FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
東隆夫氏撮影「東日本大津波に呑まれた三陸の写真」・・・・・・・・・・・・・木村草弥
IMG_1565-1.jpg
↑ 陸前高田市
IMG_1556.jpg
↑ 陸前高田市 「一本松」──今はもう無い
IMG_1583.jpg
 ↑ 南三陸町
IMG_1505.jpg
 ↑ 石巻市立大川小学校慰霊碑 全校100人のうち70人の児童が教師の判断ミスにより津波にさらわれた

     東隆夫氏撮影「東日本大津波に呑まれた三陸の写真」・・・・・・・・・・・木村草弥

東隆夫氏から、掲出した写真がメールに添付して送られてきたので、ご紹介する。撮影時期は昨年十月であるという。合掌。

東隆夫氏とは2000年のミレニアムの年にイスラエル旅行にご一緒した縁で、今も交友が続いている。
この旅については何度かブログにも書いたが、東隆夫氏はインターネットの「ネッティング」関連の会社を経営されている。
イスラエルという国はインターネットのメカなんかには強い国で、そんなソフト制作なんかを世界的に請け負っているという。
業界でイスラエル視察をされたときに東氏も参加されて同国に興味を抱かれ、ゴールデンウィークの休みを利用して、この旅に参加されたのだった。
この旅は阪神航空主催で、同行者は私たち夫婦と、別の夫婦の組、それに単身者の東氏の総勢五人と添乗員の計六人が十日間小型のマイクロバスに乗ってイスラエルを一周した。
日本語、英語、スペイン語、それに母国語としてヘブライ語を操るユダヤ人のガイド・ベソール君。
運転手はイスラエル国民だがアラブ人でイスラム教徒だった。
詳しくは「ダビデの星」を参照されたい。

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.