FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
喪中欠礼の葉書数葉脇に置き生ける人らに賀状書き継ぐ・・・・・・・・・・米満英男
20090907post2.jpg

──季節の歌鑑賞──年頭の歌風景いくつか

  ■喪中欠礼の葉書数葉脇に置き
     生ける人らに賀状書き継ぐ・・・・・・・・・・米満英男


米満氏は私の兄事する歌人である。昭和三年生まれ。
この歌は角川書店「短歌」一月増刊号の「短歌年鑑」の「自選作品集」に載るもので、
「賀状欠礼」と題する5首のうちのものである。
前後に載る歌を引くと

・しんかんと大根抜かれし畑の穴満月の下いよよ冥(くら)かり・・・・・・・・・米満英男
・朝夕に向かふ食卓この狭く温き平面を日常と呼ぶ
・目頭が目尻を詰(なじ)り言ふことにお前すこしはその尻拭へ
・この歳まで生くればついで百歳まで生くるべしなんて はい冗談冗談

とあり、何とも洒脱なものである。以下、引用は同じところから。

  ■新(にひ)年のふるさとの山明けそめて
    はろばろとおもふ <春はあけぼの>・・・・・・・・・・・・・・・志野暁子

  ■波の穂に止(とど)まれるかにかもめ飛び
    沖ほの暗し冬の日本海・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・金子正男

  ■無尽数の雪片意思をもつごとく
    海に降り陸(くが)に降り人間(じんかん)に降る・・・・・・・・橋本喜典

前後に載る歌を引く。

・この年の初の買物ずつしりと上下二冊の『道元禅師』・・・・・・・・・・・橋本喜典
・白き葉を紅がつつめる寒椿眼を遣るたびにわれをみつむる
・初出勤の朝戴きしチョーク箱いづれはわれの柩に入れよ
・少(わか)き日の疑問の奥に在りしもの解らねばいまだ老いに到らず

この人は早稲田高校の校長をされた人である。

250px-Teamgeist_Ball_World_Cup_2006_Brazil_vs__Croatia.jpg

  ■ふるふると宇宙に地球が浮いてゐる
    サッカーボールのやうな淋しさ・・・・・・・・・・・・・・由良琢郎


地球は、まさに宇宙に宙づりに浮いているのであるが、それを「サッカーボール」のような「淋しさ」と捉えたところが凄いと思う。
いつも言うことだが、詩というのは陰影を深めるためには「比喩」表現に尽きる。
そういう観点から見ても、この歌は詩として自立し得ているだろう。

「凄い」と言えば、この歌の前に載る作品を引く。

・このごろのわれの自在は一瞬に物忘れする凄さもち初む・・・・・・・・・・・・・・・由良琢郎
・夜半覚めてふとかなしめり抽出しに余分の時計刻(とき)きざみつぐ

b0155692_1862871.jpg

  ■いつの日か惚け行くらむ素焼の皿に
    盛らるる夢のはんなりとあり・・・・・・・・・・・・・・・山中加寿


ここに引く何人かの人の歌群は、いずれも「老い」の寂寥を湛えていて、それぞれの様相の違いはありながら、いずれも秀逸である。
この山中さんの歌は「素焼きの皿に盛られる夢」という表現が、何とも「詩的」である。
この後につづく歌には

・箒持つをりに嗚咽の始まりぬ梅雨のさなかに南瓜はな持つ・・・・・・・山中加寿

この歌は、一昨年春四月に亡くなった師・前登志夫の死を思っての「嗚咽」であろう。

Mpen.jpg
 ↑ モンブラン万年筆

  ■パイロットインクをずっと使ってた
    あなたに遭えたころのブルーよ・・・・・・・・・・・・・・・上野久雄


上野久雄氏は2008年秋9月17日に亡くなった。
この一連は死の前に投稿されていたものである。
上野氏は昭和二年生まれ。短歌結社「未来」創刊以来の同人で、「みぎわ」という自分の歌誌を創刊して才能ある歌人を育てられた。
私なども若い頃は万年筆のインクはパイロットの「ブルーブラック」のインク壺を愛用していた。ご冥福を祈りたい。
この歌は、「未来」の主宰者だった近藤芳美の若い頃の「相聞歌」そっくりの趣を湛えている。

この歌の前後につづく一連を引いて、終りたい。

・一切れのロールケーキを食いて立つ死はたしか四時過ぎであるから・・・・・・・上野久雄
・午後からは編集会に行くのだと晴れた球場の空に手を振る
・稀にしてああ病感のなき目覚め味噌汁の具に今朝はしじみを
・西空に集まっている雲たちや一番知っているのは俺さ


コメント
コメント
草弥さま
今年もよろしくお願いいたします。
最後の歌「一番知っているのは俺さ」、若々しくていいですね。
文脈からすると、作者若い頃の歌ですよね。
2012/01/11(水) 16:18:57 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
コメント有難うございます。この歌は若い頃の作品ではありません。
■シルバさま。
お早うございます。
コメント有難うございます。上野久雄の、この歌は若い頃の作品ではありません。
私の解説文にもある通り、死ぬ前に投稿されたものですから「新作」です。
角川歌人名鑑の「自選」の作は、その年に発表されたものを、作者が自選したもの5首を届けたものだからです。
この人は亡くなりましたが、確か私よりも高齢でした。
因みに、ここには私の作品も要請があって5首載っています。
では、また。
2012/01/12(木) 07:15:43 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.