K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
鼻眼鏡ずり落ちさうにかけゐつつ母はこくりと日向ぼこする・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
bde6043338658086a8b9e786e6dea216ひなたぼこ

  鼻眼鏡ずり落ちさうにかけゐつつ
     母はこくりと日向ぼこする・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第一歌集『茶の四季』(角川書店)に載るものである。
「人」のひなたぼっこの写真がないので、猫のもので代用した。
冬の日、風の当たらない南側の日向で「ひなたぼっこ」をするのは気分のいいものである。
掲出した私の歌は、93歳で亡くなった母の往時の姿を偲んで歌にしたものである。

aegean_l戸口老夫婦

写真②はギリシアの「エーゲ海」クルーズを旅したときのもので、戸口に座る老夫婦で、これも基本的には「ひなたぼっこ」と言ってもよいだろう。
この写真には

  歩く我に気づきて「やあ」といふごとく片手を挙ぐる戸口の老は・・・・・・・・・木村草弥

  戸口の椅子二つに坐る老夫婦その顔の皺が語る年輪

  愛よ恋よといふ齢こえて枯淡の境地青い戸口の椅子に坐る二人


の歌が、私の第四歌集『嬬恋』(角川書店)に載っている。
なお私のWebのHP「エーゲ海の午睡」の紀行文にも収録してあるので、ご覧いただきたい。

以下、「ひなたぼっこ」を詠んだ句を引いて終わりたい。

 日に酔ひて死にたる如し日向ぼこ・・・・・・・・高浜虚子

 うとうとと生死の外や日向ぼこ・・・・・・・・村上鬼城

 冬日掬ふ如き両掌や日向ぼこ・・・・・・・・池内友次郎

 日向ぼこ笑ひくづれて散りにけり・・・・・・・・富安風生

 つかのまのきづなをたちてひなたぼこ・・・・・・・・飯田蛇笏

 日向ぼつこ日向がいやになりにけり・・・・・・・・久保田万太郎

 日向ぼこ神の集ひも日向ならむ・・・・・・・・大野林火

 ふるさとにたよりおこたり日向ぼこ・・・・・・・・中村汀女

 日向ぼこ父の血母の血ここに睦め・・・・・・・・中村草田男

 かへる山ありて猿たち日向ぼこ・・・・・・・・山口波津女

 けふの日の燃え極まりし日向ぼこ・・・・・・・・松本たかし

 胸もとを鏡のごとく日向ぼこ・・・・・・・・大野林火

 手に足に青空染むとは日向ぼこ・・・・・・・・篠原鳳作

 犬がものを言つてきさうな日向ぼこ・・・・・・・・京極杞陽

 デスマスクある壁を背に日向ぼこ・・・・・・・・石原八束

 太陽の手をいただいて日向ぼこ・・・・・・・・堀内薫

 太陽に吾も埃や日向ぼこ・・・・・・・・平赤絵

 日向ぼこ身のうちそとに母のゐて・・・・・・・・長谷川せつ子




コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.