FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201510
サルビアを咲かせ老後の無計画・・・・・・・・・・・・・・・菖蒲あや
aaoosarubiサルビア大判

──夏秋の花三題──サルビア・アスター・アベリア──

    ■サルビアを咲かせ老後の無計画・・・・・・・・・・・・・・・菖蒲あや

今日は夏から秋への花三題を採り上げることにする。
はじめは写真①のサルビアである。
サルビアというと、もう6月には咲き始めるので俳句では「夏」の季語になっているが、観賞用のものは、秋がもっとも美しいと言って「秋」に分類する歳時記もあるので、ややこしい。
語源はラテン語のサウルス(安全、健康)からという。西洋では葉に香気があるところから家庭薬や料理用の香味料として用いられた。
しかし、この鮮やかな朱色は「夏」の季節のものであろう。
俳句を少し引く。

 一涼のサルビア翳を深くせり・・・・・・・・角川照子

 サルビアの百日働くを疑はず・・・・・・・・山田みづえ

 サルビアや如何なる死をも遁れたし・・・・・・・・殿村莵糸

0917_2_6045アスター

写真②はアスターである。
学名のアスターはラテン語で「星」という意味だが、花の形から来ているのだろう。
もともとヨーロッパ産のアスターがあったが、北アメリカ原産のアスターを1637年に初めてヴァージニアから持ち込んだのはジョン・トラデスカント・ジュニアだったが、ヨーロッパ産のものと交配させるまで、注目はされなかった。英国では、その後、ミカエルマス・デージーと呼ばれるようになった。それはグレゴリオ暦を導入したとき、聖ミカエル祭(9月29日)とアスターの咲く時期がちょうど一致したからだという。
その後、中国原産のアスター(エゾギク)が導入され、さまざまに品種改良されて今日に至っているので、咲く時期も花の品種もさまざまである。
この花は、まだ歳時記には採用されていない。

aaooaveria1アベリア大判

写真③はアベリアである。
この花も暑くなりはじめると咲きはじめ10月一杯咲きつづける。
私の方の道路に面した垣に植えてある。道路の街路樹としても最近よく目にする低木で排気ガスなどの公害にも強い木である。
ピンク色の花もあるが、白い花が清楚である。
アベリアの名は医師で植物学者のクラーク・エーベル博士に因んでいる。1817年中国に赴いたアマースト卿の使節団の一員だったが、彼が持ち帰ったアベリア・シネンシス(タイワンツクバネウツギ)がイギリス本土にもたらされたのだった。
この花も、まだ歳時記には収録されていない。

これから下は②で採り上げたアスターの新品種のバラエティである。

img1040929831クジャクアスター

写真④はクジャクアスターという品種の花である。
何とも上品な藤色の花で高尚な感じがする。
アスターのところで参照したのは先日に採り上げたダイアナ・ウエルズの本によるが、ヨーロッパ産のアスターと北アメリカ産のアスターと中国由来のチャイニーズ・アスター(エゾギク)という三者のさまざまな交配によって、現在のアスター属の豊富な品種揃えが見られるのである。

20050405アスターシエナ

写真⑤はアスター・シエナという「サカタのタネ」が開発したアスターの新品種で耐病性のあるものである。
夏の切花として色もさまざまのものが改良された。
この花は、お盆の供花として私の知人の花卉栽培家のM氏からいただいたものの写真である。
先に紹介したダイアナ・ウエルズ『花の名物語100』の本にもアスターは載っているが、新品種の改良は日進月歩であり、本の記載を上回るペースで進んでゆくのである。
--------------------------------------------------------------------------
今回の記事は文芸作品としては貧弱だが、写真としては、せめて花の美しさだけでも観賞してもらいたい。



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.