FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
左能典代『青にまみえる』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
41COLjUVlaL__SS500_.jpg

──新・読書ノート──

    左能典代『青にまみえる』・・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
           ・・・・・・・・新潮社2012/01/31刊・・・・・・・・・・

      酒にではない、お茶に酔ったのだ。
      中国有史五千年のはるか以前より、福建省の深山に自生し続ける、
      大地自然の気をたっぷり吸い込んだ悠久の茶。
      この、水に次ぐ命の飲み物に酔った時から、「私」の運命はゆったりと動き始め……。
      混迷を深める人の世の底なしの泥沼に、疲れはてた心と体を温かくうるおす、大人のための小説。

新潮社の読書誌「波」 2012年2月号より 書評を引いておく。
---------------------------------------------------------------------

         さあ、永遠の話をしよう        村田喜代子

 いつだったか、中国は武夷山の岩茶を飲みながら、左能さんと夜更けの電話でとりとめのない話をしたことがある。
というのも岩茶はウーロン茶と呼ばれる青茶の一種だが、他の青茶と違って、飲んでいるとだんだんに酔ってくるのである。
面白いことにがぶがぶと飲んでいると酔わない。ちびりちびりと舌の味蕾に滴らせていると、酒酔いに似た陶酔感にからめとられる。
それに身をまかせながら、どちらからともなく、旅に出たい、という話になった。
 左能さんは東京で日中文化交流サロン岩茶房を主宰して独り行動のとれる時間はめったにない。叶わぬ夢は彼方の星のように光る。
そのときふと私は以前に行った中国の鳴沙山の情景を思い出した。日が落ちて長い急斜面の砂山の上に月が出る。
その黄色い月は〈永遠〉のマークみたいではないか。岩茶と〈永遠〉はセットになって、酔った脳みそに浮かんできた。
 すると左能さんが、昔、その敦煌の鳴沙山の天辺でお茶を点てて飲んだという話を始めたのだった。
旅で知り合った中国人が携行してきたポットの湯で、急須に岩茶を点て供してくれた。茶杯の中の液体の色も定かに見えない夜のことだ。
「お茶って何だろう」と左能さんは言った。いや、その上に「中国人にとって」という言葉をくっつけていたと思う。
なぜなら日本人にとってのお茶はもう、砂山を滑落しつつ砂まみれになって、持って行くほどの飲み物ではない。
 私はそのときの、急峻な砂山の絶頂にかかる月と、茶杯の底に湛えられた琥珀の液体の幻影を、その後もときどき思い出した。自分もそこに居たような錯覚さえ催した。
 それからまたしばらく経ったある夜。やっぱり岩茶をちびりちびり飲んでいると、コロッと酔っぱらって左能さんに電話をかけた。
再びどちからともなく、どこかへ行きたいという話の続きになったとき、ゴビ砂漠が出た。少数民族の砂塚のような墓と蜃気楼を思い出す。
あそこにも間違いなく〈永遠〉がある、なんてまたお茶の酔いに溜息をつきつつ私が言うと、左能さんはやはり以前そのゴビ砂漠で会った少数民族の青年のことを話し出した。
 旅のメンバーと訳あって別れ、一人で暮れ方の沙漠を彷徨うように歩いた。野宿を覚悟しかけたとき、ハミ瓜を積んだ荷車を牽く青年と行き会うのだ。
一杯の水を所望すると、青年は足元も見えなくなった暗い地面にしゃがんで、わずかな枯れ草で火を熾し、お茶を点ててくれた。美味くはない。
どろりとしたまるで毒薬のような液体。青年は自分のぶんの最後の一杯を供してくれた。
 本当にお茶って何だろうね、とその夜も行き着く先はその言葉になったものだ。

 左能さんは今まで何冊か本を出したがおもに中国茶に関するもので、小説でお茶を題材にしたのはこれが初めてだ。大丈夫だろうかとよそ事ながら思った。
〈永遠〉なんてものは書けない。それと同じで〈お茶〉なんてものも書けるものではないと……。
 いったい中国人にとってお茶とは何だろう。
今はその中国人もウーロン茶といえば、日本産のサントリーのウーロン茶によって初めて知ったという笑えない話もある。
中国人の大半は緑茶で、青茶や黒茶(プーアール茶等)を飲む人々は数パーセントに過ぎないという。
その点ではウーロン茶や岩茶はお茶の中の狭き門で、すでに国籍は取り払われたも同然だ。あるのは水とは違う人間の身体を潤す液体ということ。
そうしてそれは日本の茶の湯のような精神性と別の、究極の味と効能を求めるものだ。
 この小説の最初のほうの頁を開くと、いつか左能さんが語ったゴビ砂漠の夕闇がたちこめている。
オアシスから何キロも離れた、まったく水の匂いのない乾ききった大地。ハミ瓜を積んだ荷車の轍の音が近づいてくる。
ああ、こうやって〈永遠〉が登場するのだ、と私は思った。
一九八〇年代初め、まだ地球の自然がずっと長く保たれると、大方の人々が信じていた懐かしい時代の夏のことである。    (むらた・きよこ 作家)
--------------------------------------------------------------------
「立ち読み」もできる。 アクセスされたい。

↓ 武夷岩茶の一種、大紅袍の茶葉と水色
798px-Daikouhou_03.jpg

私は「お茶屋」なので、中国の古来の茶についても多少の薀蓄はある。
ここに書かれている「岩茶」なるものについて少し書いておこう。
これは中国茶の一種で、茶の名産地である武夷山で産出されるもの。
ひとつまみを湯呑に入れて熱湯を注ぎ、滲出した上澄みを葉っぱをよけながら呑むのである。急須に入れてから湯呑に注いでもよい。

「武夷岩茶」については ← Wikipedia に詳しい。

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.