FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
村島典子の歌「裏庭」30首・・・木村草弥
晶_NEW

──村島典子の歌──(39)

       村島典子の歌「裏庭」30首・・・・・・・・・・・・・・木村草弥 
                ・・・・・・「晶」No.107/2019.09掲載・・・・・・ 

           裏庭          村島典子 

 わが庭の槇の葉むらに鳥ふたつ籠りゐるらし声のくぐもり
 ほーほーと誰を呼ぶらむか一つ去り一つ残りてなほも鳴くなり
 鳥の音のうらかなしけれ平成の残り三日と数へつつゐて
 忍冬の白き花枝を手折りきていく日かすぎぬ金色にすがれつ
 窓下にひよどり来たり裏庭の八つ手の黒き実を食むならむ
 八つ手の実去痰剤とぞひよどりの番の喉をうるほすべしや
 隣家にはゆかず臥所のまくらべに美しき声をきかせくれかし
 さかんなる食欲にして数日に八つ手の珠実喰ひつくしたり
 平成の代に逝きたりし幾たりを偲びつ槇の木下に
 雨の音ひたに聴きつつ夕づけばさまよふ魂もつめたからむよ
 ふた七日みなのかすぎて魂魄のふりかへりざま夏花ゆるる
 ふいに来たりしことしの夏の暑さにも事は兆せりTV騒ぎつ
 無謀なる事件なるべし然れども社会の歪は誰がつくりし
 ひと二人殺めて許さるるはずはなし首掻き切りてみづからを消す
 一首一首と数ふることの今朝は憂し一人ひとりの生たちあがり
 ポリープを切除せむとすわが夫はひたすら透明となりゆくならむ
 いちまいのパンと素うどん七分粥ひと日のメニユー切除前日
 聖ありき 粟、稗、木の実、食断ちて舌のみとなり読経せりけり
 辣韭に塩をまぶして湯にとほし酢に漬けるまでの夕べの時間
 厨ごとなさずにあらば人生のいかにさびしく過ぎてゆくらむ
 師まさば訴ふることあまたあり訣別の日の文また取りいだす
 信仰をしみらにけふは思ひをり雨宮雅子とテレーズ・デスケルー
 病院へゆく道筋の山中にわれは知りをり「水争ひ場」あるを
 このあたり川無きところ、をちこちに溜池うがち慈雨待ちをりき
 人間愛たしかにあらむ特売のレジの後尾に並みつつ思ふ
 茱萸の木のなかにもぐれる鶫の子の実をついばむを息つめて守る
 鳴き声は仲間なるべしガレージの屋根に見張りをしいゐるならむ
 三羽きてかたみに茱萸の木にもぐる鵯のこどもの涙ぐましも
 おおそんなところにゐるのか子燕の二羽たはむれて中空にあり
 六月のそら晴れわたりツバメの子鳴きかはしたり今日はいい日だ
-------------------------------------------------------------------------
お馴染みの村島さんの精細な観察の利いた一連である。
これを読んでいると、村島が鳥たちの行動を仔細に観察しておられる姿が目に浮かぶようである。
精細な観察から、優れた歌が生まれる、というものである。
「うた新聞」に執筆された押切寛子著『石川信夫の中国詠』についての「書評」のコピーも頂戴したが、ここでは紹介だけにとどめる。
ご恵贈有難うございました。           (完)




     
几帳面な玉蜀黍だと思はないか・・・櫂未知子
031deb50トウモロコシ畑

     几帳面な玉蜀黍だと思はないか・・・・・・・・・・・・・・・櫂未知子

トウモロコシは高さ2メートル程に伸び、夏の終りに茎の上に芒の穂のような雄花を咲かせ、葉腋に雌花穂をつける。
雌しべに花粉がつくと稔って、雌しべ穂は茶褐色の毛のように苞の先端に残る。
『和漢三才図会』には「蛮舶将来す。よつて南蛮黍と称す。その形状、上に説くところははなはだ詳らかなり。ただし、苞の上に鬚を出だす。赤黒色にして長さ四五寸、刻煙草に似たり。その子(み)、八月黄熟す」と記述しており、特徴をよく捉えている。
夏の終りの時期の北海道の名物で、実を焼いて露店などで売る秋の味覚の風物詩である。
写真①は畑の状態である。原産地はアメリカ大陸である。インカの民は、これを主要な食料源としている。
FI2618482_2E.jpg

写真③は畑の状態だが、実の鬚が上端からはみ出ているのが見られるだろう。
FI2618482_1E.jpg

この頃では実を採取するのが目的でなく、茎と葉を家畜の飼料として刈り込む品種のものもあるようだ。これを「デントコーン」という。
北海道に行くと、よく見られる。
家畜を養うには莫大な量の飼料が必要で、トウモロコシのほかに麦なども配合飼料として使われる。
日本は家畜用の配合飼料の完全な輸入国で、殆どをアメリカに依存している。
考えてみるとアメリカ大陸由来の植物が多い。ジャガイモ、トマトなどもアメリカ原産である。
昔はヨーロッパでは冷害による飢饉に瀕していたが、救荒作物としてのジャガイモの到来によって救われた、という。

掲出の櫂未知子の句は、きっちりと並んだ実の粒の様子を見事に捉えていて秀逸である。
以下、トウモロコシを詠んだ句を引いて終わりにする。

 もろこしを焼くひたすらになりてゐし・・・・・・・・中村汀女

 唐黍の影を横たふ舟路かな・・・・・・・・水原秋桜子

 唐黍の葉も横雲も吹き流れ・・・・・・・・富安風生

 唐黍やほどろと枯るる日のにほひ・・・・・・・・芥川龍之介

 もろこしを焼いて女房等おめえ、おら・・・・・・・・富安風生

 貧農の軒たうもろこし石の硬さ・・・・・・・・西東三鬼

 唐黍焼く母子わが亡き後の如し・・・・・・・・石田波郷

 海峡を焦がしとうもろこしを焼く・・・・・・・・三谷昭

 唐もろこし焼く火をあふり祭の夜・・・・・・・・菖蒲あや

 充実せる玉蜀黍を切に焼く・・・・・・・・本田青棗

 中腰の唐黍焼きに昔あり・・・・・・・・石川桂郎

 雷の遠く去りたる唐黍をもぐ・・・・・・・・横山丁々

 唐黍と学生帽と一つ釘・・・・・・・・上野鴻城

 


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.