FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
POSTE aux MEMORANDUM(11月)月次掲示板
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
昨年の東日本大震災により被災された方々に
心よりお見舞い申上げ、死者に哀悼の意を表します。
一日も早い復興をお祈りいたします。 原発の放射能には怒りを。
                                 木村草弥
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

このトップページは「月次掲示板」です。最新記事は、この次から始まります。 ↓
aaootuwabuつわぶき

十一月になりました。
いよいよ冬に入ります。文化の香りも。

 万葉の蟹が哀しくうたう歌 万葉人も食っていた蟹・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・奥村晃作
 冬ぞらを錐揉みて立つ樅の木の末(うれ)は流るる雲を梳きつつ・・・・・・・・・・恩田英明
 あれは秋の死のくるめきか澄みのぼる鳥を目守りき点となるまで・・・・・・・・・長岡千尋
 十歩ほど互みに過ぎて気づき合ふ秋の半ばのすずめいろどき・・・・・・・・・・・高旨清美
 舞ひたつは愉しからむよ木枯しに吹かれて飛ぶはけやきの落葉・・・・・・・・・・三井ゆき
 涙もろくなりし秋かな耳もとに閑吟集の小歌ささめく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・島津忠夫
 白玉か何ぞと問はむひとなくて露もひさしき秋をおそるる・・・・・・・・・・・・・・・ 水原紫苑
 句の中の戦後間もなき青空よ 林檎も雁も晩秋の季語・・・・・・・・・・・・・・・佐佐木幸綱
 負け方も大事のひとつ風の尾が路上の落葉を攫いて行けり・・・・・・・・・・・・・・・三井修
 渋皮のなかなか剥けぬ爪汚しつつ中年期に入りたり・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 駒田晶子
 わたしよりうつくしい眼のそのひとに如雨露のような性欲だろう・・・・・・・・・・・ 大森静佳
 からすうりの赤きが枝に二つ三つ裏山の冬の木はやわらかし・・・・・・・・・・・・ 斎藤芳生
 十一月あつまつて濃くなつて村人・・・・・・・・・・・阿部完市
 十一月いづくともなき越天楽・・・・・・・・・・・・・・・滝沢和治
 山の子が独楽をつくるよ冬が来る・・・・・・・・・ 橋本多佳子
 難民はムンクの叫び冬が来る・・・・・・・・・・・・山上樹実雄
 冬がくるドレッシングの分離層・・・・・・・・・・・・・ふけとしこ
 冬ざれや瀬音ま近く湯にひたる・・・・・・・・・・・・・角川源義
 たはごとや芒はなびくばかりなる・・・・・・・・・・・・油布五線
 信じてはいけない熊に月あかり・・・・・・・・・・・・・・・東直子
 立ちざまに足の触れ合ふ十三夜・・・・・・・・・・・・太田うさぎ
 民草の吾にとんぼの止まりけり・・・・・・・・・・・・・中塚健太
 トラックの胴に歌麿冬ざるる・・・・・・・・・・・・・・・・山下和子
 抒情詩ではあるまいかいわし雲・・・・・・・・・・・・・・高梨章
 海を北に山を南に秋惜しむ・・・・・・・・・・・・・・・・田島風亜
 蟋蟀や明朝体の脚持てり・・・・・・・・・・・・・・・・・高勢祥子
 纏ひつくものけざやかに紅葉なす・・・・・・・・すずきみのる
 病む人の爪透きとほるしらが葱・・・・・・・・・・・・・藤山直樹
 牛の尻並べ勤労感謝の日・・・・・・・・・・・・・・・・鈴木牛後
 発泡酒ばかりを飲みて神楽舁・・・・・・・・・・・・・・杉原祐之
 母の手を振り解く子や七五三・・・・・・・・・・・・ 小早川信義
 芋菓子と栗菓子とあり一つづつ・・・・・・・・・・・・・上田信治
 ラグビーを観ながら非常階段を・・・・・・・・・・・・・・・今村豊
 椅子に待つ蚕豆の茹でおはりかな・・・・・・・・・・生駒大祐
 新神輿金銀よりも白木美し・・・・・・・・・・・・・・・・中西夕紀
 長き夜のはじめに窓枠のありぬ・・・・・・・・・・・・・茅根知子
 警告が出て押す理容院の椅子・・・・・・・・・・・・・井上一筒
 口中に一枚の舌神の留守・・・・・・・・・・・・・・・・ 岩永佐保
 東京の讃岐うどんや秋の雨・・・・・・・・・・・・・・・・和倉左京
 百舌さけぶ悲劇は晴れた日に起こる・・・・・・・・・ 福田若之
 唇を咬めばはぐれの鳥渡る・・・・・・・・・・・・・・・・・ 七風姿


ご来訪くださいまして有難うございます。
ぜひコメントを置いてください。コメントには必ず返事いたします。 ただし不穏当なものは勝手ながら削除いたします。
コメントは各記事の末尾に「コメント」「CM」という欄がありますから、それをクリックしてお入りください。
私はこのブログを、WebのHP「木村草弥の詩と旅のページ<風景のコスモロジー>」と一体としたものとして運営しています。
このblogは、私の知人、友人にも公開しているので、閲覧の便宜のために少し説明させて下さい。

本文の中で「色の変っている」部分は「リンク」になっていることを意味します。クリックで当該記事へ飛びます。
 GoogleYahooで「木村草弥」や「K-SOHYA POEM BLOG」で検索して頂くと数千件のヒットがあります。重複も多いのですが、ここでしか読めないものもあります。

閲覧の仕方
「当月」の記事は開いている状態でご覧になれますが、「先月」などのバックナンバーの閲覧は、上部のカレンダーの « の印を押して「過去」へ進んでください。
ただしカレンダーの無いものもあります。
「月別アーカイブ」は30件表示するようになっています。30件以上ある場合は「NEXT」を押して進んでください。
「カテゴリー」を選んでいただくと、当該カテゴリーの一覧として、ずらっと出てきます。よろしく。 
私の記事は、引用、リンク、転載フリーです。事後でもお知らせ下さると嬉しいです。
パソコンの画面は「最大化」でご覧ください。

私のブログは大きい写真が入りますので、チョン切れを避けるためです、よろしく。

☆─Doblogの過去記事について─☆
Doblogでは2009/05/30付けをもってサービスが廃止されました。
ここには丸五年間にわたって記事を書いてきましたので、その量は厖大になります。
Doblogの廃止に伴い、急遽とりあえず未整理のまま、こちらに移しました。追々整理して記事としてアップすべきものは、して参ります。

Doblogでは特別の設定をしなくても自動的にアクセスカウンターが表示された。
下記の数字はハードディスクに障害を起す前日─2009/02/07の数値である。

アクセス数
昨日のアクセス数:282件
今日のアクセス数:617件
総アクセス数:764957件

この日が私のン十回目の誕生日というのも何か皮肉な暗合である。

★─My Works─★
著書──
 歌集 『茶の四季』 『嘉木』 『嬬恋』 『昭和』(以上4冊、角川書店刊)
 歌集 『樹々の記憶』(短歌新聞社刊)
 詩集 『免疫系』(角川書店刊)
 詩集 『愛の寓意』(角川書店刊)
 紀行歌文集 『青衣のアフェア』 『シュベイクの奇行』 『南船北馬』(私家版)

木村草弥の本について
◆第五歌集『昭 和』は、下記のところで買えます。   
お求めはamazonをはじめオンライン書店や、一般書店からの取次ぎでお願いしたい。
アマゾンには在庫してもらってあるので、即刻の配達が可能の筈です。
一般書店からの取り寄せは、角川書店の配本部門・角川グループパブリッシング発売、と指定されたい。
ネット書店ではセブンネットショッピングLivedoor.Books紀伊国屋書店BookWeb、 楽天ブックスブックメール倶楽部、全国書店ネットワークe-hon でも買えるようになっています。
◆私の「旧作」は、目下、出版社からは取り寄せ出来ません。amazon「日本の古本屋」に出回っていることがありますから、ここから検索してみて下さい。もう何人もお買いいただいています。
本(歌集、詩集)の詳細はWebのHPをご覧下さい。よろしく。

木村草弥─Wikipedia

ランキングを確認する 登録ジャンル:学問・文化・芸術>小説・詩
これも戯れですが、結構おもしろいです。日々↑↓します。アクセス数にもよるのでしょうか。 ご覧ください。

banner99条守ろう

  9条守ろう!ブロガーズ・リンクに参加しています(0215)
 日本国憲法九条
1. 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、
永久にこれを放棄する。
2. 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

Banner_125x125_0003_D.jpg

   「地球上のすべての人が、
  人類すべての知識への自由かつ完全なアクセスを分かち合えたら、
  と想像してみてください。」
──── ウィキペディア創設者 ジミー・ウェールズ

「角川書店」話題の新刊書籍
「新潮社」 今月の新刊
講談社BOOK倶楽部
「集英社文庫」新刊
「岩波書店」
「青土社・ユリイカ」
詩の本の思潮社
土曜美術社出版販売「詩と思想」
文芸春秋社・書籍ショールーム


コメント
コメント
十一月です
おはようございます。

もう十一月・・・つい先頃に同じコトを言ったような記憶があります。
何もやらないのに時間だけが早く過ぎていく。

“老い”の特徴・・・ですか?
今月もよろしくお願いします。
2012/11/01(木) 06:08:26 | URL | Tokira #VL3GinqI [ 編集 ]
霜月
もう11月。寒くなってきましたね。
世の中のスピードに付いていけなくなっています。
マイペースで行っていたら21世紀では取り残されてしまんでしょうね。
まあ、しかたないかな。20世紀の人間だから。
そんな私ですが、今月もよろしくお願い致します。
2012/11/03(土) 15:20:54 | URL | 浮浪猫 #FSUpcb0k [ 編集 ]
毎月早々のご挨拶有難うございます。
今月も宜しくお願いします。
2012/11/03(土) 20:53:47 | URL | ぷりんちゃん #- [ 編集 ]
こんにちは。
つい先日までは、暑い暑いとぼやいていましたが、
あっと言う間の11月。
秋を楽しむ間も無く、冬になりそうです。
今年も残すところ、あと二月。
最後の最後で後悔しないよう・・
頑張りたいと思います。
急に寒くなりました。
お体ご自愛下さい。
今月も宜しくお願い致します。
by aki
2012/11/05(月) 12:39:53 | URL | kaboとaki #- [ 編集 ]
こんにちは
11月のご挨拶を、「我が家の石蕗も咲いてと・・」置いたとばかり思い込んでましたが・・・^^;
きちんと送信していなかったようで、いつもながらの慌てん坊です。
暖かい冬の入りですが、油断はできませんね。
どうぞお体にお気を付けてください。

2012/11/11(日) 11:37:44 | URL |  われもこう #- [ 編集 ]
十一月のご挨拶有難うございます
■Tokiraさま。
■浮浪猫さま。
■ぷりんちゃん様。
■kaboとakiさま。
■われもこう様。
十一月のご挨拶有難うございます。
内外ともに、ざわざわと騒がしく
落ち着かない昨今です。
下々の生活も、そんな動きに左右されます。
心して参りましょう。
では、また。
2012/11/12(月) 11:55:32 | URL | sohya #- [ 編集 ]
ご無沙汰しています
いつもごあいさつありがとうございます。
季節のせいか病気のせいか、何となくうつうつとした日々を過ごしています。今月後半は気分を変えて思いきり遊んでみようとは思っていますが。
2012/11/15(木) 17:59:39 | URL | エスペラ #sPs6FRr6 [ 編集 ]
ご自身のことを先ず第一に考えてください
■エスペラさま。
その後ご体調は、いかがですか。
目下のあなたは、他人の世話よりも、
ご自身のことを先ず第一に考えてください。
これは友人としての私からの忠告です。
どうぞ、お大事に。
2012/11/16(金) 05:56:09 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.