FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201305<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201307
小野雅子歌集『白梅』・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
小野

──新・読書ノート──

     小野雅子歌集『白梅』・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
            ・・・・・・・ながらみ書房2013/06/27刊・・・・・・・・

小野雅子さんの第四歌集『白梅』が刊行されて、著者から恵贈されてきた。
発行日はまだ先だが、記事にしてアップしたので、今日の日付で出しておく。 
小野雅子さんは、有名な小野茂樹の令夫人である。 先ず、私の旧記事を読んでもらいたい。→ 「私の座右の歌─小野茂樹─」

この記事にも書いてあるが、雅子さんの第二歌集『青陽』に載る、「いとし子─綾子」さんが、美しく成人され、結婚されて、玉井綾子として第一子を出産された。
この歌集の「あとがき」で

<これは私の四冊目の歌集である。平成十四年から二十五年三月までおよそ十一年間の作品から485首を自選した。
 ほかの同年代の方々の歌集にくらべて父母や夫の介護、看取りの歌がないのは、それらの人が若死にだったからである。
 平成二十三年、東日本大震災のひと月前に、娘・玉井綾子に初めての子が生まれた。
 同居してはいないので会うのはときどきだが、この子が私に多くの歌を与えてくれた。>

と書かれている。
先に読んでくださるようにお願いした拙文に載る人である。
小野茂樹の第二歌集『黄金記憶』の巻末に置かれた歌

<露に満ち甘きにほひをたつるさへ果実はゆかしみどりごの眼に>

と茂樹の詠んだ─その人・綾子さんの生(な)した子である。名前は描かれていないが、目の中に入れても痛くない愛の結晶であろう。

この歌集は編年体で編まれているが、この子の誕生にまつわる歌は巻末の Ⅳ─平成二十三年~平成二十五年の項に載る。 「白梅」「積木」などと題する一連である。

■鼓動よりヒトは始まる十ミリを過ぎしばかりが画像にうごく
■形よき眉をもつ児よまだ見えぬ眸のくろぐろと母を見上ぐる
■ベビー用爪切りで切る初爪は甘皮のやう白くはかなし
■名付けられみどの児宛ての封書にて住民票コード送られてきぬ
■きさらぎのあしたの光さすなかに一輪の白梅ほころび初めぬ
■あかつきのラジオに聞けば二月三日誕生花はなづなであると
■きさらぎの光の充つるベランダに小さき小さきソックスを干す
■生まれ来てやっとひと月みどり児は夢見るやうなまなざしもする
■親族表の一番下に名を記す東日本大震災の年生まれたる児の
■小野茂樹一歳の娘に与へたる積木で孫の男児が遊ぶ
■四十年経たる積木は乾ききり打ち合へば高き音ひびかする
■父よりのただ一回の誕生日祝は積木ドイツ製なる
■一歳の集中力よ三つほど積めて喜び崩しまた積む
■つみき列ね「デンシャ」と言ひて腹這ひて横より眺め動かし眺む
■初めての意味あることばデンシャなり鉄ちやんになるのだらうかこの児は

もっと歌を少なく引くべきであったかも知れないが、小野茂樹と雅子の「愛」のいきさつを知る者としては、愛着が籠っていて削れなかった。
茂樹が愛娘・綾子に寄せた「想い」が、ここに隔世遺伝となって児に、ここに結実したと思うからである。
茂樹が愛娘・綾子に与えたドイツ製の「積木」で、孫である男児が積んで遊ぶ。

作者は「東日本大震災」は、「声高」には詠わない。さりげなく、愛孫に託したりするばかりである。 一、二引いてみる。

■確かなる津波のさまも隔たりて画像に見れば映画のごとし
■朝夕に目に入るビルの屋上を越ゆる津波の幻をみる
■リサイクル工場に廃材積まれゐるこの何万倍被災地覆ふ
■見しことも使ひしこともなき言葉ガレキが去年も今年も溢るる
■明治の田テレビドラマに見入りたりセシウムの害なき黄金の稲
■古代エジプト人の恐れしもの少なくとも放射能は入つてはゐない

十一年間の作品からの抽出なので、歌集全巻に引きたい歌が散らばるが、以下、私がどうしても引きたい歌に限定して引いておく。

■難しいものは易しく易しきは深くと言はれし師を偲び合ふ
■海藻サラダ水にふくらみゆくやうに愛を育み子に家庭あり
■ブロッコリーの玉の大小などを言ふ母娘となりぬ年を経ぬれば
■父在らば村上春樹を好んだであらうと父の歳すぎて言ふ
■夏えだまめ冬ぎんなんのさみどりや口にできるはあといくとせか

そして、この歌を外すわけには行かない。

<一瞬 さかさに振れば雪のごとく過ぎし日の愛ふりしきらぬか>

この歌は巻頭の二番目に載る、平成十四年~十六年の歌である。 
この歌は「帯」にも抽出されているが、この歌集中の絶唱として、私は掲げておく。
作者は、何事にも「声高」には詠わないが、珍しく、ここには本音を露出された。 私は、これを喜ぶものである。

なお検索していたところ、玉井綾子さんは先年、短歌結社「地中海」に入られたようで、「よみがえる感情」という2008年のエッセイの文章が同誌に載っているらしい。 お読みいただきたい。
------------------------------------------------------------------------------
昨年夏、私の第五歌集『昭和』を読む会に、小野雅子さんはご出席いただいた。
久しぶりの対面であったが、今回、この本をご恵贈いただいて、私が「座右の歌」に亡夫君を採り上げて以来のご縁と感謝するものである。
「あといくとせか」などと仰言(おっしゃ)らず、お元気でお過ごしくださるようお祈りして、筆を擱く。  (2013/06/07記)



  
映画『奇跡のリンゴ』鑑賞・・・・・・・・・・・・・木村草弥
奇跡
↑ パンフレットに載る木村秋則2012作のリンゴの本物の写真。右下の虫のかじった跡はカバーの演出。

──映画鑑賞──

     映画『奇跡のリンゴ』鑑賞・・・・・・・・・・・・・木村草弥

阿部サダヲ、菅野美穂が夫婦役を演じ、不可能と言われたりんごの無農薬栽培に取り組み続けた木村秋則さんの実話を映画化したドラマ。
日本最大のりんご畑が広がる青森県中津軽郡で生まれ育った秋則は、りんご農家の娘・美栄子とお見合い結婚して婿入りし、りんご作りに携わるようになる。
しかし、りんごの生産に不可欠な農薬が美栄子の体を蝕んでいることがわかり、秋則は、絶対不可能と言われていた「りんごの無農薬栽培」に挑む。
私財を投げ打ち、10年にわたり挑戦を続けるが、無農薬のりんごが実ることはなかった。
周囲からは白い目で見られ、家族は貧困に打ちひしがれるが、そんなある時、荒れ果てた山の中で果実を実らせた1本の樹を見つける。

木村

原作は、NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」制作班が監修した「奇跡のリンゴ 『絶対不可能』を覆した農家・木村秋則の記録」(石川拓治著/幻冬舎文庫刊)。
監督は「ゴールデンスランバー」「チーム・バチスタの栄光」の中村義洋。

この映画の原作になったのが、この本である。「プロローグ」の部分が読める。 → 『奇跡のリンゴ』
--------------------------------------------------------------------------
映画「奇跡のリンゴ」ができるまで──映画プロジェクト始動 ← いきさつが読める。

YouTube「奇跡のリンゴ」予告編
------------------------------------------------------------------------------
阿部サダオ(木村秋則役インタビュー)

―映画『奇跡のリンゴ』のお話を聞いた時のご感想は?

台本がすごく面白くて、ぜひやりたい、と思いました。台本を読んで泣くことは滅多にないので、自分でもびっくりしました。

―木村秋則さんという実在の方を演じる上で気にしたことはありますか?

実際の木村さんはお喋りの仕方や間、笑顔、笑い声などが独特で、お会いしたら一瞬で引き込まれる方でした。
でも、演じるにあたっては、今の木村さんの真似はしないようにしました。
台本が面白いのに、外見を変えたりすることで「木村さんに似せているだけ」という印象になるのはもったいないですし、
映画で描かれているのは今の木村さんになるまでの物語ですので。

―菅野美穂さんとの共演はいかがでしたか?

完成した映画で、美栄子が1人で(秋則の書いた)日誌を読んでいるシーンを見たときに、すごい女優さんと共演させていただいたんだなと改めて思いました。
普段は明るくて面白くて、気さくに話される方だから、僕の知らないところであんな演技をされていたとは、って。すごく感動しましたね。

―現場で印象に残っているシーンは?

子供の作文を読むシーンでは、こみ上げてくるってこういうことなんだと思いました。泣こうと思わないで泣けたのは初めてでしたね。
何回か撮ったんですが、だんだん止まらなくなってきちゃったんです。撮影が朝早かったせいかもしれないけど(笑)。
あれは初めての経験でしたね。

―この映画に出演して、どんなことを感じましたか?

不可能と言われているのにもかかわらず、ひとつのことに挑戦し続けるのはすごいですよね。
それから、“1人じゃない”っていうのもこの映画のいいところだと思います。
お義父さんが協力してくれて、(秋則の)お母さんや友達など周りの人も支えてくれて。
これは、リンゴ作りに限らず、すべてに置き換えられるお話だと思うんです。
役者も、周りに生かされて、役を作ってもらう部分はすごくありますし、映画づくりもそうですしね。
前向きな作品ですから、観終わった後にいい気持ちになっていただけるのではないかと思います。
------------------------------------------------------------------------------
木村秋則と自然栽培については、 → 『木村秋則と自然栽培の世界』という本が出ている。 参照されたい。

トークイベント─木村秋則ほか「森・土・海は食のゆりかご命のゆりかご」という企画が開催される。 ← ご覧あれ。

「木村秋則オフィシャルホームページ」 ← いろいろの分野で活躍する彼のことが、よく判る。アクセスされよ。

---------------------------------------------------------------------------------
奇跡_0001

私は、予め、上に引いた本などを読んでから上映初日に映画を見た。
率直な印象として、映画だから「絵」になりやすいところだけを強調してある。
十一年間にわたる無収入の連続、周囲の村人たちからの「反目」など、すごいものだったが、電気を切られ、税金の滞納で畑を差し押さえられ、という本当の苦闘は、
映画で簡単には描けなかったと思うが、見た人は感動に涙した人が多かった。
彼の農法は、よく言われる「有機農法」とも「放置農法」「粗放農法」とも違う。それらの違いについては、リンクに貼ったところで概要が書かれているから参照されよ。

いろいろの作物があるが、リンゴは格別に無農薬が難しいようである。
「農薬の害」というのは、栽培農家にとっては深刻なもので、「茶」の場合は、さほど難しくはないが、それでも熱心な栽培家ほど「農薬中毒」に侵されやすい。
私の村でも同年代の知人が農薬中毒──神経をやられやすい──で悲惨な末路を辿った人が何人か居るのが事実である。
そんな被害から、農薬は厳しく規制され、製造禁止になった農薬も多く、現在では効き目の緩いものになってきているが、その代り散布の回数が増えるというイタチダッコになる。
単純に考えてもらいたい。小さいとは言え、虫を殺すクスリが人間に無害ということはあり得ないのである。
アメリカなどで大規模に推進される「遺伝子操作」による種子など、及ぶ影響を考えると、そら恐ろしい限りである。
古くはレーチェル・カーソンの告発から始まる「警告」には耳を傾けてもらいたいものである。



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.