FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
映画『山本五十六─太平洋戦争70年目の真実』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
山本五十六
山本五十六0001
山本五十六0002
山本五十六0006
山本五十六0003
 ↑ 「東京日報」編集部風景 右から三人目「真藤利一」玉木宏(文中で説明) 

──映画鑑賞──

    映画『山本五十六─太平洋戦争70年目の真実』・・・・・・・・・・・・・木村草弥
           ・・・・・・・・・製作「山本五十六製作委員会」、配給「東映」・・・・・・・・・・・・・・・・・

     今から70年前、軍人でありながら、最後まで日米開戦に反対し続けた不屈の男がいた―。
     その名は、聯合艦隊司令長官、山本五十六。
     太平洋戦争という未曾有の国難に対し、彼は、いったい、どのように戦いつづけたのか。
     そして彼の実像は、どのような人間だったのか…。

主人公・山本五十六を演じる役所広司、成島出監督をはじめ、「真藤利一」玉木宏、「米内光政」柄本明、「井上成美」柳葉敏郎、「山口多聞」阿部寛、「三宅義勇」吉田栄作、「黒島亀人」椎名桔平、「零戦パイロット」五十嵐隼士、「堀俤吉」坂東三津五郎、「山本礼子」原田美枝子、「小料理屋・志津の女将」瀬戸朝香、「志津の客・ダンサー」田中麗奈、「永野修身」伊武雅刀、「五十六の姉」宮本信子、「東京日報・主幹」香川照之ほか、日本映画界を代表するキャスト・スタッフが本作のために結集。

この映画は半藤一利の同名の本(文芸春秋社)を原作とするものである。
彼には『昭和史』戦前・戦後編の名著もあり、昭和という時代を厳しく捉えた作家として尊敬に値する。
山本五十六は新潟県立長岡中学校の先輩にあたるという。
山本五十六0005
 ↑ 真珠湾攻撃のセット
山本五十六0004
 ↑ 五十六の載る「一式陸攻」が炎上するシーン

五十六は海軍省の中の「非戦派」として知られる米内光政や井上成美などと共に、戦争推進派の陸軍などに抵抗したが、押し切られる。
聯合艦隊司令長官として実戦の矢面に立つが、そこは軍人として最善を尽くして戦果を上げようとするのである。
ガダルカナル撤収作戦などを敢行するが、1943/04/18前線基地視察の途上、ブーゲンビル島上空で搭乗機が撃墜されて戦死。
彼は、このようになる運命を受け入れていたと言える。
当時のマスコミも軍部のお先棒をかつぎ、五十六から「自分の目で、耳で、大きな心で、世界を見なさい」と言われていた東京日報記者・真藤利一のような良識派も、どうしようもない。

c8bec6a3b0_ct_ci.jpg
 ↑ 半藤一利

o06400480narushima_large_nocopy.jpg
 ↑ 成島出 監督

↓「動画」を二つ出しておく。

↓ 「山本五十六の死─撃墜の瞬間」

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.