FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202001<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>202003
軽井沢の歌鳥の森の女主人 こゑうつくしきクロウタドリ・・・・・・・・・・・・・・・村島典子
晶0003

──村島典子の歌──(9)

     軽井沢の歌鳥の森の女主人
              こゑうつくしきクロウタドリ・・・・・・・・・・・・・・・村島典子


        クロウタドリ・・・・・・・・・・・・・・・村島典子

     はらはらと髪ぬけおちし朝なりわれ悲しみの尼僧のごとし

     広汎性脱毛症といふなれば眉睫毛さへある日抜けたり

     花ふぶき浴みて帰りくさらさらと無音の花のひとりの禊

     かなしみは花の明るさ天空の無情の青さ花浴みながら

     夜目に白く花にほひ咲くにつぽんのひむがしの地もまなく咲くらむ

     福島をフクシマと呼ぶ現実を深く悲しむただにかなしむ

     乳牛の背骨あらはに痩せゐるを見つつしわれは号泣したり

     放射能汚染地域と名指しされ人はも逐はる平成二十三年

     太き舌からませ甘ゆ牧牛を人にあらねば殺せといふか

     五月野に黄金のうぶげを吐きたるは草にれがみしわたくしの犬

     人に逢ふごとく来にけり谷間なるはつ夏の木の梢をあふぐ

     軽井沢の歌鳥の森の女主人 こゑうつくしきクロウタドリ

     軽井沢を偲ぶ幾日わたくしに憧れ恐れでありし船渡川佐知子

     フランス語にて犬を躾けたりしひと刺繍に光を縫ひ取りしひと

     檸檬の花レモンの匂ひに咲くと言ひし一年前の船渡川佐知子

     千ケ滝の小川の岸に生えをりし 鳥足升麻、節黒仙翁

     朴の木の朴の花蕊はじらひぬいま一つ天上の花ひらきたり

     亡きひとはそこここに来て呼びかくる茉莉花は甘き茉莉花の香に

     葉桜の下にて一人とゆきあへり魚のごとし木漏れ日くぐる

     異類婚姻譚五月の山の朴の木の花の下にて考ふるわれ

     けふわれは三度泣きけり今生に再び会へざる人を思ひて

     わが犬前へ前へと回り来て草食みたしとわれを促す

     一年に飼犬殺処分二十八万匹動物病院にテロップ流る

     ガス室に送られ長く苦しみて殺さるる間も主を待ちながら

     犬は耳を患ひてをり待合室の長椅子に待つ猫のとなりに

     呆然とわれは鏡を覗きゐる鏡の中に母がいますを

     老いし娘と老いし母しみじみと出会ひたり鏡の中のほほゑむ人と

     来てみれば枇杷はしづけき青き実をさはにやしなふ墓原の道

     枇杷の木に枇杷の実みのり墓原に六月はきぬ季節めぐりぬ

     三月(みつき)すぎしのちも愈いよ悲しくて淡海のうみに雨降りしきる

     フクシマは雨となるらし六月の雨原発の建屋を濡らす

     雨あがりし真昼間比叡はみづうみを徒(かち)にて渡れとわたしを誘(おび)く
-------------------------------------------------------------------------
私の敬愛する村島典子さんから短歌同人誌「晶」No.75号が恵贈されてきた。
掲出したのは、そこに載る村島さんの歌32首である。
なにか「広汎性脱毛症」とかいう疾患に罹られたようだが、お大事になさってください。
真ん中頃から、同人であった船渡川佐知子さんの訃にまつわる歌が続いている。
この人はフランス語関係の翻訳もなさった人のようで、短歌についても一家言もっておられたようだ。
俳句も「短詩」と把握されていたというが、「俳句は世界中で一番短い詩である」とは、詩人にして俳人としても著名な平井照敏の言である。

船渡川佐知子/ふなとがわ・さちこ
1935年横浜に生れる。1958年日本女子大学文学部社会福祉学科卒業。

『精神病者の魂への道 』 (みすず書房1966年刊)
[著者] ゲルトルート・シュヴィング [訳者] 小川信男 [訳者] 船渡川佐知子
フロイトも断念していた分裂病の精神療法を――野心的な冒険と私たちには思えた――敢えて行った何人かのパイオニアのうち、著名な数人が女性であった。この分野は未開拓であるが・・・・・

才ある人は早々として世を去って逝く。私よりもお若いお歳であるのに。間質性肺炎だとか。アーメン。
村島さんのフクシマの歌も身に沁みるものがある。

 
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.