FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(3月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昨年の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
kohakucyou02-1コハクチョウ飛翔

弥生三月になりました。 3.11の哀しみと鎮魂の日が巡ってきます。
寒暖を織りまぜながら春は一歩づつ深まり、白鳥の「北帰行」も始まってます。

 くちびるが乾かないように春風を避けて光のフルートを吹く・・・・・・・・・・・・・・・・加藤治郎
 吉野山。胸せまりくる花のかげ 西行のごとく われは死なむよ・・・・・・・・・・・・ 岡野弘彦
 海に散る桜をどこかで見たやうに思へど遠し亡きははの声・・・・・・・・・・・・・・・馬場あき子
 まつさきに地上をおほふいぬふぐりつくしはこべら光の娘ら・・・・・・・・・・・・・・・・日高堯子
 宙をゆく老人あらば 早春のてふてふよ それは父ですから・・・・・・・・・・・・・・小島ゆかり
 穏しかるひと日にあらな一束にくくられしより水仙にほふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・篠 弘
 地下深く木々の根伸びてゆくさまを思えば突然さみしい地上・・・・・・・・・・・・・・・・小島なお
 赤土に赤き土偶の眠れるをしずかに満ちて桜ひらきたり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥田亡羊
 死はそこにあるかと思ふあかるさに菜の花咲けりその花を食ふ・・・・・・・・・・・・・・・外塚喬
 いつまでも暮れない空にくたぶれて門鎖しにゆく草匂ふところ・・・・・・・・・・・・・河野美砂子
 飯館村にとり残さるる牛たちの傍へ去り難きこころを思へ・・・・・・・・・・・・・・・・中埜由季子
 紫花菜野づらを蔽ひ咲きみてり荼毘のにほひのただよへる昼・・・・・・・・・・・・杜沢光一郎
 春の旅はげしき海に出会ひけり・・・・・・・・・・・・・阿部みどり女
 一燭に春寧からむ伎芸天・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿波野青畝
 蟇ないて唐招提寺春いづこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・水原秋桜子
 麗しき春の七曜またはじまる・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山口誓子
 バスを待ち大路の春をうたがはず・・・・・・・・・・・・・・・石田波郷
 春は白い卵と白い卵の影と・・・・・・・・・・・・・・・・・・富沢赤黄男
 人妻に春の喇叭が遠く鳴る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村苑子
 連翹に腑抜けのまなこ射られけり・・・・・・・・・・・・・・・・・高島茂
 朧月グラプトペタルムといふは何・・・・・・・・・・・・・・・・高島征夫
 そんならと猫化けの出る春芝居・・・・・・・・・・・・・・・・・三井葉子
 責任のすべては海綿体にある・・・・・・・・・・・・・・・・・・浪速靖政
 やわらかな雨木炭画を抜ける裸婦・・・・・・・・・・・・・・・田中峰代
 桜餅ひとりにひとつづつ心臓・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮本佳世乃
 色も線も奔り上がりて春の夢・・・・・・・・・・・・・・・・・・佐怒賀正美
 ひといろの青きものなく風光る・・・・・・・・・・・・・・・・・・・籾山梓月
 お別れは下校のあれを春隣・・・・・・・・・・・・・・・・・・・三島ゆかり
 襟巻となりて獣のまた集ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・野口る理
 歩き出す仔猫あらゆる知へ向けて・・・・・・・・・・・・・・・・福田若之
 あの課だけマスクの人が多すぎる・・・・・・・・・・・・・・・・小林鮎美
 水洟やフランス映画終りはFIN・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・林雅樹
 息吸へば吐かねばならぬ日向ぼこ・・・・・・・・・・・・・・・雪我狂流
 幸せといふには蝌蚪が多すぎし・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・矢口晃
 マスクしてイヤホンをして目を瞑る・・・・・・・・・・・・・・・山下つばさ
 空気よりわづかに重く梅ひらく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・西原天気
 包丁で荷紐解きたる猫の恋い・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山田露結
 春の日の水ふんづけてゐる子供・・・・・・・・・・・・・・・・・太田うさぎ
 電源を切れば鳴り出す桜哉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・岡野泰輔
 生きて見る正方形の春の雲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・関 悦史
 ゆっくりと陽炎になる老婆かな・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・御中 虫  
 あの人の行方あれこれ芹に訊く・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。

本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する 登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓します。アクセス数にもよるのでしょうか。 ご覧ください。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム
コメント
コメント
おはようございます
はや、弥生三月・・・
見えるのは、過ぎ行く時の速さばかり・・・。

歳を重ねるということは、こんなコトなのでしょうか。

三月もよろしくお願いします。

PCフリーズの件、当方のPC(8年前の型)は今のところ順調に動いております。
sohyaさんのPCはいつ頃のものなのかは知りませんが、
フリーソフトなどを使ってPCをクリーンアップされては如何ですか?

私は、メモリーも限界(1G)まで増やしているので、新型機種に変えるより手の打ちようがないのですが
ビンボー老人には、それもママならず、いまはフリーソフト「Glary Utilities」を使って、
時々PCをクリーンアップ、気休めしながら使っております。
コレもどこまで効果が上がっているのやら解りません。

では、また。

2012/03/01(木) 09:08:55 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
色々お教えいただき有難うございます
■Tokiraさま。
色々お教えいただき有難うございます。
私のはXPですから、最新の機能に対応できないようです。
例えばNHKラジオをPCで聴く、などの機能は
XPではできないようです。
XPはよくできたバージョンらしく永く使っている人が多いようです。
お教えいただいたGlary Utilitiesもどこまで効果があるのか、踏み切れません。
色々考えてみます。
では、また。

2012/03/01(木) 14:08:55 | URL | sohya #- [ 編集 ]
三月のご挨拶
早々に私のブログにご挨拶をいただき、ありがとうございました。
大震災から一年経ちました。
元気を探して暮らしていこうと思います。
2012/03/01(木) 15:12:40 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
こんにちは
昨日の雪から一転、暖かい三月の入りとなりました。
一年前のことがまるで先日のことのようですが、まだまだ落ち着かない日々が続いています。
不安を言い出したらキリはないのですが、毎日の暮らしを大切に過ごしていこうと思うこの頃です。
今月もまたよろしくお願いします。
2012/03/01(木) 15:56:21 | URL |  われもこう #- [ 編集 ]
こんにちは。
三月と聞くと、「春」を連想してしまいますが、
まだまだ寒い日が続きそうですね。
一年前の三月・・
色々なことを考え・感じた三月。
大切に・丁寧に過ごしたいと考えています。
今月も宜しくお願い致します。
by aki
2012/03/01(木) 21:51:22 | URL | kaboとaki #- [ 編集 ]
寒暖
もう3月ですね。
東京は昨日の閏日に雪が降り、会社のビルに入った途端に転んでしまいました。
膝を打って、昨日一日は痛みもありましたが今日は大丈夫でした。
10日ほど前には、電車が発車して直ぐに急ブレーキをかけたときに、2m先まで飛んでしまいました。
反射神経が衰えているのを凄く感じている今日このごろです。

今月もよろしくお願い致します。
2012/03/02(金) 00:02:56 | URL | 浮浪猫 #IG4Nybac [ 編集 ]
体調不良で中々ブログが開けず遅くなりました。
今月も宜しくお願い申し上げます。
2012/03/05(月) 12:16:07 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
こんばんは!
ご挨拶が大変遅くなりすみません!
例年ですとこの時期はさほど忙しくないはずなのですが、何かとバタバタしております。。
4月まで、あと一ヶ月の辛抱なんです。頑張ります!
まもなく新刊が刊行されるとのこと、おめでとうございます☆
ぜひ書店で探して、拝見させていただきますね(^-^)
今月もどうぞ宜しくお願いいたします♪
2012/03/05(月) 22:14:49 | URL | Tutti #4nojMgsc [ 編集 ]
コメント有難うございます。お大事になさってください。
■シルバさま。
■われもこう様。
■kaboとakiさま。
■ぷりんちゃん様。
お大事になさってください。
■浮浪猫さま。
■Tuttiさま。
皆様コメント有難うございます。
東日本大震災から一年ですが、
鎮魂と復興に思いをいたしましょう。
では、また。
2012/03/06(火) 09:13:12 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.