FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
終りに近きショパンや大根さくさく切る・・・・・・・・・・・・・・・・加藤楸邨


   終りに近きショパンや大根さくさく切る・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤楸邨

昨年2010年はショパン生誕200年で記念のイベントなどが多かった。
はじめに、ショパン「別れの曲」の動画を出しておく。

この楸邨の句も「二物衝撃」の見本のような句で面白い。
「ショパン」の曲と、「大根」とは全く何の関係もない。それを取り合わせてある。
しかも大幅に破調である。7、8、6音になるようであるが、これを削ることは難しい。
この句の場合、大根を切っているのは奥さんで、ショパンの音楽をかけながら料理しているという図であろう。

さて、大根は春の七草の中の「スズシロ」と昔呼ばれていたものの改良種である。

Daikon_Japan青首大根
写真①は「青首大根」と呼ばれるもので「耐病総太り」という作りやすい品種で、現在では生産量の95%を占めるまでになっている。
私の家でも栽培しているが、この青首大根を9月はじめに種から蒔いて作る。
3メートルくらいの畝を2筋も作っておけば春までたっぷり食べられる。

syogoindaikon聖護院大根

写真②は京都の伝統京野菜として品種登録されて生産が奨励されている「聖護院大根」である。
これは甘みがあっておいしい大根である。他にも「守口大根」など各地に伝統野菜がある。
昔は沢庵漬に最適の品種として「宮重大根」というのがあった。
愛知県の原産で、今も作られているようだ。写真③に、それを出しておく。

6650240宮重大根

大根はアブラナ科の一年草で越冬する。春に薹(とう)がたつ。原産地は地中海沿岸と言われ、日本には中国経由で早くに入ってきたという。
大根は水分がたっぷりあり、しかもジアスターゼという消化酵素も含んでいて、体には大変よい野菜である。
私などは、どんな料理にしろ、大根おろしにしろ、大根を食べると大変消化がよいのを実感している。
私の大好きな野菜である。

     菊の後大根の外更になし・・・・・・・・松尾芭蕉

という古句があり、まさに的確に大根の性格を言い表わしている。
以下、大根を詠んだ句を引いて終りにしたい。

 大根引大根で道を教へけり・・・・・・・・小林一茶

 流れゆく大根の葉の早さかな・・・・・・・・高浜虚子

 ぬきん出て夕焼けてゐる大根かな・・・・・・・・中田みづほ

 畑大根皆肩出して月浴びぬ・・・・・・・・川端茅舎

 老いの仕事大根たばね木に掛けて・・・・・・・・西東三鬼

 ダンサーに買はるしなしなと大根・・・・・・・・秋元不死男

 大根きしみかくて農婦の腰まがる・・・・・・・・米田一穂

 死にたれば人来て大根焚きはじむ・・・・・・・・下村槐太

 身をのせて桜島大根切りにけり・・・・・・・・朝倉和江

 荒縄で洗ふ大根真白きまで・・・・・・・・冨石三保

 煮大根を煮かへす孤独地獄なれ・・・・・・・・久保田万太郎

 窓が開いてをる大根畑は昼深し・・・・・・・・滝井孝作

 大根煮や夕餉の病舎さざめきて・・・・・・・・石田波郷

 大根を刻む刃物の音つづく・・・・・・・・・山口誓子

 大根洗ふや風来て白をみなぎらす・・・・・・・・大野林火



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.