FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
高階杞一詩集『桃の花』から・・・・・・・木村草弥
img037.gif

──高階杞一の詩──(3)

高階杞一詩集『桃の花』から

   戦争・・・・・・・・・高階杞一

     黒板に

     私は愛と書く

     先生が教えてくださったとおりに


     黒板に

     私は夢と書く

     先生が教えてくださったとおりに


     黒板に

     私は友達と書く

     先生が教えてくださったとおりに


     黒板消しはいらない


     爆弾が落ちてきて

     それらを一瞬のうちに

     消す

------------------------------------------------------------------------
高階氏は、この詩を「反戦詩」だと仰言る。
それは、この詩が下記のような企画に乗って書かれたものだからである。

Poets Against the War   2003.4.22

 アメリカの雑誌編集者で詩人のサム・ハミル氏が、イラク戦争反対のため反戦詩のアンソロジーを企画し、世界中の詩人にその企画への参加を呼びかけたもの。集まった詩は各国政府に提出し、戦争反対の意志を訴える。日本では、石川逸子、木島始、甲田四郎、佐川亜紀の4氏がこの企画への呼びかけ人となって、4月15日、参加に応じて集まった287編の詩を政府に提出した。

 僕もこの呼びかけに応じて下に記した詩を書きました(2003.4.10)。政府に提出したところで情況が変わるとはとうてい思えませんが、こうした詩の一部でも各国語に翻訳され、少しでも多くの人の目に触れることにより、次に起こるかもしれない無益な戦争を止める、わずかながらも力になりうるかもしれないと思ったからでした。何よりも アメリカの次の時代を担う子供たちに読んでもらいたいのですが、届くかどうか…。

 この企画の詳細は佐川亜紀さんのホームページに載っていますので、関心のある方はこちらをご覧ください。>

この詩集の概要は以下の通りである。

発行日:2005年9月30日。 第10詩集。
発行所:砂子屋書房
収録編数:32編
作品制作年:2000年~2004年
表紙及び扉の装画:宇田川新聞
定価:2500円(税別)

「ただドンブラコ、ドンブラコ、と日々の川を流れつつ、その時々の思いを書きと
めてきた。川面には、この五年間の世相や私事のあれこれが少なからず反映
している。それがいい眺めかどうかは別にして」(あとがきより)

  
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.