FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
松本修『全国アホバカ分布考  はるかなる言葉の旅路』・・・木村草弥
アホ_NEW

──新・読書ノート──

     松本修『全国アホバカ分布考  はるかなる言葉の旅路』・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・・太田出版1993/08/05刊・初版第一刷・・・・・・・・

この本はテレビ朝日の傑作番組「探偵 ! ナイトスクープ」から取材が始まった壮大な取材の記録である。
この本は、その時に買って読んだものだが、昨年の蔵書整理で図書館に貰われていった。
今回、先日、友人の小説家・沢良木和生氏の娘さんの落語家の毎日新聞連載の記事を「転送」で友人たちに送信したところ数人から面白いと反応があった。
それが「アホバカ」の分布のことだったので、アマゾンの中古本で取り寄せてみた。
すこし帯の背のところが色褪せているだけで新本同様のもの、しかも初版ものが、何と98円、送料が350円で合計448円という安さである。

松本修とは、こういう人である。 出典・Wikipedia

松本 修(まつもと おさむ、1949年11月5日 - )は、朝日放送制作局局長プロデューサー。

滋賀県高島郡海津村(現在の高島市マキノ町海津)出身。
1972年、京都大学法学部卒業後、朝日放送に入社。
『霊感ヤマカン第六感』、『ラブアタック!』をはじめ数々の番組の企画、ディレクターを担当した。
1988年には『探偵!ナイトスクープ』をプロデューサーとして立ち上げた。

1970年代後半、『ラブアタック!』で「どんくさい」という近畿方言の単語を全国に広めた。

当時の副社長だった藤井桑正は、『ラブアタック!』のディレクターだった松本の制作能力を高く評価し、朝日放送の局部長会議で彼をプロデューサーとしたテレビ番組の制作が必要だと発言した。

現在は、企画を務めている(2010年4月23日放送分までは、チーフプロデューサー)。
1991年に、『探偵!ナイトスクープ』の「全国アホ・バカ分布図の完成」編で日本民間放送連盟賞テレビ娯楽部門最優秀賞、ギャラクシー賞選奨、ATP賞グランプリを受賞。
2010年度から、大阪芸術大学放送学科の教授も兼任している。

現在は68歳になっておられ第一線からは引いておられるようである。

日本列島は南北に長く、地質、植生なども「ブラキストン線」などで分かれるようである。
「アホ」と「バカ」は、滋賀県と岐阜県の県境の「関ケ原」辺りで分かれるらしい。
他にも色々あるのだが、細かい字で、ぎっしりと書かれて、考証は凄い。
「アホ」という言葉は関西人には日常ありふれたもので、日常会話の言葉の「語尾」に、例えば「何言うてんねん、アホ」とか簡単に付く。
関東人は「アホ」と言わられると、最大の侮辱かのようにカンカンになって怒るが、逆に関西人は「バカ」と言われると傷つく。
詳しくは引けないが、興味があれば取り寄せて読んでみてください。
先に書いたように、こんな詳しい考証の本が500円玉で、おつりがくる値段で買えるのである。

書評として評判の高い次のサイトを出しておくので、アクセスしてみてください。→ 松岡正剛「千夜千冊」2003/02/21



フォントネーのシトー会修道院・・・木村草弥
800px-Abbaye_de_Fontenay-EgliseBatimentsフォントネー修道院
 ↑ フォントネー修道院
Fontenay20フォントネー中庭の回廊
 ↑ フォントネー修道院 中庭の回廊

──巡礼の旅──(17)再掲載・初出2013/08/17

     フォントネーのシトー会修道院・・・・・・・・・・・木村草弥

フォントネー修道院はブルゴーニュ地方コート=ドール県モンバール市内にある修道院。
サン=ベルナール渓谷とフォントネー川の合流点にあたる森の中で静かにたたずむ最古のシトー会修道院で、外観・内装とも華美な装飾性を一切排している。

フォントネー修道院は1118年にクレルヴォーのベルナルドゥスによって設立され、1147年にローマ教皇エウゲニウス3世によって聖別された。
教皇アレクサンデル3世は、1170年の勅書において修道院の財産を確認し、修道士たちが選挙によって修道院長を選出することも許可した。
この頃に修道院では、近隣で採れる鉱物を用いた製鉄業や冶金業が発達した。

1259年にはフランス王ルイ9世があらゆる収税権を免除した。
1269年には修道院は王国修道院 (l'abbaye royale) となり、ジャン2世、シャルル8世、ルイ12世らも寄進を継続した。
こうした王家の保護にもかかわらず、ブルゴーニュ地方を荒らした数度の戦乱の折には略奪の憂き目にも遭った。
それでも16世紀までは伸長する諸勢力から恩恵を受けつつ発展した。
しかし、王家の利益となるように修道院長選挙の廃止が強制されたことで、修道院の凋落が始まった。
18世紀には、修道士たちは資金的な遣り繰りに窮し、食堂を取り壊さざるを得なかった。
そしてフランス革命中の1791年には、修道院は敷地ごとクロード・ユゴーに78000フランで売却され、以降100年ほどの間、製紙工場に転用されていた。
なお、1820年に所有権はモンゴルフィエ兄弟の一族であるエリー・ド・モンゴルフィエに移った。

1906年にはリヨンの銀行家で芸術愛好者だったエドゥアール・エイナールの手に渡った。
彼は1911年までかつての修道院の姿を取り戻させるべく修復工事を行い、製紙工場も解体した。
フォントネー修道院は現在でもエイナール家の私有物ではあるのだが、主要部分は観光客にも公開されている。

観光客に公開されている部分

Fontenay30フォントネー付属教会
 ↑ 修道院付属教会
これは1127年から1150年に十字形の設計に基づいて建築されたものである。
長さ66メートル、幅8メートルで、翼廊は19メートル。幅8メートルの身廊は両側に側廊を持っている。
拱廊(アーケード)はシトー会則をうっすらと刻んだレリーフの付いたランセオレ様式の柱頭を持つ柱に支えられている。
内陣は正方形で身廊よりも低い。中世には、正面入口はポーチに先行されていた。

800px-Fontenay_church_maryフォントネー聖母子像
 ↑ 内部では12世紀の聖母子像が目を惹く。
これはもともと隣接するトゥイヨン村の墓地で長く野ざらしになっていたものである。
聖母は左手で幼子イエスを抱え、イエスは右手を母の首に回し、左手で翼を拡げた鳩を胸に押し抱いている。

その他内部にはこのほかに特筆すべきものはない。
オリジナルのスタール(背の高い椅子)は湿気で劣化してしまったため、それへの対策として18世紀末には床から1メートル近く持ち上げなければならなかった。

Fontenay25フォントネー参事会内部
 ↑ 教会参事会室
付属教会を別とすれば、修道院生活の中で最も重要なものである。ここではベネディクトゥスの戒律の一章を朗誦したあとに共同体に関する決定がなされた。
この部屋は中庭回廊の東の通路に面している。もともとはオジーヴ穹窿をもつ3つの大きな梁間から形成されていたのだが、3つ目の梁間は1450年頃の火災で焼失した。
なお、20世紀初頭には参事会室と面会室 (parloir) を仕切っていた隔壁が取り壊された。

修道士部屋
回廊東側通路の参事会室からさらに南(付属教会から見て遠い方)に足をのばすと、修道士部屋 (Salle des moines) がある。
ここでは写本の作成などが行われていたと推測されている。この部屋の長さは30メートルで、6つの梁間を形成する12のオジーヴ穹窿で覆われている。

Fontenay34フォントネー寝室
 ↑ 修道士寝室
寝室は参事会室の2階にある。そこへ行くには20段ほどの階段を使う。ここは15世紀に火災に遭った後、現在の船体をひっくり返したような骨組みの部屋になった。
ベルナルドゥスの戒律は、個室を認めておらず、また、床に直にわら布団を敷いて寝る事を課した。

Fontenay11フォントネー鍛冶場
 ↑ 鍛冶場
敷地の南端に、オジーヴ穹窿に覆われた縦53メートル、横30.5メートルの建物がある。
これは12世紀に修道院が保有する丘陵から採取される鉱石を利用するために建てられた。
フォントネー川の流れを変えて、槌を動かすための水車を回すようになっていた。
----------------------------------------------------------------------------------
ここは深い森の泉のほとりにあるが、今も泉は絶えることなく溢れている。
森の中の清明な空気と、湧き出る新鮮な泉は彼ら修道士の生活と精神を養い、活力を維持するのに必要だった。
水の便は常に重要視されるが、水は飲み水と同時に、水流によって鍛冶工場の作業の動力として必要だった。

しかも「泉」は、その本義上、絶えず新たにされる信仰の比喩である。
「フォントネー」とは「泉」フォンテーヌに語源を持ち、「泉に泳ぐ人」という意味である。身体論的にも清らかさを感じさせる。

ただ単に見物するだけでなく、こういうことにも意を尽くして見学したいものである。


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.