FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
『芸術と自由』誌No.282より・・・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
芸術と自由

──新・読書ノート──

   『芸術と自由』誌No.282より・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

     ◆ 新・・・・・・・・・・・・・・・剣持政幸

  空白の時間がすぎあのと指せた建物が消えている

  道幅の拡張で消されてしまう家屋 百年も経たない新の軽さ

  置き去りにされた腕時計弄くられ良いことばかり浮かんでる

  純粋に生きるのも良いだろう 枯草へ火を放ち過去を炙り出せ

  情熱があることは若さの証明 歌に吐くのは過去の渇きか

  短歌とはなに──金子きみが遊びで良いと嘲笑(わら)うだろう

  唇が濡れ始め生きることに欲が出てきた 俺も男だったか

  膨らみのない腕 筋肉質でない男に寄せる花芯の囁き

  生命を育む母胎に吐き出すのはネバネバの戯れ言ばかり

  突き刺せる力が欲しい 針のように抉りたい獣の目線

-----------------------------------------------------------------------------

    ◆ とにかくの春・・・・・・・・・・・藤原光顕

  道を削り穴を穿ち三月は町じゅう春を掘り出している

  二月の暦を剥ぐと陽ざしが三月になる うすい汚れも見えてくる

  おそらくはそのまま消される 監視カメラへちょっと余分な動きしてみる

  一時間に二本のパスが遅れる「遅れるからバス」と言った人もういない

  そう言えば一日二本のふるさとのあのバスは今も走っているか
  
  バッグひとつ忘れなければ。財布・鍵・手帳に薬3種類ほど

  気がつけば階段の手すり持っている転ばぬ先 のつもりだったが

  CECILEのカタログが届く この雨があがれば春が来るという

  春 と見上げる雲が花水木の道に続く もう歩くこともないだろう

  何もない岬はエリモと思い出すまで しんどい朝が春である
------------------------------------------------------------------------
今日とどいた『芸術と自由』誌No.282より剣持政幸、藤原光顕両氏の作品を引いておく。

剣持政幸氏の作品は、リアリズム・オンリーだった氏には珍しく「比喩」を駆使した表現になっている。

  <唇が濡れ始め生きることに欲が出てきた 俺も男だったか

  膨らみのない腕 筋肉質でない男に寄せる花芯の囁き

  生命を育む母胎に吐き出すのはネバネバの戯れ言ばかり>

の個所などは「暗喩」として秀逸である。 彼の身の上に何かあったのか。

藤原光顕氏の一連は、いつもながらの光顕節として飄逸で、老いの哀歓を表現して面白い。

コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.