FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
藤原光顕の歌「順序もつながりもない二〇首」・・・木村草弥
たかまる_NEW

──藤原光顕の歌──(43)

      藤原光顕の歌「順序もつながりもない二〇首」・・・・・・・・・・・・木村草弥
                  ・・・・・「たかまる」No.115/2019.10掲載・・・・・・・

          順序もつながりもない二〇首   藤原光顕 

   夢の中へ戻されそうで明ける前の空の深みを風がぬける
   夢に出てくるかあちゃんは喋らないまま 迷う私に従いてくる
   たぶん何かがあって時々思い出すバンコクのゆるい坂下のレストラン
   ふるさとの愛染川は細い流れ 八歩で渡れる木橋があった
   焼酎を足す間しばらく待ってくれ 北原ミレイの石狩挽歌
   眠っているはずです たぶん眠ってます確証はないが覚める朝には
   一合の米といで予約のボタン押す また目が覚めるつもりの明日へ
   われながら旨いごった煮白菜汁 めげない味だしぶとい味だ
   ドレッシングたっぷりかけて噛むレタス 朝食のいちばん旨い部分
   残す方が少ない名簿消してゆくここまでくれば迷わずに消す
   ぎりぎりまで待ったが誰も押さない降車ランプへ指を伸ばす
   死ぬまではたぶんもつだろう家具家電老いはそういう計算もする
   声にせぬ「気をつけて」朝の道を靴音だけで知る人が往く
   考える八十五歳 笑い転げる少女らが過ぎた風に吹かれて
   いっぺんも監視カメラに映らないまま35℃の一週間終わる
   なんとなく八十五歳になっていた 誰だってそうだ絶対そうだ
   声にしないままで呑み込んでしまったがあのひとことは決まっていたナ
   救急車の中でピーポーを聞いたこと三回あってまだ生きている
   金網を隔てて銃持つ米兵がいたキャンプそれが神戸の始まりだった
   太鼓山に来て十五年「神戸でなら死にたい」と詠んだ三樹彦を思う
---------------------------------------------------------------------------
いつもながらの光顕ぶしだが、体力が回復してきて、それに伴って「気力」が復活してきた様子が見てとれる。
よかった、よかった。
メシが旨い間は、まだ大丈夫。
歌も充実していますよ。光顕さん。
 
一番後の歌に出て来る「伊丹三樹彦」が99歳で九月下旬に死にましたが、ご存知ですか。
私のブログに載せました。見てみてください。

私は来年の二月には満90歳になります。 まだ惚けてはいないつもりですが、足腰が弱りました。
この号には私のブログの八月十五日付の記事を2ぺージにわたって「転載」していただいた。
この記事に共感していただいたようで嬉しいです。
益々お元気でお過ごしください。 では、また。 



        
冨上芳秀の詩「女の栽培」ほか・・・木村草弥
詩的_NEW

──冨上芳秀の詩──(5)

      冨上芳秀の詩「女の栽培」ほか・・・・・・・・・・・・・木村草弥
               ・・・・・・「詩的現代」30号掲載・・・・・・・・・

この号には冨上芳秀の詩作品が四篇載っている。
「白骨化した探偵」 「長屋の人情」 「女の栽培」 「まだらな記憶」である。

       女の栽培     冨上芳秀

   夢を見ることは技術の問題である。しかし、何を栽培するかは、倫
   理の問題である。では、私は女を栽培しましょう。いいですね、男
   を栽培するより私は女の方が好きだ。そんなこと押し付けられては
   かなわない。私は男の方がいいのだから男を栽培するのだ。あなた
   は男だのに女ではなく男なのですか。 そうだよ。 しかし、そもそも
   私が男だと誰が決めたのだ。私は身体が男でも心は女なのだから男
   が好きなのは当然なのだ。 何が当然なものか男が女を好きになって
   も、女が女を好きになってもいいのだ。 おい、待て、 人間を植物と
   して栽培することは政府が禁じている。だから、それは犯罪なのだ。
   政府が栽培を禁じる権利はないはずだ。 そんな議論をしてから何ケ
   月かが過ぎた。私が部屋の中で栽培している女は大輪の白い花を咲
   かせた。 今では、部屋全体に生い繁った植物からは、女の笑い声が
   絶え間なく響いている。 困ったな、 この女は美し過ぎる。 だから、
   男を栽培しろと言ったのだ。 逃げろ、手が回ったぞ。 何で私のよう
   な立派な男が倫理の問題で逃げなければならないのだ。 女が笑って
   いる。 困ったこの女はあまりにも美し過ぎる。
-----------------------------------------------------------------
原文に忠実に、一行の字数も揃えて再現してみた。
この詩は、今はやりのLGBTのうちのT──つまりトランスジェンダーの問題を捉えて「詩」に昇華させている。
見事なものである。
冨上芳秀氏の最近の作品は、こういう「散文詩」の形を採っていることが大半である。
一見、突拍子もないようでいて、実は綿密に計算し尽くされた詩作なのである。

では、版を厭わずに、もう一つ引いてみよう。

        まだらな記憶     冨上芳秀

   灰色の脳の海を一匹の赤い蝶がひらひらと飛んでいく。それを黒い
   海馬が鈍重な動作で追いかけていった。大きな図体をしているけれ
   ど、うれしそうにしているのが外見にもわかる気がする。 ああ、な
   つかしいのどかな風景だなあと歩いていくと、「そんなに虫捕りばか
   りしていないで早く帰っておいで」というお母さんの声が聴こえた。
   しまった。 もう、夕飯の時間だったのか、急いで家の帰ると知らな
   い女の人がご飯の支度をしていた。「おかえりなさい、早かったのね」
   「失礼ですが、あなたはどなたさまですか」 「ああ、やっぱり痴呆が
   進んでいる。 もう私の手には負えないから先日、話し合って決めて
   いた介護施設に入所の手続きを進めることにしよう」 「思い出した、
   あなたは私の奥さんだ。 許してください。 お母さん、ちゃんとご飯
   を食べますから、明日はちゃんと幼稚園に行きますから」 そうだ、
   まちがいない。 ボケてなんかいるものか。私は少年だったのだ。真
   っ白い捕虫網を風になびかせて、今、赤い蝶を捕まえたところだ。
   すると、 辺りの景色が灰色の夜になって、海馬が死にそうな悲し
   い鳴き声を長く響かせた。
------------------------------------------------------------------------------
この詩も、「許してください。 お母さん、ちゃんとご飯を食べますから、明日はちゃんと幼稚園に行きますから」という個所など、
今どき報道で問題になっている継父の幼児虐待のニュースなんかを巧みに取り込んで詩に仕立てている。
お見事なものである。

これらは、一頃、集中して読んでいた「帚木蓬生」の小説─例えば「臓器農場」のプロットと共通するところがあり面白かった。
お見事な「散文詩」に堪能したことをお伝えして鑑賞と、紹介を終わる。 有難うございました。





「京を詠った私の一首」─宇治・・・木村草弥
371px-Ujibashi_Danpi.jpg
↑ 宇治橋「断碑」古代の碑文
11708.jpg
↑ いまは「覆い屋」で保護される。境内から発見された古い碑の断片(上部)と江戸時代に復元・継足した部分(下部)が明白に判別できる。

──エッセイ──

   「京を詠った私の一首」─宇治・・・・・・・・・・・・・木村草弥
       ・・・・・・・(角川書店「短歌」2001年3月号・大特集<旅に出てみませんか・歌めぐり京の旅>⑤ 所載)・・・・・・・・


      ■一位の実色づく垣の橋寺の断碑に秋の風ふきすぎぬ・・・・・・・・・・・木村 草弥

この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に「茶祭」の題で収録した十五首の歌の一つである。
 毎年十月に宇治茶業青年団の奉仕で催される「茶祭」は年中行事として定着した。
「橋寺」というのは宇治川の川東にある寺で、川底から引き揚げられたことで有名な「断碑」を安置してある。
 昨年11月に私が訪れたら台座を修理中で他へ預けられていたが、今は元通り置かれている。

ここには平成3年に上田三四二の初めての歌碑が建立された。それは

     <橋寺にいしぶみ見れば宇治川や大きいにしへは河越えかねき>

という歌で、原文には濁点はふらず、歌は四行書きで、結句の文字は万葉仮名で「賀祢吉」と書かれている。
この歌碑の写真 ↓
o0800045013349211591上田三四二歌碑


京都と奈良の中間にある「宇治」は、この歌に詠まれているように古来、「宇治川の合戦」をはじめ歴史的に枢要な土地であった上に平等院などの史跡にも富む。
源氏物語の「宇治十帖」に因んで十年前に創設された「紫式部文学賞」と、川東に建つ「源氏物語ミュージアム」が成功して、
特に秋のシーズンには観光客で、ごった返すようになった。
因みに昨年の紫式部文学賞の記念フォーラムはNHKの桜井洋子さんの司会で俵万智、江国香織、川上弘美他の各氏が「愛と恋と文学と」と題して盛況であった。

(お断り)
この文章は2001年に発表したものであるから、記事中の「昨年」などの記載は、現時点のものではないから、予め読み替えていただきたい。
-----------------------------------------------------------------------------
この歌碑については、小西亘『宇治の文学碑を歩く』 (澪標)の冒頭「宇治川右岸を歩く」のところに載っているので参照されたい。




copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.