FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201903<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201905
春の蛇口は「下向きばかりにあきました」・・・坪内稔典
DSCF40441_640.jpg

      春の蛇口は「下向きばかりにあきました」・・・・・・・・・・坪内稔典

坪内稔典は昭和19年、愛媛県生まれ。立命館大学卒で、高校時代から「青玄」に投句。
昭和63年から「船団」を発行、現在に至る。京都教育大学教授を定年退官して現在は京都市内の仏教大学教授。

掲出の句のように、言わば、ナンセンス句のような、人を食ったような句を得意とする。
公園などに行くと、水呑み場には「上向き蛇口」があって水が呑めるようになっている。この句は、恐らく、そんな場面を見て考え付いたものであろう。
蛇口は下向きばかりには飽きたから、だから、こうして「上向き」の蛇口になっているのです、ということである。
俳句は575と短い17字しかないから、いま説明したようなことは省略して仕舞ってある訳である。
こうして見てみると、一見、何の工夫もない、さりげない句のように見えるが、周到に計算し尽くされた作句であることに気付くだろう。
どちらかと言うと、「現代川柳」が、こういう形の川柳が多い、と言えば判りやすいか。
ただ教育者だったので、論は達者で、いくつかの評論集『俳句──口語と片言』 『正岡子規──創造の共同性』などがある。その他『辞世のことば』など。
最近は佐佐木幸綱の「心の花」の同人になり、歌人としても存在を主張している。問題児である。
京都新聞の文芸欄の俳句の選者三人の中の一人として活躍されている。
以下、坪内の句を引くが、それを見ていただけば、どんなものか、よくお判り頂ける。
「甘納豆」シリーズの句の連作なども有名である。
---------------------------------------------------------------------------

 桜咲く桜へ運ぶ甘納豆

 花冷えのイカリソースに恋慕せよ

 春の坂丸大ハムが泣いている

 春の風ルンルンけんけんあんぽんたん

 一月の甘納豆はやせてます

 二月には甘納豆と坂下る

 三月の甘納豆のうふふふふ

 四月には死んだまねする甘納豆

 五月来て困ってしまう甘納豆

 甘納豆六月ごろにはごろついて

 腰を病む甘納豆も七月も

 八月の嘘と親しむ甘納豆

 ほろほろと生きる九月の甘納豆

 十月の男女はみんな甘納豆

 河馬を呼ぶ十一月の甘納豆

 十二月どうするどうする甘納豆

 桜散るあなたも河馬になりなさい

 水中の河馬が燃えます牡丹雪

 魚くさい路地の日だまり母縮む

 父と子と西宇和郡のなまこ噛む

 バッタとぶアジアの空のうすみどり

 十月の木に猫がいる大阪は

 がんばるわなんて言うなよ草の花

 たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ

 N夫人ふわりと夏の脚を組む

2009518174421坪内稔典
 ↑ 坪内稔典氏




copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.