FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(1月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昨年の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
0212163鮓エ縺ョ闊枩convert_20091007131354

     謹 賀 新 年・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

2012年となりました。
昨年三月十一日に東日本大震災・大津波が襲来し、かつ東電福島原発が爆発を起こし、日本列島は震撼したが、以後も政治的にも不安定で、何とも落ち着かない昨今ですが、
何とか凌いで行かなければなりません。
私としては以前からの「反原発主義者」として東電の原発事故処理には厳しく糾弾してゆきたい。
国民の中には変革を求める気分が満ちており、既成政党に飽き足らない民衆の投票行動として「大阪維新の会」が大阪府知事、大阪市長選挙で圧勝するなど新しい動きも出てきた。
今後どうなってゆくのか注視したい。
十年一日のような私の記事ですが、よろしくお付き合いください。

 あらたまる年の初めの夜の明けに一の字墨にふとぶとと書く・・・・・・・・・・・・・・・・・・玉井清弘
 新年のうたをよめとぞ それまでの伸びちぢみしていのち大切・・・・・・・・・・・・・・・岡部桂一郎
 昨年のいつ落ちしにや新年の影もちてまろぶ松笠二つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮柊二
 うつくしきものは匂ひをともなひて晴着のをとめ街上を過ぐ・・・・・・・・・・・・・・・・・・上田三四二
 村の名の一つ消えたる罹災地にうぶ声乗せて外は雪降る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・辺見じゅん
 花散れば花を忘るる人間の悲なるやヒロシマののちのフクシマ・・・・・・・・・・・・・・・馬場あき子
 いかなときも救ひあるべし廃墟背にヴアイオリン胸に抱ふる少女・・・・・・・・・・・・・・・・・岩田正
 おほひくるひむがしの空くれなゐに睦月つきたち初春の神の手・・・・・・・・・・・・・・・・・・成瀬有
 昔むがす、とんでもねえごどあつたづも 昔話となるときよ早よ来よ・・・・・・・・・・・・・佐藤通雅
 流されて箪笥は遺り箪笥には父の恋文遺れるを言ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大口玲子
 人間の命が海にかえるとき風が生まれる光(かげ)をともない・・・・・・・・・・・・・・・・・・沖ななも
 癒えたるを吉兆としてにひどしのわが身よ魂よ言霊満ちよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・志野暁子
 安否を確認せよ安否を(誰の安否を)いま繋がらぬ繋がらぬいま・・・・・・・・・・・・・・・加藤治郎
 フクシマと言えば眉根をひそめられ黄の水仙の風に揺るるを・・・・・・・・・・・・・・・・・・駒田晶子
 初富士の朱の頂熔けんとす・・・・・・・・・・・・・山口青邨
 恵方へとひかりを帯びて鳥礫・・・・・・・・・・・・佐藤鬼房
 えんぶりの笛恍惚と農夫が吹く・・・・・・・・・・・草間時彦
 八つ口をほころばせたり老の春・・・・・・・・・阿波野青畝
 正月や胼の手洗ふねもごろに・・・・・・・・・・・・杉田久女
 冬ざくら山のうしろのとんびの巣・・・・・・・・・宮本佳世乃
 狎れるてふことを戒め去年今年・・・・・・・・・・・千原叡子
 さまよへるユダヤ人てふ冬の花・・・・・・・・・・・・・高島茂
 くちびるに沖縄を犯した時間・・・・・・・・・・・・原田否可立
 瓔珞の悲しみ柿の辺に垂れて・・・・・・・・・・・林田紀音夫
 ビル風に冬日の匂い攫われる・・・・・・・・・・・・・田中朋子
 あざやかな平手打ちなり冬夕焼・・・・・・・・・・・渋川京子
 冬の水一枝の影も欺かず・・・・・・・・・・・・・・中村草田男
 群抜けし寒潮の魚左利き・・・・・・・・・・・・・・・・・高島征夫
 心眼を磨くえびせんあと2ミリ・・・・・・・・・・・・山田ゆみ葉
 水底の無数のあぶく 好きにせい・・・・・・・・・・・一戸涼子
 辻褄を合わせる鳩の絵の前で・・・・・・・・・・・・・重森恒雄
 長い長い長い無蓋車 渚にて・・・・・・・・・・・・・石田柊馬
 凍鶴のわりにぐらぐら動きよる・・・・・・・・・・・・・西村
麒麟
 「る」の音を探しに スエットの上下・・・・・・・・井上せい子
 日本の進路を塞ぐ鮫海豚・・・・・・・・・・・・・・・・関本久子
 セシウムの夜満ち横山大観図・・・・・・・・・・・・・・野口裕
 鶴のこゑ絵具をしぼりだすごとく・・・・・・・・・・・八田木枯
 鞦韆や和魂洋才ともになく・・・・・・・・・・・・・・・久野雅樹
 骨拾う
珊瑚の欠片と星屑・・・・・・・・・・・・・・・・豊里友行
 焚火してかの山脈の迫つてくる・・・・・・・・・・・・山下彩乃
 マフラーの左右の長さ揃はない・・・・・・・・・・小野あらた
 文明や冬銀河とは背負ふもの・・・・・・・・・・・・・山田露結
 最近の虎のうんこはセシウム臭い・・・・・・・・・・渡辺隆夫
 瓦礫という花かんざしができあがる・・・・・・・・横沢あや子
 砲丸の落ちてどすりと冬深む・・・・・・・・・・・・斎藤朝比古
 頭部管奥の我が眼を二日かな・・・・・・・・・・・三島ゆかり
 あなたとはもうあえません冬の虹・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。

本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』(以上3冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
私の本は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する 登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓します。アクセス数にもよるのでしょうか。 ご覧ください。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
文芸春秋社・書籍ショールーム
コメント
コメント
新年明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。
2012/01/01(日) 01:30:22 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
新年おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
2012/01/01(日) 12:30:37 | URL | Tokura #VL3GinqI [ 編集 ]
掲載ありがとうございます!
掲載ありがとうございます!
2012/01/01(日) 20:21:51 | URL | 豊里友行 #/9hBKkrU [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
2012/01/03(火) 11:05:55 | URL | Bluey #- [ 編集 ]
新年明けましておめでとうございます
今年もよろしくおねがいします。
今年が草弥様にとって佳き年でありますようお祈りします。
穏やかな一年であってほしいですね。
2012/01/03(火) 12:23:55 | URL |  われもこう #- [ 編集 ]
明けましておめでとうございます!
今年も健康で楽しい1年でありますよう!
わたしは相変わらず、外国や日本国内の美食を探訪してまいります(笑)
2012年も変わらず宜しくお願いいたします☆
2012/01/03(火) 19:29:53 | URL | Tutti #4nojMgsc [ 編集 ]
賀正
明けましておめでとうございます

かなり出遅れてしまいました。m(__)m
昨年は大変お世話になりました。
本年もよろしくお願い致します。

今年は昨年同様かなり大変な年になりそうです。
時代の変わり目で、時代に取り残されそうで。。。。色んなことを考えてしまいます。
取り残されずに付いていければとは思っていこの頃です。
2012/01/04(水) 07:16:50 | URL | 浮浪猫 #IG4Nybac [ 編集 ]
コメント有難うございます。今年も、よろしく。
■ぷりんちゃん様。
■Tokiraさま。
■豊里さま。
■われもこう様。
■Tuttiさま。
■浮浪猫さま。
コメント有難うございます。
新年は、毎年同じことですが、テレビは
「録画」撮りしたものが殆どで、つまらないです。
したがって見るのは「箱根駅伝」とかスポーツものが主になりますね。
今年は、一体どんな年になりましょうか。
明るい、展望に満ちた年にしたいものです。
2012/01/04(水) 09:41:29 | URL | sohya #- [ 編集 ]
Blueyさま。「パスワード」を見失いアクセス出来ません、悪しからず。
■Blueyさま。
お久しぶりです。
貴ブログは「パスワード」認証が必要になっていますが、
不注意で「パスワード」を見失いアクセス出来ません。悪しからず。
これをご覧になりましたら「非公開」で「パスワード」をお知らせください。
よろしくお願いいたします。
お元気でしょうか。 では、また。
2012/01/04(水) 09:50:01 | URL | sohya #- [ 編集 ]
明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。
あっと言う間のお正月休み。
今日から仕事です。
今年も体に気を付け元気で頑張ろうと思っています。
sohyaさんも、健康第一で今年1年を頑張られて下さい。
2012/01/05(木) 18:11:56 | URL | kaboとaki #lMBqkpAs [ 編集 ]
コメント有難うございます。今年も、よろしく。
■kaboとakiさま。
お早うございます。
コメント有難うございます。今年も、よろしく。
現役の方は昨日、今日から出勤ですね。
おきばり下さい。
では、また。
2012/01/06(金) 05:53:30 | URL | sohya #- [ 編集 ]
継続が力なりかな
コメントありがとうございます。

ブログはサボっていると更新しなくてもいいやとすぐ思って、そのまま放置してしまうことが多いです。
日常の何でもないことでも書いていったほうが良いのかもしれません。
まあ、無理をせずぼちぼち更新していきます。
長い目で見てやってください。
2012/01/30(月) 23:54:16 | URL | 浮浪猫 #IG4Nybac [ 編集 ]
力を抜いて、自然体で、どうぞ
■浮浪猫さま。
ブログなんてものは、所詮付け足しですから、
お気になさらずに、
力を抜いて、自然体で、どうぞ。
もっとも私は「短詩形」というものに拘ってやっていますから、
なおざりにはしませんよ。
では、また。
2012/01/31(火) 10:00:40 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.