FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
諍ひて朝から妻にもの言はぬ暑い日なりき、月が赤いな・・・木村草弥
0405_p1_1赤い月

     諍(いさか)ひて朝から妻にもの言はぬ
        暑い日なりき、月が赤いな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載せた歌である。
「諍い」とは「口げんか」のことを言う。
この歌は上4句までは、すらすらと出来たが、結句の7音がなかなか出来なかったので、半年ばかり放置してあったが、何かの拍子に、
この言葉が見つかり、くっつけた。私自身でも気に入っている歌である。
この歌は『茶の四季』の「族の歌」でWeb上でもご覧いただける。

「赤い月」というのは、月が出始めの低い位置にあるとき、または月の入りで西の空低くにあるときに、地球の表層の汚れた空気層を通過するときに、
空気に含まれる塵の作用で、赤く見えることがある。
月が中空にあるときには、めったに赤い月にはならない。

この歌は、妻と口げんかして、お前なんかに口もきくものか、とカッカしている気分のときには頭に血がのぼっているから、
赤い月が見えたというのは、絶好の舞台設定で、ぴったりだった。
歌作りにおいては、こういう、時間を置くことも必要なことである。
一旦、作った歌でも、後になって推敲して作り直すということも、よくある。
妻亡き今となっては、懐かしい作品になった。 ここで、この歌を含む一連を引いておく。

     月が赤いな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

  路地裏の畳屋にほふ鉾町へしとどに濡れて鉾もどりけり

  ガラスを透く守宮(やもり)の腹を見てをれば言ひたきことも言へず 雷鳴

  諍ひて朝から妻にもの言はぬ暑い日なりき、月が赤いな

  手花火が少し怖くて持ちたくて花の浴衣(ゆかた)の幼女寄り来る

  手花火の匂ひ残れる狭庭には風鈴の鳴るほど風は通らず

  機械音ふつと止みたる工場に赫、赫、赫と大西日照る

  季節の菓子ならべる京の老舗には紺ののれんに大西日照る

  秋季リーグ始まりにつつ球(たま)ひろふ明日の大器に大西日照る

------------------------------------------------------------------------
掲出の「赤い月」の写真はWeb上で拝借したものだが、撮影者の名前(市川雄一)や撮影日時が明記されており、著作権は撮影者にあることを言っておきたい。
この写真の場合の「赤い月」は皆既月蝕という特殊な環境下での赤い月である。





copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.