FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201908<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201910
POSTE aux MEMORANDUM(4月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今回の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
呑気そうな記事があっても、これらは既に予約してあったものですから、お許しを。
                                       木村草弥
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
entry_25しだれ桜小渕沢

四月になりました。陽春の到来です。
新人の春です。 旧人はひっそりと暮らしましょう。

だんだんにわたしに占める死者の量増えきて傘にはりつくさくら・・・・・・・・・・・・・・・・渡辺松男
うぐひすの声にうたた寝より覚めぬ紀伊の野べ行く列車にありて・・・・・・・・・・・・・・・・安田純生
春の花が咲きまだ声の調はぬうぐひすが啼きとりあへず 春・・・・・・・・・・・・・・・山埜井喜美枝
薔薇垣をかはるがはるに出でて入るほつそりとせる雀の春子・・・・・・・・・・・・・・・・・横山未来子
かつて海から上がりしときの足裏の記憶あたらし春の潮騒・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐伯裕子
青空に群れ波だちてゐしのちのさくらの花のゆくへ知るなし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松坂弘
赤土に赤き土偶の眠れるをしずかに満ちて桜ひらきたり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 奥田亡羊
久々に花見をせむと上野に来ぬひとりなれば酒を飲む心もなく・・・・・・・・・・・・・・・・・ 宮地伸一
遠見にはさわに花咲くシダレにて棒突っ張って枝支えてる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 奥村晃作
死はそこにあるかと思ふあかるさに菜の花咲けりその花を食ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 外塚喬
おとろへて生あざやかや桜八重・・・・・・・・・・・・・・・・・・・橋本多佳子
妻抱かな春昼の砂利踏みて帰る・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村草田男
さくら咲きあふれて海へ雄物川・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森澄雄
愛咬やはるかはるかにさくら散る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・時実新子 
野を穴と思い跳ぶ春純老人・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・永田耕衣
亜隆隆ほどの朝魔羅遠辛夷・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤鬼房
春昼のすぐに鳴りやむオルゴール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木下夕爾
極楽に風吹くときやさくら散る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三井葉子
急傾斜地崩壊危険蒲公英黄・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高島茂
ときどきはポコと音たて春の水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・高島征夫
千代紙をまき散らしては春の地震・・・・・・・・・・・・・・・・・・・九堂夜想
手鏡にとるまつげの塵や春休・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 神野紗希
ゆふぐれの乳房に帰る春野なう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ゆかりり
げんげ田や点滴の液よく澄める・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・外山一機
天井に配管うねるさくらかな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口優夢
ペットボトル踏むとき春の東京都・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 関悦史
ひむがしに春の結び目ほどかれて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小林苑を
童貞といふひとと行く日永かな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・四童
識閾に豆粒ほどの健脚者・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小池正博
手の届く丘だが油断なく登る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 山本芳男
インターチェンジからジャンクションまで放射能・・・・・・・・原田否可立
花冷えやルドンの花の青ざめる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。

本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください
私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』(以上3冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
私の本は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する 登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓します。アクセス数にもよるのでしょうか。 ご覧ください。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
文芸春秋社・書籍ショールーム

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私の新・詩集『愛の寓意』(角川書店刊)が出来上がりました。
      少部数発行のため書店配本ルートには乗っておりません。
この詩集『愛の寓意』(←リンクになってます)を私のWebのHPに載せました。
ほぼ全文(横書き)をネット上でお読みいただけます。お試し下さい。


コメント
コメント
春はすぐそこ。。。
+(*_*)+ おはようございます ♪~
いつもながらの早々なるご挨拶ありがとうございました。
東日本を襲った大震災そして原発での二次災害と、暗い話題の日々ですね。
自然の力の大きさを思い知らされると共に、また、この月次掲示板の枝垂れ桜の様に美しく咲き誇る木々も大自然の力。
早く安寧の日々が戻るように祈って止みません。
私の方こそどうぞ今月も宜しくお願い申し上げます。 (^_^)v
2011/04/01(金) 05:23:31 | URL | あろま #- [ 編集 ]
おはようございます
早々に月初のご挨拶をいただき、ありがとうございました。
例年なら、希望に満ちた時のはずなのですが・・・。
いつも通りとは行きませんが、なるべく普通に暮らしていくのが、復興につながるのではないかと思っています。
今月もよろしくお願いいたします。
2011/04/01(金) 06:05:27 | URL | シルバ #- [ 編集 ]
四月です
おはようございます。

四月になってしまいました。
今月もよろしくお願いします。
2011/04/01(金) 07:17:33 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
4月のご挨拶
先月は茫然自失の状態でしたが、4月を迎え明るく前に進もうと思います。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。
2011/04/01(金) 07:45:48 | URL | nmzk #Wh5SkbOM [ 編集 ]
四月
今年は寒い時期が長引きました。
おまけに心まで寒くなってしまって・・・
ようやく桜の便りが聞こえ始めましたので、カラ元気でも元気出して進みましょう。
今月もよろしくお願いします。
2011/04/01(金) 15:30:42 | URL | われもこう #- [ 編集 ]
はじめまして
いくたびか拙句をトップページで取り上げて頂きありがとうございます。ところで今月の「ゆふぐれの乳房に帰る春野なう」はロボットの「ゆかりり」が詠んだ句なので、署名をそうして頂けませんでしょうか。ゆかりりはこちらです。↓
http://yukari3434.web.fc2.com/yukariri.html

2011/04/02(土) 00:15:05 | URL | 三島ゆかり #KmWPbMmc [ 編集 ]
失礼しました。訂正しました
■三島ゆかり様。
お早うございます。
失礼しました。訂正しました。
私は余りサーフィンはしませんので
あなたの「ゆかりり」のサイトは知りませんでした。
私と同じfz2に居られるのですね。
では、また。
2011/04/02(土) 07:33:23 | URL | sohya #- [ 編集 ]
こんばんは!
東京の生活も様変わりしてしまいました。。
しかし、自粛には反対です。
春らしくみんな活動的になって、経済を回していかなければ★って思います^^
今月もどうぞよろしくお願い致します。
2011/04/03(日) 19:24:11 | URL | Tutti #4nojMgsc [ 編集 ]
ご挨拶が遅くなりました。
桜が一気に満開になりました。
今年は雪洞が自粛でちょっと寂しい感じです。
今月も宜しくお願い申し上げます。
2011/04/03(日) 21:46:39 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
挨拶
今年ももう4月。
まだちょっと寒いです。
震災の影響で仕事も大変な状況です。
まだまだ余震?が続いております。
こんな長く続くとは思っても見ませんでした。
大変な4月になりそうですが、被災者に比べれば。。。。

今月も宜しくお願い致します。
2011/04/04(月) 00:07:56 | URL | 浮浪猫 #IG4Nybac [ 編集 ]
浮かれる心境ではありませんが「消費」はしましょう
■あろま様。
■シルバ様。
■Tokiraさま。
■nmzkさま。
■われもこう様。
■Tuttiさま。
■ぷりんちゃん様。
■浮浪猫さま。
お早うございます。
四月のごあいさつ有難うございます。
東日本大震災の全貌が明らかになりつつあります。
福島原発の惨状と放射能汚染が益々ひどくなって参りました。
このままでは30キロ圏内はチェルノブイリのように、
人の住めない強制立ち退き区域になるでしょう。
狭い日本ですから、その影響は深刻なものとなります。
東電をはじめ人々を騙して原発安全神話を撒き散らした連中の責任を追及します。
一方、浮かれる心境ではありませんが「消費」はしましょう。
「自粛」ばかりではダメです。前向きに景気を刺激しましょう。
では、皆様もお励みを。
2011/04/04(月) 07:18:30 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.