FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
病める児はハモニカを吹き夜に入りぬもろこし畑の黄なる月の出・・・北原白秋
img10411430519.jpg

      病める児はハモニカを吹き夜に入りぬ
      もろこし畑の黄なる月の出・・・・・・・・・・・・・・・・・・北原白秋


私の子供の頃は「ハーモニカ」全盛の時代だった。
ハーモニカ演奏の名手だった宮田東峰という人がいて伝説的な話を聞かされたりした。
今でも「ミヤタ」ブランドのハーモニカがあると思うが、この名前は、この人に因んでいる。

掲出したハーモニカは今のもので「クロマチック・ハモニカ」というらしい。画面右側に見えるボタンを操作して半音とかの切り替えをするらしい。
私は楽器には素人なので間違っていたらゴメンなさい。昔は、こんな機能のあるハモニカはなかった。

FI2618498_2E.jpg
写真②はネット上で見つけたハーモニカのカタログからのもの。
私たちの子供の頃は原始的なハーモニカだったが、その頃からさまざまな、複雑な演奏のできるハーモニカがあったようだ。
吹く穴と吸う穴が同じなのは、今も同じだろうか。
私は音楽、楽器音痴だったので何も知らない。

この白秋の歌は、白秋の子供がまだ小さかった頃のものであろうか。
病んでいる子という人事と「もろこし畑の黄なる月の出」という叙景が、うまく一首のなかで溶け合っている。
その後どこかで読んだ文によると、この歌の「子供」というのは、フィクション上の子供だ、ということらしいので、ここに付記しておく。
「ハーモニカ」という季語はないし、短歌に詠われている作品も目下は見出せないので、この辺にしておく。以下は余談である。

だいぶ以前に、NHK-BSでマカロニウエスタンの、その名も「ウエスタン」という映画を視たことがある。
チャールズ・ブロンソンの吹くもの悲しげな「ハモニカ」が響いて、アメリカの西部劇とは一味違った佳い映画だった。
エンリコ・モリコーネの曲だということである。


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.