FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
村島典子の歌『マザーレイク』32首・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
晶

──村島典子の歌──(17)

       村島典子の歌『マザーレイク』32首・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・「晶」84号2013/12所載・・・・・・

        マザーレイク     村島典子

                        *七月十二日卨橋たか子死去
  わたくしの夢想そだてしかの人は神に召されたり炎暑の夜明け
  誰よりも厳しき視線神まさばかの人のごとしとある日は思ひき
  青ぶだう紫ぶだう水晶のごときしづけさ死者のいきざし
  ふるさとの墓原の辺のぶだう棚に眸をあけよ懐かしき人
  樟も篠懸けの木も百合樹もただあをあをと真夏の大地
  白桃を食めばおもほゆあしひきの山の泉に守りしやまびと
  この夏の庭の食客緑金の胴かがやかすオハグ口トンボ
  とんぼとんぼ少女のうしろ歩くときわたしは厶カシトンボなりにき
  わが少女糸をあやつり老犬の毛を小さなるクッションにせり
  ヒロシマハ行キタクナイと少年の言へりォキナハのわたしのうまご
  戦争ノ話ハシナイデと二度言ひき集団自決の島ゆ来りて
  火焰茸触るれば火傷するといふ注意書くぬぎに捲かれてありぬ
  ああ夏は炎を噴くか蝉さへも沈黙したり息を詰めをり
  公園の奧ふかくきて仰ぎをり檪の半身枯れてありけり
  キクヒムシの退治なさむと吊るされしぺットボトルの透明の首
  媚薬もとめ下りゆきたるキクヒムシ根方の壜の酒に溺るるか
  猛烈な雨の来りてにんげんのつつましき暮し打ちに打ちたり
  暴風雨そは友にあらず家を揺り庭木々を揺り山さへも揺る
  ふるさとの墓原の川あふれけり一門の墓水漬きたりけり
  秋彼岸の交野のやまの裾の川あふれあふれてみ墓をあらふ
  此岸にも曼珠沙華咲き川の辺にしばし佇むわれはひとりに

      *台風十八号がすぎし翌钥、瀬田唐橋を訪ぬ。春、唐茶色に新装されしを。
  瀬田川は汚れよごれて流れたり右岸左岸の道をあふれて
  唐茶色といふを悉に見むとして勢多の唐橋にけふは来れり
  唐茶色は黄土いろなり濁流のあふるる今朝の川のいろなり
  まんまんと水を湛へて苦しめる琵琶湖なりけり放流をせず
  動脈となりて下れる増水の瀬田川、洗堰にて留められたり
  放水を止められし湖よ宇治川の氾濫ふせぐと支流をあふる
  大きなる胎と思へりささなみの志賀のみづうみ破水せりけり
  まんまんの水漲りし胎なれば見よみづうみの苦しめるさま
  マザーレイク空を映せり近江のうみ昏き器と歌はれし日の
  「全歌集」より気の立ちのぼりたちまちに野分のあとの湖のゆふぐれ
                           * 『前登志夫前歌集』
------------------------------------------------------------------------------
村島典子さんから季刊誌「晶」が届いたので、ご紹介する。
いつもながらの村島さんの見事な詠いぶりである。
沖縄に住む孫さんの言動。
琵琶湖のほとりのお住まいのめぐりの草木虫魚の佇まい。
集中豪雨をもたらし、京都・滋賀の両県に多大の被害を与えた台風十八号のこと。
などを「マザー・レイク」と題して32首の作品として昇華された。
その力量に瞠目したい。 ご恵贈に感謝する。
原文はスキャナで取り込んだので、いくつかの「文字化け」が生じる。子細に修正したが、まだあれば指摘してください。すぐに直します。 よろしく。

今どきの若者の短歌・「短歌年鑑26年版」を読んで・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
短歌

──エッセイ──

      今どきの若者の短歌・「短歌年鑑26年版」を読んで・・・・・・・・・・・・・・木村草弥 

年末になって、一年を回顧するような企画が雑誌に載っている。
たとえば、掲出した角川書店「短歌」別冊の「短歌年鑑26年版」などである。
画像でも読み取れると思うが、今どきの若い歌人を囲む企画などである。
たとえば「永井祐」という人などが居る。永井祐は一九八一年生まれ。早稲田大学短歌会に参加した後、現在は無所属で歌を作り続けている。
他にも京都大学の理系で歌人賞を得たりする、すごく才能のある人が居たりするが、「アンケート」なども、そういう人たちを取材している。
これらの企画に共通することは、現代の歌壇の状況を反映しているのである。
歌壇は一般的に作者が「老齢化」してきており、一方で才能ある若い新人は、既成の枠にはまらない作歌法を採っているからである。
先に挙げた永井祐の作品を少し見てみよう。 こんな風である。 

  日本の中でたのしく暮らす 道ばたでぐちゃぐちゃの雪に手をさし入れる
  テレビみながらメールするメールするぼくをつつんでいる品川区
  パーマでもかけないとやってらんないよみたいのもありますよ 1円
  あと五十年は生きてくぼくのため赤で横断歩道をわたる
   ゆるくスウィングしながら犬がこっちくる かみつかないでほしいと思う
   
  会わなくても元気だったらいいけどな 水たまり雨粒でいそがしい
  ゴミ袋から肉がはみ出ているけれどぼくの望みは駅に着くこと
  新日曜美術館 美の巨人たち とりためたビデオを貸してくれる
  月を見つけて月いいよねと君が言う  ぼくはこっちだからじゃあまたね
   ふつうよりおいしかったしおしゃべりも上手くいったしコンクリを撮る
  アスファルトの感じがよくて撮っている もう一度  つま先を入れてみる
  ぼくの人生はおもしろい 18時半から1時間のお花見 

          永井祐『日本の中でたのしく暮らす』より抄出

---------------------------------------------------------------------------
ネット上では時評「永井祐ロングインタビュー」田中拓也というPDF形式による記事なども見られるので参照されたい。

永井祐の歌は、題名からも分かるように、一見「無感動」のような日常の些末なことを歌にしている。
このような「歌作り」が若い歌人の一方に現に存在するということである。
何のために歌を作るのか、といったこととは無関係である。
これらを見ると、彼は一応サラリーマンだが、「契約社員」であり、私などから見ると、好きなことをやって生きている若者だが、短歌をやる必然性とかとは無縁であり、
今後いつまでも「短歌」の世界で表現を続けて行くのか、甚だギモンに思える。
先に挙げた「インタビュー」を読めば、彼の生き方も自ずと知れるので、私の意見は、敢えて、書かない。
一方、京大短歌会なんかに拠る秀才の歌人たちも、極めて優れた歌を作るが、これからも「歌を作り続けるか」はギモンである。
後者の人たちは「学者」としても十分に食って行ける才能を持っているので、「歌人」として自立してゆく道を選択するかが見ものである。
もちろん現役でバリバリやっている永田和宏や坂井修一のような学者兼歌人という人も居るが、私から見ると、この二人なども「学者」としては影が薄い。
つまり最先端の学者というわけではない。
肩書きは元・京都大学教授であったり、現・東京大学教授だったりするが、その筋の最先端の教授という枠からは外れる、と思うからである。
「二兎を追う者」は何とやら諺は、やはり生きている。
近代短歌史上の大人である斎藤茂吉なんかも歌人としては偉大だったが、医学者としては二流、三流だったというのと同じである。


垢じみたこころ洗ひたし 冴えわたる極月の夜に月の利鎌だ・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618591_1E.jpg
 
    垢じみたこころ洗ひたし 冴えわたる
       極月の夜に月の利鎌(とがま)だ・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るものである。
ご存知のように「月」にはほぼ29日周期で満ち欠けがあるが、写真のような「利鎌」の形をするのは月齢の中で2回ある。
新月から満ちはじめ上弦の月から満月に至る途中の利鎌と、写真のような下弦の月から欠けが更に進んだ利鎌、である。この二つの場合には「弧」の向きが逆になる。
詳しくは「下弦の月」というのをご覧いただきたい。

FI2618591_2E.jpg
写真②は上弦の月である。↑

予めお断りしておく。はじめに掲出したのは今日の月齢の月ではない。私の歌に合わせた月齢の画像を掲げたものである。
写真①のような月は「有明月」というが、これは月齢でいうと26日頃の月である。
「有明の空」というのは夜明けの空のことで、そこに昇る月が有明月ということである。
今年でいうと12月28日頃が、ほぼこんな形の月になるだろう。
これは本来は十六夜(いざよい)以降の月の総称だが、この時期に限定すれば「暁月」と呼ぶ方が正確であろう。
古くは「二十六夜講」などの風習があった。
「新月」からはじまって月には月齢のそれぞれの時点で呼び名がある。これも詳しくは先に紹介したサイトでご覧いただきたい。
「三十日月」というのは、もうすぐ「新月」になって消えてしまうという頃の月の姿である。

私が懇意にお付き合いしていただいた 高島征夫さんのサイトには毎日の「暦」─その日の日の出、月の出などのデータが載っていたが、
京都府の場合、今日の月の出は13:34、南中時は20:02、月の入りは1:48。月齢は8.6 あたりではないかと思う。
つまり、月は昼間の午後早くに出て、夜中すぎには西に没しているのである。
高島さん亡き今となっては、聞くことは出来ないが、詳しくは、ネット上の国立天文台の「こよみの計算」にアクセスすれば簡単に知ることができる。

「利鎌」の説明をしていて、つい月の話になったが、本来、話題にすべきは「垢じみた心」を洗いたい、ということであろうか。
私のように長い年月を生きて来ると、体も心も、すっかり「垢」じみたものになってしまっている。
「冴えわたる」極月(12月の異称)の夜の月の「利鎌」を見ていると、それで自分の心の垢を削ぎ落したい、という想いに捕われるというのである。
これらは「比喩」表現であるから、言葉のあれこれの詮索は無用である。

俳句には「寒月」「冬の月」「月冴ゆる」「月氷る」「寒三日月」などの季語が見られる。
さむざむとした青白い月で、毎月見られる月ではあるが、この時期に見ると、厳冬を思わせる月の凄まじさがある。透徹した空気のため、研ぎ澄まされたような、刺すような寒さが感じられて、美しい。「寒月」と言えば、特に冷厳な凍りついたような月を言い、氷輪というようで、人を離れて寂として輝いている。「冬三日月」は仰向きはじめた形で、ひえびえと利鎌のように鋭くかかる。
『枕草子』には「すさまじきもの、おうなのけさう、しはすの月」と書かれている。
『源氏物語』朝顔の巻では「花紅葉の盛りよりも、冬の夜の澄める月に、雪の光りあひたる空こそ、あやしう、色なきものの、身にしみて、この世のほかのことまで思ひ流され、おもしろさもあはれさも、残らぬ折りなれ。すさまじきためしに言ひ置きけむ人の、心浅さよ」とある。

 寒月や僧に行き合ふ橋の上・・・・・・・・与謝蕪村

の句は、そういう雰囲気を、よく表現し尽している。

以下、冬の月を詠んだ句を引いて終る。

 我影の崖に落ちけり冬の月・・・・・・・・柳原極堂

 冬の月をみなの髪の匂ひかな・・・・・・・・野村喜舟

 吹雪やみ木の葉の如き月あがる・・・・・・・・前田普羅

 冬三日月羽毛の如く粧ひ出づ・・・・・・・・原ヨウ子

 寝ぬる子が青しといひし冬の月・・・・・・・・中村汀女

 あたたかき冬月幸を賜はるや・・・・・・・・石田波郷

 寒月に大いに怒る轍あり・・・・・・・・秋元不死男

 人穴を掘れば寒月穴の上・・・・・・・・富沢赤黄男

 寒月や耳光らせて僧の群・・・・・・・・中川宋淵

 降りし汽車また寒月に発ちゆけり・・・・・・・・百合山羽公

 煙突と冬三日月と相寄りし・・・・・・・・岸風三楼

 寒の月酒にもまろみありとせり・・・・・・・・相生垣瓜人

 寒三日月不敵な翳を抱きすすむ・・・・・・・・野沢節子

 寒月光いつか一人となるこの家・・・・・・・・古賀まり子

 寒月の作れる陰につまづける・・・・・・・・高木貞子

 寒月にまぶたを青く鶏ねむる・・・・・・・・田中祐三郎


copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.