FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201211<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201301
パウロ・コエーリョ/クリスティーナ・オイティシカ『雲と砂丘の物語』・・・・・・・・木村草弥
コエーリョ

──新・読書ノート──

   パウロ・コエーリョ/クリスティーナ・オイティシカ『雲と砂丘の物語』・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・・・TOブックス2012/10/31刊・・・・・・・・・

コエーリヨ①
コエーリヨi②
コエーリヨi③
コエーリヨi④


     地中海で生まれた"雲"は、

     ある日ほかの雲と別れて砂漠

     に向かった。

     そこで出会った"砂丘"に一目

     で恋に落ち、そのまま留まるこ

     とを決める。

     しかし、それは"雲"が遠から

     ず消えてしまうことを意味し

     ていた。

     自分の存在と引きかえに、砂

     漠にはある奇跡が生まれよう

     としていた——。

「雲と砂丘の物語」という絵本である。 薄い本だが、全部で20枚の絵があるが、その中から4枚だけ出しておく。

パウロ•コエーリョ(Paulo Coelho)

1947年、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。作家・
作詞家。1988年に発表した小説『ァルケミスト』はこ
れまでに全世界で6500万部以上発行され、歴史上最も
読まれた本のひとつとなっている。最も多くの言語に翻
訳された現存の作家としてギネスにも認定されている世
界的ベストセラー作家。『アルケミスト』『ベロニカは死
ぬことにした』『星の巡礼』『ビエドラ川のほとりで私は
泣いた』(すべて角川文庫)など著書多数。本書が夫婦
合作による初の作品である。

クリスティーナ・オィテイシ力(Christina Oiticica) /絵

1951年、ブラジル・リオデジャネイロ生まれ。ア一ティ
ス卜でありパウロ・コエーリヨの妻でもある。「エコア一
ト」 「ランドアー」と呼ばれる特殊な技法を用い、独
創的な作品を発表。世界的に高い評価を受け、日本を含
む世界各国で展覧会が開催されている。絵本の挿絵を担
当するのは本書が初となる。

コエーリョについては大分前にブログで採り上げたことがある。


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.