K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201509<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201511
POSTE aux MEMORANDUM(10月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
東日本大震災から四年。 被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
c0085874_23145441ホトトギス
 ↑ ホトトギス草

十月になりました。
の季節です。味覚の秋、体育の秋です。

 そよや風われはその声知らねども百舌鳴くやうな夕暮れ来たる・・・・・・・・・・・・・・・内藤明
 ひと隅を占めて咲きいる慎ましさつゆの乾ぬまのむらさきしきぶ・・・・・・・・・・・・・三枝浩樹
 うから集ふ法要のなか父の子のわれはもつとも濃き血の嚢(ふくろ)・・・・・・・・小島ゆかり
 ほしいままに生きてきたとわれのことを言ふか さう見えるのか・・・・・・・・・・・・・・真中朋久
 歳月をひとめぐりして立ち寄ればぬすびと萩に種の実れり・・・・・・・・・・・・・・・・横山未来子
 かへらざる人を思へばこの幾日記憶の断片をてのひらに置く・・・・・・・・・・・・・・・・・外塚喬
 たくさんの失意の果てにひろがれる老年といふ荒野に立つか・・・・・・・・・・・・・・・・・岡井隆
 帰巣本能われにあるなら老耄のはてにいづくに戻りゆくならむ・・・・・・・・・・・・杜沢光一郎
 声の限り心の限り大泣きの児はあかあかと紅葉に並ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・・春日真木子
 晩秋の沼の面の水馬は微かな光の輪を踏みて立つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 三井修
 耳も目も衰ふる老いのただなかに春に十七になる犬がゐる・・・・・・・・・・・・・・・・・中野昭子
 年増とかいかず後家とか出戻りとか地下鉄後尾の揺れにまかせて・・・・・・・・・・・松平盟子
 こころざし忘じ果てたるしずけさか岬の端に陽のあたる見ゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・奥田亡羊
 天心のあれは失くしたおっぱい、と虚にささめく声ある月夜・・・・・・・・・・・・・・・・・ 佐藤弓生
 追憶の彼方の恋や夕暮の空へ振るため人は手を持つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・照屋眞理子
 萩もみぢとらへがたなきあかるさの 窓辺に充ちて、仮の世この世・・・・・・・・・・・ 中西洋子
 霧立ちてふいに涼しくなりにけり牛の体も濡れてゆくべし・・・・・・・・・・・・・・・・・・武藤ゆかり
 十月や
顳顬さやに秋刀魚食ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・石田波郷
 十月や見上げて駅の時刻表・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・馬場公江
 石の上に秋の鬼ゐて火を焚けり・・・・・・・・・・・・・・・ 富沢赤黄男
 山畑に
蒟蒻育て霧に寝る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金子兜太
 独語して夜にぶつかる羊歯胞子・・・・・・・・・・・・・・・・・榎本祐子
 空ばかり見ている地べた もう昏い・・・・・・・・・・・・・・・河西志帆
 あかあかと在りたき晩年烏瓜・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池弘子
 紙魚走るカミュを跨ぎサルトルへ・・・・・・・・・・・・・・・・・塩野谷仁
 街灯の暗さにありて秋の月・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉浦圭祐
 ハツカネズミを窺う風神雷神図・・・・・・・・・・・・・・・・・・武田伸一
 衰えてたまるか刻の尾を摑め・・・・・・・・・・・・・・・・・野間口千賀
 カーンと晴れ風の出て来し銀杏黄葉・・・・・・・・・・・・・・森田緑郎
 はたた神ひとりぼっちを見つけたぞ・・・・・・・・・・・・・・・山中葛子
 大ぶりの蜘蛛の巣いい仕事してるなあ・・・・・・・・・佐々木香代子
 ぼーっと灯り一重瞼を閉じにけり・・・・・・・・・・・・・・・・・三井絹枝
 印度カレーとナン完食の清涼感・・・・・・・・・・・・・・・・・・相馬澄枝
 路地裏におぼろの墓ある那覇の街・・・・・・・・・・・・・・岸本マチ子
 母死後の記憶のなかに蕎麦の花・・・・・・・・・・・・・・・鈴木八駛郎
 毛虫焼く空気一切朝なり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・矢野千代子
 晩節や恋など知らで胡麻叩く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山中伸
 直進の鬼やんまの瞳の少年・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・伊藤和
 齢とは今まといつく蚋払う・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・稲葉千尋
 顛末は消えてしまった蟻の列・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・榎本愛子
 殿様の馬暴れた原にソーラー発電・・・・・・・・・・・・釈迦郡ひろみ
 爽やかや語らずとも母の鼻歌・・・・・・・・・・・・・・・・・・・わだようこ
 出棺の警笛野分おしあげよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・則包秀子
 水害地虫は語れど皆無言・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・米岡清四郎
 身にしむや胸に罅持つ微笑仏・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑野恵
 口笛の忘れし顔や赤とんぼ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佳夕能
 一枚の天の深さやつくつくし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・桑田佳穂
 秋祭男の
艶めいて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・石川澄枝
 曼珠沙華咲いたわループタイを出す・・・・・・・・・・・・・・ 岩根彰子
 秋風と突堤少し遠くまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。
本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 歌集 『無冠の馬』(KADOKAWA刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第六歌集『無冠の馬』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

Wikipedia─木村草弥

Facebook─木村草弥

Twitter─木村草弥

ランキングを確認する ★ ──登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
 これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓ します。アクセス数によるのでしょう。 ご覧ください。


banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム





大いなるドームのごとく横たはるストラスブール駅朝もやの中・・・・・・・・・・・木村草弥
DSCF0147.jpg

      大いなるドームのごとく横たはる
          ストラスブール駅朝もやの中・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第六歌集『無冠の馬』(KADOKAWA)の「フランスの美しき村」に載るものである。
「アルザス、ブルゴーニュ」観光の初日の光景である。
 掲出した画像は、巨大なドームのようなストラブール駅の外観。 サマータイムの朝なので画像が暗い。 ホテルの自室から望遠で撮影。
東京ドームのように、空気で膨らませた構造になっている。
DSCF0148.jpg
 ↑ ストラスブール駅の入口。 駅名がくっきりと読み取れる。
DSCF0167.jpg
↑ ロータリーの真ん中にはトラムと国鉄駅への地下通路の入口が口を開けている。
mkfs_693ストラスブール・トラム
 ↑ ストラスブールの市電。トラム。この駅の辺りでは地下にもぐり、国鉄駅に隣接する地下駅になっている。

宿泊のホテル─「ル・グラン」Le Grand Strasbourg のことにふれなければ片手落ちだろう。ここには連泊する。

15893887ル・グランホテル
 ↑ 「ル・グラン」は建物の左端。    ↓ ホテル玄関
27278_31_bル・グランホテル玄関

このホテルは、フランス国鉄のストラブール駅前の大きなロータリーに面したところに建っていて、ロータリーを取り巻くように多くのホテルが見える。
ル・グランのように建物に複数のホテルがあるのはヨーロッパでは当り前。
この建物の右端には「イビス・ホテル」が見える。写真には無いが左手のビルには「メルキュール・ホテル」が見える。
これらのホテルはスタンタードなB級の三ツ星ホテルのチェーンとして知られている。今回の旅のホテルは最終日を除いて、みな、このクラスである。

この歌集『無冠の馬』を読んだ人から、さまざまの批評をいただいたが、中には、この歌を選んで言及してくれる人もあった。

この度の旅行記は「アルザス・ブルゴーニュ ワイン街道とフランスの美しき村8日間の旅」を参照されたい。


小さき泉遺して神託絶えにつつデルポイの地は世界の臍ぞ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618542_1E.jpg

──ギリシア紀行(4)──

    小さき泉遺して神託絶えにつつ
        デルポイの地は世界の臍(へそ)ぞ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


先日来、3回に分けて書いたギリシアの記事の続編である。
この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せたもので、WebのHP「エーゲ海の午睡」の紀行文と一緒にご覧いただくと、よくご理解いただけよう。
「ギリシア(3)」に載せた地図を見てもらえばよく判るが、カランバカ──メテオラから南に戻る途中にデルフィの遺跡がある。
古代ギリシアでは、何か事を行なう際には、デルフィのアポロン神にお伺いをたてて、「神託」をいただいてから行動に移ったという。
だからデルフィは「世界の臍」と言われ、写真①の「臍石」というのが発掘されて「デルフィ神殿博物館」に陳列されている。
遺跡の野外には、その臍石が安置されていたという場所にはレプリカが置かれ、元の位置が示されている。

FI2618542_2E.jpg
写真②は「デルフィの聖域」と呼ばれる神殿跡である。世界遺産に指定されている。

FI2618542_3E.jpg
写真③はこの遺跡から発掘された「御者の像」という青銅製の彫刻である。
この「御者の像」は、もちろん紀元前数百年の制作になるもので、この博物館でも逸品と言われているもの。
他に神殿の「破風」とその下部に大理石に彫られた見事な彫刻の「ファサード」が展示されているが大き過ぎて写真に撮れなかった。
「博物館」に展示される遺品では、これらのものがめぼしいもので博物館としては簡素なものである。

アポロン神殿は紀元前850年に建造されたドーリス式の神殿。神託も、この神殿で行なわれた。
「ピュティア祭」というのが4年に1度開催されていた。
この大会は紀元前582年に始められ、当初は8年毎に「音楽と文芸の神アポロン」に因んで、詩、演劇、演説、音楽などのコンテストがメインに行なわれ、運動競技もあったという。
大きな競技場跡も見られる。

FI2618542_4E.jpg
写真④はアポロン神殿の遺跡に、ここにアポロン神殿のあった場所を示す石である。ギリシア語、フランス語、英語で書かれている。

FI2618542_5E.jpg
写真⑤は、デルフィの神託の書かれた宝物庫の壁の文字。

デルフィは山の中の岩山で、発掘された岩や石が散乱する、文字通りの遺跡である。
山の中のデルフィの遺跡からバスで20~30分戻ったところに小さなデルフィの集落がある。
私たちは、ここのヴーザスという崖に張り付いて建てられたホテルに泊った。
道路に面した一階がホテルの玄関で、客室はエレベータに乗って下に下ってゆく。5階ぐらいはあったと思う。
崖に張り付いているので、エレベータも客室の窓からも眺望は絶景である。ホテルの周りには土産物屋が軒を連ねている。
ここからは遥か先にギリシア本土とペロポネソス半島の間に挟まれた細長い水道──コリンティアコス湾が望める。

掲出した私の歌の「泉」について解説しておく。
この泉は「カスタリアの泉」と言い、アポロン神殿に参詣する人々も、お告げをする巫女たちも、まず、この泉で身を清めてから、聖域へと進んだという。
なお「デルフィ」というのは英語よみの発音であり、「デルポイ」というのは古代ギリシアの発音に近いということになっている。
掲出した歌の前後の私の歌をひいて終りにしたい。

    星の幾何学──MARE MEDITERRANEUM──・・・・・・・・木村草弥

  森羅いま息ひそめつつデルポイはみどりの芽吹き滴るばかり

  小さき泉遺して神託絶えにつつデルポイの地は世界の臍ぞ

  熟れたれば舗道に杏の実は落ちて乳暈(アレオラ)のごとく褐色(かちいろ)に乾く

  したたる緑、永遠の春、あくなき愛、浄福の地ぞアルカディーアは

  悦楽(ロクス・アモエヌス)の地と描かれて画布にあるそはアルカディーア場所(トポス)たり得し

  場所(トポス)はもペロポネソスに満ち満てる悦楽の言辞(トポス)に通ふと言へり

  曲線はなに狩る弓ぞキャンバスに強く張らるる弦画(か)かれゐき

  星に死のあると知る時、まして人に快楽(けらく)ののちの死、無花果(いちじく)熟す

  かの射手座海に墜ちゆく彼方にはわが銀河系の母胎あるといふ

--------------------------------------------------------------------------
「デルフィまたはデルポイ」については、このWikipediaに詳しい。
なお「日刊ギリシャ檸檬の森」という実地踏破による詳しいサイトがあるので、ご覧いただきたい。


わが泊る窓の向うにメテオラの奇岩の群のそそりたつ朝・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618539_1E.jpg

──ギリシア紀行(3)──

     わが泊る窓の向うにメテオラの
         奇岩の群のそそりたつ朝・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は先日から二回書いた私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載せたギリシア紀行の奇岩「メテオラ」の歌である。
WebのHP「エーゲ海の午睡」の紀行文と一緒にお読みいただくと、よく理解していただける。

FI2618539_2E.jpg

「メテオラ」と言っても関心のない人には、なじみのない地名だと思うので地図を掲げてみた。
 ↑ また「リンク」設定してあるので見られるとよい。
ギリシアの首都アテネからバスで北へ半日余り行ったところにカランバカという村がある。
そこまで行くとメテオラの奇岩が平地から、そそりたつように林立している。
その岩の頂に千年前から迫害を逃れたキリスト教徒の修道院がいくつも建っているのである。
写真①は「アギア・トリアダ修道院」である。
ギリシア正教管内では「アギア」とか「ハギア」とかの呼び方が教会の名前につくが、これは「聖なる」という意味の言葉である。
ギリシア、トルコなどのギリシア正教の地域に見られる。
イスタンブールの「アヤ・ソフィア」大聖堂の場合の「アヤ」も同じである。

先に書いたようにアテネを朝でて、バスで平地、山地、平地、山地と越えてゆくとカランバカ近郊に至ると、昼食の時間になるレストラン──もちろん田舎の粗末な食堂であるが、
そこの庭から突如としてメテオラの奇岩が眼前に屹立するのである。
行程としては、そこで期待に胸を高鳴らせながら昼食を摂り、やおら岩山の修道院見学に出立するという算段である。
平地から岩山は屹立しているのだが、裏側に廻り込むと尾根づたいに岩山の修道院に接近できるルートがあるのである。

FI2618539_3E.jpg
写真③は「メガロ・メテオロン修道院」の遠景である。「メテオロン」とは「中空の」という意味である。
写真左下に見える苦労して作られた岩道をあえぎながら登って修道院に至る、というものである。
崖の途中の塔のようなものは物資を吊り上げる滑車が設置してあるところ。
乗ってきたバスは、この岩山を望む手前の山の平たいところに駐車場があり、そこから歩く。

FI2618539_4E.jpg

写真④は岩山から見た平地のカランバカとカストラキの村の遠望である。
上からの俯瞰であるが、これらの岩山を平地から振り仰いだとすると、まさに奇岩の屹立という感じがするのである。
昔は修道院も、もっと数も多かったが、いまでは過酷な修行をする人も少なくなり、6カ所ほどに修道士あるいは修道女がいるに過ぎない。
詳しくは私のWeb上の紀行文「エーゲ海の午睡」をお読み願いたい。
「アギオス・ステファノス女子修道院」を見学したが、ここは元は男子修道院だったが最近(1950年)になって女子修道院として再開された。
以下に私の当該個所の歌を引いておくが、修道院の中は撮影禁止であり、したがって写真はないので、私の歌から推測していただきたい。

    メテオラ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

  名を知らぬ村の教会の鐘の音が朝の七時を告げて鳴りいづ

  わが泊る窓の向うにメテオラの奇岩の群のそそりたつ朝

  峨々と立つ岩山にして奇景なり信を守りて一千年経ぬ

  中空の意なるメテオロン修道院すなはち岩は中空に架かる

  披かれて置かるる本は古(いにしへ)の朱の書き込みの見ゆる楽譜ぞ

  美貌なる修道女にてイコン売る黒き衣にうつしみ包みて

  携帯用イコンなる聖画ゑがけるは聖母とわらべ金泥の中

--------------------------------------------------------------------------
FI2618539_5E.jpg

補足的に書いておくと、
岩山の何カ所かの修道院の見学を終えて平地に下り、宿泊地のカランバカに帰り着き、夕食を摂ってしまうと、田舎のこととて、外は真っ暗である。
そのまま寝てしまい、翌朝、自室の窓を開けたら、眼前にメテオラの奇岩が屹立しており、ワッという感動のうちに作ったのが、掲出した歌、だということになる。

img_574703_52774906_1イコン
 ↑ イコン 聖母マリアと幼子キリスト
なお、これらの修道院は、もちろんギリシア正教徒のものであるから、ご存じのように「イコン」を制作して見学者に売る。
圧倒的に多いのが、私の歌にもある聖母マリアと幼子キリスト、という構図である。
女子修道院というのは2カ所だけである。




たちまちに君の姿を霧とざし或る楽章をわれは思ひき・・・・・・・・・・・・近藤芳美
003霧

    たちまちに君の姿を霧とざし
        或る楽章をわれは思ひき・・・・・・・・・・・・近藤芳美


この歌は近藤芳美の、戦後まもなくに発表した「相聞」の歌として有名なものである。
作られたのは戦前で、とし子夫人との甘やかな新婚時代あるいは婚約中の交際時期のものであろうか。
『早春歌』昭和23年刊所載。
近藤芳美は東京工業大学出の建築家が本職。建築技師や大学教授などを務めた。
広島高等学校在学中に中村憲吉について「アララギ」入会。
戦後は新風十人などとして嘱望され、アララギの若き俊英と呼ばれる。
昭和26年短歌結社「未来」創刊、30年より朝日歌壇選者。近年、「未来」編集を岡井隆に譲る。
この歌のように、いかにもインテリらしい作風と処世の態度を一貫させてきた。
左翼運動さかんな頃も、それに共感を寄せつつも、それに溺れることはなかった。
また前衛短歌運動の時期も、ある一定の距離を置いて接してきた。
それらの運動の退潮期を経た今は、むしろ近藤芳美の生き方、処し方が自由な姿勢として評価されている。
以下、近藤芳美の歌を少し引く。

  落ちて来し羽虫をつぶせる製図紙のよごれを麺麭で拭く明くる朝に

  国論の統制されて行くさまが水際立てりと語り合ふのみ

  送りかへされ来し履歴書の皺つきしに鏝あてて又封筒に入る

  果物皿かかげふたたび入り来たる靴下はかぬ脚稚(をさな)けれ

  コンクリートの面にひそかに刻みおきしイニシヤルも深く土おほはれつ

  あらはなるうなじに流れ雪ふればささやき告ぐる妹の如しと

  手を垂れてキスを待ち居し表情の幼きを恋ひ別れ来りぬ

  果てしなき彼方に向ひて手旗うつ万葉集をうち止まぬかも

  鴎らがいだける趾の紅色に恥(やさ)しきことを吾は思へる

  営庭は夕潮時の水たまり処女(をとめ)の如く妻かへりゆく

  売れ残る夕刊の上石置けり雨の匂ひの立つ宵にして

  耳のうら接吻すれば匂ひたる少女なりしより過ぎし十年

  生き死にの事を互ひに知れる時或るものは技術を捨てて党にあり

  乗りこえて君らが理解し行くものを吾は苦しむ民衆の一語

  帰り来て踏まれし靴を拭くときに吾が背に妻は抱かむとする

  傍観を良心として生きし日々青春と呼ぶときもなかりき

  講座捨て党に行く老いし教授一人小さき一日の記事となるのみ

  身をかはし身をかはしつつ生き行くに言葉は痣の如く残らむ

  離党せむ苦しみも今日君は告げ売れざる暗き絵を置きて行く

  反戦ビラ白く投げられて散りつづく声なき夜の群集の上

  森くらくからまる網を逃れのがれひとつまぼろしの吾の黒豹
-----------------------------------------------------------------------
近藤芳美は90歳を越えても現役歌人として大きな地歩を占めてきたが、2006年6月21日に亡くなった。
作品数も膨大なものである。上には初期の歌集『早春歌』『埃吹く街』『静かなる意思』『歴史』から引いた。
これらを読むだけでも、先に書いた近藤芳美の生き方が作品の上にも反映していることが読み取れるだろう。
私としても一時は「未来短歌会」に席を置いたものとして無関心では居られない。
事典に載る記事を下記に引いておく。
---------------------------------------------------------------------
近藤芳美
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

近藤 芳美(こんどう よしみ、1913年5月5日 - 2006年6月21日)は、日本の歌人である。

本名は近藤 芳美(読みは同じ)。戦後の歌壇を牽引する歌人として活躍し、文化功労者に選ばれた。長年「朝日歌壇」(朝日新聞)の選者を務めたことで知られるほか、建築家としての顔も持つ。

生涯
1913年、父の赴任先であった旧朝鮮(現・大韓民国)・慶尚南道の馬山で出生。12歳で帰国し、父の郷里・広島市鉄砲町(現・広島市中区鉄砲町)で育つ。広島二中(現・広島観音高)時代の教師に影響を受け、短歌に関心を抱いた。旧制広島高校(現広島大学)在学中に、広島市近郊で療養中の歌人中村憲吉を訪ね、「アララギ」に入会、本格的に作歌を始めた。以後、中村及び土屋文明に師事した。

東京工業大学卒業後、清水建設に入社。設計技師として勤務する傍ら、アララギ同人としての活動を継続した。戦時中は中国戦線に召集された。終戦後の1947年、加藤克巳、宮柊二ら当時の若手歌人と「新歌人集団」を結成。同年、評論『新しき短歌の規定』を発表した。またこの頃、鹿児島寿蔵や山口茂吉、佐藤佐太郎らと共に「関東アララギ会」を結成している。

1948年、妻で歌人のとし子(本名=年子)への愛情などを綴った処女歌集『早春歌』を上梓。同年刊行の歌集『埃吹く街』と共に注目を集め、戦後派歌人の旗手としてのデビューを飾った。

1951年、岡井隆、吉田漱、細川謙三らと共にアララギ系短歌結社「未来短歌会」を結成、同時に歌誌『未来』を創刊し、これを主宰。石田比呂志、大田美和、道浦母都子など多くの歌人を育成した。また、現代歌人協会の設立に尽力し、1977年以来約15年に亘って同協会の理事長の任にあり続けた。神奈川大学の教授も務めた。

このほか、朝日新聞をはじめ、中国新聞、信濃毎日新聞などの短歌欄の選者として、市井の人々による短歌に対し積極的な評価を行った。殊に朝日新聞の「朝日歌壇」では、1955年から2005年1月まで約半世紀に亘って選者を務めた。

2000年から2001年にかけて、これまでの歌集や評論をまとめた『近藤芳美集』(全10巻、岩波書店)が刊行された。

2006年6月21日午前10時1分、心不全(毎日新聞によれば、前立腺癌)のため、東京都世田谷区の至誠会第二病院で死去。93歳。遺志により、葬儀・告別式は親族のみで行い、後日未来短歌会主催による「しのぶ会」を開く予定。

思想
芯からの反戦主義者として知られる。自らの戦争体験から、平和を強く希求するようになった近藤は、終戦記念日に日本戦歿学生記念会(わだつみ会)が開催した反戦集会に参加するなど、戦争に反対する主張を一貫して展開した。その姿勢は自らの評論や短歌のみならず、新聞の短歌欄における選歌にも反映されており、「朝日歌壇」で彼が選ぶ歌の中には、反戦に関する作品が必ずといって良いほど含まれていた。教育現場での日の丸・君が代強制問題が浮上した時期には、強制に反対する立場から詠まれた歌を複数回採用している。 そのためか、朝日歌壇は一部の愛国者から「時事詠が多すぎる」と批判されている事もある。

年表
1913年 出生
1932年 「アララギ」に入会
1947年 「新歌人集団」を結成
評論『新しき短歌の規定』発表
1948年 歌集『早春歌』、『埃吹く街』を刊行
1951年 6月、歌誌『未来』を創刊、編集発行人に就任
1956年 現代歌人協会設立
1969年 『黒豹』(1968年)で第3回迢空賞を受賞
1977年 現代歌人協会理事長に就任(~1991年)
1986年 『祈念に』(1985年)で第1回詩歌文学館賞を受賞
1991年 『営為』(1990年)で第14回現代短歌大賞を受賞
「近藤芳美方」としていた『未来』発行所を、東京都中野区東中野に移転。同時に発行人名義を岡井隆に譲る
1994年 『希求』(1994年)で第6回斎藤茂吉短歌文学賞を受賞
2006年 死去

近藤芳美の歌碑が此処にあるのでご覧あれ。彼の出身地である広島のことも書かれている。
--------------------------------------------------------------------
この掲出歌の対象と思われる「近藤とし子」夫人も、2010年秋に亡くなられた。
その件について、こんなツィッターがネット上に出ているので引いておく。

@caille2006
うずら

近藤年子氏、2日に死去。92歳。向山のご自宅によく芳美先生の原稿を頂きに伺った。
リリアン・ギッシュのような可憐な姿は「早春歌」の名歌「たちまちに君の姿を霧とざし」の「君」そのままだと思ったものだった。
06年に芳美先生が亡くなってからのお辛さが偲ばれる。楽になられただろうか。合掌。
11月4日 TweetMe for iPhoneから
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
これによると2010/11/02に亡くなられたようだ。本名は年子だが、ペンネームは「とし子」だった。
ご夫妻の間には子供はなかったので、淋しい晩年だった、と思われる。ご冥福をお祈りする。

彼一語我一語秋深みかも・・・・・・・・・・・・・高浜虚子
05曽爾高原すすき

    彼一語我一語秋深みかも・・・・・・・・・・・・・高浜虚子

「深み」の「み」は、形容詞の「深し(深い)」の末に添えて名詞化する接尾語で、「秋深み」は秋の深まった状態を言う。
天地の間に置かれた二人の人物。
一方がポツリと一語を発すると、もう一方も一語ポツリと返す。言うに言われぬ時が流れて、二人の男も、発した言葉も、深い秋のまつただなかにある。
『六百五十句』昭和30年刊所収。
高浜虚子は何と言っても俳句界の巨人であって、作句も多く、私も何回も採り上げてきた。
以下、重複しないように気をつけて虚子の句を少し引く。

    海に入りて生れかはらう朧月

    蚊帳越しに薬煮る母をかなしみつ

    ワガハイノカイミヨウモナキススキカナ
    ・・・・・9月14日。在修善寺。東洋城より電報あり。曰く、センセイノネコガシニタルヨサムカナ トヨ
         漱石の猫の訃を伝へたるものなり。返電。・・・・・(明治41年)

    春風や闘志いだきて丘に立つ

    露の幹静かに蝉の歩き居り

    冬帝先づ日をなげかけて駒ケ岳

    石ころも露けきものの一つかな

    道のべに阿波の遍路の墓あはれ

    鎌倉に実朝忌あり美しき

    我が生は淋しからずや日記買ふ

    風生と死の話して涼しさよ



帚木蓬生『白い夏の墓標』・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
51K62ZZ5BGL__SS500_.jpg

──新・読書ノート・・・初出Doblog2007/11/11──

     帚木蓬生『白い夏の墓標』・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
           ・・・・・・・・新潮文庫16刷・初版昭和54年・・・・・・・・・・・

先日、同じ作者の『聖灰の暗号』を採り上げたが、多くの小説が書かれているので、引き続いて読んでみたいと思い、bk1から十数冊取り寄せた。
この小説は帚木の初期の作品で昭和54年(1979年)に新潮社から発表されたが「直木賞」候補に挙げられ注目を浴びている。
サスペンスの体裁を取りながら、採り上げているテーマが、いわゆる「細菌兵器」開発にまつわるということで、今日的意義を持っている。
細菌兵器開発といえば、古くは旧関東軍731部隊が知られているが、今でもアメリカをはじめ先進国でも、ひそかに開発が進められているらしい。
この小説は、「遺伝子」操作のことにも触れているように、極めて「身近な」危険性について考えさせる。
現代科学は、一体、われわれ人類をどこに連れてゆこうとしているのか、という不安をかきたてるが、利用の仕方ひとつで救世主にも悪魔にもなり得る現代科学の両面性を、この本は気づかせてくれる。

筋書きは、肝炎ウィルス国際会議に出席すべくパリを訪れた北東大学の教授、佐伯をストーリー・テラーとして、フランスおよびピレネー山中の小国アンドールを舞台に展開してゆく。
主人公は、仙台型肺炎ウィルス、いわゆる「仙台ヴァイラス」の研究で、米軍にその能力を買われて渡米した若き細菌学徒「黒田武彦」である。彼は発表した英文の論文を米軍によって発見され、細菌兵器開発のために「仙台ヴァイラス」株と一緒に連れ去られ、ピレネー山中の小国「アンドール」にある研究所に詰め込まれる。
研究者が発見し開発した「培地」が、大学からも強引に持ち去られたのには、日本の敗戦後数年という時期が関係していて占領軍である米軍の「強権」によるものである。
米軍が目をつけたのは、黒田の開発した「細胞融合」という手法にあった。
そして黒田は、その地でいったい何を研究していたのか?その結果いかなる運命に巻き込まれたのか?彼の死をめぐる真相は?

興味津々たるそれらの謎を、作者は佐伯の目を通して一枚、一枚はぎとってゆく。パリにおける佐伯とベルナール(黒田の所属した研究所の所長だった)との邂逅、佐伯と黒田との学生時代へのフラッシュバック、次いで舞台は現代に戻り、佐伯のウスト(ピレネー山中の現地)行き、一転して「黒田の手記」という形で、謎の核心が語られてゆく。

見所は、何と言っても第4章に登場する「黒田の手記」だろう。そこでわれわれは、ウイルスに憑かれた一人の男の秘められた生い立ちを知ることになる。<ウイルスは人間よりもきれいだ>と言い切るまでに至った男の苦闘をかいまみることになる。そこで暴露される細菌兵器開発の実態は、人類に背を向けた「逆立ちした科学」の不条理を明瞭に物語っていると言える。現代科学の暗い狭間に身を置いた黒田の「煩悶」が描かれる。
『聖灰の暗号』でも「マルティの手稿」なるものが、重要なキーになっていたが、帚木は、こういう主人公の「手記」なるもののプロットという手法を得意としているようだ。

物語は後半、黒田の死をめぐる真相に焦点が絞られる。アンドールの病院における黒田とジゼル・ヴィヴの出会い、二人の恋、そして決死の脱出行、など。

帚木は東京大学文学部仏文科を出ているのでフランス語には堪能で、小説の舞台にもフランスは、先の『聖灰の暗号』同様たびたび出てくる。
この小説でもフランス南西部の、いわゆる「カタリ派」の舞台が登場し、カタリ派のことにも、さらっとだが触れられる。「モンセギュール」の山も出てくる。『聖灰の暗号』では重要な場所であるが、ほぼ30年のちに書かれる小説の素材というか、素地が、すでにこの小説に「芽生えて」いることは興味深い。
「アンドール」という国名は、「アンドラ公国」として私たちが知っている国であろうか、アンドールとは、この国のフランス語読みの発音であろう。

時代と切り結ぶ先鋭なテーマ、それを生かす緊密な「プロット」と、清冽な文体──欧米の優れたミステリーのように、プラス・アルファの面白さを備えた、知的なエンターテイメント・ノヴェルと言えるだろう。
先にも書いたが帚木は、フランス文学を専攻後にTBSに勤めたのち、九州大学医学部に入り直し、医学を修めているから医学の知識も豊富で、付け刃でない緊密性のある文体を書ける人である。今は「精神科医」として開業しているようだ。
一年に一作という節度のある執筆態度も、好ましい。 いい小説である。


驢馬の背に横座りしてゆく老婦大き乳房の山羊を牽きつつ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618535_1E.jpg

──ギリシア紀行(2)──

       驢馬の背に横座りしてゆく老婦
         大き乳房の山羊を牽きつつ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


昨日付けで載せたものの続きである。
繰り返しておくと私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に「エーゲ海」の一連15首として載せたものである。
この旅は2002年6/26から7/7に行ったものである。
私のWebのHP「エーゲ海の午睡」に詳しい。
この歌の前後の歌を引いておく。

  鄙びたる小さき教会と風車一基丘の高みの碧空に立つ

  どの家も真白にペンキ塗りあげて窓枠は青エーギアン・ブルー

  歩く我に気づきて「やあ」といふごとく片手を挙ぐる戸口の老は

  戸口の椅子二つに坐る老夫婦その顔の皺が語る年輪

  愛よ恋よといふ齢こえて枯淡の境地青い戸口の椅子に坐る二人


FI2618535_2E.jpg

掲出した写真二枚について、何も説明を要しないだろう。先に写真があって、それを見ながら、これらの歌が出来たということである。
この歌の場面は、ミコノス島で私ひとりで島の坂道を散歩したものである。

↓ その他のミコノス島の風景写真を出しておく。
Mykonos_windmills.jpg
04054_480x640.jpg
20060512-gree_me2.jpg

ミコノス島は、町の反対側が「ヌーディスト」の浜パラダイスビーチとしてヨーロッパに有名で、各国から裸を見せびらかしたい連中が、やって来る。
ただし、この写真は私の撮ったものではない。 ↓
Essey91g.jpg

次の歌は2首だけだが、それを描いた歌である。

  ミコノスの浜べはヌーディスト陽を浴びる美女の乳房の白い双丘

  男も女も一糸まとはずとりどりの恥毛光らせ浜辺を歩く


残りのギリシア各地の歌と写真は、また折をみて載せたい。
------------------------------------------------------------------------
「ミコノス島」については、このWikipediaの記事を参照されたい。まだ書きかけの段階だが。。。


クレタ人ゑがける海豚つぶらなる目をしてゐたり四千年経て・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618534_1E.jpg

──ギリシア紀行(1)──

     クレタ人ゑがける海豚つぶらなる
       目をしてゐたり四千年経て・・・・・・・・・・・・・木村草弥


Web上のHP「エーゲ海の午睡」には詳しく載せているが、この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に「エーゲ海」の一連15首として載せたものである。
自選60首にも入れているのでWeb上でもご覧いただける。

掲出の絵は有名な壁画で「ミノア文明」期のものである。
この歌の前後には

  海の民クレタ人築きし文明のクノッソス宮殿あをぞらの下

  描けるは海豚五頭の壁画なりはるばる逢ひに来し我なるか

  海豚はも人なつつこく寄るものぞミノアの世にも今の時代も


が並んでいる。この壁画は現在は剥されてクレタ島の「イラクリオン考古学博物館」に展示されている。
元の絵にはイルカが五頭いるが、絵が小さくなりすぎるので二頭だけにした。
これらの歌のつづきには

  牛頭の酒杯(リュトン)に光る金の角凍石製は三千六百年前

が載っている。

FI2618534_2E.jpg

写真②が、それである。これも同じ博物館に、大きなもの、小さいものなど膨大な数の展示品とともに並んでいる。
この博物館は好きな人には何日かかっても見飽きない見事なものである。これらについては先に書いたWebのHP「エーゲ海の午睡」に詳しい。
ギリシアについては本土の古代ギリシアの文物もいいが、エーゲ海の各地に散らばる歴史的文物も蒙を啓かれる。

このエーゲ海への旅は2002年6/26から7/7まで日通旅行の主催でタイ航空ビジネスクラス利用で、途中からはイタリア船籍の客船で島々を巡ったものである。
この一連の最後は、次の歌でしめくくっている。

  ミノア人の統べし多島(エーゲ)海はこぞりたつ文明のはざまの交差点たり

  線文字Aいまだ解読されずして渦巻く象形《フェストスの円盤》

-------------------------------------------------------------------------
「クレタ島」については、このWikipediaの記事に詳しい。
なお「イラクリオン考古学博物館」について ↓ の動画を出しておくが、ここでの重要な物について余り触れられていないのが残念だが一応出しておく。


他にも色々と紀行文が出ているが一長一短がある。
「和田フォト」というサイトなどは写真も大きく美しいが、採り上げる対象に偏りがあるがご覧あれ。



帚木蓬生『聖灰の暗号』上・下・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
51BNVFuWTCL__SS500_.jpg

──新・読書ノート・初出Doblog2007/11/03──

     帚木蓬生『聖灰の暗号』上・下・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
             ・・・・・・・・新潮社2007/07刊・・・・・・・・・・

この小説で採り上げられている「カタリ派」なるものについては私の歌に

   金雀枝は黄に盛れどもカタリ派が暴虐うけしアルビの野なる・・・・・・・・・木村草弥

というのがある。私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載る。
カタリ派については2009/05/19に記事を載せたので、ご覧いただきたい。

先ずはじめに彼の経歴を引いておく。
----------------------------------------------------------------------------
帚木蓬生
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

帚木 蓬生(ははきぎ ほうせい、1947年1月22日 - )は、日本の小説家、精神科医。福岡県小郡市生まれ。本名、森山 成彬(もりやま なりあきら)。
東京大学文学部仏文科卒、九州大学医学部卒。ペンネームは、『源氏物語』五十四帖の巻名「帚木」と「蓬生」から。

経歴
東京大学仏文科時代は剣道部員、卒業後TBSに勤務。退職後九州大学医学部を経て精神科医に。その傍らで執筆活動に励む。1979年、『白い夏の墓標』で注目を集める。1992年、『三たびの海峡』で第14回吉川英治文学新人賞受賞。八幡厚生病院診療部長を務める。現在は、福岡県中間市にて「通谷メンタルクリニック」を開業。開業医として診察をしながら、人間の心と社会倫理を鋭く射抜く、ヒューマニズムあふれる作品を世に出し続けている。

医学に関わる作品が多く、また自身(精神科医)の立場から『ギャンブル依存とたたかう』を上梓している。

2008年に急性骨髄性白血病に罹り、半年間の入院生活を余儀なくされた。現在は復帰している。

受賞歴
1975年 - 『頭蓋に立つ旗』で第6回九州沖縄芸術祭文学賞
1990年 - 『賞の柩』で第3回日本推理サスペンス大賞佳作
1992年 - 『三たびの海峡』で第14回吉川英治文学新人賞
1995年 - 『閉鎖病棟』で第8回山本周五郎賞
1995年 - 福岡県文化賞
1997年 - 『逃亡』で第10回柴田錬三郎賞
2010年 『水神』で新田次郎文学賞

著書
白い夏の墓標 1979年4月 新潮社 / 1983年1月 新潮文庫)
十二年目の映像(1981年6月 新潮社 / 1986年1月 新潮文庫)
カシスの舞い(1983年10月 新潮社 / 1986年11月 新潮文庫)
空(クウ)の色紙(1985年2月 新潮社 / 1997年12月 新潮文庫)
賞の柩(1990年12月 新潮社 / 1996年2月 新潮文庫)
アフリカの蹄(1992年3月 講談社 / 1997年7月 講談社文庫)
三たびの海峡(1992年4月 新潮社 / 1995年8月 新潮文庫)
臓器農場(1993年5月 新潮社 / 1996年8月 新潮文庫)
閉鎖病棟 1994年4月 新潮社 / 1997年5月 新潮文庫)
空夜(1995年4月 講談社 / 1998年4月 講談社文庫)
総統(ヒトラー)の防具(1996年4月 日本経済新聞出版社 / 1999年5月 新潮文庫 上下巻 改題『ヒトラーの防具』)
逃亡(1997年5月 新潮社 / 2000年8月 新潮文庫 上下巻)
受精(1998年6月 角川書店 / 2001年9月 角川文庫)
安楽病棟(1999年4月 新潮社 / 2001年10月 新潮文庫)
空山(2000年6月 講談社 / 2003年6月 講談社文庫)
薔薇窓(2001年6月 新潮社 / 2004年1月 新潮文庫 上下巻)
エンブリオ(2002年7月 集英社 / 2005年10月 集英社文庫 上下巻)
国銅(2003年6月 新潮社 / 2006年3月 新潮文庫 上下巻)
アフリカの瞳(2004年7月 講談社 / 2007年7月 講談社文庫)
ギャンブル依存とたたかう(2004年11月 新潮選書)
千日紅の恋人(2005年8月 新潮社 / 2008年4月 新潮文庫)
受命(2006年6月 角川書店 / 2009年9月 角川文庫)
聖灰の暗号(2007年7月 新潮社 / 2010年1月 新潮文庫 上下巻)
インターセックス(2008年8月 集英社)
風花病棟(2009年1月 新潮社)
水神(2009年8月 新潮社 上下巻)
ソルハ(2010年4月 あかね書房)
やめられない ギャンブル地獄からの生還(2010年9月 集英社)
蠅の帝国 軍医たちの黙示録(2011年7月 新潮社)
日御子(2012年6月 講談社 / 2014年11月 新潮文庫【上・下】)
天に星 地に花(2014年10月 集英社)
悲素(2015年7月 新潮社)

翻訳
精神医学の二十世紀 ピエール・ピショー 大西守共訳 新潮選書 1999.10

-------------------------------------------------------------------------
610iJWnuLQL__SS500_.jpg

内容(「MARC」データベースより)
南フランスのピレネー山麓にその古文書は眠っていた…。謎めいた文字が躍る羊皮紙、行間に滲む火刑審問、声なき叫び。「手稿」が長き眠りから目を覚ます時、ヴァチカンの闇が再び動く。人間の救済と信仰の真実を問う歴史大作。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
読み始めると止まらないくらい面白い。ハハキギはいつも道具立てが秀逸で、登場人物がちょっと不思議なんだけど、今回も若干その傾向。とはいえ、主人公の須貝明は行動力もあるし、周辺人物も魅力的で、交流もよく描かれている。フランスの食べ物もおいしそうだし。

初めのうち、主人公の行動にどうも疑問が残った。新発見の重大な証拠となる古文書を保全しようとしないとか、そのために関係の無い人を巻き込んでも余り動揺していないところとか。言い訳は、何よりも700年前の悲痛な叫びに突き動かされて、第二,第三の手稿を探し求めずにはいられなかったということらしいのだが。

でも、それも半分くらいはうなずけるほどに、古い手稿の記述が迫力に満ちていたため、途中からは気にならなくなった。異端として拷問にかけられたカタリ派の聖職者たちの火を噴くような舌鋒が克明に記されて、胸に深く突き刺さる。これが全くの創作であるなら、作者はよほど深くキリスト教とカタリ派の教義を研究したにちがいない。

カタリ派はキリストの復活を信じないのが異端とされた最大の理由らしいが、彼らの言葉はどれも確信に満ちている。
「父と子そして聖霊が人の肉体の形を取ることはありえない」
「この世にあるすべての目に見えるものは、神の意志や栄光をあらわすものではなく、教会も礼拝堂も、その他もろもろの城と同じく、神とはゆかりのないものであり、祈りは洞窟の中、小屋の内、森の空地でなされるべきもの」
として、その理由をよどみなく何ヶ所も聖書の中から引いて語る、情熱に満ちた博識。

中でも、審問の記録係を務めてその問答を聞くドミニコ会修道士レイモン・マルティの胸に深く響いた「神の社はあなたの中にある。野にいても山にいても、町の中にいても」という言葉のすがすがしい単純さは、読み手の胸をも深く打つ。これが信仰の核心でなくて何だろう。この原点から離れてしまった宗教がどれほど多いことか。というより、宗教は何とたやすく原点から離れてしまいがちなものか。

常にその警鐘を鳴らしながら物語は進んでいく。カタリ派の聖職者<良き人(ボノム)>であるアルノー・ロジェそしてピエール・サンスと、審問の記録係であるマルティとのひそやかな交流は、息を呑むクライマックス。特に、最後の<良き人>ピエール・サンスとの場面は、互いに心の寄り添うもので、胸に迫る。

ミステリとしての完結はあっさりしたものなのだが、古文書の探索と謎解きだけでも十分に面白い。かつ、その古文書には信仰の本質にかかわる大きなドラマが幾つも書き記されているので、上下巻を読み通すと、単なるミステリにとどまらない深い感情が揺り起こされ、激しく熱い信仰のまっすぐな姿に触れたかのように粛然とする思いが残った。
--------------------------------------------------------------------------
この小説中にも書かれていることだが、「カタリ派」という呼び方は、カタリ派が自称したものではない。
ローマ教会が押し付けたものである。
語源はドイツ語の Ketter だと目されている。<神から愛される者>という意味がそこにこめられていた。当時のイタリアではそれを Cathare と呼んだので、弾圧と審問の過程でその呼び名が定着してしまったという。
カタリ派信仰の萌芽は10世紀で、小アジアやシチリア島、ドイツで起こったと考えられている。当初からカタリ派の聖職者はローマ教会の司祭とは異なり、現在のギリシア正教と似て長髪で髭を生やしていた。実生活では独身を通し、菜食を厳守し、祈りと肉体労働の日々を送った。形式と権威だけにしがみついていたローマ教会に、人々はもう「信」を置かなくなったのが十世紀で、ここにカタリ派が生長する下地が出来ていたと言えよう。
──完全な信仰者になりたければ、行きなさい。お前の所有する物をすべて売り、貧しい者に与えなさい。そうすればお前は天に財宝を築くだろう。来なさい、私に従うのです。──余りにも有名な「マタイによる福音書」の一節だが、カタリ派の聖職者はこの聖句そのものの生活をし、信徒たちもその生活信条を理想とするようになったという。
信徒に男女の区別がなく、聖職者にも女の人が就いていた。

小説の題名の「聖灰」とは、処刑された聖職者アルノー・ロジェとピエール・サンスの、火あぶりにされて燃やされた「遺灰」のことを指す。
全体はドミニコ会の修道僧で、カタリ派として処刑された人を父母に持ちながら、火あぶりの刑の通訳をさせられたレイモン・マルティの三つの「手稿」と共に暗号として隠されるという筋書きなのだった。
上巻の扉のところに名前が明記されているが、

 A Patrick
30年前共にモンセギュールに登って以来、
カタリ派の哀しみを語り続けたその熱意が
なければ、本書は成らなかった。

のようにパトリックのカタリ派に対する執念が、この書を書かせたということである。

上に引いたWikipediaの記事には書かれていないが、彼の経歴として下記のことは欠かせない。

79~80年、フランス政府給費留学生としてマルセイユ・聖マルグリット病院神経精神科、80~81年、パリ病院外国人レジデントとしてサンタンヌ病院精神科で研修。

ということである。フランス語と医学について精通していることが、その後の彼の著作の基礎になっているのである。


和 訶 羅 河・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
lrg_10319680流れ橋
 ↑ 木津川に架かる「流れ橋」(上津屋橋) (文中に説明あり)
800px-Doshisha_University_Learned_Library.jpg
↑ 京田辺校地にある同志社大学ラーネッド記念図書館

──エッセイ──

    和 訶 羅 河・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
     
私は運動のために木津川堤をほぼ毎日ウォーキングする。
私の住いは東岸にあるので、徒歩の場合は専ら東岸のみだが、自転車の場合は西岸も使って「流れ橋」を渡って往復十数キロを動く。
この西岸は北は嵐山から南は木津まで三十キロ余りがサイクリング路として整備されている。
因みに「流れ橋」とは洪水の時も材木が流失しないように金綱で連結してある。
欄干がない橋桁だけの木橋で時代劇の撮影によく使われるので有名。

木津川は三重県に源流を発し奈良県境から京都府に入り、琵琶湖を源とする宇治川と京都盆地北部を源とする桂川と三川合流して、淀川と名前を変えて大阪府へ入り大阪湾に達する。
見出しに見慣れない「和訶羅河」(わからがわ)と書いたが、これが木津川の一番古い名称である。
古事記中巻・崇神天皇の条、建波邇安王(たけはにやす・おう)の反逆の記事中にみえる。(日本書紀には輪韓河と表記される)。
一般的には木津川の古名は「泉川」あるいは「山背川」(やましろがわ)として知られるが、それより古い呼び名があったと知ったのは最近のことである。
ただしこの名称が何に由来するかは、まだ知らない。
付け加えておくと「山背国」という呼称が「山城国」と表記されるのは、桓武天皇による平安京建都以後のことであるので、ご留意を。

 わが「山城盆地」は大和盆地に隣接し、淀川を通じて瀬戸内海とつながり、琵琶湖を通じて丹後、北陸と通じる交通の要衝であり、朝鮮半島から渡来する文明が早くから到達した地域であった。
南山城には「上狛」「高麗」などの地名が現存し渡来人の有力者が居住していたことが判る。

 木津川西岸の京田辺市の丘陵地(天神山古墳と言われる)には先年、同志社女子大学の全学部、同志社大学工学部、同志社大学の一、二年生(教養課程)の田辺キャンパスが開校し、
木津川堤からは赤褐色の煉瓦建の校舎が、よく見える。一きわ高く尖塔の見えるのは女子大学のチャペルである。
もっとも、私立大学のこういう郊外地に新キャンパスを立地させる動きは地価の落着きとともに創立地に回帰する動きが首都圏でもあり、
同志社大学でも創立地である今出川校地の周辺を買収して、回帰する傾向にあり、同志社大学の教養課程も今出川校地に戻ることになっている。
女子大学も恐らく今出川校地に戻るだろう。
とすると、京田辺校地には工学部と、今もある帰国子女のための同志社国際高校と、これから新設される理工系、医系学部などが立地するものと思われる。

 この丘陵地には古代には筒城宮(つつきのみや)が在ったとされており、この宮は継体天皇の宮都が置かれていた所と言われている。
継体天皇は即位までに河内、筒城宮、大和と長い年月をかけて大和に入ったという、謎の多い天皇である。

PN2009080801000466_-_-_CI0003イタセンパラ
↑ 二枚貝に産卵しようとするイタセンパラ
参考までに、木津川、淀川には「イタセンパラ」という絶滅危惧種の淡水魚が「わんど」という岸辺の窪みに生息していると言われている画像を出しておく。

 私の日々の散歩コースからの雑感である。
(このエッセイは短歌結社「地中海」誌2004年一月号のエッセイ欄「送風塔」に載せたものに加筆した)
以下に、この堤防に因む私の旧作(『昭和』に掲載)を掲げておく。

        木津川堤・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

  日々あゆむ我が散歩みち歩数計が八千五百を示せば戻る

  狼煙(のろし)台がありしと聞けり飯岡(いのをか)は木津川に張り出だしたる丘

  イタセンパラは絶滅危惧種の魚なり木津川の<わんど>の潜みゐるといふ

  あまたなる謎の遍歴ありしとぞ継体天皇の筒城宮(つつきのみや)跡

  筒城宮ありたる辺り同志社女子大学の赭 (あか)きチャペル見ゆ

  小春日を浴びつつ展(ひら)く茶畑に茶の花白く咲き初めにけり

  「三川合流点から十三km」木津川の堤防の標(しるべ)よぎりつつゆく

  三川合流すなはち宇治川、桂川、木津川あひ合ふ地点いふなり

  音如ケ谷瓦窯(おんじょがたにごよう)跡あり平城(なら)京の瓦を焼きし跡と伝ふる

  窯跡は相楽台なる新興の大住宅地に囲まれにけり

  黒木美千代住む住宅地すぎゆけば楢の並木の黄葉つもる

  丸瓦軒平瓦鬼瓦刻印瓦、ヘラ書き瓦ありき

  古書しるす一貫百文、瓦窯二烟作工七十九人功人別十四文

           八幡、西山廃寺出土
  瓦焼く職人の戯画線刻の人面と名前裏面に残す



芋の葉にこぼるる玉のこぼれこぼれ子芋は白く凝りつつあらむ・・・・・・・・・・・・・・・長塚節
FI2618508_1E.jpg

    芋の葉にこぼるる玉のこぼれこぼれ
       子芋は白く凝りつつあらむ・・・・・・・・・・・・・・・長塚節


長塚節は正岡子規の高弟。
初期「アララギ」を伊藤左千夫とともに主導した歌人・小説家。茨城県に旧家の地主の長男として生まれ、育った。結核のため36歳で没。
写生の歌に独自の境地を開き、鋭い観察と冴えた感覚には完成された風格があった。

掲出の歌は里芋の葉から地面に落ちつづける夜の露。その白玉の露がしみて、地中の芋は白く輝きながら実りつつあるだろう、という。
地中を凝視する目と想像力がもたらした印象鮮やかな歌。
ただ「芋」というと里芋のことである。
里芋は学名を Colocasia antiquorum var. esculenta というが、インドからマレーシアにかけての南アジアが原産地。
ミクロネシアなど南方に広がったタロイモは、その野生種に近いと言われる。
サトイモの方は、寒さに適応してアジア北部まで広がった品種で、中国では紀元前から栽培の記録あり。
日本では稲作が始まった時期よりも古く、縄文中期から栽培されたと考えられる。
つまり古代日本では、サトイモ栽培が稲作と共存していたが、連作が効かないサトイモに対して、
一度田んぼを作ると毎年連作できる稲作の方が日本の国土に合っていたのだろう。稲作が出来ない畑地などに、ようやく生き残ってきた。
東北地方で河原などで開かれる「芋煮会」の芋というのもサトイモのこと。むかしはサトイモはよく食べられた。
種芋を植えて親芋として太らせ、子芋、孫芋を増殖させて10月に収穫する。

FI2618508_2E.jpg
地方によって呼び方は違うと思うが、関西では写真(2)を「子芋」と呼ぶ。

FI2618508_3E.jpg

写真(3)は子芋の味噌和えの煮付けだが、子芋自体は甘みもない淡白なものなので、どんな料理にも合う反面、特徴のある味ではないので、人すきずきである。
親芋は京都では「頭(かしら)芋」と言い、お正月の雑煮に入れて、一家の家長に「頭にふさわしく」と言って食べさせるが、余りうまいものではない。
「衣被(きぬかつぎ)」というのは皮のついたままの子芋を茹でたもの。
FI2618508_4E.jpg

FI2618508_5E.jpg

写真(4)(5)にサトイモの調理例を出しておく。(4)はサトイモと鶏肉の煮付け、(5)は鶏肉ミンチとのそぼろあんかけである。
サトイモが調理上嫌われるのは手がかゆくなるヌルヌルのためだが、その正体は蓚酸カルシウムの針状結晶のしわざ。
皮をむくときに皮膚について刺激する。茹でれば問題ないが、防御としては芋をむくときに、手に酢か塩をつけること。
濡らしたキッチンタオルで皮ごと一つ一つくるんで電子レンジにかけてから皮をむくとよい。
この一見やっかいな里芋のヌルヌルにはガラクタンという脳細胞を活発にする物質や消化酵素が含まれているので体によいものであるから毛嫌いせずに使いたい。
電子レンジ調理が一番手軽である。

俳句にも古くは松尾芭蕉の

   芋洗ふ女西行ならば歌よまむ

という有名な句があるが、現代俳句にも秀句があるので、それを引いておく。

 芋の露連山影を正しうす・・・・・・・・飯田蛇笏

 地の底の秋見届けし子芋かな・・・・・・・・長谷川零余子

 芋照りや一茶の蔵は肋あらは・・・・・・・・角川源義

 案山子翁あち見こち見や芋嵐・・・・・・・・阿波野青畝

 雀らの乗ってはしれり芋嵐・・・・・・・・石田波郷

 芋掘りし泥足脛は美しく・・・・・・・・平畑静塔

 箸先にまろぶ子芋め好みけり・・・・・・・・村山古郷

 風の神覚むるや芋の煮ころがし・・・・・・・・野中久美子

 芋の露天地玄黄粛然と・・・・・・・・平井照敏


病める児はハモニカを吹き夜に入りぬもろこし畑の黄なる月の出・・・・・・・・・・・・・・・・・・北原白秋
img10411430519.jpg

      病める児はハモニカを吹き夜に入りぬ
      もろこし畑の黄なる月の出・・・・・・・・・・・・・・・・・・北原白秋


私の子供の頃は「ハーモニカ」全盛の時代だった。
ハーモニカ演奏の名手だった宮田東峰という人がいて伝説的な話を聞かされたりした。
今でも「ミヤタ」ブランドのハーモニカがあると思うが、この名前は、この人に因んでいる。

掲出したハーモニカは今のもので「クロマチック・ハモニカ」というらしい。画面右側に見えるボタンを操作して半音とかの切り替えをするらしい。
私は楽器には素人なので間違っていたらゴメンなさい。昔は、こんな機能のあるハモニカはなかった。

FI2618498_2E.jpg
写真②はネット上で見つけたハーモニカのカタログからのもの。
私たちの子供の頃は原始的なハーモニカだったが、その頃からさまざまな、複雑な演奏のできるハーモニカがあったようだ。
吹く穴と吸う穴が同じなのは、今も同じだろうか。
私は音楽、楽器音痴だったので何も知らない。

この白秋の歌は、白秋の子供がまだ小さかった頃のものであろうか。
病んでいる子という人事と「もろこし畑の黄なる月の出」という叙景が、うまく一首のなかで溶け合っている。
その後どこかで読んだ文によると、この歌の「子供」というのは、フィクション上の子供だ、ということらしいので、ここに付記しておく。
「ハーモニカ」という季語はないし、短歌に詠われている作品も目下は見出せないので、この辺にしておく。以下は余談である。



だいぶ以前に、NHK-BSでマカロニウエスタンの、その名も「ウエスタン」という映画を視たことがある。
チャールズ・ブロンソンの吹くもの悲しげな「ハモニカ」が響いて、アメリカの西部劇とは一味違った佳い映画だった。
エンリコ・モリコーネの曲だということである。
↑ それに関連する動画を見つけたので埋め込んでおく。
-----------------------------------------------------------------------
新潮社の読書誌『波』2004年10月号に庄野潤三の「けい子ちゃんのゆかた」連載10回のなかに、ハモニカに関連する次のような文章が載っていたので、紹介する。

ハーモニカ(2月4日)
夜のハーモニカは、昨日に続いて「どこかで春が」を吹く。一日の仕事が終り、あとはフロに入って寝るだけというときに、妻は書斎の本棚の前においたハーモニカの箱をとって来て、こたつの上におく。「夜のハーモニカ」の時間である。何にしようかといって、曲をきめ、私の吹くハーモニカに合せて妻が歌う。昔の唱歌や童謡のなかから選ぶ。これが私たちの大切な日課となってからどのくらいたつだろう?十年になるかも知れない。その季節の歌を吹く。二月の「早春賦」、九月ごろの「赤蜻蛉」は、二人のいちばんのお気に入りのレパートリーである。四月の「春の小川」も好きで、よく吹く。
「どこかで春が」もいい。「どこかで春が生れてる」で始まり、「どこかで水が流れ出す」と続くところがいい。「どこかで芽の出る音がする」というのもいい。百田宗治の作。この人のことはよくしらないが、「どこかで春が」一作で尊敬すべき詩人であることが分る。好きな童謡だ。
---------------------------------------------------------------------
この連載は「私小説」の作者らしく、日記風に身辺の雑事が描かれている。別の日付に「誕生日」という2月9日付けの記事があり、孫(次男の子)の文子ちゃんから82歳のお誕生日おめでとうございます、という手紙が来る、というのを見ると作者の年齢が判る。2004年に82歳だから2009年は87歳ということになるが、その庄野潤三さんは同年9/21に亡くなられた。
毎日新聞ネット版の記事を引いておく。

訃報:作家、庄野潤三さん死去 88歳

作家の庄野潤三さん=2004年4月 「静物」や「夕べの雲」など日常生活を静かな筆致で描き、「第三の新人」を代表する一人として活躍した作家、庄野潤三(しょうの・じゅんぞう)さんが21日、老衰のため死去した。88歳。葬儀は28日午後1時、川崎市多摩区南生田8の1の1の信行寺春秋苑。自宅は多摩区三田5の9088。喪主は妻千寿子(ちずこ)さん。

 大阪市生まれ。九州帝大東洋史学科卒業後、海軍予備学生として出征。復員後、島尾敏雄らと同人誌を創刊した。中高教師、朝日放送勤務などのかたわら「舞踏」「恋文」などを発表。1955年、平凡な暮らしにひそむ危機をとらえた「プールサイド小景」で芥川賞受賞。詩情豊かに生活の細部を描いて、安岡章太郎氏や吉行淳之介、遠藤周作らとともに「第三の新人」と呼ばれた。

 夫婦の亀裂を描いた「静物」(60年、新潮社文学賞)は戦後文学の名作に数えられる。その後も「夕べの雲」(65年、読売文学賞)、「絵合せ」(71年、野間文芸賞)、「明夫と良二」(72年、毎日出版文化賞)など人生の機微を追求する家庭小説を書いた。一方で「浮き燈台(とうだい)」「流れ藻」など見聞に基づいてストーリーを構成した作品も好評に迎えられた。

 「ガンビア滞在記」(59年)、ロンドン紀行「陽気なクラウン・オフィス・ロウ」(84年)、脳内出血後の記録「世をへだてて」など、随想にも秀作が多い。90年代後半からは自身の日常生活を題材に「貝がらと海の音」「庭のつるばら」などを主要文芸誌に書き継ぎ、健在ぶりを示した。それは06年3月刊行の「星に願いを」に至っている。「庄野潤三全集」(全10巻・講談社)がある。

 父貞一さんは帝塚山学院を創設した教育者。児童文学作家の庄野英二さんは実兄。78年に日本芸術院会員になった。

 ▽作家、阿川弘之さんの話 従来の私小説とは微妙に異なる、清純な家庭小説を多く書いた。子や孫を大事にする作風が心に残っている。やるべき仕事をやり終えた一生だったと思う。

 ▽女優、大浦みずきさんの話 亡父(作家、阪田寛夫)とのご縁から公演を熱心にご覧くださり、もう一人の父親が見守ってくれているようで、心強く思っておりました。いつも優しく厳しい目で見てくださり、幸せでした。本名(なつめ)も芸名も付けていただき、名前に恥じないよう、一生懸命生きていこうと思います。心よりご冥福をお祈りします。

毎日新聞 2009年9月22日 15時29分(最終更新 9月23日 0時48分)

ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』上・中・下三巻・・・・・・・・・・・木村草弥
ダ・ヴインチ・コード

──新・読書ノート──初出・Doblog2007/10/24

        ダン・ブラウン『ダ・ヴィンチ・コード』上・中・下三巻・・・・・・・・・・・木村草弥

昨日、イスラエル紀行の一環として「マグダラのマリア」について少し触れた。
その時、この本についても書いたが、今日は、この本について書いてみる。
下手な私の要約よりもWeb上に載る下記の記事を転載しておく。
---------------------------------------------------------------------
ダ・ヴィンチ・コード
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

この項目では小説版の『ダ・ヴィンチ・コード』について記述しています。映画版の『ダ・ヴィンチ・コード』についてはダ・ヴィンチ・コード (映画)をご覧ください。

『ダ・ヴィンチ・コード』(The Da Vinci Code)は、ダン・ブラウンの長編推理小説。
アメリカで2003年に出版された。『天使と悪魔』に次ぐ「ロバート・ラングドン」シリーズの第2作目。

レオナルド・ダ・ヴィンチ作品の謎にはじまり、多くの流説を結びつけた内容は世界的にヒットし、44言語に翻訳され7000万部の大ベストセラーとなった。
筆者が、事実に基づいているとしたため大衆に注目され、多くの研究者の議論が行われている。

日本では、2004年5月に角川書店から上下巻で刊行された(現在、角川文庫で上中下巻の廉価版が発売されている)。翻訳者は越前敏弥。
日本国内での単行本・文庫本の合計発行部数が1000万部を突破した。(角川書店の発表によると2006年5月24日現在、単行本が237万部、文庫本が770万部、計1007万部)

2006年、トム・ハンクス主演で映画化。
---------------------------------------------------------------------------
注意 : 以降に、作品の結末など核心部分が記述されています。
---------------------------------------------------------------------------
あらすじ
深夜、パリのホテル・リッツに宿泊していたハーバード大学の宗教象徴学教授であるロバート・ラングドンの下に、フランス司法警察の警部補が訪ねてきた。急用による同行を請われ、到着した場所はルーヴル美術館だった。そこでラングドンは、ルーヴル美術館館長ジャック・ソニエールの遺体が猟奇殺人にも似たウィトルウィウス的人体図(右図)を模した形で発見されたと伝えられる。

警察は宗教象徴学者の立場から、ラングドンの事件に対する見解を聞きたいと協力を要請した。しかし、実際はソニエールと会う約束をしていたラングドンを第一容疑者として疑い、逮捕するために呼んだのである。

ラングドンはソニエールの孫娘にして司法警察の暗号解読官でもあるソフィー・ヌヴーの協力と機転により、その場を脱した。ソフィーは祖父の状態を祖父が自らに遺した、自分にしか解けない暗号であると見抜き、ラングドンの潔白に確信を持っていた。これを上に報告しても一笑に伏されると感じたソフィーはラングドンの協力を得るため、彼を逃がしたのだ。しかし彼はそのことによってソフィーともども司法警察に追われる事になってしまう。

一方でソニエールを殺した犯人とその黒幕は、かつてソニエールが秘匿したとされる聖杯の秘密を追っていた。それが「教会の名誉を守る」という狂信に踊らされて…。そして、その毒牙もまたラングドンたちを追い続ける事になる…。

登場人物
ロバート・ラングドン……ハーヴァード大学教授・宗教象徴学専門。
ソフィー・ヌヴー……フランス司法警察暗号解読官。ジャック・ソニエールの孫。
ジャック・ソニエール……ルーブル美術館館長。
アンドレ・ヴェルネ……チューリッヒ保管銀行パリ支店長。
リー・ティービング……イギリスの宗教史学者。ナイトの爵位を持っている。聖杯の探求に生涯をかけている。
レミー・ルガリュデ……ティーピングの執事。
マヌエル・アリンガローサ……オプス・デイの代表。司教。
シラス……オプス・デイの修行僧。色素欠乏症。
ジョナス・フォークマン……ニューヨークの編集者。
ベズ・ファーシュ……フランス司法警察中央局警部。
ジュローム・コレ……同警部補。

作品内に登場する観光名所
エッフェル塔
サン・シュルピス教会
ルーブル美術館
ウェストミンスター寺院
ナショナルギャラリー
キングズ・ガレッジ資料館
テンプル教会
ロスリン礼拝堂

その他
フィクションであるにもかかわらず、冒頭に実在の組織名を挙げ、
「この小説における芸術作品、建築物、文書、秘密儀式に関する記述は、すべて事実に基づいている。」と述べているために、扱われている内容の真偽について議論が起きた。
とりわけキリスト教、とくにカトリックの教義に深く関わる部分は大きな反響を巻き起こし、2006年3月には米国カトリック司教会議(USCCB)が、教義について反論するウェブサイトを開設している。
プロットの下敷にアイデアが盗用されたとして、ノンフィクション、『レンヌ=ル=シャトーの謎』の著者たちから訴えられたが、ロンドンの高等法院は原告側の訴えを退ける判決を下している。
批判の一環として、特別番組『ダ・ヴィンチ・コードの嘘』が放送された。また、「日経エンタテインメント!」は『大名所で原作のウソを発見!』と題し原作で描かれている名所と実際の名所の相違点を挙げている。
作品内でドラクロワの壁画で知られるカトリックの教会、サン・シュルピス教会の中にある日時計(ローズライン)に秘密を解く鍵が隠されていると記されている。これを鵜呑みにしたメディアが押し寄せた為、教会側は入り口に「日時計はローズラインと呼ばれた事もなければ、異教徒の陣の名残でもない。」という張り紙を張った。サン・シュルピス教会は観光名所ということもあり、書かれている文字は何ヶ国語かに訳されている。(日経エンタテインメント)。
ルーブル美術館館長のジャックは殺されたとき76歳だが、フランスの定年は65歳である。

p2-2.jpg
注釈
『ウィトルウィウス的人体図』、『モナ・リザ』、『岩窟の聖母』、『最後の晩餐』など
オプス・デイは実在する組織である。シオン修道会は「秘密結社」とされているのに、「実在する組織」というのは変である。「秘密儀式」も想像上のもの。『秘密文書』なるものについては「シオン修道会」の項を参照のこと。
レオナルド・ダ・ヴィンチ作品の謎、キリスト教における異説や、聖杯伝説に関する解釈、メロヴィング朝の由来など。多くは『レンヌ=ル=シャトーの謎』からの借用。
--------------------------------------------------------------------
以上の記事では、小説の「あらすじ」は、殆ど触れられていないことになる。
2004年5月に単行本として角川書店から出版されたときは2巻であり、私の買った文庫版は上・中・下3冊であって、結構よみごたえのあるものだが、
サスペンス仕立ての小説であり、面白くて途中で止められず、一日で読了した。
私も聖書や外典のいくつかは読んでいるが、資料には、よく当たっているようだ。
マグダラのマリアに触れた部分などは少ない。聖書の当該箇所などは、クリスチャンであれば周知のことなので敢えて改めて触れられていないものであろう。
図版③は、Jan van SCORELのマグダラのマリアの絵である。
mary_magdaleneマグダラのマリア

この翻訳本の「解説」で荒俣宏が書いていることだが、「聖杯伝説」が文献に残されるようになった中世から多くの研究がなされてきたが、
それはキリスト教の教義からのアプローチだったのに対して、現代のアプローチは「神秘学」「歴史学」「図像学」「語源学」
さらに「美術」や「科学」など多面的になっているところに特徴がある。
異端とされて徹底的に、むごたらしい惨劇のもとに抹殺された「カタリ派」のことなどもある。
帚木蓬生の『聖灰の暗号』などは、これを描いたものである。
ヴァチカン当局が、この本や映画を見ないように、との「触れ」を出したというのは当然であって、今まで「聖書」の記述してきたことが覆されるのだからである。
欧米で大ヒットした本書も、むしろキリスト教を知らない、あるいは信仰していない人間にとっては新鮮な面白さを十分に味わえるのではないか。
ただ、この小説は「聖杯」のミステリーと「争奪」についてサスペンスタッチで描くのに大半のエネルギーが費やされているので、その面の面白さが主になっているとは言えるだろう。
とにかく未読の人には、ぜひ読まれることをお勧めする。


娼婦たりしマグダラのマリア金色の教会に名とどむオリーヴ山麓・・・・・・・・・・・・・木村草弥
lrg_11707601マグラダのマリア教会

──イスラエル紀行(4)──

       娼婦たりしマグダラのマリア金色(こんじき)の
         教会に名とどむオリーヴ山麓・・・・・・・・・・・・・木村草弥


「マグダラのマリア」については、ここに改めて書くまでもないが、リンクできるようにしてあるので、ご覧いただきたい。

「マグダラのマリア教会」は同じ名の教会が世界各地にいくつかあるが、もともとの物語の発祥の地であるイスラエルのエルサレムにある教会は、
1888年ロシア皇帝アレキサンダー3世が、マグダラのマリアと母后マリアの二人を記念して建てたものである。
私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)には、掲出した歌につづいて

  「マリアよ」「先生(ラボニ)!」ヨハネ伝20章に描かるる美(は)しき復活の物語

という歌が載っている。
キリスト磔刑の死後3日目、復活したイエスをはじめて見たのはマグダラのマリアだった、と言われている。
キリストを深く、心から敬愛した彼女なればこそ、復活したイエスが誰よりも最初に「姿」を見せたのが彼女なのであった。
マグダラのマリアは「聖女」に列せられている。
キリストの聖母もマリアという名である。
そんなこともあって、キリスト教世界では女の子に「マリア」という名をつけるのが大変多いのである。
英語名では「メアリー」と発音される。
絵画の世界でもマグダラのマリアは、さまざまに描かれてきた。
一例として、ティツィアーノの描いた絵を挙げておく。
magdelene3ティツィアーノマグラダのマリア像

この絵については、こんなエピソードがある。

いろんな画家の伝記を書いたことで有名なヴァザーリ(いちおう本業は画家だが)
いわく
「髪が乱れほつれたマグダラのマリアの半身像で、
その髪は瀧のように肩、喉、胸にかかっている。
彼女は頭を上げ、その目はしっかりと天を見据えている。
その赤く泣きはらした目は悔悛の表れであり、
涙は犯した罪に対する悲しみの表れである。
このような絵であったから、それを見る者ははげしく心を動かされた。
さらに彼女の姿は非常に美しかったが、
その美は情欲をそそるものではなく、
むしろ深い哀れみの情を誘うものであった」
・・・と。
ここまで言われたら、画家冥利というものである。
あ、ここにもマグダラのマリアの象徴である香油の入った小瓶が描かれている。(左下)
膝の上の骸骨は「限りある命」の象徴なんだそうである。
「香油」というのは、死んだ人の体を香油で拭い、清めて「葬り」の儀式に備える聖なる儀式の一環なのである。
参考までに図版③に、カラヴァッジヨの同名の絵を載せておく。
carav028カラヴァッジョマグダラのマリア

この絵も、有名な画家であるから、よく採り上げられる絵ではあるが、題名がマグダラのマリアでなければ、どこかの庶民の女の午睡なんかと解されるのではないか。
だから宗教画としては二流だと言えるだろう。
この絵にはマグダラのマリアという歴史上の人物──それもキリスト教における重要人物を描くという必要条件を欠いている。
強いて言えば、椅子の下にこぼれている「小物」──切れたロザリオと香油瓶──がマグダラのマリアを描いた宗教画であることを、僅かに示唆するに過ぎない。
図版④はカルロ・クリヴェッリの描くマグダラのマリアである。
1354976クリヴェッリマグダラのマリア

こうなると、典型的な、というか、類型的なというか伝統的な宗教画を一歩もでていない。
こうして比較してみると、テイツィアーノの絵が、いかに優れているかが判る。
とは言っても、美術というものは各人さまざまに鑑賞されるものであるから、好き好きであっていいのである。

とにかく、オリーヴ山 というのは聖書あるいはキリスト教の世界では重要な歴史的場所なのである。
私が行ったときは、実は「マグダラのマリア教会」には立ち寄らなかった。
ネット上のイスラエル旅行記を見ても、ツアーでは、ここに立ち寄らなかったという記載が多い。マグダラのマリアに対する「偏見」が、あるいは関係しているのかも知れない。
したがって、この教会の写真が遠景からのもので小さいことをお詫びしたい。

オリーブ山麓には、
lrg_11707600万国民の教会

万国民の教会(写真⑤)─別名苦悶の教会と呼ばれ、最後の夜イエスが苦悶しながら過ごしたと言われている─がある。
この教会は新しいもので、聖書のエピソードに因んで、最近に建てられたものである。
この教会に隣接して ゲッセマネの園というのがある。
イエスが頻繁に訪れた場所で「最後の晩餐」のあとイエスは弟子とともに訪れ、受難を予言した場所。名前の通り、オリーヴの木が茂るところである。

ここから少し離れたところに金ピカの「マグダラのマリア教会」はある。
この教会は、見れば判るように典型的な「ロシア正教」の様式である。
玉ネギ坊主の屋根といい、ダブル十字架の下の段の横棒が「キ」の字にならずに、「斜め下」に傾いでいるのもロシア正教特有のものである。
--------------------------------------------------------------------
小説『ダ・ヴィンチ・コード』及び、これを原作にした映画は先年に大きな話題を呼んだ。
この本については明日10/18付けで記事を載せるので、よろしく。
キーパーソンとして「マグダラのマリア」が存在する。キリストが死んだとき、マリアは腹にキリストの子を宿していた、というフィクションが「キー」になっているのだ。
昔から聖書や福音書などには「外典」というものが存在し、小説は、それらを好んで題材にしてきた。
ローマ法王庁は、この本および映画を読んだり、見たりしないように信者に呼びかけた。

2010/09/06に、私の歌

   紺ふかき耳付の壺マグダラのマリアのやうに口づけにけり

を引いて、マグダラのマリアのことについて少し書いている。ご参考までに。
そこに載せたJan van SCORELのマグダラのマリアの絵の方が趣きがある。



中西弘貴詩集『厨房に棲む異人たち』・・・・・・・・・・木村草弥
中西_NEW

──新・読書ノート──

     中西弘貴詩集『厨房に棲む異人たち』・・・・・・・・・・木村草弥
                   ・・・・・編集工房ノア2015/10/15刊・・・・・・

この本は中西弘貴の第六詩集になる。
中西氏は1942年京都市生まれ。 詩誌「座」同人。 日本現代詩人会会員。
既刊詩集に『消息』 『水獄』 『花街』 『虫の居所』 『飲食』 (第19回富田砕花賞受賞) がある。 現在、京都府城陽市在住。
同氏については、このブログに『飲食』『虫の居所』で書いたことがあるので ← 参照されたい。

この本の「あとがき」に、こう書かれている。

   < あとがき

       食事をしに
       とおくへゆく

  私の初めての詩集『消息』に収載した「過客」という詩の冒頭の詩行です。
  人ひとり、この世を生きていくということは、食事をしに遠くへ行くこと──。その思
  いに若い日の私の生への不安と決意があったように思います。この食べることと旅のイメ
  ージは前詩集『飲食』に結実したのですが、私にとって食べるということ〈飲食〉は、さ
  らに、働くということ〈労働〉とも強く結び付きます。
  この度の詩集は、厨房の用具そのものの形状や機能をモチ—フとして、働くこと〈労
  働〉を詩化しようとしたものです。
作品「塔」はその主題からは外れたものですが、「過
  客」の二行に呼応するものとして巻末に置きました。
  古風の香りが立ち昇ることを希って、今回も編集工房ノアの涸沢純平さんに託しました。  >

下線を引いた部分は、私が引いたものである。

ここには、この詩集の性格を的確に、簡潔に書かれている。 敢えて最初に引いた所以である。
この詩集の「目次」を開くと24の詩の「見出し」が出ている。
「厨房」「薬缶」「笊」「焜炉」「鍋」「落し蓋」「杓子」・・・・・などという具合である。
先に上梓された詩集『飲食』─おんじき、と呉音で訓む─に引き続いて、中西氏の拘りのテーマという訳である。
作品は、いずれも短いもので、一篇の詩は見開き2ページに収まる長さである。
以下そのうちのいくつかを引く。
----------------------------------------------------------------------------
     下し金

   小なりといえども
   肩いからせて
   いちめん
   刃の目を立て
   武骨を張っての渡世でありますれば
   接するに
   傷受けぬよう
   ちょっとばかりの覚悟を要しますぞ
   身体だけを貸す身なれど
   水平を拒み
   垂直を嫌う性格だから
   傾斜の角度を加減しつつ
   観念して
   自身の体重をかけ
   圧力と速力を加えていくとよい

   言っとくが
   言い分は一切聴かぬ
   過去をまるごとすり下すのみ


       

        オソロシイノデス
        罪ヲ重ネテイルヨウデ

   身震いの毎日です
   身を震わせると
   わたしの身体を通して
   落ちていくもの
   残るもの
   勝手に選別されて
   もとよりわたしに
   選り分けの意志はないから
   落ちていったもの 残ったもの
   それぞれの行く末は
   知らない
   だれが定めたのか
   身を震わせるしか
   生業は無いのだから
   身震いを続けるほかありません



        

   木塊を
   刳る
   底部にむかって
   まるみを帯びて
   湾曲すること

   刳られて
   極度まで耐えて
   さいごのところで
   押し返す
   椀のかたちは
   ひと掬いの粥に托された
   ほのかな熱さを
   木肌から
   両掌に通わせる
   羞恥を含んだ
   思いの深さ




        

   若い時分は
   身体を張って
   粋がってもみた

   担がれて
   揺すられて
   怖い目に逢ったこと
   一度ならず

   あの女への
   千の思いを漬け込んで
   悶々念々

   いまはなに
   締め上げる箍も緩んで
   凄みに欠けるって
   てやんでい
   その分思處は深くなったさ
   薄暗い厨房の片隅で
   こうして
   水を満たして
   出入りの機を窺っている

   なんじゅうねん
   黙然と

-----------------------------------------------------------------------------------
現代詩は、もっぱら「比喩」で成り立つものである。
同氏の作品の場合も「厨房」の器具に仮託して、同氏の心情を「盛った」ものである。
例えば、最後に引いた「桶」の詩句を読み直してもらいたい。

   若い時分は
   身体を張って
   粋がってもみた

   担がれて
   揺すられて
   怖い目に逢ったこと
   一度ならず

   あの女への
   千の思いを漬け込んで
   悶々念々

など、お見事な「喩」の成果である。
中西氏は多芸の人で、掲出した画像にも見られる「カット画」は、同氏の手になるものである。
掲出画像でも読み取れる「帯」文も、この本の中身を旨く要約し得ている。
多くの方々に広く読まれることを期待して、ご恵贈に感謝して、この紹介を終わる。有難うございました。


終末に向き合ふものの愛しさかハル・メギドの野は花に満ちたり・・・・・・・・・・・木村草弥
anemone2.jpg

──イスラエル紀行(3)──

       終末に向き合ふものの愛(かな)しさか
        ハル・メギドの野は花に満ちたり・・・・・・・・・・・木村草弥


はじめに「ハル・メギド」の野ということについて少し説明しておく。
新約聖書の「ヨハネの黙示録」に「ハルマゲドン」の最終戦争、というようなくだりがあり、一般人にも、このハルマゲドンという言葉が知られるようになったのは、
サリン撒布事件などを起した麻原一派の恣意的な解釈、からである。
聖書の中の、この記述は邪悪な悪魔と、正しい信仰ないしは正しい人生との戦いを言ったものであり、本来的に「ハルマゲドン」とはイスラエルにある地名である。
紀元前何世紀かの戦場跡と言われている。現地の発音に忠実にいうと「ハル・メギド」と言うのが正しい。
「ハル」とは「丘」の意味である。今は草花の咲く草原である。


イスラエルで売られる本には、そのハル・メギドの草原の写真が載っている。
掲出の写真①はアネモネ属の花で、イスラエルでは、アネモネは「国花」になっている。
春になると野原一面に咲くアネモネ。
赤・白・黄色・紫・ピンク・青と、さまざまな美しい色で、気持ちを明るくさせてくれる。
イスラエルに行く機会のある人は、是非この季節のアネモネの一群を見てもらいたいものだ。

麻原一派の事件が起こった時、私は、すでにこういういきさつは知っていたので、こんな歌を作った。
第二歌集『嘉木』(角川書店)に載.る。

FI2618518_1E.jpg

   ハルマゲドンそは丘の名と知らざるや世紀末なる憂愁深く

   くるふ世とみな言ふべけれ僧兵が毒液ふりまく擾乱(ぜうらん)なれば

   ハルマゲドンかの丘原に展(ひら)けしは「たましひ救へ」の啓示ならずや


はじめに 掲出の歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載せたもので、自選60首にも採っているのでWeb上でもご覧いただける。
top野の花④

イスラエルという土地は旧約聖書などを読んでも、昔から、川の流れる流域以外は砂漠の不毛の地だったらしい。
今でも農耕が行なわれ豊穣の土地と言われるのは「約束の地」と呼ばれる限られた地域だけである。
その風土的な極端な特徴がユダヤ教などの宗教が発生する精神的なものの基礎を形成したことは確かである。
だから、当然、その肥沃な土地をめぐる争奪戦が繰り返されたのも理解出来よう。
百聞は一見に如かず、であり、本で読んで知っていても、実際に現地を見てみると、十全に理解できる。
私は2000年5月に訪問して、このことをはっきりと知ったのである。
かの地ハル・メギドの野に咲く花のいくつかを写真にして掲出するが、詳しくは私は知らない。

irishanita3.jpg
ハニタのアイリスという草花

私は、掲出した、この歌で「終末に向き合ふものの愛(かな)しさかーー」と呼びかけたが、
これには聖書の「ハルマゲドン」の記述や西洋のキリスト教会で見られるタペストリーの絵解き物語を踏まえている。
「哀しさ」「悲しさ」とは、私は言っていない。「愛(かな)しさ」と言っている。この言葉は「いとしさ」と言い換えてもよい。
その表現の中に、私は未来に対する希望を盛ったのである。
あと二、三イスラエルの野の花を載せておく。

karumerit1.jpg
カルメラ

marganit1.jpg
ルリハコベ属の花

現地イスラエルに行くと、この歌の背景の豊穣の土地を外れると、砂ばかりの不毛の地が続く。
同じ歌集に載る私の歌の

   断念を繰り返しつつ生きゐるか左に死海、右にユダの沙(すな)

ガリラヤ湖周辺の肥沃な地を離れて、ヨルダン川沿いに南下してゆくと、上の歌のような風景が現出する。
ユダ沙漠は広大なもので、この沙漠を越えて西に行ったところにエルサレムの街がある。エルサレムの街は、東から入るにしても西から入るにしても、うねうねとした道を延々と登り下りした高い丘の上にある。
旧市街は高い城壁に囲まれている。新市街は、その城壁の外に広がっている。

   あたらしき千年紀(ミレニアム)に継ぐ風景は?パソコンカフェのメールひそかに

同じ歌集に載る私の歌のひとつである。ここにも私の問いかけと願いをこめてあるのは、勿論である。
イスラエル紀行の歌は、歌集に載せたものだけでも80首を越えるが、いずれも愛着のあるものだが、今日は、この辺でくぎりにする。




君とゆく曽爾高原の萱原の銀のたてがみ風吹きすぎぬ・・・・・・・・・・・木村草弥
susukiススキ
e0118641_1659595c曾爾高原

       君とゆく曽爾(そに)高原の萱原の
         銀のたてがみ風吹きすぎぬ・・・・・・・・・・・木村草弥


曽爾高原は奈良県宇陀郡曽爾村にあり、曽爾高原と言えばススキとハギが秋の草として有名である。春、すっかり焼き払われたあと、地中から芽を出す。
若い葉は、さほど剛くはなくチマキを包むのに適している。お月見の頃、平地より10日ほど早く紫の穂を出す。
すっかり出揃った穂は草原一面を紫に染め、風が起こると繊毛運動を見るように一斉に波打つ。
野分の吹く頃、実が出来て銀色の毛が逆光に美しい。実がとび去ると穂はほうけて、わびしくなる。
この頃から屋根葺き用に注文があれば地元の人によって刈り取られる。
ススキ──イネ科の多年草。カヤ(萱)、オバナ(尾花)とも呼ばれる秋の七草のひとつ。薄、芒など、さまざまの字が使われる。
写真③④に曽爾(そに)高原の遊歩道と地図を載せた。
b曽爾遊歩道

FI2618515_3E.gif

ススキと共に高原の秋を代表する植物と言えば、ハギを挙げなければならない。
紫の小さな蝶形花が集って短い総状花序をなしている。花はやがて青紫色になってこぼれ落ちる。
茎は70~150cm、お箸か鉛筆ほどの太さだから、花時には花の重みで湾曲する。葉は互生し3枚の小葉に分かれている。
「萩」と書くように秋の花、秋の七草のひとつ。晩秋に刈って筆軸や柴垣に作られる。
写真⑤はハギである。
hagi_L4萩②

この高原には多くの植物と動物が生息しているが、例えば、キイチゴは5月~8月に遊歩道や草原周辺の道端に白い5弁の梅花形の花をつける。
茎や枝は細い蔓ののようで、鋭いトゲがある。花が終ると粒々した桑の実のような実が出来る。
実は小さい核果が集合したもので、赤く熟したものは甘い液を含み、おいしく食べられる。いわゆるベリーである。
木苺の仲間は落葉低木で茨(イバラ)とも言う。

掲出の歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載せたものである。
この歌の一連のはじめの部分を少し引いておく。

    土 偶・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

  君とゆく曽爾高原の萱原の銀のたてがみ風吹きすぎぬ

  この夏の終りに蜩(ひぐらし)鳴きいでてそぞろ歩きのうつせみの妻

  わがいのちいつ終るべきペルセウス流星群の夜にくちづける

  流砂のごと流るる銀河この夏の逝かむとしつつ霧たちのぼる

  みづがめ座われのうちらに魚(いを)がゐてしらしらと夏の夜を泳げり

  呼ばれしと思ひ振りむくたまゆらをはたと土偶の眼窩に遇ひぬ

  萱原に立てば顕ちくる物影のなべては人に似るはかなしも

----------------------------------------------------------------------
なお、万葉集には、ススキを詠んだものとして17首、をばなを詠んだものとして19首、萱を詠んだものとして10首、出てくるという。もっとも、私は全部をあたってみた訳ではない。


北天の雄「アテルイ、モレ」伝説・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
447px-Monument_to_Aterui_and_More2.jpg
 ↑ 京都・東山 清水寺境内、音羽の滝近くに建つ顕彰碑
455px-Monument_to_Aterui_and_More1.jpg
 ↑ 同顕彰碑の裏面の銘文

       北天の雄「アテルイ、モレ」伝説・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

アテルイ(生年不詳 ~ 延暦21年8月13日(802年9月17日)歿)は、平安時代初期の蝦夷の軍事指導者である。
789年(延暦8年)に日高見国胆沢(現在の岩手県奥州市)に侵攻した朝廷軍を撃退したが、坂上田村麻呂に敗れて降伏し、処刑された。
いま表題に「伝説」と書いたが、没年も史実に残るレッキとした実在の人物である。詳しい資料もないので伝説としたものである。

史料には「阿弖流爲」「阿弖利爲」とあり、それぞれ「あてるい」「あてりい」と読まれる。いずれが正しいか不明だが、現代には通常アテルイと呼ばれる。
坂上田村麻呂伝説に現れる悪路王をアテルイだとする説もある。フルネームは大墓公阿弖利爲(たものきみあてりい)。
アテルイと共に処刑された母礼(モレ)についても史書に記載する。
以下、Wikipediaに載る記事の当該部分のみを引用しておく。  ↓
----------------------------------------------------------------------------------
史料にみるアテルイ
アテルイは、史料で2回現れる。一つは、衣川から巣伏にかけての戦い(巣伏の戦い)についての紀古佐美の詳細な報告で『続日本紀』にある。
もう1つはアテルイの降伏に関する記述で、『日本紀略』にある。

史書は蝦夷の動向をごく簡略にしか記さないので、アテルイがいかなる人物か詳らかではない。
802年(延暦21年)の降伏時の記事で、『日本紀略』はアテルイを「大墓公」と呼ぶ。
「大墓」は地名である可能性が高いが、場所がどこなのかは不明で、読みも定まらない。
「公」は尊称であり、朝廷が過去にアテルイに与えた地位だと解する人もいるが、推測の域を出ない。
確かなのは、彼が蝦夷の軍事指導者であったという事だけである。

征東大使の藤原小黒麻呂は、781年(天応元年)5月24日の奏状で、一をもって千にあたる賊中の首として「伊佐西古」「諸絞」「八十島」「乙代」を挙げている。
しかしここにアテルイの名はない。

巣伏の戦い
この頃、朝廷軍は幾度も蝦夷と交戦し、侵攻を試みては撃退されていた。
アテルイについては、789年(延暦8年)、征東将軍紀古佐美遠征の際に初めて言及される。
この時、胆沢に進軍した朝廷軍が通過した地が「賊帥夷、阿弖流爲居」であった。
紀古佐美はこの進軍まで、胆沢の入り口にあたる衣川に軍を駐屯させて日を重ねていたが、5月末に桓武天皇の叱責を受けて行動を起こした。
北上川の西に3箇所に分かれて駐屯していた朝廷軍のうち、中軍と後軍の4000が川を渡って東岸を進んだ。
この主力軍は、アテルイの居のあたりで前方に蝦夷軍約300を見て交戦した。初めは朝廷軍が優勢で、蝦夷軍を追って巣伏村に至った。
そこで前軍と合流しようと考えたが、前軍は蝦夷軍に阻まれて渡河できなかった。
その時、蝦夷側に約800が加わって反撃に転じ、更に東山から蝦夷軍約400が現れて後方を塞いだ。
朝廷軍は壊走し、別将の丈部善理ら戦死者25人、矢にあたる者245人、川で溺死する者1036人、裸身で泳ぎ来る者1257人の損害を出した。
この敗戦で、紀古佐美の遠征は失敗に終わった。
5月末か6月初めに起こったこの戦いは、寡兵をもって大兵を破ること著しいもので、これほど鮮やかな例は日本古代史に類を見ない。

朝廷軍の侵攻とアテルイの降伏
その後に編成された大伴弟麻呂と坂上田村麻呂の遠征軍との交戦については詳細が伝わらないが、結果として蝦夷勢力は敗れ、胆沢と志波(後の胆沢郡、紫波郡の周辺)の地から一掃されたらしい。田村麻呂は、802年(延暦21年)に、胆沢の地に胆沢城を築いた。

『日本紀略』は、同年の4月15日の報告として、大墓公阿弖利爲(アテルイ)と盤具公母礼(モレ)が500余人を率いて降伏したことを記す。
2人は田村麻呂に従って7月10日に平安京に入った。田村麻呂は、願いに任せて2人を返し、仲間を降伏させるようと提言した。
しかし、平安京の貴族は「野性獣心、反復して定まりなし」と反対し、処刑を決めた。アテルイとモレは、8月13日に河内国で処刑された。
処刑された地は、この記述のある日本紀略の写本によって「植山」「椙山」「杜山」の3通りの記述があるが、どの地名も現在の旧河内国内には存在しない。
「植山」について、枚方市宇山が江戸時代初期に「上山」から改称したものであり、比定地とみなす説があった。
しかし発掘調査の結果、宇山にあったマウンドは古墳であったことが判明し、「植山」=宇山説はなくなった。

現代のアテルイ像
評価 坂上田村麻呂が偉大な将軍として古代から中世にかけて様々な伝説を残したのに対し、アテルイはその後の文献に名を残さない。
明治以降の歴史学の見地からは、アテルイは朝廷に反逆した賊徒であり、日本の統一の障害であり、歴史の本流から排除されるべき存在であった。

再評価されるようになったのは、1980年代後半以降である。
学界で日本周辺の歴史を積極的に見直し始めたことと、一般社会において地方の自立が肯定的に評価されるようになったことが、背景にある。
アテルイは古代東北の抵抗の英雄として、一躍歴史上の重要人物に伍することとなった。

これに伴って、アテルイ伝説を探索あるいは創出する試みも出てきた。田村麻呂伝説に現れる悪路王をアテルイと目する説があり、賛否両論がある。

731px-Monument_of_Aterui_in_Hirakata.jpg
↑ 「伝 阿弖流為・母禮之塚」碑(枚方市・片埜神社)

石碑、顕彰碑
上述の枚方市宇山にかつて存在した塚と、その近くの片埜神社の旧社地(現在は牧野公園内)に存在する塚を、それぞれアテルイとモレの胴塚・首塚とする説があり、
1995年(平成7年)頃から毎年、岩手県県人会などの主催でアテルイの慰霊祭が行われ、片埜神社がその祭祀をしている。
但しこのうち「胴塚」については発掘の結果、アテルイの時代よりも200年近く古いものであることが判明している。
また枚方市藤阪にある王仁博士のものとされている墓は、元は「オニ墓」と呼ばれていたものであり、実はアテルイの墓であるとする説もある。

田村麻呂が創建したと伝えられる京都の清水寺境内には、平安遷都1200年を記念して、1994年(平成6年)11月に「アテルイ・モレ顕彰碑」が建立されている。
牧野公園内の首塚にも、2007年(平成19年)3月に「伝 阿弖流為・母禮之塚」の石碑が建立された。

2005年(平成17年)には、アテルイの忌日に当たる9月17日に合わせ、岩手県奥州市水沢区羽田町の羽黒山に阿弖流爲・母礼慰霊碑が建立された。
同慰霊碑は、アテルイやモレの魂を分霊の形で移し、故郷の土の中で安らかに眠ってもらうことを願い、地元での慰霊、顕彰の場として建立実行委員会によって、
一般からの寄付により作られた。尚、慰霊碑には、浄財寄付者の名簿などと共に、2004年(平成16年)秋に枚方の牧野公園内首塚での慰霊祭の際に、奥州市水沢区の「アテルイを顕彰する会」によって採取された首塚の土が埋葬されている。

又、JR東日本は、東北本線の水沢駅 - 盛岡駅間で運行している朝間の快速列車1本に、彼の名前を与えている。

創作
1990年代からは、アテルイを題材とした様々な創作活動が起こった。
2000年(平成12年)吉川英治文学賞を受賞した高橋克彦著「火怨」や、これを原作としたミュージカル「アテルイ」(わらび座)などである。
後者は2004年(平成16年)『月刊ミュージカル』誌の作品部門で10位にランクイン。タキナ役の丸山有子は小田島雄志賞を受賞している。
他に高橋克彦原作による漫画「阿弖流為II世」(「火怨」とは無関係)や2002年(平成14年)新橋演舞場で公演された市川染五郎主演「アテルイ」(松竹株式会社)が有名である。
2002年(平成14年)には没後1200年を機に、長編アニメーション「アテルイ」が制作された。

モレ
モレ(母礼)(生年不詳 - 延暦21年旧8月13日(802年9月17日))とは、上記のアテルイと同時期、同地方に伝えられている蝦夷の指導者の一人と見られている(『日本後紀』、『日本紀略』では磐具公母礼)。アテルイと共に、河内国で処刑されたことが記されている。フルネームは磐具公母礼(いわぐのきみもれ)。

参考文献
青木和夫・稲岡耕二・笹山晴生・白藤禮幸校注『続日本紀』五(新日本古典文学大系 10)、岩波書店、1998年。ISBN 4-00-240016-6
黒板勝美『新訂増補国史体系[普及版] 日本紀略』(第二)、吉川弘文館、1979年。ISBN 4-642-00062-3
大塚初重・岡田茂弘・工藤雅樹・佐原眞・新野直吉・豊田有恒『みちのく古代 蝦夷の世界』、山川出版社、1991年。ISBN 4-634-60260-1
新野直吉『古代東北の兵乱』、吉川弘文館、1989年。ISBN 4-642-06627-6
新野直吉『田村麻呂と阿弖流為』、吉川弘文館、1994年。ISBN 4-642-07425-2
細井計・伊藤博幸・菅野文夫・鈴木宏『岩手県の歴史』(県史3)、山川出版社、1999年。ISBN 4-634-32030-4
岡田桃子『神社若奥日記』、祥伝社、2003年。ISBN 4-396-31339-X
馬部隆弘「蝦夷の首長アテルイと枚方市」『史敏』2006春号、史敏刊行会、2006年。ISSN 1881-2066
--------------------------------------------------------------------------
今までは一部の識者だけに知られていた蝦夷地──東北の地だが、今回の大震災・大津波などによって脚光を浴びることになり、
この地と人物についても見直されるようになってきた。
『続日本紀』と同様の古代の史書である『日本三代実録』に載る「貞観大津波」については先に触れた。
なぜ大和朝廷政権は、多大な人的損害を蒙りながら辺境の地である蝦夷地を攻めたのか。それには、かの地で「砂金」が採取されたからと言われている。
後の藤原氏三代の栄華も、この砂金の掌握によっていると、今では言われている。これについてはネット上にも記事があろうかと思うので検索されたい。

蝦夷地は「大和朝廷」政権に長らく反抗し、平定された後も、例えば明治維新の「戊辰戦争」の際には会津は抗戦し多大の損害を蒙った。
その記憶は「恨」となって、今も「東京」への反感となっているようである。特に福島では原発の爆発事故による放射能撒き散らしなど被害意識は物凄いものがある。
角川書店月刊誌「短歌」2011年十月号に載る、吉川宏志「何も見えない」30首の歌によると、こんな歌がある。

    とめどなく東京を怨む声を聞く干し魚のふくろを手に取りながら

    こだなことになったらわしらを差別して・・・・・・東京から来たのか 否と逃れつ


当然のことだろう。管轄する電力会社も違う土地にまで「越境」してきて「原発安全神話」を、さんざ撒き散らした挙句の、この大事故である。
因みに、この歌の作者・吉川宏志は京都在住の壮年の歌人で、今をときめく短歌結社「塔」の選者を務める人である。

今日は、吉川の歌から「北天の雄・アテルイ、モレ」のことを書いてみた。


トロピカルストーム「ハロラ」は/ハリケーンの卵の時にもらった名前のまま/台風十二号となった・・・・・・・江口 節
f0031417_1141455台風の目

      大海原・・・・・・・・・・・・・江口 節

     赤道より北側で発生した
     太平洋の熱帯低気圧は
     日付変更線の
     東側で成長すれば  ハリケ—ン
     西側で成長すれば 台風
     生まれたあたりは
     いつも東風が吹いている
     西へ西へと流され

     今日日付変更線を東から西へ越えた
     トロピカルストーム「ハロラ」は
     ハリケーンの卵の時にもらった名前のまま
     台風十二号となった

     昨日の真昼と
     今日の真昼が隣り合う
     大海原
     あてどない生のような
     果てしない水平線を
     今日から昨日に行かず
     昨日から今日に移動する
     熱と風と水の力学

     そう
     いつも今日だ
     地球の上では

     わたしがわたしの死を
     知ることはないだろう
     死とは何か 生とは何か
     知るのは ただ
     生きることであって
     生きるのは
     今曰なのであって
------------------------------------------------------------------------------
この詩は「詩と思想」2015/09月号に載るものである。
「ハリケーン」が「台風」に替わる、のを詩に詠んでいる。
今年は日本に襲来する台風が多かったし、しかも悲惨な災害をもたらした。
そんなことで、たまたま目にした、この詩を出しておく。
掲出した画像は「台風の目」である。

著者プロフィール 1950年広島県生まれ。「叢生」「多島海」同人。日本現代詩人会、日本詩人クラブ、兵庫県現代詩協会各会員。神戸市在住。
著書に詩集『溜めていく』 『草蔭』 『オルガン』 『果樹園まで』などがある。
『果樹園まで』について「詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記)」に下記のような記事が出ているので紹介する。   ↓
--------------------------------------------------------------------------------
江口節『果樹園まで』(コールサック社、2015年04月21日発行)

 江口節『果樹園まで』には「苺」「枇杷」「無花果」と果実の名前のタイトルが並ぶ。果実のことを書いている、ように見えるが、読み進むと「ことば」の「ある状態」を「果実」という「比喩」にしているように思えてくる。
 「柿」という作品は、「ことば」を「舌」と言い換えている。

硬い柿は籠に入れて
しばらく 眼に食べさせる
弾力が出るまで

舌はわがままで 偏狭で
十分に達した味わいしか
認めない

柿、と言うて
詩、と言うて

 この作品は「意味」が強すぎて、それこそ「十分に達した味わい」かどうか評価が分かれるところだろうけれど、江口の今回の詩集のテーマを端的に語っている。
 ことばが「十分に達した味わい」をもつとき、それは詩。
 その十分な味に達したことばを味わうのは、舌ならぬことば自身でもある。
 詩人の書いた「十分に達した(ことばの)味わい」を、読者が自分の「舌」の上で動かして(詩人のことばを肉体で反芻して)、「肉体」のなかに取り入れる。読者は自分の好みにあったものしか認めない「偏狭」な人間だが、そのことばの「味」をうまいと感じ、それを食べるとき、そのとき読者の「肉体」のなかで、それまで読者が育ててきたことばが変化する。そういう瞬間が詩なのだ。
 詩人にしても、「舌」で自分の書いたことばの味を確かめながら「十分に達した味わい」を感じたときにだけ、それを詩として提出するのだが。

 そういうテーマのもとに、「ことば」を江口は、さまざまに言い換えている。「無花果」では「口の開き方」という表現になっている。

口の開き方
というものが あるらしい
どんなにか しゃべりたくても
いさんでも もの申したくとも

じゅんじゅんと
土の下から
樹液はのぼってくる

 「土の下」を「肉体のなかから」と、「樹液」を「感情」と読み替えれば、それはそのまま人間のことばが発せられる瞬間(ことばが口から出てくる瞬間/口の開き方)のことを書いたものであるとわかる。
 江口自身、次のように書き換えている。

内側で
熟れていくおもみに耐えかねて
口は
おのずから開きはじめる

 感情を抑えきれなくなって、ことばが動く。しかし、感情を爆発させるのではなく、抑えきれなくなったものを、ゆっくりと、なんとか押し殺そうとして、それでも滲み出てしまう感情--そういうときの「十分に達した味わい」のことは、次のように書かれる。

おずおずと
ついに 十字のかたちで
完熟の
みずみずしく あまく

 「完熟」の「みずみずしく あまく」、内部からにじんでくるもの。それは「果実」であって、「果実」ではない。だからこそ、次の連で「一語」、さらには「ことば」と言い換えられる。

ひりひりと血の色の
あふれでる一語一語を
ゆびさきにはりつく薄皮で
ようやく つないで

そのとき
もう ことばではないのかもしれない
とろとろ
口の中で 果肉がくずれて

 ひとの「肉体」のなかで熟成して、あふれてくる「感情」のことば。それは、もう「ことば」でもない。「一語一語」明確に「意味」をたどれるとしても、ひとは「意味」など味わっていない。あふれ出てくる感情を、そのくずれるような豊かさを、それこそ「口の中」、「舌」、つまり「肉体」そのもので味わう。

 「枇杷」という作品では「果肉/こころ(傷つきやすいこころ)」と「果汁/声」が交錯して、その交錯の中に「果実」と「人間の肉体」が入れ代わる。

そっと
指の腹でふれると、わかるだろうか
かすかなうぶ毛だ
尖端にさわった
と、みるみる傷つき
しなびる、こころがあって

むぞうさに
枝からもぎとれば
軸につながる皮がやぶれ
果肉は
しだいに、くろずんでいく

いずれ
皮の剥かれる時は来る
ひりひり
あ、と声も出るだろう
ぽたぽた
てのひらも果汁で濡れるだろう
             (谷内注・「もぎとる」の「もぐ」は原文では漢字。)

 「果実」と「人間の肉体」の入れ代わりは、それを食べるもうひとりの人間(「枇杷」である私の対話者/恋人/読者)の「てのひら」も濡らす。詩は、読者の「肉体」そのものにも影響してくる。そうであるなら、「声/ことば」も同じように他者に影響する。

 「水蜜桃」は、そういう「ことば/詩」を新鮮にたもつことの難しさを書いている。「ことば/詩」はつねに解釈され(誤読され)、汚れていく。私の感想も江口のことば(詩)を切り刻み、傷つけ、汚してしまう類のものだが、どんなに「誤読」されようと生き残る力のあるものが詩である。私はそう思っているので、「誤読」といっしょに詩を紹介することにしている。
 どんなに「誤読」されても生き残ることばのことを、江口は「やっかいな」という「否定語」をつかうことで、逆に「肯定」している。
 あとは、もう私の「注釈」はなし。全行を引用する。

あらかじめ剥いておくのは
むずかしい
みるみる褐色にやつれてくる
クリーム色の実
剥いて 切り分け すみやかに
食べる

したたり
などと生やさしいものではない
日がな ぬれそぼつ
雨の果実
水、多き心臓のかたち
押せば
たちどころに指の痕

すいみつとう
ひとつ
あばらやの奥に隠し持つ
やっかいな種族

気まぐれに
ミューズに呼び出され
うつそみの
言の葉繁く陽の下に
みるみる褐色にやつれていく
--------------------------------------------------------------------------------
私は江口さんのことを何も知らないので、長くなったが紹介したみた。






「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」声高くイエス叫びて遂に息絶えぬ・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618512_1E.jpg

──イスラエル紀行(2)──

       --------「わが神、わが神、いかで余を見捨てしや」
       ------------------------(マルコ伝15章33-39)
        「エロイ、エロイ、ラマ、サバクタニ」声高く
          イエス叫びて遂に息絶えぬ・・・・・・・・・・・・・木村草弥


かぎ括弧内の言葉はイエスが息絶える最後の言葉として有名だ。
前書きの形で引用した部分が日本語にしたものである。
一般的には「エリ、エリーー」のように翻訳されているものが多いが、私がイスラエルから持ち帰った資料には「エロイ」の言葉が使われていたので、私はそれに従った。
この言葉はイエスの「人間的」な生の声として私たちの心を打つものがある。

写真①はゴルゴダの丘の「聖墳墓教会」の内部である。
写真②は聖墳墓教会内の、十字架から降ろされたイエスに葬りのための香油を塗ったとされる塗油台である。
FI2618512_2E.jpg

この歌の前に

  ゴルゴダは「されかうべ」の意なりイエスは衣を剥がれ真裸とされし

という歌を載せている。ゴルゴダの丘というのは、そういう意味を含んでいるのである。
10/10付けで載せたものに続くものとして私の第四歌集『嬬恋』からのものであるが、紀行文としての「ダビデの星」もお読みいただきたい。
----------------------------------------------------------------------
FI2618512_3E.jpg

写真③はエルサレム近郊にある町・ベツレヘムの「聖生誕教会」の中のイエスが生まれた場所とされている所。今は銀の星型が地面にはめこまれている。
このベツレヘムの町はパレスチナ自治区の管轄下にありパレスチナ警察が厳重に固めている。
聖地巡礼のキリスト教徒の、凄い行列が出来ている。ガイドが警備員に便宜を図ってもらって、行列に並ばずに横から入れてもらった。
この教会も丘の上に位置している。

  主イエス、をとめマリアから生れしと生誕の地に銀の星形を嵌む

  一人では生きてゆけざる荒野なり飼葉桶には幼子入れて


私のベツレヘムでの歌である。
言いおくれたが、ゴルゴダの丘の聖墳墓教会は、キリスト教各派がそれぞれの管理権を主張する世俗的空間である。
ローマカトリックやギリシア正教、コプト派などが内部を分割管理している。詳しくは「ダビデの星」の解説文を読んでほしい。
-------------------------------------------------------------------
写真④はイスラエル北部にあるガリラヤ湖畔のナザレにある「受胎告知教会」の外観である。
FI2618512_4E.jpg

イエスの母マリアは、このナザレでイエスを身籠った啓示を受けたとされる。
なお「ナザレ」とは「守る」「信仰を守る」の意味である。
この教会は世界各地からの信徒の寄進で建てられた新しいモダンな教会で、内部には世界各地の信徒の画家が描いたいくつものイエス像のモザイクや絵が壁面を埋めている。
詳しくはリンクに貼った ↑ ところをクリックしてご覧ください。

  主イエスを日本の姿(なり)に描きたる長谷川ルカの真珠のモザイク

という私の歌にある通りである。つまりイエスを日本の着物姿で長谷川ルカは描いたのであった。
詳しくは、リンク設定したページにアクセスしてもらえば見られる。
イエスは伝承によれば、
ベツレヘムで生まれ、このナザレをはじめとするガリラヤ湖周辺で育ち、数々の説教と奇蹟を起したイエスは、次第に民心を捉え、一部で熱狂的な支持を得ていた。

  大き瓶(かめ)六つの水を葡萄酒に変へてイエスは村の婚礼祝ふ─カナ婚礼教会─

  サボテンと柘榴のみどり初めなる奇蹟にひたるカフル・カナ村


この地での私の歌である。

イエスはもともとユダヤ教徒である。しかしユダヤ教の律法学者はイエスの説く教義が律法をないがしろにするものだと考えた。
それはイエスが自分を「神の子」と称したからである。そして、人々の心を捉えたイエスの力を脅威と感じ、結果的に十字架磔刑へと導いて行ったのである。
ローマ提督ピラトから死刑の宣告を受けてから、
十字架を背負って歩くゴルゴダへの道はヴィア・ドロローサ Via Dolorosa 悲しみの道(正しくは痛みの道)と称する約1キロメートルである。
新約聖書の記述にしたがって道すじには、歴史的場所として「ポイント」(英語ではステーション)が置かれている。
毎週金曜日にはフランシスコ会の修道士が十字架を担ぎながらイエスの行進を再現する。詳しくは私の「ダビデの星」の叙事文を見られたい。

  異教徒われ巡礼の身にあらざるもヴィア・ドロローサ(痛みの道)の埃に塗(まみ)る

の私の歌の通りである。
今まではローマ提督ピラトはイエスを捕らえて磔刑に処した極悪人とされてきたが、
今日では、先に書いたようにユダヤ教の律法学者たちが、イエスを捕らえ、処刑するように仕向けた、というのがキリスト教内部での通説となっている。

  「視よ、この人なり」(エッケ・ホモ)ビラト言ひきユダヤの律法に盲(めし)ひし民に

だから私は、このように歌に詠んでみたのである。
今日はエルサレム及び近郊のキリスト教に因む聖地を辿りながら、少しキリストについて書いてみた。
エルサレムの地は一昨日にも書いた通り、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の聖地である。
したがって、ユダヤ教の聖地も多いというより、ユダヤ教の聖地は最近のユダヤ迫害による歴史的事物の展示が主となっている。
ユダヤ教とキリスト教は切り離せない。新約聖書はキリスト教の聖典であるが、旧約聖書はユダヤ、キリスト教共通の聖典である。
更に言うと、イスラム教も、この旧約聖書は教典として認めているのである。こういうところから、これらの3つの宗教は「同根に発する」と言われる所以である。

  ------------母ラケルが難産の末いまはの際に、その子をベン・オニと名づけたが
  ------------------------父ヤコブは彼をベン・ヤミンと呼んだ(創世記35-18)
   行く末を誰にか問はむ生れきたる苦しみの子(ベン・オニ)はた幸ひの子(ベン・ヤミン)

私は、この歌で旧約聖書の創世記に載る、このエピソードを元に、現下のイスラエルの置かれている厳しい現実を、この歌の中に盛り込んだ。
それは「行く末を誰にか問はむ」という呼びかけの形である。こういうのを「比喩」表現と言える。

  「永遠に続く思ひ出」(ヤド・ヴェシェム)と名づけたるホロコースト記念館に「子の名」呼ばるる

現下のホロコーストの哀しい思い出の、「ホロコースト記念館」での歌である。スピーカーから幼くして虐殺された子供たちの名前が読み上げられて流される。

写真⑤は、ユダヤ教会──シナゴーグに掲げられる幕である。
FI2618512_5E.jpg

---------------------------------------------------------------------
聖墳墓教会や聖生誕教会、聖受胎告知教会など「リンク」を貼ったページは、私の記事に不足する写真などを補足してくれると思う。
「前のページ」や「リンク」など、次々と検索できるので、ご覧になっていただきたい。


木犀の香や年々のきのふけふ・・・・・・・・・・・・・・・・西島麦南
FI2618511_1E.jpg

     木犀の香や年々のきのふけふ・・・・・・・・・・・・・・・・西島麦南

金木犀の爽やかな香りが漂う季節になった。例年、東京オリンピックを記念した「体育の日」前後というところである。日本は広いから地域によって異なるだろう。
関西では今頃である。私の父は10月14日に亡くなったが、金木犀の強く薫る頃であった。
写真は花を接写で撮ったもので、花は十字の形をしている。地面に散り敷いた時は一面金色で見事なものである。
掲出の句は、「年々のきのふけふ」と詠んで、歳月の無慈悲な推移を、情緒ふかく句にまとめた。

FI2618511_2E.jpg

キンモクセイは雌雄異株だが、日本には雄株しか入って来なかったと言われている。
キンモクセイは中国南部の桂林地方が原産地。中国語では「桂」は木犀のことを指し、「桂林」という地名も、木犀の木がたくさんあることに由来する。
有名な観光地である漓江下りの基地であり、現地に行ってみると、そのことがよく判る。
中国には「月には木犀の大木が茂っている」という伝説があるそうである。
夢見心地にさせてくれる花の香りが、地上のものとも思えなかったのであろう。
花言葉は「謙遜」。中国の酒に「桂花陳酒」というのがあり、木犀の香りのついた名物の酒である。

FI2618511_3E.jpg

写真③は和知小学校にあるキンモクセイの巨木である。キンモクセイの巨木では三嶋大社のものが有名で樹齢1200年と言い、天然記念物に指定されている。
キンモクセイは学名を Osmanthus fragrans var. aurantiacus というが、一番はじめのOsmanthus というのはモクセイ属というものだが、
このオスマンサスはギリシア語の「osme(香り)プラス anthos(花)」というのが語源。
因みに学名には末尾にMAKINO とついているものもあるが、それは牧野富太郎博士の命名か整理による故だろう。
ついでに言えば fragrans=芳香のある、 aurantiacus=橙黄色の、の意味である。
木犀には銀木犀というのもある。私の家の旧宅の庭にあったが、今の家に引っ越す時に庭に入り切らずに植木屋にもらわれていった。
木犀を詠んだ句を引いて終りにする。

 木犀や月明かに匂ひけり・・・・・・・・山口青邨

 浴後また木犀の香を浴びにけり・・・・・・・・相生垣瓜人

 沈黙は金なり金木犀の金・・・・・・・・有馬朗人

 夜露とも木犀の香の行方とも・・・・・・・・中村汀女

 木犀の香がしてひとの死ぬる際・・・・・・・・小寺正三

 金木犀手鞠全円子へ弾む・・・・・・・・野沢節子

 木犀が髪にこぼれてゐて知らず・・・・・・・・神戸はぎ

 富士に雪来にけり銀木犀匂ふ・・・・・・・・伊東余志子

 身の饐えるまで木犀の香に遊ぶ・・・・・・・・鷹羽狩行

 金木犀の香の中の一昇天者・・・・・・・・平井照敏

 妻あらずとおもふ木犀にほひけり・・・・・・・・森澄雄

 犬の睾丸ぶらぶらつやつやと金木犀・・・・・・・・金子兜太

 木犀や同棲二年目の畳・・・・・・・・高柳克弘


<国家の無化>言はれしも昔せめぎあひ殺しあふなり 地球はアポリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618510_1E.jpg

──イスラエル紀行(1)──

      <国家の無化>言はれしも昔せめぎあひ
        殺しあふなり 地球(テラ)はアポリア・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


2000年5月にミレニアム記念の年にエルサレムを訪問できたのは幸運だった。
その年の秋にはシャロン首相の「黄金のドーム」強行視察に反発してパレスチナ人との間に果てしない流血の衝突が起り、今日に至る泥沼化した紛争の起因となってしまった。

掲出した写真はオリーヴ山からの「黄金のドーム」の遠景である。
掲出の歌は私の第四歌集『嬬恋』((角川書店)に載せたもので、歌以外の叙事文はイスラエル紀行「ダビデの星」をWeb上で見ることが出来るのでアクセスしてもらいたい。
歌集には、この叙事文も全文収録してあるが、Webでは収録していないので、紀行文「ダビデの星」をみてもらいたい、という意味である。
短詩形としての短歌は事実を叙事するには適していないので、私は慣例を破って、この歌集の中で歌と叙事文を併用するという手段を採ったものである。
写真②はエルサレム旧市街を囲む城壁である。
028エルサレム旧市街城壁

写真③は、エルサレム旧市街の壁の中にある「嘆きの壁」と称されるところで、黒づくめの服と帽子に身を包んだユダヤ人がブツブツと経文を唱えながら壁に向かってお祈りする場所である。
この壁の上段にイスラム教の「黄金のドーム」がある。
FI2618510_3E.jpg

なぜエルサレムが、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の聖地として古来、たびたび争奪戦の対象になってきたのか、
などについて私の紀行文「ダビデの星」に詳しく書いてあるので、お読みいただきたい。

FI2618510_4E.jpg
写真④が「嘆きの壁」に向かうユダヤ人。立っている人もたくさん居る。ここには厳重なイスラエル警察の護衛と監視つきで短時間立ち入ることができる。
イスラエル国民にはユダヤ教徒だけではなく、イスラム教徒も、他の信徒も居るが圧倒的多数はユダヤ教徒であるが、
ユダヤ人が寛容の精神でエルサレム市を運営するかぎり、みな共存共栄の関係なのである。
パレスチナ人(イスラム教徒)も肉体労働や車の運転手などの仕事をユダヤ人からもらって生活しているのである。
暗殺されたラビン首相は穏健派だったので両者の関係は蜜月時代だった。
今では強硬派のシャロン首相が、そういう危うい両者の関係を破壊してしまい、果てしない殺戮と報復の泥沼に入ってしまった。
余談だが、そのアリエル・シャロンが2006年に病気で倒れ人事不省になり、今はどうしているのか、死んだという報道もないが、人騒がせな政治家であった。
今のネタニアフ首相も強硬派であり、事態は一向に進展しない。

FI2618510_5E.jpg

写真⑤は記念館に展示される「2000年前のエルサレムの街の模型」である。
エルサレムは東西の交易路の交わるところとして、古来、重要な位置を占めてきた。
そういう場所であるだけに、事がこじれてしまうと、血を血で洗う紛争の地と化してしまうのである。
私は歌集の中で

   山 翻 江 倒 海 巨 瀾 捲 奔 騰 急 萬 馬 戦 猶 酣─────毛沢東

という毛沢東の詩を「引用」の形で挿入した。これは私の友人・西辻明 が自作の詩の中に使ったのを了解を得て使わせてもらった。
全部は理解できなくても、漢字ひとつひとつの意味するところから何となく、現代を表現し得ていると思えるではないか。
毛沢東は晩年には文化大革命などの間違いを犯したが、間違いなく20世紀を代表する偉大な政治家・哲学者であった。

イスラエルやエルサレムについては、旅の途中にガイドのニムロード・ベソール君から色々話を聞いて、まだ書いていないこともあり、
いつか機会をみて書いてみたいと思うが、ユダヤ人の中でも人種の違いによって明らかな「差別」が存在するのである。
白人のユダヤ人が優位で、有色人のユダヤ人は差別されている。
また我々には理解しにくいことだが、ユダヤ教典の中では「働くな」と書かれているらしい。
だから現在のイスラエル国民のうちで、保守派の連中は、教典に集中するという名目で働かず、国家の助成で暮らしている、という。
これはガイドのベソール君から聞いた。
大体、保守派はヒゲを生やし、黒づくめの服装をしているから一見して判るが、湖水地方などの保養地でモーターホード遊びなどをして、はしゃいでいるのは、
そういう保守派の連中の子弟である。だから、ベソール君は「間違っていますね」と言うわけである。
ベソール君については私の紀行文を読んでもらいたいが、イスラエル国民は、決して強硬派一色ではない。
暗殺されたラビン首相のように平和裡にユダヤもパレスチナも共存する方策を模索した勢力が、今でも多数いるのである。
民族、国家の古さから言えば「ユダヤ人」「イスラエル」「ユダヤ教」は一番古いのである。

私の歌集では、この歌の後に

  夕暮は軋む言葉を伴ひて海沿ひに来るパレスチナまで

  目覚むるは絆あるいはパラドックス風哭きて神をほろほろこぼす

  何と明るい祈りのあとの雨の彩(いろ)、千年後ま昼の樹下に目覚めむ


と続けて、この歌集の「ダビデの星」の章を終っている。もちろん私の願望を込めてあるのは当然である。
-----------------------------------------------------------------------
「エルサレム」や「嘆きの壁」「ダビデの星」など「リンク」を貼ったページは、私の記事に不足する写真などを補足してくれると思う。
「前のページ」や「リンク」など、次々と検索できるので、ご覧になっていただきたい。



─書評・評論─木村草弥歌集『嬬恋』──感応・・・・・・・・・・・・米満英男(黒曜座)
嬬恋

──書評・評論──初出・『霹靂』16号2004/05/01所載

     木村草弥歌集『嬬恋』──感応・・・・・・・・・・・・米満英男(黒曜座)
                 ──その多様な発想と表現に向けての恣意的鑑賞──

 今、眼前に、四八二首を収載した歌集『嬬恋』がある。まずその歌の抱える幅の広さと奥行の深さに圧倒された。
東はユカタン半島から、西はエーゲ海に到る<規模雄大> なる覊旅の歌にも目を瞠ったが、その現地体験もなく、宗教や風習にも全く疎いと気付き直し、
敢えてそれらの歌からは、紙数の関係もあって降りることにした。
 私が平素上げている専用のアンテナに、強く優しく伝わってくる歌からの電波をとらえて、私なりの気ままな読み取りを行い、それを返信の言葉に代えて述べてみることにする。

①目つむれば菜の花の向うゆらゆらと揺れて母来るかぎろひの野を
②父を詠みし歌が少なし秋われは案山子(かかし)やうに立ちてゐたりき
③うすべにのゆく手に咲ける夕ざくら父なる我の淡きものがたり
④夜の卓に土筆の吐ける胞子とび我死なば土葬となせとは言へず
⑤石ひとつ投げし谺がかへりくる花の奈落の中に坐れば
⑥うつしみは欠けゆくばかり月光の藍なる影を曳きて歩まむ

 いずれの作品も、まさに現代短歌の本筋とも言うべき、肉眼と心眼、写実と抽象、正視と幻視が一元化した上で、さらに濃密性と透明感を秘めた歌に仕上がっている。
 一首ずつ、恣意的に味わってみる。
 ①の歌、目つむれば常に花の向うから現れる母の姿。おそらくは母が纏う甘い匂いも嗅ぎ分けていよう。
②の作品、父と同様、作者自身も、父となった以後は、子から見れば孤独な存在に過ぎない。
③真昼間の春爛漫のさくらではない。若気の至りを越えた後をふり返りつつ、その回想を子に聞かせている。
④上句にこめられている妖気が、下句の願望を妨げ作者の口を閉ざさしめる。
⑤花にかこまれて坐っている自分の姿を、奈落の中と観じた刹那、投げた石の谺のひびきがわが身を禊ぐ。
⑥の歌、白い月光の下、藍色の影を曳きゆくほどに、うつしみの欠落部分が、いよいよつよく感じられると詠じている。
 次に、上掲の歌とがらりとかわって、何とも言えぬユーモア、あるいは洒脱な語り口からくる、本音に近い発想の楽しさを湛えている作品を抜き出してみよう。

⑦重たげなピアスの光る老の耳<人を食った話> を聴きゐる
⑧手の傷を問ふ人あれば火遊びの恋の火傷と呵々大笑す
⑨クールベのゑがくヴァギナの題名は「源」(スールス)といふいみじくも言ふ
⑩春くれば田んぼの水に蝌蚪(おたまじやくし)の語尾活用を君は見るだらう
⑪園芸先進国オランダ開発のミディトマト「レンブラント」と名づけられた
 ⑦の作品、車内で見た<老婦人>であろう。隣の老人の語る<人を食った話>、つまり人を馬鹿にした話をじっと聴いている。
そしてその話をまた作者自身も、思わず聴いてしまう。
⑧は、これまた、何とも鮮やかな応答である。結句の<呵々大笑>の締めがよく効いている。
⑨読み下した瞬間に「なるほど」とうなずく外はない愉快な歌である。下句の<いふ><言ふ>の駄目押しが決まっている。
⑩さてさて、こういう発見もあったのかと頷き返す。<君> が何者かと思案する楽しさも残されている。
⑪<レンブラント>という重々しい命名のトマト─是非食べてみたい。
こういう、絶妙な軽みを持つ歌を随所に据え置いているのも、作者のすぐれた<芸> の内であろう。

 さて、ここら辺りで、題名の『嬬恋』にぴたりと即した作品をとり上げてみよう。
⑫雷鳴の一夜のあとの紅蜀葵(こうしよくき)まぬがれがたく病む人のあり
⑬億年のなかの今生と知るときし病後の妻とただよふごとし
⑭生き死にの病を超えて今あると妻言ひにけり、凭れてよいぞ
⑮ゆるやかに解(ほど)かれてゆく衣(きぬ)の紐はらりと妻のゐさらひの辺に
⑯水昏れて石蕗(つはぶき)の黄も昏れゆけり誰よりもこの女(ひと)のかたはら
ありきたりの感想など入れる隙間などない、まさに絶唱としか言いようのない作品である。が、それではいささかこちらが無様すぎるので、敢えてひとこと述べてみる。

 ⑫雷鳴が葵というはかない存在を経て、病む人につながるその緊迫感。
⑬永遠の時間に比べれば、人のみならずすべての生き物は瞬間の命しか持ち得ないという詠嘆。
⑭四句から結句に至るその間に付けられた<、>の重さによって、<凭れてよいぞ>という作者の肉声が何とも切なく伝わって来る。
⑮若かりしころの艶なる妻の姿態がふと浮かぶ。歳月の流れ。
⑯一歩踏み出せば一種の惚気とも取られかねない際どい線の手前に踏みとどまって、己れの身をその<女>(ひと)に委ねている。

 好き勝手な、自己流の鑑賞──というよりも、一方的な受容と合点を行って来た。そこであらためて気付いたのは、この歌集のもつ多様性であった。
しかもそれは、歌の表層部分の言葉の置き換えから来るものではなく、作者自身のその場その時における情念と直感が導き出す重厚にして膨みのある、ユニークな詠嘆であった。 
 その詩的詠嘆の、さらなる充溢と進展に向けて、惜しみなき拍手を送りたい。 (完)


─書評─木村草弥歌集『嬬恋』─地球はアポリア・・・・・・・・・・・秋山律子
嬬恋

──書評──木村草弥歌集『嬬恋』(角川書店)「未来」誌2004年1月号 所載


       地球(テラ)はアポリア・・・・・・・・・・・秋山律子

『嬬恋』は木村草弥氏の第四歌集にあたる。
その歌集名と響きあうようなスリランカの岩壁画という「シーギリア・レディ」のフレスコ画のカバーが印象的である。
十数年来の念願が叶って実際に見に行かれたそうだが、かすかに剥落しながら浮かび上がっている豊潤な像に女性への、妻への思いが象徴されているのだろう。
『嬬恋』は群馬県北西端の村の名に因んでいるが、それは二度の大患を乗りこえて戻ってきた吾が妻へのそのままの気持ちであると記す。

  ・妻病めばわれも衰ふる心地して南天の朱を眩しみをりぬ
  ・羽化したやうにフレアースカートに着替へる妻 春風が柔い
  ・壺に挿す白梅の枝のにほふ夜西班牙(スペイン)語の辞書を娘に借りにゆく
  ・嬬恋を下りて行けば吾妻とふ村に遇ひたり いとしき名なり
  ・睦みたる昨夜(きぞ)のうつしみ思ひをりあかときの湯を浴めるたまゆら

という風に、妻や娘を詠むときに匂うような視線がある。
そういった家族への濃い思いもこの歌集の特徴だが、一方でもう一つ大きなテーマとして、アジアや中東を旅し、
その土地から発信する幾つかの連作に、旅行詠を越えた力作が並ぶ。
その中の一つ「ダビデの星」というイスラエル、エルサレムを旅した時の散文を含んだ一連は、この歌集のもう一つの要であろう。

  ・今朝ふいに空の青さに気づきたりルストゥスの枝を頭(づ)に冠るとき

に始まる八十余首の連作は、イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサの歴史的場所の十四のポイント(ステーション)を辿るのも含めて、そのほとんどを叙事に徹しながら、自らの足を運び、自らの目で視ることの迫力で一首一首を刻んでゆく。

  ・主イエス、をとめマリアから生まれしと生誕の地に銀の星形を嵌む
  ・ほの赭きエルサレム・ストーン幾千年の喪ひし時が凝(こご)りてゐたる
  ・異教徒われ巡礼の身にあらざるもヴィア・ドロローサ(痛みの道)の埃に塗(まみ)る
  ・日本のシンドラー杉原千畝顕彰の記念樹いまだ若くて哀し
  ・「信じられるのは銃の引金だけ」そんな言葉を信じるな! 君よ
  ・<国家の無化>言はれしも昔せめぎあひ殺しあふなり 地球(テラ)はアポリア

宗教、民族の紛争地のただ中を歩みながら事実のあるがままの呈示の中に、自分の思念を映し出す。
そして連作の最後に置く一首

  ・何と明るい祈りのあとの雨の彩、千年後ま昼の樹下に目覚めむ

その他風景を詠ったものなど詩情豊かだ。
  ・月光は清音(きよね) 輪唱とぎるれば沈黙の谷に罌粟(けし)がほころぶ
  ・睡蓮は小さき羽音をみごもれり蜂たちの影いくたびよぎる

そして、本歌集の最後に置かれた一首

  ・水昏れて石蕗(つはぶき)の黄も昏れゆけり誰よりもこの女(ひと)のかたはら

-------------------------------------------------------------------------
秋山律子 ← Wikipediaにリンクあり。




藤原光顕の歌「あとさきもなく」・・・・・・・・・・・木村草弥
藤原_NEW

──藤原光顕の歌──(22)

      あとさきもなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・藤原光顕
           ・・・・・・・「たかまる通信」No.100─2015/10/01掲載・・・・・・・・

   全力は尽くしますが… まず言い訳からはじまる入院初日

   雨に散り敷く病庭の桜 とりあえず病室を出てくるしかない

   病院通いも二週間になった車窓気づけば花水木散りかけている

   花水木が咲いて散って躑躅が咲いて散って病院の庭もう見飽きた

   移植途中の庭の花を言う ちゃんとしとくと言えばかすかに笑う

   終バスだから帰れと急かすひとりの夜の痛みひとしきり言ったあとで

   タオル下着その他諸々持ち帰っては洗ってくるそれだけの不甲斐なさ

   「治療は最善を尽くしましたがみんな裏目に出ました」肯くしかないのか

   どうしても家に帰りたいと言う 思いきめた一途さに退院をせがむ

   「一年と言われて三年生きたから」お願いだからさらっと言うな

   この薬のまねば死ぬと言われても拒む 遠い目に何を見ているのか

   戒名はいらないと言う 骨は邪魔だから捨ててしまえと言う

   遺影は若いのがいいと言う かわいく見えるのがいいと言う

   墓は丸い石を置いとけばいいと言う お参りはしなくていいと言う

   喪服はタンスの右端上等の数珠は二階のテレビ台の左の抽斗

   折々のそのつどの声「もうええ」が「死なせてくれ」とわかってからの

   「もうええわ」死にたいのこととも知らず さする手を止めたりした

   庭の見えるベッドで痛みの合間 花の虫を捕れと首う水を撒けと言う

   膠原病の妻看とりつつ読む 膠原病「混合性結合組織病」の未闘病記・笙野頼子
-----------------------------------------------------------------------------
読んでもらえば判るように、藤原さんの奥さんが五月二十四日に亡くなられた。
この雑誌の巻頭に「太鼓山日記」という欄があるが、その1ページは、十余年前の発病から死に至る「いきさつ」が縷々詳しく書かれている。
ご冥福をお祈りするばかりである。
先日、歌集『椅子の時間』を出されたときに、このブログ でも紹介したが、私はご本人から洩らされていたので、死の事実だけを書いておいた。
私も妻を亡くし、数年間、闘病に付き合ったので、藤原さんの「喪失感」は理解できるつもりである。
奥さんの思い出を大切にして、歌に「作品化」されるよう願うばかりである。 合掌。

追記 ・引用した最後の歌にある「膠原病「混合性結合組織病」の未闘病記・笙野頼子」のことだが、この人の場合は軽症らしい。
いま笙野頼子の本の紹介を参照してみたのだが、私の知人にも「膠原病」と診断された人で、治療しながら十数年とか二十年も生きている人が、二人も居る。
日常生活も外目には支障がないように見える。
膠原病にも、いくつかの病態があるらしく、藤原夫人の場合は重症のようである。 余計なことを書いた。 お許しいただきたい。




「はじめに言葉ありき」てふ以後われら混迷ふかく地に統べられつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
img008エッサイの樹
 
        「はじめに言葉ありき」てふ以後われら
          混迷ふかく地に統べられつ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


「エッサイの樹」というのは、「旧約聖書」に基づいてキリストの系譜に連なるユダヤ教徒の系統図を一本の樹にして描いたものであり、
西欧のみならず中欧のルーマニアなどの教会や修道院にフレスコ画や細密画、ステンドグラスなど、さまざまな形で描かれている。
掲出の写真はブロワの聖堂の細密画である。

誤解のないように申し添えるが、「ユダヤ教」では一切「偶像」は描かない。
キリストは元ユダヤ教徒だが「キリスト教」の始祖でありカトリックでは偶像を描くから、エッサイの樹などの画があるのである。
偶像を描かないという伝統を、同根に発する一神教として「イスラム教」は継承していることになる。

この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載せたもので、自選60首にも収録したので、Web上でもご覧いただける。「エッサイの樹」と題する11首の歌からなる一連である。

p10-11エッサイ南面フレスコ

写真②はルーマニアのヴォロネッツ修道院の外壁の南面に描かれた「エッサイの樹」のフレスコ画である。
ルーマニア、ブルガリアでは、こういう風に修道院の外壁にフレスコ画が描かれることが多い。西欧では、先ずお目にかかれない。

「ステンドグラス」に描かれたものとしてシャルトルの大聖堂の写真を次に掲げておく。
右端のものが「エッサイの樹」。
f0095128_23431642シャルトル大聖堂エッサイの樹

img028今治教会のステンド
写真④に掲げたのは、今治教会のエッサイの樹で、シャルトルのブルーといわれるシャルトル大聖堂のエッサイの樹の複写である。細かいところが見てとれよう。

なお先に言っておくが「エッサイ」なる人物がキリストと如何なる関係なのか、ということは、後に引用する私の歌に詠みこんであるので、
それを見てもらえば判明するので、よろしく。
いずれにせよ、昔は文盲の人が多かったので、絵解きでキリストの一生などを描いたものなのである。
p03000エッサイの樹の祭壇

写真⑤はブラガ大聖堂の「エッサイの樹」の祭壇彫刻である。
こういう絵なり彫刻なり、ステンドグラスに制作されたキリストの家系樹などはカトリックのもので、プロテスタントの教会には見られない。
とにかく、こういう祭壇は豪華絢爛たるもので、この「エッサイの樹」以外にもキリストの十字架刑やキリスト生誕の図などとセットになっているのが多い。

私の一連の歌はフランスのオータンの聖堂で「エッサイの樹」を見て作ったものだが、ここでは写真は撮れなかったので、失礼する。
以下、『嬬恋』に載せた私の歌の一連を引用する。

  エッサイの樹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

「エッサイの樹から花咲き期(とき)くれば旗印とならむ」とイザヤ言ひけり

エッサイは古代の族長、キリストの祖なる家系図ゑがく聖堂

ダビデ王はエッサイの裔(すゑ)、マリアまたダビデの裔としキリストに継ぐ

その名はもインマヌエルと称さるる<神われらと共にいます>の意てふ

聖なる都(エルサレム)いのちの樹なる倚(よ)り座(くら)ぞ「予はアルパなりはたオメガなり」

樹冠にはキリストの載る家系樹の花咲きつづくブルゴーニュの春

オータンの御堂に仰ぐ「エッサイの樹」光を浴びて枝に花満つ

とみかうみ花のうてなを入り出でて蜜吸ふ蜂の働く真昼

大いなる月の暈(かさ)ある夕べにて梨の蕾は紅を刷きをり

月待ちの膝に頭(かうべ)をあづけてははらはら落つる花を見てゐし

「はじめに言葉ありき」てふ以後われら混迷ふかく地に統べられつ
-----------------------------------------------------------------------
ここに掲出した歌の中の「はじめに言葉ありき」というのは、聖書の中の有名な一節である。あらゆるところで引き合いに出されたりする。
それが余りにも「規範的」である場合には、現在の地球上の混迷の原点が、ここから発しているのではないか、という気さえするのである。
だから、私は、敢えて、この言葉を歌の中に入れてみたのである。
前アメリカ大統領のブッシュが熱心なクリスチャンであったことは良く知られているが、彼は現代の「十字軍」派遣の使徒たらんとしているかのようであった。
中世の十字軍派遣によるキリスト世界とアラブ世界との対立と混迷は今に続いている。
はっきり言ってしまえば「十字軍派遣」は誤りだった。今ではバチカンも、そういう立場に至っている。
頑迷な使徒意識の除去なくしては、今後の世界平和はありえない、と私は考えるものであり、
この歌の制作は、ずっと以前のことではあるが、今日的意義を有しているのではないか、敢えて、ここに載せるものである。
2007年に起こったアフガニスタンでの韓国人「宣教団」の人質事件なども同様の短慮に基づくものと言える。
イスラム教徒はコーランに帰依して敬虔な信仰生活を営んでいるのであり、それを「改宗させよう」などという「宣教」など、思い上がりもいいところである。
誘拐、人質と騒ぐ前に、お互いの信仰を尊重しあうという共存の道を探りたいものである。


磬三たび打てど不在か師の寺を訪ふ門に紫式部のつぶら実が輝る・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618504_1E.jpg

      磬(けい)三たび打てど不在か師の寺を
         訪ふ門に紫式部のつぶら実が輝(て)る・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


磬(けい)というのは、もともと中国の石製楽器で、それが青銅製のものに作られ、仏教の儀式などに使用されたものである。
上部の紐穴に紐を通し、木製の磬架につるして鳴らす。

掲出の私の歌は第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載せたものだが、この歌の場合は、この「ケイ」は宗教儀式用のものではなく、師が中国から新作ものだが、古代の石製楽器に模したものを買って帰り、
門に呼鈴かわりに吊るしてあるものである。石製なので、カンカンという甲高い澄んだ音がするものである。庫裏の入口に掲げてあった。

中国の石製「ケイ」の写真をbittercup氏から教えていただいたので、中国のオリジナルの虎纹石磬の写真を出しておく。↓
出所は中国の「国家博物馆馆藏精品特展」という簡略体のサイトである。(草弥注・今はこのサイトは削除された) 
御礼申し上げて、ここに追記しておく。
0006991718.gif

この歌のつづきに

  紫を禁色(きんじき)と誰(た)がさだめけむ紫式部のむらさきの実よ

という歌が載っている。もちろん日本朝廷が権威の象徴として高貴な僧などに限って着用を許したことは知っている。しかし、それを「誰かさだめけむ」と、ぼかすところが詩なのである。

ムラサキシキブについては先に採り上げたので、それを参照されたい。
私としては「ケイ」を詠った歌を採り上げたかったので重複する部分があるが敢えてアップした。
収録してある歌集も違うからである。
------------------------------------------------------------------------
FI2618504_2E.jpg

この楽器についての解説をネット上から引いておく。

磬(けい)は古代の打楽器であり、中国で最も古い民族楽器の一つでもあります。素朴で古風な感じのする楽器で、とても精巧に作られています。磬の歴史はとても古く、遠い昔の《母系社会》で、磬は「石」や「鳴る球」と呼ばれていました。当時、人々が漁や狩猟で生計を立てていた頃、一日の仕事が終わった後にこの石を叩きながら様々な獣を真似た踊りを踊ったということです。このとき叩かれていた石がその後、徐々に改良され打楽器の磬となりました。
磬は当初人々の踊りや歌の中で演奏されていましたが、その後は編鐘(へんしょう)と同じように、古代の権力者が戦や祭りなどの場面で使うようになりました。

磬は使われる場所や演奏法によって特磬と編磬の二種類に分けられます。特磬は皇帝が天地と祖先を祭祀する時に演奏され、編磬は主に宮廷音楽に使われるもので、幾つかの磬からなる楽器で木製の棚に並べて演奏します。2000年ほど前の戦国時代、楚の編磬製造技術は既に比較的高いレベルに達していました。

1978年8月、中国の考古学者が湖北省随県の擂鼓墩で2400年ほど前の古墳(曽侯乙墓)を発掘したとき、その古墳の中から古代・楚文化の特徴を表す編鐘、編磬、琴、瑟、簫、鼓など120点余りの古代楽器や多くの文化財が出土しました。そのなかに32枚の曽侯乙編磬があり、上下に配置された青銅製の磬が棚の上に並んでいます。これらの編磬は石灰石や玉などから作られていて、通常は澄んだ明るい音色を出しますが、残念なことに出土した大多数がボロボロでヒビが入っており、音が出ない状態でした。1980年に湖北省博物館と武漢物理研究所が協力して作成した曽侯乙編磬の複製品は、本来の編磬とほぼ同じ美しい音色を再現しました。

1983年、湖北省音楽団が十二平均律に従い32枚の石製編磬を作ったほか、1984年9月には蘇州の民族楽器工場と玉彫刻工場が碧玉で18枚の編磬を作りました。

鑑賞曲:『竹枝詞』(曽侯乙編磬の複製品での演奏) ←この部分はリンクになっていない(草弥・注)



「京を詠った私の一首」─宇治・・・・・・・・・・・・・木村草弥
371px-Ujibashi_Danpi.jpg
↑ 宇治橋「断碑」古代の碑文
11708.jpg
↑ いまは「覆い屋」で保護される。境内から発見された古い碑の断片(上部)と江戸時代に復元・継足した部分(下部)が明白に判別できる。

──エッセイ──

   「京を詠った私の一首」─宇治・・・・・・・・・・・・・木村草弥
       ・・・・・・・(角川書店「短歌」2001年3月号・大特集<旅に出てみませんか・歌めぐり京の旅>⑤ 所載)・・・・・・・・


      ■一位の実色づく垣の橋寺の断碑に秋の風ふきすぎぬ・・・・・・・・・・・木村 草弥

この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に「茶祭」の題で収録した十五首の歌の一つである。
 毎年十月に宇治茶業青年団の奉仕で催される「茶祭」は年中行事として定着した。
「橋寺」というのは宇治川の川東にある寺で、川底から引き揚げられたことで有名な「断碑」を安置してある。
 昨年11月に私が訪れたら台座を修理中で他へ預けられていたが、今は元通り置かれている。

ここには平成3年に上田三四二の初めての歌碑が建立された。それは

     <橋寺にいしぶみ見れば宇治川や大きいにしへは河越えかねき>

という歌で、原文には濁点はふらず、歌は四行書きで、結句の文字は万葉仮名で「賀祢吉」と書かれている。
この歌碑の写真は、このホームページ などで見られる。

京都と奈良の中間にある「宇治」は、この歌に詠まれているように古来、「宇治川の合戦」をはじめ歴史的に枢要な土地であった上に平等院などの史跡にも富む。
源氏物語の「宇治十帖」に因んで十年前に創設された「紫式部文学賞」と、川東に建つ「源氏物語ミュージアム」が成功して、
特に秋のシーズンには観光客で、ごった返すようになった。
因みに昨年の紫式部文学賞の記念フォーラムはNHKの桜井洋子さんの司会で俵万智、江国香織、川上弘美他の各氏が「愛と恋と文学と」と題して盛況であった。

(お断り)
この文章は2001年に発表したものであるから、記事中の「昨年」などの記載は、現時点のものではないから、予め読み替えていただきたい。

白丁が「三の間」に身を乗りいだし秋の水汲むけふは茶祭・・・・・・・・・・・・・木村草弥
FI2618520_1E.jpg
 
       白丁が「三の間」に身を乗りいだし
          秋の水汲むけふは茶祭・・・・・・・・・・・・・木村草弥


今日10月4日、京都府宇治市で茶業の基礎を築いた3人の祖──栄西、明恵、利休に感謝し、宇治茶の発展を願う「宇治茶まつり」が開かれる。
法要式典会場の興聖寺や塔の島周辺で開かれ、野点の席や、茶の飲み比べコンクールなどが催される。

写真①は宇治橋の「三の間」から白丁に扮した人が宇治川から水を汲む様子である。
この「三の間」という欄干の出っ張りは他の橋には見られないもので宇治橋独特と言われている。
むかし太閤秀吉が手ずから、ここから水を汲んだという故事が伝えられる。

FI2618520_2E.jpg

写真②は茶祭の法要の会場の興聖寺である。
この催しは今年で62回を迎える行事で、午前9時から「名水くみ上げの儀」を行なった後、茶業者らが平等院前を通り、興聖寺まで行列する。

FI2618520_3E.jpg

写真③は宇治平等院の鳳凰堂である。10円玉でおなじみだ。
興聖寺では午前10時から「茶壺口切り」や裏千家による供茶、使い切った茶筅(せん)に感謝する茶筅塚供養が営まれる。

ここで茶業の基礎を築いた3人を紹介しておこう。
すなわち、日本に初めて茶の実を持ち込んだ栄西禅師、宇治に茶園を拓いた明恵上人、茶道の祖である千利休、の三人である。
「宇治茶まつり」は例年10月の第1日曜日に催される。
この頃は、まだ結構暑くて、そのことは私の歌の中にも描いてある。
「祝竹」というのは三の間の写真にも出ているが正式には「忌竹」というが一般的には祝い事なのにと違和感があるので「祝竹」と改めた。
ほぼ、こんな行事進行だということが私の歌を見てもらえば理解していただけよう。もっとも私がこの一連を作ったのは15年も前のことである。
私の掲出の歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載せた11首の一連である。
ただし自選50首には採っていないのでWeb上ではご覧いただけない。

  茶 祭・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

白丁が三の間に身を乗りいだし秋の水汲むけふは茶祭

三の間に結ふ祝竹この年の秋の茶事とて日射しに輝(て)らふ

青竹の水壺五つささげゆく琴坂あたりうすもみぢして

水壺の渡御のお供はみな若し即ち宇治茶業青年団

汲みあげて散華の雫となすべけれ茶祖まつる碑に秋日が暑く

一位の実色づく垣の橋寺の断碑に秋の風ふきすぎぬ

口切は白磁の壺の緋房解く美青年汝(な)れは青年団長

口切の茶は蒼々と光(て)りいでて御上水もて今し点つるも

茶の香りほのかににほふ内陣に茶祖の語録の軸かかげらる

秋空へ茶筅供養の炎(ひ)はのぼり茶の花は未だ蕾固しも

たそがれて皆ゐなくなる茶の花の夕べを妻はひとりごつなり
------------------------------------------------------------------
宇治橋の「三の間」に因んでだが、私の家の座敷に、三の間から翁が水を汲む絵と「若鮎や雨にもあらぬ峡の雲──俊宣」という俳句を書いた額が架かっている。
描いた人が誰かわからないが、絵の中の水を汲む人物は太閤さんだと仄聞するが、本当かどうかは判らない。ご愛嬌までに。




copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.