FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201911
驢馬の背に横座りしてゆく老婦大き乳房の山羊を牽きつつ・・・木村草弥
FI2618535_1E.jpg

──ギリシア紀行(2)──

       驢馬の背に横座りしてゆく老婦
         大き乳房の山羊を牽きつつ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


昨日付けで載せたものの続きである。
繰り返しておくと私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に「エーゲ海」の一連15首として載せたものである。
この旅は2002年6/26から7/7に行ったものである。
私のWebのHP「エーゲ海の午睡」に詳しい。
この歌の前後の歌を引いておく。

  鄙びたる小さき教会と風車一基丘の高みの碧空に立つ

  どの家も真白にペンキ塗りあげて窓枠は青エーギアン・ブルー

  歩く我に気づきて「やあ」といふごとく片手を挙ぐる戸口の老は

  戸口の椅子二つに坐る老夫婦その顔の皺が語る年輪

  愛よ恋よといふ齢こえて枯淡の境地青い戸口の椅子に坐る二人


FI2618535_2E.jpg

掲出した写真二枚について、何も説明を要しないだろう。先に写真があって、それを見ながら、これらの歌が出来たということである。
この歌の場面は、ミコノス島で私ひとりで島の坂道を散歩したものである。

↓ その他のミコノス島の風景写真を出しておく。
Mykonos_windmills.jpg
04054_480x640.jpg
20060512-gree_me2.jpg

ミコノス島は、町の反対側が「ヌーディスト」の浜パラダイスビーチとしてヨーロッパに有名で、各国から裸を見せびらかしたい連中が、やって来る。
ただし、この写真は私の撮ったものではない。 ↓
Essey91g.jpg

次の歌は2首だけだが、それを描いた歌である。

  ミコノスの浜べはヌーディスト陽を浴びる美女の乳房の白い双丘

  男も女も一糸まとはずとりどりの恥毛光らせ浜辺を歩く


残りのギリシア各地の歌と写真は、また折をみて載せたい。
------------------------------------------------------------------------
「ミコノス島」については、このWikipediaの記事を参照されたい。


copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.