FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201812<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201902
浅田高明『私の太宰治論』・・・木村草弥
浅田_0001_NEW

──新・読書ノート──

       浅田高明『私の太宰治論』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・文理閣2019/01/30刊・・・・・・・


浅田高明氏から標記の本が贈られてきた。 赤字の部分は「リンク」になっているのでアクセスされたい。

この本は『探求太宰治「パンドラの匣」のルーツ・木村庄助日誌』 1996年  に次ぐ、太宰治研究としては五冊目のものである。

私と浅田氏との「なれそめ」は、浅田氏が私たちの長兄・木村庄助と太宰治との研究のために、当地にある昔の「傷痍軍人・京都療養所」─今の国立南京都病院に勤めていた某医師と同道して私宅を訪問されたことに始まる。
太宰治と木村庄助との関係は太宰治全集などで公知のことなので、ここでは繰り返さない。
太宰治関連の資料は、次兄・木村重信の方にあるので、そのことを伝えて兄宅に行ってもらったのだが、浅田氏が書かれた本の写真などに「間違い」があるのを指摘して、訂正してもらった、事ぐらいしか、私は関与していない。
後に兄・重信が「木村庄助日誌」─『パンドラの匣』の底本を復刻出版したときの解説を書いてもらったのも浅田氏である。
太宰治の研究者は何人も居るが、『パンドラの匣』に特化して実地に研究したのは浅田氏だけである。

この本の「あとがきに代えて」の中で
<在野研究の第一人者「太宰文学研究会」会長・長篠康一郎氏、木村庄助ご実弟で原始美術研究家の大阪大学名誉教授・木村重信氏、太宰治文学研究の泰斗・神戸女学院大学名誉教授・山内祥史氏の三先生には、今までに種々、格別のご指導教示を賜りましたが、惜しくも近年相次いでご他界されました。・・・>
と書かれている。
その浅田氏も心臓と腎臓に病を持たれて療養中で、病院のベッドサイトにPCを持ち込んで、この本の執筆と校正などをやられたそうである。
この本に収められた原稿は、あちこちに書かれたものを、まとめられたもののようである。まさに浅田氏の研究の集大成と言えるだろう。厚さ5cmにも及ぶ大部の本である。
「木村庄助日誌」─『パンドラの匣』の底本 を兄・重信が出した際には、私も校正の一端を担ったことがあるので、思い出ふかいものがある。
浅田氏は私と同じ1930年生まれ、本年「卒寿」となられる。病を癒やされ、お元気になられることをお祈りする。
中身に立ち入ることもなく恥じ入るばかりだが、ここに紹介して御礼に替えたい。 有難うございました。
------------------------------------------------------------------------------
(追記2/5)
浅田氏からメールが来た。 旧メールは廃止されたので、新しいメル・アドである。
病床で「動く頭と指だけで書きました。遺書のつもりで書きました。疲れました。」と書いてある。
何とも、壮絶なメールである。
私の二通の手紙を見てくださったのである。 ご養生専一に願います。




亡き友は男ばかりや霜柱・・・秋元不死男
shimo3_04.2霜柱

        亡き友は男ばかりや霜柱・・・・・・・・・・・・・・・秋元不死男

私くらいの歳になると、友人たちが、バタバタと死んでゆく。 この句は、そんな心情を詠んだようである。

「霜柱」は、寒さがきびしい冬でないと見られない。
土の中に含まれる水分が凍って、毛細管現象によって、その下にある水分が次々と供給されて氷の柱が成長し、厚さ数センチから10センチ以上にもなるのである。
霜柱は、土があるところなら、どこでも発生するものではない。
私の子供の頃には、今よりも寒さが厳しかったので、学校へ行く道すがらの脇の畑などでも、よく見かけて、わき道に逸れてザクザクと踏んでみたものである。
総体として「暖冬化」の傾向が進んでいるので、霜柱は段々見られなくなってきた。

otenki07-02霜柱本命

写真②は発生した霜柱がカール(反った)したものである。
関東ローム層の土粒の大きさが、霜柱の発生に丁度よいそうである。
岩波書店刊の「中谷宇吉郎全集」第2巻に、自由学園で行われた「霜柱の研究」について書かれたものが載っている。
それによると紅殻の粉や、澱粉類、ガラスを砕いた粉などを用いた霜柱の発生実験をしているが、赤土だけから霜柱が発生したそうである。
その赤土も、粒の粗いもの、細かいものに分けてやったところ、粒が粗くても、細かくても霜柱は発生しなかったという。
なお、中谷宇吉郎は、世界で初めて雪の人工結晶を作った学者で、これらの文章は戦前に書かれたものである。文筆上では夏目漱石に私淑した。
雪のエッセイなどは私の子供の頃に読んだ記憶がある。

simoba1植物シモバシラ

写真③は「シモバシラ」という名の植物である。
この草はしそ科の植物で学名を keiskea japonica という。これは明治時代の日本の本草学者の伊藤圭介氏に因むものである。
秋10月頃に枝の上部の葉の脇に片側だけにズラッと白い花を咲かせる。
冬になると、枯れた茎の根元に霜柱のような氷の結晶が出来ることから、この名になったという。
冬に枯れてもなお水を吸い上げるが、茎がその圧力に耐えきれずに破裂してしまい、水が外にブワッと出て凍る、という。

ps-shimobashira08-2.jpg

植物のシモバシラの凍結した写真を見つけたので④に載せておく。
写真はリンク ↑ に貼ったサイトから拝借したものである。気象条件によって「氷」の形も、いろいろあるらしい。

以下、霜柱を詠んだ句を引いて終る。

 掃きすてし今朝のほこりや霜柱・・・・・・・・高浜虚子

 霜柱ここ櫛の歯の欠けにけり・・・・・・・・川端茅舎

 落残る赤き木の実や霜柱・・・・・・・・永井荷風

 霜柱しらさぎ空に群るるなり・・・・・・・・久保田万太郎

 飛石の高さになりぬ霜柱・・・・・・・・上川井梨葉

 霜柱枕辺ちかく立ちて覚む・・・・・・・・山口誓子

 霜柱俳句は切字響きけり・・・・・・・・石田波郷

 霜柱倒れつつあり幽かなり・・・・・・・・松本たかし

 霜柱顔ふるるまで見て佳しや・・・・・・・・橋本多佳子

 霜柱傷つきしもの青が冴え・・・・・・・・加藤楸邨

 霜柱兄の欠けたる地に光る・・・・・・・・西東三鬼

 霜柱歓喜のごとく倒れゆく・・・・・・・・野見山朱鳥

 霜柱深き嘆きの声に溶け・・・・・・・・野見山朱鳥

 霜柱踏めばくづるる犯したり・・・・・・・・油布五線

 霜柱踏み火口湖の深さ問ふ・・・・・・・・横山房子




copyright © 2021 Powered By FC2ブログ allrights reserved.