FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201305<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201307
蛇逃げて我を見し眼の草に残る・・・・・・・・・・・・・・・・・・高浜虚子
aodai20041青大将

    蛇逃げて我を見し眼の草に残る・・・・・・・・・・高浜虚子

蛇には、いくつかの種類が居るが、掲出の写真は「青大将」である。
蛇は以前に私の歌を引いて書いたので、詳しくは書かない。
蛇は私の地方では「くちなわ」という。
語源は「朽ちた縄」の意味であり、古来「くちなは」として古語にもあるので、その古い表現が今でも残っているということである。
青大将は日本に居る蛇の中では一番長い。私の子供の頃の記憶では、もっと青い(緑がかった)蛇だったように記憶するが、あてにはならない。

写真②は「しまへび」「(縞蛇)である。青大将とは、ずっと小型で細い。
sw-1upシマヘビ

蛇は野ネズミなどを食べるので有益な生き物なのだが、その姿から嫌われ、手ひどい仕打ちを受けることが多い。
日本に棲む蛇で有毒なのは唯一「まむし」(蝮)だけである。 ← (注)記事の末尾に追記があるので見られよ。
特徴としては頭が三角形で角張っているのと、色が黒っぽい。これに噛まれるとマムシ血清を早く打たないと障害が残る。
日本では、医療機関に血清が備えられているので、手遅れにならない限り心配ない。

私の旧宅には大きな庭石が前栽にあり、その石の下に、わが家の「主」の青大将が棲んでいた。体の紋の記憶から、そうだとわかる。
この主が居たので、わが家に巣を作るツバメが何度も雛を呑まれたことがある。
雛が大きくなって巣立ち間際になる絶好のタイミングを知っていて、未明の薄暗い頃に呑み込むのである。
冬眠から「啓蟄」の頃に出てくるが、体の成長につれて「皮」を脱いで大きくなる。
蛇は「巳」(み)と言うが、「巳成金」と言って利殖の神様とされ、その「抜け殻」を財布の中に仕舞っている人が居るほどである。
だから私の家では、追っ払うことはあっても、決して打ち殺すようなことはしなかった。
「巳ぃさん」と敬称をつけて呼ばれていた。

掲出の虚子の句は、明らかに、蛇恐怖症の印象がする。
松山生まれだが、田舎ではなく、都会っ子なのであろう。

以下、蛇を詠んだ句を引いて終わる。

 とぐろ巻く蛇に来てゐる夕日かな・・・・・・・・原石鼎

 尾のさきとなりつつもなほ蛇身なり・・・・・・・・山口誓子

 水ゆれて鳳凰堂へ蛇の首・・・・・・・・阿波野青畝

 吾去ればみ仏の前蛇遊ぶ・・・・・・・・橋本多佳子

 見よ蛇を樹海に落し鷹舞へり・・・・・・・・及川貞

 蛇打つてなほまぼろしの蛇を打つ・・・・・・・・宮崎信太郎

 蛇去つて戸口をおそふ野の夕日・・・・・・・・吉田鴻司

 完全にわれを無視蛇の直線行・・・・・・・・菅八万雄

 蛇の眼にさざなみだちて風の縞・・・・・・・・松林朝蒼

 蛇の衣傍にあり憩ひけり・・・・・・・・高浜虚子

 袈裟がけに花魁草に蛇の衣・・・・・・・・富安風生

 老斑の手にいま脱ぎし蛇の衣・・・・・・・・山口草堂

 平凡な往還かがやく蛇の殻・・・・・・・・沢木欣一

 蛇の衣いま脱ぎ捨てし温もりよ・・・・・・・・秋山卓三

-----------------------------------------------------------------------------------
f-yamakagasi04ヤマカガシ
 ↑ ヤマカガシ

この記事を見た友人から<本土には、「やまかがし」という毒蛇が居る。>という指摘を受けた。
その通りであって、私の舌足らずであったので、ここに追記して、御礼申し上げる。 持つべきものは「友」である。
「Wikipediaヤマカガシ」に詳しい。  写真で見る「赤い斑点」が不気味である。

私がこの蛇を「毒蛇」として書かなかったのには一理あるのである。
Wikipediaに書かれているのを下記に貼り付けておく。 ↓

<頚腺から毒液を出すことは古くから認識されていたが、毒牙は奥歯にあるため深く噛まれないと毒の注入が行われず、爬虫類研究者の間でも毒蛇であることはあまり認識されていなかったとされる。1972年に中学生が噛まれて死亡する事故が起きてから、毒蛇として認識されるようになってきた。>

この蛇を毒蛇として広く注意喚起されるようになったのは割合新しいので、それ以前の情報としては脱落していたという次第である。
棲息する場所によっては無毒の種類も居るようである。
いずれにしても、友人の指摘には感謝して、ここに付記する次第である。

大平一枝・伊藤ハムスター『昭和ことば辞典』・・・・・・・・・・・木村草弥
ことば

──新・読書ノート──

   大平一枝・伊藤ハムスター『昭和ことば辞典』・・・・・・・・・・・木村草弥
            ・・・・・・ポプラ社2013/05/15刊・・・・・・・・

こういうタイトルの本が出るとは、昭和も遠くなったものである。
この本のキャッチコピーや目次などを引いておく。
---------------------------------------------------------------------------
     日常会話に取り入れると、がぜんしみじみ感が漂う…
     上司や目上の人と驚くほど心が通う、おもしろフレーズ集!


 「及ばずながら、私も一肌脱がせていただきます」
 「どうも不調法で」「そうは問屋が卸さないよ! ! 」
 「あなた様、親しくお付き合いさせていただきたい」
 「おやおや、やぶへびか~」
 「おばさんすごくシャンだって」

ビジネスでも恋愛でも、人間関係を円滑にとりもつコミュニケーション法は定番の悩み。
本書では、昭和20~40年、戦後から高度経済成長期にかけての活気があった時代の日常会話に着目。
当時公開された日本映画のセリフから、角がたたない言いまわしの知恵、
ひたむきな明るさとユーモア、謙遜の美学が感じられる言葉をピックアップ。
「昭和ことば」と名付けて、現代での新たな使用方法をご提案します。
懐かしい昭和の「死語」も登場、世代を越えて楽しめる1冊です。

○もくじ

昭和ことばの効用 ・・・・・・2

第一章 職場編

 社内の会話 ・・・・・・8 上司と部下 就労事情
 説教・忠告 ・・・・・・20  軽くたしなめる 諭す・とりなす
 喧嘩と議論 ・・・・・・28 売り言葉に買い言葉 しらばっくれる 罵る

第二章 恋愛編

 正しい恋愛 ・・・・・・38 交際以前 交際申し込み 好意の辞退 振られたら 駆け引き 外野の意見 愛の成就
 黒い恋愛 ・・・・・・58 別れ話のこじれ 浮気・愛人発覚

第三章 世相と流行

 時代の空気 ・・・・・・66 流行語 横文字
 明朗快活 ・・・・・・70 突き抜けた明るさ

第四章 社交上手

 熟練の挨拶 ・・・・・・76 そつのない礼儀 ご近所の連携
 社交上手 ・・・・・・80 ほめる さりげなく誘い、誘われる
 辞退 ・・・・・・86 やんわり否定 物売りを断る
 噂話 ・・・・・・91 よい人柄 皮肉 悪評 合いの手
 お酒の席 ・・・・・・104宴の作法

第五章 敬ってへりくだる

 恐縮と謙遜 ・・・・・・112 前置きする 恐れ入る 謙遜の美学
 心を伝える ・・・・・・119 感謝と同情 励ます・気張る お詫び・お願い
 もてなす ・・・・・・127 お茶の出し方 拙宅へ招く 長居 おいとまする
 折り目正しく ・・・・・・136 ていねい語

第六章 暮らしの雑事

 冠婚葬祭 ・・・・・・140 結婚 お悔やみ
 家庭内 ・・・・・・147 夫婦のいざこざ 日常茶飯事 子どもと親 故郷
 昭和の食卓 ・・・・・・160 質素な喜び
 家計と商売 ・・・・・・164 懐事情 店主とお客
 庶民の呟き ・・・・・・172 町の言葉 決まり文句 人生訓

昭和ことばコラム
 「昭和ことば」蒐集について ・・・・・・180
 隠れた名作 ・・・・・・182
 昭和のしぐさと色気 ・・・・・・184
 女優の言葉遣い ・・・・・・186
 お茶番ならできます ・・・・・・188

おわりに ・・・・・・190

copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.