FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202010
世界にはばたく須藤元気『WORLD ORDER』・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

     
     世界にはばたく須藤元気『WORLD ORDER』・・・・・・・・・・・・・・・・木村草弥

いま話題の須藤元気とWORLD ORDERは、およそ均一的な日本ならびに日本人の枠をはみ出ている。
そのデビューのスタートを外国から始めるというのも、須藤の経験から来ている。
彼は「格闘家」としてのスタートも外国──アメリカから始めている。

彼のサイト←はここ。
そのデビューの仕方も今風で、youtubeという無料の媒体を利用し、何千万というアクセスを獲得した。
すでにご承知かと思うが、それらのyoutubeを出しておいた。

↑ 掲出したのは、 2009/07/11、須藤元気率いるパフォーマンス集団「WORLD ORDER」が、アメリカ・ロサンゼルスのステイプルズセンターで開催されたIT業界の世界的イベント「Worldwide Partner Conference 2011 」(WPC)初日のオープニングアクトを務め、見事なダンスで、約1万4,000人の観衆を沸かせた。

 「Worldwide Partner Conference 」は、マイクロソフト社が毎年開催しているIT業界屈指の一大イベントであり、
マイクロソフト社のパートナー企業など、1万人以上の関係者が世界中から集結。
今年は、7月10日から14日まで盛大に開催される。「WORLD ORDER」は、マイケル・ジャクソンの告別式が行われたロサンゼルスのアイコン的なイベント会場であるステイプルズセンターのメインステージで開催されるオープニングイベントのトップバッターにゲストアーティストとして大抜擢された。

冒頭、スーツ姿で登場した須藤は、流暢な英語でスピーチを披露。大地震、そして津波により尊い命が数多く奪われた、東日本大震災の悲劇を伝え、「日本は、復興への道の途中なのです」と静かに語った。
その後、会場のスクリーンでPVが流れると、「WORLD ORDER」がステージに登場! 
オリジナリティあふれる個性的なダンスで観客を圧倒し、会場は大きな歓声と拍手に包まれた。

 「WORLD ORDER」は、須藤が現役の男性ダンサーと共に結成した7人組のダンスパフォーマンスユニット。
音楽も、須藤自身が直接手がけ、一線級のアーティストの協力のもと、作詞、作曲、そしてみずからボーカルも務めている。
まるで機械のように細やかな振り付けは、須藤自身がディレクションし、メンバーたちのアイデアを形にしているという。クオリティの高いPVは、YouTubeで紹介され、“今まで誰も観たことも聴いたこともない、唯一無二にして驚愕のパフォーマンス”として、当初だけで580万アクセスを記録。今では数千万アクセスと言われている。

フランスの番組でも取り上げられるなど、活躍が目覚ましい。ロサンゼルスで大成功を遂げ、
まさに海外進出の第一歩を踏み出した「WORLD ORDER」、これからの活躍に注目したい。



今夜2012/09/05 18:55 NHKEテレ「Rの法則」で「ワールドオーダーと運動部101人」のライブが放映される。
その様子を 最新の音楽ニュース「ナタリー」で画像として見られるので、お試しあれ。


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.