FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(9月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
今回の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
aaoohiganb3ヒガンバナ大判

九月になりました。
空には鰯雲、赤トンボが飛びます。

 岬遠く風吹く海に浜木綿は白き炎立つ夏の終りに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・松本みよ
 痛ましき事故にて知れること多しプルトニウムといふ語も一つ・・・・・・・・・・・・・・・・神作光一
 老残を引け目となして若すぎる死者の柩のあしもとにたつ・・・・・・・・・・・・・・・・・蒔田さくら子
 ピッチャーは小高き丘に夏雲の行方追うごと空仰ぎたり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷岡亜紀
 みずうみの舟とその影ひらかれた莢のかたちに晩夏をはこぶ・・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤弓生
 ひまはりの種を抱かせたハムスター少年はうづむ夕べの土に・・・・・・・・・・・・・・・・・福井和子
 悲しみの響をまとひわが家の木に来てけふも鳴きしきる蝉・・・・・・・・・・・・・・・・・・中埜由季子
 芯のなき為政がもたらすファシズムを経験しゐる一人ぞわれは・・・・・・・・・・・・・・・・秋葉四郎
 秋がくれば 秋のネクタイをさがすなり 朽葉のいろの胸にしたしく・・・・・・・・・・・・・・土岐善麿
 九月一日すなはち九朔、哲久の生日にして第一歌集の名・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・沢口芙美
 コスモスのふかき吐息は気づかれぬまま倒れ伏すとや雨に来て知る・・・・・・・・・・百々登美子
 つる草や蔓の先なる秋の風・・・・・・・・・・・・・・・・・・炭太祇
 水銀の重さの夜の雨しきり・・・・・・・・・・・・・・・林田紀音夫
 木草にも九月のたゆさあるべきか・・・・・・・・・・相生垣瓜人
 黒揚羽九月の樹間透きとほり・・・・・・・・・・・・・・・飯田龍太
 天山南路九月の砂漠河消えて・・・・・・・・・・・・・・・・久保武
 八朔のででむしころげ落ちにけり・・・・・・・・・・・・・・・安住敦
 襟足をきれいに剃つて白露の日・・・・・・・・・・・・・・中村契子
 吾亦紅壮なる時過ぎて立つ・・・・・・・・・・・・・・・・・山口誓子
 天女より人女がよけれ吾亦紅・・・・・・・・・・・・・・・・・森澄雄
 情ふかきゆゑにうとまれ吾亦紅・・・・・・・・・・・・・・山仲英子
 野に吹かれやうやう個なれわれもこう・・・・・・・・・三井葉子
 かなかなや師弟の道も恋に似る・・・・・・・・・・・・・・・滝春一
 秋暑し死魚をむさぼる亀のをり・・・・・・・・・・・・・・・・高島茂
 法師蝉なきやみ猫のあくびかな・・・・・・・・・・・・・・高島征夫
 ひるがほや電流かよひゐはせぬか・・・・・・・・・・・三橋鷹女
 漏斗す用足すトマスアクィナスを丘す・・・・・・・・・・加藤郁乎
 美味しいものが食べたい秋だ・・・・・・・・・・・・・・・・小林苑を
 風呂敷の中の秋風年経たり・・・・・・・・・・・・・・・・・久乃代糸
 火にあぶり肴としたる神無月・・・・・・・・・・・・・・・三島ゆかり
 帆立貝とみじかい手紙敬称略・・・・・・・・・・・・・・・・田島健一
 腰骨の日灼け具合を較べをり・・・・・・・・・・・・・・小早川忠義
 ちちちちちちちちちちちちちちち膣・・・・・・・・・・・・・・・御中虫
 来たるべき世紀のすでに来て・・・・・・・・・・・・・・・・西原天気
 企みのUSBか毛虫焼く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大野道夫
 琉金の逆さまに物思いひかな・・・・・・・・・・・・・・三吉みどり
 神話一つなくてトマトのかく赤く・・・・・・・・・・・・・・・・・橋本薫
 父のこと上手くは言えず心太・・・・・・・・・・・・・・・・・室田洋子
 流れ星船員手帳色褪せど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小池康生
 改札にあつまる登山靴の泥・・・・・・・・・・・・・・・・三吉みどり
 雑草の中のむらさき生足の・・・・・・・・・・・・・・・・井上せい子
 サングラスはずしパンクをしたらいい・・・・・・・・・・・岩井三窓
 シャガール無関心 揺れ続く政治・・・・・・・・・・・・・墨作二郎
 秋風を見ているコインランドリー・・・・・・・・・・・・・・山口優夢  
 己が死へ急ぐ蝉声真くれなゐ・・・・・・・・・・・・・・・・奥坂まや
 白砂に据ゑて西瓜はみづの星・・・・・・・俳句甲子園・開成高校A
 夏祭坂に灯の沿ひにけり・・・・・・・・・・・・・・ 〃   開成高校A
 さやけしやいつかどこかで見た笑顔・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。

本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』(以上3冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
私の本は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する 登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓します。アクセス数にもよるのでしょうか。 ご覧ください。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
文芸春秋社・書籍ショールーム

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

私の新・詩集『愛の寓意』(角川書店刊)が出来上がりました。
      少部数発行のため書店配本ルートには乗っておりません。
この詩集『愛の寓意』(←リンクになってます)を私のWebのHPに載せました。
ほぼ全文(横書き)をネット上でお読みいただけます。お試し下さい。

コメント
コメント
9月早々に台風です!
夜の散歩中に、蝉の鳴き声よりも秋の虫の声のほうが強くなってきたここ数日です。
明日辺りから台風がまともにきそうなので心配ですが、一気に秋を運んでくるのではないでしょうか。

そちらはまだお暑いようですが、どうぞお体お気を付けてお過ごし下さい。
今月もどうぞよろしくお願いします。
2011/08/31(水) 18:31:14 | URL |  われもこう #- [ 編集 ]
二百十日ですね・・・
早々のご挨拶、恐縮です。

その昔、よく聞いていた二百十日ですね。
台風もやって来ているようです。

ただ、最近の雨の降り方は異様ですね。
まるでスコールです。

蒸し暑い日が続いていますが
どうぞご自愛下さい。
2011/09/01(木) 06:58:21 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
9月は彼岸花ですね。
まだ暑くて考えられません。
台風が心配です。
早々のご挨拶有難うございました。
9月の掲示板に移動しました。
今月も宜しくお願い申し上げます。
2011/09/01(木) 11:06:45 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
まだ蒸し暑い日が続いています(-。-;)
いよいよ大型台風が近付いて来ましたv-279
どうぞお気を付け下さい。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。
2011/09/02(金) 07:03:13 | URL | nmzk #Wh5SkbOM [ 編集 ]
9月のご挨拶
こんにちは!
いつもご来訪ありがとうございます(^-^)
関西では台風の影響が出始めているようですね。
大丈夫でしょうか。
こちらはまだ青空ですが、油断はなりませんね。
台風一過で秋の空気に入れ替わると期待して…
今月もどうぞ宜しくお願い致します★
2011/09/02(金) 11:28:14 | URL | Tutti #4nojMgsc [ 編集 ]
こんにちは。
あの暑かった八月も終わり・・
いよいよ九月になりました。
食欲の秋、読書の秋には少し早いのでしょうが、
過ごしやすい季節が近づいている事は確かだと思います。
とは言え、台風も近づいている模様。
お気を付け下さいね。
今月もどうぞ宜しくお願いします。
by aki
2011/09/02(金) 17:41:17 | URL | kaboとaki #- [ 編集 ]
台風
今回の台風は嫌になるほど、のろのろで通過しましたが、被害はありませんでしたか。
今年は自然災害の多い年なんでしょうか。
世界中が災害だらけで、人間たちに警告を与えているようです。

9月の彼岸花綺麗ですよね。
子供のころは良く見かけましたが、都会に出てきてからはみなくなりました。
やっぱり季節感のある花々を見られるのはいいものです。

今月もよろしくお願い致します。
2011/09/05(月) 07:03:56 | URL | 浮浪猫 #IG4Nybac [ 編集 ]
「雨」台風で各地に被害が出ています
■われもこう様。
■Tokiraさま。
■ぷりんちゃん様。
■nmzkさま。
■kaboとakiさま。
■Tuttiさま。
■浮浪猫さま。
コメント有難うございます。
「雨」台風で各地に被害が出ています。
お見舞い申上げます。
台風としては980ヘクトパスカルなんて
豆台風ですが、スピードがのろく、停滞して
雨がひどく各地で大被害をもたらしました。
当地を流れる「木津川」の水源は鈴鹿山脈で、
そこに雨が降ると水量が増します。
ここの堤防は大正末期から昭和十年代にかけて
旧内務省が数メートルの高さの大堤防を築いたので
ちょっとくらいの雨では決壊しません。
各地で本流に注ぐ支流が氾濫しているようですね。
御地では、ご被害はありませんか。
今日は涼しいですが、また暑さがぶりかえすようです。
ご自愛ください。  では、また。
2011/09/06(火) 09:17:50 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.