FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201910<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201912
「未来山脈」70周年記念号「視点」特集・・・木村草弥
未来_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──「未来山脈」掲載作品──(特集)

      「未来山脈」70周年記念号「視点」特集・・・・・・・・・・・・・木村草弥
                ・・・・・・2019/11/08刊・・・・・・・

この特集号には、過去に「未来山脈」誌の「視点」欄に載せられた文章が、まとめて掲載されている。
私が2000年10月号に執筆したものも収録されている。 ↓

       口語短歌の未来──「短歌現代」新人賞をめぐって──木村草弥

「短歌現代」八月号に第十五回「新人賞」の発表があった。
全部で184篇の応募のうち最終選考に残った二十名の中に、「未来山脈」所属の藤森あゆ美、岩下敦史の両君が含まれており
「佳作」として作品の十首が抄出されて載っている。(編集*本文32・33頁参照) 
選考委員は来嶋靖生、杜沢光一郎、秋葉四郎、石黒清介の四人で、いずれも文語定型の歌人である。詳細は当該誌をお読みいただきたい。
この機会に口語短歌の未来について、我々が留意すべきことを、光本恵子『宮崎信義のうた百首』に即して少し書いてみたい。
宮崎信義は、つねづね、短歌は日本の民族詩として、これからも長く流れ続けていくだろう、と言っている。
宮崎信義は口語自由律短歌の運動を文字通り孤立無援でやってきた人である。
その方法に学ぶことは極めて大切なことである。
〇くり返していう これでよいのかほかに方法はもうないか   (第八歌集『太陽はいま』)
 この宮崎信義71歳の作品について光本は次のように書く。
 ある単語を引き出すのに「漢字か、ひらがなか、カタカナか」の選択は当然、次にその言葉は「常套的か作者自身の生み出した言葉か」 「長さはよいか、長すぎないか」 「意味を変えないでもっと短い語彙がないか」 「俗語であっても、言葉の品位を失ってはいないか」 「リズムはどうか」など考えられる角度から推敲と検討を加える。
下句の「これでよいか、ほかに方法はもうないか」の宮崎の思いと言葉の重さを、いつも念頭において短歌を作っていかねばならない。・・・・・・・
さらに宮崎の作品を見てみよう。
〇地に長く光を集め地に長く闇をとどめて人は生きる   (第九歌集『地に長く』)
〇嫁くか よかろう それがよい 短いやりとりのあとの親子の沈黙   (第五歌集『和風土』)
 これらの短歌は音数律で区切ると五七五七六、三四五九三八、のように分析できる。
自由律と言っても、宮崎は日本古来の五音七音のような日本語のリズムを大切にする。
これは私が宮崎自身から聞き出したことである。宮崎の歌の無駄のないリズムというのは、こうして作られる。
 今日、定型短歌が限りなく口語で、しかも定型に捉われることなく展開して来たのは誰の目にも明らかである。
その一方で、われわれ自由律の作家が、口語の持つ散漫さを克服して、いかにリズミカルな歌を創造するか、という努力が求められているのである。
いまでも「文語定型」にこだわる歌人が多い一方で、若い人は極めて自在に詠う。
例えば、「短歌研究」新人賞に輝いた千葉聡のような (歌集『微熱体』短歌研究社刊) 完全な「口語定型」の若い歌人も順調に育っている。
 この本で光本が書くように、これからは「口語短歌だとか、文語短歌とかではなくただの短歌として、二十一世紀を迎えたい」という時代が来ることは確かだと言えるだろう。
新人賞の話題を機に、光本をはじめ、広く口語歌集を学んで視野を広めたいものである。
---------------------------------------------------------------------------
もう二十年も前のことで、この記事を書いたのも忘れてしまっていた。
石黒清介も亡くなり、「短歌現代」誌も無くなってしまい、感慨あらたなるものがある。
改めて、この特集で再録してもらって有難い。
光本恵子・主宰の息の長い営為に対して、心からの敬意を表するものである。






甘谷の水は菊水『菊慈童』の七百歳のいのちこそ憶へ・・・木村草弥
FI2618545_1E.jpg

    甘谷の水は菊水『菊慈童』の
        七百歳のいのちこそ憶(おも)へ・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載せたもので「菊」の一連の中にある。

いま菊の花の真っ盛りであるので、菊の花に因んで書いてみる。
「菊慈童」については解説が必要だろう。
写真①は彦根の井伊家に伝わる能楽に使われる菊慈童の「能面」である。
写真②は菊慈童の能楽の一場面。
FI2618545_2E.jpg

「菊慈童」というのは中国の古典を題材にした能楽の作品。
お話は、こうである。

中国・魏の文帝は、山に薬の水が湧くと聞き、臣下に霊水の源を探れとの命令を下した。
臣下が秘境の奥深く入ってゆくと、菊の乱れ咲く里があり、慈童という仙人が薬小屋に住んでいた。
尋ねると、慈童は700年も昔、周の穆王に仕えていたが、ある日、王の枕をまたいだ罪で、この山に流されたという。
700年前ということを信じない臣下に対して、慈童は、流罪されるにあたり王は憐れみ、枕に法華経の偈を書いて与えた。
その経文を菊の葉に書くと葉の露が不老不死の霊薬となり、以来それを飲みつづけて齢を取らなくなった、と述べた。
そして慈童は勅使に菊の葉の酒を勧め、自分も飲むと喜びの舞楽を舞い、法華経の功徳と枕に感謝し、700年の長寿を文帝に捧げて祝福し、仙家の中に消えてゆく。
能楽では観世流のみが「菊慈童」という演名で演じるが、他流派は「枕慈童」という演目である。
能楽だけでなく、日本画にも度々描かれ、菱田春草のものなど有名である。
↓ 写真③が春草の絵の部分。(絵の全体は大きなもので、この部分は下の方に描かれている)
mir815-2菱田春草「菊慈童」
ご参考までに写真④に横山大観の同名の絵を出しておく。↓
皆さんは、どちらを選ばれるだろうか。
mir545-2横山大観「菊慈童」

また小説にも採り上げられ円地文子の作品などがある。芥川龍之介も書いている。

FI2618545_3E.jpg
写真⑤は熊本県八代市の「宮之町」の菊慈童の笠鉾である。立派なものである。。
京都の祇園祭に「菊水鉾」という大きな鉾があるが、この鉾も「菊慈童」から着想されたと言われている。写真⑥⑦に菊水鉾を載せる。
写真⑥は菊水鉾の全景である。とにかく背の高い鉾で全景となると絵が小さくなるのは、お許しいただきたい。写真⑦は「胴掛け」の部分である。
FI2618545_4E.jpg

FI2618545_5E.jpg

すっかり「菊慈童」の話題だけになってしまったが仕方がない。
ここで歌集に載る前後の歌を抄出して、終りにしたい。他にも「菊」の歌があるので、それは次回にしたい。

     窯 元・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

   しがらみの多き世の中たはやすく暮らすにあらね菊うつろひて

  はきだめといふ名の菊のありと聞く波郷一葉忌を隣りとし

  甘谷の水は菊水『菊慈童』の七百歳のいのちこそ憶(おも)へ

  をみなへしあまた剪りきて瓶に挿す蕪村ゆかりの商家の床の間

  <秋草をごつたにつかね供へけり>結びし紐を解くは悲しも

     *久保田万太郎

  秋草にまろべば空も海に似て泊り重ねし波止の宿おもふ

  秋草の波止場の旅籠(はたご)に蛸壺のセールスマンと泊りあはせし



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.