FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201907
たんぽぽのはなの さくたびに/こどもは かわべりでゆめみる/そのことをしたあとの/とりかえしのつかぬ かなしみを・・・・・・・・・・・谷川俊太郎
0604042たんぽぽ

    たんぽぽのはなの さくたびに・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

    こどもは しろいとびらをあける
    とても おそろしいことを
    こころのなかで かんがえるが
    そのことは だれにもいわない
    こどもは おちていたまりをひろう
    うでのうぶげに きりのしずくが
    にぶく ひかっている
    いちどだけ たったいちどだけ
    それでいいんだと こどもはおもう
    だが いちどだけですむものか
    たんぽぽのはなの さくたびに
    こどもは かわべりでゆめみる
    ほんとうの そのことをしたあとの
    とりかえしのつかぬ かなしみを
-------------------------------------------------------------------
この詩は詩集『よしなしうた』1985年青土社刊に載るもの。
この詩の「そのこと」ということについては何も明かされていない。
読者がさまざまに想像するしかないが、私は、一つの想像として、
男の子が第二次性徴として誰もが通過しなければならない「手淫」のことを詠ったのではないか、と思うが、いかがだろうか。
--------------------------------------------------------------------
上に引いた詩に関連するものとして次の詩を引く。

p2-2.jpg
↑ レオナルド・ダ・ヴィンチ「ウィトルウィウス的人体図」

      おとこたち・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

   おとこたちはみなぺにすをもっていた
   いっしょうわすれられないとおもうできごとを
   あくるひにはわすれた
   すいっちひとつでうつくしいおんがくが
   死のむこうからながれでて
   そのほうがくへとおとこたちは
   じぶんをいくえにもおりたたむ

   <のぞみをたたれても のぞまぬことにはけっしてなれることはない>
   ゆかのうえのひとつぶのこめが
   とおいぬかるみでめをふくことをおそれて
   くるしみのときをすごすために
   さらにひどいくるしみのものがたりをよむ
   おとこたちはみなぺにすをもっていた
-----------------------------------------------------------------------
更に、もう一つ関連する詩として下記のものを引いておく。

c0013496_14062.jpg

      からだ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷川俊太郎

   男が男のからだのかたちしてしか
   生きることのできないのはくやしい
   かたちのないこころだけであったなら
   もっと自在にあなたと交われるものを

   だがことばよりくちづけで伝えたいと
   そう思うときのこころのときめきは
   からだなしでは得ることができない
   いつか滅ぶこのからだなしでは

   こころがどこをさまよっていようと
   こころがいくつに裂けていようと
   女がただひとつのからだのかたちして
   いま私のかたわらにいるのはかなしい

----------------------------------------------------------------------
これらの詩は、詩集『日々の地図』1982年集英社刊に載るもの。
この詩の末尾の「かなしい」がカナ書きになっているところが曲者である。
ここは「悲しい」とも「愛しい」とも読み解けるところで、この辺が詩の面白さである。
これらの詩は「たんぽぽのはなの さくたびに」と関連するものとして鑑賞してもらいたい。
「たんぽぽのーー」の詩は暗喩になっていて、さまざまな解釈をし勝ちである。
それについての、一つの別の面からのアプローチの詩として紹介する。
読後の、あなたの感想は、いかがだろうか。
----------------------------------------------------------------------
この記事とは何の関係もないが、三番目の写真の若い男性は、顔は隠してあるが、今をときめく人気者のプロゴルフアーの「石川遼」のものである。
本来は顔も映っているのだが、トリミングして、わざと隠してみた。
それにしても、鍛えられた立派な体をしているなぁ。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.