FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201211<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201301
柿沼徹詩集『もんしろちょうの道順』・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
もんしろ

──新・読書ノート──

     柿沼徹詩集『もんしろちょうの道順』・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・・・・思潮社2012/06/30刊・・・・・・・・・

この詩集は、先に採り上げた柴田千晶の詩集とは真反対の、ささやかな、静かな、短い詩篇である。
この本の題名になっていると思われる詩を、先ず引く。


       もんしろちょう

    もんしろちょうは
    不可解な過去をもっている

    蛹

    もんしろちょうには
    もんしろちょうではなかった過去がある
    切って落とされたかのように
    あとかたも残っていないが

    青虫
    卵

    ヒメジョオンの咲く空き地のなかで
    一羽のもんしろちょうが いっしんに
    ヒメジョオンのあたりを舞っている

    それは立ち止まることとはちがう
    考えることとはちがう
    語りかけることとはちがう
    それは流れることですらない

    切って落とされたような
    白い今が
    ひらひらと宙に浮いている

    ビルの谷間の、人目につかない
    この空き地のなかで
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
       やり方

    蟻には蟻のやり方があるから
    土を這い、茎をつたわり
    土を這い、触角で伝え合う
    お互いの名前を知らないままに

    枝には枝のやり方があるから
    土の上に微細な影を作っている
    ときおり風が吹くと
    影をゆする
    だれかへの合図みたいに

    不意に名前を
    ひとつの名前を思い起こす
    その人がいなくなったあとも
    空気がゆっくりとながれている
    だれも残つていない校庭に
    用水路の水面に……

    石ころには石ころのやり方があるから
    いつのまにか道ばたに落ちている
    なにひとつ言わず
    蹴られると
    自分の音をたてて転がる
    そして動かなくなる

    私たちは
    名前を呟くことができる
    二度と会うこともないので
    名前のまえに立ってみる
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
       しわくちゃ

    もうだいぶ歩いたのに
    医師のひと言ふた言が
    頭の中で
    わんわんと鳴っている
    どこまで来てもこの道路は
    ありふれた商店街に沿っている
    背後から
    母の相貌が追ってくる

    赤信号で
    従順に停止する自動車たち
    夕方の空には
    疵ひとつ見あたらない

    こなごなに砕けずに整列して
    バスを待つ人びとの顔があった
    石塀の上で
    夥しいツボミが
    色を滲ませ
    いっせいにこちらを見つめている

    なぜそこにあるのか
    かたちを整えたまま壊れないのか

    バスがやってくる
    へッドライトの
    しわくちゃな光が
    こちらに向かってくる

    わたくしの両目にへばりつこうとして
    みるみる迫ってくる
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
       

    とおい煤煙のように
    木立がけぶっている

    私のいない場所に
    行ってみたい

    記憶の外から
    太陽が照りつけてくる
    山裾の段々畑の
    畝と畝のあいだ

    言葉のない昼夜を
    知り尽くした下草たちの戦い
    だがとおい煤煙のように
    木立はけぶっている
---------------------------------------------------------------------------
この詩集には全部で24篇の詩が載っているが、みんな、こういう感じの詩である。
作者は1957年、東京都北多摩郡生まれ。 今までに三冊の詩集を出しているらしい。

この本の出版社である思潮社の発行する「現代詩年鑑2013」に「詩と空間について」と題して阿部嘉昭が書いている。

<詩には「哲学詩」と呼ぶべきジャンルがあるように思う。
著名な例ではまど・みちおの詩篇「りんご」をイメージできるが(中略)今年はそうした哲学詩集に二冊の目覚ましい成果があった。
柿沼徹『もんしろちょうの道順』(思潮社)と大橋政人『26個の風船』(榛名まほろば出版)。前者には樹木と自身の対峙が顕著だ。
だが詩篇「敵」の冒頭、
《とおい煤煙のように/木立がけぶっている//私のいない場所に/行
ってみたい》は樹木との対話を超えて、読み過ごせない恐
怖をも喚起する本質的なフレーズだった。そう、「私のい
ない場所に/行」くことはありえないのだ。場所に行くこ
とはたえず不自由にも「私」を伴うから。ところがそうい
う場所への志向がたしかにあって、想像裡に無化された
「私」は指標となった空間と事物に「けぶり」を感覚する
しかない。それはきっと時間の「けぶり」だろう。いずれ
にせよ柿沼の時空把握には不吉とも渺茫ともいえる穴が穿
たれる。かつて飼った愛犬「コロ」とともに死んでいる
(死につづけている)家族の質的差異。マンション建設予
定地の消滅と母の消滅をかさねることで、「在るもの」が
消失の穴を前提にしていることへの気づき。空間が消失に
より静かに壮麗化されているこの逆転が再読を促す。
「在るもの」によって詩句が先行される鉄則がつらぬかれ
ている。だから柿沼詩は「写生」概念にも隣接して、視覚
の奥深さと一如になる。詩篇「ハナミズキ」—— ≪空間の
割れやすいすきま/を縫うようにして/すきまを追いかけ
るように/流れ出している//空中にばらまかれた枝枝
が/乾いた亀裂をかたどっている// 一樹のたたずまい
が/私たちの挙動を/眺めかえしてくる//幹は/地面か
ら垂直にたち上がり/とつぜん水平に枝を差し出し/枝先
を/すくい上げている/それらあわただしい枝枝の/挙動
の素早さを/目に見ることができない≫(全篇)。 >

と書いている。 何とも「哲学的な」読みである。
私には、読み解けないことなので、当該部分を引いてみた。


木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ・・・・・・・・・・・・加藤楸邨
b0071081_14325481もみじ絨緞

     木の葉ふりやまずいそぐないそぐなよ・・・・・・・・・・・・加藤楸邨

木には常緑樹と落葉樹とがあって、落葉樹は冬には葉を落して、春の芽吹きを待つ。落ちかかる葉や、地に落ちている葉を「落葉」と言う。
樹の種類にもよるが、落葉というのは、一時に集中して、ハラハラと落ちる。
美しい眺めであるが、掲出の楸邨の句は擬人的に「いそぐないそぐなよ」と言っている。これは明らかに、人間の一生になぞらえて、「散り急ぐな」と言っているのは確かだろう。

ここで、俳句や短歌などの「句切り」のことについて、少し書きたい。
この楸邨の句は、一読すると「破調」のように見える。「意味」の上から「句切り」をすると、確かに5、7、5というリズムからはみ出そうだが、この句の場合は
 木の葉ふり/やまずいそぐな/いそぐなよ と区切って読めば5、7、5という「定型」のリズムに乗るのである。
こういうのを「句またがり」と言う。
昔は、こういう「句またがり」などは、リズムを崩すとして忌み嫌われたが、前衛短歌、前衛俳句華やかなりし時期に多用され、以後は一つの技法として認められるようになった。
確かに日本語の、こういう5音7音などの「音数律」はリズムを作るものとして重要である。というのは、日本語は、その特性として「音韻」を踏めないから西洋の詩や中国の詩(いわゆる漢詩)のように「韻」や「平仄」でリズムを取れないから、その代用として「音数律」という特有のリズムが発見されたのである。
交通標語などに採用されるものの多くが、この5音7音などの「音数律」によって作られているのが、その実証といえようか。
何度もあちこちに書いたので気が引けるが、ポール・ヴァレリーの言葉に

 <散文は歩行であるが、詩はダンスである>

という一節がある。この一節は私が大学生の頃に、文芸講演会があって、三好達治から聞いて、以後、私の座右の言葉として日々ふりかえっている言葉である。これは「散文」と「詩」との違いを簡潔に言い表した言葉であり、過不足がない優れた表現である。

「落葉」「木の葉」「枯葉」などの句を引いて終る。

 寂寞を絢爛と見る落葉かな・・・・・・・・松根東洋城

 風といふもの美しき落葉かな・・・・・・・・小杉余子

 木曽路ゆく我れも旅人散る木の葉・・・・・・・・臼田亜浪

 多摩人の焚けば我もと落葉焚く・・・・・・・・水原秋桜子

 ごうごうと楡の落葉の降るといふ・・・・・・・・高野素十

 わが歩む落葉の音のあるばかり・・・・・・・・杉田久女

 野良犬よ落葉にうたれとび上り・・・・・・・・西東三鬼

 ニコライの鐘の愉しき落葉かな・・・・・・・・石田波郷

 落葉踏みさだかに二人音違ふ・・・・・・・・殿村莵糸子

 子の尿が金色に透き落葉降る・・・・・・・・沢木欣一

 からまつ散る縷々ささやかれゐるごとし・・・・・・・・野沢節子

 本郷の落葉のいろの電車来る・・・・・・・・伝田愛子

 宙を飛ぶ枯葉よ麦は萌え出でて・・・・・・・・滝春一

 一葉づつ一葉づつ雨の枯葉かな・・・・・・・・八幡城太郎

 落柿舎は煙草盆にも柿落葉・・・・・・・・阿部小壺

 その中に猫うづくまり朴落葉・・・・・・・・佐佐木茂索

 朴の落葉わが靴のせるべくありぬ・・・・・・・山口青邨

 朴落葉うれしきときも掃きにけり・・・・・・・・村田とう女

 落葉して凱歌のごとき朴の空・・・・・・・・石田勝彦


copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.