FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
すみれ花むらさきの香に咲き出でて吾に親しき春を挿したり・・・草弥
0120070327010120060404090a.jpg
      
すみれ花むらさきの香に咲き出でて
  吾に親しき春を挿したり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


昨日付けでパンジーを載せたので、今日は、いわゆる「菫」(すみれ)について書く。
掲出の写真が在来のニホンスミレ属のものである。
これにも地域によって色々の変種がある。葉が丸いもの、細長いもの。花の色が濃い紫のもの、淡いもの、など。
この草は実を結ぶと小さな種をつけ、はじけて実を八方に飛ばし、その種が雨に流されて、流れ着いたところで強靭な生命力で殖える。庭などでは雑草として取り除くのに苦労するほどである。
このスミレは日本古来のものであるから歳時記にもたくさんの句が載っている。

掲出した私の歌は第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るものである。

以下、歳時記に載る句を引いておく。

 手にありし菫の花のいつか失(な)し・・・・・・・・松本たかし

 すみれ踏みしなやかに行く牛の足・・・・・・・・秋元不死男

 川青く東京遠きかみれかな・・・・・・・・五所平之助

 騎手の目の高さに幸の菫咲く・・・・・・・・平畑静塔

 黒土にまぎるるばかり菫濃し・・・・・・・・山口誓子

 軍神の虚実は知らずすみれ草・・・・・・・・飯田龍太

 すみれ植うことに心を集めたし・・・・・・・・細見綾子

 すみれ籠ひそかに修す忌日あり・・・・・・・・草間時彦

 みちびかれ水は菫の野へつづく・・・・・・・・桂信子

 すみれ野に罪あるごとく来て二人・・・・・・・・鈴木真砂女

 摘みくれし菫を旅の書にはさむ・・・・・・・・上村占魚

 すみれ咲く聴けわだつみの声の碑に・・・・・・・・森田峠

 宇陀の日は暈(かさ)着やすくて菫草・・・・・・・・大峯あきら

 どちらからともなく言ひて初菫・・・・・・・・大石悦子

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.