FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201009<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201011
みかんをむく/よい香りが部屋に満ちる/ただよい出る/清らかな香り・・・・・・・・・・・・・高田敏子
img10532573020_convert_20091122091459.jpg

──高田敏子の詩──(17)再掲載・初出doblog2005/10/24

            みかん・・・・・・・・・・・高田敏子

     みかんをむく
     よい香りが部屋に満ちる
     ただ一つのみかんから
     ただよい出る
     清らかな香り

     みかんは
     このときを待っていたように
     ふっくらと落ちついて手の中にある

     このときのために
     樹は一年をかけて みのらせ
     人は長い年月をかけて
     樹を育て

     一つのみかんにこめられた
     樹の心 人の心
     太陽の光も
     蜜蜂の姿も
     雨も風も

     私の手の上の一つのみかんから
     浮かび出る
     風景のゆたかさ

(詩集『こぶしの花』1981年花神社刊より)



copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.