FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202002<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202004
「信天翁」私信と抽出歌・・・萩岡良博
信天翁_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


       「信天翁」私信と抽出歌・・・・・・・・・・・・・萩岡良博(「ヤママユ」代表)

新型コロナウイルスが蔓延し外出もままなりません。お変わりございませんか。
三月に予定していた歌会も、飲み会もすべて中止となりました。ただ桜の蕾が日々ふくらんでいくのが楽しみです。
御歌集『信天翁』ご恵贈賜りありがとうございました。
実は角川「短歌」誌に発表された「cogito, ergo sum」を拝読したときに、木村さんの意図がわからず違和感を覚えましたが、
本歌集を拝読して、その違和感は氷解しました。あれは自由律の連作短歌あるいはソネット風の短詩だったのだと。
しかし小生はやはり巻頭の「信天翁」一連が安心して拝読することができます。
   ・まみどりのみどりまみれぞ松園の春画に見つる繁き陰毛は
   ・もゆらもゆら夏の玉の緒ひぐらしの啼く夕ぐれはまうらがなしも
上句はいずれも下句のエロスやかなしみを呼びおこす序詞的なしらべを湛えています。
一首目はまた「松柏美術館」へと展開され、小生も何度か訪れたことがありますが、その美術館の歴史には蒙を啓かれました。
また一首目のエロスは「桜」にも漂い出て、前詩集『修学院幻視』の濃密なエロス的詩的空間を思い出しました。
「生存証明」としていただいた今年の木村さんの年賀状には、角川「短歌」十二月号に載せましたエロスを詠みこんだ拙歌に対して嬉しい励ましの一筆がありました。
木村さんの詩精神の源に尽きることのないエロスの泉が滾々と湧き出てことを羨(とも)しく思います。
そんな若々しい木村さんですが、年齢のことなど考えたことはありませんでしたが、九十歳になられたことに驚きました。
「卆の字」には、卒寿の卒をめぐる詩的考察がありますが、この尽きせぬ知的好奇心も木村さんの詩の源泉に数えることができるでしょう。
「シオンの光」の「一枚の絵の中で物語が時間をかけて浮き沈みする」という一行。
「絵手紙」のカボチャについての随想。
そして「オダガン・モド」(巫女の木)や「聖樹セイバ」などの樹木をめぐる考察など、小生の知らぬことばかりで、詩の広野に連れ出していただくような思いで拝読いたしました。
「森」と「岩石」をめぐる詩篇は、地球について、そこに住む私たちについて、根源的な思索を迫るものでした。
そして「壁」。定型の「壁」を意識している限り、木村さんの詩精神は、ついに理解できないのかも知れないとも。
雑感が長くなりました。「信天翁」の一連には
    ・また地上に出でくるときは七年先まみえむ日まで命やしなはむ
と「つくつくぼふし」を詠んでおられますが、時節柄ご自愛下さり、命ながくやしなわれんことを。
     三月十四日                       萩岡良博

-------------------------------------------------------------------------
畏敬する萩岡良博氏から、私の作歌の意図を的確に突いた批評を賜り、作家冥利に尽きます。
有難うございました。 嬉しいです。





「信天翁」私信と抽出歌・・・北神照美
信天翁_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


      「信天翁」私信と抽出歌・・・・・・・・・・・・北神照美(「塔」会員)

春というのに出かけることを控えておりますが、ごく近所へ買物に行きましても、桜の蕾がふくらみ、たんぽぽが咲き、からすのえんどうが花をつけていました。
このたびは、まだきちんとお礼も書いておりませんうちに、私の歌集『ひかる水』書評をブログに載せていただき恐縮しております。
木村様は、とても多才な方で、歌集、詩集、歌文集など溢れるように出版されており、その情熱を羨ましく思うばかりです。
お目にかかったのは『昭和』の批評会でした。その時も若々しい方だと思っておりました。
それからも貪欲な知的創造をすごいことだと思っておりましたが、いまは「未来山脈」に属しておられるのですね。
この前の東京での記念大会には私も出席させていただきました。
また「詩歌句協会」の大会にも出席して詩集に触れたりいたしましたので、私も以前より、口語短歌や詩に親しんでおります。
それでも、まだ、やはり「信天翁」の一連が、しっくりとくるように思いますが、「散文の短詩」として読んでもよい、という「あとがき」に納得して他の作品を読みました。
定型の口語短歌ではないので、「石の物語」「森の記憶」「森の記憶②」など面白いと思いました。
私は昭和二十三年生まれなので、市の薬剤師会で活動したり、仕事をしたりしていたことも昨年で一応終わりました。
木村様が九十歳で、こんなにも旺盛な活躍をされているのですから、私も頑張っていこうと思っております。
以下は共感する一連です。

         森の記憶②
   私たち人間は聳え立つ巨木に対して畏るべき威厳を感じる
   深い森や木立に対して不気味な懐かしい気配を感じる
   樹木は人間が人間として生き始める遥か十数億年も前から
   地球環境に適応する術を編み出して生き続けてきた
   人間は生きるために樹木を必要とするが樹木は人間を必要としない
   人間の身体を構成する六〇兆の細胞のひとつは
   人間を作る以前から樹木の細胞と長い付き合いがある
   かつてスペイン人は樹木を大切にしなかった
   世界の海を制覇したスペイン人の活力は森の衰退と共に失せた
   樹が少なければ水を呼ばない。乾燥するのは樹が少ないからだ



「信天翁」私信と抽出歌・・・山本孟
信天翁_NEW

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is the question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


     「信天翁」私信と抽出歌・・・・・・・・・・・・・山本孟(「地中海」会員)

お送りいただいた歌集『信天翁』を読ませていただきました。
いつまでも天空を舞う鳥のように、天に逝かれた方々の追悼歌を巻頭にして、心境の深い所まで届く歌群が並べられ、読み応えがありました。
「桜」は例によってエロティシズムをちょっぴり、時実新子の川柳で締めくくる器用さに敬服しました。
「シメオンの光」は濃密な知識と言葉による絵模様がみごとです。
「キティちゃん」と「言葉」は豊富な言語知識で、「言葉」を箴言風に書いて締め括っています。
続く「カボチャ」では語源からつながる野菜の用途まで興味深く書いています。
次のⅡ章は、自分の一日をまるまる紹介する「朝の儀式」「或る夕餉」「チョコ野郎」など、話の辞典の感じ。
行間を彩る虹の橋のような掛り具合が快く感じました。
「卆の字」では「私の目下のキーワードらしい」が、私にもぐさりと剣で刺された気がしました。(私も今年八十八歳)
「聖樹セイバ」は知らない木ですが、地球を意味するものとして、最終行は重く受け止めました。
Ⅲ章に至って、世界を旅し地球を知り尽くしたからこそ、現代批判が具体的な物に語らせる手法で時代を示され、その狂気を描いたところは秀れていると思います。
読み終えて「あとがき」の「起居不能」に大層驚き心配いたしました。
しかし、その後、無事生還され、心よりお慶び申し上げます。
それぞれの章の、詩を書く意図が明確で、人間の知恵が壊しつつある地球全体・人間の自然体を深いところから追求し、蘇らせるお考えを、この一冊で示されたことに深く敬意を表します。

長々と読後感を書かせていただきました。
どうか最期まで詩の大河のとぎれぬようにお祈り申し上げます。   敬具。
------------------------------------------------------------------------
山本孟氏は国語学の専門家で、「地中海」大阪歌会などで親しく交わらせていただいた。
国文学徒ではない私にとって、国語学に近づく先生としての存在だった。
この分厚い封書には、ご令室さまの闘病を詠んだ歌がずっしり含まれているのだが、今は、それには触れない。
ご令室さま、ご養生専一になされますようお願いいたします。有難うございました。




花の芯すでに苺のかたちなす・・・飴山実
e88bbae381aee88ab111苺の花

   花の芯すでに苺のかたちなす・・・・・・・・・・・・・・・・飴山実

今日3月16日は俳人・飴山実の忌日である。

飴山実は俳人としても有名な人であるが、科学者としても高名な人である。
「日本農芸化学会功績賞」というのがあり、昭和63年 1988年 、 山口大学農学部教授のときに「 酢酸菌の生化学的研究 」という論文で、この賞を得ている。
昭和元年、石川県小松市生まれ。旧制四高の勤労動員中に芭蕉や蕪村の七部集を読んで作句。
家業が醤油醸造業だったので、昭和22年京都大学農学部に入学し、発酵醸造学を専攻した。
昭和25年卒業して、大阪府立大学農学部助手に就職。その後、静岡大学、山口大学教授を歴任し、応用微生物学研究の礎を築く。
先に書いたような学会の最高賞を得た。酢の研究では世界的権威。

俳句では、金沢大学教授で、かつ俳人の沢木欣一が戦後創刊した「風」に参加。
自らも「楕円律」を創刊し、戦後の俳壇で活躍したが、のち無所属となり、結社も持たず公平な俳句評論に定評があった。
安東次男の人と書に親しむ。
平成12年(2000年)3月16日、東京での選句会を翌日に控え、腎不全のために急逝した。
句集に『おりいぶ』『少長集』『辛酉小雪』『次の花』など。
現代俳壇の中堅として活躍する長谷川櫂も一時彼に師事した。

以下、彼の句を引いて終る。

 てのひらに葭切の卵のせてきぬ

 熱のからだはどこも脈うつ青林檎

 花林檎貧しき旅の教師たち

 授乳後の胸拭きてをり麦青し

img5efff1b0zikdzj飴山実色紙

 うつくしきあぎととあへり能登時雨

 柚子風呂に妻をりて音小止みなし

 春浅き海へおとすや風呂の水

 蚊を打つ我鬼忌の厠ひびきけり

 土堤刈つてより二日目の曼珠沙華

 奥能登や打てばとびちる新大豆

 手にのせて火だねのごとし一位の実

 比良ばかり雪をのせたり初諸子(もろこ)

 鮒二つ日たけて釣れし丈草忌

 花杏汽車を山から吐きにけり

 法隆寺白雨やみたる雫かな

 あをあをとこの世の雨のははきぐさ

 茄子の花こぼれて蜘蛛をおどろかす

 田雲雀の十(とを)も来てゐる夕日かな

 年酒して獅子身中の虫酔はす

 この峡の水を醸して桃の花

 酒唎(き)いてやや目のほてる初桜

 光琳忌きららかに紙魚(しみ)走りけり

 大雨のあと浜木綿に次の花

 花筏やぶつて鳰の顔のぞく

 山ふたつむかふから熊の肉とどく

 青竹に空ゆすらるる大暑かな

 かなかなのどこかで地獄草紙かな



copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.