FC2ブログ
K-SOHYA POEM BLOG
私のBLOGは詩歌句の「短詩形」文芸に特化して編集している。 今はもう無くなったが、朝日新聞の大岡信「折々のうた」などの体裁を参考にして少し長めの記事を書いている。自作も多めに採り上げている。
202007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202009
老いづけるこころの修羅か春泥の池の濁りにひるがへる紅絹・・・・・・・・・・・・木村草弥
p10802065b35d.jpg

 老いづけるこころの修羅か春泥の
     池の濁りにひるがへる紅絹(もみ)・・・・・・・・・・・・木村草弥


この歌は私の第二歌集『嘉木』(角川書店)に載るもので、自選にも採っているのでWeb上のHPでも、ご覧いただける。

掲出した写真が「紅絹(もみ)」の裏地である。この紅色は「紅花」を揉みだした色素で染める。
この鮮やかな緋色の長襦袢もある。
これを着物の下着として身に着けたり裏地としたりして、歩くとか、あるいは身をくねらせるとかの時に着物の裾から、ちらりと、この紅絹の緋色がこぼれ見えるというのが、
和服の「色気」というものである。
こういうチラリの美学というのを古来、日本人は愛したのである。
あからさまに、大げさに見せるのではなく、つつましやかな所作のうちに「情(じょう)」を盛る、というのが美学なのである。
もちろん、愛する人のために着物を脱いで寛ぐ場合には、この紅絹の緋色が、もろに、愛し合う男女の情感をあくまでも刺激すると言うのは、野暮であろう。

この歌も「玄人」好みの歌作りに仕立ててある。
春になって池の水も何となく濁る、これを古来「春泥」と表現してきた。寒い間は池の底に潜んでいた鯉も水面に姿を見せるので、春泥である。
人間界もなんとなく「なまめかしい」雰囲気になる春であるから、私は、それを少し大げさだが「修羅」と表現してみた。
読者のご批評を賜りたい。

「春泥」というのは、季語では「春のぬかるみ」のことを指す。泥んこ道も指すが

    鴨の嘴(はし)よりたらたらと春の泥・・・・・・・・・・高浜虚子

という句があり、この句は類型的な「春泥」の句とは一線を画して、春の池の泥のことを詠んでいる。
この句は、掲出した私の歌に言う「春泥」に通じるものがあるので、一言つけ加えておく。

以下、「春泥」を詠んだ句を引く。

 春泥や石と思ひし雀とび・・・・・・・・佐野良太

 春泥や遠く来て買ふ花の種・・・・・・・・水原秋桜子

 春泥に押し合ひながらくる娘・・・・・・・・高野素十

 春泥にいゆきて人を訪はざりき・・・・・・・・三橋鷹女

 北の町の果てなく長し春の泥・・・・・・・・中村汀女

 月読の春泥やなど主を避くる・・・・・・・・中村草田男

 放吟や高校生に春の泥・・・・・・・・石橋秀野

 春泥の恋文横丁今いずこ・・・・・・・・戸板康二

 春泥に手押車の鳩かたかた・・・・・・・・横山房子

 春泥の靴脱ぐひまもほとけ恋ふ・・・・・・・・伊丹三樹彦

 踏み滑る泥や春こそめでたけれ・・・・・・・・三橋敏雄

 午前より午後をかがやく春の泥・・・・・・・・宇多喜代子

 春泥やお伽草子の碑にまゆみ・・・・・・・・高岡すみ子

 
コメント
コメント
紅絹は端役ではなく
    Sohyaさま

 いつもお色気のある記事があり、嬉しく思います。
先生が生きることに熱心であり、そういう部分が先生の大きな魅力です。
紅絹で一番思い出されるのは「助六所縁江戸櫻」でしょうか。
私たち関東の人間にとって、成田屋こと、市川團十郎家の歌舞伎十八番。
助六の粋を表現するのはその衣装。漆黒の着流しに、覗く紅絹の胴着。更に
江戸紫のハチマキなど、堪らない魅力です。しかも紅絹はウコンで下染めを
されてから、最上紅花によって、手もみにより、一層鮮やかに発色され、私たちを
魅了します。実はこの色は西洋の色彩と違って、半音の魅力になっているのです。
最近の紅色は殆ど猩々紅と申しまして、どこまでも紅は紅で、混じりっ気がない。
日本の草木染めはすべて半音の色味で、同じ黒でも蒼っぽい黒だったり、紅が
覗く黒だったり、色彩の範囲はどこまでも半音で混じり気ばっかりです。
その混じりっ気がないように見えるのが助六の容姿であるわけです。更に
女性に使われる紅絹はそれなりに深い意味を持っています。だからこそ色気を
一層感じられるとというわけです。日本の色彩には多分どんな色彩にも深い
情念が秘められているのでしょう。思わず書かせて頂きました。今日も有難う御座います。
2013/03/20(水) 12:35:19 | URL | 硯水亭歳時記 #xxIaUQbE [ 編集 ]
私の言いたいことを書いていただきました
■松本さま。
お早うございます。
私の言いたいことをコメントに書いていただき有難うございます。
ここに私が書いた主旨は、あなたの仰言ったようなことなのです。
いよいよ春本番の時期が迫ってきます。
あなたが常々、仰言るように、アホの一つ覚えのようなソメイヨシノばかりではなく、
葉と一緒に咲くヤマザクラの風情を愛でたいものです。
では、また。
2013/03/21(木) 07:43:23 | URL | sohya #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.