FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(10月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昨年の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
c0085874_23145441ホトトギス

十月になりました。
の季節です。味覚の秋、体育の秋です。

 そよや風われはその声知らねども百舌鳴くやうな夕暮れ来たる・・・・・・・・・・・・・・内藤明
 ひと隅を占めて咲きいる慎ましさつゆの乾ぬまのむらさきしきぶ・・・・・・・・・・・・三枝浩樹
 青空のふかく澄む日は 聞こえるかきんもくせいの老人のこゑ・・・・・・・・・・・・小島ゆかり
 流離(さすら)わず七度目の干支擦り抜けむせめても遠き祖霊相連れ・・・・・・・・田島邦彦
 歳月をひとめぐりして立ち寄ればぬすびと萩に種の実れり・・・・・・・・・・・・・・・横山未来子
 高きたかき脚立の上より声かけて下されし写真家の若かりし声・・・・・・・・・・・・ 中野照子
 息抜きにゼブラフィッシュのしましまの模様のでき方の論文を読む・・・・・・・・・・・・永田紅
 沖縄のかがやく碧よ、北国の蒼き冥さよ 海めぐる国・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・森山良太
 声の限り心の限り大泣きの児はあかあかと紅葉に並ぶ・・・・・・・・・・・・・・・・ 春日真木子
 晩秋の沼の面の水馬は微かな光の輪を踏みて立つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 三井修
 年々の花よりまぼろし歳々を生死のことにほうとしわれは・・・・・・・・・・・・・・・・・・・成瀬有
 赤の飯炊かば佳き日のよき思ひかへらむか小豆煮えつつぞある・・・・・・・・・蒔田さくら子
 あなたがやめた多くを続けてゐる僕が何ももたずに海にきました・・・・・・・・・・・・光森裕樹
 十月や
顳顬さやに秋刀魚食ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・石田波郷
 秋の航一大紺円盤の中・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・中村草田男
 蛇消えて唐招提寺裏秋暗し・・・・・・・・・・・・・・・・・・秋元不死男
 石の上に秋の鬼ゐて火を焚けり・・・・・・・・・・・・・・・富沢赤黄男
 カステラが胃に落ちてゆく秋の昼・・・・・・・・・・・・・・・・大野林火
 秋暁や胸に明けゆくものの影・・・・・・・・・・・・・・・・・・・加藤楸邨
 玉垣の内の羽音も日短・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・阿波野爽波
 足もとはもうまつくらや秋の暮・・・・・・・・・・・・・・・・・・・草間時彦
 秋の夜や紅茶をくぐる銀の匙・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日野草城
 にせものときまりし壺の夜長かな・・・・・・・・・・・・・・・・・木下夕爾
 機関車の底まで月明か 馬盥・・・・・・・・・・・・・・・・・・・赤尾兜子
 点鬼簿に入りしその名を虫のこゑ・・・・・・・・・・・・・・・・・・高島茂
 柘榴打ちリリーマルレーン唄ふべし・・・・・・・・・・・・・・・高島征夫
 壁の絵は不矩のカトレア秋灯・・・・・・・・・・・・・・・・・・対中いずみ
 月光にひっそりと訃を受けとめる・・・・・・・・・・・・・・・林田紀音夫
 鯊の秋ハドソン湾へ水茶色・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・杉原祐之
 此の百歩巨人の一歩芒原・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・酒井俊祐
 生りたらぬところさみしき滝見かな・・・・・・・・・・・・・・・有沢
榠樝
 丸見えの桃の縫目を撫で下ろす・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 〃
 ラブホテル正午の水を打ちにけり・・・・・・・・・・・・・・・・加藤静夫
 望の夜の人にてのひら魚に
・・・・・・・・・・・・・・・・・津川絵里子
 食パンの中に空洞朝ぐもり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷口摩耶
 扇風機どこかの鈴木から電話・・・・・・・・・・・・・・・・・・・福田若之
 鷲鼻の国に来てゐる涼しさよ・・・・・・・・・・・・・・・・・・松本てふこ
 長い長い手紙を書いてきた海だ・・・・・・・・・・・・・・・・・前田一石
 ここは信濃唇もて霧の灯を数ふ・・・・・・・・・・・・・・・・加倉井秋を
 何べんも秋草数へ人は老ゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・山田みづえ
 初桃のまだ強情な果肉なり・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 石原明
 恋は過去形エッチングなんて手法・・・・・・・・・・・・・・原田否可立
 蜻蛉の脚の関節すこし風・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 桑原三郎
 原発に腰かけて君何思ふ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・谷雄介
 水澄むや悲劇好みの性(たち)らしい・・・・・・・・・・・・・・・七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。

本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第五歌集『昭 和』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
一般書店からの取り寄せは、角川書店の配本部門・角川グループパブリッシング発売、と指定されたい。
ネット書店ではセブンネットショッピングLivedoor.Books紀伊国屋書店BookWeb、 楽天ブックスブックメール倶楽部、全国書店ネットワークe-hon でも買えるようになっています。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する 登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓します。アクセス数にもよるのでしょうか。 ご覧ください。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム


コメント
コメント
中秋の名月・・・
おはようございます。

台風で“名月”は見なかったのですが
今朝、日課になっている浴場洗いを済ませ、
5時より早朝散歩に出かけたら西の空に、
霧のベールに覆われた“名残の名月”を
観賞させて貰いました。
「名残り月」もなかなかのモノでした。

今月もよろしくお願いします。
2012/10/01(月) 09:02:44 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
台風一過
台風一過の青空が広がる10月1日となりました。
今年も残すところあと3ヶ月。後悔しないように、新しいことにもチャレンジしていこうと思うこの頃です。
今夜の十六夜の月が見られるかどうか・・曇り予報が気がかりです。

今月もまたよろしくお願いします。
2012/10/01(月) 12:36:06 | URL |  われもこう #- [ 編集 ]
こんにちは。
つい先日までの暑さが嘘の様ですね。
カレンダーも残り三枚になり、
もう今年の終わりが見え隠れし始めて・・
今月も宜しくお願い致します。
by aki


2012/10/01(月) 21:17:24 | URL | kaboとaki #- [ 編集 ]
何時ものようにご無沙汰しております。
秋をようやく感じられる時期になってきました。
虫の音色が耳に心地よく静かな夜を。。。
ちょっとこの時間では不規則な生活かな。

今月もよろしくお願いいたします。
2012/10/02(火) 02:33:01 | URL | 浮浪猫 #IG4Nybac [ 編集 ]
秋ですね
こんばんは★
朝晩急に涼しくなりましたが、体調くずしてないですか?
湿度が低い日は、ヨーロッパ並みにテラスで食事が楽しい季節になりましたね!
まだまだ気温変化が激しく、服装選びも難しい日々が続きますが、お身体ご自愛くださいませ。
今月もどうぞ宜しくお願いいたします♪
2012/10/02(火) 22:21:21 | URL | Tutti #4nojMgsc [ 編集 ]
今月もよろしくお願いします。
10月の写真は、ホトトギスですね。
さすがに最近は涼しくなり、虫の声も聞こえ、秋を感じます。
2012/10/04(木) 22:40:08 | URL | シルバ #ssipyxQM [ 編集 ]
「秋」のコメント有難うございました
■Tokiraさま。
■われもこう様。
■浮浪猫さま。
■kaboとakiさま。
■Tuttiさま。
■シルバさま。
コメント有難うございました。
涼しくなりましたが、日中と朝晩の気温差が大きく、
着るものの取捨が面倒です。
今月も、どうぞ、よろしく。 では、また。
2012/10/05(金) 11:39:12 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.