは、明後日5月13日の「誕生花」であり、花言葉は「幸運」「雄弁」である。

はじめに書いた三河の八橋は杜若の名所で、今でも4月下旬から5月下旬まで、カキツバタにまつわるイベントが開催されている。なお愛知県の県花はカキツバタになっている。

カキツバタの花の姿が飛燕の紫を思わせるので燕子花とも書く。
杜若を詠んだ句を引いて終わる。

 杜若語るも旅のひとつかな・・・・・・・・松尾芭蕉

 赤犬の欠伸の先やかきつばた・・・・・・・・小林一茶

 杜若切ればしたたる水や空・・・・・・・・高浜虚子

 よりそひて静かなるかなかきつばた・・・・・・・高浜虚子

 垣そとを川波ゆけり杜若・・・・・・・・水原秋桜子

 燕子花咲くや桂の宮寂びて・・・・・・・・水原秋桜子

 降り出して明るくなりぬ杜若・・・・・・・・山口青邨

 杜若けふふる雨に莟見ゆ・・・・・・・・山口青邨

 地図になき沼に霧湧く杜若・・・・・・・・児玉小秋

 妻の脛妖しき日ありかきつばた・・・・・・・・佐藤いさむ

 ベレー帽おしやれ被りに杜若・・・・・・・・遠藤梧逸

 声とほく水のくもれる杜若・・・・・・・・桂信子

  
母ありといふなしといふ母の日に・・・・・・・・・・・小坂順子
carnationカーネーション

  母ありといふなしといふ母の日に・・・・・・・・・・小坂順子

今日5月10日は第二日曜日で「母の日」である。
母に感謝を捧げる日とされ、カーネーションの花を贈ったり、胸につけたりする。
花言葉は「婦人の愛」ということになっている。母のない人は白を、母のある人は赤をつける。
この日が選ばれた起源はアメリカのウェブスター在住のアンナ・ジャーヴィスが
1908年、この日に白いカーネーションを教会の友人たちに分けたことに由来する。
1914年5月9日、ウイルソン大統領により「母の日」として制定された。
number7カーネーション

この花は2000年以上も前の古代ギリシアから鑑賞がはじまった。
「冠飾の花」coronation flower が変化してカーネーションになったとか、原種の花の色(濃いピンク)からラテン語のincarnation(肉色) が語源との説もある。
学名は Dianthus caryophyllus というが、これはギリシア語の dios(神、ゼウス)+anthus(花)が語源。
花言葉は先に書いたものの他に「あらゆる試練に耐えた誠実」「純粋な愛情」「貞節」など。

この花を「国花」にしているのは、スペイン、モナコ、ホンジュラスなど。
カーネーションを詠んだ句を引いて終わりたい。

 母の日や大きな星がやや下位に・・・・・・・・中村草田男

 母の日の花を身につけ駅に入る・・・・・・・・横山白虹

 母の日やそのありし日の裁ち鋏・・・・・・・・菅裸馬

 母の日や忙を楽しむ母にして・・・・・・・・徳永山冬子

 母の日のひばりのあがる麦畑・・・・・・・・轡田進

 母の日の母包紙大切に・・・・・・・・安良岡昭一

 母の日のてのひらの味塩むすび・・・・・・・・鷹羽狩行

 母の日が母の日傘の中にある・・・・・・・・有馬朗人

 母の日の母の記憶やめくら縞・・・・・・・・矢ケ崎雅雲

 母の日や童女のごとき母連れて・・・・・・・・恩田秀子

 母の日や病み臥すこともなく八十路・・・・・・・・高村寿山

 宅急便来て母の日に誰も来ず・・・・・・・・畑中律子

 母の日や母恋ふことに終りなし・・・・・・・・山崎泰世

kanesh1カーネーション

  
夕つつじ美しくしてひとり病む・・・・・・・・・・加藤霞村
tutujiつつじ

   夕つつじ美しくしてひとり病む・・・・・・・・・・・・加藤霞村

躑躅(つつじ)は桜のシーズンが終ったあとで一斉に訪れる。ツツジは、このように難しい字を書くが、それは、中国で毒性のあるツツジを羊が食べて、足踏みしてもがき、うずくまってしまったというので、この字を宛てたという。発音としては「テキチョク」と読む。

ツツジと総称されるが数十種類あると言われている。一般に植えられているツツジの他に、山つつじなどがある。
数年前に奈良県の葛城山のツツジを見に行ったことがあるが五月の連休の前後だったが、すごい人出で頂上に昇るケーブルカーの順番待ちで二時間も待った。仕方ないので下で昼食を済ませた。
ここのツツジは山頂から少し下がった斜面に数万株がピンク色に密集して咲いている。

写真②のような白いツツジも趣のあるものだ。
tutuji6つつじ③

ツツジの花には蜜があるが、この山には猿が生息しており、花の時期には、この花を摘まんで食べるという。私も子供の頃、ツツジの花の蜜を吸ったことがあるがおいしいものである。
九州にゆくと雲仙のツツジも有名であり、長野県の須坂市の奥にある五味池破風高原は100万株を超えるツツジで名高いらしい。
226226つつじ④

満天星(どうだん)つつじというのがあるが、普通のツツジとは別のものであり、花には白、ピンクがあるが、馬酔木の花のような形をしている。秋になると葉が紅葉して美しい。
写真④が、それ。
doudantutuji.jpg

ツツジというと、京都市水道局の蹴上浄水場にはたくさんのツツジが植えられており、この花のシーズンだけ一般に開放されて市民が見物に押しかけるので有名である。
桜では大阪造幣局の桜の通り抜けが有名だが、浄水場は背の高い木は落葉などの関係で植えられないので、背の低いツツジが斜面の芝生に植えられているのだ。

rengetutuji2レンゲツツジ

写真⑤には、毒性があるというレンゲツツジをお見せする。山つつじの一種であろうか。

「ツツジ」は、古来さまざまの形で句に詠まれてきた。それを引いて終る。

 盛りなる花曼陀羅の躑躅かな・・・・・・・・高浜虚子

 真向ひて恵那山は観るべしつつじ原・・・・・・・・松本たかし

 山の娘のすこやかにゆく躑躅かな・・・・・・・・日野草城

 死ぬものは死にゆく躑躅燃えてをり・・・・・・・・臼田亞浪

 吾子の瞳に緋躑躅宿るむらさきに・・・・・・・・中村草田男

 花終へしつつじ野けふの虹立たす・・・・・・・・大野林火

 日の昏れてこの家の躑躅いやあな色・・・・・・・・三橋鷹女

 白つつじこころのいたむことばかり・・・・・・・・安住敦

 山つつじ照る只中に田を墾く・・・・・・・・飯田龍太

 躑躅より地に着いて蜘蛛走り出す・・・・・・・・川崎展宏

 人に会はん気遅れ少し躑躅かな・・・・・・・・榑沼清子

 つつじ山暗きところにけものの眼・・・・・・・・田村一翠

 仏性の火炎となりし白つつじ・・・・・・・・椎橋清翠



牛放てば木の芽の風のやはらかに袂に青き大那須が原・・・与謝野寛
1-7那須高原

   牛放てば木の芽の風のやはらかに
      袂(たもと)に青き大那須が原・・・・・・・・・・・・・・与謝野寛


与謝野寛(鉄幹)については、妻・晶子の輝かしい名声に覆われて、不当に忘却されているきらいがあるが、彼が明治新詩運動──詩歌全体の革新運動に果たした功績は不朽のものである上に、天馬空をゆく観のあった詩才の輝きも、改めて正当に評価される必要があるだろう。
彼には、まだ然るべき全集さえないというのは残念なことである。
この歌は、彼が新詩社の指導者として「明星」発刊後の得意の絶頂期にあった頃の作品。
当時の彼の歌としては異色で、自然界に素直に心を解き放っている平らかな歌で、のびやかな才能に満ちた、すがすがしい歌である。明治35年刊『うもれ木』に載るもの。
充分な資料もないが、寛の歌を少し引いてみる。
----------------------------------------

野の生ふる、草にも物を、言はせばや。
 涙もあらむ、歌もあるらむ。

われ男の子意気の子名の子つるぎの子詩の子恋の子ああもだえの子

母にそひてはじめて菫わが摘みし築土ふりたり岡崎の里

京の子は舞のころもを我にきせぬ北山おろし雪になる朝

わかき子の秋に堪へずと小指かみてかきし血の文十とせ我手に

髪さげしむかしり君よ十とせへて相見るえにし浅しと思ふな

相見しは大き銀杏の秋の岡金色ながすひかりの夕

君なきか若狭の登美子しら玉のあたら君さへ砕けはつるか

若狭路の春の夕ぐれ風吹けばにほへる君も花の如く散る

わが為めに路ぎよめせし二少女一人は在りて一人天翔る

この終りの三首は若狭の山川登美子が死んだ時に作られたもの。山川登美子は一時、晶子と三角関係のような形で寛の愛を争っていた時期があった。登美子が身を引く形で晶子が寛を独占することになった。登美子が死んで、彼も、その頃のことを思って歌にしている。
故郷・若狭では、近年「山川登美子文学賞」なるものを創設して短歌の隆盛に寄与している。

濃き青の四月の末の海に浮く水母の如く愁白かり

冷飯を法師のごとく清水もて洗ひて食ひぬ夏の夕ぐれ

----------------------------------------
与謝野寛は明治6年京都市岡崎うまれ。妻・晶子とともに「明星」を拠点にして浪漫主義文学運動の推進者で、北原白秋など多くの詩人、歌人を育てた。昭和10年没。
-------------------------------
165px-Tekkan_Yosano与謝野寛

与謝野鉄幹
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

与謝野 鉄幹(よさの てっかん、1873年2月26日 ~ 1935年3月26日)は、日本の歌人。本名は寛。鉄幹は号。与謝野晶子の夫。後に、慶應大学教授。

経歴
京都府岡崎(現・京都市左京区)に僧侶・与謝野礼厳の4男として生まれる。父・礼厳は庄屋・細見家の次男としてうまれたが京都府与謝郡(現在の与謝野町字温江)出身ということから、明治の初め「与謝野」と名乗るようになったという。なお正しい姓は與謝野。漢字制限(当用漢字、常用漢字、教育漢字)により現表記となる。

当初、山口県徳山市(現:周南市)の徳山女学校で国語の教師を4年間勤めるも女子生徒との間に問題を起こし、退職。20歳で上京。落合直文の門下に入る。明治27年短歌論『亡国の音』を発表、つづく明治29年歌集『東西南北』、翌明治30年歌集『天地玄黄』を世に出し、質実剛健な作風で『ますらおぶり』と呼ばれた。明治32年「東京新詩社」を創立し、翌年「明星」を創刊。北原白秋、吉井勇、石川啄木などを見出し、日本近代浪漫派の中心的な役割を果たした。しかし明治33年、当時無名の若手歌人であった鳳晶子(のち鉄幹夫人)との不倫が問題視され、文壇照魔鏡なる怪文書で様々な誹謗中傷の事件が鉄幹に仕立て上げられた。だが、晶子の類まれな才能を見ぬいた鉄幹は、晶子の歌集『みだれ髪』作成をプロデュースし、妻滝野と離別、明治34年晶子と結婚した。六男六女の子宝に恵まれた。

結婚後の鉄幹は極度の不振に陥る。明治44年晶子の計らいでパリへ行く。のち晶子も渡仏、フランス国内からロンドン、ウィーン、ベルリンを歴訪する。だが、創作活動がさかんとなったのは晶子の方で、鉄幹は依然不振を極めていた。再起を賭けた労作、訳詞集『リラの花』も失敗するなど、栄光に包まれる妻の影で苦悩に喘いだ。大正4年(1915年)の第11回総選挙に故郷の京都市選挙区から無所属で出馬したが、落選した。また、大正11年の森鴎外の死は鉄幹にとって有力な庇護者を失うに等しい打撃であった。

昭和5年雑誌『冬柏』を創刊。昭和7年、上海事変に取材した軍歌『肉弾三勇士』の歌詞に応募、見事一等入選し鉄幹健在を示した。昭和10年気管支カタルがもとで死去。晶子は「筆硯煙草を子等は棺に入る名のりがたかり我れを愛できと」という悲痛な追悼の歌を捧げた。

次男与謝野秀は外交官として活躍。東京五輪事務長を歴任。秀の長男が衆議院議員与謝野馨である。

閔妃暗殺事件と鉄幹
明治28年(1895年)10月8日に三浦梧楼ら日本官権と他の右翼壮士とともに当時の朝鮮王朝の王妃、閔妃の暗殺を計画したという説が韓国側から言われている。これは朝鮮王朝が親露政策により清と日本の圧力を排除しようとし、それに危機感を感じた日本が起こしたという主張である。当時、朝鮮王朝は笞刑(朝鮮笞刑令)、拷問をはじめ前近代的な刑罰、法体系であり邦人保護の観点から、治外法権となっていたので、鉄幹は日本に送られ広島の地方検察庁で裁かれた。当時、鉄幹は落合直文の弟、鮎貝槐園とともに朝鮮の日本人学校、乙未義塾の教師として当地に在留していたが、事件当日は槐園たちと木浦(モッポ)に出かけて事件の起きたソウルにはいなかったことにより不起訴となった。


  
卯の花の/にほふ垣根に/時鳥・・・忍音もらす/夏は来ぬ・・・・・佐佐木信綱
hototogisu_1_qvgaホトトギス

      卯の花の
    にほふ垣根に
    時鳥(ほととぎす)
    早も来(き)鳴きて
    忍音もらす
    夏は来ぬ・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐佐木信綱


一般に小学唱歌として知られている、佐佐木信綱作詞の「夏は来ぬ」である。この唱歌は五番まであるが、たとえ二番以下は忘れてしまっていても、この一番の歌詞は歌えるという人が多いだろう。
この唱歌を小学校で習った頃は「ホトトギス」が「ハヤモキナキテ シノビネモラス」という辺りの意味は、よく判らないのに、妙に快く入ってくる語感には魅力を感じたものだった。
佐佐木信綱は明治、大正、昭和三代にわたって、歌人として、また早稲田大学で歌学者として巨大な業績を積み上げた人だが、この「夏は来ぬ」を作詞した当時は、弱冠24、5歳の青年だった。
この詩については諸家の研究によって、鎌倉時代末期女流歌人の第一人者・永福門院の歌

  ほととぎす空に声して卯の花の垣根もしろく月ぞ出でぬる

という歌の「本歌取り」であると言われている。
若き日の信綱は、小学生のための唱歌の作詞を依嘱された時、この古典の秀歌を踏まえて、それに新しい息吹を吹き込むことを考えたのであろう。彼は、それを見事に実現した。それは、原和歌の57577ではなくて、
詩として575775という音数律にしたところに新鮮な歌謡としてのリズムを産出し得ている。

永福門院の生きた昔は、鳥の分類も厳密ではなかったから、郭公や筒鳥、十一(古名では慈悲心鳥ともいう)というようなホトトギス科の鳥と混同されていたことも多かったらしい。
「古今和歌集」の夏の歌は34首であるが、そのうち時鳥を詠んだもの28首で9割近い多さである。

ここで、平安時代の頃のホトトギスを詠んだ歌を少し抽出しておく。「古今和歌集」の巻頭歌に

 わがやどの池の藤波さきにけり
    山郭公(やまほととぎす)いつか来鳴かむ・・・・よみ人しらず


「わがやど」の「やど」に「宿」の字を宛てるのは間違いで、意味としては「屋外」(やど)─つまり「庭」のこと。平安朝の貴族の邸宅は、寝殿造りの家屋に庭という様式だった。庭には池が造られ、そこに松や藤などの四季折々の花や樹木を植えて楽しんだのである。「藤波」とは藤を波になぞらえたもので、藤の花盛りを指す。ホトトギスは渡り鳥だが、昔の人は、季節になると「山」から下りて里へ来るものと考えていたので、ヤマホトトギスと呼び習わした。それは花を追って里へやって来るということは、花である女を慕って通ってくる男のイメージに重なる、という訳である。

 郭公まだうちとけぬしのびねは来ぬ人を待つわれのみぞ聞く・・・・・・・・白河院

「時鳥」の初音、すなわち「しのびね」が、来る筈なのにやってこない人を心待ちにしている、人知れぬつらい思いとイメージにおいて重なり合っていることは言うまでもない。訪れてくる恋人を待ちに待っている女心を余情にした「恋歌」と読めるものである。

 聞かでただ寝なましものを時鳥なかなかなりや夜半の一こゑ・・・・・・・・相模

 いかにせむ来ぬ夜あまたの時鳥待たじと思へば村雲の空・・・・・・・・藤原家隆


「時鳥」と「恋」を連想させて、歌人たちが好んで詠ったのも、これで判るだろうか。


copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.