FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201906<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201908
現代短歌文庫・144「恒成美代子歌集」・・・木村草弥
恒成_NEW

──新・読書ノート──

     現代短歌文庫・144「恒成美代子歌集」・・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・砂子屋書房2019/05/18刊・・・・・・・

この本が贈られてきた。
恒成美代子さんは、短歌結社「未来」の主要作家で、近藤芳美の弟子であった。
私も「未来」に一時、籍を置いていたことから、お名前は存じているし、私の著書も差し上げたし、年賀状の交換もしていた仲である。
私は川口美根子のところに所属していた。
亡妻がガンに罹り、その闘病に伴走するために私は歌壇とも縁を切って「未来」からも離れた。
そんなことからも、恒成さんとも、すっかり疎遠になってしまった。
妻が亡くなり、その間の闘病の日々などを綴った詩集『免疫系』(角川書店)を出すべく、その打ち合わせのために、平成20年秋に久々に上京して、その足で、さいたま市の川口先生のお宅にお邪魔したが、先生はすでに痴呆の症状が出ていて、妹さんが面倒をみておられる状態だった。
その後、音信不如意のまま川口先生は施設に入られ、先年、亡くなられたが、告知もなく無く、淋しい晩年だった。
私が歌壇とも縁を切っていた時期にも、角川書店「短歌」編集部からは歌の注文を頂くなど可愛がってもらい、それらの作品は
    「生きる」 「短歌」誌2005/6月号
    「幽明」  「短歌」詩2006/10月号
    「明星の」  「短歌」誌2008/10月号
に載ったが、いずれも、この詩集の中に一緒に収録した。

すっかり前触れが長くなってしまった。お詫びする。
恒成美代子さんは「未来」の主要作家で、近藤芳美亡き今は、どの欄に所属しておられるのか分からない。会員は、どこかの「欄」に所属する決まりになっているからだ。
詳しくはWikipedia─恒成美代子を見てもらいたい。
「未来」も、すっかり替わった。主宰の岡井隆も体調を崩しているらしく短歌雑誌にも作品は出ていない。
選者の顔ぶれも、すっかり変わり新しい顔の名前が見られる。「未来」生え抜きではない人も選者になっている。

この砂子屋書房の「現代短歌文庫」は、主要な短歌作家の第一歌集の再録などを中心にしたアンソロジーである。
ここには第一歌集『ひかり凪』をはじめとして、自選の歌やエッセイ、評論などが載っている。
今回、私に本を贈っていただいたのには、私が書いた「雨宮雅子」さんに関する記事が、恒成さんの記事に触れているからである。
それは、 高旨清美『昼顔讃歌』 という本にまつわることである。 ← リンクになっています。アクセスして読んでみてください。

この本『恒成美代子歌集』には、処女歌集の『ひかり凪』をはじめ、自選歌などが主要なページを占めているのだが、敢えて、巻末の「歌論・エッセイ」から、恣意的に文章を選んで、書いてみる。 お許しを。

「鷹女から蕪村へ」というのがある。「未来」2008/02月号に書かれた文章である。
<俳句を読むのは、好きなほうである。短歌をはじめたころ俳句もつくっていて、地方新聞に投稿していた。・・・・・
 なぜ俳句をやめたかと言うと、誰に訊ねても短歌と俳句は両立できない、と言う。人によっては節操がないと、忠告してくれる。
 節操よりも、両立する能力がなかったのだろう。当時、好きだった俳人は三橋鷹女だった。
        鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし
        詩に痩せて二月渚をゆくはわたし
 鷹女の孤独は私の孤独でもあった。鷹女の激しさのなかに、わたしの激しさを見る思いがした。・・・・・>

私のブログにも、これらの句を採り上げたのがある。 ↓ リンクになっているので、読んでみてください。
鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし  三橋鷹女
詩に痩せて二月渚をゆくはわたし   三橋鷹女

また、吉原幸子にまつわる、こんな文章もある。 「未来」2005年1月号 掲載

<四十代の十年間、わたしはじたばたともがいていた。・・・・・
 そんな時に巡り遇ったのが、吉原幸子の詩だった。
      風 吹いてゐる
      木 立ってゐる
      ああ こんなよる 立ってゐるのね 木
 『幼年連禱』のなかの「無題ナンセンス」という詩の冒頭の一節に不覚にも涙がこぼれた。>

私のブログにも、この詩に触れた文章がある。 ↓
風 吹いてゐる /木 立ってゐる/ああ こんなよる 立ってゐるのね 木   吉原幸子

極めて恣意的な、私的な思いからの「リンク」で申し訳ないが、お許し願いたい。

今回この本を頂いて、多分に懐旧的な気分になったので、その気分のままに、恒成美代子さんにお返しする次第である。
私のブログの「リンク」にも、目を通していただきたい。
ご恵贈有難うございました。あなたの処女歌集も、ゆっくり読ませていただきます。         (完)



シトー会修道院教会堂「プロヴァンスの三姉妹」・・・木村草弥
800px-Senanqueセナンク修道院
↑ セナンク修道院
800px-Le_Thoronet_eglise_abbatialeル・トロネ修道院
 ↑ ル・トロネ修道院
800px-Church_of_Silvacane_Abbeyシルヴァカンヌ修道院
 ↑ シルヴァカンヌ修道院

──巡礼の旅──(12)─再掲載・初出2013/07/08

    シトー会修道院教会堂「プロヴァンスの三姉妹」・・・・・・・・・・・木村草弥

アヴィニョンから東へ50キロほど行くとセナンク修道院に着く。
途中、別荘の多いなだらかな丘にのぼり、ゴルドの町を通る。まるでイタリアの丘の上の町のような印象だ。
春には曲がりくねった露地の向こうに杏の花が咲き、夏には修道院を前にしてラヴェンダーの畑が広がり、谷一帯が匂い、強いプロヴァンスの光によって溢れている。
まるで「幸福の谷」とでも呼びたいほどである。
14世紀、アヴィニョンに教皇庁が出来たとき、教皇ベネディクトゥス十二世がシトー修道会出身であったため、この修道院の保護は厚かったという。

プロヴァンスの三姉妹(Trois sœurs provençales)とは、フランス南部のプロヴァンス地方にある三つのシトー会修道院教会堂の呼び名である。

12世紀から13世紀初頭にかけてほぼ同時期 に建設された、マザン修道院の娘修道院としての二つの修道院、ル・トロネ修道院、セナンク修道院そしてシルヴァカンヌ修道院の三つをさしてプロヴァンスの三姉妹と呼ぶ。
この呼び名は一般的に、これら三つの修道院が「よく似ている」という説明として使用され 、賛辞としてのニュアンスも含まれる。

1098年、ロベール・ド・モレーヌがブルゴーニュのシトーに創建したシトー修道院は12世紀以降急速に発展し、ヨーロッパ各地に支院(支部のこと)が創建されてゆく。
この支院のことを娘修道院と呼ぶ。
800px-Mazan_l_Abbayeマザン修道院の廃墟
 ↑ マザン修道院の廃墟
1120年、ヴィヴァレ地方にマザン修道院が創建され、そのさらに娘修道院として「三姉妹」のル・トロネ修道院とセナンク修道院が創建されることになるが、
13世紀を頂点として、以降はヴァルド派の異端勢力やフランス革命の影響により衰退してゆくことになる。
シルヴァカンヌにいたっては革命後には農場になっているという有様であった。 再発見されるのは19世紀中ごろになってからのことである。
セナンクにはこの時期に一旦は修道士たちが戻ってきたが長続きはせず、現在のような現役の修道院となるのは20世紀に入ってからであった。

なお、2002年現在でも、母修道院であるマザン修道院だけは廃墟のままであり 、2013年現在で修道院として使用されているのはセナンク修道院だけである。
Abbey-of-senanque-provence-gordesセナンク③
↑ セナンク修道院 俯瞰
Abbaye-senanque-diableセナンク
↑ セナンク修道院内部

三姉妹という呼び名
最初にこれらの修道院に対して「三姉妹」という語が使われた時期は判明していないが、「研究対象として」最初に「三姉妹」の呼称を用いたのは再発見の時期、1852年である。
これは当時、ヴァール県の記念物監査官であったルイ・ロスタンがその報告書の中で使用した時が「三姉妹」の初出であり、
現在でも一般的に使用されるようにその外見の類似性に力点を置いた記述であった。
この呼び名であるが、観光ガイドや一般の解説書向けの「非専門家」用語として使われるケースが主であり、逆に現在の研究書や専門書ではあまり用いられないと指摘される。
まず「三姉妹」はそれぞれの大体の外見や寸法は確かに似ているものの、細部においてはむしろ差異のほうが多いからである。
とはいえ、シトー会修道院の建築には一定の様式的な統一性があることも確かである。
母修道院のマザン修道院からル・トロネ、セナンクに受けつがれた側廊の傾斜尖頭トンネルヴォールトなど 、 たしかに類似性・影響はある。
あくまでもこの「プロヴァンスの三姉妹」という呼び名は「学術分野ではあまり使われない」、ということである。

 → 「女一人旅」 というサイトに写真などがある。


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.