FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
草弥の詩作品「こたつがかり──お冬の巻」・・・・・・・・・・・・木村草弥
cc127-02こたつ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
   草弥の詩作品<草の領域>
      poetic, or not poetic,
      that is question. me free !
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


──<後水尾院>シリーズ──(26)

     こたつがかり──お冬の巻・・・・・・・・・・・・木村草弥

     寒くなってきた
     京の底冷えと言って
     盆地である上に
     都の三方を山に囲まれて
     冷気が溜まりやすく
     京の都の冬は とても寒い

     禁裏は
     北は今出川通から
     南は丸太町通までの間で
     極端に言えば 冬の間は
     比叡下ろしの風が 雪を呼んで
     いつも ちらちら 雪が舞う始末だった

     お上は
     馴染みの お冬を呼ばれたのだが
     寒くて 炬燵を出られなかった
     夜は しんしんと 更けていった

     <お上 よい知恵がありますのえ
     こたつがかり と言いますのえ>
     と言って お冬が お上を誘った

     炬燵に入ってのプレイである
     お冬は お上の膝の上に座り
     こたつ台に手をつきながら 挿入する
     座位の後背位である

     これは 炬燵を利用した冬限定の体位である
     お冬は 炬燵に手をつきながら
     一心に 腰を振った
     お上は お冬を抱きかかえながら
     お冬の乳首を もみしだいた

     二処責めの愛撫に
     お冬は よがり声を上げた
     それに刺激されて
     お上も 歓喜の声で 応じられた

     抱き合ったまま 横に倒れて
     なおも 激しく まぐわうのであった
     そして二人は 絶頂に達した

     泰平の世がつづいて 
     下々の庶民も 
     性の楽しみに 勤しむようになり
     四十八手 なんていう体位を
     編み出す 始末だった
     <江戸四十八手>という
     浮世絵の春画や 手拭に版刷りした
     体位一覧が 出回るような始末だった

     こんなものがあるが お分かりかナ

    うしろやぐら  吊り橋  寄り添い  撞木ぞり  獅子舞  菊一文字 
    こたつがかり テコかがり  岩清水  時雨茶臼  理非知らず  茶臼のばし 
    こたつ隠れ  乱れ牡丹  帆かけ茶臼  本駒駆け  百閉  雁が首  しがらみ 
    二つ巴  御所車  松葉崩し  碁盤攻め  首引き恋慕 しぼり芙蓉  仏壇返し 
    手懸け  椋鳥  窓の月  鳴門  しめ小股  千鳥  抱き上げ  流鏑馬 
    立ちかなえ  鵯越え  だるま返し  千鳥の曲  抱き地蔵  浮き橋  立ち松葉 
    鵯越えの逆落とし つばめ返し  宝船  押し車  深山  立ち花菱  鶯の谷渡り

       雪が 小止みなく降りつづき
       夜は しんしんと更けていった

のちに後水尾院は詠まれた

     <手習ひのただ一筆も書き添へばいかで待ち見るかひもありなん>


    
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.