FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
わたしはななしのことばです/よしなしはなしにみをうかべ/ひとからひとへとながれゆく・・・・・・・・・四元康祐
四元

──四元康祐の詩──(3)

     四元康祐詩集『日本語の虜囚』・・・・・・・・・・・木村草弥   
             ・・・・・・・・思潮社2012/08/31刊・・・・・・・・・・・

ドイツはミュンヘンに在住しながら、日本語にこだわり現代詩作家として活躍、その存在感を誇示する四元康祐の新詩集である。
長い詩が多いので、短い詩を選んで引いてみる。

          ことばうた

     わたしはななしのことばです
     よしなしはなしにみをうかべ
     うれしかなしのなみにゆられ
     ひとからひとへとながれゆく

     わたしははだしのことばです
     したにおわれみみへにげこみ
     こころのふかみにうずくまる
     やみがわたしのふるさとです

     わたしはだましのひかりです
     かたりあざむきめくらまして
     こくうにおりなすしんきろう
     まいちるなまえのはなふぶき

     あかんぼうのよだれにまみれ
     こいびとたちのむねにやかれ
     としおいたといきにたえいり
     けれどもなおしぬにしなれず

     わたしはあさましことばです
     とうすみとんぼのゆうぐれこ
     じょうどのしじまおもいつつ
     あなたとともにいきています

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
          こえのぬけがら

     もじにかかれたことばはさみしい
     のどもさけよとさけんでも
     とじたベえじのうえにはさざなみひとつたちはしない
     しらじらとはくしのひかりをあびるだけ

     こえをなくしたことばはかなしい
     にくのぬくもりわすれられず
     ひとめすがってやせたあばらをあらわにさらし
     きこえないこえのこだまにむねをこがす

     いみよりもふかいためいき
     りづめをときほぐすふくみわらい
     おぎゃあからなんまいだまでのしどろもどろ
     そのあとさきをみたすやみりのしずけさ

     もじはただもどかしげにゆびさすばかり
     ゆびをくわえてみつめるばかり
     つないだてのぬくもりの そのくちびるのやさしさの
     いろはにおえどちりぬるを

     ひととわかれたことばはうつろ
     ひとなつにふりそそぐこえのせみしぐれ
     そのいさぎよいしにざまにうっとりとあこがれながら
     もじはちじょうにしがみつく

------------------------------------------------------------------------
彼については「四元康祐の詩」に収録した旧作のところを参照してほしい。

今度の詩集の終わりに、こう書いてある。

  日本語の虜囚    あとがきに代えて

つい最近まで、私は日本語から自由になったつもりでいた。今年で二十五年目を迎える外地暮らしの、日常
の意思疎通やら商売上の甘言詭弁は云うに及ばず、詩においてもそうなのだと髙を括っていた。個々の言語を
超えた「大文字の詩」の存在を疑わず、それこそが我が母語であり祖国であると嘯いていた。
実際、表面的なレベルでならその言葉に嘘偽りはないのである。ここ数年の私は世界各地の詩祭に足繁く通
い、英語を仲立ちにグルジア語からへブライ語まで、何十力国もの言語で詩をやりとりしてきた。文化や人種
の壁を越えた詩人という種族の存在を肌身で感じ、その共通語としての詩を、ときに辞書を引きつつ、ときに
身振り手振りを交えて味わった。そこに束の間出現する詩の共和国に、私が地上のどこよりも郷愁を感じたと
いってもあながち誇張ではなかつただろう。
だが事態はそれほど単純ではなかった。『言語ジャック』という作品集を書いたあたりから、私は日本語に
囚われてしまったらしい。自分の書きたいと思う作品が、どういうわけか翻訳することの極めて困難なものば
かりになってきたのである。ましてそういう作品を、母語以外の外国語で書くことなど到底不可能なのだった。
たとえば表題作の「言語ジャック」は、新幹線の車内案内や芭蕉の『奥の細道』の序文に、それとほぼ同じ
音数のテキストを重ねたものであるし、「魚の変奏」という作品は、即興的に書いた詩の子音(または母音)
だけを残し、母音(または子音)の部分だけを置換することによって音韻的な変奏を奏でるという趣向である。
どう逆立ちしても、こんなものが翻訳できるわけがないのである。
さては困った。これではせつかくの最新作を地球上津々浦々の詩友に伝えることができないではないか。詩
祭に行っても読むものがなく、アンソロジ—に誘われても載せるものがない。いやそれだけならまだよい。今
後の国際化を断念するだけの話だ。だが私の場合は国内路線に特化しようにも、生活の場は引き続きミュンへ
ンなのである。ここで余生を過ごすのだ。日本語の殻に籠っていては、やがて友を失い陰気で孤独な老人とな
るだろう。その日本語自体が劣化して、遂には自分にしか通じないビジン・ジャパ二ーズと成り果てよう。国
を棄て親を棄てた忘恩の徒を待ち受ける、母語の復替や恐るべし。
どうしてこんな羽目に陥ったのか。この機会に『言語ジャック』以前と以後の作品を比較検討してみよう。
以前の私の作品には、物語詩にせよ抒情詩にせよ、ナラティヴというものがあり、その語り手がいた。彼また
は彼女は平明で論理的な言辞を用いて、日常の背後にある「詩」の存在を指差していた。生活者の現実感覚と
そこへ侵人してくる超越的世界としての「詩」の対比が、私の詩の中核だった。つまりその言説はつねに詩の
外側にあったのである。
これに対して最近の作品は、日常的な現実をすっ飛ばしていきなり「詩」の内部へ入りこもうとする傾向が
ある。それは語り手を持たない。ナラテイヴというほどのものすらなくて、あるのは言語だけだ。言語による
言語のための言語についての汎言語的空間。そしてどういう因果か、私の場合、その言語は母語である日本語
でなくてはならなかったのだ。
詩の外側にあつて詩を指し示す言葉と、詩の内側から溢れ出しそれを遡行することによって詩へと到りうる
言葉。この二種類の言葉と「詩」との関係を、井筒俊彦氏の理論における分節Ⅰと分節Ⅱ、そして根源的絶対
無分節という概念によって説明することが出来そうだ。分節Ⅰとはいわゆる表層言語または論理言語。ここで
は山は山、川は川と、世界は事物の本質によって厳しく規定されている。次に根源的絶対無分節とはそこから
あらゆる意識が滑り出すその元の元、意識の最初にして最後の一点、心が全く動いていない未発の状態をいう。
仏教における無の境地である。そして分節Ⅱは、一見分節Ⅰと同じに見えて実は根源的絶対無分節を潜り抜け
てきた深層的な言説。平たく言えば「夢の言葉」だ。そこでは事物の本質結晶体が溶け出して、山は山であつ
て山でなくひょっとしたら川かもしれない。具体的には禅の公案や「一輪の花はすべての花」「二粒の砂に世
界を視る」といった詩句がこれに近い(井筒俊彦『意識と本質』参照)。
従来私の書いていた詩は、主題の如何に拘らず言説のレベルにおいては分節Ⅰとして機能していたといえる
だろう。それは事物の本質に裏打ちされ日常の論理に従っているがゆえに、外国語への翻訳も比較的容易で
あった。これに対して『言語ジャック』以降の詩は分節Ⅱの方へ引き寄せられている。分節Ⅱとは意識の始原
汰態としての絶対無分節を潜り抜けてきた言説であるが、私にとつて意識の始原は赤ん坊の喃語のごとき、あ
るいはイザナギの剣が掻き回した海のごときどろどろの日本語素(日本語の未発状態)として存在しているら
しい。つまり意識と日本語が渾然一体となって意味論理の岸辺の彼方で波に揺られている混沌状態。そういう
ところに翻訳という概念自体が成り立たない。なるほど最近の私が日本語でしか書けなくなったのは、こう
いう事情であったのか。 ・・・・・・・・

この文章はまだまだ長く続くのだが、彼の日本語への「こだわり」が、今回の『日本語の虜囚』という詩集を産んだのである。
長い詩は載せるのを止めたので、こんな作品があるというのを示すために「目次」を出しておく。

日本語の虜囚
洗面鏡の前のコギト
多言語話者のカント
歌物語 他人の言葉
旅物語 日本語の娘
島への道順
マダガスカル紀行
新伊呂波歌
ことばうた
こえのぬけがら
うたのなか
われはあわ
うみへのららばい
みずのれくいえむ
虚無の歌(からっぼソング)


コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.