FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201508<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201510
谷内修三詩集『注釈』 『谷川俊太郎の「こころ」を読む』・・・・・・・・・・木村草弥
谷内②_NEW
 ↑ 谷内修三詩集『注釈』 2015/09/20刊

──新・読書ノート──

     谷内修三詩集『注釈』 『谷川俊太郎の「こころ」を読む』・・・・・・・・・・木村草弥

私の敬愛する谷内修三(やち・しゅうそ)氏の最新刊である。 同氏の営んでおられる「象形文字編集室」の刊行になるもので、いわば「私家版」と言えよう。
これは「詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)」に載せられたものをまとめたものである。
全部で20篇の作品が収録されている。 私は、このブログを、ほぼ毎日覗いているので旧知の作品だが、こうして一冊にまとめられると、新鮮な気分で見られる。
先ず、巻頭に載る詩を引いてみよう。

          あのことば・・・・・・・・・・・・・・谷内修三

    ノートにことばを書き散らしていく男のことを書いていたとき、
   その男が、いま書いていることの三行目あたりで書かなければならない窓の描写の、
   いちばん大切なことばが出てこないことを予感する。
   何も起きないのだが、その起きないという同じことを、
   窓の内側と窓の外側という違った視点で書くための、あのことば。
    それからさらに先へ進んだところで男は、
    出て来なかったことばを思い出したいと苦悩する、あのことば。

    頭の中で血が沸騰して鼓膜のなかに響く。
   ボールペンが勃起してインクが溶ける。

    三日後にノートを開くと、熱かったことばが冷えて、
    皿にこびりついた魚の脂のようにノートにこびりついて濁っている。
   あのことばではないものが。
                         (初出・2014/12/03)


          明らかなこと・・・・・・・・・・・・谷内修三

   明らかなことは、この椅子から数歩離れた窓に西日が来ていること。
    いまはガラスに触れて自分の色を探している。
   あるものはガラスの厚みのなかにとどまり、あるものは横にすべり、
   あるものはガラスをくぐりぬけて部屋の隅まで椅子の影を伸ばす。

    明らかなことは、ベランダの花が色を主張することをやめるということ。
   静かな影のなかに花びらの影を重ねて、色をしまいこむ。
   明らかなことは、そのときの変化が美しく見える。
    明らかなことは、その変化を教えてくれたことばは
    きのうという時間にになって窓の外に来ているということ、
   去っていく西日みたいに。
                         (初出・2015/04/09)

          青いインク・・・・・・・・・・・・・谷内修三

    窓があった場所に「揺れる影」ということばが青いインクで書かれた。「影は私を見つめ
   ていないという思いが、私と影との距離を消し去った」は衝動に襲われたという「意味」
   を書こうとしていたのだが、何度読み返してみても、そういう「意味」にはならない。

    それより前だろうか、後だろうか、「河口」ということばが白く光っていた。窓から見え
   る遠さに潮がのぼってきて、「冬の日にあまく膨らんだ」ということばになった。しかし、、
   書かれなかった。きのうに戻って「泥をふくんだ水面に、雨上がりの空の色が静かに映っ
   た」という声になった。

   ことばは距離を消して並んでいた。
    同じ場所、同じことばなのに、同じ「意味」にならない。
    違った場所、違ったことばなのに、同じ「意味」になる。
   これは比喩である。

    「窓」ということばが一つだけ残った「窓」。「だれも聞いていないのに、弁解している顔のよ
   うに」ということばが、どこからか流れてきて詩を壊した。
                                             (初出・2015/03/02)

初出のままで、この本になっている訳ではない。
この詩などは少し推敲されて、詩が、きりっとした。


         前を歩いている男・・・・・・・・・・・谷内修三

   「前を歩いている男」ということばが書き出しを暗くした。「雨」ということばが横から
    降ってきて、「靴のなかがぬれた」。数日後「靴下がぬれた」と書き直された。
    坂になった舗道には、「降る雨の上を、筋をつくって流れる水があった」という一行が
    落ちていた。踏んだのは「前を歩いている男」なのか「後ろから歩いている男か」なのか。
    暗くなってしまって判別できなかった。ウィンドーの明かりや車のライトが「滲んでい
    た」ということばといっしょに宙に浮いていた。

   「前を歩いている男の頭のなかには」という聞いたことのあることばがあった。その後ろを「わ
   かりたいとは思わない」ということばが、聞いたばかりのことばを「踏み潰すように」歩
   いている。そんなふうにして、「前を歩いている男」になってしまうことばがあるのだが、「何
   の役目をしようとしているのかわからない」という憤りは、「きのうきょうの生活のなか
   から出てきたのではなく、積みかさなった日々の、押しつぶされた時間のなかから出てきた」に
   変わるために、あと二時間は歩かないといけない。
                                   (初出・2015/02/28)

この詩も推敲されている。 こういう「推敲」という作業が文筆を執ろうとする人間には必要な行為なのである。

なお詩集の題名になった「注釈」という言葉だが、2009年に出た岡井隆の詩集『注解する者』(思潮社刊)という本が「注解詩」「注釈詩」という新しい詩のジャンルを切り開いた、と言われている。
拙ブログでも採りあげたことがある。 アクセスされたい。

全部は引ききれないので、ここで「目次」を出しておく。

       目次

   あのことば
   破棄された詩のための注釈(35)
   ことばがあった
   橋
   破棄された詩のための注釈(11)
   跋棄された待のための注釈(9)
   午後四時、
   破菜された詩のための注釈(34)
   「ポルトについて」のための注釈
   明らかなこと
   わかりにくくさせている
   破棄された詩のための注釈(20)
   破棄された詩のための注釈(17)
   破棄された詩のための注釈(14)
   破棄された詩のための注釈(13)
   書かれなかった詩のための注釈(5)
   書かれなかった詩のための注釈(4)
   青いインク
   前を歩いている男
   比喩

------------------------------------------------------------------------------------
谷内①_NEW
↑ 「谷川俊太郎の『こころ』を読む」 思潮社2014/06/30刊

上記の『注釈』とセットで買い求めたものである。
この本は谷内ブログ「詩はどこにあるか」に連載されたものが下敷きになっている。
この本は、はじめに「まえがき」──谷川さんからの手紙 という見開きニページのものが置かれ、巻末に「本ができるまで──往復私信」という七篇の私信の文が載っている。
各記事は、ブログに載ったときの「日付」が書いてある、という特異な体裁である。
巻末の「あとがき」を引いておく。

  あとがき
この本に収録している「日記」はブログ「詩はどこにあるか」(http://blog.goo.ne.ip/sho
keimoji2005)に書いたものです。本のタイトルは「谷川俊太郎の『こころ』を読む」になって
いますが、実際は「再々読」の感想です。『こころ』が朝日新聞に連載されたとき何回か感想を
書き、詩集にまとまったときも感想を書きました。書く度に、感想が違っています。
出版の経緯は谷川さんと私の私信で見当がつくと思いますが、少し補足します。
二〇一三年一月、岩波文庫から『自選谷川俊太郎詩集』がでたとき、大変衝撃を受けた。大好
きな「父の死」が載っていない。「父の死」を含めた自分だけの「選集(10篇)」をつくりたい。
感想を書きたい。書くなら初めて谷川俊太郎を読んだときの感想、谷川俊太郎を知らない状態、
まっさらな気持ちで感想を書きたい。
「こころJの60篇で予行演習をしてみよう。読んだ瞬間の、感想にもならないごちゃごちゃした
思いをそのまま書いてみょう。「批評」「論」というのは確固としたものでなければならないのか
もしれないが、誤読や矛盾、ゆらぎにも、そういうものが生まれてくるだけの「理由」のような
ものがあるはず。その生のものをそのままことばにしたい。
そうやって、60日かけて書いたものです。
読み返してみると、変な読み方だなあ、いまならこんな感想にはならないと思うところもずい
ぶんある。でも、そのときそう読んだのだから仕方がない。次に違った感想を書けばいい、と思
ってそのままにしています。  (後略)

谷川俊太郎の詩集『こころ』も未読であり、引用が出来ないので、この本については、内容に触れないまま終わることを許されたい。
紹介だけに過ぎた。

私の詩集、歌集も上梓の都度、献本しているので、何度か同氏の「詩はどこにあるか」に採りあげていただいた。
ここに改めて感謝の念を表しておきたい。





「私の座右の歌 -小野茂樹-」・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
小野茂樹
↑ 現代歌人文庫「小野茂樹歌集」国文社刊1995/03/10初版第二刷
小野雅子
 ↑ 小野茂樹夫人・小野雅子歌集『青陽』ながらみ書房刊平成九年七月十日
小野
 ↑ 小野茂樹夫人・小野雅子第四歌集『白梅』ながらみ書房1013/06/27刊

──エッセイ──再掲載・初出・「地中海」誌1998年10月号

     「私の座右の歌 -小野茂樹-」・・・・・・・・・・・木村草弥

     くさむらへ草の影射す日のひかりとほからず死はすべてとならむ ・・・・・・・・・・・小野茂樹

 小野茂樹は河出書房新社の秀れた編集者として仕事をしていたが、帰宅するために乗ったタクシーが午前一時すぎに運転をあやまり車外に投げ出され昭和四十五年五月七日早朝に死亡した。
三十四歳であった。その夜、一緒であった小中英之と別れた直後の事故であるという。
掲出の歌は第二歌集『黄金記憶』の巻末に近い「日域」と題する五首の一連のものである。
この歌をみると「死」の意識が色濃く漂っているのに気づく。
歌の構成としては、初句から三句までの上の句の叙景と、四句五句の下の句の「死」というものについての独白の部分とに直接的な関連はない。
こういうのを「転換」というけれども、この上の句と下の句とが異和感なく一首として成立しているのが、この歌の秀れたところである。
「とほからず死はすべてとならむ」という心の独白は「くさむらへ草の影射す日のひかり」を見ていて、無理にくっつけたものではなく、
「くさむら」を見ていた作者の頭の中に、ふと自然に湧き上がって来た想念なのであろう。
だから、この歌は無理なく読み下せるのである。「転換」という手法を用いた秀歌の典型と言ってよかろう。
調べもよいから、一度ぜひ口に出して音誦してみてもらいたい。

この第二歌集『黄金記憶』を通読すると、何となく沈潜したような雰囲気が印象として残る。少し歌をみてみよう。

・輝きは充ちてはかなき午後の空つねに陰画(ネガ)とし夏を過ぎつつ
・午後の日はいまだ木立に沈まねば蝉は無数の単音に鳴く
・われを証す一ひらの紙心臓の近くに秘めて群衆のひとり
・見しために失ひしもの雪の夜の深き眠りに癒やされむとか
・冷えて厚き雪の夜の闇灯のごときものを守りて妻は眠れり
・垣間見しゆゑ忘れえぬ夕映えのしたたる朱は遠空のもの
・母は死をわれは異なる死をおもひやさしき花の素描を仰ぐ
・黎明といふ硬質の時のひだ眠り足らざる心とまどふ
・蛾に生まれ蛾に死にてゆく金色の翅はときのまゆらめくとなし
・翳り濃き木かげをあふれ死のごとく流るる水のごとくありし若さか

 これらの歌の中で一首目の「陰画とし」、二首目の「単音に鳴く」三首目の「群衆のひとり」というような捉え方は、感性に流された作り方ではなく、
心の底に何か「しんとした」あるいは「クール」な醒めた目を感じさせる。
 十首目の「翳り濃き木かげをあふれ死のごとく」と「流るる水のごとく」という対句が、結句の「ありし若さ」という言葉に、いずれも修飾句としてかかる、
という表現も面白いが、それよりも「死のごとく」という直喩表現に、どきりとさせられるのである。
これは、いわゆる若者の歌としては珍しい。誤解を恐れずに言えば茂樹は、早くから、こういう「死」の意識を、ずっと持ちつづけて来たと言える。
この歌集の題名となった「黄金記憶」というのは、戦争末期に岩手県に学童疎開した時の記憶を三十三首の歌として発表したものに一因んでいる。
その中に

・ふくらはぎ堅くけだるし音もなく明けくる刻をゆゑなく恐れき
・たれか来てすでに盗めりきりきりとトマトのにほひ夜の畑に満つ
・こゑ細る学童疎開の児童にてその衰弱は死を控へたり

のような歌がある。作者は戦争が終って帰京したとき、栄養失調のような体調であったと言われるが、その様子が現実感をもって詠われている。
これらの歌からも、すでに「死」と向かい合っていた作者の心情が読み取れるのである。
「ふくらはぎ堅くけだるし」というのは栄養失調で骨と皮とになった痩せた体と心の状態を詠ったものであり子供心に「餓死」という恐怖を持っていたが故に「明けくる刻をゆゑなく恐れき」と表現されている。
 なお、この歌集は音楽好きだった作者を反映して「エチュード」「プレリュード」「ノクターン」「ブルース」「スキャット」「アダージオ」「カデンツ」などの音楽用語が項目名として使われている。
また長女綾子への愛情表現もひときわだったようで、こんな歌がある。

・みどりごは無心にねむる重たさに空の涯なる夕映えを受く
・父も母もいまだなじまぬ地に生れて知恵づきゆくか季節季節を
・露に満ち甘きにほひをたつるさへ果実はゆかしみどりごの眼に

 三首目の歌は、この歌集の巻末におかれた歌で、子煩悩であった作者の歌として、またいとほしい子の歌として妥当な置き方であると言えよう。
みどりご(長女綾子)の眼を「露に満ち甘きにほひをたつる果実」と比喩表現で情趣ふかく詠われているのも並並ならぬ父の愛を感じさせる。

掲出した歌が第二歌集に収められている関係から、この歌集から文筆を書きはじめたが、順序としては第一歌集『羊雲離散』から始めるべきだったかも知れない。
 この第一歌集は、あの有名な

・あの夏の数かぎりなきそしてまたたった一つの表情をせよ

という歌に代表されるように「相聞」が一篇をつらぬく主題と言ってよい。

・五線紙にのりさうだなと聞いてゐる遠い電話に弾むきみの声
・あたらしきページをめくる思ひしてこの日のきみの表情に対す
・くちづけを離せば清き頬のあたり零るるものあり油のごとく
・青林檎かなしみ割ればにほひとなり暗き屋根まで一刻に充つ
・さぐり合ふ愛はいつより夜汽車にて暁はやき町過ぎにつつ
・強ひて抱けばわが背を撲ちて弾みたる拳をもてり燃え来る美し
・わが眉に頬を埋めしひとあれば春は木に濃き峠のごとし
・汝が敏き肌に染みつつ日は没りて乏しき視野をにじり寄る波
・路に濃き木立の影にむせびつつきみを追へば結婚飛翔にか似む

 この「結婚飛翔」にはナプシヤル・フライトというルビが附られているが、これは昆虫の雌雄が相手を求めて飛ぶことを指している。

・エプロンを結ぶうしろ手おのれ縛すよろこびの背をわれに見しむる
・拒みしにあらずはかなく伸べ来たるかひなに遠く触れえざるのみ
・いちにんのため閉ざさずおくドアの内ことごとく灯しわれを待てるを

 茂樹と妻・雅子は東京教育大学附属中学校に在学中の同級生ということだが、年譜によると、それぞれ他の人との結婚、離婚を経て、
十五歳の時の初恋の相手と十五年ぶりに結婚にこぎつけたということである。
 そういう愛の波乱が、作られた歌にも反映していると思うが、どの頃の歌が、どうなのかは私には分らない。
ただ「愛」というものが一筋縄ではゆかない代物であることを、これらの作品は陰影ふかく示している。
巻末の歌は「その指を恋ふ」と題されて

・われに来てまさぐりし指かなしみを遣らへるごときその指を恋ふ
・かかる深き空より来たる冬日ざし得がたきひとよかちえし今も
・風変はる午後の砂浜うたたねのかがやく耳に光はそそぐ
・根元近くみどりを残す浜草の乱れを敷きてねむりてあれよ

と詠われている。エロスあふれる情感が快い。

・あの夏の数かぎりなくそしてまたたった一つの表情をせよ
の歌は、終りから二つ目の項目の「顔」という十二首の一連の中にある。
 この辺りの歌は雅子との愛を確定したときの歌と断定できるだろう。
紆余曲折のあった愛の道程をふりかえって、晴れ晴れとした口調で愛の勝利宣言がなされているように、私には見える。

 昨年のことだが未亡人の小野雅子歌集『青陽』が出版され、その鑑賞文「悲傷-メビウスの環」を、私は書いた。
これも一つの思い出となったが今回の文章を書くに当っては久我田鶴子が茂樹のことを書いた評論集『雲の製法』や小中英之その他の文章には敢えて目をつぶって、
私なりの感想をまとめた。

 国文社刊『小野茂樹歌集』(現代歌人文庫⑪)には、この二冊の歌集が収録されているのでぜひお読み頂きたい。
はじめに書いた小中英之の『黄金記憶』頌-小野茂樹論へのノートーという文章も載っている。

(お断り)この原稿が「地中海」誌に載ったときに「誤植」の多いのに、とまどった。
     今回、ここに収録するに当って出来る限り訂正したが、なお見つかるかも知れない。
     見落しに気づかれたら、ご指摘をお願いする。 よろしく。
-----------------------------------------------------------
小野雅子第四歌集『白梅』が一昨年出版され、← その本の紹介を拙ブログに載せた。アクセスされたい。
先年、第五歌集『昭和』を出版したが、東京で「読む会」を開いていただき二十数人の方がおいで下さった。
その中に、小野雅子さんもおいでいただいて批評を賜った。久しぶりにお会いして挨拶したが、お元気そうで何よりだった。
ここに記して、改めて御礼申し上げる。





copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.