FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201907<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201909
「人魂で行く気散じや夏の原」わしも老いこんで妻も弟子も去りよった、わしゃ人魂で飛ぶぞ・・・木村草弥
img0406-02北斎お岩

     「人魂で行く気散じや夏の原」わしも老いこんで
        妻も弟子も去りよった、わしゃ人魂で飛ぶぞ・・・・・・・・・・木村草弥


葛飾北斎は晩年には妻も弟子も去ってしまい、悲惨な最期を遂げた、と言われている。
掲出した歌の「」内は、北斎の辞世の句と言われているもの。
その句を取りこんで私は第三歌集『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)の中で「辞世②」でコラージュの作品として発表した。

掲出の写真は北斎の怪奇画「百物語 お岩さん」という作品。
夏の風物詩、お化け屋敷ではないが、「怪談もどき」でいいではないか。
v221神奈川沖波裏

v233凱風快晴

葛飾北斎の作品としては二番目の写真の富嶽三十六景図のなかの「神奈川沖波裏」や三番目の写真「凱風快晴」などが、一般によく知られる傑作とされる。
これらの作品は誰の目にも違和感なく受け入れられるものである。
しかし、北斎の活躍は多岐にわたっており、四番目に掲げる「大首絵」のように芸者や吉原の遊女を描いたものも多く、
北斎の真骨頂は美人画にあり、と断言する人もいる。
megane大首絵

これらの他に北斎には、いわゆる「春画」の傑作も数多い。
私のコレクションにも春画の傑作の複製画や、「万福和合神」という春画の絵読本なども先にアップしたので、ご覧いただいた人もあろうか。
よく知られているように喜多川歌麿の美人画や大首絵、春画などは輪郭の線の美しさが特徴である。
これに比較して、北斎の春画の特徴は輪郭の線も太く、繊細さには欠けるが、代りに一種のおどろおどろしさ、が漂っている。
葛飾北斎は宝暦10年(1760年)から嘉永2年(1849年)を生きた人だが、いわゆる幕末で、もうすぐ明治という直前の時代である。
明治元年は1868年である。
一番はじめに書いたように北斎の晩年は妻にも弟子にも去られて悲惨なものであったらしい。
そういう事実を知ればこそ、この北斎の辞世の句と言われるものも、一層真に迫ってくるし、さればこそ私は、その北斎の境遇に思い至って、
こんなコラージュの作品に仕立てたのである。一番はじめの写真の絵も辞世の句にふさわしい、と思うものである。

四番目の写真の大首絵には「風流無くてななくせ遠眼鏡」という詞書がついており、
何を覗いているのか美人芸者が遠眼鏡(望遠鏡)を覗いている図が描かれている。
あるいは他所の部屋で繰り広げられている痴態を覗き見しているのかも知れない。
v212両国橋夕陽見

五番目の写真は「両国橋夕陽見」という風景図である。
広重や北斎の絵は西洋画に大きな影響を与えた、とされる。
いずれにしても北斎89年の生涯は、まさに波乱万丈の一生だったようだ。その頃の年齢としては89歳という歳は長寿の部類に入るだろう。
彼については2009/01/23付けで「画狂人─葛飾北斎の生涯」という記事を載せたので、ご覧いただきたい。
近年、北斎に関しては研究が進んでおり、長野県に残る絵も良く研究されている。
先年2017年初冬に大阪はアベノハルカス美術館で開催された「北斎展」の際に買い求めた本『北斎と応為』について書いた私のブログも参照されたい。
晩年の北斎の絵には、娘の応為の手が多分に入っていると言われている。


北斎のことは、このくらいにして、私のコラージュの作品を読み返してみて、我ながら面白いと思うので、後日あらためて披露してみたい。



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.