FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
201911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202001
柿沼徹詩集『もんしろちょうの道順』・・・・・・・・・・・・・・木村草弥
もんしろ

──新・読書ノート──

     柿沼徹詩集『もんしろちょうの道順』・・・・・・・・・・・木村草弥
                 ・・・・・・・・思潮社2012/06/30刊・・・・・・・・・

この詩集は、先に採り上げた柴田千晶の詩集とは真反対の、ささやかな、静かな、短い詩篇である。
この本の題名になっていると思われる詩を、先ず引く。


       もんしろちょう

    もんしろちょうは
    不可解な過去をもっている

    蛹

    もんしろちょうには
    もんしろちょうではなかった過去がある
    切って落とされたかのように
    あとかたも残っていないが

    青虫
    卵

    ヒメジョオンの咲く空き地のなかで
    一羽のもんしろちょうが いっしんに
    ヒメジョオンのあたりを舞っている

    それは立ち止まることとはちがう
    考えることとはちがう
    語りかけることとはちがう
    それは流れることですらない

    切って落とされたような
    白い今が
    ひらひらと宙に浮いている

    ビルの谷間の、人目につかない
    この空き地のなかで
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
       やり方

    蟻には蟻のやり方があるから
    土を這い、茎をつたわり
    土を這い、触角で伝え合う
    お互いの名前を知らないままに

    枝には枝のやり方があるから
    土の上に微細な影を作っている
    ときおり風が吹くと
    影をゆする
    だれかへの合図みたいに

    不意に名前を
    ひとつの名前を思い起こす
    その人がいなくなったあとも
    空気がゆっくりとながれている
    だれも残つていない校庭に
    用水路の水面に……

    石ころには石ころのやり方があるから
    いつのまにか道ばたに落ちている
    なにひとつ言わず
    蹴られると
    自分の音をたてて転がる
    そして動かなくなる

    私たちは
    名前を呟くことができる
    二度と会うこともないので
    名前のまえに立ってみる
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
       しわくちゃ

    もうだいぶ歩いたのに
    医師のひと言ふた言が
    頭の中で
    わんわんと鳴っている
    どこまで来てもこの道路は
    ありふれた商店街に沿っている
    背後から
    母の相貌が追ってくる

    赤信号で
    従順に停止する自動車たち
    夕方の空には
    疵ひとつ見あたらない

    こなごなに砕けずに整列して
    バスを待つ人びとの顔があった
    石塀の上で
    夥しいツボミが
    色を滲ませ
    いっせいにこちらを見つめている

    なぜそこにあるのか
    かたちを整えたまま壊れないのか

    バスがやってくる
    へッドライトの
    しわくちゃな光が
    こちらに向かってくる

    わたくしの両目にへばりつこうとして
    みるみる迫ってくる
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
       

    とおい煤煙のように
    木立がけぶっている

    私のいない場所に
    行ってみたい

    記憶の外から
    太陽が照りつけてくる
    山裾の段々畑の
    畝と畝のあいだ

    言葉のない昼夜を
    知り尽くした下草たちの戦い
    だがとおい煤煙のように
    木立はけぶっている
---------------------------------------------------------------------------
この詩集には全部で24篇の詩が載っているが、みんな、こういう感じの詩である。
作者は1957年、東京都北多摩郡生まれ。 今までに三冊の詩集を出しているらしい。

この本の出版社である思潮社の発行する「現代詩年鑑2013」に「詩と空間について」と題して阿部嘉昭が書いている。

<詩には「哲学詩」と呼ぶべきジャンルがあるように思う。
著名な例ではまど・みちおの詩篇「りんご」をイメージできるが(中略)今年はそうした哲学詩集に二冊の目覚ましい成果があった。
柿沼徹『もんしろちょうの道順』(思潮社)と大橋政人『26個の風船』(榛名まほろば出版)。前者には樹木と自身の対峙が顕著だ。
だが詩篇「敵」の冒頭、
《とおい煤煙のように/木立がけぶっている//私のいない場所に/行
ってみたい》は樹木との対話を超えて、読み過ごせない恐
怖をも喚起する本質的なフレーズだった。そう、「私のい
ない場所に/行」くことはありえないのだ。場所に行くこ
とはたえず不自由にも「私」を伴うから。ところがそうい
う場所への志向がたしかにあって、想像裡に無化された
「私」は指標となった空間と事物に「けぶり」を感覚する
しかない。それはきっと時間の「けぶり」だろう。いずれ
にせよ柿沼の時空把握には不吉とも渺茫ともいえる穴が穿
たれる。かつて飼った愛犬「コロ」とともに死んでいる
(死につづけている)家族の質的差異。マンション建設予
定地の消滅と母の消滅をかさねることで、「在るもの」が
消失の穴を前提にしていることへの気づき。空間が消失に
より静かに壮麗化されているこの逆転が再読を促す。
「在るもの」によって詩句が先行される鉄則がつらぬかれ
ている。だから柿沼詩は「写生」概念にも隣接して、視覚
の奥深さと一如になる。詩篇「ハナミズキ」—— ≪空間の
割れやすいすきま/を縫うようにして/すきまを追いかけ
るように/流れ出している//空中にばらまかれた枝枝
が/乾いた亀裂をかたどっている// 一樹のたたずまい
が/私たちの挙動を/眺めかえしてくる//幹は/地面か
ら垂直にたち上がり/とつぜん水平に枝を差し出し/枝先
を/すくい上げている/それらあわただしい枝枝の/挙動
の素早さを/目に見ることができない≫(全篇)。 >

と書いている。 何とも「哲学的な」読みである。
私には、読み解けないことなので、当該部分を引いてみた。


コメント
コメント
お礼
拙作をご覧いただき、ありがとうございました。
2013/01/08(火) 15:24:43 | URL | 柿沼 #- [ 編集 ]
URLもメールアドレスも分からないので返信は、ここに置いておきます
■柿沼さま。
貴詩集拝見いたしました。
佳い詩集で感服つかまつりました。
URLもメールアドレスも分からないので返信は、ここに置いておきます。
では、また。
2013/01/09(水) 12:16:58 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.